宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伏せ字の嵐

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 リアフレとwifiでプレイしました。案の定画面に下ネタの飛び交う展開に(苦笑)。これだからフレコ無しじゃ定型文でチャットするしか無いんだろうなあ。このゲームの場合絵も描けちゃうし、いくらでもそっちの方向へ走れるし。既に描きたい絵をビジュアルチャットに落とし込む方法が出来ているらしくて、精度の高いものも描かれている状態だそうで。日本人に制限された創作環境を与えると無類の力を発揮するというのは本当だわ。あ、やっぱwifiだと経験値ちょっと高いですね。
 ストーリーモード、仲間が弱いですよね。ダメージ表示を見てるとはっきりと火力が無いのがわかります。主人公の20%以下かな。それでも仲間を積極的に使うのは的を増やすのと、サリサのレスタが欲しいから。レイマールではサリサの回復量には及びません。その仲間に出せるオーダーは実のところデフォルトのフリーオーダーが良いような気がしてます。回復してくれるし、そこそこ真面目に闘ってくれる。バトルだと回復しないし、ヒールだと闘ってくれない。極端過ぎる。
 レベルは上がってますが、進行度としてはまったく進んでません。機械の敵ばっかり相手にしています。この辺、異常な程デオツインズがドロップする傾向があって、逆に剣がさっぱり出ません。剣が出ないからマグも育たない。早くここは突き抜けた方がいいのに、そこまでやる時間とタイミングが無い状況です。なんとかせねば。
 レイマールの次はヒューマール……と思っていたんですが、そうするとフォキャストなんて職業は無いんで、偏ってしまいます。ヒューキャストにしておくべきかな。打撃高火力キャラも体験してみたい。

 年越しは仕事です。「森」でカウントダウンしたいのになあ。とほほ。
スポンサーサイト

フォトン検証

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 元祖「PSO」ではDC版とGC版でフォトンの効果が修正されています。DC版では純粋にフォトンとしてついているパーセンテージ分ダメージも上昇していたのですが、GC版では武器で与えているダメージのみ加算となっているのです。キャラの身体機能+マグの補正によるダメージには加算されていないんですね。当然トータルとしての効果は減少しています。この仕様だと武器の攻撃力が上昇すればするほど効果が出て来ることになりますから、一周目ではあんまりフォトン重視しなくてもいいのかなーと思ったり思わなかったり。
 高い攻撃力の武器の方がはっきり効果が出る……とわかっていながら、手持ちの都合上でマシンガンで検証(苦笑)。対マシン0%のデオツインズと49%の同武器でダメージの差は5程度。一撃で30と35くらい。マシンガンは二連射だから倍にして60と70。まあ対ボスとか長期戦ではじわじわと効いて来る量ですね。ちなみに0%の方の同武器に目一杯グラインダー費やして+50まで強化したら一撃50くらいまで上がりました。数値としての攻撃力は+100です。
 デオツインズは攻撃力46。現時点でのスピリテッドの攻撃力は184なので武器のみの攻撃力は20%。ダメージ30のうちのデオツインズ分は6。ここに49%の補正入れても35には……ならないな? もしかしてマグの分には補正かかるのかな? 今マグの攻撃力補正はぴったり50。だからトータル230内訳はスピリテッド134、マグ50、デオツインズ46。マグ+武器で96。全体の41%ほど。ダメージとしては30のうちの12くらい。ここに49%の補正を入れておおよそ35くらい? うーん、もうちょい検証してみる必要がありますね。
 攻撃力230でダメージ30だったのが330で50。武器+マグの分は60%ほどだから30。デオツインズの補正を入れて20+30+15で一撃65になるという計算になりますか。うーん、今ダンジョンの途中だけど折角だからやってみるかな。

(実験中)

 む、56くらいだなー。マグ分入れなくても60くらいにはなる計算だから、フォトンによる追加ダメージの公式さっぱりわからなくなってきた。もしかして武器のもともとの攻撃力にしか補正されないのかもしれない。必要なのは素の良武器なのかも。後日検証続行で。

ダブルセイバー・マシンガン

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 最初にレイマールを選んだのは正解だったかな、と思いつつある今日この頃。ハンターでやるとどんなもんなのか触り程度でもやってみるかと(リアル友人にハンターお勧めしてしまって苦労させてるので)思ったところで、ダブルセイバーをゲット。普通に考えたらありえないけどゲームでは大抵銃よりも剣の方が攻撃力が高い。それまで使っていたライフルと大差無い攻撃力でレイマールにも使えます。で、ちょっと試してみました。
 ダブルセイバーは複数ヒット武器です。そのかわりリーチがかなり犠牲になってます。接近戦を挑まなければいけません。これまでマグ育成でも防御力はほとんど無視していて、喰らうとかなり痛い。それでも集中的に大ダメージを与えられるのはなかなか良いです。特にボスなんかには効果高そう。でもソロだと厳しそうだ。袋だたきにされちゃいそうで。
 続いてマシンガン系も試してます。最近気づいたんですがレンジャーだと多用するLボタン押しっぱなしでのエネミーロックオン状態キープして移動しながら、短銃とマシンガンだけ攻撃も出来るんですね。三段攻撃は出来ないですけど。直線的な攻撃をしてくる相手にはゆっくりでも左右移動しながら打ちまくる戦法がかなり効果的です。特に今闘ってるマシン系に有効。ただマシンガン系は命中率、攻撃力両面に難を抱えてるんで、グラインダーでのフォローを入れた方がいいかも。そうすればかなり強力な武器になってくれそう。バズーカは単発で使い辛い……着弾範囲系でも無いからライフルの方がマシ。
 で、ぼちぼちこの間wifiつないでマルチプレイした時に闘った機械系ボス……あれもまた強いんだよなあ。このゲームマジボス強い。ふう。

光子砲つかいづらいよ

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 クエストが微妙におもしろく無いと感じているのは私だけでしょうか。メインシナリオもクエスト扱いですが、それ以外。「PSO」だとバリエーション豊かに楽しませてくれたのに、「ゼロ」のクエストはどれをやっても最終的にそのステージのボスで占めるものがほとんどです。話の流れ的にボスとか関係無いじゃんってのものもあります。これはいかがなものか……。それにクエストの数も少ない。もっともソロプレイでもwifiにつなげばマルチ用のクエストがプレイ出来ますが。本編シナリオに登場の仲間がついててくれないし、マルチ向けで敵もちょっと強いんで大変ですけどね。
 そういう感じで本編進めてます。マグも育ててやっとこさ火力も上がって来た感じです。今回のマグは回復アイテム以外も食べます。というかむしろどのパラメータが上昇するかいまいちわからない回復アイテムよりも武器を与えた方が簡単です。剣系なら攻撃力、銃系なら命中、杖系なら法撃力、防具なら防御力が上昇します。超わかりやすい。あとたぶん武器のレアリティでどのくらい上昇するかが決められてるんじゃないかと。今回武器の使用制限がレベルだけで必要命中とか無いんで、マグは攻撃力一辺倒です。あと地下の隠しショップでマグも売ってます。いくつも育てることになりそう。
 レイマールはGC版では最強と呼ばれていたらしいです。高い命中とシフタデバンドといったいわゆるバフ系が使えたことがポイントとか。ですが今回のレイマールはどうやらシフデバ使えません。仲間のカイが使ってる雰囲気なんで、ヒューマーは使えるのかも……。ザルアとかデバフ系は使えます。レスタは使用可能。あと今回レスタはアルレスタという範囲系と別カテゴリになっていて、こちらのディスクがまだ出て来てません。あれ待てよ? レスタをチャージすればいいのかな? また試したこと無かった。
 今洞窟に入った所です。洞窟の中にはまたもやネイティブ系モンスターが! でも遂にビースト系モンスターも出て来ました。ビースト系に対応する武器に手持ちが無いんで、ちょっとやりづらいです。武器はいくつか使い分けるのが良いかもしれませんね。

