宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER 戦え……戦え……

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER
Nintendo DS (2006/11/30)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 通信対戦ね、やってみたの。一度も勝てないの。発売日だから向こうも反則みたいなデッキ使ってるわけじゃないの。でも勝てないの。カード揃えるから今日はこれだけなのね。
スポンサーサイト

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE 機械竜の憂鬱編

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE 遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE
Sony PSP (2006/09/14)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 もう明日に「GXSS」の発売日を控えておいて今、「GXTF」の三周目も進めています。パートナーは事前に予定していた万丈目ではなく、十代です。二周目のカイザーもたいがいアレでしたが、十代も負けず劣らずの困ったチャンです。わざわざスーガにサイバーツイン特攻させる馬鹿がどの世界にいるよって話。そこからタクティクスが崩れて負けるんだからなあもう。そう考えるとタッグパートナーとしての三沢はかなり優秀でしたね。
 今使っているサイバードラゴンデッキがいまいち回ってくれません。勝つ時はサイバーツインを5ターン目で2体並べてぼっこぼこ。負けるときは何も出来ずに負けます。原因ははっきりしてます。融合素材となるモンスターをフィールドに揃えられないからです。問題点は
・サイバードラゴンが2枚しかない
・プロトサイバードラゴンを安全に特殊召喚するチャンスが少ない
・いざという時に融合系のカードがない
 この辺です。サイドラ、もう1枚欲しいんですがとりあえず2枚あればサイバーツインを未来癒合可能なのでとりあえずおいておきます。ステータスの貧弱なプロトサイバードラゴンを2体並べることの方が大変です。かなりの確率で相手ターンに倒されて手札の融合素材&融合が無駄になってしまいます。これはシャインエンジェルでサーチすることで解決しました。敵ターンで特殊召喚出来れば、次のターンで融合呪印生物あたりとあわせて安全に融合可能です。でもシャインエンジェルを2枚入れたというのにテストプレイではまだ一度も引けてないこの不思議。最後は「融合」のカードを入れてないってのもあるかもしれません。2枚ともパワーボンドなので沼地とか融合賢者、融合回収あたりでサーチ出来ないのです。これもシャインエンジェルで融合呪印生物を使い回すことでなんとかなるはず。ようするに今のデッキなら事故率も下がってる……はずなんですけね。
 このサイドラデッキはおそらくSSで猛威を振るうことだろうと思います。そのためのメタデッキも用意しとかなきゃ。

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER 召喚前夜

遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER 遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX SPIRIT SUMMONER
Nintendo DS (2006/11/30)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 すでにフライングゲットかました人がいて想像を超える収録漏れカードの嵐にがっかりしている人もいるとかいないとかいうDS版「遊戯王GXSS」ですが、実際私も結構ショックです。ですが、まあいいでしょう。どのみちリアルとは異なるゲームバランスを模索する必要はあったわけですし、ゴーズが入っているとは思えなかったし。
 そんなのを吹き飛ばすくらい通信対戦は魅力です。思えば去年の夏に「ナイトメアとラバドール」を「DSとカードゲームは相性良いんじゃない?」ってことで購入したのが遊戯王にハマるきっかけでした。予想通りタッチペンとカードゲームはすこぶる相性が良く、快適にプレイ出来ました。そして豊富なカード群から40枚を抜き出して選び出すデッキの無限に近い可能性に惚れ込みました。そう簡単には誰がやっても同じにはならない。プレイする人間の数以上に多彩なデッキが組め、多彩な戦術が存在する。しかもドローは毎回違うから同じ相手と戦っても同じ展開になるとは限らない。これは行き詰まりつつ有るやりこみゲーム系にも一石を投じる要素なのではないかと本気で思いました。あれからPSP版を買い、リアルのカードも多少ではありますが買い、漫画も買ったりしてますます遊戯王(GX)ワールドに没頭していきつつあります。そこで今回のSS。
 この緊張感、例えるなら「格闘ゲーム全盛期にCPU戦で練習を積んだ初心者がいよいよ対戦デビューする」というような、そんな感じです。そのまんまですが(笑)。でもね、遊戯王にハマって一年半近くになりますが、まだ人間相手にデュエルしたことないのですよ。今後もリアルでデュエルすることはないでしょう。もう良い年だし。そんな私にとってwifi対戦はとてもありがたいシステムです。PCの遊戯王オンラインはかなりお金かかっちゃいますしね。あと私はMacユーザーなので。
 考えてみれば家庭用ゲーム機で遊戯王ゲーの通信可能な決定版ソフトはまずもって出ないと思われるんですよね。「これならリアルでカード買う必要無いじゃん」ってことになったら本末転倒ですから。そんな風に多少自分を慰めつつ、明日に迫った発売日を待ちたいと思います。
 ……なんでNTにもいた霊使いが全滅なんだよ……。

今週の仮面ライダーカブト

 42話。
 ここ最近のカブトを見ていると、なんかこう物足りないというか、シャキっとしてないなーと印象を受けます。これがなんでかというと物語の中心部に位置して謎やらなんやらを引っ張って行くはずだった日下部ひよりというキャラが画面から姿を消してしまったからではないかと思います。天道が「全てのワームを倒す」と公言しているわりに自分からは動かないタイプの主人公で、加賀美も状況に足掻いている状態が続いています。地獄三兄弟はもちろんのこと、今話を先へ進めようとするキャラがいないのです。
 平成ライダーの主人公は「戦いを終局へ導こうとするタイプ」と「状況に応じて戦うタイプ」のふたつにわけられます。前者はクウガ、龍騎、剣。後者はアギト、555、響鬼です。前者はいずれも敵の数に限界がある作品で、後者は最終回後も戦いの因子の残る怪人を絶滅させてない作品となります。天道は前者的な発言をしておきながら、やってることは後者タイプなのですね。今の作品状況から考えるとカブトも最終回までにワームを一掃するのは無理そうです。そこに微妙なちぐはぐさを感じます。
 今回の重要ポイントは加賀美がネイティブであることを明かした田所さんを受け入れたことでしょう。これは大きい。実に大きい。これによって加賀美の「全てのワームを倒す」という前提が崩れたことになるからです。ネイティブ以外の全てのワームを倒すに移行したとするなら、彼によるひより撃破はもう期待出来ません。おまけに何を考えてるのかわからない黒幕的存在である親父様とも和解風味です。
 もうこうなったら物語を破局へ導くのは三島しかいない。私は今でもひよりを殺さない限り「カブト」という作品は救われないと思ってるので、ほんとに三島に期待するしかありません。それともそのための赤い靴か? 天道自身がひよりを倒してしまうというのは有りかもしれません。いやかなり有り。でもなあ、現状だと神代さえ生き残らせそうなんだよなあ。大丈夫なんだろうか。

 来年のライダーの画像が出回っています。モチーフは桃+鉄道だとか……。顔に桃って……。

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE 追い剥ぎの恐怖編

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE 遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE
Sony PSP (2006/09/14)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 カイザーで三部までクリアしました。1~3部までずっとタッグデュエル推奨の流れを作っておきながらラストバトルはシングルってのはどうなんでしょうね。てっきり最後もタッグデュエルだと思って影丸理事長とデュエルしてみたらシングルでびっくり、あららこっちのデッキはパートナーとのシナジーを重視したタッグ用デッキで勝てるわけないぜーなんてことが普通にあり得る。まあ影丸が誰かとタッグを組んでたらそれはそれでおかしな話なわけなんですが。
 今回の影丸戦は前に使っていた水デッキを持ち出して使いました。それでまさか完封負けを食らうとは(泣)。しかも最後はご丁寧にウリアまで召喚されちゃった。私の水デッキは比較的影丸との相性の良い構成なのに、こんなこともあるんですね。「追い剥ぎゴブリン」のハンデス効果はきつかった……やりなおしてこっちがゴブリン使い返して勝ちましたが。相手の使える手を封じるという意味でハンデスは強力です。SSでも使おうかな。
 次は万丈目あたりでクリアしてみましょうかね。十代、明日香は難しそうだし。

