宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルクス・ペイン 2

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付き
(2008/03/27)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 最近あまりギャルゲーをプレイしなくなりました。まあもともとKID信者であるのとDC末期の乱発と重なったから多くプレイする時期があったというだけのことだったんですが、やはりプレイしていてだるい。極めてだるいのです。これだけだるさと隣り合わせのプレイを強いられるジャンルは他に無いでしょう。これはギャルゲーがシナリオを重視したノベルとしての性格を強めれば強める程逆にはっきりしてくる弱点であると言えます。「あんなのゲームじゃない」という意見に一部真理が含まれる事を認めなければなりません。
 じゃあ何がだるいのか。フルボイスによるテンポの悪さももちろんですが、ギャルゲーには基本的にゲームオーバーが無い。これが大きい。だから漫然としたプレイが許されてしまう。神経を集中する必要がない。シナリオに引き込まれなければ先へ進むモチベーションが保てない。現状のギャルゲー、エロゲーは新規ヒロインのプロモーションの一貫なので、出来るだけストレスが無いように作られている。その分プレイヤーは余計な要素に対してうるさくなってくる。これならもうプレイの最初に攻略したいヒロインを指定して後は勝手に選択肢も選んで進んでくれるだけでいいじゃないすかね。というかオールクリアを前提にそういう機能を入れてもいいなと考えた時期もあります。私が知る限りこれを実行したのはサターンの「だいなあいらん」だけです。
 ギャルゲーだってゲームなんだ!と主張する場合、どう考えたってヒロインの魅力だけで話を引っ張るのは無理があるんだから、プレイヤーをシナリオに引き込ませたいなら他の要素を組み込む必要があります。「ルクス・ペイン」の主人公は人の心や残留思念を読む能力があり、そこに集団自殺事件や連続殺人事件などのサスペンスカラーを加えてちょっとずつ明らかになる謎で話を引っ張る事に成功しています。「逆転裁判」のはっきりとパートをわけたメリハリもそのための工夫の一種と考えられますね。
 この間のボイス論関連のネタもとになったのとは別のサイトのコラムに「ギャルゲーの多くが採用しているマルチエンディングという要素に疑問を感じる」というものがありました。これには真っ向から反対します。昔考察した通り、私はギャルゲーを単一の道筋しか辿れない漫画やノベルではなし得ないIFの再現にあると思っているので、マルチエンディングを拒否してしまったら意味が分からない。それなら本当に漫画読んでりゃ済む話ですから。
 とはいえ、用意されているのが各ヒロインとラブラブになるエンディングだけってのはいかにも芸が無い(バッドエンドもあるけどさ)。IFを可能性の提示と考えるなら、ギャルゲーでプレイヤーが訴えかけられる唯一の方法、選択という行為にもっと重みを与えなければならない。私が以前に考えたのはヒロインがひとりしかいないギャルゲー。プレイヤーの選択によってその後の話の流れがまるきり変わってしまう内容です。ギャグに終始するものもあれば、世界観をひっくり返してしまうようなシリアスなものも描き、複層的なものに出来れば……でも実現は難しい。ギャルゲーは「複数のヒロインの提示」そのものが商品価値だから、数を減らせばその分需要を減らしてしまうことになる。極端なことを言えばDSで発売されたばかりの「くまたんち」なんかは実は私の考えていることと方向性では一致していると言えます。なにか出来そうな気はするのです。
 そうした物が世に出て来るとしても、発売するのはゲーム屋さんのタイプ、メジャーなメーカーになるでしょうね。ゲームとしてのAVGに新しい試みを加えようとするのはやはりゲーム屋さんnのはず。任天堂が挑戦してみるのも案外面白いとは思うんですが、ここはやらないでしょうね。セガか。セガなのか。
スポンサーサイト

ルクス・ペイン 1

ルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付きルクス・ペイン 特典 サウンドトラック「LUX-SOUND」&イラスト+設定資料集「LUX-PAINT」付き
(2008/03/27)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 PCゲームのジャンルでわずかな期間ではありますが、AVGが隆盛を誇ったことがありました。その頃のAVGは開祖にミステリーハウスというトラップアドベンチャー系の作品をいただいていたため、その系譜を汲んだものが多かった物の、ストーリー性の強い「ジーザス」などのタイトルも生まれました。映画を撮ることに比べれば制限はあっても安価で制作出来ることも魅力だったのでしょう。そういえば当時から既にエロゲーというジャンルは存在していました。MSXにもあったくらいだからなー(苦笑)。
 しかしそのジャンルが時を経てほぼギャルゲー、エロゲーしか無くなってしまうことになるとは誰も思わなかったことでしょう。はて、何故なのでしょう? 確かにそういったジャンルと相性の良い系統ではあるのでしょうが、融合が進み過ぎてしまったことが「AVG=ギャル」との無駄な印象を深めてしまったのかもしれません。
 とはいえ、ゲームとしてのAVGの可能性に触れたコンシューマの名作も一部に存在します。今でもサターンの「慟哭~そして~」の印象は鮮烈です。「火焔聖母」だって問題はあっても結構好きな……どっちも同じ絵師だ(苦笑)。トラップアドベンチャーに端を発したことから、このジャンルは本来パズル要素と相性が良いはず。どこかまた作ってくれないものでしょうか。
 「慟哭」にも「火焔聖母」にも独特の雰囲気がありました。伝記サスペンスのカラーです。「ルクス・ペイン」はその系譜の延長にある読むだけでなく遊ばせるためのAVGです。斬新なようでいて懐くもあるこの感覚がなぜか心地良い。自分の足で情報を集め、謎を紐解いて行く……こういうタイプはあるいは「バイオハザード」あたりの台頭によって表現の手法が変わってしまったのかもしれませんね。
 DSは今あらゆるジャンルのゲームが揃いつつ有ります。AVGもそのひとつです。「ルクス・ペイン」はその中でも好評だった作品なので今後の展開を期待して良さそうです。雰囲気も良いし。「読むだけ」の中にタッチペンによるアクセントが入るのも緊張感があって悪くありません。ボイス関連はともかく、ゲームとしてのAVGにはまだ可能性がある気はするのです。ゲームに消滅して良いジャンルなど無い、ということかもしれません。

サイレントボイス

 最近現役のゲーム開発者のブログを覗いてたりします。名前は非公開だしどこに勤めているかもわからないし、何を作ったのかもわかりません(Xbox360のロンチ気味なタイトルに関与しているとは書いてる)。ただ、現役というだけあって書いてることには説得力があります。で、この人が同人作品としてギャルゲーを作ったらしいのです。そこで最近言及したのが「エロゲ、ギャルゲをフルボイス化するのって微妙じゃね?」という話。
 えー? フルボイスの方が良いに決まってるよ、と言いたい所ですが、冷静に考えてみるといわゆるメジャーなメーカーがストレートなギャルゲーを作ったという例はほとんどありません。例えば著名なところでいえば「ときメモ」だったり「サクラ大戦」だったりしますが、「サクラ」は重要なイベント以外だと結構ボイス無かったりです。特にフリーパートでボイスが無い。ゲームのテンポを重視すると、この辺のボイスは無い方が良いと考えられなくもありません。「逆転裁判」も頑なにボイスを拒否している印象があります。
 そう、要はテンポの問題なんです。確かにギャルゲーはリアルタイムなボタン入力の必要無いジャンルのせいか、とてもテンポが悪い。基本的にシナリオを読み進めるだけなのにRPGをプレイするのと同じくらいの時間を必要としてしまう。私の場合、台詞がボイスに合わせて出力されるってのが我慢出来なくて、いつも一括表示にしています。しかしこれはこれで文章としてはもう読んでしまっているのにボイスが追いついて来るまでテキストを進めないという微妙な間の悪さがついてまわります。これはもうぶっちゃけフルボイスにする限り解消のしようがないし、実際解消を考えているギャルゲーエロゲーメーカーも無いでしょう。そういう意味では進歩の無いジャンルです。セガなりコナミなりカプコンなりのメジャーメーカーは基本的にゲーム屋さんなので、著しくゲーム性の低いこの手のジャンルを本能的に嫌うのでしょう。
 ひとつ方法としてオプションでCGの付随するシナリオだけボイス再生して、他の汎用シーンはカットするモードを入れたらどうかなと思いました。が、これは多少手間ではあっても自前でなんとかなります。ならなんとかしてみようじゃないか。特にフルボイスで台詞を聞かなくても良いこだわりの無い作品をパパっとプレイしてみれば良い。いや、以前にやりましたね。テンポじゃなくて読み込みの都合ですが、DCの「ピチカートポルカ」で。一度ボイス無しでプレイして気に入ったシーンだけ後から声付きでリプレイするスタイルでも良いでしょう。
 DC末期のギャルゲーラッシュのおかげで候補となる積みソフトは結構あります。でも積極的にやってみたいタイトルがありません。「メモオフシックス」はちゃんとプレイしたいしなー。「SNOW」はやる気出ない。他だと「メタルウルフ」「水月」「After」あたり……どれもこれも……。じゃあアレか。「想い出にかわる君」か。これの封印を解く日が来たのかもしれません。
 実はDSのAVGをやってみるという手もあります。DS作品の場合容量の都合で最初からフルボイスで作ってない物が多かったりするので。この間買って来た「ルクスペイン」とか良さげです。なんにせよ何かプレイしてみるつもりです。

