宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これからプレイをはじめます

 「ユアメモ」買って来ました。「スマブラX」購入者の行列がなかなか凄まじいことになってて大変です。あ、ちなみに「ユアメモ」は予約してなかったんで、限定版狙いでゲーマーズの方へ行ってゲットしてます。さすがにこれを予約する勇気は無かったですよ(笑)。ゲーマーズではゲーマーズで「涼宮ハルヒ」を買う人間がわらわらと……こっちの方は興味無かったす。これだけ人気あるんだからやっぱ面白いんですかね?
 東川篤哉の新作もゲットして体勢は整えました。これからプレイしまーす。
スポンサーサイト

野郎がプレイする「ユア・メモリーズオフ~Girls Style~」 序

 あれー? 確かにエントリ書いてアップしたよなあ。なんで無いの? まあいいや。この日はそういうエントリがありました。

一月二十九日駄文

 なんとかヴェノミナーガの石碑解放に成功しました。魂の解放であっちの墓地を減らしつつ、こちらの墓地にも干渉してヴェノミナーガの攻撃力を微調整。手札に余った爬虫類族モンスターもヘタに墓地へ送れないという厳しいデュエルになりました。あっちがスネークレインの効果でデッキを消耗しやがるんで、あと一撃決めれば勝ちってところでデッキ切れ喰らったりとまあ、本当に大変(泣)。これでWCSにプロフェッサーコブラが出現。次はレインボー・ドラゴンか……使ったことないモンスターが続くなあ。カオス・ネオス、エクゾディオス、難関が続きます。

 「首鳴き鬼の島」を読んでから「日曜日の沈黙」「あなたがいない島」を読み、今「長く短い呪文」を読んでいます。「あなたがいない島」はやはり犯行動機がとても印象的です。コメディタッチの作品のわりにはやたらと黒い。こんな動機で殺されたらたまったもんじゃない……笑えないし。でも一番怖いのは現実にありそうなところでしょうか。こういう勘違いはそれ自体だけならその辺に掃いて捨てるほどあるでしょうから。

 「みなみけおかわり」4話見ました。なんていうんでしょうね。それ単体だけ見れば特別つまらないわけじゃないんですが、背中がむずむずするような違和感があちこちに鏤められていて気持ち悪いのです。前回出て来た眼鏡君はやはりオリキャラらしく、今回もかなりの出番がありました。きっと不評なんだろうなあ。レギュラーにしても必ずしも必要無いけどとにかく数を出しました的な内容になってて、すっきりしません。
 私はまだ前期の「みなみけ」を見てないんでなんとも言えませんが、なんかこう、キャラ描写も上滑りしているような気がします。声優陣も語ってる「カナは本質的にはかまってちゃん」という属性がいまいち透けて見えてこないし、千秋もああして淡々と喋らせておけばいいやみたいな。
 毒にも薬にもならないというんですかね。そんな感じ。

 もうすぐ「ユアメモ」発売です。が、ここに来て「スマブラX」も少し気になってます。プレイの邪魔になるからすぐに購入とかは考えてませんが、とりあえずこれがあればWii的にオッケーかなーって感じで。正直な所今でも「ガンダム」買うかどうか考えてるんですよね。むう。ただ3月くらいまでプレイしたいタイトルが詰まってて難しいのです。

蛇神の戦い

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 むう、「遊戯王2008」のヴェノミナーガの石碑解放が難しい。他の石碑は召還して勝てばそれだけでオッケー。つまり召還したモンスターで勝利を奪わなくても良いのです。ですがヴェノミナーガやエクゾディオスのような特殊勝利条件モンスターはその条件を満たして勝たないと駄目でして……。ヴェノミナーガの場合「ヴェノミナーガによって相手に戦闘ダメージを3回与える」。
 ヴェノミナーガは魔法罠モンスター効果すべて無効、攻撃力は墓地の爬虫類族モンスターの数×500という鬼効果、ただし召還はかなり難しい。簡単に言うと3回殴った時点で大抵相手のLPをゼロにしてしまうので効果で勝ったことにならないのですよ。かといって攻撃力が低いと攻撃を通しにくい。魔法罠無効だからビッグバンシュートのような装備魔法も使えない。解放はミラーマッチになるので相手のヴェノミナーガの牽制もしなきゃいけない。
 さてどうしたものか……。

 「ハヤテのごとく!」のDVD7巻を見ました。4話収録のうち後半2話から後期OPになってます。25話が「愛を試せばいいじゃなーい」でギルバートの持ち出したロボと戦う話。26話はオリジナル。記憶喪失のふりをしたハヤテと西沢さんがニアミスし、「ハヤテ君は私の執事だ!」と大きなこと言ってふたりとも引っ込みがつかなくなる話。
 26&27話は3期の執事バトル開幕編。漫画ではいまいちはっきり決着のついてないハヤテvsヒナギクのバトルであっさりハヤテが勝ってしまう……良く考えたらこれってどうなんだろう。ヒナギクが野乃原楓に勝ってるのもそれはそれで問題のような。ハヤテvs氷室をああいう形で済ませたのはともかくとして。
 ふと思ったんですが原作でもアニメで「学校でナギが幼馴染みに会う」というシチュエーションがほとんど無いんですね。伊澄、ワタルそれぞれ一回だけだっけ。さすが引きこもりお嬢様。14巻で同じクラスになるから今後は増えるんでしょうか。

今週の仮面ライダーキバ

 「仮面ライダーキバ」の放送が始まりました。これは……難しい……。現代2008年の東京?と、過去1988年の東京?の間を物語が頻繁に往復するという妙なギミックが入っていてこれがかなりわかりづらい。「電王」のように時間を移動出来る手段が有り特定の人物がそれを利用してまわるのではなく、別々の登場人物を揃えたふたつの時間の物語を並行して動かしている。キバが登場するのは現代の方で、過去はその親父の話らしいです。
 「電王」はVシネでの続編の制作が決まりました。「クライマックス刑事」という妙なサブタイがガセなのかどうか判断に苦しむ所ですが、Vシネ制作が決まったのは確かです。平成ライダーで後日談の語られる続編が作られるのはこれが初めてのことですから、「電王」が商業的にかなり成功した作品であることは間違いないものと思われます。ただ「電王」は一方で視聴率で歴代平成ライダー最低だったそうです。この視聴率ってやつが必ずしも信頼出来るバロメーターとして機能しないという一例ということでしょうか。
 個人的に「電王」成功の鍵はターゲットを小さいお子様に置いた事です。なんでもウルトラ怪獣が玩具で商売出来るのに、ライダー怪人はそれが出来ていない。なんとかならないかってところも発端だったそうで。だから個性的なイマジンがライダーの側に立って大暴れする作品が出来たわけですね。
 それによって主人公を含めてわかりやすいキャラクターと、悪い事をする怪人を倒すのがメインという特撮としては極めて健全な図式が出来上がり、狙い通りのターゲットに支持を得ることが出来た。結局ライダー同士のバトルは添え物に過ぎないということなのです。とかいったら「龍騎」否定ですか。「龍騎」と「電王」はメインライターが同じということで、似ている部分も多い作品ではありますが。
 ってことでわかりやすさは重要だと思うんです。「キバ」はのっけからこれで大丈夫なのかなあ。既にあちこちで言われている脚本家批判に関しては「むしろ脚本家色の薄い第一回だったんじゃね?」と思いました。ふたつの時代を描くというのは脚本家だけで決められることじゃないし、プロデューサー判断でしょう。うーん、まだなんとも言えない。
 しかし第一回だったわりにはキバ、苦戦してたなー。普通最初は強さの表現のために圧勝するもんだけど。「555」なんか牽制の蹴り一発で勝っちゃったし。
 「電王」は伏線をばらまきつつも9月になるまでは回収を重視しない作品作りでした。今年もそんな感じでキャラ重視で行ってくれるとありがたいです。対人恐怖症ライダーの未来に幸あれ。


 今週のハヤテ
 4期に入ってから原作の古めのエピソードを多めにやってます。今回はサクのタイタニック撃沈の回でした。次回は100回記念のナギの漫画再現。うーん、かれこれ4回程連続でサクが出てるような……3期の不遇が嘘のよう。そのかわり学園系のキャラがほとんど出てません。先週雪路がハヤテ&ナギ役の声優から「たったこれだけの出演で……」と言わしめたくらいでしょうか。声優ってのは出番の多さではなく呼ばれた回数でギャラが決まるらしくて、2秒でも満額らしいです(笑)。そんなこといったら西沢さんはその数秒の出番で毎週出てるわけですが。
 あ、あとDSで出るハヤテのゲーム第二弾はお屋敷編を買います。ええ。

緑色の歯車

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 あー、なんかもう「00」見逃しても特になんとも思わなくなってしまいました。放送中に起きてれば見るし、別に嫌ってるわけじゃないんですけどね。プライオリティが高くなって来ないという感じです。一方で朝の無印「遊戯王」の再放送を見逃してしまいました。こちらは凄く痛い。今日でKCグランプリ編完結だったのに……次回から闇バクラとの対決になりますね。原作でもその辺のところは読んでないから楽しみです。ん~再放送無印よりGXの方が先に終わりそう?