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE カイザーと一緒編

遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE 遊戯王デュエルモンスターズGX TAGFORCE
Sony PSP (2006/09/14)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 DS版「遊戯王GXスピリットサモナー」の発売が迫って参りました。別に下準備というわけじゃありませんが、PSPの「タッグフォース」をやってます。もう「モンハン」はいいです。SSは通信対戦対応でカードが少なく、TFはカードが多く演出に優れロードが長い。どちらかが上位互換って話ではないので、平行してやろうと思えばやれますね。問題は時間です。
 既に以前のプレイでパートナーフラグを立ててありますから、今回は第二部からのプレイです。カイザーをパートナーにして3部までのクリアを目指しています。で、もう2部はクリアしました。クリアするだけならタッグデュエルは必要最小限で進められます。なので一日あれば楽勝です。それでも決勝&3部用にパートナーとのシナジーを考慮したタッグ用のデッキを作る必要が有ります。今回それで苦戦しています。
 三沢がパートナーとしてかなり優秀だったのは確かです。クリアするまでの勝率は9割を超えます。でもカイザー……LP残り2000なのにパワーボンドでサイバーエンド召還して自爆したり、未来融合を大嵐で吹き飛ばしたりと頭の弱い行動が多くて困ります。爆発力のある機械族メインですから、ハマるとすごく強いんですけどねー。困った困った。
 タッグデュエルというのは本来ひとりでやるデュエルをターンを交互に受け持って行うものです。ですから、決着までにかかるターン数は通常のデュエルとさほど変わりません。が、ふたつのデッキでひとつのデュエルを戦う都合上、通常の半分のカードしか使わないわけです。ここが難しい。それを考えるとタッグ用デッキの構築パターンは3つほどになります。
 A、徹底したデッキ圧縮をかけることで有効なカードを引く確率をあげる
 B、徹底してパートナーとのシナジーを考えたカードを採用する
 C、コンボを考えずグッドスタッフ的な単体で強いカードばかり採用する
 こんな感じです。Aは「トゥーンのもくじ」や「サンダードラゴン」などを使いデッキ圧縮する方法。なので普通に使うためのカードはかなり厳選する必要が有ります。構築難度はわりと高いかと。Bはパートナーの使うカードと相性の良いものを選ぶもの。今回相手がカイザーなので「リミッター解除」「突然変異」「プロトサイバードラゴン」「融合呪印生物光」などを採用してふたつのデッキをひとつと考えて使えるようにする。これもそれほど簡単じゃありません。Cは引けるカードが半分になってしまう以上コンボを狙いにくいことを考えたもの。カイザー相手ならこれが一番なのかもしれません。いわゆる「サイカリゲドン」「アサイカリバー」あたりのデッキ内容にします。サイバードラゴンでシナジーをとることが出来ますから、相性もそこそこのはず。タッグ用として構築する必要が無いので、難易度は低い方。
 で、今私は上記のいずれとも異なる「死の合唱」デッキを使っています。ぶっちゃけ肝心な「死の合唱」がタッグで決まったためしがありません。シナジー取るにも肝心なサイバードラゴンがなかなか手に入らないし難しい……。
 SS発売までにカイザーとあとひとりくらいクリアしておこうかな。

今週の仮面ライダーカブト

 41話。
 少なからずがっかりしている私がいます。もう41話ですから今回出て来た強力なワーム集団は最後付近まで話に絡むでしょうし、来週にはダークカブトが本格参戦するとか。案の定風間大介はまったく出番が無く、横路へ逸れた連中はますます絶好調。
 アンチミミック弾が偶然の産物として登場しました。これはワームの擬態を強制解除する煙幕を散布するもので、擬態が解ける際に激しく咳き込むためゼクトルーパー向けの非常に強力なアイテムです。私個人は序盤に出て来たワーム判別スコープのことをもう忘れてますので、その辺の突っ込みは無しにしておきます。これを使った大規模なワーム掃討作戦に加賀美は苦悩したまま参戦。ところがアンチミミック弾によって上司である田所さんがネイティブだったことがわかってしまったからさあ大変。
 今週のポイントは加賀美の葛藤でしょう。加賀美は警視総監である父親がゼクトのトップであることを知らなかった。それをようやく知った彼は、ガタックの資格者として自分の名前を連ねたのが父親自身だと悟る。自分の意志で戦っていたと思っていたのに、その実父親の手の上で踊らされていただけだった。それだけならまだいいかもしれないが、そうなると弟がワームの犠牲になったことさえ計画通りの出来事だったことになってしまう。そこまでされて加賀美がおだやかでいられるはずもない。いずれ彼は「戦わされているからには、なんらかの重要な役目を与えられている」ことにも気づくはず。それがなんなのかが今後の見所。
 ……というか、役目=全てのワームを倒すこと。すなわちひより抹殺……ということになるならいいんだけど、どうもその路線に乗ってないような気がする。いくらなんでも加賀美に田所さんを倒すことは出来ないだろう。ということは神代を倒すことが彼にとっての踏み絵にならないかもしれない、という疑惑が立ち上って来る。加賀美がひよりを倒さない限り「カブト」という作品は救われないと考えている私にとっては嫌な風向きであります。
 その親父様は言いました。「ゼクトは元々ネイティブのものなんだよーん。でも赤い靴仕込んだのは誰よ。ネイティブのものであるマスクドライダーシステムが赤い靴発動によってネイティブ立川を倒そうとしたじゃないですか。ネイティブと親父様の思惑が交錯しているならともかく、そうでないなら設定上の破綻甚だしく今後の展開に期待出来なくなってしまう。
 今週最悪なのは神代剣のおぼっちゃま劇場と地獄兄弟シアターが合流してしまったこと。おぼっちゃま劇場は来るべき破局の前奏として評価してきましたが、地獄兄弟シアターは正直蛇足だと思う。彼らにはシビアなアンチカブトでいてほしい。それが先週で崩れた上に、神代が地獄三男になってしまうなんてあんまりだ。だいたい爺はどこへ行った。ディスカビル家の跡取りがあれでいいのかよ。十歩譲って三男化を許すとしても、あのギャグテイスト満載な作りはなあ。先週は井上脚本だったから許せた面もあったけど、今週はメインの米村だし。
 田所さんがワームだったことで何を信じていいのかわからなくなった加賀美が神代を倒そうとするっていうのは、予想した路線とは違うけどオッケーかもしれない。とにかく地獄三兄弟にも劇中でのちゃんとした役割を与えて欲しい。それにそろそろホッパーゼクターの出所についてなんかあってもいいんじゃないの?
 そういえば妹ちゃんの姿を最近見てないな……。

冷たい雨の中

 スターゲイザーガンダム買って来ました。で、もうひとつキットを買って来ております。同時発売だったケルベロスバクゥハウンドではなく、ヅダだったりします(笑)。意識的にSEED系のタイトルばかり作っていて、そのうちUC系のも作ろうと思ってはいましたが、それがヅダになるとは自分でも予想外でした。理由は長い武器。大好きです、長い武器。だからバスターガンダムも好き。スタゲとヅダはまったく異なる方向性で作る予定になってます。気長にいきましょう。

 今日のお風呂屋さんは妙に混んでいました。どうして小学生までいるんだと思ったら、なんてことはない、今日は休日だったんですね。そういうのとはあんまり関係無い仕事をしてるんですっかり忘れてました。毎回お風呂屋さんへ行くたびに、ほとんど妊婦な人とか、どう見てもCカップ以上ありそうな人とかを見かける訳ですが、今日は幼女がいました。世相を考えると幼女を男湯に入れるのはどうかと思いますよ、おじいさん。怖い人、いっぱいいます。ま、私はロリコンでもなんでもありませんが。女性は胸のおっきい人が良いです。上がった後ためにしに野菜いっぱいサラダってのを頼んでみたらボウルに山盛りでびっくりしました。食べがいアリです。