クイズマジックアカデミーDS 成績

クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)
(2008/09/12)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 このゲーム、通信対戦に参加している生徒のランキングを見る事が出来るようになっています。私もとりあえず九州地区のTOP100を目指して頑張っているのですが、さっぱり駄目です。ランキングを見ればポイントが出ていて、九州地区最下位あたりだと丁度3000ポイントくらい。でも困った事に通常のプレイ中に自分のポイントを確認することが出来ないのです。事実上目安になってない。それでも優勝回数と連続正解数は見られるので、そちらを目安に……でもこれがまたバラバラなんです。優勝回数が少なくてもランキング入りしてるし、逆に優勝回数はかなり多いのに上位に食い込んでなかったりもする。
 こうなったらとりあえずいっぱいやっていっぱい勝つしかありません。でも私のプレイ時間では一日に一勝出来るかどうかってところです。今日は予選一回戦で最下位敗退初体験(泣)。マジ悲しい。あと一問も正解出来ないとかね。
 ガンガンプレイ出来ないこともあって、ようやく大魔導師になったところです。一度アカデミーモードをクリアしないと使えないDS版での新キャラも見かけるようになってるんで、大賢者まで到達した人もいっぱいいるのでしょう。この状況じゃランク入りも難しいわけだ。下手すりゃ同じ人が複数のキャラでランクインしてたりするかもしれない。
 噂によると今手元にあるソフトはバグ絡みで回収されるかもしれないとか。二次出荷以降のソフトは修正済みになるそうです。現状二回戦で別の問題が配信されるバグを除けば致命的なものにぶち当たってはいませんけどね。

HG 1/144 ダブルオーガンダム

HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~HG 1/144 ダブルオーガンダム ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
(2008/09/24)
不明

商品詳細を見る

 他のサイトでの評価がどうであれ、私は断言出来ます。HG00ガンダムは現時点でのプラモデルのひとつの究極の形である、と。
 まず値段が安い。税抜き1000円というのは同じくシリーズ立ち上げキットとなった「エールストライクガンダム」「フォースインパルスガンダム」よりも安い。このふたつと違ってダブルオーには余計な背負い物が無く、付属してておかしくない装備品もカットされてはいます。が、後でバージョンアップした商品を出す気なんでしょうね。あと原油高でプラスチックを扱うプラモデル製品は影響をモロに受けているはずな事情も込みで考えると凄い。
 組立てやすい。近年MGで培ったフレームに外装を被せる技術がHGレベルに降りて来ています。どうしても避けられない合わせ目を目立たなくする効果があり、可動面でもプラスに働くのです。もともとアニメを見る気はあまりないのに買ったのは動くからです。特に股関節ブロックの可動は異常とも言える凄まじいもので、180度開脚とツイストを同時に実現しています。HGレベルで太腿ロールまであるのは「バスターガンダム」くらいです。というかSEED作品でバスターだけロール機構があるのはSEEDプラ七不思議のひとつ。
 色分けも充分。素人には塗りにくいクビ周りの黄色部分もちゃんと別パーツ化されてるし、各部位塗装も楽そうです。ABS部分は割れるのでそのまんまが良いとしても、自分なりに適当にカラーリングするのは面白そう。とりあえず赤くしてみたい。ハッキリと色が足らないのはアンテナですが、そのくらいは自前でどうにかすべき。
 一番凄いのはまだアニメ放送前ということでしょう。極端なことを言うと、このHGダブルオーガンダムはアニメに出るMSをプラモデル化したのではなく、プラモデルとして発売予定のデザインのMSをアニメにも出す、といった方が正しいかもしれません。正直言ってダブルオーのデザインは先代のエクシアよりもあまり良く無いと思ってます。特に妙に肉感的な脚部は微妙です(初代ガンダムの時から直線的なデザインに曲線の混じる脚部は批判されてたりした)。でもこれ「こういうデザインにすればプラモ化した時現状のノウハウで良く動く商品を作ることが出来る」ってのが前提としてありそうなのです。近年のロボットアニメ自体商品販促のためのプロモーションムービーの性格を持つのは常識です。その善し悪しに関しては今は関係無いのでどうこう言いません。ただ、プラモデルを売るためにアニメひとつ作り上げてしまうなどという企画力、商品開発力を併せ持つ会社がバンダイしかない。これは認めるしかありません。そこまでやるのがバンダイしか無い以上、プロダクションモデルの第一弾である本商品が究極の一形態であるのは間違いないでしょう。
 しかしこの股関節は素晴らしい。今後は安価なこのダブルオーからパーツを取ってSEED系HGに組み込むのが流行しそうな予感。私も一度やってみようかな。

燃費が悪い

 とりあえずDS「ワールドデストラクション」は見送りました。やはり現状でこの手のゲームは厳しい。でもヨドバシで半額になってた某AVG買って来ちゃってたりして……評判よかったんですよ、コレ。プレイしたらその時にはレビューします。今日の本命は予定通りHG「ダブルオーガンダム」です。後で作ります。
 なんか気のせいか最近バイクの燃費が急激に悪くなったような……。ついこのあいだ給油したばかりなのにもうランプがついてしまいました。これは走行距離を一度しっかり調べる必要が有りそうです。

いちにのSUNDAY

大合奏バンドブラザーズDX大合奏バンドブラザーズDX
(2008/06/26)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 ぽっかりと空いてしまった時間をどうするか。本でも読むか、携帯機で遊ぶか……を考えてみてとりあえず「バンブラDX」で曲を作ることにしました。作っているのは「ハヤテのごとく!」のキャラソンから愛沢咲夜の「Happy Lucky 7days」。同じギターフレーズを多用する曲だから楽に作れるのではないかという安易な考えからスタートしました。だいたいにしてこういうぬるい考えは覆されることになりがち。でも当面メロディパートと歌詞を入力した時点でコピーをとっておいて自由に作ろうとしてるんでオッケーです。原曲に忠実なバージョンは後で改めて作ります。
 で、メロディパートはもう完成してます。時間的には4分を切る短い曲なんですがテンポが早いため前奏後奏を一部カットしてギリギリ119小節。なんとか全ての歌詞を入れる事が出来そうです。この曲の場合コピペで使い回せる歌詞がまったく無いんで、ここからちょっと苦労しそう。でも歌詞を打ち込む作業はなかなか楽しかったりします。
 印象的なギターフレーズは適当に入れてから改めて原曲を聴いてみたら鳴らしているギターがまるで違うものでした。派手なギターサウンドって印象だったのに、低音重視の重いタイプ……まあいいや。原曲バージョンは後で後で。歌詞とは逆に演奏の方は使い回せるので完成は案外早いかもしれません。
 ダウンロードの方はまた凄い曲が来てる(笑)。ヨドバシの歌は博多バージョンが欲しいかな。

ドラマ「Q.E.D. 証明終了」

平成21年1月からスタートするNHKドラマで高橋愛(モーニング娘。)が主演する事が決定しました!

