FC2ブログ

宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

レベルアップの猛威・サイレンドソードマン

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008 遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
Nintendo DS (2007/11/29)
コナミデジタルエンタテインメント
この商品の詳細を見る

 今週も「00」見逃してしまいました。今日は寝不足気味で強引にでも眠ってしまいたかったので、仕方の無いところではあります。一度寝て2時間程で起きてしまい、その後しばらく寝られなかったのが痛かった。それでも今はレビューサイトも充実してて後から内容を知るのも難しくありません。そっちで補完しておくことにします。別に見たく無いわけじゃないんですよね。
 DSの「遊戯王2008」を始めました。これで「ナイトメアトラバドール」「スピリットサモナー」「2007」に続くDS4番目の遊戯王タイトルで、基本的なゲームエンジンは最初からほとんど変化していません。「ナイトメア」がいかに完成度の高い作品だったかがわかりますが、さすがにマンネリ過ぎないでしょうか。ゲームの主役はカードなのだからこれで問題無いとコナミでは考えているのかもしれません。確かに下手に弄って発売の間が空くのもなあ、とも思ったり思わなかったり。
 今回はストーリーモードの収録が売りだそうです。アニメGXでもやっているカードの精霊の世界を雰囲気だけ再現したような感じで、ちゃんとしたストーリーがあるわけじゃありません。でもその雰囲気自体はさほど悪くなく、デュエルシミュレータ特化だった「2007」より好い印象を受けます。遊戯王ゲーは「タッグフォース」以外で毎回初期デッキのしょぼさに苦しむことになっていて、今回も例外ではありません。トライホーンドラゴン、光神機桜花、疾風超人ジョーと上級モンスターはわりと使えるものが揃っている一方で下級が酷い。まともに闘えるモンスターがほとんど無い上に、それをフォローする魔法罠もかなりしょぼい。おかげで初期世界の弱小デッキにも苦戦することがあります。まさかワイトキングにやられてしまったり、ハネクリボーlv10に大打撃喰らったりするとは……弱いデッキでもコンセプトがしっかりしているということですね。
 それでも頑張ってカードを集めちょっとずつ入れ替え、最初の世界クリアが見えて来ました。エンブストの提示して来る5つのデッキの3種に勝てれば次の世界へ行けるというイベントでとりあえず一勝し、次にサイレントソードマンのデッキを選択……これがもう強い強い。初期デッキ改でまだまだコンセプトもなにも無い状態ではまともに相手をする事すら困難なのです。
 基本的に遊戯王に限らずカードゲームで重要なのは手札です。出来るだけ手札を消費せず様々な行動選択肢を常備しておくのが大事でして、アニメみたいにガスガス手札消費するのは愚策なのですね。たとえば相手のカードを1枚封じるのに2枚以上消費するのは好ましく無い。ところがこのサイレントソードマンデッキでは相手2ターン目くらいで最上級のサイレントソードマンlv7が出て来ちゃったりします。いきなり大型モンスターがドン!というのも圧力が凄まじくてやはり怖いものです。サイレントソードマンは魔法に対する制圧力が売りのモンスターで、lv5で自身に対する魔法無効、lv7でフィールド上の魔法全て無効という脅威の能力を備えています。魔法カードを全て封印されてしまうと手札のカードの半分が腐ってしまうので大変です。罠かモンスターで倒すしかありません。でもlv5で2300、lv7で2800という攻撃力はかなり高い。より高い攻撃力のモンスターで撃破というのは難しい。となると罠orモンスター効果で対応することに……でもカードが揃ってなくて対応出来るカードがやたら少ない。どうするんだこれ(苦笑)。序盤にしては強すぎないか。
 エンブストが提示して来る他のデッキに逃げれば良いんですが、こちらもちょっと意地になってます。雑魚倒してカード集めてなんとか倒したいところです。なんだかんだで面白いです。
スポンサーサイト



2008駄文

 「遊戯王2008」「パズルクエスト」を買って来ました。結局強化週間とかいいながら「檀ジョンメーカー」はほぼ手つかず……。原因は単調なゲーム性とそのわりにはもっさりした戦闘エフェクトでしょうか。たいしたものじゃないわりに長めに見せられるエフェクトが多いんですよね。これは惜しい。アイディアは高く評価してますし、けしてつまらないゲームではありません。独特の緩い世界観、キャラクター描写も秀逸とまでは言わずとも評価に値するレベルでした。やっぱ今の世の中、UIが大事なんだなーと思わざるを得ません。勿体ないなあ。
 新作二つは同時にプレイはきつそうなんで、とりあえず「遊戯王2008」から行きます。「2007」ではあまりやらなかった通信対戦を今度はバリバリやってバリバり負けたいと(苦笑)。今回初期デッキが今までにも増して酷いもので、とりあえずはカードを増やして入れ替えることに専念です。いくらなんでも初期デッキに竹光は無いよなー。「2007」からの追加カードは400にわずかに足りないといったところです。トータルではほぼ200枚ですね。本当に2008枚だったりするんじゃないかな、これ。
 あと予定通り玩具も……結構な散財になりました。でも「逆説の日本史」の次の巻を買い忘れてます。近所の店にもあるのかな?

 これまで私はRを焼くということをほとんどしてきませんでしたが、itunes環境の維持、バックアップのために多少はやることになりました。DVD-Rには対応してませんから、使うのはCD-Rです。それでも結構入ってくれるもんですね。弟がゴミ捨てるみたいにバンバン焼いて失敗してたのを思い出し、私は時間かけても確実に焼くことにしてます。やっぱ貧乏性なんだなー、私。レジの買い物袋をなかなか捨てられない小さな男ですよ(苦笑)。

 今週の「電王」のオープニング「いいね、いいね、すごいね!」は電王5大インパクトのひとつに数えられます。あれは凄かった。他は第一回、第二回のアバンギャルドライダー登場編、銭湯での実は警察が囲んでるのは隣でした事件、クライマックスフォーム関連(特にボイスターズシャウト)、あとひとつはまだこれから見られると思います。楽しみです。
 そろそろヤバいんですよね。今「電王」の物語が必要以上に桜井侑人withゼロノス中心になりすぎているのは、本来もう一人中心にならなきゃいけないはずのハナがいないからだと思うんです。ハナの復帰を待ってるんだけど、なかなか戻らない。そこでゼロノス関連を前倒ししている、と。ところがどっこい、白鳥百合子は今頃撮影に復帰してないともう最終回に間に合いません。コハナのまま最終回を迎える可能性が現実として浮上しているわけです。近年珍しく完成度の高い作品作りの出来ている「電王」だけに、画竜点睛を欠くことをして欲しく無いというか、復帰しないと芸能界干されますよね、これ。本人わかってるのかなあ。

これはすごい



 あ り え な い。

忍者vs忍者(斬り合いはしません)

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 ……なんだか最近ゴスカばっかりやってるような……いや、どうぶつの森も変わらずやってるんですけどね。昨日初めて他の人の村へ遊びに行きました。橋が斜めにかかってたのが新鮮でしたね。たぶん相手のプレイヤーは女性の方です。マイデザインのセンスにそれを感じました。あ、あと普通男なら名前にハートマークはつけませんやね。貯金も2000万を超えました。
 で、ゴスカです。適当にプレイして63万とか出てるんだから、上達したと言っていいのでしょう。昨日格闘でエクセレントを出せる目処をついたと書きました。確かに目処はついています。が、狙うのはステージ2だけにしてステージ3の方は無難にGood狙いにした方が良いかもしれません。ターゲットが出た瞬間にアクションボタンを押せばいいんですよね。要はどこにターゲットが出るか覚えろってことです。実は最近音声を消してリモコンから出る音を頼りにやってたりします。これだと細かいイベントとかのタイミングがいまいち掴み辛いんで、本気でプレイする時はやっぱ音をつけてやった方が良いです。しかしリモコンから出る音は意外と雰囲気ありますよ。音声をつけておくと普段は分かりにくいですけど。
 なんとなく思い立って忍者モードを久し振りにプレイしてみました。敵が無駄に忍者になってるという不思議なこのモード、よくよく見てみるとオブジェの日本人形を撃って般若になったり妙な仕掛けがいっぱいです。最大の特徴は武器が手裏剣になっちゃうことでしょう。手裏剣なんか銃弾よりも嵩張って大変そうなのに、なんと無限です。リロード不要なのです。さすがは忍者。手裏剣ですからフリスビーよろしく放物線を描きます。遠くの敵に当てようと思ったらちょっと上を狙わないとダメです。しかもこの手裏剣、明らかに威力が無い(苦笑)。更に立ち止まって投げる時は問題無いのですが、移動中が大変です。横を向いたりするとカーブがかかる(爆)。すごいですよ。ガンシューティングなのに弾道が上下左右に曲がりまくるんです。こんなの当たるわけありません。ひでえ。結果、通常モードよりもずっと難しい。パラダイスの水鉄砲は山なりで弾速遅い点で手裏剣と同様+リロード(給水)いなきゃいけないってことで更に難しい。しかもこのモードはあくまでお遊びでランキングに記録されません。ほんと、無駄もいいところだ(苦笑)。家庭用ゴスカの売りの両モードのわりに、あまり遊ばれないのではないでしょうか。

 某玩具サイトの某アイテムを見てかなりグッと来てしまいました。これは買ってしまいそうです。

スコア考察(煮詰まってるとも言う)

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 むむむ。ゴスカ、どっかでミスが出てなかなかハイスコア更新出来ません。というかここ数プレイでのジモンヘッドショット失敗率がちょっと高過ぎるんじゃないでしょうか。全然当たらない(泣)。でもま、ジモンを外しても2万点減るだけなんでそれほど大きな痛手でも無いのですが。ステージ3で戦術格闘引けない方が遥かに痛い。
 で、命中率に気を配りつつプレイしてみたのですが……ステージ2では106%、その後のステージ1では99%でした。これは命中率ボーナスから簡単に計算で出せます。106%なら66000万点です。(命中率ー50)×1000+10000点なわけですね。51%なら11000点になります。ステージ3ではぐぐっと下がって14000点。つまり54%。命中率はステージクリアで引き継ぎますから、実際にはもっと低いはずだったり。でもステージ1はもうちょいあげられるかもですね。現状で13万稼いでいますから、15万くらいを目標にしてみます。ステージ2ももっとあげられるかな?
 もうちょい細かくステージ別に考えてみます。ステージ2はステルス>戦術格闘>人質救出>ジモンヘッドショット。このうちステルス、人質救出はわりとエクセレントのとりやすいイベントです。ガチっと固めて行きたい所。戦術格闘はもうちょいやりこんでエクセレントを取るタイミングを覚える必要がありそうです。最低でもGOODでクリアしたい。
 ステージ1。トラップ>狙撃>地下>人質救出>ヘリ。今日はうっかりレベル9でプレイしてしまい、トラップでエクセレントを取れませんでした。でもレベル8なら慌てなければ最低でもGOOD判定で行けます。エクセレントも取れる。狙撃……ここが微妙なところ。最初に出て来る二人をダブルで倒す必要があるんですが、解説をどのタイミングでカットするかによってふたりの立ち位置が随分違って来るのです。最速よりもちょっと遅らせるのが良いみたいですが、これはやって覚えるしかありません。遅いよりは早過ぎる方がまだマシかな? 手すりが邪魔なんだよなー、手すりが……。地下は普通にやってれば7秒残しくらいでエクセレントを取れます。ヘリも問題無いです。
 ステージ3。私の場合、狙撃>マッコイ三択で戦術格闘>ジャングル行って戦術格闘>地雷撤去>サイサリスという流れです。ここの狙撃だとエクセレントを取れます。ステージ1はきつい。戦術格闘は本格的に鍛え直した方がいいかも……どっちもエクセレントならどっちもGOODより10000点スコアを稼げる。でもイベントクリアボーナスがでかいからミスらないことの方が大事。地雷は敵をある程度無視してでもエクセレントを取りに行きます。サイサリスはニ発ほどグレネードを当てられたら楽なんですが。ここで無駄打ちを防ぐと命中率的に美味しいかも。