 しかし、雨ですよね。一日中雨です。お風呂屋さんtoヨドバシtoスーパーと雨中を駆け抜けるのは正直きつかったです。私の雨合羽は古いせいか少しにじんできますしね。足首あたりも寒いし……ただ今日をクリアして今年用に買った革手袋で冬を乗り切れるとわかりました。ちょっと薄手過ぎたかなと思っていたんです。あとはヘルメットですね。うーん、予算足らないかなー。

ジョーカーを予約した

 う、まずい。スターゲイザーだけ買うつもりだったのに、ケルベロスバクゥがかっこいいじゃないですか。スタゲは部分塗装のみと決めているので、塗るならケルバクゥの方? でも下地が黒だと塗りにくいんですよね。ケルベロスウィザードのことを考えてザクウォーリアを確保しておくのも手かもしれません。でももう発売日間近だわ。

 年末発売になる「ドラゴンクエストモンスターズジョーカー」……長いな……を予約して来ました。噂に寄るとこの年末DSのロム不足がかなり深刻で油断していると欲しいソフトを買うことすら出来ないかもしれないって話がありまして、その中でもこの「DQMJ」は予約推奨アイテムなのだそうです。マイナー作品はもっときつい状況なんでしょうね。シレンなんかもきついかもしれない。
 ちなみに一番近いコンビニで予約しました。コンビニ予約のメリットは入荷し次第すぐに買えることです。朝になってショップの開店を待つ必要が有りません。ナンバリングドラクエ&FFだと朝まで売っちゃ駄目よみたいな指示が出ますが、こいつの場合はそんなこともないでしょう。あったとしても抜け道はあります。お金だけ払っておいて、レジの会計は朝になったらやってね♪、みたいな。二時くらいにゲットしてぶっ通しでプレイできます。私は夜中起きてますし、これの発売日は仕事も無いですからもう万全でございますよ。
 まあ、このタイトルの場合wifi対戦のことはあんまり考えてプレイしない方が吉でしょう。廃人化が勝利への近道ってのはあんまり楽しく無い。今年のwifi最大の目玉は遊戯王ですから。ベン・ケイ1キルとかライトニングパニッシャーとか、エッジハンマーがあればエッジマンデッキとか作ってみたいデッキはいっぱいあります。なんといっても私はまだ遊戯王の対人戦を体験してない訳で、興奮絶頂間違い無しです。
 時々「遊戯王は糞カードゲー」って話をする人もいます。が、デュエルマスターズなどの他のタイトルは最近ゲーム化してくれないですからね。してくれたら試してみたいと思うんですが。

紅運命

 後回しになっていたストライクダガーとデスティニーの画像です。まずストライクダガーを。

ストライクダガー

 こちらはこの一枚だけで。ムラがどうとかはみ出てるとかそういうのはともかく、色合いは結構好き。隣の赤いダガーとセットになってます。いまいちデジカメが接写に向いてなかったりして、細かい部分がよくわかんないですね。

赤デスティニー

 で、赤く塗ったデスティニーガンダムです。見ての通り光の翼を外してビーム砲を左の脇の下から回すのではなく、右肩の上から倒すタイプに変更。ノーマルのビームサーベルを装備しています。一部だけ墨入れ済み。カラーリングそのものはさっきの赤いダガーとほとんど同じですね。なので腕の赤はワンポイントにしてグレーにしてみたらなんかいまいち(苦笑)。よく言われることですが、足回りがちょっと寂しいですね。

ds02.jpg

 ポーズをつけてみました。ガンプラは動かしてなんぼですよね。このデスティニーは腰だけちょこっと手を入れています。

赤デスティニー

 大きめの画像でポン。もっともっとキレイに仕上げられたらいいなーとやっぱり思うですけどね。駄目かな無理かな。ちなみにデスティニー最大の特徴である顔の隈取り部分はあらかじめナイフで切れ込みを深くして色を入れました。明日はもうスタゲの発売日?

本命までの長い道程

 とりあえずマーカー塗装の赤デスティニー完成しました。塗膜が乾くのが遅くて待ち時間がかなりあったんで、思ったよりもずっと時間かかっちゃいましたね。おかげさまでマーカーでもある程度はイケるとわかりました。その点は収穫と言えます。反省点も多数浮き彫りになってほんと勉強になりまいした。たとえば肩の内側は黒系で塗っとけ、みたいな。やはり最初にきちんと仮組みして塗装ポイントをきっちり把握してから塗るべきですね。膝関節もミスった部分があります。あと基本的に重ね塗りも向いてないっぽいです。ここは痛いポイントです。それにパチ組みマーカー塗装といえども、接着剤使って合わせ目消しはやっといた方が良いようです。塗料が合わせ目に流れ込んで色がついてしまいます。デスティニーの場合合わせ目消しが必要になるのは主に脚部。そんな難しくなさそうですから、次作ることがあればきっちり処理しておきたいです。黄デスティニーとか黒デスティニーとか作ってみたいかも……。悪役面なんで黒はきっと似合いますね。
 やー、しかしかっこいーです。デスティニーってかっこいい。年末にMGでストライクフリーダムの発売が決まってますが、デスティニーだったら買うんですけど。光の翼はともかく、デスティニーってデザインそのものは結構シンプルなんですよね。ごちゃごちゃした部分が無くてそこが良いです。
 次のスターゲイザーガンダムはほとんど塗る場所がありません。うーん、スプレー塗装の練習台にするつもりだったヴェルデバスターをマーカー塗りに変更しようかな。ちょっと考えてみます。

赤い運命

 マーカー塗装続けてますが、やっぱ表面にペーパーかけて下地に白を塗っておいた方が他の色も乗りやすいですね。この辺の基本はマーカーも一緒ということですか。ちょっと考えれば当たり前のことではあるんですけど。
 あれこれ考えて今作ってる赤デスティニーはウイングを削除。本来左側につけてるビーム砲を右側に移し、アロンダイトを削除したかわりに普通のビームサーベルをくっつけることにしました。強行出荷型デスティニーとでもいいましょうか(苦笑)。ビーム砲はヴェスバーのような下から構えるタイプではなく、フルアーマーガンダムみたいに上から構えるタイプにしました。しかしデスティニー、かっこよいです。元デザインもさることながら、キットの出来が素晴らしい。ストライクフリーダムなんか元デザインもキットも……げふんげふん。こうなると全身黒+灰で塗ったダークデスティニーとか作ってみたくなります。
 あらから塗り終えたらワンポイント入れる場所を検討します。X-1でそういうのはやっといた方がよいと勉強したので。ただし過剰は禁物ー。
 来週のスタゲはどうしましょうか。買うのは決めてるんですが、あれってほとんど白一色で塗る場所が無い。