 今朝もいつものように「森」で遊ぼうと思ったんですが、なんかwifiのつながりが悪くて通信は断念。なんだったんだろう、あれ。

動物三昧

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 元祖PSOは全4ステージで、森洞窟坑道遺跡という構成でした。それぞれネイティブ、ビースト、マシン、ダークと対応した属性の敵が配置されています。昨日も書いた通り、ネイティブビーストマシンダークと属性が分かれているのは今回も同様です。が、ステージの方は荒野、湿地帯、雪原……と進んで来て出現モンスターはネイティブ、ネイティブ、ネイティブ+マシンです。ネイティブばっかり。全7ステージだそうなので、残り4ステージでビーストマシンダーク登場ってことになるのでしょう。
 雪原がちょっと曲者でして、出現するモンスターの大半はネイティブです。が、最も手強い相手がマシンで、ボスもマシン。武器のチョイスが難しい。ネイティブマシン両方のフォトンを備える武器も入手出来るとはいえ、そうそう都合良くは行きません。難しい所。
 フォトンはどうもナチュラルに付くのは50%まで。グラインダーで限界まで強化した武器にボーナスで付けられるのは15%。これで55%までアップさせることが出来ます。ただ、40%以上あれば充分強力なので、たとえばネイティブ42%マシン18%付いてる武器ならマシンの方を強化する方が使える物になりそう。
 しっかし、ほんとボスがつええですよ。湿地帯のタコはなんとか楽に倒せるようになったものの、レーヴェの二機セット兵器はもの凄く苦労しました。1ヒットで30程度しか削れないのにHP1000単位だなアレ。数千というレベル。
 ちょっと遊びでクロー系武器を試してみました。報酬で貰ったエイトオンス(ボクシンググローブ)です。リーチがとても短いかわりに技の回転が良く複数ヒット。なかなかパワフルかもしれません。ボス戦には向いてるかも。レンジャーなら短銃かなあ。回転の良さを重視して。でもカメラの関係で敵を捕捉するのが大変だったりもする。難しい。

デッドドライブ

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 発売日を首を長くして待っていた「ファンタシースターゼロ」がついに発売になりました。朝一でヨドバシへ行ってゼロ購入者が挑戦出来る抽選器を回してクオカードをゲット。パケ絵と同じ絵柄ですがこれはラッキー♪ つるののサインとかタンブラーとかいらないし。この手の特典系クオカードって初めてかもしれません。今まではテレカでしたから。ちなみにもらったカードはオギでみっくみくのネギ。
 昨日は仕事と飲み会でたいしてプレイ出来なかったんで、改めて今日がっちりプレイしました。予定通りキャラクターはレイマール。白装束で赤毛の女性キャラでスピリテッドと名付けました。デッドドライブです。槍じゃないけどデッドドライブ。ちなみに職業性別種族以外の要素は後でいくらでも変更出来ます。それほど悩む必要ありません。どうせそれほどバリエーションとか無いし。体型もいじれないしね。
 シティを拠点にクエストこなしたり普通に地上に降りたりするのは「PSO」と同じ感覚です。シティの人口が妙に少ないのもこれまで通り(笑)。ただし、このゲームなぜか回復拠点がありません。回復は全部自前でやれってことのようです。
 カメラが劣悪という話がよく出ています。正直良くはありません。が、レンジャーは操作次第である程度どうにか出来ます。ロックオンしつつLボタン押しっぱなしでロックオンを維持しながら移動が出来て、相手が動いてもそれにあわせて視点移動してくれます。Xボタン+LRで旋回。慣れるまでは難しいかもしれません。それに混戦上等なハンターだとマジ厳しいかも。
 三段攻撃は健在。弱攻撃とヘビーを使い分けるのも一緒です。ただしエクストラアタックは無くなりました。武器にフォトンがついていれば通常攻撃でも発動するっぽいです。緊急回避はかなり性能が高くて、ほとんどあらゆる攻撃を避けられます。タイミングさえあわせればダークファルスのグランツみたいなのでも避けられることでしょう(今回のダークファルスがどんなかわかんないけど)。ただしボタンを押した瞬間から無敵が発動するのはいいとして、終わり際にそこそこでかい隙が出来ます。範囲攻撃に対する際は避ける方向にも木を配る必要がでて来るでしょう。それ以外は特に問題無し。
 レンジャー……というか「PSO」の射撃武器というと短銃かショットガンの印象が強い。短銃は他の職業も装備出来て頼りになるし、ショットガンは範囲攻撃。どうも今回ショットガンが無いっぽいです。拡散する射撃武器はガンスラッシュだけ?で、それも単発。そうそう、ガンスラッシュは一応レンジャーカテゴリの武器らしいですが使い辛いかも。かわりにキャノン系が着弾範囲系なのかな? そこに期待したいところです。
 で、今使っているのはライフル系。実は「PSO」ではほとんどライフルを使った事がありませんでした。短銃の方が回転が良いし、そこまで極端な長距離射撃を行う必要性も薄かったせいです。今回もとりまわしだけなら短銃の方が良い。ただ、今回的のHPがそこそこ多いせいかレンジャーでも接近戦に持ち込まれるケースが多い。なので少しでも射程を長くとってそのリスクを回避ししたいという感じ。レイマールのイラスト自体ライフル装備だったんでイメージにも合います。
 獣ビーストマシンダークで武器特性がわかれるのも従来通り。ただしフォトンは10%単位ではなく1%単位でついてきます。一周目序盤から40%オーバーの物も出て来るんで見逃せません。グラインダーもわりとポンポン出て来ますから。強化はした方が良いかも。どうせモノグラインダーじゃ一周目程度の武器しか強化出来ないんだし。
 接近戦に持ち込まれがちなせいか、敵を強く感じます。とくにボスが強い。これまでお約束のドラゴンと湿地帯のタコと闘いました。ドラゴンはメインシナリオでレベル5程度の最初の挑戦で倒していたんで舐めてたら、その後しばらく返り討ちに合いました。仲間ふたり連れて行っても平気でやらてしまいます。タコも初挑戦でかろうじて倒せたものの、HPギリギリまで削られました。死ななかったのが不思議なくらいです。タコだからてっきり足を一本一本減らしていくのかと思ったら違ったみたい。これは手強い。しかもたいしたドロップしないし!
 マップは意外と「PSO」な感じが出てます。四角いブロックのランダムつなぎあわせのわりにそこそこちゃんとしてる。ランダムマップは闘技場が出てます。ワープすると闘技場に移されてバトル。倒せばレアリティの高いアイテムゲットという寸法。こちらもかろうじて勝ちましたが仲間はどっちもやられました。景品はエレメント一段階強化のカートリッジ(防具のスロットに刺す奴)。これは素敵。他に一度殲滅したはずのマップに再度妙な敵がわいたりしました。こちらもレア系ドロッパーみたいです。
 カメラの問題を除けばそこそこうまくDSというハードに「PSO」を落とせてると思います。しばらくはこれで遊ぶ予定。

飲めないけどちょっとだけ

 今日は通常なら休みの所を駆り出されてその後実質上の忘年会に突入。飲めない上に食事制限を受けてる私はいろいろ辛かったり。でも楽しいには違いない。サンタコスっていいね、サンタコス。正直ぐっと来ちゃったよ。今日はちょこっとだけ「ゼロ」もプレイしたけどこれだけで。