 ステージ2 135000
 ステージ1 175000
 ステージ3 120000

 これは各ステージで取っておきたいイベントクリアボーナス+イベントでの得点+命中率ボーナスを足したものです。これだけで42万もありますね。これを全て取れたらおそらく80万行くんじゃないかと思うんですが……。まだわかりません。こう考えるとこの目標レベルでは敵をいかに倒すかということより、堅実に無駄撃ちせずイベントを確実にこなすことが重要。……でも100万狙うにはどうすりゃいいんだ。見当もつかん(苦笑)。

 追記
 やりました。72万点です。エクセレント逃しは結構あったけど、ほぼ全てのイベントをこなしたわりには思った程伸びなかった印象です。ランキングは49位。ここから上もかなりの団子状態で10位あたりでも80万くらい。まだまだ順位を延ばす余地はあります。でも大変そう。戦術格闘でエクセレントを取る目処がついてきましたが、80万はやりこんでみて出るかどうかといったところ……ま、頑張ります。

今週の仮面ライダー電王

 第42話「想い出アップデート」
 冒頭のクラジャンウラバージョンに全て持って行かれたような気がするんですが。「いいね、いいねすごいネ!」……まさかこう来るとは……あまりのインパクトに思わず呆然としてしまいました。この調子だとキンバージョン、リュウバージョンもはなはだ心配です。爆笑しないと良いのですが。こうなるととりあえずオーソドックスにやるしかないモモちんがちょっと可哀想になったりならなかったり。ま、モモちんはいつも優遇されまくってるからよいですか。
 内容はおおむね予想されたものでした。先週D侑人に一目惚れしてしまった女の子。でも今週のゼロノスの変身によってその記憶は無くなってしまうのです。その通りだったわけですから後は味付けの善し悪しってことになります。が、これはカーナーリーせつなかった。女の子にあそこまで言わせてしまう必要はあったのでしょうか。今はソフトボールで全国大会に出てしまうくらい元気だけどちょっと前々かなりヤバい具合に入院してて、その時思った。いちにちいちにちを大事にしよう。デネブがやったのは結局その存在したはずの一日を奪ってしまうことだった。侑人はそれを最初から理解していたから必要以上に他人を巻き込むのを嫌がった。「俺は覚えているから」。この一言に込められた思いの深さたるや……あれ、電王の主人公って誰だっけ(笑)。
 OPがウラバージョンだったということで、今回ウラの出番がわりと多め。でも多かったわりには活躍してない。活躍してないのに見せ場はあったという謎。U良太郎でソフト子ちゃんに接近してまったく反応してもらえずちょっと傷つき珍しくスタスタ歩く。せっかくロッドに変身したというのにバトルというよりもコントに終始。「ボクこんなキャラじゃないのになー」。映画はともかくロッドは苦戦しないの法則+ロッドが出るとイマジンが暴走する法則はなぜか維持されています。最後強引にキングライナーが出て来たのは商品販促+来週駅長が出るからですね。
 ぶっちゃけ既に気持ちは来週の内容に飛んでいます。遂に桜井失踪事件の真相に迫るようです。しかもなんだか今週と違い予想を裏切る凄い展開になるみたいですよ。桜井侑人が失踪した事件を知る者は良太郎しか存在しない。ゆえにその証言者は彼一人に限られる。しかしその証言は果たして正しいのか? 良太郎自身に何か見落とし、思い違いがあるのでは? じゃあ失踪事件っていったいなんだったのか。そもそも桜井侑人が分岐点だというのも事実なのか。その内容によっては電王の見方がまるで変わって来てしまいます。ということで次回はちゃんと良太郎が主人公?だといいなあ。

 今日のゴスカはヘッドショットに失敗するわ、トラップ解除を初めてミスってしまうわ、3ボス普通に撃ち漏らすわで散々でした。うーん、もう一度やるかー。
 で、もう一度。ステージ2&1と自分的にほぼ完璧にクリアし、ステージ3にてなんと戦術格闘失敗&マッコイ三択で戦術格闘引くのにも失敗。これは酷い。三択ひけなかったのはともかくとして。あそこの戦術格闘に失敗したのは久し振りですよ……。しかし三択は三択で煙に注意して二択に出来るというのに、引けた回数が圧倒的に少ないような気が。これはいったいどういうことよ?
 現状の検証では上手く行って75万あたりですね。ステージ2の命中率をなんとか頑張って80万いけるかどうか。やはりその辺が普通人の限界になるでしょう。

たとえグダグダでも

 あちゃー、「00」を素で見忘れてしまいました。最初に目が覚めた時にはもう遅かった……いや今日は良く寝たなー。自分でも知らないうちに疲れてたんだろうか。なんかラブコメ展開がどうとかレビューサイトにあったんで、見逃したのは痛いかもしれません。普段はあまりやりませんが、どっかにアップされたら見ちゃおうかな。

 「ダンジョンメーカー」強化週間とか言っておきながらあまり手をつけることが出来ていません。こりゃもう次の木曜までのクリアは無理っぽいです。とりあえず当面の敵デビルプリンスを倒すまでは頑張ります。最初あれだけやる気の無かった主人公にだんだんダンジョンメーカーとしてのプライドが産まれて来ているのはなかなか面白い描写です。このゲーム、意外とそうした表現に優れてたりしますね。
 でも「遊戯王2008」は問題無いとしても「パズルクエスト」はちゃんと次の木曜に出るのかな? 公式では発売日変更の記載が無くて、もう発売されてるようなことになっちゃってるのが気になります。
 ゴスカは2ボスのヘッドショットに失敗。こうなると気分的にもうどうでもよくなります(苦笑)。ステージ1では人質イベントをじっくりと。やっぱショットガンではきつい……。冒頭の狙撃ミッションへのリベンジは果たしてます。ステージ3はもはやまともにプレイする気がなく、あえてジャングルではなく遺跡へ。初めてプレイするスポットにかなり戸惑いつつ、援護ミッションを失敗……苦手なんですよね援護ミッション。というか得意なミッションとか無いし。ジャングルで地雷撤去するのが無難です。さらに鉄鋼船の破壊にも失敗。こちらは命中率低下を防ぐのにグレネードメインでやってみて、やっぱ間に合わないってのを確認したまでですが。一応やれることはやれるという話……いや無理だろ。印象的にはかなりズタボロだったわりには59万点で宮上的ランキング2位だったりします。うーん、これを上達と見るべきか。

 「ハヤテのことく!」をパクリ漫画だ、という論調は結構大きくて無視出来ないものがあります。が、一方別作品で「奇をてらえばいいってもんじゃねーんだよ」というような話もあります。創作飽和状態の今、オリジナリティを出すことが非常に難しくなっていて、結果パクるかやり過ぎるかどちらかしか……というジレンマがある。ここに粗製濫造が加わって業界全体の地盤沈下へつながっています。悪循環ですね。
 ただ擁護するなら奇をてらうのは挑戦的姿勢のあらわれでしょう。基礎も無いのにそういうことするからメチャクチャになるしかないってのはあるにしても。パクリに関してもオリジナリティを打ち出せないなら、過去作オマージュによる再編成ってのも手際次第で評価しても良いんじゃないでしょうか。「ハヤテ」は手際自体は悪く無いと思うんですが。というかこの作品、群像劇としての性格も持っていて、そこを無視して評価をするのもどうかと思うのです。少年漫画で群像劇というのは打ち切りと背中合わせの週刊連載では非常に難しく、実際過去この分野でのメジャー級成功作ってのも記憶にありません。現在進行形で「はじめの一歩」なんてのがありますが、これくらいしか。だから「ハヤテ」も今の路線で軟着陸出来ればもっと評価されても良いはずです。まあ、作者自分のキャラに愛着持ち過ぎとか、サンデーWEBでのコラムが突出して痛過ぎるとか、ぶっちゃけオタク丸出しでキモいって話は事実なのでなんとも言いようが無いす。
 一方で「ハヤテ」のアニメは群像劇としての性格を打ち出し切れていません。というか4クール一年の区切りが決まってて原作から外れた展開をやらなきゃいけない以上、そっちの方向をやること自体無理です。群像劇ってのは複数のキャラが独自の方向を向いていて、なおかつ話が進むにつれポジションを変化させていく性格を持つことに対し、コメディを強く打ち出したアニメではある程度のリセットをかけないといけない。なので原作をなぞった前半2クールに比べ、3クール目が内容で落ち気味なのは結果としてアニメが駄作で終わってしまう恐れを含んでいます。本編と異なる終わり方を考えつつ話を作るのはやっぱ難しいのでしょう。こういう見方自体オタクくさいですけどねー。