邪道のマーカー塗装

 先日ガンダムマーカーの黄色を買って来たんですよ。うっかり既に持ってたのを忘れてて二本目になっちゃったりして自分のアホさ加減にがっかりです。用途はMG「クロボンX-1」の肩に4点存在する黄色の箇所へのピンポイント塗装で(うち二カ所ビームサーベル)、さっそく色を入れてみました。うーん、思ったよりも数段効果的。塗った面積はX-1全体の1%にも満たないはずなのに、上半身のバランスがビシっと決まった感じがします。あとほぼ単色だったスラスターにも黄色を入れ、かなり満足な結果を得ています。
 これで「ガンダムマーカーって結構いいじゃん」と思ってしまいました。実のところマーカー塗りがどれだけ上達したところで調色出来るわけでもないし、仕上がりも他の手段にくらべて良いわけでもないし、モデラー的には非推奨な手段だったりします。ですが結局エアブラシ欲しいなーとかいって買えないのは、使用する環境を自宅に用意出来ないからでして、安価で道具もほとんど使用しなくて良くて、でもってシンナー臭もたいして無いマーカーは私にとって魅力的なのです。手元には黄、白、グレーしかなかったので、大幅に買い足して参りました。
 これによって止まってたストライクダガーを簡易フィニッシュしました。や、酷いです。塗りムラはあるし、マスキングしてもはみ出ちゃうし、しなかったらしなかったでやっぱりはみ出る。でもま、これは筆塗りしたところでほとんど同じだろうしあまり気にしません。とにかくダガー、完成です。画像は後日。
 でもってなぜかセイバーガンダムをほったらかしてデスティニーガンダムを作ったりもしてます。これ作るの二つ目です。目的は買い足したマーカーの実験になります。デスティニーは元々ブルーですから、赤にするか黄にするか緑にするかを考えて、なんとなく赤で制作。前に作ったデスティニーは普通に素組みしてアロンダイトを持たせたもので、それと差別化してビームライフルにシールド装備のオーソドックススタイルにしてます。アロンダイトとビーム砲はオプション扱いにして削除しました。光の翼もつけない方がいいかな? もちろんカラーリングはオリジナルで。腰と股関節にもちょこっと手を入れてスタンドにディスプレイした時に映えるようにしてみました。……気づいたら赤で塗ってたんですよね。黄色も良かったかなあ。前に作ったダガーと冠っちゃってるから。合わせ目処理してないパチ組塗装ですが、素材が良いのでわりとかっこよいです。
 ところでこのガンダムマーカー、サイトでは「乾きが遅い」とありまして、実際に使ってみてそんなことないじゃんと思っていた……んですが、どうも色によって乾く速度や塗りムラの出来方がかなり違うみたいです。ファントムグレーは乾きが早くムラもでにくいのに対し、今回メインで使ってる赤はバリバリムラが出るわ、乾きも遅いわで大変。マーカーが手軽だからといってそれなりの時間をかけないと駄目だってことみたいです。
 黄色の機体も作ってみたいですねー。結局この色だけ三本もあるし(苦笑)。なんか良い素材はないかなー。

漫画版アナザー遊戯王

 リアルで最新パック「ストライクオブネオス」も発売された遊戯王の外伝系マンが作品を揃えて来ました。伊藤彰の「遊戯王R」1~3巻、それに影山なおゆきの「遊戯王GX」です。ふたりとも元々原作を書いた高橋和希のアシスタントで、そこそこ似た雰囲気の画風を持っています。アシの画風が師匠に似るのは良く有ることですね。それでも伊藤氏と影山氏では微妙に異なります。ぶっちゃけて言うと影山氏の書く絵の方がエロい(笑)。といってもRのモンスターをGXの影山氏が描いてたりするそうなので、近い雰囲気があるのは当たり前ですが。
 まず「R」から。これは漫画版遊戯王のバトルシティ編後の物語で、ゲームのルールもバトルシティとほぼ同じようです。融合モンスターは召還ターンに攻撃出来ません。このルールだと十代は死ねますね(笑)。ちゃんとペガサスが死んでいるという設定になっていて、その意思を受け継ぐ者たちと遊戯、海馬、城之内の戦いを描いてます。攫われて生け贄にされようとしている杏子を助けに行くという実にわかりやすい王道なストーリーです。エロ担当がいないため、作品のエロ度はやや低めとなっております。すでに13人のカードプロフェッサーのうち11人が倒されてますから、次の4巻あたりで終わりでしょうか。本田の出番が妙に多いくせにまったく役に立ってないあたりは笑うポイントでしょう。海馬がチラっと「デュエルアカデミア作った方がええかいな」とか言ってるものの、GXとの世界観のつながりは無いはずですね。
 「GX」はキャラ、舞台は共通しているものの、アニメとはまったく別の内容です。万丈目はアニメではずれたクール気取り、漫画ではバッチリクールキャラ。三沢は万丈目のかわりに明日香萌え担当になりました。時期的には彼らレギュラーキャラ入学後ですからアニメで言う一期(一年編)。カイザー亮の相棒としてキング吹雪が存在し(明日香のお兄ちゃん)、アニメにはいたはずの隼人が消えています。各キャラの使用カードもだいぶ異なっていて、十代も第一話でバブルマン&ワイルドマンを使った以外はオリジナルのEヒーロー。万丈目はドラゴンデッキで、三沢は炎デッキ。翔のビークロイドもオリジナル。明日香はドゥーブルパッセのみアニメと同じカードを使ってます。でもドゥーブルパッセはカード化されてませんが……。今の所「R」とは違ってストーリーらしいストーリーはありません。学園物だし、メインキャラの顔見せ程度の内容に落ち着いてます。たぶん2巻でカイザー&キングが出るのではないでしょうか。最終的には因縁のある十代vs万丈目って感じ? セブンスターズもDヒーローも出番無しなのはおそらく確定です。アニメと別物のわりには特に問題もなく面白いです。
 ちなみに「R」の2巻以外には特典カードがついてきます。
 「R」1卷は冥王竜ヴァンダルギオン。自身の効果で特殊召還可能な半上級モンスター。
 「R」3巻は冥府の使者ゴーズ。こちらも自身の効果で特殊召還可能な半上級モンスター。
 「GX」1巻は光と闇の竜。フィールドにいるだけであらゆる効果を封じてしまうルール介入型モンスター。
 全部かなり強力なモンスターです。漫画の売り上げを伸ばしたいんでしょうかね。特にゴーズは現在のルール下で猛威を振るってる存在で、こんなのが410円で普通に確実に手に入ってしまうわけですよ。そらー誰でも使いますやね。グリーン・バブーンといい、エアーマンといい、「GXSS」のブレインクラッシャーといい、最近の特典カードは本当に強い。ネオスってなんやねんという話ですわ(苦笑)。