DSiウェア うごくメモ帳

うごメモ
 さっそく落としたので簡単なのを描いてみましたよ。誰でも考える目パチ口パクレベルですが。今日からスタートしたDSiウェアロンチタイトルで唯一無料のうごくメモ帳は描いたうごくメモをgifに落とすことが出来るので、こうやって自力でネットにアップすることが可能です。DSの解像度レベルなんでサイズが小さいし、とてもくっきり出力されてるようですね。好感触です。
 うごくのが売りとはいえメモ帳であってグラフィックツールではありません。キャンパスの面積を除けばピクトチャット以下の機能になっています。ペンは同じ太さの二色だけ。ハーフトーンで塗れるのは一応ピクチャに無い機能。パラパラ漫画として仕立てあげる機能に関してはオートコピーやらボイス吹き込みやらカメラとの連動やら無駄に充実してます。努力次第でいろんなものが作れそうですね。アニメーションのピッチもちゃんと変更出来ます。5段階目から6段階目の落差が激し過ぎるような気もしますが。
 DSiは地味に画面が大きくなってることもあってか、意外と描き易いです。動画として仕上げる事を考えたらこのくらいのサイズが良いのかもしれませんね。アップロードする際にも容量の問題がありますし。
 かなり面白いので今後もアップ出来そうなものが描けたらここで公開していきたいかも。うごメモ以外は落としてないのでなんとも言えません。もともと一番期待してたメモがきっちり面白かったし、すぐには要らないかな。

木を揺らそうよ

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 周囲の村ではうちでまだ釣れてないイトウやシーラカンスがいたりしてめっちゃジェラシーな今日この頃。イトウに関しては私が村に入れる時間が出現時間にあまり合ってないということがあり、シーラカンスは更に雨なり雪が降らないとでて来ない。現状でなんとかなりそうで、捕獲難易度の高いものはなにかいないか……いた、ハチだ。
 ハチは木を揺らすと一日5回限定で出現。村中の木のいずれか五本の中にハチが巣食っているという寸法です。ただし果樹のなる木には住み着かない。他に二本だけ家具の落ちる木が、100ベルの落ちる木も10数本。とにかくハチを捉えるチャンスは一日5回だけということです。
 ハチはとにかく捕獲何度の高い虫で、これに匹敵するのはタランチュラやサソリ……つまり向うから積極的に攻撃してくるタイプです。ハチの捕獲の何が難しいって、直線的に突進してきて網を振るうタイミングが極めて取り辛いことでしょう。蝶や蛾のように逃げられても改めてチャレンジすることは出来ません。逃げられるタイプでも花や木に止まってる虫みたいにゆっくり近づけば良いわけでもない。
 DS版ではハチを出現させた直後にアイテム画面に入り網を装備し、通常状態に戻りつつボタン連打という手法がありました。今回も一応この手が使えます。が、タイミングはDS版よりはるかにシビアになっているくさい。そこで私が編み出したのがこの方法です。ハチを出現させたら速攻でそこから数歩離れます。ハチが巣から出て来るまでに多少のタイムラグがありますから、その間に距離を取ることが可能です。そこでアイテム画面に突入。ゆっくりと網を装備。アイテム画面を開いている間はハチも接近してきません。で、解除してから接近してくるハチにカウンターを試みる。
 これも確実性の高い方法ではありません。というか確実とか無理。それでもDS版の方法よりは捕獲出来る可能性は高いと思います。DS版では見当違いのところへ網を振るうことも多いので。
 とにかくハチゲット!

エア捻挫

 別に捻ったおぼえは無いのに右足の甲の辺りに捻挫したような痛みがあります。どうしちゃったんだろ、これ。高校の頃にも寝てる間に足を挫いていてもの凄く腫れ上がったことがあって、それに比べたら腫れてないだけマシですが。それほど強烈に痛むわけでもないし。でも立ち仕事だからちょっと辛い。

 昨日まで上昇気味だった気温が今日一気に下がりました。こうなると風呂をシャワーで済ませるのは厳しい感じです。一部の予報では雪でしたが、実際どうだったのかな。ん~調べてみたけどよくわかんないや。まあいいや。お風呂に入れば血行良くなるから低血圧には良いかもしんない。

絶対可憐チルドレン

絶対可憐チルドレン 01 [DVD]絶対可憐チルドレン 01 [DVD]
(2008/08/22)
平野綾白石涼子

商品詳細を見る

 第一回をテレビで見てからそのままになっていた「絶対可憐チルドレン」をDVDで最新四巻まで見ました。あ、これ面白い。制作スタッフや声優陣は前番組の「ハヤテのごとく!」とほとんど同じながらも、作品のノリはかなり違います。作品自体違うんだから当たり前ですが。ちなみに漫画の方は読んでません。レンタルでいずれ読むかな?
 でもなんだろう。なんかどっかで見覚えがあるような雰囲気が激しくします。具体的に言うと葵から(パケ絵で眼鏡ロングの子)。葵の声優はハヤテと同じ白石涼子です。ラジオの方で奈良生まれということを言っていて、リアルでも関西弁を使えるそうな。そう、関西弁なんですね、この子。この声……関西弁……やっぱ聞いた事が……白石涼子は「ハヤテ」で初めて聞いた声優じゃなかったっけな……でも確かに。
 ……あ。「メモオフ」だ。「メモそれ」「#5」に連続登場した関西弁使いのキャラ木瀬歩。あの子白石涼子だったのか。全然気づかなかった。でも役の調子がほとんど同じです。間違いありません。「メモそれ」と「#5」は舞台が近く時系列的にもかなり近い作品なんですが、共通する要素となると歩の存在くらいしかいません。しかもサブキャラ。彼女と藤原雅の因縁は「からアゲ」ですっきり解決させて欲しかったなあ。出なかったんだよな、「からアゲ」では。
 そういえば藤原雅といえば、最近になってもグッズの出ている人気キャラです。「メモそれ」であまりに雅にゾッコン惚れ込んだ挙げ句、KIDに入社してしまった馬鹿がいるそうで、そいつがグッズ発売を推進しているのかもしれません。なんせ発売したのが抱き枕におっぱいマウスパッド。アホ丸出しです。
 「絶チル」はいまDVD4巻まで。スラップスティックな乗りが好みです。ロリではないですよ? でも後半深刻な展開になりそうでちょっと怖い。そういうのは苦手なので。いずれにしても原作とは違った展開になるのでしょうが。原作終わってないし。

低い血圧

 朝、というか私が目を覚ますのは夜ですが、とにかく起きられなくなりました。正確に言うと目はちゃんと覚めているのに、身体を起こすことが出来ないのです。前々からあった低血圧の症状がやたら酷くなったような感じなのでしょうか。そのため仕事前に充分に余裕をもった時間で起きないといけません。なので、急に呼び出されたりしても実質役に立たないのですね。これがきつい。手術後に目立って来た症状なんで勤め先の理解があるところがまだ幸いなのですが。今もちょっと頭がクラクラしている中で書き込んでいます。
 問題はぼけーっとしている時間が勿体ないことです。とりあえず枕元に置いてあるDSでゲームやったり、漫画読んだりするようにしてます。でないと本当に何も出来ない。そうした調子がだいたい一時間も続きます。長い。抜本的な対策を考えないと、いずれ私は家系の癌体質よりもこっちの方で命を落とすんじゃないかというような気すら……。火事で逃げ遅れるとかもありそう。怖いな。
 食事療法でどうにかするには限界があります。たぶん今避けている揚げ物や牛肉類を摂取する必要がありそう……でもやっぱ食べられない。どうしたもんかな。病院行った方が良いのかも。毎日のことだけに。