NHK 毎週木曜 総合:後8:00~8:43 BShi:後6:00~6:43
タイトル:ドラマ8「Q.E.D. 証明終了」
出演:高橋愛(モーニング娘。)、中村蒼、石黒賢 ほか
放送期間:平成21年1月8日~3月12日(予定)連続10回

元気で明るく健康だけが取り柄の女子高生・可奈(高橋愛)と、アメリカの大学を15歳で卒業した天才少年・燈馬(中村蒼)。凸凹コンビの二人が数々の難事件を論理的に事件を解決していきます。


 そうか、そうくるのか……漫画のドラマ化は最近では当たり前のようにたくさんあってこなれてきていそうなものなのに、原作ファンからの良い評判をあまり聞きません。中にはとんでもない駄作も混じることすらあります。でも今回はNHKですか。案外良いもの作ってくれそうな気も……どうでしょうか。ところで石黒賢は誰を演じるのかな。警部のイメージじゃないけど警部なんすかね。まさかロキではあるまい。あ、やべ、なんか楽しみにしてる自分がいる(笑)。問題は高橋愛の年齢かな。

ハッピーラッキーセブンデイズ

 思ったようにゲームの出来ない毎日が続いております。現状でゲームをプレイするには休日をそれだけで潰すか、平日においても他の何かを犠牲にするかしか無さそうです。でも睡眠時間削るのはイヤン。この調子だと「真女神3vsアバドン王」が届いてもろくにプレイ出来そうにありません。うう、辛いな。そういうことを考えるとDSでもRPG系に手を出すのは危険っぽい。なので気になってた「ワールドデストラくション」もかなり躊躇してます。「ファイヤーエムブレム」もやりたいのに。「スパロボZ」なんか買えるはずもない。
 そういう状況でも遊べるものとしてアクション系を考えています。やっぱDSで。「ファンタシースターゼロ」がすぐに出るならそれでいいんですが、まだ先だし、今ならコナミのドラキュラシリーズが良いのでしょうか。中古で安く何かあればそれでも良いです。
 一応「バンブラDX」で新曲に取りかかってはいます。が、これも毎日やれるわけではなく……「生徒会役員共」のSSも同じ状況です。もうひとり自分が欲しい。ゲームのエントリもしばらく書けてなくてイライラする。日朝キッズタイムも録画しただけで見てないし「遊戯王5Ds」も……。
 なんか前向きな話題が欲しいな。

トリプル駄文

 ほんと、今年は夏後半からこっち、ずっと天気が良く有りません。今日も結構酷い目にあいました。この調子で行くといろいろと予定が狂ってしまいそうです。困ったなあ。叔父のお見舞いに行くのすら一苦労です。この調子ならダムもさぞかし潤ってることだろう……と思ったら近所の貯水池はそこそこ干上がっています。どういうことなのでしょうか。

 この間買って来たハンディクリーナーはちゃんと充電しておけば使える事が判明しました。このくらい吸引力があれば充分です。少なくともパソコンまわりはかなりキレイになりました。あとはホコリ対策ですね。ダスキンとかどっかに安く売ってないかなー。玩具もかなりホコリかぶっちゃってます。

 私は基本的に目覚ましをかけません。出勤時間に対してかなり余裕を持っているからです。でも日曜だけは例外。昨日も無理矢理起こされて嫌な感じだっただけに、今日は存分に寝てしまいたいのですが、社会人は辛いな。

wiki、リックドム、マジアカなど

 時々適当にwikiを読みます。主に漫画のwikiです。これが結構面白くて延々読み続けてしまうのですね。昔の作品だと忘れてしまっていることも多いし、アニメ化されてる作品の場合いろいろと問題が起きていることも珍しく無くて読み物としても充分面白いです。「聖闘士聖矢」で原作者と声優陣が衝突した話は有名ですが、「きまぐれオレンジロード」でも原作者が「あれは無しで」なんてことがあったんですね。今回読んだのは「ケロロ軍曹」。単行本を売却し、アニメも見なくなって久しい作品ですが、久し振りに見てみたくなりました。DVD借りて来ようかな。

 「シャアドム&G3」セットのうちリックドムの方を作りました。これはかなり良いです。ビームバズーカのサイズに惚れ惚れとします。なんだかんだでガンダムタイプを作ることの多いジム好きな私ですが、ドムの重量感も素晴らしい。以前にドムトローペン作った時にも感じた説得力があります。これは他のMSにはなかなか無いものです。ヤクトやサザビーももちろん良いですけどね。

 寝付いて一時間ちょいで起こされるのが一番辛い……再度寝付くのに二時間くらいかかってしまったような気がします。いや、ほんと辛いなこれは。

 叔父の入院もあって忙しい中でちょこちょこマジアカやってます。予選一回戦敗退という惨敗を喰らいランク落ちの危機というところで(まだランク落ちしたことないからわからないけど、同じクラスで5戦してランクアップ出来なきゃ落ちるんだっけ)起死回生の優勝! 優勝するとゲット出来る魔法石の数が桁違いです。もうほんと、洋画邦画に限らず映画方面がさっぱりわからなくて大変です。スポーツでもそれほどメジャーとはいえない選手の経歴を問われる問題とか多くてこれも全然わかりません。結局アニゲー部門で強い私。決勝での問題選択は必ずアニゲー四択にしてます。正解率も60%を割る勢い。でも勝つ時は勝つ。この辺のバランスが心地良いかも。通信対戦んでひとりだけ正解を出すととても良い気分になれます。というかこのゲーム、通信じゃないと全然面白く無いかも。


 これは無いなあ。
 特亜のえらい人の考える事はわからんですよなー。

THE☆大人買い

 買い物を済ませた後ゆっくり温泉に浸かっている時にふと気づきました。今日は鍋を食べる予定。肉も白菜も買ってある……のに、鍋汁が無い。自分で汁なんか調合出来ませんからストレートのものを買う必要があるのです。なのに肝心要の汁を買うのを忘れていました。ショック! 具だけあっても食べられない。
 仕方無くブルーな気分で湯上がりto買い物です。ストレート汁を後日使う分含めて2つゲットし、いつも通りノンカロリーコーラを買い物カゴへ入れた瞬間、電光走る! なにか違和感。なにかがおかしい。いつもと違う何かがそこにある。なにか。なんだろう。よく観察してみるんだ自分。ふと値札を見ると……「ノーカロリーコーラ59円」……59円?! マジ? コンビニで買えば147円、自動販売機なら150円という商品が59円だあ?! この店は通常でも89円と格安ではあるけど、59円はいくらなんでも安過ぎる。どうやら在庫限りで59円ということらしい。

「ここは行くべきだ」

 と心の中で誰かが囁きました。これほど毎日飲んでいながらコーラをケース買いしたことはありません。理由はいくつかあります。たくさん買えばそれだけ歯止めなく飲んでしまうかもしれない。後で段ボールを捨てるのが面倒。ぶっちゃけ重い。でも59円はデカい。一本150円なら1ケース24本で3600円。147円なら3528円。98円で2352円。89円でも2136円。59円だとなんと1416円! やっぱありえない値段だなこりゃ。700円も違うのか。
 というわけで人生初のペットボトル大人買い。1ケースまるごとゲット! もちろんその後の行動は決まってます。帰宅。再出撃。さらに1ケース! 帰宅。最出撃。さらに1ケース(爆笑)。全部で3ケース。その前に買っていたものもあわせて77本ものコーラを買ってしまいました。玄関にどすんと積んであります。壮観です。でもこれでも3ヶ月は持たないでしょうね。いや二ヶ月持たないかも。

たまに猛烈に掃除してみたくなる謎

 部屋にベッドを入れて以来、とても掃除機の使い辛い状態になっていました。それでも時々ガムテープでゴミを貼付け取ったりはしていましたが、やっぱ限界ってものがあります。ハンディクリーナーを買って来ました。とりあえず箱から出してすぐに使ってみたところでは出力が全然足りてません。充電すればちゃんと動くのかしらん。安物とはいえ動いてくれないと困ります。やっぱコードレス充電タイプじゃなくてACアダプタ直付けの方がパワフルで良かったかもしれません。とはいえガムテープよりは随分マシです。
 クリーナーの方はあくまでついでで、本命はドムでした。やっぱり探してみてもなかなかMGリックドムは見つかりません。とりあえずHGUCの「シャア専用リックドム&G-3ガンダム」セットを購入。このセットでないとシャア専用ドムは入手出来ないんで、買ってみました。くそー、ヨドバシのMGシャア専用リックドムはやっぱりかっこいい。普通にパチ組みしただけなのに。しかもドム自体は何年も前のキットなのにあのクオリティ。凄い。MG最高傑作と言われるだけのことはあります。HGUCも出来は折り紙付きなので楽しみです。ちょっとずつ作りましょう。

 叔父の怪我がそれほどたいしたことなくてホッとしてます。ただ、入院中の部屋代が私の時と全然違うっぽくてビックリですよ。概算でトータル私の医療費の7倍以上ってのはさすがにおかしいんじゃないですかね。限度額適用認定を受ければ一ヶ月程度で百万以上ってことは無いと思うんで進めておきます……いや、手足骨折くらいで百万は変だなやっぱり。保険利かないわけでもあるまいし。