今週の仮面ライダーカブト

 40話。
 もう40話です。だいたい平成ライダーは50話あたりで完結になってますから、あと残すはわずか10回程度ということになります。「龍騎」でいうとインペラー編突入直前といったあたりでしょうか。そろそろ時間的な余裕が無くなりラストへ向けてスパートを開始する時期です。実際撮影の方はクライマックスに近いあたりに入っているはずですね。
 今回はおそらく最後のドレイク編です。カブトにおけるデフォルトライダーはカブト、ザビー、ドレイク、サソード、ガタックの5人でプラスしてキックホッパー、パンチホッパーがいます。地獄兄弟のホッパーズはどちらも元ザビーのメンツですから、頭数として数えるんはやはり5人で良いでしょう。この五人のうち明らかに他から浮いているのがドレイクです。これまでの流れを見る限り仮面ライダードレイクは「メイン脚本の米村氏が休んでいる間の代打要員」以上の存在では有りません。代打をつとめるのはこれまでの平成ライダー全ての作品に関わって来た悪名高い井上敏樹氏ですが、この人、サブに回るとすごく良い仕事をすると評判でもあります。「龍騎」のインペラー編は凄かった。ドレイクは井上氏専用キャラ。逆に言うとそれ以外の回ではほとんど出て来ません。本筋にほとんど関わりを持たないのはそのためです。制作上の都合とはいえ、ここまで極端な扱いをされたキャラクターはちょっと見たことがありません。これを潔いとは言えないでしょう。
 基本的にドレイク編は見なくてオッケー的な内用なのですが、今回はちょっと様相が異なります。中盤から登場しいまいち主体性の無いジョバー気味だったワームに一本の芯を入れていた黒お姉さんが退場となっております。確かにドレイクこと風間大介との因縁があるにはあったと思いますが……大介再登場の回に戦ってます……まさか貴重なボス級キャラをドレイクが倒すことになるとは予想もしませんでした。
 ことの始まりはお姉さんがカブトのハイパースティングを受け人格に混乱をきたしたことからでした。それによってお姉さんが擬態している間宮さんの人格が表に噴出し、一時的にワームとしての意思を失ってしまいます。いまいち曖昧な記憶のまま普通の声楽家として暮らすうちに大介と出会い、互いに惹かれ合う……ところがどっこい、講演のチラシを配っている時に天道に「おいおいこいつはワームだぞ。わかってんのか」と指摘されてしまう。そこでようやく大介も「あー、そういえばそうだわ」と思い出します(アホだ)。
 お姉さんが自宅へ帰って留守電を聞くシーンやクロックアップを利用したライダーシューティング挟撃など細かい見所もありましたが、今回の最大のポイントは「大事な人がワームだったらどうすんねん」というテーマに触れたことです。これはとても重要です。今後天道がひよりをどう扱うかの試金石になるわけですから。結局人格が不安定な状態に陥ったお姉さんは大介に「次にワーム化したら倒してね」と懇願され、それに従いました。微妙です。大事な人がワームだったが、大事な人なんだから守りたいという意思。ワームはワームなので倒さなければならず、そして倒した。どちらの比重も大きい。彼女の「倒して欲しい」という意思を受け取ったと考えるとただ単にワームだから倒したとは言えないかもしれません。すると「カブト」的にワームの人格を人格として認めたということになります。これはおそらくひよりを守る流れです。いけません。前にも書いたように、ひよりは倒されるべき。ただひより打倒の最右翼である加賀美は弟に擬態したワームを否定しています。そこんとこを忘れてなかったらまだ希望はある。
 それにしてもワームも微妙ですね。ハイパースティングを食らったとはいえ、本来の人格が表に出て来てしまうというのはつまり、結局のところワームが擬態元の人格を完全には封じ切れていないということですから。これはどんなワームにも言えることでしょう。だとすると「所詮はワームであり、コピーされた人格で別人に過ぎない」という設定が根幹から崩れてしまいます。実のところワームの方でも自分たちの中の元人格の扱いについて熟知しているわけじゃないのかもしれませんね。
 でもですよ。そうするとスコルピオンワームを乗っ取った神代剣の存在がクローズアップされてきます。人格をコピーするのではなく、転移させている……と考えると今の神代剣は本物と同じ存在となっちゃうのです。わかりにくいのでコンピュータのデータとして考えると、今までのワーム観における考えによると

 コンピュータAからコンピュータBへデータをコピー。その後コンピュータAを元データごと破壊する。

 って感じで、今の考え方だと

 壊れそうなコンピュータAからコンピュータBへデータをサルベージして、その後Aが全壊する。

 って感じ。だからデータそのものはオリジナルなわけです。出来ればこのパターンは採用しないで欲しいです。こっちを使うとこれから始まるはずの神代編は「すべてのワームを倒すと誓った男が自身をワームと知った時どうするか」というテーマに落ち着いてしまいます。ここに「本当の俺はもうとっくに死んでいる」という葛藤を交えて初めて昇華されるテーマだと思うので、なんとか頑張って欲しい。話の重みが違って来ます。それでも彼を倒すのが加賀美になるのは間違いないでしょうが。
 今回でドレイク編終了。同時に黒お姉さんを始末。となると次回からいよいよ物語が本格化するはず。見逃せませんよ。「カブト」が駄作に終わるか、起死回生の一打を放つかはこの10回にかかってます。

君にも精霊の声が聞こえる

 今日もセイバーガンダムの腕をペーパーかけしました。……これは本気で時間かかりそう。まあゆっくりとやろうっと。

 やっとこさDS版「遊戯王GXスピリットサモナー」のCMが始まりました。噂の「E・ヒーローエアーマン」も登場するとかしないとか。このカードがあるかないかでSSのデッキ勢力地図が大きく塗り替えられるだけに注目です。出るんだったら私も漫画版十代デッキを作ってみたいですね。あとは猛威を振るうと予測される未来オーバーデッキに対するメタデッキとか。発売までもうちょいの我慢です。それまでは「カスタムロボ」「数独」あたりをプレイします。……「カスタムロボ」、対戦する日は来るのかなあ(苦笑)。面白いからいいですけどね。

 叔父が今日退院しました。おめでとうございます。

スタゲカウントダウン

 15日になってしまいました。来週はもうスターゲイザーガンダムの発売日です。もはや脇目をふらずにヴェルデバスターに没頭しない限り、発売日に間に合わないことは確実です。うん、やっぱスタゲとヴェルバスの作る順序を変えましょう。最近塗装に対するモチベーションがちょっと低下気味でしたが、あちこちサイトをまわってみてまた上がって来てます。筆塗り、基本にして一番難しい。
 その一方でセイバーガンダムの表面処理も地道に継続してたりします。普通に手でペーパーを掴んで磨いてみて、なんとなくわかりました。パーツ、面によっては当て木が必要ですね。でないとせっかくキレイに再現されてるエッジの美観を損ねてしまいかねません。一応適当な当て木は無いかなーと気をつけて見てはいるのですが、なかなか良い物が無かったり。シャーペンの芯入れが良いらしんですけどねー。今私、シャーペン使ってないし、使ってるのも0.3ミリのやつだし。なんか良い物無いですかね。
 地道といえばDSの「数独」もゆっくり進めています。ようやく全問題の半分位を終えたところだと思います。難易度的にもだいぶ歯ごたえがあって面白いです。これでもまだ難易度「ふつう」なんですが。全問クリアする日はいつになることやら。

宇宙と私

 福岡市東区香椎地区に長年住んでいる方ならこの中華料理店の名を知っていることでしょう。その名も「宇宙軒」。あまりのネーミングセンスの悪さにちょっとひいてしまう人も少なく無いと思われます。だって宇宙ですよ、宇宙。中華料理と宇宙って全然関係無いじゃん。香椎と宇宙もまったく関係ありません。なぜ宇宙? どうして宇宙? そんなこの店、かつては改装される前の香椎駅前にありました。まあ箱崎駅みたいに駅の場所自体が変わったわけじゃありませんから、今でも駅前には違い有りませんが。
 香椎という街はちょっと微妙でして、これといったまともな食事所があまり多く有りません。もともと高校生や大学生が闊歩しているという点も大きいのでしょう。ジャンクフード系の店はあるんですけどね。今でも三号線の通りに出ないとファミレスすらありません。宇宙軒はそんな香椎にあってわりと貴重な店だったのです。なので一度食べてみたいと思っていました。ですが、名前と微妙な店構えが気になって二の足を踏み続けている間に、移転してしまいました。向かいに位置する餃子の王将の方は高校生の頃から食べてたのに……(こっちの店も移転がどうとか噂を聞いたわりにはまだある)。
 ちなみに宇宙軒の跡地にはマクドナルドが入ってます。このマクドナルドもセピア通り前にあったダイエーアピロス敷地内の店が移転してきたもので、なかなか微妙だったりします。今ではアピロスも影も形もありません。前は香椎と言えばダイエーだったのになー。もう一件あった方も今はヤマダ電気ですよ。
 さてさて、そんなこんなで宇宙軒が私の行動範囲から姿を消して随分長い時間が経過しました。ところが去年の叔母の死以降、私も叔父の家へ行くことが多くなって(心苦しいことではありますが)状況が変わりました。今、宇宙軒は香椎宮の参道にあります。叔父の家へ行くにはこの参道を通る必要が有るのです。そこで私と弟(今は東京在住)と叔父の三人で食べに行ってみようと計画を立てて、実行寸前まで行きました。そしたらなぜか叔父が自宅でしゃぶしゃぶの用意をして待っていてご破算に(苦笑)。どうして「宇宙軒へ行きましょう」と念を押しておいたにも関わらずしゃぶしゃぶってしまったのかは謎のままです。
 さらにそれから一年。その叔父が入院しました。入院した病院が叔父の自宅のすぐ近くということで、やはり香椎参道を通ります。だいたいお見舞いに行く時は仕事前で、お見舞いに行くとなると自分の家で食事を用意する時間が無くなります。そこでお見舞いの帰りに宇宙軒で食事をするというオプションが生まれたのです。こうして私は香椎駅前の店を見てから十年以上もかけてようやく宇宙軒を初体験することとなりました。
 これまでに二度、それぞれ担々麺とサンラータン麺を食べています。どちらも辛さが特徴の麺メニューで、ぶっちゃけなかなか美味しかったです。これならもっと早く食べておけば良かったと思いました。いや、本当に。お値段的に学生向けではない感じですが、一風堂などのちょっと名の知れたラーメン屋で食べても似たようなものですから、それを考えれば高いとはいえないでしょう。ちなみにどっちも単品で800円です。あくまでラーメン屋ではなく中華料理店なので替え玉とかは無し。この味なら五目ラーメンも期待出来そうです。それと定食を食べてみましょうかね。当時と違って私も気軽に使える足がありますから、その気になればいつでも食べに行けます。このブログを読んでくださってる奇特な皆様も香椎へお出での際はぜひ宇宙軒へどうぞ。