 「遊戯王2008」、混沌の世界のデュエリスト全員から5勝を奪いました。さすがに最後の世界だけあって強い。サイバーエンドもブルーDもホルスも苦戦しました。特にブルーDはハマってしまうとかなり厳しいです。生贄3体による特殊召還モンスターで条件的に辛いはずのモンスターなのですが、通常の生贄召還ではないので本来生贄に出来ないモンスターも生贄に出来てしまいます。スケープゴートとか。案外ぽんっと出て来てフィールドを制圧して行く様はなかなか恐ろしい。
 ですが、それらもグリーン・ガジェットに比べたらまだ可愛いものです。これが昨今のOCG界を席巻したいわゆる「除去ガジェ」ですか……。ガジェットモンスターは同族モンスターの補充が出来るだけで攻撃力は低いものの、モン切れの危険度が極めて低くなるため除去カードに多数のスロットを割くことが出来る。除去しまくって攻撃を通す。1キルを考えなければ攻撃力はそれほそ重要じゃない。カードアドバンテージが重要なんだってことを知らしめたデッキです。
 でもまあ、通常除去は魔法カードに頼ることになるのです。罠は攻撃のカウンターで発動するため、こちらが攻撃をしかけなければたいした驚異じゃないし、王宮のお触れやサイコショッカーで無力化出来る。その上でホルスによって魔法まで封じれば楽勝……と思ってたのに……グランモールがあそこまで猛威を振るうとは(泣)。成長させたホルスlv8をあっさりバウンスされロックが壊れると一気に戦線が瓦解してしまいます。ショッカーは魔法で取り除かれ無力化。こいつを相手にするときはショッカーよりもお触れの方が効果的ですね。結局このお触れホルスでなんとか倒しました。
 次はレベル3デュエリストの補充です。各世界に残して来てしまった石碑を解放してディエリストを増やします。これで自動的に無印GX両方のデュエリストが集まって来るので、最後に残るのはプレイ200時間条件の闇マリクってことになるでしょう。まだあと70時間は必要です(泣)。現在マスターオブOZ、海龍神ネオダイダロス、守護神エグゾートの解放に成功。今後アーミタイルやベノミナーガのような難易度MAXな連中にも挑戦しないといけません。
 パックをふたつほど出現させて一気にカードが増えました。ついにダークガイア使用可能になったんで、ダウンロード十代のイービルゲートデッキを自分で再現して使ってやろうと思い組んでみたら、キーカードの「名推理」が無いんです。このカードだけ最後のパック封入でやんの。酷いなあ。無しでやってみたらただでさえ安定しないデッキがさらに不安定になりました。厳しい。

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック
(2008/01/21)
白鳥百合子、佐藤健 他

商品詳細を見る

 本編のみ収録の通常版に対してコレクターズパックはプラスボーナスディスクが2枚追加されています。ディスク1には
・制作発表会見
・ラッピングトレイン出発式
・完成披露試写会舞台挨拶
・渡辺裕之一日駅長
・劇場版電王公開記念~懐かしの&ちょっと前の仮面ライダーオールナイト~
・公開初日舞台挨拶
・TVスポット
 ディスク2には
・スーツアクター徹底研究
・メイキング「デンライナーの車窓から」補完版
 が収録されています。この2枚のディスクで本編の3倍今日の収録時間になってますので、ぶっちゃけ通常版よりもこっちの方が恐ろしくお買い得です。そんじょそこらの特典とかメじゃ無い豪華さと言えるでしょう。ヘタすると本編だけで同じくらいの値段取りそうな作品もある業界なんで、ほんとにマジでお買い得。こういうのに興味無い人はむしろディレクターズカット版を買うべきです。とすると通常版の存在意義ってなんだろう? レンタルに並んでるのは基本的に通常版の内容だったりはするわけですが。
 記者会見やら舞台挨拶はとにかくぶっちぎりで監督の長石多可男氏のキャラが面白過ぎて他の役者喰われまくりです(笑)。ベテランの渡辺裕之ですら監督の前では霞んでしまう。こんな優しそうな天然のおじいちゃんがどうして特撮アクションなんて撮ってるんでしょうか。もしかするとこれこそ電王最大の謎かもしれません。
 主演の電王佐藤健、ゼロノス中村優一のふたりはアイドル的な人気を持つ若手俳優なので、ディスク1はそういった意味でかなり満足出来る内容かと思います。佐藤健の普段の顔は意外と良太郎に雰囲気が近くて、違うのは「ボク」じゃなくて「オレ」ということくらい。中村優一とは出演した3作のドラマ全てで共演してるそうです。まあ、そのひとつはアレなわけですが。
 一方イマジン萌え(燃え)のひとたちにはディスク2のスーツアクター徹底研究がお勧め。スーツアクター研究は「アギト」にはあって「龍騎」にはありませんでした(それ以外の劇場版平成ライダーはどれも未見)。そのかわり「龍騎」には特撮面の解説が入ってます。今回が久々のスーツアクターの素顔です。この間のPVでも分かる通り、身体を動かすことに関しては一級品の実力を持つ人ばかりで、ひとつひとつの動きの小気味良さは普通の俳優には出せません。さすがに日頃からトレーニングを重ねているだけのことはあります。本編でのリュウタロスとか凄いですから。きぐるみ着てデジャブとか普通あり得ない。
 本編は平成ライダーの映画で最高傑作と言われてる通り、やはり面白い。映画館で見た時の印象が蘇りますね。あのシーンで笑ってたなとか、驚いてたなとか。ただ改めて見るとシーンのつなぎが微妙に弱い気がします。この辺はディレクターズカットで補完ということになるのでしょうか。内実66分しか無いからなー。ちょっと短い。
 あと最終回を迎えて「電王」の面白さのキーになった部分について触れてみようかなーと思ってましたが、「キバ」の第一回を見てから改めて考え直します。

寒い時期のチャミ様

 今日は寒いですね。さっき「ハヤテのごとく!」と「みなみけ」のDVDレンタルに行ってみたら見事に撃沈でした。くそ、入荷するタイミングを熟知してるヤツが近所にいるな。どっちもかよ-(泣)。明日から通いです。「ハヤテ」はこれで前期終了。評判のあまり良く無い後期前半に入ります。いや、寒かった。

 ハムスターというのは基本的に餌を巣へ溜め込む性質を持つ生き物です。寿命によってもう餌を食べられないような状態になっても本能で溜め込むことだけはすると聞いています。うちのチャミ様も巣箱に溜め込んで必ずそこで食べます。ハムの巣箱は寝るためのものですから、光の差し込まないクローズドなものが好ましいわけですが、そうすると食べる光景というのをなかなか見られないのです。ガリガリ食べてる音はしても姿は見られない。残念。
 ニコニコ動画で見られるハムスター動画の中には野菜等を巣箱の外で食べてるチャーミングなものがわりとあります。私はほぼペレットオンリーってこともあって、機会に恵まれないのです。前にブロッコリーあげたら食べなかったしなあ。
 今日も糞尿の処理をしました。これは毎日必ずやらなくてはいけません。それを考えると一人暮らしでペットを飼うのはなかなか覚悟のいることであります。私もお迎えしてから一日も欠かしてません。必然的に家を空けるような遠出が出来なくなります。そういうものです。
 清潔さを保つために巣箱自体を洗浄したりもします。そうすると洗ってる間のケージから巣箱が無くなっている間、チャミ様はかなり落ち着かないようでじたばたと阿波踊りをすることになります(阿波踊りというのは衣装ケースの壁面に張り付いて暴れること)。巣箱を戻すと速攻で餌を運び込んでまったりモードです。やはり巣箱の中が一番落ち着くようです。

ムゲン駄文

 良い感じで百人一首の補完が進んでいます。まだまだ百首にはほど遠いものの、覚えているものに関しては曖昧さが減って上の句で速攻解答出来るようになってきました。この調子で一日一回でも聞いて行けば百首達成もそう遠いことでは無いでしょう。
 ところで百人一首というのはいわゆるカルタなわけですが、世界的にはどうなんでしょうか。カルタも五十音あるから面白いってのはあるでしょうし。数は単純にゲーム性に響いて来ますよね。

 購入予定だったDSの「サクラダンジョン」の発売が延びてしまいました。また、出来が微妙という噂も聞こえて来るような感じで美味しく有りません。ただ、この手のゲームはクリアまでがチュートリアルなんであって、その後楽しく遊べるようであれば問題無い……と思ってますが、どうなんでしょう。いずれにせよ久々のサクラだし、巴里組出るし、買うのは間違い有りません。
 それまでずっと「遊戯王2008」なのかな。あー、でも「ユアメモ」が来週か。発売日と次の日がオフなんで、二日で最低2キャラは攻略しておきたいところです。今回は王道よりも痛い話を期待してるんで、そんな感じでよろしくお願いしたい。

 「首鳴き鬼の島」を読んでから石崎熱が再燃しまして、ミリユリのシリーズを最初から読んでます。「首鳴き」で文章ヘタだなー、成長してないなーと感じたのは勘違いだったかもしれません。「日曜日の沈黙」は更に輪をかけてヘタですわ(笑)。
 この「日曜日の沈黙」はミステリマニアの間ではわりと不評な作品なんですが、個人的にかなり気に入ってたりします。なので不評を目の当たりにするたびに「そんな悪く無いだろー」と思ってたりするのです。まあ、でもなー。ミリアとユリのキャラがかなり痛いのは事実。こいつらが石崎に懐いたこと自体が既にミステリ。