このくらいで満足してちゃいけないけれど

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 ステージレベルを整え、準備万端といった姿勢でショットガン構えてスコアアタック突入! 最初の鬼門はしょっぱなステージ2冒頭のステルスミッションです。私がマヌケなのかどうか、ここをいきなり失敗してしまうことが多く、その場合速攻でリセットとなります。WiiのリセットはOS的なソフトリセッットが装備されているのですが、どうもいまいちテンポが良いとは言えず、プレイヤーデータをロードしなおしてやりなおしということでちょっと面倒です。失敗しなきゃいいのにねー。その後人質救出を経て戦術格闘、ジモンのヘッドショットを無事完遂。
 次のステージ1はレベル8です。私は援護ミッションが苦手なのでトラップ解除へ向かいました。それほど時間をロスした気は無いのですが、エクセレントが出なくてビックリ。今後は素早い操作を身につけて確実にエクセレントを取りたいところ。ステージ2からここまでで既に勲章をいくつか取りこぼしています。しょぼいですね。更にしょぼいことに狙撃ミッションを失敗しています。ほんとしょぼいなー(泣)。その後肉を切らせて骨を断つ戦法で人質ミッションを攻略。ここはエクセレントを取りたいシーンなんですけど、ショットガンだと人質を誤射しやすくて難しい。ショットガン以外なら楽勝のはず。ステージボスのヘリは今まで一度しか撃墜ミスしてないんで、レベル8でもわりと楽勝でした。エクセレント出てます。
 最後にステージ3レベル4。ここは何度も繰り返しプレイしてますんで、さほど問題無いです。狙撃も成功。本人的に素早く撃てたつもりだったわりにはエクセレント取れず。ただステージ1でミスったように、エクセレント目指して焦ると逆効果になってしまうんで、ここは無理しない方向で。吊り橋の勲章をゲットしつつ三択で戦術格闘を無事に引くことに成功してます。ステージ3まで来て運頼みな部分が出て来るんだからたまんないっす。その後は移籍ではなくジャングルへ行き地雷撤去です。地雷は敵を無視して撤去に専念すればエクセレントを取れるので美味しいイベントです。無理して敵を倒そうとするとショットガンで地雷を巻き込み台無しになってしまいます。三択があってもステージ3をラストに持って来るのは鉄鋼船対策です。鉄鋼船の障壁は障害物扱いでヒットさせてもカウントされない。つまり命中率ボーナスにかなりのダメージを喰らってしまうのですね。ここを先に持って来ると後のステージで高いボーナスをもらうのがつらくなる。一応グレネードオンリーで命中率低下を防ぐ手段もありますが、制限時間内に撃ち漏らしてしまってはまったく意味が無くなってしまうんで、私はマシンガン併用することにしています。
 クリアした時点でハイスコア更新確実なところまで行きました。ステージ3のボーナスも入れて69万! それまでのハイスコアから一気に10万も上積みしちゃいました。ステージ1の狙撃をミスらなきゃ70万超えてたのになー、もう。かれこれ5万点は損をしているはずです。そんなわけで、今後の頑張り次第で80万を目標に出来る所まで来たことになります。これは「誰でもその気になれば80万はいけるよ」ってことです。ちなみに69万でランキングは60位台まで上がりました。念願の100位以内を達成してます。まだイケますが、おおむね満足です。ステージ3プレイ中は内心かなりドキドキしました。こんな感覚久し振りだー(笑)。今後は80万を目標にしつつ、あまりシビアには考えずまったり行きたいです。コスも武装もコンプリートまでまだまだありますしね。

最近ゴスカばっかりね

 ゴスカ、ハイスコア更新の準備が整いました。あれこれ試行錯誤してみたところ、ステージ1に関してはレベルを8まで上げておかないとまともなイベントクリアボーナスを得ることが出来ないことがわかったためです。なので捨てプレイ気味に使った事の無かった銃を選んでレベル8になるまでクリアを続けました。貫通力のあるライフルを試してみた所、使いどころを抑えればかなりいけそうな手応えを感じました。使い慣れたショットガンほどではありませんが、なかなかのスコアを出すことに成功しています。障害物を貫通して敵を倒せるのは大きいし、それをやるためには出現パターンを覚える必要があって、他の武器を使う時にも応用出来ます。というかやっぱ貫通か拡散かどっちか無いとダメですね、スコア的には。
 私が現状で出した解答はステージ2レベル4>ステージ1レベル8>ステージ3レベル4という流れです。これでイベントクリアボーナスだけで20万点取れるはず。あとは命中率ボーナスに気をつけて最悪でも50%を割らないようにし、出来るだけ勲章をきちんとゲットして、ダブルを狙えるだけ狙う。うまくいけば70万を達成出来ます。ランキングも100位以内まで行けるんじゃないかと期待してます。でもそこから先はかなりの苦難の道でしょう。ちくしょう、凡作とかいってメチャクチャ楽しんでるな(笑)。

 今週を「ダンジョンメーカー」強化週間と位置づけることにしました。でないと来週の「パズルクエスト」「遊戯王2008」の発売に間に合いません。今日ヨドバシには行ったものの、ドラクエ4はスルーしました。ついでにいえば買う気充分だった1/100バスターガンダムを買い逃してます。まさか無くなってしまうとは……長く悩まずもっと早く買っておくべきでした。でもってエネループを4本購入。充電器はあるんで、電池だけ。今後Wiiの稼働率が上昇する予感がありますね。
 で、「ダンジョンメーカー」は長い事8Fで止まってたのを10Fまで進めました。この辺になると的が強いです。そろそろ画期的な食事を開発しないと成長が追いつかない。というかある程度打撃魔法両面で守備力重視しないとどうにもならないような。ほんとB級の惜しいゲームだなー。料理次第でものすごく面白いゲームになった予感もあるので勿体ない。

 「ハヤテのごとく!」DVD5巻を無事借りて来ることが出来ました。なんかやっぱ店員ルートだったような気がする……そりゃ勝てんよ。確証はないですが。昨日借りた漫画の13巻は1冊だけで一泊レンタルなんで、後でまた行かないといけません。漫画は3冊まで一泊二日。10冊以上だと一週間レンタルになります。お値段据え置きだから基本は10冊ですね。そのうち「はじめの一歩」80巻借りとか無謀なことをやってみたい気もする(笑)。

レンタルDVD

 今日は「ハヤテのごとく!」DVD5巻の発売日だったんです。そこで寝る前に朝一で(凄い日本語だな)レンタルへ駆け込んで借りようと思ったら、開店数分だったにも関わらずもう借りられていました。どういうことでしょうか。店員が借りたか、そうでなきゃ昨日の深夜には並んでいたんだとしか思えません。新作なんで長い事借りられませんからマメに覗いておけばすぐに借りられる……といいなあ。その店、私が見たい作品がずーっと借りられたままだったりするんですよね。誰か借りパクしてるんじゃなかろうか。
 そんなこんなで最近わりとレンタルを活用しています。今日もハヤテのかわりに「月は東に日は西に」を4巻全部借りて来ました。時としてギャルゲーというのは完成度とかまったく関係無いレベルで好き嫌いの判断がされるものでして、私にとって「はにはに」というのは好きなギャルゲーの頂点クラスに君臨する微妙なタイトルです。ゲーム本編もラジオも堪能しました。が、アニメ駄作ですね。全然面白く無いです。微妙とは聞いてましたがここまでダメだとは思ってませんでした。
 「F-91」や「逆シャア」もこの流れで見たわけです。他にもいろいろと。この店に限った話じゃありませんが、レンタルビデオ店って見たいものを探すのが難しいから困ります。ジャンル別に並べるんは当然としても、その中であいうえお順になってなかったり、邦画は「邦画」という括りだけだったり、大量にある作品の中から目当てのものを見つけるのは大変です。それも単発物だったりするとなおさらで、見つからないのか、そもそも店に無いのかすらわかりません。実写版「クロマティ高校」見たいんですけどねー。主演が「龍騎」の須賀だし。
 といっても映画のDVD1本二時間もじっくり見ていられる程集中力のある人間じゃないので、主に区切りの細かくくるテレビアニメを見るのが主です。ただ映像的に優れた大作を見たいという気持ちも無いわけではなく、来月発売の「トランスフォーマー」とかかなり気になってます。まあこの作品については予約特典狙いでセル版買っちゃおうかなとも思ってるわけですが。
 この店の良い所は安価ってことですかね。旧作だと1本100円です。漫画のレンタルもしていてこちらは一冊50円。値段とうちから至近ってこともあって、当面他の店を利用する気はありません。

逆説の日本史 足利編

 ニコニコ動画で見ていた「アスカ見参!」のプレイ動画、ついに裏白蛇までクリアしてしまいました。しかもゆるめとはいえ縛りプレイ有りで。もうほんとね、私程度なんかまだまだだなあなんて思ったりしたですよ。ついでにアスカの名作ぶりも再確認。で、続いてさらなる厳しい制限で裏白蛇プレイが始まっています。あんなの私じゃ絶対無理。表白蛇すら満足に進めないのに裏でアレって……。ああ、アスカやりたいな。でもスケジュール的に無理。ただ多少DC動かしておかないと壊れちゃっても困るから火は入れとかないとですね。

 「逆説の日本史」7巻の足利幕府編を読了しました。主に尊氏、義満、義教を中心にした内容で、日本人は室町幕府のことは案外知らないもんだなーと思い知らされています。日本人は宗教的な戒律がなく、行動判断上の規範というものもありません。日本人の大半はそれで当たり前だと思っています。これは戦時の皇国史観が今になってなお日本人の心に大きな影を落としているからで、そういう意味では日本人の戦争嫌いと宗教嫌いは同じ根っ子だと言えます。でも「宗教? うさんくさそう」なんてダイレクトに考える民族は世界的にも珍しいでしょう。かくいう私だって宗教の意義は認めていても、自分が入信するかどうかというと二の足どころか百の足くらい踏んでしまいます。
 そんなこんなで日本人が心理的な規範を宗教から得るのは難しい。それなら先人に学ぶしか無いじゃないか、とこの7巻を読んで思ったですよ。日本史を学べば日本人がいざというときどういう方向を目指せばいいか、また回避すればいいか自然とわかるはずです。なのに現状の歴史教育はダサい。そこまで考えて歴史教科書問題の底辺に流れるものってのが見えて来たような気がしました。宗教が無い。歴史教育も無い。こういう状態を長く続ければ日本人はどんどんアホになっていく。その表現が悪ければ世界的な考え方から孤立して行く。そのために歴史教育を誘導・利用しようとしている人たちが一部にいるんじゃないかな、と。
 もしかすると日本人に歴史嫌いな面があるとして、それも根っ子は皇国史観なのかもしれません。過去を知り教訓を得るのではなく、忘れる事でそこから脱却しようとしている。でもそれは舵の無い船で航海するようなもんじゃないかな。別に教材として「逆説の日本史」を使えなんてことは言わないんで、なにかしら歴史に触れる必要が日本人にはありそう。例えば徳川15代で家康と有名過ぎる吉宗を除いた13人で誰が好きか、という質問を受けたとき、まともに返答出来る日本人がどれだけいるだろう。多くの人は綱吉を真っ先に除外するかもしれない。けど綱吉はアレが有名ではあっても、政治能力で優れた手腕を発揮していた事実はほとんど知られていない。アレひとつで綱吉を描き切ってしまう日本史教育はやっぱ問題だろ、と言わざるを得なく。他だと14代家茂が若く聡明な人物で、勝海舟は彼に惚れ込み強く心酔していたとか、15代慶喜だってまともな評価を受けているかどうか怪しい。

ゴスカ、早朝、特撮駄文

 ゴスカのハイスコア更新しました。59万点でランキング200位台に入ってます。既にランキングトップは100万オーバーだし、アーケード版のランキングでも同様なことを考えると、本気でスコアアタックをしている人はごく少数のようです。逆に考えれば今から素人が頑張ってもある程度までは狙えるということですよ。そこでとりあえず目標を100位以内に入る、ということにしました。実現する可能性はそれなりにあると思います。59万取ってもステージ3で戦術格闘ひけなかったし、ステージ1はレベル1でのプレイでイベントクリアボーナスにまだ余裕があるので。改めて考えてみても私が狙えそうなのは70万のラインでしょうか。ところで勲章ってひとつ何点なんですかね?
 