 PS3は今日あたりふらりと行ってみたらあったとかいう話が結構出てますね。週単位ならともかく、こんな細かく刻むなら初日に投入しておけよと思うんですが。

墨入れ

 うーん、今日はちょっと寒いかな?

 セイバーガンダムの墨入れを続けています。これやってると「カスタムロボ」を全然プレイ出来ないのが痛いです。そんなこんなしてるうちに新作ソフトの発売日も来てしまいそうで大変です。「連ザ2」はどうしようかな。アニメ見たことないんだから、好きなのを使えばいいんですよね。ダガーでいくか、今回のセイバーでいくか、ノワールかデスティニーか。結構楽しみにしてたりします。
 今回のセイバーでは見送りすると思いますが、スターゲイザーガンダムを作る時にちょっと考えてることがあります。私みたいな塗装のヘタクソな初心者が少しでも見栄えのするものを作ろうとすると、どういう手段が考えられるのか。やり方はいろいろあるんですよねー。
 あー、もうすぐ出ないといけません。こりゃそれまでに墨入れ終わりそうも無いです。帰ってからやろうっと。

1/100 セイバーガンダム

1/100 セイバーガンダム 1/100 セイバーガンダム
(2006/10/26)
バンダイ
この商品の詳細を見る

 私がやってる「素人がガンプラを作る」は一応最終目標の「クロスボーンガンダムX-2」へのステップをきっちり考えてやっています。ですが現在製作中のストライクダガーの進行がやたらと遅いことと、その次のアイテムの下準備とかもやってしまっているおかげで今月下旬に出る「スターゲイザーガンダム」の発売までのスケジュール消化はほとんど無理になってしまいました。もちろん他のことを何も考えずガンプラに没頭すれば可能ではあります。が、今年のゲーム年末商戦は期待作がいっぱい出るので、そうもいきません。これはステップの順序を入れ替える必要がありそうです。
 本来の予定だと105ダガー(完成)>ストライクダガー(製作中)>ヴェルデバスターガンダム(仮組み完了)>スターゲイザーガンダム>X-2……という感じでした。ストライクダガーはもう失敗作と覚悟の上でいじってますから良いとして、ヴェルバスとスターゲイザーは順番入れ替えかな? 実のところ、そもそもヴェルバスのプランが「オリジナルカラーリング、スプレーで全塗装」、スターゲイザーが「部分塗装で簡単フィニッシュ+稼働改修」ですんで、順序を入れ替えた方がスッキリしたりします。
 ところがどっこい、このプランとまったく関係のないキットを買ってもう作ってしまいました。「1/100 セイバーガンダム」です。MG企画にまけないスタイリッシュなプロポーションとキレイな変形に心誘われ思わず手を出してしまい……。制作にかかった時間はほぼ丸一日。普通に考えて時間かけすぎです。なんで私はこんなに遅いんでしょうか。最初にライフルとシールドを作っただけで軽く二時間くらいかかっていて、我ながら愕然としました。
 これを作って思ったのは、実は考え方によってはHGよりもMGの方が初心者向けだということです。塗装を前提に作る場合、より細かくパーツ分けの施された大きいキットの方が優秀というわけですね。マスキングの必要がないというのはありがたい。今回は無塗装ですが、これからゆっくりと墨入れだけはしていく予定です。クロボン作った時にやってしまった「簡単フィニッシュで済ませる場合、ペーパーかけてから墨入れはアウト」というのを今回ちょこっと繰り返してしまいましたが、さほど問題ではありません。ちゃんと墨入れしてからペーパーかけてキレイに仕上げたいですね。
 この手の大型キットについて回る問題点として、小さいキットよりも平面のヒケが目立つという点があげられます。これは結構痛いです。なので簡単フィニッシュといってもここだけは処理しておきたいところ。
 それにしてもMA形態がえらいかっこいいです。素晴らしい。ああ、台座が欲しいなあ。ちなみにこのセイバーガンダム、MGクロボンよりもちょこっとデカいです。

明日は第一決戦

 うちの新しい管理元へ書類を届けて来ました。方向音痴の私にしては珍しく、わりとスムーズに現地へたどり着いたのは良いのですが、目当ての不動産屋が見つかりません。間違いなく記載されてる住所の区画まで来ているのになぜ見つからないのでしょう(苦笑)。結局店名の表記がなぜか妙に小さくて私が前を素通りしていただけという落ちでした。あんな小さな店構えとも思わなかったし。ついでにいろいろと改善点を指摘してきたので、近いうちにぐっと暮らしやすくなるのではないかと思います。
 ついでにその近くにあるヨドバシへ。購入する暖房器具は決めました。ただ、ここ二日ほどまた思ったほど寒くないので、実際に買うのはもうちょい後で。今月はフルフェイスヘルメットも欲しいし、いろいろ出費の予定も有りますのでね。ソフトの予約は「連邦vsザフト2」のみ。「夜明けな」の限定版はもう予定数終了でした。「龍刻」同様当日に探すことになりそうです。
 PS3、明日発売ですね。もうかなりの人数が並んでいました。私が店内を回ってる間に雨が降って来て、しかも雷まで光ってたりして、この人たち今夜大変だなという感じです。そこまでやっても出荷8万台なんだから、難民が出るのはほぼ確実。買えたとしても当選率15%前後と言われる初期不良にぶつかっちゃったら目も当てられません。やっぱ一年くらいは様子見でいいんじゃないでしょうかね。Wii発売初日も大変だろうなあ。こっちも最初はスルーでいいや。

PS3vsWii

 ついこのあいだアクセスポイントを作ったと思ったらその矢先に「どうぶつの森」でカブ価がプレイ開始以来二度目の大高騰。ネット上で募集をかけるとあっという間に「売らせてください」との返事が来ました。こちらはカブを高値で売らせてあげるかわりに、利益の一部を頂くというシステムです。自分の持ちカブも含めてかなりの収益を上げることが出来ました。うわー、wifiってすげー。おまけに念願のテーブル筐体まで貰ってしまいましたよ。これで部屋の一室をゲーセン化することが出来ます。
 実のところいまだに「カスタムロボ」でwifi対戦してません。けど今から「遊戯王GXSS」が楽しみです。発売直後のカードが集まってない段階でのデュエルなんて燃えそうですよ~。もっと早くアクセスポイント作っておけば良かったと思ってます。