 今年最初の玩具購入はあれこれ思い悩んだ結果「ムゲンバイン五神獣」となりました。食玩で5つで1500ほど。全部集めるとムゲンファラオに合体出来るというものです。もっともムゲンバインは自由な組み替えが売りのシリーズですから、適当に買い集めて適当に合体でも楽しめます。私も正規合体のファラオから多少アレンジして組んでみました。
 ここ数日の間にレビューサイトにもあがってくると思いますが、凄いです。ボリューム、ギミック、コストパフォーマンスそれぞれに優れた超優良商品です。もうすでに5種ひとつずつと言わず、いくつか買い足そうかなあなどと思ってます。前回のムゲンリュウオウと違ってかなりスマートな感じなんで、少し横幅が欲しいんですよね。もしくはそのリュウオウと合体させてしまうという荒技も……元に戻す自信が無いんでやらない方が良いかもですけど。

 録画しておいた「みなみけ~おかわり」三話を見ました。転校生……原作4巻までの間には出て来てないキャラだけど、オリジナル? それとも5巻収録分に出て来るキャラなんでしょうか。こういうのはあんまり歓迎しないなー。カナと「ハヤテ」のワタルの声優が同じ人だってのに今更きづいて驚いてます。確かに良く聞いてみると同じ人です。まあトウマが水樹奈々なんだから、それに比べたらって感じもありますが。

 チャミ様は今日も元気。

首鳴き鬼の島

首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)首鳴き鬼の島 (ミステリ・フロンティア 35)
(2007/08)
石崎 幸二

商品詳細を見る

 しばらく積んであった石崎幸二の「首鳴き鬼の島」を読みました。なんと石崎氏五年ぶりとなる久々の新刊であります。メフィスト賞受賞者でありながら講談社から本が出なくなってしまったので、こういう形で再び日の目を見る事が出来て嬉しい限りです。
 ぶっちゃけ事実上講談社から切られてしまったのは文章力の問題でしょうね。今回もその点については成長してません。ただ、ヘタな文章にも読み易いものと読み辛いものがあり、石崎氏の場合前者になります。文章をほとんど飾ることが無く、最低限の描写しかしない感じなので。
 内容はいかにも「本格ミステリ大好きです」みたいな人が書いたような、嵐の孤島での見立てを扱った連続殺人事件です。民間伝承の怪談を取材しに頸木島なる怪異伝説へ出向いた記者が事件に巻き込まれ、なんとか解決せんと奮闘する……というと一見テンプレ通り。実際内容もおおよそテンプレ通りではあります。
 しかし、この見立て殺人、ことバラバラ死体を扱うような事件はミステリ的な面白さはあっても、現在はとても使い辛いものとなっています。理由は簡単で、DNA鑑定の技術が発達しているため、死体入れ替えのトリックが封じられてしまっているからです。調べてみればすぐにわかってしまう。だから大抵の作品ではクローズドサークルものにして警察や司法の介入する余地をとっぱらってしまうのが普通です。
 ところがこの作品では警察も司法も介入します。DNA鑑定も行われ、主人公の提出した死体入れ替えの推理もはっきりと否定されてしまうのです。ここまでが作品の75%ほど。ここから先はDNA鑑定が存在する中でどうやって死体入れ替えトリックを成功させるか、という著者の執念の産物となっています。興味がある人はぜひお一読を。
 個人的に久し振りにミステリを堪能させてくれる一冊になりました。最近は消化不良とか不完全燃焼な作品にあたることが多くてフラストレーションがたまってたんです。この「首鳴き鬼の島」は「このミス」か「本ミス」かどっちかの12位にランクインしています。去年の歌野氏の「王手飛車取り」もランクインしてましたが、こっちには不満があったんですよね。TOP10に入っててもそんな作品にぶちあたることはある。
 さて、石崎氏次の作品はいつになるのかなあ。また五年後かな。

田中理恵の百人一首

田中理恵の百人一首田中理恵の百人一首
(2006/06/09)
田中理恵(朗読)

商品詳細を見る

 この間、Wiiの投票チャンネルで「百人一首の句をひとつ以上言える」というネタがあったですよね。私は当然のように「言える」を選択したのに、蓋を開けてみればこちらが少数派でした。意外です。だってひとつでいいんですよ、ひとつで。普通知ってるだろー、と思うんですがそうでもなかったことにわりとショックを受けたりしました。
 私は前は百首全部覚えてました。高校の時は大会で優勝したりなんてことも。でも今改めて思い出してみても完全に空で言えるのはせいぜい数十といったところで、かなり忘れてます。これはいかん。
 というわけで百人一首の朗読CDをゲットしました。「田中理恵」「若本規夫」両方です。どちらも当代きっての人気声優ですね。ついでにいえばふたりともアニメ「ハヤテのごとく!」にレギュラー出演中だったり。
 とりあえず田中理恵の方をituneにぶちこみました。ランダムで流せますからかなり便利です。これはいい。なんでもCDの規格のせいで100トラック収録する事が出来ないらしくて、ラスト2トラックは二首ずつ入って99トラックになってます。序歌もありますから全部で101首なのです。
 なにが良いってマリアさんの声で詠んでくれるところ(笑)。それぞれ声で詠んでもらえると雰囲気も出てなお良しです。やっぱり忘れてますね。かなり忘れてます。逆に忘れてるようで覚えてたってのも少なからずあって面白いです。暇な時にマメに聞いてれば100首くらいすぐに覚え直せるでしょう。
 ただね、本当ならそれぞれの歌だけ覚えるんじゃなくてちゃんと内容まで踏み込んで勉強すべきなんですよね。この時代の歌ってのは暗喩をこめるのがお約束だったりして、一見恋の歌のように見えて実は権力闘争の構図を顕したものだったりするのであなどれません。
 あとはアレ、DSの「時雨殿」まで買うかどうかってところでしょうか。アレ、一応ゲームも出来るんですよね。ちゃんと札を取れるようになってこその百人一首なんで、やってみたい気持ちは有ります。

 しかしそんなこんなで「ユアメモ」の発売ももう来週なんだなあ。ついこの間正月だったような気もするのに(苦笑)。

今週の仮面ライダー電王最終回form

 最終話「クライマックスはつづくよどこまでも」
 ここに来て考察なんてのもさほど意味無かったりはするのですが……結局先週4タロスが実体化したことについての説明はまったくありませんでした。まさか本当に何も語らないとは思わなかった。かなり巻いた展開でも語りきれなかった感じなんで、こりゃもうしょうがないのかなって感じではあります。
 ともあれ。前回デンライナーを降りた時に実体化が判明してますが、実際にはその前から実体化してたのにすぐに気づかなかったと見るべきでしょう。デンライナーを降りることと実体化に因果関係があるとは思えない。ひとつ原因として考えられるのは同じ人物(良太郎)に憑いていたキンタロスが契約によって実体化したこと。同じ記憶に依存する事で存在しているイマジンだけに、他のイマジンが交わした契約であってもその影響を受けてしまう。タイミングから考えてもこれは有力な仮説だと思います。
 次に最終回で結局ジークを含む6人のイマジン全員が記憶により再生されたこと。これまでは少しずつ存在が消えて行く描写しかされてない……ように見えていましたが、実は消滅と良太郎の記憶による再生が同時に進んでいた。消滅した分再生もしてたのですね。人間の身体も数ヶ月で構成する物質的にほぼ入れ替わるといいますが、似たようなことがイマジンにも起きていたのです。で、カイが消えたことで消滅が一気に進み、再生も同様に一気に進んだ。実のところ契約してたキンタロス以外は半実体化状態だったりしたのでは。ま、前者の方がありそうです。
 次にカイが消えてしまった事。カイは良太郎と同じ特異点というにはいろいろ妙な点が有りました。自分で時を開いてしまう能力や、記憶力がどんどん酷くなって行ってること。アルビノレオイマジンも言っていた記憶障害が目に見えて悪化している点は見過ごせません。特異点は時の改変による記憶障害を起こさないはず。おそらく彼はゼロノスと同じように自分の記憶を消費する事で様々な力を得ていたのでしょう。それが尽きた時彼も消えてしまった。実は特異点ですらも記憶によって自己を確保しているわけです。良太郎も変異しない記憶を元に強固な存在として確立している。よってそれを消費しつくすと自己を立脚する要素が全て無くなってしまい、消えてしまうのですね。
 コハナについては何も語らなくていいでしょう。誰が見ても同じひとつの結論へ至るはず。そのために桜井侑人は消えてしまったわけで。
 その桜井侑人は最後のカードを消費することで存在を消滅させてしまいました。最後のカードが緑だった点がポイントです。あれはおそらく最後まで桜井侑人を覚えていた良太郎の中の記憶を消費したのです。特異点の中の記憶を消費したということは、もう取り返しがつかない。これが赤のカードだと若い侑人まで消えてしまうんで、おそらく赤いカードは限界ギリギリまでしか発行しなかったのでしょう。侑人まで消えてしまうとコハナが存在し得なくなってしまいますから。
 しかしああまであっさりキンちゃんウラたんを過去から連れて来ちゃってまあ(泣)。あの涙の別れはいったいなんだったのか(爆笑)。オーナー不在によるデンライナーの悪用ってわけなんですけど、実のところ奥の手としてこれをナオミにやらせるためにオーナーはターミナルに残ってたのかもしれません。自分がいたらそんなことさせるわけにもいきませんからね。つまり最後の最後でオーナーは空気を読んだと。回収した順番はキン>ウラで間違いありません。ウラは別れが辛くて残ったんであって、キンちゃんが先に乗ってて拍子抜けでもしないと相乗りしません。しかしジークまで(笑)。しかも最後の最後にダブアクウイングとか反則過ぎる。コンプリートボックスに収録されてないじゃないか。どうするつもりだこの曲。
 「いつか未来で」。なんか微妙な噂として後日談が映像化されるんじゃないかとか……本当かよ。とりあえず最終回ってことで「今週の仮面ライダー電王」もこれで終わりです。次回から「今週の仮面ライダーキバ」が始まります。でもなー「電王」みたいに毎週必ず更新出来るかどうか。番組のテンションが高く無いと「カブト」みたいに二週まとめてってことになっちゃうんで。
 ちなみに最終回のインパクト的には「龍騎」>「電王」って感じになります。まあ、主人公が冒頭で死んでしまう「龍騎」にインパクトで勝てる作品もそうそう無いですやね。