ひとまず安心

 とりあえずほっとしました。叔父はテレビのアンテナをなおそうとして屋根から落ちたんだそうです。左の手足を骨折程度で済んでむしろ幸運だったのではないかと。腰も少し打っているとはいえ、たいしたことは無いようですし。その分手足はやや酷いようで多少長めの入院が必要だとか。それでも長くて一ヶ月程度ということで、やはりほっとしました。母と「また骨折か何かじゃないか」と予想はしていましたが、案の定です。命に別状はありません。
 それでも勤務時間が延長になった上で毎日叔父の家まで行かなくてはならないのはちょっと辛いですね。今日も雨とか降っていて、バイクで走るだけでも苦労しました。しばらくはゲームとかもあまり出来そうにありません。

 去年の今頃は気温35度をマークしていました。今年は昼までも空調無しで寝れてしまっています。今後30度を超えそうな日すらほとんど無さそうな雰囲気です。過ごし易くて良いんですが、少々拍子抜けな気分もあります。その代わり雨が多い。これにはうんざり。

一族災難

 叔父が入院しました。私が入院した時に金銭面で随分助けられてますし、今度は私が恩返しをする番です。ただとりあえず救急車で運ばれたという話を聞いただけで、なんで入院したのかはまだ不明のまま。明日見に行って来ます。しかし叔母に先立たれてから一昨年に肋骨を折り入院、去年も秋頃に体調を崩していて心配です。気持ちが随分後ろ向きになっていることがあるのでなおさらです。実家では祖母も手術するとか。あちこち大変だなー。というか、今年はうちの一族不運続きじゃないですか。乗り切らないとまだ3ヶ月残ってるし怖いですよなー。

クイズマジックアカデミーDS 昇格

クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)
(2008/09/12)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 クイックモードとアカデミーモード(ストーリーモード)をわける意味がまだよくわかってません。違いと言ったらアカデミーモードにはストーリーがあること。それにメダルを集める収集要素があること。これをアカデミーモードでしか出来ない事が有ると見るか、クイックモードではやらなくても良いことがあると見るか、かなり微妙なところです。少なくとも両モードで同じキャラを作った私は馬鹿ですね。クイックの方はやりなおそうかな。
 サーバが微妙に不安定です。基本「マジアカ」では8人のプレイヤーが集まって対戦したり討伐したりするのですが、その中にひとりふたりまったく別の問題を解いてる人がいたりします。画面に表示される解答欄が明らかにおかしいのですね。四択問題なのにタイピングしてたりするわけです。とはいえ、それほど致命的な問題ではありません。ゲーム自体がすこぶる面白いので。頻度は……低く無いというレベル。まだ自分だけ他の問題やってるというような状況にはなってません。
 討伐モードは順位を気にせず気軽に遊べて良いです。現在配信中の討伐モンスターはサラマンダーとケルベロスのみ。これらモンスターは問題のジャンルが固定されていてい、サラマンダーはアニメ・ゲーム系、ケルベロスはスポーツ系となっています。そのため私もこのふたつのジャンルだけこなした数が多くなっているはず。気にしなくても良いといいながら、やっぱ順位は気になりますけどね。一位結構取ってます。
 対戦の方でもそこそこ良い勝率なのではないでしょうか。8人対戦だから8回に一度優勝出来れば良いわけで、それよりは良い成績を出せてるはずです。当面予選一回戦さえクリア出来れば魔法石の授与がありますから、そこを目指しましょう。予選の成績が決勝にほとんど反映されないところを見ると、通過出来る程度に力を抜くのも手です。
 昨日の例のように予選一次二次決勝全部で3問しか解答出来なかったにも関わらず優勝出来ることもあれば、決勝のラスト4問までパーフェクトで行きながらすっこけて決勝最下位なんてこともあったりして面白いです(泣)。
 このゲーム、今ものすごくお勧めの鉄板商品……なのですが、いかんせん供給が需要に追いついていないらしいです。というかこのゲームは珍しくサードのコナミがサーバを用意していて、その限界を超えないよう受注を制限してるっぽいですね。今でもやや混乱気味なだけに、追加がいつになることやら。

 予選で力を抜くというと、競泳やってた頃を思い出します。中学時代は横浜に住んでましたから、大会の規模がかなり大きくて、手なんか抜いてる余裕はありませんでした。ちなみにここで重要なのは順位ではなくタイムです。県大会へ行くためのラインが決まっていて、そのトライアルで何位になってもタイムさえクリア出来ていれば先へ進めます。私は県大会にまでは行けませんでしたが、おそらく横浜だと県大会の方が規模が小さい。市大会にも参加標準タイムはありますが、失格しても良いからとりあえず出てしまえって連中がいますんで。
 で、高校では佐賀。こっちは市大会なんて無くていきなり県大会、それでも横浜市大会とは比べ物にならない小規模です。決勝出られりゃいいから予選は通過出来るレベルで流すなんてことも可能でした。そりゃスポーツ弱小県にもなりますわ。

仕事でミスしたり、強盗事件で警察が来たりした

 あー、今朝はゴーオンジャーもキバもプリキュアも見逃してしまった……。なんで録画忘れちゃうかな。いろいろ書きたいことはあるけど、今朝まで残業してたのに今日は早勤だからもう今からヘロヘロです。
 「マジアカ」、予選2回戦で0ポイントを叩き出す凄い低レベル戦を制して優勝(苦笑)。0ポイント複数で足切り免れたのは僥倖と言うしかありません。一回戦も決勝戦も酷い回答率でした。勝てたのはもちろんみんな駄目駄目だったから。なんとなくわかるもんで、これでも勝ち目が有ると思ってたら案の定勝利という結果。こういうことがあるから面白い。
 なんかかなりの品薄らしいですね。初日に買っておいて正解でした。あ、昨日のストーリーモードではwifi対戦出来ないというのは間違いでした。すみません。やっぱモード分けてる意味がよくわからないな……。

クイズマジックアカデミーDS 討伐

クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)クイズマジックアカデミーDS(初回限定:特製オリジナル e-AMUSEMENT PASS同梱)
(2008/09/12)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 正直
 こ れ は ヤ バ イ
 本当に。
 従来クイズゲームはゲーセンでマネーパワークリアーを目指すもので、すごろく形式でマスを進んで行き止まった目でのノルマ分正解すれば先へ進めるといったタイプがメインでした。「虹色町」や「殿様の野望」とかこのタイプになりますね。それはそれで面白いんですが、そこへ対戦要素を持ち込み大幅なゲーム性の改訂を行ったのが「クイズマジックアカデミー」ということになるのでしょうか。
 この対戦という部分がミソで、回答ノルマはありません。人よりも多く回答出来ればオッケー。シンプルでとてもわかりやすくやる気を煽るコロンブスの卵的システムと言えるでしょう。特に連コインではどうにもならない点が素晴らしい。
 加えて問題の出題&回答形式に数多くのパターンを導入し、展開にメリハリをつけています。これはDSを選択した点が大きいでしょうね。タイピング回答や並べ替え回答、書き込み回答などDS以外ではやりづらい問題も多い。問題も同じような問題でもいろいろなパターンを設けているようです。たとえば

「覆面レスラータイガーマスクとして活躍した人物を全て選べ」

 という問題。現在タイガーマスクは四代目まで存在しますが、四代目は現在進行形でマスクを被っているため本名を知る人は少ないでしょう。なのでそれ以外、佐山三沢金本が答えになります。出題された時三人とも回答欄にある場合もあれば、三沢しか無い場合もありました。
 また、仮面ライダーと専用バイクの組み合わせの問題で「一号のバイクは……サイクロンですが」とひっかけて来ることもわりと多いのですが、ひっかけずサイクロンが解答になる場合もあります。同じような問題でも記憶だけじゃ駄目よということでしょうか。おそらく○×問題もどちらの解答も出せるように出題パターンが組まれていますね。
 この時点で既にゲームとして絶妙な構成が完成されています。が、対戦メインです。wifiで通信対戦です。やはりこれが面白い。異常に面白い。リアルの人間とのバトルは熱い。同時に8人が参戦し、予選2回でで二人ずつ篩にかけ、4人で決勝を争います。決勝に残れば優勝するチャンスが出ますから、予選は下位通過でも問題ありません。決勝は選抜を受けているだけに実力拮抗。熱い。熱過ぎる。これまで優勝は一回だけですが、あれは熱かった。
 なにしろクイズですんで、テクニックに頼らないわりとフラットなバトルを挑めます。格闘ゲームの対戦では気後れするようでもクイズならいける。この敷居の低さが良い意味で熱さを演出してくれています。
 対戦だけではなく協力してモンスターを討伐するモードもあります。このモードは異様にHPの多いモンスターに対して複数のパーティで挑むもので、同時に数十のパーティが参加可能となっています。パーティ数が多ければ多いほど倒すのが楽になる。この一緒に闘ってるライブ感がまた良いです。このモードでトップ回答になるケースも多々あるんで、対戦でももうちょい勝てそうだと思うんですけどね。なかなか難しい。
 同じ組で参加してるのに、他の人に他の問題が出されたみたいな漢字で多少サーバが混乱している面もあるようですが、大きな問題は無さそう。これは買い。短い時間でさくっとwifi対戦を楽しめて初心者にも勝てる要素がある。ほんと素晴らしいです。
 通信対戦モードと別にストーリーモードもあって、両者で別々にキャラを作成することになります。ただしストーリーモードでもwifiにつないで討伐モードには参加出来る仕様になっています。おおまかに見るとストーリーモードは不要という気もするのですが、作品の世界観を提示する意味があるのでしょう。ちなみに両者で同じ名前のキャラを作ってプレイしてます。
 私が推奨してる動きまくる汎用CGはこのタイトルでも使われています。キャラが多いせいか、あまりパターンは多く有りませんがかなり効果的です。いや、揺らせといっているわけではないですよ。マジで。私は今回男キャラ選びましたし。