 今日はさほどでもありませんでしたが、寒くなって来たのでヨドバシでヒーターを見て来ました。安くてそこそこ低電力&スチーム付きの商品がありましたので、一度我が家で設置環境をチェックしてから明日にでも買おうかと考えています。バイクで運べるかな?
 そのヨドバシでPS3のデモをやってまして、なかなかお客さんの食いつきがよろしいです。やはり画面から受ける単純な印象はなかなかのものがあると私も思います。ま、ヨドバシだけにモニタに良い物を使えますし、Xbox360のデモも近いレベルのクオリティでしたし、すげー、こりゃ買わなければーとは思いません。一方でWiiの什器の方にはさっぱり人がいません。こちらはリモコン絡みのCMを延々と流しているだけで、一度見たらそれでおしまいってのもあるでしょう。画面見たいですよね。
 PS3の方は発売日に早朝から特設売り場を作って対応するそうです。おそらく瞬時に完売ということになるかと思われます。が、初期出荷の数自体かなり少ないそうですから、それだけでどうということも出来ません。年内のPS3vsWiiのバトルは部外者として傍観させていただきます。
 あー、12月のソフト予約してくるの忘れちゃった。

心の芯まで寒く(嘘)

 あの、寒いんですけど。それもかなり。最近体重計に乗ると51キロ台に突入していてダイエットスローダウンとか全然効果無いじゃん的なことになっていて、脂肪分の減少がかなり身体に堪えるようになってます。充分に着込んでいるつもりでも寒いんですよね。寒いのは嫌ですねえ。ヒーターを稼働させて、かけ布団も出しました。ヒーターの方は十年超選手でして、そろそろ買い替えた方が電気効率を考えるとお得なような気がします。ちょっとヨドバシでチェックしておきましょうかね。
 寒いんでジョイフルで雑炊を頼んだら、店に入って来た若い野郎の客がいきなり取っ組み合いを始めて私の座席の近くまで来て椅子振り上げたですよ。アレ、降ろす角度によっては私にも当たってた可能性がありました。テーブルやらもひっくり返した大暴れの原因はどうも「ガンをつけた」程度だったらしいんですが……そんなんであんなキレてたら世の中やっていけねーです。相手に無理矢理謝らせるのはまあいいとして、その後迷惑かけた人間にも頭を下げるのが筋なんじゃないですかね。つか、外でやれよ。

 よくよく考えてみるとPSPでも無線LANを利用したブラウジングは出来るんでした。で、試してみました。PSPの比較的大きく鮮やかな画面はこういう時なかなかの機能を見せてくれます。充分に使える範囲内でした。見るだけなら、ですが。
 PSPは携帯電話のそれを模した全タイトル共通の文字入力インターフェースがあって、これが異様に使いにくいんです。URLを打ち込むのがとても面倒です。携帯なら対応したボタンを連打するだけでよくても、PSPでは十字ボタン使って選ばないといけないわけで。この点においてはタッチペンにまったくかないません。とはいえ、DSのブラウザを買う気を失わせる程度の機能はあります。一応合格点といったところでしょう。
 メモリが足りずページを表示しきれないのはどうもDSでも同じらしいです。それを考えると対応ソフトにほぼ確実にブラウザが乗っていて普通に使えたDCはスゴイですね。ソフトにブラウザがついてるから専用ページへの誘導も簡単でしたし。ああいうギミックはあっても良いでしょう。たとえば専用ページの掲示板に書き込むことが出来れば「カスタムロボ」なんかの対戦者募集も容易になります。つくづくDCは早過ぎたんだなあ、と思わざるを得ず。

ペットを飼ってみたい

 叔父のお見舞いに行って来ました。ちょっと前まで起き上がることすら出来なかったのに、もう歩いてました。痛い痛いと連呼するのも糸が突っ張るからのようで、傷口そのものが痛いわけではなさそうです。もちろん折れた肋骨がもうくっついたとかそういう話はありませんし、むしろくっつかないまま退院するのだそうで。だいぶ元気になってくれて良かった良かった。
 最近その近所のミスターマックスで買い物をすることがあります。ここにはペットショップのゾーンがあって、いろいろなペット候補がいて和ませてくれます。私も一人暮らしが随分長くなってきて、なんか飼ってみたいなーとは前々から考えていました。候補としてはやっぱりハムスター? とか、たいして手のかからないミドリガメなど。
 ハムスターはやっぱ可愛いですよね。計画的にブリーディングするのも楽しそうだし、有力な候補です。でも問題があるとしたら匂いかな……。ミドリガメも可愛くて良いです。こちらは寿命がやたらと長くて下手すると飼い主の方が先に死んでしまうんではないかというくらいです。が、成長すると30センチくらいになってしまうんですね。これはいただけない。そこで候補にあがってくるのがメダカです。水槽10点セットと餌、メダカ数匹で2000円程度でしょうか。少ない投資で始めることが出来て、比較的手がかからないのもポイントです。うまくいけばブリーディングも出来るかもしれません。
 いずれにせよ置く場所が問題になります。地震で壊れて以来触れてないコンポが置きっぱなしになってまるんで、あれを処分すればなんとかなりそうです。うーん、本当どうしよう。もうちょい考えてみます。

激闘! カスタムロボ#2

 うむ、やはりDSL用のハードカバーは存在するようですね。DSLそのものに手を入れるのはさすがにためらわれますが、カバーなら問題有りません。これと中古屋で適当に見繕った中古コントローラを合体させて据え置きコントローラ並みのフィット感を演出するのも面白いかもしれません。本当にやってみようかな。まずはハードカバーを探すところから始めましょう。

激闘! カスタムロボ 激闘! カスタムロボ
Nintendo DS (2006/10/19)
任天堂
この商品の詳細を見る

 「カスタムロボ」、難しいですね。最近負けることも珍しくありません。散布型、拡散型の武装にまとめて画面を自機中心ではなく全体を俯瞰するように眺め、攻撃を避けるよう避けるよう移動攻撃してれば勝つには勝ちます。でもつまんなーい。アタックを組み込んだコンボを投入しないとやる意味が無いじゃないかと思うんです。散布系は使いやすいし当てやすいけどコンビには組み込みにくい。コンボに使いやすい武器は生で当てにくい。よく出来てますよね。
 このゲーム、ジオラマというアイテムがあって自分の機体を飾ってポーズをつけて遊ぶことが出来まして、今日はちょっとそれにハマってしまいました。これだけで結構遊べます。遺跡の中でゾンビに教われるゴリラとか、イルカや恐竜や白熊に乗って戯れる女の子とか、今まさに敵と交戦中!とか。ジオラマの中にはプールの下の秘密基地なんてのもあってツボをわきまえてくれてる感じです。で、これで作ったデザインを壁紙として使えるんですよ。いいですねこれ。セーブも出来ます。ガンダムSEED風に無駄にハッタリきかせたポーズとかも出来てすごく良いです。楽しい。

 週刊マガジン連載の「アイドルのあかほん」が最終回でした。唐突な最終回の理由が「ネタが出なーい」……。面白かったのにな。単行本一卷の発売がアナウンスされてますが、2冊分にはぜんぜん足らないと思うんですけどどうするんでしょう。

ニンテンドーDSliteの弱点

 以前からうすうす感づいていたことではあるのですが、DSLってちょっと薄過ぎますね。私が持っているDS&GBAタイトルは激しいボタン操作の必要な物が数少なく、おかげで今まではっきりとわかりませんでした。親指の負担が大きすぎるのです。特に方向ボタンを押す左の親指がヘロヘロになってしまいます。これは据え置き機のコントローラを握ってみればすぐにわかることで、この場合方向ボタンに乗せる親指は伸ばした状態になります。下方向を押す時にはもちろん曲げますが、下を押しっぱなしということなどほとんど無いので問題有りません。DSLの場合デフォルトで親指を曲げた状態になります。曲げた状態を維持しなくてはならないため、少し遊んだだけでも指の根っ子にダメージが来るんですね。カスタムロボは移動しまくりなゲームですから、痛い。すぐに痛くなってしまいます。
 一応解決法は簡単です。薄いというなら厚みをつけてやればいい。DSLの下に小節の文庫本でもくっつけてやればそれだけでほぼ解決出来ます。この場合LRを押す指のポジションも自然に確保されてなかなか良い感じです。が、文庫と本体をきっちり固定出来ないのが欠点です。確か旧DSには外付けの鎧みたいなオプションパーツが出ていたはずで、ああいうのがDSLでもあればいいんですけど、調べてみると無いみたい。うーん、良いアイディアが出るかアイテムが発売されるまでは文庫で我慢しましょうか。
 これ、もちろんGBAミクロなんかでも同じような欠点があるってことですね。しかもこっちは簡単には解消出来そうにありません。小さくすればいいってもんじゃないってことでしょうか。難しいものです。