もうすぐ最終回

 「遊戯王2008」でタッグ200戦を達成しました。最後のタッグチーム闇遊戯&海馬が出現、黒皮の服(原作の舞の衣装)、エーリアンディスクも出現。これで長かったタッグ路線にひとつの区切りがつきました。今後しばらくはシングル路線で混沌のデュエリストと対決ってことになるでしょう。久し振りに新しいパックを出現させられそうです。二月末に配信限定カード「ライオウ」の発信も決まってます。これを逃したら次がいつになるかわかりません。絶対にゲットしなければ。現環境ではかなり重要なカードなだけに。

 あー、明朝はもう「電王」の最終回ですよー。なんか早かったな、この一週間は。コンプリートCDボックス、最終回、劇場版コレクターズパックとこれからの一週間も電王漬け確実な予定となっております。そっかー、もう終わっちゃうのかー。なんか天道がフランス練り歩いてたのがついこの間のようなんだけどなー。……早い一年だったな。次の「キバ」も楽しいといいな。

課長の真髄を見る

ニュー・スーパーマリオブラザーズニュー・スーパーマリオブラザーズ
(2006/05/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 やっぱり課長は凄い、と思わざるをえません。「NEWマリ」、とりあえず最終面のクッパまで倒しました。これが私の記念すべき初マリオクリアです。今までプレイしたタイトルは最終面に行けたことすら無いというヘタレっぷりでして。
 やはり「アドバンス4(マリオ3)」と比べても相当に難易度低いです。ぶっちゃけこれクリア出来ない人いないだろってくらいなんで、「アドバンス4」の難易度をフリーザと設定すると、「NEWマリ」の難易度はラディッツくらいまで下がりますかね。フリーザはスーパーサイヤ人にならないと倒せませんので。
 最後のクッパはビッグきのこをストックしてたんでそれ使って強引に倒しました。その後封印の解かれていないワールド3へ向けて「ワールド2のボスをまめマリオで倒す」のにチャレンジ。ところがこれが難しい。ワールド8クリアするよりよっぽど難しい(笑)。まめマリオは操作にかなりの癖がある上に、攻撃判定のあるヒップアタックを出すのにタイムラグがある。これがかなり痛くて、敵の頭を取って落ちるだけでも大変なのです。しかもちゃんと頭に落下してるのにのけぞって胴体に落ちてやられたり。ここで思わず声が出てしまいました。課長凄いですよ。大変だったといってもせいぜい消費したのは20機弱。課長は平気で(平気じゃないだろうけど)70機とか消耗しますもんね。
 無事にワールド3を出現させた後、なぜか「スパロボW」をちょこっとプレイしました。51面ですからもう大詰めです。どうしてこんな妙なところで中断してるんだろ(苦笑)。

 「電王コンプリートボックス」、良いですね。思ったよりもかなり良いです。PV以外も充実の内容で満足してます。ここまで各キャラの曲が並んでいながら、メインヒロインであるハナの曲が無いってのが残念でなりません。噂によると去年の里中唯に続いて白鳥百合子もこのまま引退って話すらあります。どうしてこうなっちゃうんでしょうね。オシリーナなんかすごく元気なのに。

お腹がすくと暴れたくなる

 気になってるDSの「FFTA2」、ざらすで2900円でした。うーん、考えてしまいますね。一度プレイを始めてしまえばかなりの時間を奪われるゲームだとわかっているだけに難しい。月末には「ユアメモ」が出てしまうんで、それまでに満足行く程度にはプレイしないといけないわけで。プレイを中断したらたぶんそれっきりになってしまう……。これまた中断してる「スパロボW」の二周目でもやろうかなあ。「スパロボW」は面白いんだけど、自由度高そうでそうでもないのが欠点なんだよね。
 そうなるとあと二週間は「遊戯王2008」ってことになりますか。タッグ路線も佳境に入って白衣やらもゲット。それでもまだ出してないパックが(苦笑)。ぼちぼち120時間だっけな。うーん、「FFTA2」尻込みするのがアホみたいなプレイ時間のような気もする。
 「ユアメモ」の後も春の間は久々にギャルゲーのプレイラッシュになりそうな上半期でございます。それ以外も「サクラダンジョン」だし、硬派なのは「ソーマブリンガー」くらいになっちゃうかな。

 さっきチャミ様がガチャガチャと騒いでました。どうも空腹だったらしいです。ハムスターはこうして空腹を告げるサインを飼い主に出したりする生物です(たぶん)。慣れてると飼い主をじっと見つめたりするみたいですが、うちのチャミ様はちっとも懐いてなくて武闘派なので、暴れるわけですね。餌をあげたらすっかり静かになりました。なんかちょっと悲しい。
 人間の一日はハムスターには一週間にも相当するんだそうです。空腹モードになってから餓死するのも必然的に早いってことになります。こういうこともあるんで、なかなか長期間うちを空けられないんですよね。懐いてなくてもチャミ様なんだかんだで可愛いんでいいですけど。

驚異のイマジンPV

仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)仮面ライダー電王 COMPLETE CD-BOX(DVD付)
(2008/01/16)
V.A.

商品詳細を見る

 買ってしまいました。「仮面ライダー電王」の音楽の集大成となるコンプリートボックスです。これまでに発売された2枚のサントラ、数々のシングル、パーアクや12月に出たばかりのクラジャンも収録の贅沢な内容となっています。「これじゃ今までのCD買った意味が……」てな気もしますが、普通のシングルCDとアルバムの関係がボックスに変化したというだけのことなので、こういうもんなんだと思います。さすがにクラジャンのボーナストラックまで全部収録とは予想外でしたが。このクラジャン、特撮系CDにして未だにウィークリーランキングに居座ってるらしいですね。何枚売れたんだろ?
 といってもほとんどの購入者にとって本命はこれだけに封入されるPVに違いありません。モモウラキンリュウの4人のイマジンがクラジャンで駆け抜ける本格的なPVです。いつもの番組を撮影しているスタッフではなく、エイベックスのPV班を引っ張り出して一日がかりで撮影したというトンデモアイテムで、一部は既に番組のOPに使われていますね。仮面ライダーの主題歌のPVを怪人4人をメインに作るなんてのは今回が最初で最後でしょう。
 出来も素晴らしい。かっこよさと、最終回の彼らの未来を暗示しているかのようなもの悲しさが同居していて見応え十分です。歌ってる人と中の人が別人ですから撮影は本当に大変だったかと……。それでもさすがにスーツアクター。ダンスの上手ヘタはともかく、身体のキレは一級品。
 基本的にこのPVだけでも満足度は高いのですが、なんだかんだいって私の持ってないダブアク牙王、ダブアクコーヒー、アクゼロ、リアアク、それにサントラの楽曲も入ってるわけで、トータルで言えばお買い得でしょう。
 これで私が「電王」にかけた金額は30000円くらいかな。歴代平成ライダーで2位ということになりますね。1位はぶっちぎりで「龍騎」なんで、これを抜くのは不可能ですが。「電王」の10倍使ってますもの(笑)。
 さあ、後は20日に最終回。21日に劇場版DVD。いよいよクライマックス~。