 主にゴスカに力を入れていることもあって「ダンジョンメーカー」の進行が遅れています。このペースではドラクエ4どころか「パズルクエスト」の発売日にもクリア出来なさそうな感じで困りますね。だからといって後回にすると世界樹の時みたいに放置したままになるのが目に見えています。なので後からでも(数少なくてかなり後になるかもだけど)ドラクエ4は買えると思うんで、パズクエの方を積んでおいてとりあえずダンジョンをクリアする方向で行こうと思います。まさかこのゲームの攻略に一ヶ月以上かかるとは思いませんでした。どちらかというと嬉しい悲鳴ですが。まだ8Fなんですよね。先は長い。
 なんか噂によると欠品確実なくらい初回の少ないドラクエ4の6割くらいしか出ないというFF4。FF3みたいにミリオンとまではいかなくても確実な売上げを見込めそうなのにどうしてこうなるんでしょ。

 仕事の都合であれこれあって朝方1時間半ほど外に放置されました。鬼寒いです。ちょうど今季最低気温の日にあたるとは……。福岡なんで他の地域に住んでる人からは「その程度で寒い寒いゆーな」言われそうですが、私は暑いのと寒いのでどっちが苦手かといったら寒い方なんです。水泳部だったから、夏は気持ちの良い季節という印象が強いので。膝を痛めてジョギングとかも出来ないんで、こういう時とても困ります。なので珍しく帰宅後風呂を沸かして入りました。ふだんは出勤前に入ってます。

 「電王」、話によると主演の佐藤健氏が肺に穴が空いてダウンしてしまっていたそうです。たぶん今頃復帰直後。最終回近くの撮影時期に主役が10日もいなくなってしまうと超大変でしょうが、これはリアルでダウンしたって話ですから仕方ないですね。むしろ佐藤氏は今年一年もの凄く頑張って来たんで、むしろ休みが取れて良かったんじゃないかと思ったり。ところで白鳥さんは戻って来ないんでしょうか。もうそろそろどうにかしないと手遅れになるんですが。ぼちぼち来年のライダーも動き出しますよ。
 「ゲキレンジャー」、評判悪いみたいです。でも個人的には「マジレンジャー」クラスに楽しめています。正直何が不満なのかよくわかりません。あえて調べてみようとも思いませんが。今回はレツ役の実の双子の兄弟さんが出ていたそうで最近ありがちな合成じゃなかったみたいです。さすがに似てますね。

 OSがまたバージョンアップしました。Appleでは既に次世代OSの10.5レオパルドを出しているんで、私の10.4.11タイガーは世代遅れということになりますが、わざわざ10.5にアップデートしようとは思ってません……が、今後ipodの新製品を買うと10.5が必要になりそうで嫌だなー。
 今回のバージョンアップでブラウザが少し強化されたみたいです。これでアマゾンで買い物出来るようになると良いのですが。後で試してみよう。

今週の仮面ライダー電王

 第41話「キャンディ・スキャンダル」
 ゼロノスの赤いカードは、前にゼロライナーまで直接桜井侑人がカード持って来たときに混じってたんだろうなあ。勝手にどこかから湧いて出て来るはずないし。出来れば使いたく無いと思っていたカードを使わざるを得なくなった状況、さすがに侑人も切迫したものを感じているはず。そもそもこの戦いがいつまで続くのかすら分からないし、長期戦になってしまうとまたカード切れを起こしてしまう。今度カード切れを起こしたら追加のカードは無いかもしれない。消費する記憶が無いから。
 良太郎はなんだかんだで馬鹿ではない。桜井は分岐点であるがゆえに時の中を逃げ回っていて、反撃の手段としてゼロノスを用意した。どうやって用意したのか、なぜ時の中をあちこち動き回れるのかは謎。ただし分岐点になってしまうきっかけとなる出来事があったはずで、ゼロノスやゼロライナーもそこ絡みでゲットしたという可能性は高い。しかしカイによって暗殺されてしまうのは避けなければならないが、このまま記憶を消費し続けると自身の存在自体が危うい。それに生きてさえいれば分岐点として機能するというのもちょっと不思議な感じがする。電王ではかなりの謎、伏線が解明されているんで、これらもいずれ明かされるのかもしれない。
 わからないといえば良太郎が侑人を問いつめながら遊園地を漫遊しているのが謎過ぎる(笑)。あれってほとんどデートじゃん。今回もういい加減寒い季節だってのに侑人&デネブが公園で寝泊まりしている事実が再発覚してしまった。これは金欠なのと、侑人自身過去から来たこともあって身分証明が難しいんだと思われる。でもほんと、寒いんだからゼロライナー使えよなー。私も今日掛け布団を出しましたよ。
 次回予告で侑人はデネブの行動を叱責していた。が、現状デネブがどうにかしようとすれば「侑人を知る人間」を増やすしか無い。これは基本的に間違ってない。消される侑人がいつの侑人なのかってのも大きなポイントになるけど、こういうオプションもありかと。でも侑人的には忘れられる人間が増えて、それを目の当たりにするのが怖いのかもしれない。今回の契約者はそれをドラスティックに示すために用意されたギミックであるように感じる。となると来週のハッピーエンドはまず99%無いと言っていいと思う。なんかソフトボールの強豪選手みたいなキャラ付けで妙な感じだけど、美人だった。電王は女優陣に恵まれている。
 最近はカイが自分で過去への扉を開いていたから、もうこういう感じの契約者は出て来ないかもしれないと思ってました。実際残り10話を切ってるんで、展開的にも余裕は無いはず。ゼロノスゼロフォームも登場して商品展開上重要なアイテムも無くなりました。今後のストーリーはどうしても重く、濃くなるはずです。それを考えてもちゃんとキャラ付けされた契約者は今回で最後かもしれません。
 来週は久々のロッドフォーム登場。なんかまたギガンデス出てるんですけど……ロッド登場回のギガンデス出現率は異常。というか100%じゃん、滅多にでないのに(笑)。でも来週はキングライナー様も出るみたいだからロッドの活躍はそれほど期待出来ないな。それにしてもオーナー超人過ぎ。

 ゴスカ、また凡ミス……ステージ1の狙撃ミッションを今更しくじるなんて。ステージ3の地雷ミッションもエクセレント逃すし、戦術格闘引けないし、いろんな意味でぬるいっす。この辺クリアすれば60万なんてすぐのはずなのになあ。

なんじゃこれは

ユア・メモリーズオフ~Girls Style~(通常版) ユア・メモリーズオフ~Girls Style~(通常版)
PlayStation2 (2008/01/31)
5pb./5gk.
この商品の詳細を見る

 KIDの次回作は「12RIVEN」までお預けかなーと思ってたらこんなものを作ってたとは。単なるBL系だったらどうでもいいんですけど、主人公はちゃんと女の子らしいし、ちょっとどころかかーなーりー気になる。というか脚本清水マリコかよ。音楽は阿保さんで主題歌は千代丸か。おいおい本気じゃん。さらに言えばテンチョー生きてるよ(爆)! トビーも出てるんですが。
 正直少しメモオフに飢えてるところがあったし……やるか?

狙い撃つぜ! byロックオン

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 寝る前にゴスカ1プレイ。当面の目標だった55万点をわりとあっさりクリアし、ランキングも400番台まで上昇しました。ステージレベルは1、4、4。ただしプレイ順序は2、1、3。なんか命中率ボーナスを考慮すると無駄撃ちの少ないステージ2を先にやるのが良いらしいですよ。ステージ3の鉄鋼船は防壁をマシンガンで撃っても障害物扱いなんだそうで、命中率がどうしても下がってしまうとか。なのでステージ3はラストで決まり。
 今回も2ボスを撃ち漏らしたり、ステージ3で戦術格闘をひけなかったりしてはっきりとしたロスがありますから、次の目標60万点は結構早いかもしれません。ランキングもこの調子だと60万で100番台、下手すると100位以内に入っちゃうんじゃないかな。みんなあまり本腰入れてスコアアタックしてないみたいですね。でなきゃこうまであっさりランク上昇とかあり得ない。
 現状スコアアタックしている中でいくつかポイントがありますが、基本はイベントクリアです。エクセレントとかグッドとか出るようなイベントを成功させた数でボーナスが違って来ます。レベルが低いとそのイベント自体が少ないんで、どうしてもスコアが伸びない……逆にレベルが高いとイベントの難易度が高過ぎて安定しないという感じでしょうか。自分の実力に合ったレベルを選べるのは良いですね。ボスもこのイベントのうちですから撃ち漏らしたらいけないのになあ(苦笑)。
 あと命中率ボーナスを考えて無駄撃ちを減らす事。今までステージ1のレストランエリアとか障害物をボコボコ撃ったりしてましたが、あれはいけないんですね(泣)。アイテムボックスも命中率判定に有効じゃないそうですけど、これ自体に得点があるからセーフ、と。
 こんな感じで多少頭を使ってスコアアタックをやっています。ただ基本ヘタレゲーマーなんで、最終目標はせいぜい70万かな……。

 「00」、ガンダムマイスター仲悪い。というかティエリアが空気読まないのね。ただし今回言ってることは正論。アレルヤが営巣入りしたんだから、刹那も喰らって当然ですね。でも来週幸薄そうなお姫様と出会ってしまうらしい。フルメタ+ガンダムWっぽい展開になってきました。
 ソレスタルビーイングを威嚇対象にした無差別テロが始まって、世界は戦争うんぬんというよりテロvsテロの展開に……こうなると泥沼になるのが歴史上のセオリー。でもソレスタルビーイング側は絶対的な戦力規模が小さ過ぎるから息切れせず闘い続けることは出来ない。となると首魁を直截叩くのかな。
 こうした世界を舞台にして複数の勢力を争わせるような作品作りって、基本的に日本人は苦手にしてるんじゃないかと思います。日本人は王権による政治形態も、ぶっちゃけ民主主義についても確固とした理解が無いから、そうしたものを描いても日本人の考えているようなソレになってしまう。そのためイデオロギーの対立をうまく描く事が出来ず、国家と国家よりも個人と個人の対立関係を物語の基軸にしてしまいがちになる。ところがこれをやってしまうとキャラをコントロールしきれず物語は暴走する。本当はわかり合えるのに、対立を煽る特定個人が暗躍して余計な事をするからいけないんだ……という物語だと私闘になってしまうのです。たぶんSEEDってのはそういう作品だった、と理解してます。最後クルーゼに何もかも背負わせたのは結局丸投げに等しいわけで。
 個人の意志は些細なものでイデオロギー同士がぶつかりあうから簡単に終戦とはいかず、目的を果たすまで闘うのが戦争だとすれば、それはガンダムの中でも富野ガンダムにしかありません。富野氏はイデオロギーの対立を描けてしまうから奇才なんだなあ、と思う次第です。他の作品は政治上の対立要素が薄い。そういう観点から言えば「00」の今後は心配かなー。