メサイヤ

 昨日の余波でわりとさんざん。家賃払いに出かけたはずなのにヨドバシで買い物したらすっかり忘れて帰っちゃったり、食事の時間が大幅にズレてわけがわからなくなったり、カブをタッチの差で売りのがしたり。
 買い物は噂のメサイヤバルキリー。アメリカでトランスフォーマーのジェットファイアとして再生したバルキリーが日本ではプラモのマクロスFキットになった。この辺が現状での極地であることは間違いない。スカイファイアは玩具だから頑丈なのです。国産玩具のバルキリーは脆いと大評判。それにすげー高い。でもどうやら作る時間がないっぽい。年内には無理かもしれない。むう。スカイファイアはメット取ると男前ね。
 短い時間にぷちぷちとエルミナージュやってる以外は「森」に入るくらいで、「タツカプ」も「ライドウ」もプレイ出来ません。これは苦しい。来週になったらエルミが「ファンタシースターゼロ」に変わることになりますが、今よりやり込むと思うんで他のゲームはなおさら……きついな。これはきつい。1月はなんか忙しそうだし。あらかじめまとめて少し休みをもらっておいた方がいいかもしれない。

眠い

 今日は仕事の都合で丸一日寝てない。なのでとても辛い。午前中家賃を払いに行ったのにヨドバシで買い物してたらころっと忘れてしまったりとあまり良い感じがしない。マジ辛いので今日はここまで。こういう日もたまにはあるさー。

ハイマスター能力

エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~
(2008/11/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 エルミナージュはプレイ時間も結構進んでいるわりに、進行度そのものはかなり遅いです。集めなければならない5つの指輪のうち回収で来たのはひとつだけだし、50以上あるクエストもこなしたのは12だけ。ハクスラ系でキャラの育成やドロップ狩りの方が目的になっているのが大きな原因です。クリアする方に関してはあまり積極的になってない。ただ、一周クリアする毎にレアドロップ率が高くなる仕様なんだそうで、クリア出来るのならしちゃった方が良いのかもしれません。
 盗賊七月、戦士蘭堂と服部に続いて錬金術士有賀、魔法使い三澤もハイマスターになりました。残っているのは中級職でハイマスターに必要なレベルが高い上に成長自体も遅い司教の王塚だけです。ハイマスター能力は転職すると失われてしまいます。だから転職せずにこのまま行こう……と思ってました。
 盗賊のハイマスター能力はエネミーの武装解除&盗み。これはかなり使えます。ドロップでは入手出来ないような装備品をゲット出来ますし、武器を武装解除してしまえば敵の攻撃力が
激減したりします。闘士や侍を育ててる場合はかなり重宝するでしょう。麻痺させると絶対に回復出来ないんで、解除し放題、盗み放題になります。錬金術士とはナイスコンビですね。
 戦士は物理打撃プラス。ダメージ5%アップでした。盗賊も同じ能力があって、こちらはプラス3%。これは微妙だな、いまいちだなーと思ってたらさらにレベルアップすることで戦士7%。盗賊4.1%に上がっていました。なるほど、これならわかります。10%を超えて来るとその効果もはっきりしてくるでしょう。やっぱり転職しなくていいや。闘士や侍が欲しかったら二周目新キャラでやります。
 錬金術士は魔法威力アップ(でもたいして攻撃魔法を持ってない)、鍛冶で装備に焼き付けた錬金素材の分離能力。分離は結構便利なはず。これで優秀な素材を使い回せるようになります。ガンガン素材集めてガンガン鍛冶って大幅に武装強化出来るようになるのです。盗賊の七月さんは属性防御が低くてブレスでよく死ぬ>リセットするのでその辺フォローしておきたいです。
 魔法使いは魔法威力アップ。それだけ。現状最大火力を持つキャラだから威力アップは素直に嬉しい。でもこれ以上魔法使えるようにならないんですよね。地味な存在になりそう。
 司教がハイマスターになる頃にはクリアしてるかな? ぼちぼちそっちの方向へ進もうかと思ってます。

あなたを待ちきれない

ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)ファンタシースター ZERO 特典 ゲストアイテム付き合体トレカ付き(全4種類のなかから1枚がランダムで付きます)
(2008/12/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 DSの「ファンタシースターゼロ」も発売まで二週間を切り、かなりの部分の仕様が公開されました。1本のソフトに登録出来るキャラは3人まで。正直少ないと思いますが、その3人で共有出来る倉庫があるとのこと。キャラクタークリエイトの自由度はさほど高く無い。これを補う要素がなんかしらあると嬉しいです。
 通信はビジュアルチャットを全面に押し出していますが、ソロのストーリーモードをオンラインでプレイすることが可能で、フレコを交換した相手がwifiにつなげるとゲーム内で報告されるというのはかなり大きな要素になります。これまでのwifi対応作品のように最初に全員同時にマッチングしてドン!というのではこういうタイプの作品はやりづらい。ロビーにあたるものがないことで心配視されていたものが解消されました。これなら積極的にwifiで遊べます。
 そのストーリーモード、初代「PSO」では延々一人旅のちょっと寂しい孤独な闘いでした。今にして思うとあれは本当に寂しい。「ゼロ」ではストーリー上で仲間になってくれる数キャラが一緒に闘ってくれるようです。今の情報では仲間になるのはヒューマー、レイキャスト?、ハニュエール。バランスよく揃えてます。「PSO」のクエストで仲間になってくれるNPCはマグ非装備で弱かった。ちゃんと戦力になってくれるなら助かりますね。
 マップは完全ランダムという噂です。様々なブロックが数珠つなぎになって展開されるっぽい。中にはレアマップなんてのもあったりするらしい……でもその内容はまだよくわかりません。プレイにめりはりをつけてくれるものだと良いですね。あ、そうそう、キャラは一度作れば全てのモードで使えるそうで。「PSU」では使えなかったんですよね、確か。
 これで現状「○○が心配」というような要素はほとんど無くなっています。セガのくせに手堅い作りだ(笑)。あとは発売を待つだけです。

エルミナージュ DS Remix

エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~エルミナージュ DS Remix ~闇の巫女と神々の指輪~
(2008/11/13)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 実は前からこのゲームをプレイしていました。具体的に言うと「ソーマブリンガー」の話題が出なくなったあたりからです。アクションRPGと3DダンジョンRPGという違いはありますが、どちらも敵を狩ってアイテムゲットしキャラ強化という流れが主体のハック&スラッシュ系タイトルですね。ちょこっと空いた時間にぷちぷちやるのには丁度良いだろうと思ったのです。出来の良さも評判でしたし。
 中味はすっぽり往年の名作RPG「ウィザードリイ」です。版権の都合とかで呪文の名前がネコソギ変わっているというか、そこを逆手にとってプレイ中に好きなように変更出来ちゃったりする仕様になってますが、とにかくウィズです。私はこの初代ウィズをMAXでプレイしてました。でもクリアはしていなかったはず。基本となる戦闘システムと転職まわりの仕様は当時から変わっていないようで、ウィズの完成度の高さが窺われます。
 プレイ時間は40時間を突破しました。もっともこのゲーム、スリープ状態でもプレイ時間に加算されていきますので、実質30時間ほどです。成長の早い盗賊と戦士ふたりの計3人がハイマスター能力をゲットしたところになります。
 ハイマスター能力は初代には無かったシステムで、その職業を極めたとされるレベルに到達する事で特別な能力が身に付きます。盗賊の場合、打撃効果プラス、罠の解除プラス、敵の装備を外す、敵のアイテムを盗むといったスキルをゲット出来ちゃいます。敵を麻痺させておけば外し放題盗み放題という素晴らしく美味しいスキルです。もっとも盗み出した装備は基本的に呪われてるらしくて、錬金術で呪い解除しないといけませんが。
 現在パーティ構成は戦士戦士盗賊錬金術士魔術師司教。一度も転職してません。このゲームの場合転職しないのも選択のひとつということで、今の所しないで最後まで行く予定にしています。
 ゲームの目的は5人の巫女に奪われた5つの指輪を探し出すこと。指輪はプレイ開始時点で多数あるダンジョンのどこかにランダムに飛び散るため、イベントをこなしてフェイムと呼ばれるアイテムを手に入れてコンバスに注ぎ込み、ありかを探し出さないといけません。ダンジョンは多数ありますが、極端なことをいえば指輪のあるダンジョンだけ探索すればクリア出来るということですね。まあ、まったりプレイしたいんで指輪探索にあまりこだわらず進めてますが。
 ぶっちゃけとても面白いです。面白さに売上げがついてきてないのが残念ですね。でもあと二週間、「ファンタシースターゼロ」が発売されたらしばらくお休みです。それまで頑張ろう。