アニメ「みなみけ」駄文

 初めてアニメの「みなみけ」を見ました。今まで見てなかったのはぶっちゃけ仕事中だったからで、今回は予め時間帯を調べての録画です。なんとかちゃんと撮れてました。なんかこの作品、今流行の前期後期分割タイプのようなんですが、タイトルだけじゃなく制作会社まで違うらしいですね。私は前期を見てないんで絵柄の変化とかそういう点での突っ込みを入れられません。パッと見た感じそう悪い印象は強く無かったし、一応それなりに「みなみけ」してたんじゃないかなーと思いました。
 が、後で悪い部分の検証動画ってのを見てみたら確かにこれは酷い(笑)。洋画でもつけてた時計が次のシーンで無くなってて、更に次のシーンで復活するなんてことがあったりしますが、そういうのは少数だからネタになるんであって、頻発してたらそれはつまり……ごほごほ(苦笑)。
 アニメ業界も厳しいらしいです。基本的に昔から厳しい業界ではあります。ですが昨今の粗製濫造が祟ってDVDの売上げが伸びず制作費を回収しきれないとか。この手の市場のパイは無限じゃないんですよね。ある程度しか無いのにあれこれいっぱい出してたらそりゃ1タイトルあたりの売上げも下がりますわ。ゲーム業界が縮小に向かってたのも基本的には同じことでしょう。マニア向けに商売をする手はある……でもマニアを増やす努力もしないと尻すぼみになっていくだけですから。
 その点で言えばテレビ東京のいっぱいアニメ作って放送してどれかが当たればいいってのもひとつの方法です。一般層も見る時間帯に放送するってのも大事ですね。深夜に放送してもねえ。実は「遊戯王GX」はそういうアニメ事情から考えるとかなり珍しい作品だっったりします。基本カード販促のための番組なのでDVDを無理して売る必要が無く、オリジナルカラーの強い作品であるにも関わらず放送も四年目に。特撮もDVD以外に玩具を売る。普通のアニメは基本DVD売るしかないからなー。辛いな。

もうすぐ体育の時間です

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 WCSタッグ戦も佳境に入って来ました。150戦クリアして十代&ヨハンタッグが出現。ここまで来たので一旦タッグから離れてウォータードラゴン召還で三沢&タニヤタッグを出現させればGXタッグチームを全て出現させたことになります。アカデミアジャージゲットまであと一歩です。その後は200戦クリアで闇遊戯&海馬タッグ、20組の5勝ずつで新パック出現となります。更にその後は混沌の世界のデュエリストと勝負かな。
 しかしほんと、11月末に買ってからずっとこればっかりで他のゲームといったら「森」と「マリオ」やってるくらいですね。据え置きが動いてません。特にPS2はドラクエ5の制限プレイ以来ぱったりと。まあ今後いくつか予定はあるわけですが。
 いまだに「FFTA2」が気になってます。でもこれに手を出すと「2008」が疎かになるし……。まあ経済的で良いのかもしれないなー。今月は他に買う物もあるし。

 ここ最近いまいち背中の調子が良くありません。地味~に痛みが続いてます。でも今日は平気っぽいような感じです。病院行っても異常なしだったし、こういうのは処置に困りますね。たいした痛さじゃないんで我慢してますが……。

 人間誰しもついつい知らず知らずのうちに気を抜いてるってことがあるはずなんです。今朝方バイクに乗ってたら追い越しかけて来た車とミラーで接触して一瞬カッとなってしまいましたが、こっちも後方確認が甘かったかもしれません。すぐに頭を冷やしました。こっちも前のトロい原付に追い越しをかけるところだったし、もう少し注意すべきでした。
 まあ、こんな風に気を抜いてしまってることってのはあるはずで、ケアレスミスってのは大抵こういう時にやります。私の場合四六時中完璧に気を抜かずやり遂げるなんてことが不可能なのをわかってるんで、そういったミスがあれば気をつけなきゃーと思うだけです。というか自分は完璧にやれると考えてしまうと、ミスを認められなくなってしまうので良く無いと思うのです。そういうのは自信ではなく過信……若い人にはなかなかわからないことかもしれませんね。物を教えるのも難しい。特にこういうことは。

今週の仮面ライダー電王

 第48話「ウラ腹な別れ…」
 やはり女性の脚本家だと心理描写が重視されるのでしょうか。今回のウラタロス退場編(といっても次回最終回。たぶん出て来るだろうけど)は、彼の描写のとても深い内容となっていました。ウラの詐欺師的性格を逆手にとって彼の真意がどの辺りにあるのかを最後まであやふやにしてのけたのは見事だったろうと思います。
 ここで言っているのは良太郎たちを裏切っているのが本気なのかどうかってことではありません。そういう意味では「本気ではない」というしかないので。偶然とはいえいち早く爆弾を発見してしまい、自分一人でどうにかしなきゃいけなくなった。処理している間になにが起きるかもわからないし、とりあえず良太郎たちを外へ放り出し、その間に除去しておく(モールイマジンに炒飯喰わせてる間に除去してたと思われる)。除去が完了したのでパスを奪いに行くと見せかけモールを全部引き連れ、その隙を突かせデンライナー奪還。うーん、見事なシナリオ。さすが知将ウラタロス。
 冒頭の消滅を間近にして心理的ダメージを受けているというのは「消えそうだからダメージを受けている」というミスリードですね。本当は「土壇場で泣いちゃいそうだから、それを人目にさらすのが嫌だった」というもの。キンちゃん同様ウラも消える事自体の覚悟は出来ていた。だからモールイマジンの横槍を「感謝してる」と言ったのは結構本心からだったりすると思います。
 ただ、ウラはどうしてなのか、イマジンを倒すと暴走させてしまうという特技の持ち主。今回もなんか全員倒したのにわらわらと(苦笑)。あれ、最初から一杯いたとは思えないんですよね。たぶんカイは大量のイマジンを憑かせて一体あたりのパワーが落ちているため、いつものようなギガンデス暴走には至らなかったのかな、と。
 そして大方の予想通り、真の分岐点は愛理+赤ちゃんでした。赤ちゃんを隠すために良太郎の記憶を封印した。それによって赤ちゃんを守る。なんとも壮絶な桜井&愛理夫妻の恐るべきプランです。産まれて来る子供は特異点。特異点の子供に未来を与えるために全てを画策した。この子供こそハナであるというもっぱらの噂……来週明らかになるのでしょうか。白鳥百合子はとうとう復帰しないままかー。
 しかしウラタロスの最後はかっこよかった。かっこよすぎ。見終わった後しばらく身体の震えが止まりませんでした。解除した爆弾のスイッチを押す会心の釣り。あの押し方(笑)。先週のキンちゃん同様、ウラ自らベルトを巻いてロッドフォームへ変身! 来週はライナーフォームの登場らしいんで、これが最終最後の電王のライダーキックになりましたね。
 次回はついに最終回「クライマックスは続くよどこまでも」。すごいサブタイだ(笑)。リュウタロス脱落、ゼロノス全カード消費、それなのにデネブのベガフォーム超久々の登場(桜井と合体?)、でもって第五のイマジンジークの再登場と盛りだくさんな内容になる予定。最後はやっぱり結婚式ないし赤ちゃん登場かな。祝福にジークはおあつらえむきだし、やっぱその辺か。そうそう、今回OPからキンちゃんがばっさり切られてましたね。最後のダンスもキンちゃん消えてデネブ出ずっぱりでした。妙なところで芸が細かい。
 あー、そういえばどうして実体化してたんでしょうね。なにか理由がありそう。

 今週のカクシターズ。
 兄さん、かませにも程があります。メレさん、死亡フラグが怖いす。

 今週のハヤテ。
 雪路メイン回。なんだかんだでいくつかメインとなるエピソードもあって目立ってる雪路です。実はヒナギクにメインのエピソードが無かったりする……。ヒナギクはこのままだとハヤテたちと仲は良いけどクラスも別々なただの友人程度で終わりそう。クラウスですらメイン回があるのに、酷い扱いですよ。

暖冬駄文

 昨日、いつものように昼間に寝ていたわけですが、なんと暑くて目が覚めてしまいました。ちょっと調べてみたら最高気温が19度まで上がってたそうです。そりゃ冬仕様で寝てたら汗もかいて当然ですね。バイク乗る時グローブつけなくてもそれなりに平気なんだからすごい。なんでも22世紀になる頃には地球全体の気温が4度ちょい上昇する試算が出てるとか。残り80年まだまだ長いんで計算だけで出した結果そのままになるとは思ってませんし、第一そこまで生きていられませんから微妙ですが、個人的にはあまり悲観してなかったり。でも冬はきちんと寒い方が良いはずですね。日曜には11度まで下がる……でもまだ暖かい方かなー。
 そういえば初夢を見てます。本来二日の夜に見るのが初夢。でも今年初めて見た夢を初夢と言ってしまっても間違いではありますまい。内容は最近ご無沙汰しているWWEのフナキが大暴れするという意味不明なもの……。フナキにしてはマッチョすぎたからジェリコだったのかも。

 今度はちゃんと「ガンダム00」見ました。念のために予約録画しつつ、リアルタイムで。なにも冒頭のスメラギ&留美のW巨乳水着の競演を見たかったからではない(苦笑)。嵐の前のプロローグといった感じで内容的にこれといって特筆することはありません。やっぱアレルヤ好きだなーと再確認したくらいとか。
 しかし「00」は先が見えませんね。普通のアニメなら今後の展開とキャラの動向とかの予測がある程度出来るんですが、そういった物が見えにくい。一応各キャラに前振りがあっても、それらが絡み合う事でどう機能し、どういった終着点、途中経過を辿るのかがさっぱりわからない。たぶんガンダムがめちゃめちゃ強い割にはヒロイックな幻想があまり産まれてないからでしょう。「はいはいガンダムつえー、刹那えらい」で進まないだろうな、ということだけは伝わって来る……。