ゴスカ600番台

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 あー、今日は少し早めに起きてヨドバシ言って家賃振り込んで叔父のところにも行きたかったのに、ダメだった。家賃は溜めなくてもちょっと遅れた程度で催促が来るからさっさと行ってこなきゃいけないのに。ヨドバシの方は充電池ですね。今でもサンヨーの充電池を使ってますが、2本しか無いんで一度切れてしまうと充電中は使えなくなってしまいます。でもちょっと前のタイプなんで、これで使えるものが今も売ってるかどうかは微妙……。ダメな時はどうしよう? あー、当初は当時使ってた乾電池使うDAPのためのものでしたが、今はWii用です。DAPは一本仕様だったから2本で良かったんですよねー。
 これはようするにここへ来てWiiの使用率がたいぶ上がって来ているということです。やはりゴスカは面白いし、コンテストチャンネルも結構楽しかったりしますし。その一方でダンジョンメーカーの進行が遅れています。なんかまだ先が長いみたいで「パズルクエスト」の発売日までにクリア出来ないかもしれません。さすがにこの手のタイトル同時並行は無理があります。
 ゴスカはついさっき、ようやく50万点の壁を突破しました。ステージレベルは1・3・1。勲章のゲットとステージ2のコクピット制圧ミッションの分が加わってハイスコア更新って感じになりました。全国トップは100万を軽くこえちゃったりしてますが、正直ここからどうやればそんなスコアが伸びるのかわかりません。今日の時点で私の順位も600位台まで上がってます。3万点程度の更新で300位ほどアップしたことになりますね。まだまだ頑張ってみる価値はありそうな感じ。今後はステージレベルも上げていかねば。鍵はミッションのエクセレントクリアかな……。狙撃とか戦術格闘とかあんまり得意じゃないんで、難しい所です。どちらもエクセレント取った試しが無い。
 コンティニュー回数は安定して減ってます。ステージ2あたりだとコンティニューした覚えがあまり無い感じです。が、それ自体は気にしてません。コンティニューしてもさほどスコアに影響の出ないゲームなので。どうせ敵の位置を覚えてしまえば被弾率は下がりますしね。ただ不安なのはステージ2ボスのヘッドショット、ステージ3ボスのバズーカ男をまだ安定して倒せてないことです。ヘッドショットは仕方ないにしても、バズーカ男はなんとかしないと。グレネードの使い方次第なんでしょうが、どうもうまくいきません。
 正直アーケードモードだけでしっかり充実してるんで、売りのはずの忍者、パラダイスの両モードは一度やっただけで放置してます。あれは結局ネタどまりで、ゲームとしてそこから先へ行けていない。水鉄砲とか手裏剣とか無ければアーケードモードもあれで行けただろうになあ。
 同じWiiザッパーを使う「バイオハザード・アンブレラクロニクル」も昨日発売になっています。なんか話によると「バイオUC」のザッパー同梱の数が需要に追いつけていないらしく、まだ残ってたゴスカのザッパー同梱が売れてたりするんだとか。ザッパーはショップでの販売が無いこともあって(笑)。個人的には「バイオUC」はスルー。あれもこれも遊べません。
 次の目標は低く設定して55万あたりかなー。

ハヤテのごとく!

 最近日曜朝10時からやってる「ハヤテのごとく!」のアニメにハマっています。一部でパクリアニメとしてとても評判が悪いものの、パクってるのは基本的にネタとしてであって、作品の核となるストーリー部分は普通にオリジナルじゃないかと思うので。そこまで含めてパクリというなら私も弁護はしませんが。めんどくさいし。
 とはいえここ2回ほどアニメのテンションがとても低いんで、貸本でサンデーコミックスを10巻まで借りて来ました。一気に読破したせいで多少寝不足気味だったり(苦笑)。面白かった。ちゃんと面白かったですよ。やっぱメジャー週刊誌からアニメ化される作品はそれなりの物があるってことですよね。というか私、ラブコメ好きなんです。でも週刊少年漫画におけるラブコメのプライオリティってとても低くて、古来まともな作品はほとんど無いと言っていいくらいです。スポコンの中にラブコメ要素とかも悪く無いですが、それじゃダメなんです。ラブコメでなきゃ。
 個人的に「ラブひな」はラブコメだと思ってません。どうしてと聞かれても上手く答えられません。同様にジャンプにひとつ枠があるっぽいラブコメみたいな漫画もラブコメだと思ってないのです。こちらに関してはそもそも読んでませんから言い切ってはいけませんが。じゃあラブコメの定義ってなんやねんと言われると困ってしまいます。ただ私の本棚には未だに「きまぐれオレンジロード」がでかい顔をして並んでるということだけ記しておきましょう。
 その上で「ハヤテ」には「ラブひな」に欠けてたものがある……といっても説得力ゼロですね、これは。自分でもわかってます。わかってますがそう感じているんだから仕方がありません。「きまオレ」が名作であることはともかくとして、「ハヤテ」のキャラ造形ってそんなに深いか?と聞かれるとちょっと困っちゃうし。もしかすると「まいめり」が少女漫画的な造形を持ってるのと無関係じゃないのかもしれません……が、やっぱわかんね。今日は無責任で行かせてもらうしか。
 どのキャラが好きかというと、おおむね全般的に好きですかねー。あえて言えば脇役嗜好からいって咲夜とかワタルとかあの辺。アニメは漫画で登場の遅かった西沢さんやヒナギクが序盤から暴れてて良い感じです。最近アニメがいまいちなのは原作から外れた部分が面白く無いからだと思うんですがどうなんでしょう。
 この作品の特徴として先が読み辛いという点をあげられるでしょう。ラブコメであるにも関わらず、主人公のハヤテとメインのナギとの間に明確なフラグが立ってない。一方でそのライバルである西沢さんやヒナギクには将来的な爆死フラグが立ちまくってるような感じがあり、マリアは立ち位置からしてなんかもうよくわからない。伊澄、咲夜はラブコメ範囲外というかむしろワタル範囲? いやワタルは年上殺しなのか。なにか動きがあるとしたら、噂の姫神が割り込んで来るか、こっちも噂のあーたんが割り込んで来るかどちらかでしょうか。この漫画、実は「ネギま!」に微妙に似ているところがあって、リアルの時系列を持ち込んでいません。季節が夏でも冬の話をやったりしてます。アニメはリアルは時系列に沿ってるから「ヒナ祭り祭り」までどうしても引っ張らなきゃいけなくてオリジナル展開が混じるんだろうな(苦笑)。各キャラクターの動勢もパソコンでデータ化してきっちり管理してるんだとか。場当たり的なことを考えてないあたりは両作品の共通点と言えるでしょう。
 あー、ちなみに「ネギ」もラブコメではないですよね。あれはまたちょっと違ったジャンル。こんな感じだから時々ラブコメ成分求めて少女漫画に手を出したりするわけで。

 「ハヤテ」を読みながら「F-91」を見ました。なんか見れば見る程「これ、実はすげえ名作なんじゃね?」とか感じて来たりしてます。そこんとこを深く考えて行けば行く程、作品的に成功出来なかった理由なんてのも見えて来るような……。宮上的「逆襲のシャア」論あたりも含めていずれまた突っ込んだエントリをアップしたいと思ってます。ひとつ「F-91」の凄いところをあげておくと、あれだけ登場キャラが多いのに、ひとりあたりの描写密度が異様に濃いところかな。一見どうでもいいようなキャラにも、きちんと作品的に与えられた役割がある。群衆にすらそれがある。こういう映像表現の出来る富野氏は天才というよりは異才、奇才と言うべきでしょう。

背中は軽い方が良い駄文

 叔父のお見舞いに行きたいのはやまやまなのですが、いかんせんお日様が登っている間に自由になる時間がほとんど無いのが辛い。休日でもたいして事情が変わらないってのがまた辛い。「ゲームやってるんだからちょっと様子見て来るくらいなんでもないでしょ」と言われても、ゲームやってるのって深夜~早朝だからなあ。でも明日あたり多少無理しても行って来ようかしらん。

 ヤクトを作ったばかりなんで少し時間を起きたいものの、MGデスティニーのレビューページを見る限りなかなか良さそうな感じ。デスティニーガンダム好きです。でも背負い物の大きいデザインはあんまり好きくないです。前に作って今でも飾ってあるストライクノワールもやっぱり背中が重くて腰関節が悲鳴を上げてる状態です。その点エクシアは背中軽くていいですね。やっぱり1/100バスターに手を出してみようかしらん。クロボンもわりと軽くて良い感じ。そういえばヤクトも背中軽いです。背中が重くなったのはSEEDの良く無い傾向なのかもしれません。あ、マスターガンダムがありましたか。
 ただ、エクシアはデザイン的にあんまり好きになれない感じなんですよね。こちらも発売されたばかりの1/100に手を出してみよう……とは思わない。面構成の極力シンプルな背中の軽い1/100級のというとやはりバスターかあ。シリーズ中の傑作と言われてるし、今となっては1/144クラスに安価だし、作らない理由はむしろ無いくらい。そろそろ買っておかないと「00」が始まった今姿を消してしまうかもしれないし、買っておくかなー。
 というかX-2はいつ出てくれるのか。

 さあ、今日もゴスカ50万点目指して頑張ろうっかな。

あと832点

 ゴスカ、プレイヤーの腕が如実に現れる出来になっているのか、50万点というレベルでスコアをやりとりしているのにも関わらず、あと800点というところでハイスコア更新を逃しました。ステージ2で寺門ジモンを撃ちのがしたのが痛かったなあ。あと冒頭のコクピット制圧ミッションの意味がよくわからなかったというのも。一回読んだだけじゃ理解出来なかった私は馬鹿かもしれません。どっかでもクリアしていれば更新だったのに……。