雪だるまつくろうよ

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 すっかり雪の積もった霹靂村。雪が積もった事である程度化石を見つけ易くなりました。が、それでもDS版より難しい。それに一日3つ発見出来た事がありません。今回は一日2つなのかな? おまけに今日も二個ともダブリ! そんなに集まってるわけでもないのにどうしてこんなダブるんだろう……。これは辛い。
 雪が積もると出来る事。それは雪だるまつくり。村を歩き回ると誰かが途中まで作ってやめたものとおぼしき雪玉がふたつ見つかります。それを転がして大きくして離ればなれになってるそれらをくっつけると雪だるまの完成です。下を大きく、上をちょっと小さく作る事で完成度を上げる事が出来、雪だるまからご褒美に雪だるまシリーズの家具が貰えます。冬の間挑戦し続けることが出来るので比較的コンプリートのしやすい家具です。
 ここでうちで作ったビッグサイズ雪だるまを公開!……と思ったのに、あれおかしいな、SDカードに入って無い……確かに保存したと思ったのに……仕方無いのでこれはまた後日。ともあれこうやってスクショを撮る機能は他のゲームにも欲しい所ですね。便利ですよコレ。

釣り大会に出ようよ

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 今日の昼、村では釣り大会が開催されました。とにかくシンプルに「一番でかい魚を釣ったものが勝ち」というルールで、スズキが活躍する可能性のある貴重なイベントです。大きさの判定を下すのはDS版の村長から、ラッコ?のうおまさに交代してます。たぶん虫取り大会でも別の人が来るんでしょうね。
 今回は記録更新した時に家具をもらえる仕様になっています。だから大会開始直後に小さめの魚を渡しておき、次々に微妙に大きい魚を渡せば家具大量ゲット出来ます。本当に開始直後にやらないと住民のだれかがスズキを渡してこの手も使えなくなるので注意。今日の場合、最初の記録はアジでした。おかげで余裕で数回記録更新。もらった家具はつまらないものばかりでしたが……。
 今回計測した魚はうおまさに目の前でバリバリ食べられてしまいます。これはひどい(笑)。スズキみたいな簡単に釣れて安い魚なら良いですが、マグロになるとショック大きそうですね。
 株価チェックの意味合いも兼ねてスタートする9時から12まで延々魚釣り。その間に3度マグロを釣るチャンスを得ながら全て空振りしてしまいました。しかもうち2回は当たりが出る前に引き上げてしまい逃げられるというチキンぶり……情けない。マグロが釣れればまず勝てるはずなんですが。とはいえ、今日は勝てました。117センチのスズキで。これはスズキとしてはかなり大きいです。78センチのものもいましたから、振り幅はかなり広く取られているようですね。スズキ活躍。

 「タツカプ」はドロンジョさまの扱いにだいぶ慣れて来ました。やはり中足が生命線ですね。伸びて来た足を中足で潰したために距離がかなりあるというケースでも無い限りエリアルに持ち込めるのは強い。持ち込めなくても立ち強にはつながるし、ラッシュをかけやすくなる。あとジャンプ強がなかなか強いから、中足とこれを繰り出し易い中間距離を保ってエリアルを狙うのが基本スタイルになりそう。

タツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ

タツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズタツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ
(2008/12/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 Wiiのコントローラでどうやって遊ぶんだろうと思ったら、かなり簡易に噛み砕いた操作法が搭載されてました。必殺技やハイパーコンボはボタン一発です。でも私はクラコン持ってるし、GCコンも使用可能なので試してません。といってもオリジナルでも8方向ボタンに弱中強+パートナーボタンのみ。通常技の数がかなり少なく設定されています。今回から新しく搭載されたのはエリアル中に交代するヴァリアブルエアレイド、疑似的なチェーンを無理矢理発生させるバロックコンボのふたつですが、これは無視しちゃっても良いレベルです。これらを軸に闘うことは無いと思われます。
 派手派手な演出はナイスなんですが、勝利ポーズがひとつしか無かったり、変なところで手抜きされてる印象があります。ロールちゃんだけボーカル入りのBGMというのも唐突でちょっとびっくりしたりして。あと私だけなのかな。画面が切り替わる際に激しく画像が乱れます。画面が壊れたままバトルスタートしてしまい、ほとんど闘いにならないというケースも多々ありました。一応自分でハイパーコンボを使う事で治ったり治らなかったりします。原因不明。

【ドロンジョさま】
 困ったキャラです。必殺技は基本的にボヤッキーとトンズラーのサポート技で、弱中強ボタンは彼らを出現させる位置に関わる物が多い。そのため安定した攻撃が出来ず、通常技キャンセルから決まる確定コンボがありません。ハイパーコンボも同様。ドロンジョさまでコンボを狙うなら部下二人の攻撃からチェーンにつなぐか、ヴァリアブルアシストを挟むかする必要があります。また部下ども自身にも暗い判定があるため、そもそも必殺技自体安定してません。必殺技は攻撃と攻撃の間に挟むアクセント程度に考えておくべき。
 ではドロンジョさまはどうやって闘うか。中足払いが超重要です。そこそこのリーチとそこそこ強い判定で相手の攻撃を潰していきます。でもってヒットさせたら立ち強>エリアル始動技>弱弱中強のエリアルレイブのコンボへ持ち込みます。立ち強攻撃の時に前方に踏み込むため、足先が当たった程度でもエリアルに持ち込めるのが強み。空振る時もあるけど。立ち中もリーチは短くとも相手の突っ込みを結構潰せたりです。
 ドロンジョさまはハイパーコンボが必殺技に増して安定しません。正直使い道に困るものばかり。なのでゲージはパートナーに全部使わせてしまうのも手です。

【ガンちゃん(ヤッターマン一号)】
 ヤッターマン一号といえばケンダマジック。中強の通常技にケンダマジックを使ったアクションが組み込まれています。振りが大きく、意外とリーチがなく、空振りすると隙だらけ。とても危険です。二段ジャンプとヤッターランを使ってトリッキーに……と行きたい所ですがCPU戦ではあまり役に立ちません。ポイントになるのはヤッター感電です。最初のキックがヒットするとそのままケンダマジックを絡み付かせ電撃を放ちます。ここからキャンセルで「今週のビックリどっきりメカ」へ安定してつなげることが可能。ガンちゃんも通常の必殺技を使ったコンボは苦手なので、適度に感電を織り交ぜる必要はありますね。レバー入れ中(強だったかな?)からケンダマジックが一応つながる……アクセント程度に。
 ハイパーコンボは3種とも強烈。特攻ヤッターワンはコマンドが完成した瞬間からガンちゃんの暗い判定が画面から消滅します。その後ヤッターワン(2Pカラーだとヤッターペリカン。3Pでどうなるか楽しみ☆)が体当たり。ラスボスにかなり有効。これも感電からキャンセルでコンボ可能ですが、ダメージはあまり安定しません。灼熱ヤッターワンも同じく感電からコンボ可能。