 「みなみけ」のDVD、レンタルは25日発売だそうです。どうりで無いわけだ(苦笑)。レンタルを使い始めたのが最近なんで、セルとレンタルで発売時期がずれこむタイトルもあることを知りませんでした。ちなみに返却ついでに今日行ってみたら、セル版21日発売の「仮面ライダー電王劇場版・俺、誕生!」が並んでたり。ずれるにしてもどっちが早いかもタイトルによって違うようで、セオリーとか無いみたいです。
 ちなみにその直前に「俺、誕生!」をamazonで注文しました。コレクターズパックで特典映像も目当てなんで、レンタルのはとりあえずスルーでいいです。

白い参謀との別れ

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 タッグ戦のレコードを更新中です。タッグ戦だけで200戦しないと最後の原作タッグキャラ「闇遊戯&海馬」が出現しません。で、タッグキャラ総登場をフラグとして二種類の服が出現する仕様になっています。当面負けても試合数さえこなせばいいのですが、別の服がタッグで20ペアに5勝という……勝つに越したことはないのです。
 ところがこれまでタッグパートナーを務めていた明日香がタッグトーナメント攻略中に突然デッキを変えてしまいました。そんなの聞いてません。ちゃんとシナジーを考えてデッキ構築してるのにそんなことされちゃたまらんです。
 明日香はアニメでもやや迷走したキャラで、開始当初はサイバー・ブレイダーという融合モンスターを使った融合デッキでした。このサイバー・ブレイダーは数ある遊戯王OCGのカードの中でも一際異彩を放つキワモノカードでして、相手フィールドに存在するモンスターの数で効果が変化します。一体だと戦闘で破壊されず、二体だと攻撃力倍増、三体だと相手の魔法&罠&モンスター効果オールシャットアウト。4体以上は効果消滅。もちろん三体の時の効果が最強です。なので相手フィールドまでコントロールするプレイングが必要になります。あるコンボによって遊戯王でも最強最悪クラスの堅牢さを誇るロックを実現する実戦的な力を持つデッキではありますが、こういうコンボデッキはCPUには使いこなせませんし、第一タッグに向いてません。こういう変更は困る……。
 なのでタッグパートナーをダウンロード十代に変更しました。現環境で大爆発中の「E-HEROダークガイア」を投入したワンターンキルデッキです。これはなんというか、酷い。攻撃力4000オーバーのモンスターがサクっと出て来て壁モンスターを強制的に攻撃表示に変更してザックリです。攻撃が2回通ったらほとんど勝ち。このバランスブレイカーぶりを考えると専用融合カードのダーク・コーリングあたりが制限カードになりそうです。
 おかげでタッグ戦も不安定ながら勝ってます。パートナーがCPUじゃなきゃもうちょい安定するのですが。ちなみにアニメの明日香は融合路線だと主人公の十代と被るため儀式モンスター使いになりました。ところがそれ系のモンスターは一切カード化されていないという……コナミの考えることはよくわかりません。

 ゲームとしてはプレイするモチベーションを失ってしまった「スーパーロボット大戦OGS」ですが、GBAの「OG2」をプレイしてその楽曲には惚れ込んでいました。いかんせんGBA音源なんで再現性に限界があり、いつか据え置きで出たらサントラを買おう……と思ってたのをすっかり忘れてたり。それを思い出したものの、とりあえず近所の店には置いてありませんでした。こりゃamazonかな。

今日の5の2

今日の5の2 (1) スペシャルEdit.今日の5の2 (1) スペシャルEdit.
(2006/03/24)
桑島法子、門脇舞 他

商品詳細を見る

 昨日あたりDVD「みなみけ」の発売日だったんで、レンタルに寄ってみたらありませんでした。というかやっぱ配列がカオスでこういう新規タイトルを探すのも一苦労です。たぶん無かったとは思うんですが、実はあったとか可能性はありそう。オタ向けの棚か、講談社アニメ系の棚かどちらか……だとは思うんですけどね。「もやしもん」はありました。
 で、「みなみけ」と同じ原作者の「今日の5の2」があったんで、こっちを借りてみました。「みなみけ」と違ってこっちは原作読んでません。クレジットを見るとアニメ化されたのはつい最近だったみたいですね。第二次性徴コメディという危険な触れ込みがやや気になるところ。
 全4巻の「一学期」を視聴。OVA扱いなのか、1枚30分の短い構成です。そのわりにはお値段高めなのではないでしょうか。この作品、一時期もてはやされた沙綾を擁するユニットが声を当てたバージョンも収録されていて、そのギャラの分高いのかなーと勘ぐってみたり。効果は抜群です。「あ、やっぱ声優って声のプロなんだ。凄いんだ」とハッキリ分からせてくれます。昔に比べて声優の質が落ちた……というような声も聞きますが、そういう意見には否定的です。声優はやっぱり凄い。リアルなガキよりガキな声が出せるってのはやはり。
 しかしこれは……なるほど、テーマは微妙な年齢の少女がほのかに漂わせるエロスなのね。ネタとしてはそこそこ面白い。でも私は特にロリコンの気があったりはしないんで、ふーんって感じです。やっぱ「みなみけ」の方を見たかったなー。というかコレをアニメ化するなら「妹は思春期」を見たかった。

100時間突破記念

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 むう。「遊戯王2008」のプレイ時間が100時間を突破しました。「ナイトメアトラバドール」「スピリットサモナー」「2007」もそれぞれ100時間突破しているので、このシリーズにどれだけ時間を奪われているかという……でもカード収集率はまだ85%です。神のカードやライオウもまだまだこれからだし、ここまで来てもまだ半分って感じでしょうか、自分的に。不思議と「だりー」とかあまり思ってなかったりします。デッキのバリエーションが豊かだからでしょうか。「NT」は最終的には開闢スタンになっちゃうからなー。
 ここ最近の流れは、どうせなら明日香とタッグを組みたい……でもシナジーのとれるカードが無いからパックを出さねば……そのために秩序の一般デュエリストから5勝を奪う……デミスをゲットしたものの、マンジュゴッドセンジュゴッドが足りてない……今度はトーナメントレベル2で5勝を奪わねば……なんとかデッキを完成させ、明日香とタッグを組んで漆黒の世界を蹂躙中。これで10時間くらい使ったかも。
 基本は高等儀式術でインセクトナイトを2匹墓地へ落とし、デミスを召還してフィールド全壊、デビルドーザーを特殊召還して巨大化を使いワンキル……という流れなのですが、デミスドーザーとしては微妙に不完全です。デビルドーザーを一枚しか刺していないため、なかなかコンボパーツが手札に揃わないのですね。それでもデミスと巨大化だけでなんとかしてます。
 漆黒の世界ではハーピータッグが強いですね。狩場からハーピー召還でこちらの魔法罠をガンガンぶっ壊してくるんでたまりません。その上ゴッドバードアタックも使ってモンスターもガスガス除去。デミスまでやられた時には涙目になりました。
 ともあれタッグ50戦をこなし浜口ももえ&枕田ジュンコペアを出現させ、やっとこさ王妃の服もゲット。この調子でタッグ路線を突き進む予定です。

 その合間になぜか今頃になって「NEWスーパーマリオブラザーズ」もプレイしています。理由は……「ゲームセンターCX」を見てアクションゲームを頑張ってクリアするのも悪く無いなーという感じで。今ワールド5をクリアしたところです。難易度的にはこれから本格化するところでしょうか。マリオアドバンス4(マリオ3)はこの辺でもうとっくに鬼難易度でしたが。それに比べれば随分ヌルいですね。誰でもクリア出来る難易度らしいんで、やはりクリアを目標に地味にやって行くつもりです。
 まあ、それでも毎ステージで5、6人はマリオ失ってるんですけどね(苦笑)。減った分はステージ1のデカマリオ疾走でさっくり5upさせて補充です。今回は無限レベルアップを使わなくてもサクサク増えるんで楽で良いです。

 子猫動画見ました。やばいなー。いつかネコ飼いたいな。やっぱ犬よりもネコだよねー。

妹は思春期 10

妹は思春期 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)妹は思春期 10 (10) (ヤングマガジンコミックス)
(2008/01/04)
氏家 卜全

商品詳細を見る

 今回で最終卷です。正直かーなーりー残念でたまりません。9巻でカラーイラストがCG塗りになってがっかりしてたら今回は手塗りに戻りました。やはりこの下手さが良いです。というか超今更ながら、これマーカーですよね。マーカーはマーカーでも筆に溶剤を溶いて塗る手法もあったりしますが(この方法だとマーカーでも色を調合出来る)、特にそういったことも無い様子。

【vol.239】
 これならしゃっくりくらい余裕で停められるな。実際やられたらたまらんけど。

【vol.240】
 マリア先生は日本語超うまい。もう帰国する必要無いんじゃねってくらい。でも帰国しちゃったなあ。

【vol.241】
 シンジがあれしきのことで鼻血を出すってことは、マナカの美少女レベルは相当に高いってことなんだろうけど、ぶっちゃけ無駄な高さかと。

【vol.242】
 このネコ、人語を解するのか……。

【vol.243】
 この先生、マジで学校で……。そういえば金城最終回に出てなかったね。

【vol.244】
 女優さん嫌がってないか?