地続き

 海を見たくても日の入りまでに間に合わないなら、日の出のタイミングで行けばいいじゃない。ということで行って来ました。ちなみに今時の福岡の日ノ出は丁度朝の六時。

志賀島

 デジカメでパチリ。でもやっぱデジカメ自体かなり古いものだからなんかこう、いまいちですね。これがアレです。ちっちゃい国宝、日本最初に発見された漢字。金印の出た場所です。志賀島です。ちなみに金印公園へは道沿いから階段で斜面を登って行くのですが、とてもしょぼいです。資料を扱う施設があったりはしません。

志賀島

 金印公園から海を撮影。向うに見えるのはたぶん能古島です。そうういや行った事無いですね。船使わないと行けないし。無人島ではなくちゃんと人が住んでて畑とかもあります。泳いで行ける距離です。絶対やらないけどね。遊泳区域以外で泳ぐのは自殺行為。

志賀島
志賀島

 キレイな海を撮りたいな、と思ったけど撮れない。下の芝生は花火、バーベキュー禁止です。だから芝はとってもキレイ。

志賀島

 日の出と同時に家を出てこの辺がだいたい志賀島西端かな? その頃にはこのくらいまでお日様も登ってました。禁漁の看板がイカしてますね。やるやつがいるからこんなのがあるんだろうな。


志賀島

 志賀島は九州本土から地続きでつながっています。その一番細い部分は見ての通り道一本だけです。これは志賀島側から本土方向へ撮影したもの。わかりづらいですが左側が海水浴場です。誰もいなーい。こんなせまい道の片側が海水浴場なので、車を停めるところなんてほとんどありませんよ。でも前来た時と違って工事が進んでたっぽい。

志賀島

 こっちが日本海側の海水浴場。なんかゴミっぽくね? そう、海水浴場ってゴミっぽいもんですよね。ちなみにここから東に別の海水浴場があります。そっちには行った事無いですが、地元民的にはそこの方がメジャーです。

志賀島

 逆方向の内海側。ここは福岡ドームのある百道浜から志賀島までぐるりと三方を陸で囲まれ、残りの一方向も能古島で塞がれた形になっています。なので開いた部分は航路です。泳ぐ場所じゃありません。ちなみに志賀島まで行く途中にはいくつか神社があります。福岡は歴史的な要所ではありませんが、伝統ある神社は結構あるんですよね。ちょいと不思議。
 たまにはこういう撮影会もいいなーと思いました。その百道浜から更に西方向へ行くと別の海水浴場があり、アレがあります。元寇の時に使われた土塁跡ですね。実はドームから西へ行った事が一度も無いので行ってみるのも面白いかも。逆に福岡県四国側へも行った事がありません。行橋市とかその辺、大分方向です。でも大分には行った事が有る。……行く必要性がまったく無いもんなあ。地元民でもこんなもんよ。

海まで数分圏内人

 どうやらクラニンのプレミアムDSは外れたくさいです。当たったよーという報告がぼちぼち出ているのがかえって絶望を感じさせてくれます。月末締め切りだったのに動き早過ぎませんか。とほほ。クラニンといえば景品に「ゲーム&ウォッチコレクション2」が追加されています。「パラシュート」と「オクトパス」、そしてふたつを合体させ「パラシュート×オクトパス」が収録されているそうな。どうせ貰ってもやりこむほどにはプレイしないだろう……とは思うんですがポイントがデッドストックになってしまうのもアレなんで注文してみます。
 今年のプラチナ特典はなんになるんでしょうね。去年はプラチナに届かなくてカレンダーのみでした。プラチナならSFC型クラコン……ゲットしておくべきだったよなーと今思ったりする後夜祭。

 今年の夏はまだ海を見てません。今から見ても遅いだろと思わなくもありませんが、真夏に見に行くのも暑過ぎて話になりませんしね。泳ごうとは思わないし。手術痕結構目立ったりもするし。で、今日起きてから志賀島にでも行ってみるかと思ったんですが、起床30分後には日が落ちてしまいました。深夜にあそこまで行くのはちょっと怖い。暴走する人が出るという話なので……脇に入る道も無い一本道だからなおさらです。どうしようかな。本当に海を見るだけなら数分で誰も使わない海水浴場に行けるんだけど(どう見ても民家の裏庭程度)。

 すこーしだけ体重増えたような……誤差の範囲をちょこっとだけ超えた感じです。最近甘いものに関して自制心が足らなかったかもしれません。自重します。

新しいnanoが出る

 新型ipodnano

 うお、8ギガの価格そのまんまで16ギガになりやがった(笑)。これまで縦置きで見てた動画は横になるようですね。そもそも今までのnanoはケーブルを下につけるからそのまんまだと普通に置いて見ることが出来ません。アホといえばアホな仕様です。横向きになればこの欠点は解消するし、その辺に置くのも容易になります。良い改良点ですね。振ってうんたらとかいう新機能は別に要らないと思いますよ。なんに使うんだコレ。おそらくDOCKに立てて縦向きで見る事も可能ではあるでしょう。
 正直今「どうしようかな!」と思ってます。ちょっと前まではPCの方のハードディスクがとても心許なかったため、容量の大きい物を買っても活かし切ることが出来ず意味が無かったのですが、今なら話は違って来ます。どうしよう。買うかな。ヨドバシのポイントの使いどころって気もします。Apple製品はあんまりポイントつかないし。
 音楽用と動画用のふたつのnanoを使い回すか、クラシックに手を出してみるかなかなか微妙な所です。今までクラシックはやはりHDDの都合で視野に入ってませんでしたが、その辺クリアされたし……うーん……。実際現状、8ギガのnanoの容量をほぼ使い切ってしまっています。なので先日購入した「2nd」や「それから」のサントラもまだ投入出来ていません。
 ひとつポイントとしてあるのは、私の場合ipodの電源をパソコンからではなく、家庭用電源のACアダプタを使っている点です。調べてみるとこの手のアダプタの2ポート仕様のものもあるんですね。使うコンセントの数を下手に増やしたく無いし、これを利用するのは有りでしょう。となると併用かな? 8ギガを音楽用、16ギガの新型を動画用にすれば多分これ以上容量面で苦労する事は……。そりゃクラシック使えば容量気にせずに済むわけですけど。クラシックは持ち歩くのに向いてないという大きな欠点が痛い。
 とはいえ、当面容量が増えるというだけの話だし、急いで手をださなきゃいけないってことはありません。どうせすぐには買えないでしょう。ゆっくり考えることにします。

 DSが発売されたころから「DSでPSO出来るようにならないかなー」と漠然と思ってました。今年始めに「ソーマブリンガー」で遊んだのもその流れです。残念ながら「ソマブリ」はwifiでの通信プレイが出来ず、悲しい思いを……ゲームとしてはちゃんと面白かったですけどね。あ、あとキャラメイク。やっぱPSOはキャラメイク。
 PSPのPSpを横目に羨ましく思っていたら(PSP持ってる癖に)、なんとDSでPSOの新作のアナウンスが! マジかよ。ちゃんとwifi通信出来るって凄いじゃん。ピクトチャットの仕様を利用したチャットも使えるってマジすごい。こりゃもう期待せずにはいられません。でも心配もいっぱい。あのシンプルかつ味わい深いPSOのバトルをDSで再現って可能なんでしょうか。ハード的にかなりきつそう。それにPSOのキャラメイクの真髄はモーフィングにあります。あれが素晴らしい自由度を実現してただけに、避けて通れない道です。PSP「モンハン」で不満だったのがこの点なので。うーん。
 というか、DSで可能ならWiiでも出来るんじゃねーのという気がしないでもなく。とりあえず情報待ちですね。