 追記
 今試しにあれこれいじってみたところ、どうやら持ち方次第で親指を伸ばして操作出来ることがわかりました。私の場合親指の付け根でコントローラをがっちり固定するタイプなので、それに忠実に携帯機を使おうとすると痛い目を見てしまうようです。つまり方向ボタンの下の部分が足りない。なので指を伸ばせる持ち方に慣れればそれでオッケー……なのですが、ちょっと頼りない気分になるのも事実でして。とりあえず文庫本を使っておいて、固定する方法を考えてみます。

激闘! カスタムロボ#1

激闘! カスタムロボ 激闘! カスタムロボ
Nintendo DS (2006/10/19)
任天堂
この商品の詳細を見る

 wifi向けに買って来た「カスタムロボ」でしたが、まだwifiにつないでません。やってもどうせ瞬殺でしょうから。一応やれば出来ます。正確にいうと接続の確認だけはやりました。なんか強いロボとパーツで遠距離からチクチクやるだけのスタイルがあって、とても崩しにくく嫌われてるようですね。とはいえ実際にゲームをやってみたところ、接近戦をメインに戦うのが難しいシステムなんで、そうなってしまうのもわからないではありません。
 簡単に言うと単純化されたバーチャロンです。右手、左手、背中に武装を背負ってそれを使い分けて戦います。牽制用のガン、爆風狙いのボム、トラップタイプのポッドの三種類です。ただ単に攻撃力の高い武装を用意しても普通に狙っていては当たりませんね。そこを相手の行動を制限するように攻撃判定をバラまいて狙撃するといったような感じです。
 今ストーリーモード序盤から中盤といったところです。実はまだ最初からある主人公機がバージョンアップしただけで、ひとつのユニットしか持ってません。やっとこさ買えるようにはなったんですけどね。現時点では頭に描いたビジョン通りの戦いが出来る武装を集めることの方が重要かと思いまして。
 カスタム性の高さが売りということで、ステージや相手によって武装をチェンジすることをゲーム中でも推奨しています。なるほど、一部の女性型ロボが早くて攻撃が当たらずすっげえウザいです。しかもなぜかスピードタイプの癖に接近戦に強い。アタックが決まるとコンボ一回分弱のゲージをゴソっと奪って行きます。これがむかつく。なので近づけさせないよう散布系拡散系の武器で固めてずっと離れて戦う方が良いということになります。あんまり面白く無いんですが……。
 面白いですよ。PSPの「モンハン」は一度プレイを始めると結構長めのプレイ時間が必要になってしまいますが、こちらは30分程度でもいろいろ出来ます。携帯機の利便性を考えると個人的にはこっちの方が良いかな? でもDSでPSOのシリーズが出たら絶対買うんだろうけど(苦笑)。DSのwifi対応ソフトって、案外協力プレイ系が無いんですよね。そろそろなんか出しませんかね。
 ディレクターの名が見城こうじとなってることにちょっと驚きました。この人、昔マイコンベーシックマガジンで山下章や手塚一郎、古代祐三とかとライターやってた人ですよね。あ、多部田なんてのもいたっけ。今はゲーム作ってたんですね。ベーマガも無くなっちゃったもんなあ、それとキャラクターデザイン……女性キャラが総じてエロい(笑)。中学生なのかな。なんか妙に胸のラインが艶かしくて非常にいただけません(苦笑)。任天堂ということでモブの住民の台詞も微妙に黒いし、ちょっと独特の世界観が構築されてます。この辺はキャラクター物を多数作り続けて来た任天堂の強みかもしれません。
 もうちょい戦えるようになったら対戦もやってみましょうか。勝てないとは思いますがテトリスよりは楽しめそうです。遊戯王までのつなぎには充分かな。あ、あとせっかくだからブラウザ買ってみようかなー。

wifi通信環境構築

 昨日の続きです。バッファローのアクセスポイント「Air StationG WHR-G54S」は立派に機能してくれました。最初ちゃんと接続テストをクリアしてるのに「どうぶつの森」はつながった途端に切れ、テトリスは最初からつながらないという有様でどうしようかと思いましたが、接続設定をやりなおしたら問題解決しました。今の所部屋の中にさえいればどんな状態でDSを起動してもつながります。コネクタは全然つながらなかったからこれで大満足です。すばらしい。「遊戯王GXSS」へ向けての準備はこれで万端でございます。
 実際wifi通信対戦ツールとして遊戯王は優れてると思います。だってさー、ブランクあったとはいえテトリスの対戦やって全敗ですよ、全敗。テトリスには勝敗で増減するレーティングという数値があって、それにあわせた対戦相手をチョイス出来るのに、あった勝ち星150とかなんですけどどういうことよ(笑)。こっちは勝ち星ゼロですよ。遊戯王なら構築するデッキ次第です。もちろんカードを増やしてる方が有利には違い有りませんが、熟練した操作テクニックが必要なんてことは無いわけで。楽しみですよー。
 で、うちには「森」と「テトリス」以外のwifi対応ソフトが無かったんで「カスタムロボ」を買って来ました。よくよく考えると私が持ってるDSソフトにアクション系が全然無かったんで、そういう意味でも楽しみです。これからやります。

 昨日はすごく疲れた状態で4時間しか眠れず1時間とはいえ休日出勤。帰宅してからもヘロヘロ状態でした。で、こりゃもう駄目だといつもよりかなり早く寝てみたら、なんと13時間睡眠ですよ。しかも普通ならそれだけ眠ればかえって体調悪いもんなのに、今回は逆にすっきり壮快です。やっぱ疲れてたんですね。

これから試す

 バッファローから出てるDSのための(専用じゃないけど)無線LANアクセスポイントを買って来ました。ちゃんと機能してくれるかわかりませんが、これから試します。たぶん、イケるはずです。任天堂から出てるコネクタは出力が弱すぎるのか接続率が極端に低くてちょっと使い物にならないんですよね。それで今回はちゃんとしたのを買って来たというしだいです。とりあえず接続の確認を取れたらブラウザでも買ってみましょうかね? せっかくだからバンバン使わないとね。
 今日はこれからダガーの制作の続きをやろうと思ってました。けど、雨が降り出してきちゃいまして、中断というか延期。ペーパーだけでもかけておきましょうか。コーラを切らしたのが痛いなー。

不要な死生観

 ここ最近肋骨を肺に刺してしまって入院した叔父のお見舞いに行ってます。去年叔母に先立たれて寂しいのはわかるのですが、まだあなたの母上が健在なのにもう先が無いようなことを言うのはどうかと思うですよね。「もう俺には日陽ちゃんしかいないから」なんて言われても、さほど叔父孝行してない私には逆に重荷に感じられてしまったりするのです。子供がいないんで、そういう気持ちになってしまうのも仕方ないかもしれませんが……。元気出して欲しいですよ。
 しかし、肋骨はきついですね。起き上がると痛いし、一日中寝てテレビ見てるしかないんで、ものすごく退屈だろうと思います。差し入れしようにもほんとに何も出来そうに無いんですよね。私も気をつけなきゃ。幸いにして私は肋骨に限らず骨折を経験したことがありません。その辺、やっぱ私は慎重派かなーとか思います。
 明日も行って来ます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。