【破裏拳ポリマー】
 前後の移動がやたら遅い妙な特徴があります。必殺技「嵐の構え」を3回行わないとハイパーコンボを出せません。構えはこの手の技としては比較的隙は少ないと思います。構え後に出せる技もありますし。
 ほとんどパンチ技のせいかリーチがありません。が、接近さえしてしまえば立ち中しゃがみ中の両2段攻撃が安定してつながり、強攻撃から繋ぎ足刀蹴りまでコンボになります。エリアルに持ち込んで反動三段蹴りにつなぐのも有効。ただしちょっと出し辛い。
 ハイパーコンボの真空片手独楽はレバー一回転の投げ技です。コンボにはならないものの、決めるチャンスはそれなりにありそう。間合いをつめておけばわりと強引に掴んでくれます。転身ポリマードリルはどうやって使えばいいのかさっぱりわかりません。必殺・幻影破裏拳は条件が厳しいだけあって決まれば大ダメージ。投げではなく打撃投げでコンボにもしづらいものの、無理矢理掴んでくれる点は独楽と同様。充分狙って行ける技です。

【白鳥のジュン】
 めちゃくちゃ日本人離れしたプロポーションが目を引きます。すごい。使い易いのか使い辛いのかいまいちわからない必殺技と、短くてはっきり使い辛い通常技が揃っていて、コンボはわりと得意です。ただしコンボに持ち込むのは大変。ドロンジョさまの真逆。
 はっきり使い易いと言えるのはハイパーコンボのスクラッチバーストと科学忍法火の鳥。スクラッチバーストは出が早くダメージもそこそこ期待出来、エリアルにも組み込める優れもの。問題はロールちゃん相手に途中からスカって逆襲必至な点。なんかキャシャーンにもフルヒットしなかったような。火の鳥は大鷲の健の同名技よりもかなり優秀。出が早く威力もでかい。初段さえ届く範囲なら軽くコンボに組み込めます。エリアル時に「これは届かないだろう」という位置からでも強引に掴むこともしばしば。

 今日CPU戦で使ったのはこれで全部。見事なまでにタツノコオンリー。一応カプコン側もトレーニングではさわってますが、このゲームあまり使い易いキャラがいない気がします。リーチ無かったり出が遅かったりで。今の所隠しキャラのイッパツマンが強そうな感じですね。逆転王召還は必見。あんなのやられたらどう対処すりゃいいんだ(笑)。

スピークラーク

 「タツノコvsカプコン」と一緒にWiiスピークも買って来ました。今後「森」以外でどれだけ活躍してくれるかまったく未知数ではありますが、当面「森」だけで充分です。そういえば「森」用に手持ちのUSBキーボードを試してみたんです。でもうんともすんとも言いませんでした。Win用のMacに対応してなかったうちでまったく活躍していない安価なヘボキーボードも遂に日の目を見る日が来たのかと思ったんですが、ヘボはやっぱりヘボでしたね。

 ということで「タツカプ」買って来てます。まだ開封してませんが。当面ドロンジョ様とガンちゃん使用の予定です。アイちゃんは隠しで入ってたりするのでしょうか。今のアイちゃんといえば声はヒナギクの中の人。いたら使ってみたい。
 かれら以外もタツノコ側のヒーローのデザインの秀逸さにはくらくら来ます。大鷲のケン・ポリマー・キャシャーンあたりの線の数の少なさに反比例するかっこよさがたまりません。……あれ、待てよ? うちの親は子供になかなか玩具を買い与えない人で、クリスマスプレゼントも無いような家だったのに、なんかガッチャマン一号のヘルメットがあったような……あったよな? なんであんなのがあったんだろう。

 ついさっきまで「森」で釣り大会やってました。ウメさんイケリンさんお疲れさまです。全員で何匹釣ったんだろう(笑)。スピークもなかなか良好な感じでいきなり活躍です。通話料と考えれば安い買い物かもしれない……けどやっぱ同梱版買えば良かった。
 さ、カレー作ったら「タツカプ」始めようかな。

大雪に注意しようよ

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 村の掲示板に大雪警報が貼り出されてました。予報通り、今日は村に雪が降っています。朝からずっと降り続けてますから、明日あたり一気に積もるのではないでしょうか。雪さえ積もれば地面の割れ目を見つけるのも容易になるので早く積もって欲しい所です。しかしそれにしてもいかにも寒そう。マイキャラは半袖で見ているだけでもマジ寒そう。
 雪ないし雨の降る事が出現条件になっている魚が一種類だけいます。シーラカンスです。なぜ降るとシーラカンスなのかはわかりません。特に意味は無いのかもしれません。DS版では背びれのでかい連中を釣りきれませんでした。鮫とか出現率低い上にやたら釣り辛い。でもシーラカンスは釣っています。これはチャンス。ただしDS版のシーラカンスは昼間には出ませんでした。たぶん今回もそうです。というわけで午前とさっきまで釣りに精を出してました。でもダメ。大きい魚影は大抵マグロです。マグロは高額だからいいんですけどね。
 村の掲示板と言えばペリコさんのイカす書き込みが無くなったっぽいですね。うーん、残念。

 明日は「タツカプ」発売日。売ってればスピークも買って夜にはつなぎます。よろしくです。

来年の金銭吸い上げ計画

 仕事のシフトが微妙に変わったおかげで日朝キッズタイムがネコソギ見られない。終わった頃に家に着くタイミングで、やってるのは題名の無い音楽会という状態です。それでも毎週ゴーオンジャーだけは録画してるけど、まだ見てない……。やっぱリアルタイムじゃないと難しいものがあります。来年はどうしよう。
 その来年の戦隊&ライダーの情報がぼちぼち出て来ています。戦隊は「侍戦隊シンケンジャー」だそうです。漢字三文字の戦隊は「光戦隊マスクマン」以来かな? 顔面に木火土天水の漢字がそれぞれどでかく描かれているアバンギャルドなデザインでした。漢字がそのままゴーグル部分なんですよ。ここ数年のデザインでは「激獣戦隊ゲキレンジャー」のベルトの無い全身タイツを超えるインパクトがあります。とりあえず全て左右対称で末広がりな漢字を使ってるんで、新戦士は「王」とかだったりしそう。
 平成ライダーの方は半年ずつ2作品放送するという超変則形態で行く様子。前期は「仮面ライダーディケイド」。平成ライダー10周年ということで過去のライダーが勢揃いするそうです。クウガとアギトに関連がある程度でそれぞれ世界観のまったく異なる作品なんですが、力技で全部解決するとか。それぞれの過去ライダーがそのライダーの特徴的なアイテムに変型するそうな。クウガならゴウラム、龍騎ならドラグレッダー、555ならファイズギア。無茶なことするなあ。過去作9作もあって放送が半年だと、それぞれの出番は少なそう。ディケイドもシンケンジャー同様、凄いデザインです。いやほんと。
 とりあえず龍騎の出番に期待したいです。まあ城戸真司が登場するわけじゃないけど。龍騎は海外版の制作も進んでいてこっちも楽しみ。新しい玩具出たりするのかな?