 追記。
 クラニンのプレミアムDSの当選メールがもう届いてるらしいです……来てねー……。

濱中タイプ

 相変わらず「東京魔人学園」で旧校舎探索中。ドラゴンなんかも出没するようになりキャラのレベルも40を超える者があらわれました。京一はまだ30にとどいていないというのに(苦笑)。どうも京一は上がり辛いみたいですね。いったいここはどういう場所なんだろう。
 SRPGで重要になる点として火力、でもって射程範囲があげられると思います。普通に射程の長いユニットは当然有利です。隣接しなくてもいいなら反撃される可能性も減ります。移動力がひとつ高いだけでもかなりの違いが出ます。移動力が伸びることで増える攻撃可能範囲は(伸びた後の移動力×4)という公式で求める事が出来ます。例として移動距離4で射程一のユニットと移動距離5で射程一のユニットを比較すると、範囲で20マスも違って来るわけです。この範囲の広いユニットは強い。
 京一はこの辺がいまいちなのですね。行動力だけなら醍醐なんかの方が低いんですが、彼はタフネスである程度カバー出来るため、ヒット&アウェイ戦法に頼ると京一の方が使い辛くなる。小蒔なんか射程長いのに移動力もあるからずるいわ。でも小蒔は地下20Fのボスに攻撃反射喰らってビビりました。武器の属性が光で反射されたみたい。

 ちょこっとですが「生徒会役員共」のSSを書いてみました。たぶん一度最後まで書いたら全体のバランスを取るために大幅に修正を加えると思います。公開はまだ先かな。私みたいに基本キャラの掘り下げを目的にSSを書くタイプからすると、背後関係のはっきりしないシノの扱いがどうしても微妙になりがちです。なのでその辺をフォロー出来る形で書いてみたら濱中みたいなショート形式の役員共みたいな感じで、これじゃ本編とたいしてかわらんじゃないかという……これはこれでまた微妙です。何か打開策が欲しいところ。

クイズと手足が良く動く駄文

 ここにきていきなりDSの「クイズマジックアカデミー」が気になり出しています。そういえば……私、長いゲーマー人生の中でクイズゲームというものを買った覚えが無いような……あれれ、本当に無いっけ。学生のころクイズゲームは連コイン上等でみんなでワイワイ遊ぶものだったからかもしれません。そんなジャンルも今ではネットに対応してブレイクしている(らしい)。気をつけなきゃいけないのは12日、すなわち金曜発売だったりすることかな?
 昔は収録問題数4000問ってレベルだったのに、DS70000問も入る上に問題ダウンロードって……良い時代になったもんだなあ。Wiiなら日替わりで10問くらい問題配信してランキングを競うチャンネルとかあっても不思議じゃない気がします。投票チャンネルの変型ですね。ただ任天堂はきっちりしたランキングの提示に否定的らしいから、その辺がネックなのかも。
 「東京魔人学園」の方は相変わらず旧校舎でレベル上げ中。こうなったらいけるところまでこのまま突っ走って後で楽勝でクリアみたいな感じでやります。でもいつになることやら。「ワールドデストラくション」など他のタイトルもある上に、まだまだ「バンブラDX」で曲も作りたい。今欲しいのはお金よりも時間です。そう考えるとRPGやSLG系にプレイを偏らせるのはあまり良く無いですね。
 その「バンブラDX」、配信曲のカオス具合がますます増して来ています。さすがに2000曲の大台が見えて来る現状だとなんでも有りですね。ちなみに個人的に一番お気に入りの制作者はレッド氏。TMR中心に透明感のある美しい旋律の曲を作ってくれてます。今8曲くらい採用されてるのかな。私もそろそろ一曲くらい……。

 最近欲しい物は「とにかく理屈とかどうでもいいから良く動くアクションフィギュア」です。ちょっと考えればわかりますが、人間の骨格は良く出来ていて、これを玩具レベルに落とし込むのは非常に難しい。デリケートな指関節をオミットするのはもう仕方が無いとして、四肢に関してはかなりレベルが上がって来ています。それでも二重関節でもないのに正座出来てしまう人間は凄い……もちろん肉と樹脂という違いはあるわけですが。一番難しいのは胴体です。複雑な背骨や肩関節鎖骨、これを再現するのはやっぱ無理。これをどうにかするのは最初からポーズを固定した胴体を複数同梱するしか無いでしょう。
 その辺承知の上であれこれ吟味した結果、今月発売されるプラモデルのHG「ダブルオーガンダム」に期待することにしました。安価で手も加え易そうです。番組見るかどうかはわかんないですけどね。その他だとリボルテック「グレンラガン」あたり。これも見た事無いです。ヨドバシでリボルテック「ホットロディマス」が投げ売られてるのも気になってはいます。うーん。

DVD待ちでお願いします

 仕事の時間帯が少し変化したせいで「ゴーオンジャー」を見逃してしまいました。来週からはちゃんとビデオに録画しておかなきゃな。作品としては「ゲキレンジャー」の方が好きですけど、単純に面白さや分かり易さを比較すると「ゴーオンジャー」の方が上でしょう。今日はお兄ちゃんの前世が垣間みられるってことで見逃せなかっただけに痛い。「キバ」はBパートだけ。ルーク陥落。ってことはユリを殺したのはルークじゃないんだ……今までちょっと勘違いしてたっぽい。というかこの後ユリは麻生姉弟を出産するから番組中で命を落とすことは無いのかもしれない。来週は新ライダーにキングと思われる大河が登場です。イクサの可動商品はまだなんですかね?

 「グラディウスリバース」、今度はクラコンで挑戦。こういうのはヌンチャクのアナログよりも良いだろうなーと思ったのに蓋を開けてみりゃ2面をクリア出来ないという情けない始末……どんだけ下手なんだ私は。ベリーイージーなんだぜ(苦笑)。
 DSで月末に出る「ワールドデストラくション」が気になりはじめています。セガがこういうRPG出すとは時代は変わった。でもそれまでに「東京魔人学園」を終わらせる自信がありません。ちょっと良く無い傾向ですね。その後「アバドン王vs真3」もあるし。年内にどこかのタイミングで「メモオフシックス」もプレイしておきたいし難しい所です。うーん、今年は結構RPGプレイしてるなー。

立読みだけするのは嫌な客(DVD借りたよ)

 GEOにDVD借りに行ったら古本の「はやて×ブレード」が面白くて一巻から八巻まで全部読んでしまいました。おかげで危うく午後11時のスーパーの閉店時間に間に合わなくなるところです。馬鹿ですねー。面白いんだから買うという手もあるにはあるんでしょうが、置く場所が厳しい。今ではそれほど数を増やしてないのに常時場所的に厳しいんだから困ります。きちんと集めてるのは「QED」「CMB」「ネギ」「遊戯王GX」「みなみけ」氏家作品いろいろ……なんで大半が講談社なんだろ? むう、月に一冊あるかないか程度のはずだよな。おかしいな。また思い切って処分すべきなのかな。
 ちなみに年間に買う漫画の数とゲームの数では一応漫画の方が多いはず。さすがに。

 「東京魔人学園」6話をクリア。なんかベタ過ぎるシナリオが心地良くなって来たような(笑)。でもこれ、主人公空気ですよね。感情入力のシステム上主人公には人格が設定されていないから、あれこれ能動的な行動をとらせづらいということなのでしょう。実質的な主人公はどう見ても京一。
 話題になってるバグ関連はどうなるのでしょうか。インターミッションでの弱点の変動がデータロードでリセットされてしまうだとか、オリジナルでは特に難しいことの無かったフラグ立ての難易度が異様に上昇してどうやら未だに到達したプレイヤーがいないらしいとか、詰め戦闘の43門目が絶対にクリア出来ないとか、一応通してクリア出来なくはないけどオリジナルと比べると改悪というしかないバグが多いのは頂けない。良い部分もあるだけに勿体ない。

 Wiiの「街へ行こうよどうぶつの森」の発売が年内に決定しまいした。情報もぼちぼち出て来てます。ここで言われている「街」というのはMORPGでいうロビーを拡大化したものでしょうか。DSの「おいでよどうぶつの森」だとリアルのネット上でフレンドコードを交換して互いの行き来する仕様でしたが、街で出会って気が合えば……という仕様になるのかも。街にしか売ってない家具とかもありそう。
 私はいまだに「おい森」毎日やってますし、とりあえずWiiの「街森」も買わない理由は無いですね。でも村を掛け持ちってのは無理かな。さすがに。