 だいたい毎日見ているニコニコ動画の「不思議のダンジョン アスカ見参!」のリプレイ、遂に白蛇島をクリアしてしまいました。そこまで全てのダンジョンを一発クリア、白蛇も二回目でクリアとか……私なんかカカ・ルーでひいひい言ってて、白蛇なんか序盤すら耐えきれないのに。私なんかまだまだ甘いんだと思い知らされつつ、Wiiで出る「シレン3」を心配していたりします。なまじ「アスカ」が傑作過ぎるんで、「シレン3」がこれを超えるのは難しいんじゃないかと思うんですよね。たぶんプレイすることになると思いますが……そういえばDS版シレンは結局スルー状態です。去年の末は豊作で、私は「ドラクエモンスターズジョーカー」をプレイしてましたっけ。
 とはいえ「シレン3」の発売日はまだ未定。年内はWiiのガンダムかキャリバーレジェンズかな? 時間が許せば「龍刻」もやりたい。年を越すと「12RIVEN」もあるし……結構忙しいな。

 はっきりと夜寒くなりました。バイクに乗ると手が冷たくて仕方ない季節です。今年使うグローブを買わないといけません。本当なら夏場でもつけるべきなんですけどね。一応袖の長いのを着てはいましたが。
 チャミ様は去年のことを考えると特別寒さ対策する必要無い感じです。さすが九州。現在進行形で某ブログにて赤ちゃんの成長期をアップしてます。あの時期の赤ちゃんを手にも持っても大丈夫なのかな……。ハム母の子供喰いは有名なんですけどね。でもかわいい。数匹産んでることを考えるとうちで繁殖を試みるのは無謀ですね。すごくやってみたいけど抑えておきます。

ダンジョン&ゴスカ駄文

 ゴスカ、レベルを上げてプレイしないと更に上のレベルって出て来ないんでしょうか。試しにレベルをあげてみたらエアフォースのレベル3があっさり出ました。確かレベルって16まであるんだとか……先は長い。ただし必ずしもレベルマックスでプレイするのがスコア的にベストってわけじゃないらしいんで、その辺見極めて調整していこうかと思ってます。とりあえずステージ1のレベル5を試してみたところ……それほど大きくは変わらないような。そのままハイスコア出せるかと思ったら3ボス撃破に失敗してちょこっと足らず(泣)。倒せてれば50万行ったのかなあ。なんか話によると55万くらいで壁にぶちあたるとかなんとか。ショットガン使ってると人質解放ルートを使い辛いのが厳しいところです。
 ダンジョンメーカーも8Fまで到達してます。これまで必要以上に時間をかけてしまう傾向だったことを考えると、7Fはわりとスムーズにクリア出来たんじゃないかと思います。必要な時に必要なアイテムや食料を狩るためのダンジョンコーディネートもだいぶ極まって来たんで、クリアもそれほど遠く無いかな? これをクリアしたら次はドラクエ4……ではなくパズルクエストの予定だったりします。「龍刻」、プレイしたいと思ってるのにどんどん先送りになっていく(苦笑)。

 今日、今期初風呂&初ストーブになりました。シャワーだとそろそろ限界、部屋にいても微妙に肌寒いということで。布団もそろそろかな……毛布二枚重ねでもちょっと寒いような感じがしますし。ぼちぼち冬ですかー。新しいコートが欲しいんですが、買いに行く時間が取れません。叔父が体調を崩してみて来て欲しいと親に言われているのに、これまたなかなか難しい。昼夜逆転状態が最近極まってて、生活し辛くなってます。

今週の仮面ライダー電王

 第40話「チェンジ・イマジン・ワールド」
 先週駅伝で休みだったので、随分久し振りのような感じがします。出来れば前後編の二話構成が基本のこの番組で前編・休み・後編という流れはやめてほしいのですが、その辺は局の事情だし仕方ありませんね。個人的には駅伝やマラソン系の中継って結構好きだったりするし。
 桜井侑人がいなかったことになっている世界。デネブは良太郎に憑依していることになっていて、リュウタロスに続くデネタロウに(笑)。積極的に仲間の世話をして回り、出撃するイマジンもデネブが決めてしまいます。「ここはキンタロスだ!」……ウラタロスさん出して欲しかったっす。キンさんはライナーフォームの時に出たじゃん……。ま、その分クライマックス必殺技はボイスターズキックでしたが。ナオミがアレなので食事情はかなり向上してるっぽい。さすがデネブ。
 でもデネブが元気であれば元気である程良太郎はヘコみます。あれだけ侑人を大事に思っていたデネブですら忘れてしまう。もちろん4タロスやナオミも覚えていない。覚えているのは特異点である良太郎とハナ、それにオーナーだけ。オーナーも特異点なのか、それとも以前からささやかれているように人間では無い時間管理者なのか……いやこの場合、人間でないことが必ずしも侑人を記憶している条件にはなりません。人工的に作り出された特異点的な何かなのでしょうか。たぶんこの辺は明らかにされないんじゃないかと思いますが。ハナは「かつて特異点だった」ということで現時点では違う?とかいう話でしたが、やっぱ特異点なのね。でもそれならちっちゃくなるのもおかしいんだけど、役者の事情か(苦笑)。
 侑人を知らないことで愛理のミルクディッパーは女の園になってしまいました。そのため常連の尾崎&三浦も店に近寄らないことになり、尾崎さんは通常通りのプレイボーイに、三浦さんはなんと赤ちゃんだっこしてました(笑)。そっかー、愛理さんと出会わないと三浦さんは今頃お父さんなのか。これ、元に戻ったら赤ちゃんどうなってしまうん? そういう意味ではこっちの時間だって現実だというカイの台詞も間違っていない。
 結局侑人は良太郎が何もしなくても(何も出来なかったけど)「時間改変に対してある程度の抵抗力がある」というゼロノスの効果によって復活します。前回「オレの事は気にするな」と言ったのは、後で戻ることがわかってたからなんですね。「(その間)デネブをよろしく」ってことだったのでしょう。この辺納得いかない人もいるかもしれません。が、ゼロノスが時の運行を守る前提で存在している以上、そういった機能があってもおかしくはない。オーナーの方もこれと同じシステムなのかもです。
 「未来のオレの記憶だけじゃ足らなくなって来た」。この台詞がゼロノスゼロフォームへの引き金になります。錆びても強いゼロフォーム。実際コレ、赤くなっただけなんですよね。これほど適当に作った新フォームというとアギトのトリニティくらいしか思いつきません。武器は大剣からデネビックバスターになり、すごい威力の必殺技でイマジンを撃破~。ゼロフォームになる必要はあったのかという疑問の解答は、おそらくチャージするエネルギー源にあるのではないかと。ゼロノスは変身する時と、必殺技を放つ時に記憶を消費する?
  愛理から今の侑人の記憶すら失われ、良太郎は絶望にも似た感覚を味わう。自分たちで桜井に送った時計は崩れ、いずれ望遠鏡もロストしてしまうのでしょうか。次回はどうやら「こんな戦いはおかしい」みたいな話のようです。
 しかし誰が出るかで揉めて「じゃあてんこもりで」「ええ~?」で意思統一>変身という流れはも白かった(笑)。侑人がいない状態のままなら過去でもライナーフォーム以外で闘えたはず。今回は現代でしたね。なんでも良かったからてんこもりとは、良太郎も結構安易だなあ。やはりライナーは最終フォームで、最強はクライマックスってことで良いみたい。
 「時間移動した先にことごとく桜井侑人が存在するのは偶然ではない?」という問いに解が与えられました。カイが桜井のいる時間へ向けてイマジンを刺客として飛ばしている……その桜井が毎回時間をチェックしている仕草を見せている理由はいまいちわかりませんが、とりあえず「電王」で謎とされてきたことが次第に明らかになって来ています。これ、実は過去の平成ライダーではむしろ軽視されてた部分です。物語が予定通り進んでいるという証拠だと考えて良いでしょう。これはラストまで期待出来そうです。

知られてる年もバレるのは嫌(視聴者意識してます)

「今日はひとり欠勤。代理はいない。後はよろしく」
「まあなんとかなるでしょ」
 と軽い気持ちでやってみたら実際なんとかならなかった……orz。通常の勤務時間内に担当の業務を終わらせられなかっただけでなく、残業してもやっとこさ8割程度に留まり「一部人員削減考えてるけど、どうかな」「うん、これはそんなことしたら立ち行きませんね」というしかなく。久し振りに身体に染み付いた疲労が寝て起きた今でも取れていません。今日も辛そうだなー。気合入れないと。
 残業のおかげで夕食(朝に食べてるけど)が久し振りにカップラーメン……嫌なんだけど、時間の制約上もう仕方ない。まあもう少し早かったところで吉野家なんですけどね。雑炊食べたかったな。自前でおかゆの味付けが出来るといいんだけど、まだレシピがわからない。おかゆは炊き上げるのに一時間かかっちゃうのが問題なんですけどね。

 「00」、4巨乳さん揃いぶみ。スメラギさんはあの胸であの服装は反則すぎるんじゃないでしょうか。あの眼鏡君もうっかりしたら手じゃなくて胸触ってたかもしれません。セクハラです。大学院出て数年……ぎりぎりで30ちょっと前といったところでしょうか。ロックオン兄さんが24才だそうだからそれよりも上。「あの事件の戦術予報士」ってのが気になりますね。ちなみにオペレーターふたりは22才と14才だそうです。蔵馬の方が14才。ほんとかよ。留美さんは毎回服装が違いますね。今回なんか一話の中で着替えてます。某国姫様は食料支援取り付けるだけで汲々としてるというのに酷い話です。
 いろいろ反則臭いガンダムの性能ですが、ヴァーチェの火力が一番ずっこい。あんなの乗っておいて「君はソレスタルビーイングにふさわしく無いんじゃないかな」も何もあったもんじゃねーぞ(苦笑)。しかし作戦行動が決定して頭数欠くわけにもいかなくなった状況で「ふさわしくないけどとりあえず乗っとけや」てのも余計な一言かと。次回は刹那絡みでしょうか。あれじゃ本当にフルメタの宗介そのまんまじゃないすか。ガウルン。
 コーラサワーさん、ヴァーチェの砲撃をなんとか凌いだ(凌いだだけ)んで、またいずれ……今度はデュナメスあたりにやられてくれそう。ガンダムコンプリートまであと二人だ(笑)。

1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機)

1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機) 1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機)
(2007/10/21)
バンダイ
この商品の詳細を見る