来年のカレンダー確保

続きを読む »

vsシリーズと私

タツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズタツノコ VS. CAPCOM クロス ジェネレーション オブ ヒーローズ
(2008/12/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 このゲームの公式へ行くと「vs」シリーズとして「カプコンvsSNKの2タイトルも含んでいるけど、これは除外すべきだと思う。格闘ゲームとしての中味がまるで違う。開祖は独特のシステムであるエリアルを最初に投入した「マーブルスーパーヒーローズ」であり、その前作にあたる「X-MEN」だろう。
 「X-MEN」はすべての通常技にキャンセルが可能という自由度の高さとセンチネルやジャガーノートのアホみたいなキャラのでかさに圧倒された革新的な作品だった。私が使っていたのはアイスマンで、中パンチ無げから立ち強P立ち強K大玉のコンボを決めて気絶>アークティックアタックで一気に勝負を決める爽快感が好きだった。本当にこのコンボだけで勝負を決めることが出来る。ただし重量級には決まらないという致命的な欠点があり、コロッサスあたりが天敵だった。CPU戦はかなり難しい。ジャガーノートに勝てたのは一度だけ。マグニートーには一度しか挑めなかったことになる。
 「マーブル」は未プレイ。次はいよいよ「X-MENvsストリートファイター」になる。悲しい時にアイスマンは続投しなかった。そのため使用したのはガンビットとローグのコンビ。そう、ここからタッグマッチになる。ガンビットは長いリーチを利用して攻めゲージを溜める役。ローグはそれを解放する役。ローグはパワードレインによって相手の技を吸収する能力があり、吸う技によってはオリジナルより性能が高い。たとえばダルシムのヨガフレイムは鬼のような強さだし、ザンギエフのスクリューパイルドライバーは波動コマンドで出せてしまう。こちらはCPU戦のとても楽なゲームだった。おそらくゲーセンの2D格闘で一番多くクリアしたのはこのゲーム。
 「マーブルvsストリートファイター」「マーブルvsカプコン」をスルーし、次にプレイしたのはドリームキャスト版「マーブルvsカプコン2」。ビジュアルメモリでゲーセンとDC版を連動させられるシステムが売りだった。やたらめったらキャラが多い。アイスマンもここで復活する。ローグは相手が多過ぎて技ではなくパラメータ変動になってしまった。使用キャラはジル・バレンタイン、ローグ、アイスマン。ローグのアシストは移動無げでガード不能なため、ここをコンボの起点にする研究を随分やったおぼえがある。アイスマンはビームによる必殺技で削られない特殊能力を持っていて、ラスボス戦で有効だった。
 で、時代は代わりハードも変わる。今度発売されるのはWiiの「タツノコvsカプコン」。シリーズ自体とても久し振りの登場になる。カプコン自身ドット絵による2D格闘の制作から離れてしまい、もうこの手のゲームは出ないと思われていた。が、「ストリートファイター4」がポリゴンを使って出ることになり、その流れを受けて「タツカプ」もポリゴンを使った2D型格闘として出現した。タツノコプロはいうまでもなくアニメで往年の名作を多数輩出した有名スタジオである。一番有名なのはガッチャマンか、今リメイクされてるヤッターマンだろう。当然この2作品は登場している。
 今回魅力を感じるのはやっぱ世代だけあってタツノコ側キャラばかりだったりする。というかいわゆる三悪を使えるのが嬉しい。負けるのがお約束のキャラを対戦格闘で使って勝てるのだから面白い(笑)。ポリゴンを使った3D混じりの派手派手な演出が今から楽しみだ。カプコン側も多数の作品からキャラヲ登場させている……けど、やっぱインパクトには欠ける。隠しでもっと酷いキャラがいるといいんだけど。
 というわけで今週発売。ぜひ買って遊びたい。

とめはねっ!(4)

IMG_1957_convert_20081206214347.jpg
 気がついたら4巻出てました。特徴的な表紙なんで、並んでたらすぐにわかりますね。とかいって前は見逃してたような記憶があるような。まあいいや。とりあえず今回はまだ「ヤングサンデーコミックス」でした。ご存知の通り、週刊ヤングサンデーは休刊となっています。掲載作の多くはビッグコミックスピリッツに移行し、継続しています。「とめはねっ!」は河合氏が遅筆なこともあってもともと休載の多い作品でしたが、移籍を機として隔週連載になりました。事実上の不定期よりは隔週の方がまだマシでしょうか。
 今回収録ラスト3話のみスピリッツ掲載分です。移籍することとか関係無く普通に書くという選択をせず、一度ヤンサンラストで区切りをつけ、スピリッツの再開第一話でリスタートという形を取っています。そのためか「書の甲子園」の話がやや中途半端になってしまいました。「出品しました」でヤンサン最終回だったんですね。

【縁と望月篆刻を掘るのこと】
 望月、体全体を使ったり力技になると実力を発揮するのが偏ってて面白いですね。いかにもな感じです。なんやかやで地味に出番のある久我の望月への説得はもっともな話。なのにまったく感銘を受けて無いあたり、望月も変わった子ではある。女子に囲まれてバク転で逃げるくらいだしなー。
 河合氏の一本一本の線を大事にする作風は書道を扱うこの作品にあっているという印象を受けました。篆刻掘ってるシーンの望月マジ美少女。縁は出番はあるけど実はこの2話で一度も喋ってない(笑)。

【縁バイトをするのこと】
 驚きの宮田さん再登場。それどころか3巻で望月が一方的にライバルに指定のを受けたわけでもないのに、ライバルとして縁に急接近。この展開は読めなかった。一週間ひとつの部屋をふすまだけで区切って一緒に生活していたのにほとんど覚えてないという相手に目をつけるってのは顔じゃないんですね、おそらく(苦笑)。人柄と英語力か。バイト先にそば屋を選ぶのはいかにも縁らしい。ここでの客の描写が無駄に個性的で笑える。
 しかし宮田さん大胆というか、わざわざ携帯番号渡すだけのことで仕事着から背中がらあきの私服に着替えるなんて、あからさまだな。積極的だ。縁にはまったく伝わってないけど(笑)。望月はこの後で「こういうナヨっとした男は嫌いだ」と言ってますが、それは本音だと思います。望月と縁はまるで正反対の性格同士なのに、基本的な部分でクソ真面目でよそ見をしないところが共通している。少なくとも望月はその辺で縁にひっかかってるのだろうと思う。縁は外見から入ってるな。相手美少女だしな。
 しかしあれだな。望月は小学生なら好きな相手をいじめるタイプだな。

【望月結希、大江家へ行くのこと】
 望月、インターハイを1年で制覇してるわけですよね。これは柔道漫画だった「帯ギュ」の主人公でも達成してない記録です。これは凄い。なのに柔道とまったく関係無いところでナーバスになってるんだからおかしな子だ。書きたい二文字の選択で「制覇」とか「優勝」とか「勝利」とかでも良いはずなのに、それがまったく浮かばないとは。彼女の柔道に体するもチベーションってのがよくわからない。ここでのエピソードで分かる通り、望月は一本木ゆえに素直な感性が持ち味なんだから、柔道に対してもなんかあって良さそうなものだけど。素直が行き過ぎて無神経なところも見え隠れはしてる。この辺も縁とは逆か。縁は神経使うくせに人の心の読めない奴。
 日野ブラックの出番は4巻でここだけ(笑)。この姉妹一応仲が良いんだろうけど……。とってつけたような両手に花。これはここでヤンサンでの最終回だったからかな。宮田さんは後で勅使河原と手を組む展開とかありそうだけど、ラブコメ風味でもこれは書道漫画だからどうだかわからない。
 しかし書道部は仲良いよなあ。白日野部長と加茂&三輪が中学時代から付き合いがあるってのが不思議だ。黒ならともかく。おそらく中学時代加茂は現役のヤンキーだったはずで、三輪ちゃんもそっち側だったはず。接点が無い。でもこのふたりは日野部長の言う事は素直に聞く。日野姉妹とこのふたりの中学時代は結構深そうだ。ところで三輪ちゃんは彼氏いそうなもんだけどどうなんだろう。