【vol.245】
 個人的には普段の妹で充分です。ほんと、最後まで距離感のわからん兄妹だったなあ。

【vol.246】
 「おいしそう」ってどういうことよ。いや、本気で。

【vol.247】
 シンジは風紀委員だったのでは……。ケイの名字も最後までわからないままでしたね。

【vol.248】
 カナミとエーコの従姉妹コンビは最後までしっかりした差別化出来ないままに終わってしまった。メンタリティなんか同一人物に近い。

【vol.249】
 カナミはスペックだけなら鬼高いのになあ……。それら全てを台無しにしてしまうくらいアレ。

【vol.250】
 これはCG塗り。

【vol.251】
 日本のオタク文化にダイレクトに触れたいがために日本語を学ぶ外国人もわりといるという話。この先生は完璧にソレですね。日本じゃ当たり前のようでも声優ってのは日本固有といっていい分野だったり。考えてみれば妙な国ではあるかもしれない。

【vol.252】
 じゃあいったい誰のなのよ。

【vol.253】
 知らんうちに裸になってたなんて経験は無いなあ。

【vol.254】
 これはショーコを殴ったという解釈でいいのかな?

【vol.255】
 こいつらってシンジに対する警戒心とかゼロだよなあ。どういう風に思ってんだろ。

【vol.256】
 ああそうか、シンジってツッコミだったっけ。

【vol.257】
 妙なノリ突っ込み(笑)。アキはなんだかんだで付き合いの良い子。

【vol.258】
 あー、そりゃ普通食べ切るよね。盲点だった。

【vol.259】
 シュールなネコだな。

【vol.260】
 なんとなくミホはカナミの先輩ってイメージがあったけど同輩だったのか。

【vol.261】
 ああ! 一本目が兄妹ネタじゃない!……でもこの巻にはいくつかそういう回もある。どうやら作者的にも煮詰まってた雰囲気だな。

【vol.262】
 体育祭でハードル走なんてあったかな。

【vol.263】
 カナミの実兄なんだからシンジもスペックが高いってことか。マナカ、アキ、チカ、マホ、ミホ、今岡の中から選ぶとしたらマホでいいんじゃないかとは思ったり。次の休みにはマホもついて来ちゃうんだろうか。読んでみたかったなー。

【vol.264】
 ニコニコ動画で子猫の動画を探そうと思った。

【vol.265】
 同類でも妹の方が一枚上手のようで。

【vol.266】
 子猫って父親になついたりするのかね?

【vol.267】
 Tバックではみ出てるも糞もないだろ。

【vol.268】
 彼氏は女子校の教師なんじゃなかったのか。

【最終回】
 これはまたひでえ最終回だ(笑)。濱中でも最後はこれ系のネタだったっけ。「生徒会役員ども」でも同じパターンで行くつもりだろうか。でも月刊だから次の氏家単行本はいつになることやら。息切れな感じがするからしばらくは週刊復帰とか無さそう。

【ひまわり組も最終回】
 これまたひどい最終回。

 中とじを見るにつけ、やたらと男キャラの少ない漫画だったなあと再確認……顔を出している三人を除くと中学生組のクラスメイトの伊藤君くらいしかいないかも。いや坪井先生出ないまま終わったか(苦笑)。忘れたな作者。

補給物資駄文

 実家から補給物資が届きました。「餅はあるだけ食べてしまうから無しの方向で」と念を押しておいたにも関わらず、入ってたりしてなかなかカオス。ま、たいした量ではありませんでしたが。メインは米10キロです。この間5キロ買って来たばかりなんで、とりあえず食べないといけません。放置しておくと去年のようにゾウムシ発生みたいなことになってしまいますから、その前になんとか。母上様は

「米はペットボトルに詰めて冷蔵庫で保管すると良い」

なんてことをおっしゃってます。たしかにそうすればゾウムシが湧いたりはしないでしょう。でもなあ、ペットボトルに入る米の量なんてたかが知れてるでしょう。2リットルのものを使っても2キロは入らないんじゃないかな。なんにしろここしばらく外で食べていた食事を自宅中心にせねば……。
 さて、一緒に新品の財布も入ってました。確かに財布を送ってくれるという話はありました。確か一昨年の九月のことですね。叔母の持っていた財布がカード類をたくさん入れることが出来てナイスだったんで、同じ物が欲しいなあと言ったら、大阪から実家へ送り、その後こっちへ……という話だったと思います。うん、でもですね、明らかにその時の財布とは別物です。というかカードを入れるスリット自体がまったくありません。お母様、昨今のカード時代にこの財布は使えませんです……。
 仕方ないのでこの間の靴の店で財布も買って来ました。スリットのいっぱい入ったヤツです。日常的に使うカードも少なく無いですから、やっぱこういうのが必要なんですよね。ちなみにノンブランドでかなりの安物です。財布はアレですね。福がどうとかそういう関係で安いのを毎年年初に買い替えるのが良いかもしれません。

今週の仮面ライダー電王

 第47話「俺の最期にお前が泣いた」
 今年の電王放送一発目です。といっても今回含めてももう3回しかありません。平成ライダー7代目ももうすぐ終わりです。ちなみにプリキュアとかの女子枠、ゲキレンジャーやってる戦隊枠と微妙に最終回ー新番組のタイミングが異なるのはたまたまではなく制作側の配慮らしいです。その中でまっさきに切り替わるのがライダーなんですね。
 わりと暢気な正月風景からスタート。最終回シリーズも泣き有り笑い有りという話だったんで、こうした始まりかたになるんだろうなとは思ってました。しかし年をまたがないとはいってもラストシリーズが3回しかないのは寂しいような、電王の場合これまでの積み重ねが上手く行ってるからこれでもいいのかもしれませんが。
 良太郎はちょっと無警戒に過ぎたのでは。キンちゃんの誘導はわりとあからさまで、契約を狙ってるのが見え見えだったような。良太郎にしてみればまさか今更そんなことをするとは思わなかったってことでしょうか。ただイマジン側はウラが「未来が決定されつつある」と認識していて、身体も消えかけていることから、それぞれなんらかアクションを起こさなければならないとは感じていたはず。未来が決定されると一番困るのはカイなので、何か無茶なことをしでかす……と考えると、キンちゃんが実体を欲するのも分かります。次回ウラはキンちゃんとは別の路線でカイへ対抗するつもりなのでしょう。
 想像するに、カイがあれだけイマジンを憑かせてるのはかなり無理のあることだと思うんですよね。許容限界量目一杯って感じで、本来なら契約者が死ななきゃ消えないような状態……多少の怪我でも一部のイマジンは消えてしまうのでは? ウラはそれを狙ってるのかなとか思ってます。裏切るのは想定の範囲内。
 実のところ良太郎に拾われたという点ではウラもキンちゃんと同じなんですよね。チケット共有を宣言してもらったからデンライナーから下ろされずに済んでいたわけで。ウラの砂の世界で待ちぼうけ説は誇張はあっても事実という噂もありますし。
 それにしてもモールイマジンは前出た時は強かったのに、今回はそうでもないらしい。これはやっぱ数に頼ったのが影響してるんじゃないかと思います。モールが抜擢されたのはもともと3体着ぐるみがあって撮影しやすかったからかな? 「龍騎」の時のシアゴースト大量発生の合成はけして上手く行ってるとは言えなかった(苦笑)。でもなんか映画版のコブライマジンとかも混じってましたね。
 というかキンちゃん強過ぎ。最後の最後で鬼強かった。良太郎を介さず自らアックスフォームに変身して(良太郎以外の人物が電王に変身したのはこれが初)ローリングダイナミックチョップ! でもキンちゃんが変身したままじゃベルトもパスも無いし良太郎帰るに帰れないじゃん、と思ってたらデンライナーに投げてしまいました。まさかまだあれだけいるとは。キンちゃんは実体が無いというか、良太郎に憑依していた状態だからこそチケット共有出来ていたわけで、実体を持ったらその資格を失う。オーナーはその辺シビアでしょうね、きっと。
 ただキンちゃんは過去に残っただけで死んで無いんですよね。時を経て現代に姿を見せる可能性はかなり高いと見ていいでしょう。一応ジークもいるんだし、なんとかなるのでは。
 ラストシーン、カイが愛理を襲撃してました。背中に手を突っ込んで何かを取り出しかけたところで続く。おそらく次回で「なぜ良太郎は八月に届くよう時計を準備していたのか。なぜ良太郎の中の結婚式の時期の記憶が欠けているのか」という最後に残された謎が解けるんだと思います。有力な説はやっぱりアレかー。アレなんだろうな。
 来週ウラたんは現代へ戻る前に良太郎たちを途中下車させるらしいですね。詐欺師ならではの知略、存分に見てみたいところです。

 今週のスクラッチ
 時々ゲキレンジャーと仮面ライダー剣を傾向の似た作品と指摘されることがありますが、満遍なく駄目だった剣に比べればゲキの後半はまともに面白いと思うんです。やっぱ過激気習得したあたりからでしょうか。一般人がほとんど出て来ないため激vs臨の戦いの激しさ(ウザさ)がいまいち判然としないってところ以外は普通に面白い。まあ、見解の相違ですかね。