 バンダイのガンダム系プラモデル展開の大きな軸にHGUCというものがあります。1/144スケールでアムロやシーブックの活躍した宇宙世紀のモビルスーツ群を商品化しているもので、確か第一弾はガンキャノンでした。ガンダムの登場は大分遅くなります。初期はむしろ0083に登場したドムトローペンなど、ドムだけど傍系、ゲルググだけど傍系みたいな商品が発売されていました。その後傾向がかわり、先日発売されたゾックでついに1stガンダムに登場したモビルスーツのコンプリートを達成しています。
 最近は0080系だったりZガンダム系に力を入れて立て続けにラインナップするというような、番組そのものをプッシュする方向になっています。Zは映画化されましたからね。バンダイとしてはそれを後押しして当然。ですが宇宙世紀を舞台にした作品の中でいまだ商品展開してないタイトルが複数存在します。それは逆襲のシャア系、F-91系(クロスボーン含む)、Vガンダム系の3つです。かつてこの辺のMSがHGUCで出る事は無いんじゃないかとも言われていました。理由は逆シャアと後のふたつで異なっていて、逆シャア時代はMS大型化が極まった時期であり、後のふたつは逆に小型ハイパワー化した時期で、1st~ZZまでのMSとは大きさがまるで異なるのです。先日F-91やクロスボーンガンダムX-1が1/100のMGブランドで発売されましたが、そのコンセプトは1/144クラスのボディにMGのギミック、というものでした。F-91&VはHGUCで出すには小さ過ぎるのですね。
 逆シャア系の大き過ぎると言うのも問題でした。実際MGで発売されたνガンダムやサザビーはでかい。体積は面積の二乗で増えますから値段も跳ね上がってしまいます。そんなこんなで長年見送られ続けて来た逆シャア系のMSがついに発売される日が来ました。第一弾はギュネイ用とクェス用の二種のヤクト・ドーガです。私は逆シャアMSのデザインラインがとても好きなので、飛びつきました。まあ発売日から二週間くらい遅れてますが。
 で、やっぱでかいです。少し前に作ってみたHGガンダムエクしアと並ぶと、まさに大人と子供です。これ、ボリュームならMGクロボンに匹敵します。その分値段もそれなりにしますが、MGクロボンよりもかなり安い。出来映えからも判断して、安価なキットと言えるんじゃないかと思いますが……どうなんでしょうか。
 それにしても出来が良い! これはかなりの素敵アイテムですよ。最近のバンダイは二重関節、ダブルボールジョイントなどの採用による広範な可動を押し進める方向でしたが、ヤクトでは逆に動きすぎてかっこ悪くなくくらいなら可動を制限するというコンセプトを採用したそうです。それが上手く行っていると思います。実際肘も膝も二重関節ではないし、大きなアクションはとれません。その分本来のデザインを殺す事無く、大きさも相まって優れた説得力を持たせることに成功しています。私は上のアマゾンの画像同様に黄色いランナーをマーカーでゴールドに塗りました。近くで見ると塗りムラが酷いものの、はっきりと印象が変わってもうたまんない(苦笑)。近年作ってみたガンプラの中でもお気に入りになりました。
 ヤクトといえばやっぱ個人的にギュネイ用だと思います。でも店頭ではクェス用が売り切れてました。なぜでしょうか。バンダイの考えていることはいまいちよくわからなくて、0080シリーズを展開してるくせに肝心なケンプファーを出さなかったり、今年の陸戦ガンダム系でも陸戦GMがまだ出ていなかったり、クロボンもX-2がまだだったり、パラスアテネが出てるのにバイアランが出てなかったり、ZZが初期にバウ&ザクIIIが出ただけでその後まったく音沙汰が無かったりします。なので今回も油断出来ません。次はリ・ガズィが決まってますが、その後ギラ・ドーガ、νガンダムと出てジェガンやサザビーを出さないなんてことも充分に考えられるんですよね。サザビーは欲しいかなあ。これまたでかくなりそう。ガズィは要らないや。

 一日一ゴスカのスタイルで今までプレイしていたものの、これではなかなかスコアが上がらない。なので休日を利用して4周程してみました。最終的にすべてレベル1設定で49万点と、それまでよりも5万点ほど延ばす事に成功しました。それまでは44万前後数千点の間に記録がひしめいていまして、やっとこさの更新です。惜しくも50万達成ならず。でもこれで発売日以来久々にランキング100位以内に入りました! たった5万点で1300人ほどごぼう抜きです(笑)。これはもうちょっと頑張ってみる価値がありますね。ステージのレベルをあげれば50万なら狙えるはず。銃はやはりショットガンで。ああ、そうそう、コンティニュー回数もだいぶ減ってます。

もしもネバランが

 ……「ダンジョンメーカー」結構手強いな……。どうもちらっと評判を調べてみた限りでは「面白いことやってて気概は伝わって来るけど、惜しい作品」というあたりで定着しているようです。キホン的に私も同感です。もっとノウハウがあったり制作費をかけられるところが作ったら、違った出来になったかもしれません。でも大きな不満は感じてないし、いっかなーと思ってます。それになんていうか、B級テイスト満点なくせに、妙なところでグラフィックがキレイだったりして侮れないんですよね。ネバーランドカンパニーが作ってたら……と思わなくも無いですが。
 ネバランといえば「アスカ」のニコニコ動画のプレイがやっぱ面白いです。自分でも最初からやりたくなってしまいますね。なまじ「アスカ」が神ゲーだったりして「シレン3」がこれに匹敵出来るか心配だったりも……。いやほんと、「アスカ」は面白いんですよ。一応VCで過去作を落とすという選択肢もあります。でも今落としたら「ダンジョンメーカー」放り出しちゃうから自重しておかないと。

 ちょっと体重が不安だったんで軽めの食事に切り替えてみたらわりとあっさり元の体重に戻って拍子抜けしました。誤差の範囲だったのかもしれません……が、私の体重で誤差2キロってのはちょっと大き過ぎるような……。2キロも食べられる分けないし。女性だと便秘がどうとかでそういうがあるのかもしれませんけどね。なった経験がないですね、便秘。
 ほいじゃ買って来たヤクトでも作りますか。

宮上的ゴスカ論

ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版) ゴースト・スカッド(Wiiザッパー同梱版)
Nintendo Wii (2007/10/25)
セガ
この商品の詳細を見る

 私は基本的にこのゴースト・スカッドは凡作だと思うのです。際立った物は無いけど、かといってこれといって目につく欠点があるわけでもない。そういうものを凡作というのであれば、このゲームはまさしくその通りであって、傑作でも駄作でもないといえます。ではゴスカがたいして面白く無いのかというとそんなこともなくて、ちゃんとそれなりに面白い。ガンシューティングとして一番大事な爽快感はきっちり備えられています。
 ゴスカの最初のレビューの時、私は「ゲームの原初的な面白さがある」ということを書きました。これはゲームの基本がプレイヤーの行動によるゲーム側からのなんらかのリアクションにあると考える時、撃って壊すというのは極めて分かり易い内容であるということです。ゲームの近代史は大ヒット>先鋭化>マニア御用達という先すぼみサイクルの繰り返しなわけですが、そこにはリアクションの複雑化という過程が必ずあって、結果的に初心者がついていけないどころか、最初から入って行けない状況が生まれてしまいます。そんな中でガンシューティングは基本「撃って壊すだけ」というシンプルなゲーム性を長期間維持してきた希有なジャンルだと言えるでしょう。だから調整さえしっかりやればこのジャンルから駄作が生まれることはそうそう無いはずなのです。まあ、かの「デスクリムゾン」はガンシューだったりしますが(苦笑)。でもこれ、調整不足の塊みたいなゲームなんですよね。
 おそらく先鋭化したガンシューはFPSという形で別のジャンルに生まれ変わってしまったため、ガンシューはガンシューで残ったということなのでしょう。これは幸運なことだと思います。「撃って壊す」だけ、しかもゲーセンでも銃を握ってターゲットへ向けてトリガーを引くだけ。ガンシューは初心者にも入り込み易いゲームの代表選手です。それを考えたらゲーマーならガンシューをひとつは所持しているべきですね。接待用にうってつけですから。なのにゴスカ買うまでガンシュー持ってなかった私って一体……。とにかくそういう意味からしても、ゴスカの一周が短めなのは正しい方向性だろうな、と思います。長いのはFPSに任せておけばオッケー。
 といいつつ、私はまだFPSってのがどういうものなのかよくわかってなかったり(苦笑)。DCの「コロニーの落ちた地で」とかはFPSになるんでしょうか。ぼちぼちひとつくらい手をつけてみてもいいのかなーと思いますが。やっぱりWiiなら「ガンダム」? どのみちWiiはFPS向けなハードらしいんで、いずれプレイすることになるでしょう。

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者 5F

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者 ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者
Nintendo DS (2007/10/25)
グローバル・A・エンタテインメント
この商品の詳細を見る

 地味にコツコツ進めてやっとこさ6F到達です。5Fボスのゴーレムはなかなか手強くて、一度主人公君がやられてしまい「おお勇者よ情け無い」状態にされちゃいました。このボスはクリティカルを出すか出されるかという嫌な勝負になりました(苦笑)。硬くてHPも高く、ヒロイン子ちゃんの魔法もたいしてダメージを通してくれないため、なんだかんだでダメージ喰らっちゃうんですけどね。結局それまでのボスと同じパターンで、主人公の打撃に任せて残りふたりはガード&回復オンリーという感じでクリア。
 深い階層になるにつれ、与えてくれるアドバイスが減って来ている点が憎い。6Fは3Fに続いて炎系のフロアでボスはドラゴンだといいます。このドラゴンが吐くブレスに対抗するには「海のおまもり」が必要……しかしこのおまもりを手に入れるためにはタコを倒す必要があり、タコは水のフロアに出現する。ということはタコ自体は6Fに出現するモンスターではないはずで、4Fに出現するのか、それとも……。マイナーゲーゆえ必然的に情報が少なくあれこれ自力で考えなきゃいけないのもなかなか楽しいですね。
 当然のように6Fの魔物は強い。どっこい今の所なかなか効果的なモノマネが出来ずにいます。なぜでしょう。ここらでHPあたりを底上げしておきたいところなんですが。妙と言えば村のグルメマニアな魔法屋さんも変な人で、炎のフロアで炎系の魔法をくれるんですよね。どうして属性の合わないタイミングでばっかり……。
 グラフィックが微妙にチープだったり、調整がアバウトだったり、明らかにB級のこのゲームですが、正直言って面白いですね。これが売上げ2000本程度というのは勿体ない。最下層は地下10Fくらいかなー?