コーラでご飯を食う

 仕事のメインになる時間帯が変わったんで、かえって24時間営業のスーパーへ行きづらくなってしまいました。夜中の車の通りが少ない時間を見計らって行くのが常だったんですが、今は朝日を拝むような退社時間ってことで、わりとぎゅんぎゅん走ってます。あと生活リズム自体をいじってないから、仕事終わったら速攻で寝たいのです。買い物に行きたく無いし、行く気力も無い。
 そこで休日にコーラを買いだめする作戦です。どうして少し離れたあそこまでいくのかといえばコーラが安いから。休みの夜にまとめて買ってしまえばだいだい解決です。そうだなー、週に多くて16本飲む計算だから、二日にわけて8本ずつ買えばいいのかな。箱買いすると段ボールの処分が面倒だからやりません。あとさすがに17本以上にはなりません。平日に2本、休日に3本飲む計算なわけですが、これ以上無理。でもビール飲む人ってこれ以上飲むよね。不思議だ。女性でも飲む人いるけど、お腹のどこにビール入れてるのか凄く謎。
 今現在、ノンカロリーコカコーラとコカコーラゼロ、ペプシNEXを愛飲しています。ゼロはいまいちかと思ってましたが、微妙に再評価。というか多少はバリエーションがあった方が良いかなと思って。最近NEXはご飯のお供にはかなり合わないことに気づきました。もともとご飯にコーラは合いませんが、その合わなさぶりが一際輝いてる。でもNEX自身は飲む価値があるのです。24時間の店で扱わなくなって残念。NEXだけは別の所で買ってます。
 それにしても物価高でせちがらいことです。この24時間スーパー、以前は時間落ちした総菜は半額まで落としてたのに、最近はせいぜい3割です。どうせ揚げ物ばかりで私には手を出せないんですけどね。安いだけあってどこの原材料使ってるか不安だったりもするし。

 おそらく歴代でもっとも人気の無い総理として記憶に残る……残らないかも……であろう福田。支持率を気にしての辞任ではないんでしょうが、一応この人、総理になったのは野心から来る行動だと思ってました。政治家志したなら総理なりたいと誰でも思うもののはず。野心ってのは夢とも言い換えられます。阿部はどう考えても夢破れての辞任でしたよね。
 福田はそう見えないんです。野心で総理になったのに、党利党略で辞めるということに強烈な違和感があります。そんなんで辞められる程度なら最初から総理になるなよ、と。でなきゃ元総理の肩書きを手に入れて長老政治でもやりたいのかな。とにかく何に関しても執着ってものが見えて来なくて、頼りにならん当てに出来ん人だったのは確かです。
 このタイミングってのがわからない。表に出て来ないような要素が何かあったってことかな。

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE

魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 通常版魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 通常版
(2006/01/02)
須賀貴匡虎牙光揮

商品詳細を見る

 前々から見てみたかったこの作品、ようやく見る事が出来ました。原作は週刊少年マガジンで連載されていた異色のギャグ漫画で、主演は「仮面ライダー龍騎」の須賀貴匡です。真司のキャラクターを考えてみれば神山にもハマるなとは思っていましたが、これはお見事というしか(笑)。とっくに二十歳なんて超えている須賀氏が中学生から演じる姿はそれだけでもう面白い。学生服を着てしまうと案外それっぽく見えてしまうものですね。
 前半は原作に沿った内容で「クロマティ高校」というどうしようもないワル(というよりも大馬鹿)な学校を演出しています。が、原作同様面白いのは本来真面目な優等生のはずの神山があっさりクロ高に馴染んでしまうことです。ひとり孤立するどころかむしろクラスの中心人物になってしまうんだからすごい(笑)。序盤のパシってるうちに効率化を考え「わざわざ買い付けにいくよりも販売網をクラスに持ち込んでしまえばいい」と、コンビニ開店してしまうあたりでもう爆笑。神山はけしてネガティブではないし、行動力にも溢れていてそんなところが魅力なのかもしれません。
 竹ノ内にプロレスラーの高山、フレディに渡辺裕之、阿藤快に阿藤快(まんまじゃん!)を配したキャスティングもなかなかです。というか渡辺裕之、「電王」の映画よりも前に平成ライダーと共演してたんだな……それもこんな役で。ちゃんとゴリラ(豪ヒロミ)、メカ沢新一、マスクド竹ノ内も出て来ます。マスクド竹ノ内は作品監修も手がけた板尾です。濃いメンツの中に女性の姿がさっぱり無いのも原作通り。
 中盤に北斗と子分が原作通り転校してくるあたりから内容が少しずつシフトしていきます。北斗のいい加減なデタラメから神山が無理矢理地球防衛軍を結成。「地球防衛軍であるからには宇宙から来る驚異と闘わなければ!」と本末転倒した理屈によってUFOを召還し、それに成功。地球征服を企てる宇宙人ゴリとラーとの闘いを描くクライマックスに突入します。
 神山たちがゴリとラーと闘うこと自体もうシュール極まりない展開ではありますが、そもそも彼らを招いたのは神山なわけで、「こんな闘い空しいだけだ」という台詞が既に空しい(笑)。で、冒頭でしつこいくらい強調していた「クロ高七度目の全壊」はゴリとラーとは無関係に唐突に隕石が落ちて来てドカーン(爆笑)。そりゃ最初に地球へ向かう隕石の伏線もあるにはあったけどさ。これは酷い。しかも全員生きてる(苦笑)。
 正直満足してしまいました。面白かった。でもこれ、一度見られればもういいや系の典型ですね。ザ☆一発ネタムービー。そういや大久保編集長も最後の最後でちらっと出てたなー。スタッフロールの友情出演多過ぎるから(笑)。でも橋本真也が出てたのには泣けた。逆にこのシーンは笑えない。

東京魔人学園剣風帖

~東京魔人學園伝奇 人之章~ 東京魔人學園剣風帖繪巻~東京魔人學園伝奇 人之章~ 東京魔人學園剣風帖繪巻
(2000/07/13)
PlayStation

商品詳細を見る

 あらら? 例によってamazonから画像を拝借しているわけなんですが、DS版の姿がありません。「東京魔人学園」で検索して出ないはず無いんですが……あ、ちなみにアフィは無関係です。狙ってるならもっと露骨にやらないと効果無いですからね。たぶん普通の勤め人がやるのはちょっと難しいと思います。
 どうもいまいち面白みが伝わって来なくて、これまでまともなレビューを書いていませんでした。本編に関して言うなら今もあまり状況は変わってません。5話を終えたところで止まっています。下手なジュブナイル風というイメージはわかるのですが、少しばかり書き込みが足りてないような気はしてます。もっと進めれば変わって来るのかな?
 進んで無いのにレビューを書くのは旧校舎ばっかりプレイしているためです。これはレベルアップ&金稼ぎ&アイテム探索に特化した番外ダンジョンで、本編の進行とはまったく無関係にプレイする事が出来ます。5話までは味方キャラが少なくて旧校舎を闘うのも難しかったのが10人まで参加出来るうち8人まで増えてだいぶ楽になりました。
 これはやばい。石橋を壊した上で渡らないというくらい慎重な……というか守備重視のプレイスタイルの私にとって旧校舎はやばい。もうね、本編やらないの。旧校舎だけやっちゃうんだな。まだ5話なのに小蒔とかレベル20を楽勝で肥えちゃったりして見事なバランスクラッシャー。どうも気が向いたら本編もやってみるかなーという感じになってしまいそうです。
 序盤ワンパン制裁を喰らったり状態異常を喰らい易かったりしてバランス的に疑問を感じたりもしましたが、少し印象が変わって来ました。基本的には普通のSRPG。違うのは行動力の概念と、技&弱点。行動力は移動するだけで消費、向きを変えるだけで消費、攻撃して消費、アイテム使って消費……と、これがなきゃ何も出来ない重要なポイントです。重要なだけに変動しづらく、上げる方法はあってもリスクが大きい(弱点が強化されるらしい)。このシステムがあるため、基本待ち戦法になりがちです。ただし少ないターンで敵を倒せばそれだけ見返りもあるらしい? 守備力に難のあるキャラも多いため、攻撃させずに一気に倒すのがベター。相手に移動だけさせて攻撃させないように位置取り出来ればベスト。このラインの見極めの部分で独自のゲーム性を演出しています。小蒔のレベルがあがるのは、行動力が多いくせに射程が長いから。あまり移動せずに攻撃出来るのは大きい。
 キャラはそれぞれ身体の各部を9つにわけて考えられていて、守りの堅い部分と弱点があります。頭が弱かったり、右半身が弱かったりとキャラによってそれぞれ異なり、もちろん敵にも同じようなある。それぞれの攻撃行動である技はどこの部位に攻撃する技なのかという設定がきちんとつけられていて、キャラにより攻撃する際に得意な部位と苦手な部位があったりします。弓使いの小蒔ならヘッドショットが得意というみたいに。槍使いの雨紋だと身体の中央とかだったり。これをうまく利用出来れば大ダメージ。一撃で倒せることもしばしばです。
 攻撃と弱点が噛み合うケースは当然こちらがわにもあります。とんでもない大ダメージを喰らう可能性もある。だからやっぱり待ちっぽい戦法にはなってしまいますね。一ターンで倒しきれないようならいっそ距離を置いて攻撃しない方がマシ。隣接して終了なんてありえない。ただ今の所、行動力があるからといって敵が2回攻撃してきたことがありません。今後もそうなら少し戦法も変わるかもです。
 キャラは昔のゲームということでデザイン的に古くさいところがあるかもしれません。本来ギャルゲーやりなれてれば女子の制服の超ミニなんか当たり前のはずなのに、妙にバタ臭く見えるのはなんでかな?