 次回「書の甲子園」の結果発表その他。今回出番の無かった勅使河原もどっかで出て来るでしょう。表紙は予想通り加茂だったし、次回は100%三輪ちゃんで決まり。これは期待大。帯ギュで宮崎三溝がまとめられてたからちょっと不安はあったりしたので。

MG ガンダムMk-2 ティターンズ仕様 HD版

IMG_1954_convert_20081205155740.jpg
 さっそく作りました。基本的に素組みです。なにひとつ手を加えていません。墨入れさえしませんでした。で、画像もこうして用意してはいますが、正直この魅力を再現出来ていません。今回買って来たのはこれです。
MG ガンダムMk-2 ティターンズ仕様 HD版MG ガンダムMk-2 ティターンズ仕様 HD版
(2008/11/27)
不明

商品詳細を見る

 なんでも「Zガンダム」TVシリーズのブルーレイBOX化記念とかなんとかで、発売済みのMK-IIの成形色違い商品を出そうということなんだとか。成形色はHD画質による質感の再現……わかんねーよそんなの。わかりゃしませんとも。ただ同時に発売されたエゥーゴバージョンは邪魔な台座の無い構成なので元の商品とは厳密に言えば異なります。
 成形色が異なるというか、正確に言うと表面の仕上げが普段のプラモデルと異なっていて、ワックスをかけて磨いたような感じです。これまでに発売されたメッキ仕様ともエクストラフィニッシュ仕様ともまた別の技術になります。メッキやエクストラフィニッシュに比べるとお値段の上昇がさほどでもありません。うっかりすると上がってるのに気づかない程度です。
 このグロス仕様の質感が素晴らしい。普通プラモデルを作るとき、仕上げにはトップコートを使います。塗膜の保護や、質感の安定化などの効果があるんですが、このグロス仕様の場合そんなものは要りませんね。この光沢を損なうのは非常に勿体ない。私のような腕も道具も無い人間にとってはとてもありがたい仕様と言えます。逆に言えば塗装を始めいろいろ手を入れたい人間にとっては、一割強ほど安価の通常版を買うべきです。
 しかしまあ、MGガンダムMK-IIVER2.0はそれ自体の出来がまた見事です。ビークラフト担当の商品はいまいち下半身のボリュームに欠ける傾向があってこれも例外ではないんですが、ギリギリのラインで安定感を保っています。個人的にはPGのマッシブな体型が好み。こっちはやや太腿が細いかもしれない。でもその程度です。他にケチをつけるようなポイントが見当たりません。これでこの値段ならむしろ安い。Zガンダム期のMSのやや大きめなサイズも再現されています。SEED以降の商品価格と照らし合わせて設定された一回り小さいものに比べると迫力が違いますね。なんかこう、うっとりします。こんなの手元に置いてしまったら、もうしばらく次はいいやってくらいです。
 まだデカールを貼ってません。他に何も出来ないんでそれくらいはやっておく予定。

頭痛が痛い

 仕事中猛烈に頭が痛くなり、かなり厳しい目に合いました。私はもともと頭痛持ちなので常にバファリンを携帯するようにしているのですが、たまたま家で飲んだ時にキーボードのとなりに起きっぱなしにしてしまい、飲みたくても飲めない状態に。これはちょっとヤバいという予感があったんで、同僚に話をして一度帰宅。ここで飲んで、さらに6時間後もう一度飲んでだいぶ収まりました。収まったのは仕事が終わり買い物してる時というのがどうにもこうにも。MGガンダムmk-II買って来ちゃいましたよ。さあ作るぞー。水転写式デカールって昔は入ってましたよね。

 ある人からHなDVDを頂きました。「持ってるだけでやばいんだから、人目につかないようにね」と言うだけあって、やはり無修正。確かにやばい。どうやら近所のDVD販売店が潰れる際に流出したもののようです。中身もやばいけど、物自体もやばい。あからさまなコピー品。いいのかこれ。よくねーよ。内緒。

 今週のニンテンドーチャンネルの更新で、「タツノコvsカプコン」にかなりぐっと来ました。形式こそ2Dタイプですが、今時のゲームですから中味はドットではありません。ポリゴンです。その分アングルを変えたりとか派手な演出が盛りだくさんでそこに惹かれました。やっぱ三悪ですね。世代ですから。たぶん通信対戦は出来ないと思うんですが、むしろ対戦とかやんないんで構いません。やったって勝てねーよ。遊戯王みたいにカードと戦略を頭に入れればどうにかなるってもんじゃない。
 そのDS遊戯王も新作が発表されてます。事実上のWCS2009のようです。「5Ds」メインか……「GX」派としてはちょっと寂しい。でもたぶん買う。手軽さでは劣るけど据え置きでもどうかな。やってみたい気はする。まあTFのPS2移植は散々だったからゴーサインでない可能性大だったりはしますが。

川を流れようよ

 村に迷子の子猫が迷い込んで来ました。これはDS版にもあったものと同じ要素なんですが、うちの村では母親と子猫のうち母親しか来た事が無く、子猫にお目にかかれたのはこれが初めてです。うーん、可愛い。うちの村は可愛い系の住人がいないんで、貴重な存在です。なんとかお母さんに会わせてあげたい。はて、あやしいネコは今回どうなってるんでしょうかね。
 午前中に120台だったカブ価はまた下落。どうやら上下のテーブルの仕様がDS版とは大きく異なっているのではないかと思われます。こうなると危険なので、次に100を超えたら思い切って売ってしまうつもりです。その前にどこかで高騰してくれると助かるのですが、あれはそんな滅多にあることじゃないんですよね。テーブル実験とアリもあるので多少は残しますが。
 あ、そういえば昨日くらいにラコすけも来てました。DS版のラコすけは話しかけると微妙に深い一言を残してアイテムをくれたんですが、今回は一言だけで何もくれません。どうやら何かをゲットするにはもうひとアクション必要のようです。川を流れて行くラコすけになにをすればいいのか……釣り竿はハズレでした。正直見当もつきません。DS版のうちの部屋では大海原の壁を使っているのです。あれ好きなんですよね。
 明日休日なので、新しい服を作って釣りと虫取りやって、借金も返済したいところです。でも午前中はリアルで出かけてるかな?

いろいろ駄文(書く事が無いとも言う)

 チャンピオン連載「鉄鍋のジャンR」が終わってしまいました。あーあ。最近掲載位置がヤバげだったんで危ないとは思ってましたが、結構あっけなかったですね。おかげさまでジャンとキリコの微妙な関係は微妙なまま進行せずです。

 一方、なかなか読めずにいた「喰いしん坊」の喰い1グランプリ編後半を読みました。レンタルで数冊欠けてる部分があるってのが困るんですよね。内容は素晴らしい。食と向き合うひたむきな大食いは見る者を感動させる! ほんとかよ(笑)。デタラメな内容をド真面目に描いているため、ほとんどギャグ漫画です。思わず笑ってしまいます。今は喰いリンピック編なわけですが、こっちは一度に9人も相手にしている割りにキャラが立ってないのが気になります。残りも読みたい。

 ランダムエンカウントの敵は宝箱をドロップしないというのは間違いでした。正確には「極めて落としにくい」ということのようです。固定エンカウントの敵がほぼ100%ドロップするので、そういうような気がしてしまったということっぽい。しかしこれがわかったんで探索の効率が大幅に上昇しました。今後はスムーズに行くかも。転職どうするかだな、転職……。

 「ファンタシースターゼロ」、友人をひとり購入させることに成功しました。現時点での事前情報によると、よく出来ているらしいです。あーもう楽しみだなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。