風邪かと思った。気のせいだった。

 寝る時タオルケット+毛布だったのを、タオルケット+毛布+厚手の毛布にしました。これでだいぶ暖かく寝られるようになりましたね。それならもういっそ布団かぶれよって気もしますが。
 どうも昨日の仕事中妙に熱っぽい気がしたゆえの処置です。でもなんか体調があまり優れないのはともかくとして、風邪かな?てのは気のせいだったみたいです。熱も全然ありませんでしたし。私はこんな感じの「風邪かと思ったけど違った」パターンが結構多くて、トータルとしてあまり風邪をひかない方です。今回も勘が外れたようで。周囲で微妙に流行してたから今回は罹患ってると思ったんだけどなあ。
 一度インフルエンザをやって、その身体でバイク乗ってヨドバシ行って凄まじい悪寒を感じたことがありましたが、あれは我ながらアホだった。
 ともあれ、こういう時私は下手に病院へ行かずに自宅療養します。ハイカロリー気味の食品をとって、野菜、フルーツ系のドリンクを飲んで汗かいて寝るのです。気のせいだったのに昨日は多めに食べちゃったからちょっと体重計乗るのが不安ですが……。ジュースも飲まなきゃいけないし。普段ノンカロリードリンクに徹しているとこういう時臆病になっていけません。
 それでもまあ、風邪の流行ってる状況ではあると思うので、みなさんもお気をつけて。

Motion Revive Series 仮面ライダー 第2弾

Motion Revive Series 仮面ライダー 第2弾
 今回はアマゾンではなく別の通販サイトにリンクで。自前で画像を貼れない以上、他所様に頼るしか無いのが辛い所です。デジカメはあるんだからあとは加工ソフトの問題なんですけどね。フリーウェアでなにかいいのないかしらん。
 この商品は500円程で仮面ライダーの全身可動フィギュアをゲット出来るというファンにはたまらない仕様になっています。特に今年の「電王」は素直に全ライダーをコンプリート出来る玩具シリーズが少ないため、とてもありがたい構成です。装着変身では通販限定のウイングフォームも今回ラインナップされてますし、牙王も次回アソートされています。問題は装着同様にクライマックスフォームの先行きが不明なところ……番組見ない人には何がなんだかわからん話でしょうが、夏に出た電王強化形態クライマックスフォームは今の所ガシャポンぐらいでしか商品展開してないのです。これは結構異常な話。
 とりあえずクライマックスを第三弾のシークレットとして期待しつつ第二団のレビューです。ちなみに第一弾のラインナップは電王ソードフォーム、ロッドフォーム、アックスフォーム、カブトからカブト、キックホッパー、パンチホッパー、シークレットでダークカブトという構成でした。

☆電王ガンフォーム
 前回4フォームの中でひとりハブられてしまったガンフォーム。電王の各フォームはスーツアクターさんの名演もあってムーブがとても個性的なのですが、ダンスと幼児性を絡めたガンフォームのポーズをある程度自由に再現出来るのは素晴らしい。他のライダーなら絶対に似合わないようなポーズで飾ってあります。肩関節の可動が制限されるのはデザイン上の問題なんで、仕方ありません。

☆電王ウイングフォーム
 映画限定とか良いながらテレビでもちょこっと出たウイングフォーム。デネブと違ってジーク関連はわりと商品展開されてたりしますが、ウイングフォームのまともなアイテムはなぜか多く無かったり。ガシャポンはソードフォームの使い回しだし、装着は店頭販売無しだし。ウイングフォーム独自のボディカラーは不満のある人もいるかもしれません。でも玩具であれを再現するのはなかなか難しいでしょう。個人的には許容範囲内です。キャラに合わせたのか平手がついてるのはいいですね。やはり肩の可動は制限されます。

☆ゼロノスアルタイルフォーム
 ゼロノスはどっちがどっちの名前なのかよく覚えてませんが、侑人の方がアルタイルです。最近活躍の多いフォームですね。私が既に所持している装着変身ゼロノスとくらべてフェイスのかっこよさで圧倒しています。というか装着のフェイスはかっこわるい。モチーフになっている牛の角の尖り具合が全然違うのです。このアルタイルはかーなーりーかっこいい! 一方ゼロガッシャーは装着の方がだいぶ良い感じ。たぶん現時点でゼロノスのベスト商品です。

☆ゼロノスベガフォーム
 最近すっかり出番の無いデネブの方。4タロス+ジークに比べてデネブ関連の商品の少なさは異常だったりします(泣)。これもあくまでベガフォームの商品で、デネブの商品じゃないのが悲しい。電王関連全て揃うのは仮面ライダーキッズくらいに限られそう……。
 マントがあるため、シリーズで一番のボリュームのあるアイテムです。24カ所可動が売りのこのシリーズでも更にマントの可動があるため一歩リードしてますね。肩のキャノン砲も付け根で動くんで、モモリュウジークみたいに干渉しないし、ゼロノスのアイテムは優遇されています。そういえば装着でベガフォームにしたことないや。

☆ザビーライダーフォーム
 カブトからザビー。前回のカブトとは違い金のメタリックな塗りになっていてとてもかっこいいです。スズメバチをモチーフにした凶悪なフェイスデザインも良いです。残念なのはザビーゼクターに手をあてるフィニッシュ前のポーズがキレイには決まらないこと。ザビーもモモさん同様肩の可動が制限されるのでー。

☆ガタックライダーフォーム
 こちらもブルーのメタリック塗装。カブトさん可哀想(苦笑)。既出の他のアイテムに比べてフェイスの出来と可動がイマイチとのことですが、私はそれらの商品を持ってないんで特に気にならないし、普通にかっこいいと思います。ガタックダブルカリバーは肩への装着ダボを工夫していて劇中のシザース形態にも出来ます。次回第三弾でドレイク、サソードもラインナップされてカブト勢も基本コンプリート……なんでホッパーズが先になったのかは謎。

☆モモタロス
 大方の予想を覆してシークレットアイテムはモモタロスイマジンでした。第一弾のダークカブトがリペイント商品だったため、今回もゼロノスあたりのリペイント(ゼロフォーム)とか言われてたのに、まさかまさかの完全新規造形。驚きです。
 武器が無い分劇中を意識したコーヒーカップを握った手や、人差し指を立てた手がついてきてかなりお得です。うちのモモさんもコーヒー飲んでます。どうも左足の形状の都合で動かし辛いという報告が多数あるようですが、大きな問題は無いかと。これは本当に素晴らしいアイテムなんですが、でもきっとモモさんで打ち止めなんでしょうね。これでイマジンが6人揃ったら凄いのに……。

 というわけで電王の玩具紹介でした。今日は大学駅伝で電王の放送はお休みだったんで、こんな感じになりました。放送のあった「ゲキレンジャー」は……なんか凄い。エロい。危うし子供番組。あの象、女性のおっぱい揉んでたよ! 10時からの「ハヤテのごとく!」はヤバいくらい面白く無かった。この回が序盤に入ってたら視聴を切ってたかもしれないくらい酷い。

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者 4F

ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者 ダンジョンメーカー 魔法のシャベルと小さな勇者
Nintendo DS (2007/10/25)
グローバル・A・エンタテインメント
この商品の詳細を見る

 5Fに入りました。敵が強くなりました。4Fまでにだいぶお金が余って来てたんで緩いなあと思ってたらここで必要になる家具でかなりの部分が吹っ飛びました。……もしかしてこのゲーム、結構バランスが良かったりするのでは。あからさまなB級ゲームなんで甘く見てましたし、実際バランス取りそのものはアバウトなんですけど、手強さを感じる時が少なからずあります。
 このゲーム、ゲームを進めるとひとつずつBGMを取得出来るという妙な仕様になっています。取得したBGMはダンジョンの中で選んで鳴らすことが出来、取得した中からランダムで鳴らすなんてことも可能です。基本固定のBGMが存在せずプレイヤー任せというゲームも珍しい。というか初めて見たかもしれません。
 主人公&ヒロインは食事によって着々と能力を上げ、モノマネスライム(ポチ)もフロアのモンスターが強いため、かなり強化されています。今まで書いたかどうか、戦闘はコマンド選択式です。PSP版はアクションRPGだそうですね。欲しいドロップアイテムを得るためには最後の倒す敵のチョイスが非常に重要になるので、戦闘は案外ルーチンワークになりません。この手のゲームでは使える部類のはずの全体攻撃が逆に邪魔になってしまうという点が新しい。ドロップアイテムを落とす目当てがフロア最強のモンスターだったりすると同時に3体はきつい。でも同時に3体相手にすれば全体攻撃で倒しても問題が無い。ところが魔法使い系キャラのヒロイン子ちゃんもまだ全体攻撃魔法を持ってなくて、そのためには魔法屋で買えるアイテムを使わなければいけません。私がRPGをプレイする時、この手の魔法アイテムを使わないのですが、今回は結構使いまくってます。この辺から妙なバランスの良さを感じるんですよね。
 家具リストを見る限り、先はまだ結構長いような……。地道にやりますか。

 「00」、アレルヤが二重人格だったとは。今回のスタンドプレーはいろいろとまずいような気がするんですが……地上のどこから狙撃したのか丸分かりですもんね。第一話の場合すぐにそこから離れたからいいんでしょうが、今回は微妙。で、今回もヴァーチェが出ていないわけですが、「あの人ソレスタルビーイングに向いてないよね~」「あんたはどうやねん」というのは同意せざるをえない。自分は向いてるんすよ、という描写無いですからね。いずれチームが崩壊する時、こいつとは立場を別にしそうです。しかしネクラな主人公、二重人格、勘違い君と弟分がことごとくキワモノなロックオン兄さんは苦労しそうだ。

暗黒界の萌えハム チャミ様

 休日は家に引きこもってることが多いです。多いというよりもほとんどといっていいかと。なにしろ昼間寝てるんで、休みだからといって外へ出てもどこも開いてないから仕方ないのですね。ぼちぼち今年の冬物が欲しいのでなんとか時間をやりくりしないといけません。
 そういうわけで自宅にいると必然的に夜中電気をつけっぱなしという状態になります。これが夜行性のチャミ様には具合良く無いらしいのです。部屋を真っ暗にした時と、そうでない時のチャミ様の行動パターンにはっきりとした違いがある以上、そう考えるしかありません。暗い方が活動的だし、ストレスにもなるだろうし、可哀想だなーと思うのです。
 そこで新聞紙などを使ってケージの周囲を囲ってみました。これで蛍光灯の明かりをだいぶシャットアウト出来たはずです。そもそもハムスターはあまり目が良く無いということなので、これで充分だろうと思ったのですが……特に中で活発に動き回っている様子はありませんでした。こちらから中は見えませんから、音での判断ですが、ホイールを回しているならそれなりの音がするはず。それがありません。どうやら失敗。
 となると暗幕クラスの光を遮断する素材が必要なのかもしれません。うちでケージとして使っている衣装ケースは結構大きいですから、それ相応の広さが必要になります。当たり前だけど100均じゃ無理ですよね。どこかに良いものないかしらん。
 そんなチャミ様、お迎えして今月で一周年になります。懐いてくれてないからさほど癒してくれてるような気がしません(笑)。

  某24時間スーパーへ行ってみたら、清算を終えてレジ袋に物を詰める台に(なんか専門用語とかありそう)「皆様の通報のおかげで買い物カゴ窃盗犯を6件検挙出来ました。ありがとうございました」なる文面のお礼文が貼ってありました。そっかー。そんなヤツいるのかー……。しかもそんなたくさん。