グラディウスリバース

 公式サイトはこちら。

 ロンチの「小さな王様」以来久し振りにWiiウェアに手を出しました。コナミの「グラディウスリバース」です。1000円。新作の横スクロールグラディウスというのも凄いですが(オトメディウスを正統グラディウスという人はいないでしょ)、なんとこれ、アーケード版じゃなくてMSX版の系譜を受け継ぐ作品となっています。ストーリー的にもMSX版伝説の「グラディウス2(IIではない)」の二年前という設定らしいです。この「グラ2」はMSXで名作を連発したコナミ作品の中でも最高傑作というべきタイトルで、ゲーム的にもサウンド的にも文句無しの……確かPSPのセットのどれかに収録されてるらしいから買ってみればわかります。
 正直グラフィック的にはWiiどころかPS2クラスです。極力お金をかけない制作だったことが窺えます。ただ古き良きグラディウスの系譜を重視したのか、SSの「サンダーフォースV」の時代にもう既にあったポリゴン演出がまったく見当たりません。敵の触手は丸いパーツが数珠つなぎになってウネウネしてたりすることからわかるように、2Dを強く意識しています。コナミはDSでドラキュラも作ってるし、まだ2D開発の余力を残しているっぽいですね。
 ちなみに難易度はベリーイージー。敵が通常弾を撃って来ないという超ヌル設定です(苦笑)。横シュー苦手だもん。ドヘタですもの。MSXの系譜といってもさすがに現行機です。オプションは2つまでって制限はありませんでした(笑)。機体のパワーアップパターンは3種から選択。オーソドックス、初心者向け、火力重視。当然初心者向けで。初心者向けはミサイルが上下に飛び(そのかわり地を這わない)、バリアがフォースフィールドです。あ、あとオプションで連射設定にしておくのはデフォ。MSXはスペースキーで攻撃だったんだから凄い時代だなあ。
 一面は懐かしの火山ステージ。なにかフラグがあるのか、二度目は氷河期になり、アイアンメイデンが出現。これ、MSXグラディウスで追加されたオリジナルの敵ですよね。妙なギミックが仕込まれてるもんだ。ベリーイージーだからか、やられた後パワーカプセルが一杯浮いてます。それでも難儀してる私って一体……。
 二面は内臓ぽいステージ。沙羅曼蛇の1面を彷彿とさせるイメージに、ボス。脳じゃないけど目玉はある。ほぼフル装備でも地形に激突すると一瞬にして終わりなのが横シューの辛い所です。内臓破壊して進んでたら再生して死んだ(泣)。ボスの触手もいきなり伸びて来て即死。自機の位置を狙って来るから、わかってれば避けられますが最初は驚きます。
 三面はモアイ。オリジナルも三面がモアイですよね。ちゃんと上下でループします。道中は普通にモアイステージなんですが、なにかギミックはあるのかな? まだわかりません。終盤の回転モアイが辛い。ボスはビッグモアイ。ただし弱点は額の宝石で、これが本体から離れて画面内をバウンドしてる間しかダメージを与えられない。で、まだ倒せてません(泣)。グラディウスシリーズは伝統的に一画面に2発しか通常弾を撃てません。大ダメージを与えたければ接近する必要があります。でもそれが怖い。耐久力も結構あるっぽい……。あ、そうそう、やられるとその場復帰じゃないからボスを倒せない間はいつまでたっても先へ進めません。泣ける。
 やー、楽しいですね。ホント、ドヘタなんですけど、楽しいものは楽しい。純粋に先へ進む事と破壊を楽しめる内容が素敵です。もちろん時代遅れではあるんですが、だからこそWiiウェア扱いということでしょうか。しかしこのおっさん仕様。わかってる人が造ってるとしか思えない。

 なんか来月から昇進するという噂です。よく考えるとまともに昇進するというのは初めてです。責任も重くなるし、ゲームも今までのようには出来ないかもしれません。やっぱよほど好きでなければそうそう続けられるもんじゃないですね。ゲーマー人口が縮小傾向にもなるわけですよ。私ですら厳しいんだからなー。「アバドンvs女神3」ちゃんと楽しめるかな? ちょい心配。

勝利のためのプロセスをきちんと踏めば

 やっぱりというかなんというか、WBCの監督問題が紛糾しています。といってもこれは場外乱闘に近くて当事者の話がほとんど出て来ない。む、それ以前に当事者というのは誰なのだろう。誰が監督を決めるのか、そもそもそこがはっきりしない。NBPは所詮天下り団体でしかないということなのかもしれない。なんだかんだでプロ野球はショービジネスであって、それこそ場末のプロレスと動く金銭の桁以外では大差がないと思ってます。
 「本当に勝つための努力はしたんですか?」ということで言うと過去に中畑が責められた件を思い出しますね。「お前のんきに他の競技見に行ってんじゃねーよ! 仕方無い。オレが偵察してきてやる」とかやったのは城島でしたっけ。これは文句言われて当然。他の種目にエントリーしている選手たちはおそらく自分たちのことでいっぱいいっぱいのはずで、とても「時間があったら他の種目も見に行こう」とか考えられないでしょう。あったとしても普段からつきあいのある選手だったりとかで。中畑は観光客気分だった、ということになりますか。少なくとも一軍の将としての覚悟は無かったに違いない。
 GM立てて選手選考と現場での指揮権を分割してしまえだとか、相手はメジャーリーガーばかりになるのがわかりきってるんだから、コーチ陣もメジャーを経験している人間が良いんじゃないか……と吉井が言っているらしい。なるほど、それは一理ある。
 今回の五輪だって同じ事だけど、やるからには勝つための集団を組織しなきゃ意味が無い。ぬるい手綱で痛い目にあって後で選手が文句を言うのは、完全燃焼できていない証拠だとも言える。相手に力負けしたと肌で感じてないから文句が出る。悔いの残る無冠という結果じゃ「得られた物は何も無い」なんて話が出るのもわかります。
 まあ、今回の負けが影響しているのかメジャーへ行っている日本人選手がマジになっているそうです。前回のWBCでイチロー以外の主立った選手が国内外問わず「今回はやめとくよ」みたいな姿勢でやきもきさせられたわけですが、あんな醜態を見せられたら「日本野球こんなもんじゃねーぞ」と言いたくなって当然。そういう気持ちがあるだけでも日本野球はまだまだです。というかほんと、余力残すような形で負けて来るなよな……。
 あと主に投手の役割分担をはっきりさせろとのこと。松坂は今年かなり好調で野茂のもつシーズン日本人勝利数更新は間違いないし(しかし野茂の記録も凄い。異様といえるくらい凄い)、今年は負け先行だけど黒田もいる。先発はメジャー経験の有る投手に任せ、中継ぎは逆にメジャーの選手達が知らない国内の投手で固めるのは面白いと思う。それを考えれば今日本で先発として結果残してる選手を優先して選ぶことにこだわる必要も無い。この辺人選は慎重になるべきですね。
 惨敗後のWBCだけに勝利を義務づけられる形になって大変でしょうが、その責任は星野以下今回の首脳陣とNBPにあるから思い切りやってくれればそれで良いと思います。監督は落合が良い気もするけど、もう蹴ったんだっけ? ドラゴンズが選考そのものについて噛み付いたって話もあったような。
 今週あたり、雑誌でも五輪野球の話が出て来ると思うんで、いろいろ読んでみます。あ、週刊ベースボールは見逃したかもしれない。

 追記。
 とりあえずコミッショナーが監督を決めるらしい。勝てるチームを、ということを言ってるけど、判断の基準や指針は棚上げ。この辺はまだ時間かけてもいい部分だからいいけど。とか思ったら福田やめたのかよ。なんか伏線あったっけ?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。