 今週の三千院家
 原作の初日の出とサクの胸当ての、原作では発表時期のまるで異なる二話を同時収録。まあ原作はクリスマスから始まった物語が単行本でようやく進級するって感じの進行なんでたいして問題無いのかもしれません。一方、伊澄の出番が最近全然無いような(苦笑)。神父さんがアニメでは未登場ってこともあって、アニメでやれる伊澄のオンリーエピソードがほとんど無かったりするせいでしょうか。
 オープニングが微妙に変わりました。姫神が仮面とって素顔を晒してました……が原作の姫神とは別人らしいからどうでもいいですか。それよりも西沢さんとヒナギクのツーショットがあったことの方が重要かも。現状アニメでは接点の無い二人の距離が今後縮まってくるのでしょうか。アニメではヒナギクのハヤテへの好意がほとんど描かれずカットされてるんで、どうなるか読めないのです。

 カレーを作りました。肉に手羽先を使ってみたら骨から出るゼラチン質が作用してやや微妙なトロみになってしまいました。ま、食べればなんの問題もない普通のカレーです。

終焉と破滅

遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008遊戯王デュエルモンスターズ ワールドチャンピオンシップ 2008
(2007/11/29)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 このゲームは道程が長く、でもって最終的にカードコンプという目標はあってもそこまでの経過にはかなりの選択肢があります。そもそもカードゲーなので、どんなデッキで挑むかということになれば無限の選択が可能ではあるのですが。なんせ2004枚だし。最高でも80+30枚しか使えないし。
 そこで今後の方針を決める必要に迫られたりしてました。石碑解放でティラノ剣山が出現していたんで、こいつをタッグを組んで恐竜使って暴れ回るか、明日香と儀式魔法でタッグを組んでカットイン含めた彼女の魅力を堪能するか……長い戦いになるなら欲望に忠実になるのも悪く無いということで(苦笑)。
 で、後者を選択しました。ただしその時点で明日香と上手くシナジーの取れそうなデッキを構築出来ない状況だったんで、パックを出すために秩序の世界のデュエリストから軒並み5勝を奪い、やっとのことでエンドオブワールドをゲット。明日香自身はディスク獲得の際に10勝してタッグパートナー候補になってますから、ようやく目的に向かって動けることになりました。
 どのみちやらなきゃいけないタッグ戦です。単に勝ちたいだけなら十代でダークガイアを擁するものが良いんだとか……でも十代をパートナー候補にするのはこれまた大変なのです。混沌の世界でカオス・ネオスの石碑を解放しないといけません。そのためのカードが足りないし、カオス・ネオスは戦力としてはいまいちな難しいカードだし。ま、石碑解放もいずれやらないといけないんですけどね。
 ともあれ、タッグ戦を消化する事でやっとのことで新しい服が手に入ります。ぶっちゃけマゾ仕様といってもキャラコーディネート関連の出現条件厳し過ぎ。DP使って購入する仕様にして、一部だけ条件付きって程度で良かっただろうに……。その上配信限定とかあるから困ります。
 とにかく今後しばらくデミス&ルインで暴れ回る予定。

 うーん、前にも同じ事書いたかもしれませんが、やっぱり自分で自分の書いたSS読むと面白いんですよね(笑)。自分としては癖の無い文章を目指したつもりなのに、はっきりとした癖があって、それが自分にマッチしてるもんだから面白い。そうだなー、DSのダンジョンRPGのアレをプレイしたら久し振りにサクラをネタに何か書いてみようかな。

靴とDSハヤテ第二弾駄文

 年末に靴を買ったんです。私は履き潰すまで履き続けるのが常なので、靴を買ったということは前の靴がもう駄目だということです。で、最近多用してる24時間営業の量販店へ行きました。ここは本当にいろんな物が売っていて、カップラーメンや玩具、ブラジャーからチャミ様まで揃っています。もちろん靴もあります。
 独自のルートを持っているのか、この店は安い。安いのが最大の取り柄で、安かろう悪かろうを地で行っています。そこでちょっと信じ難いほど安い靴を見つけてしまいました。脳でそれを靴の値段と理解するのに多少の時間を擁するほどの安さです。思わず買ってしまいました。
 が、やはり靴は多少なりまともなものを買うべきだと悟る事になります。この靴、なんと左右で靴底の厚さが違うのです(爆笑)。左の方がはっきりと厚い。私は去年バイクでコケてから左足首の調子が良く無いのですが、この靴はそこへのダメージが大きく、使い物になりませんでした。なんせ漫画一冊分程度の値段だもんなあ。駄目で当然。
 そこで改めて同じ店でまともな物を買いました。私が粗悪な靴に飛びついたのは、そもそも靴を買うのが苦手だからです。私のサイズは24.5で一見平凡に感じられますが、実は24.5の靴ではまずもって靴の横幅が足らない。うっかり前後がピッタリだからといって24.5を買ってしまうと、必ず足の小指を痛めてしまいます。だからもっとサイズの大きいものを買わなければなりません。
 今回はなんと26です。同じ商品の25.5の物でもまだ横幅が足りず、初めて26を履くことになってしまいました。26でもちょっと微妙なくらいです。「それじゃあ前後が余りまくって靴擦れとか起こすんじゃね?」と思われるかもしれません。でもそういうことは無かったりします。足が前後にズレるのは長さよりも幅が合ってないからなので、幅さえ合っていれば1.5センチ大きくてもまったく問題ありません。
 この靴だって値段で言えば安い方です。でも先に買った粗悪品の4倍くらいですかね。どれだけ安いんだ(笑)。

 3月に発売予定の「ハヤテのごとく!」DSゲーム第二弾のPVをちらっと見ました。第一弾の時はまだ作品に触れる前だったんでスルーしてましたが、今回は……ちょっとやばい。買ってしまうかも。
 どうしてこの作品で育てゲーになってしまうのかだとか、お屋敷編学園編に分けての発売ってのは阿漕に過ぎないかとか、そもそもハヤテの姿がまったく見えないのはどうなのかとか、お嬢様コンテストに出るための育成なのは雪路はともかくワタルまでいるのはなんなのかとか、突っ込みどころが山盛りです。でも妙なパンチ力を感じます。
 とはいえ両方買う程愚かではないので、買うとしたらサク、伊澄、ワタルのいるお屋敷編でしょうかね。学園編はハム、泉、雪路だそうな。ナギ、マリア、ヒナギクは共通。しかし漫画でもアニメでもやってないワタルの女装をゲームでやってしまうのか……。
 前作も中古あたりで買ってみようかなと思ってたりして。しかし「ハヤテ」のゲーム関連を担当するのがコナミなんだから世の中は面白いなあ。

寒い時代や

 寒いですね。部屋の中にいても寒さを感じることがあるくらいです。光熱費を考えてあまり暖房を強くしないようにしているんで、まだまだ当分はこんな感じなのでしょう。でもまあ、夏はちゃんと暑く冬は寒いのがいろいろと良いのです。冷夏暖冬はどちらも良くありません。
 で、私は寝る時に電気ストーブのコンセントを抜いてチャミ様用の小型暖房器具につけかえることが習慣になっています。それを今朝は忘れてしまいました。いや、実際にはつけかえるところまではやっていたのに、コンセントが半分しか刺さってなかったという(泣)。まずいんですよこういうのは。ハムスターは寒くなると冬眠状態になるんですが、一旦冬眠してしまうと急激に体力を消耗してしまうのです。命に関わる事態なのです。幸いにして元気でいてくれたから良かったものの、今後はちゃんと気をつけなきゃですよ。一歳ちょいでチャミ様も中年気味な年頃ですしね。
 それにしても寒いなあ。朝方バイクで走るのは辛い。

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック

劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック劇場版 仮面ライダー電王 俺、誕生! コレクターズパック
(2008/01/21)
白鳥百合子、佐藤健 他

商品詳細を見る

 日曜に電王のレビューが無かったのは単純に放送が無かったからです。そのかわりなのか、くれよんしんちゃんの「電王vsしんおう」再放送と、電王&キバ(今年の新ライダー)+しんちゃんの特別映像が流れました。うーん、改めて見ても「しんおう」のクオリティの異常な高さに驚かされます。ついでに白鳥百合子が出てる事にも驚いてみたり。……もう間に合わない……最終回に顔見せ程度に出て来たりするのかな。
 で、今月電王の劇場版「俺、誕生!」のDVDが発売されます。電王はかなり面白いしDVDを集めるのも悪く無いんですが、さすがに揃えると場所を取ってしまいます。なので劇場版だけで我慢です。
 この劇場版も「カブト」から「通常の劇場版+当店映像てんこもり」と「ディレクターズカット」と分けて発売されるようになりました。いや、もともと分けて発売されてはいたのですが、それまではDC版にも収録されていた特典映像が通常版オンリーの仕様になったのです。これは微妙ですよね。電王くらいキャラ人気の高い作品になるとどうしても特典映像が見たくなる。でも作品的にはDC版の方が……という。
 とりあえず今回は通常版を買う予定にしています。映画、本当に面白かったしね。DC版まで手を出すかどうかは評判次第かなあ。追加シーンは余計だよって作品も過去にはあったようなので、時間を置いても良いでしょう。どうせDC版は夏頃の発売でラグがありますから。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。