宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

S.I.C.極魂 仮面ライダー龍騎

S.I.C.極魂 仮面ライダー龍騎S.I.C.極魂 仮面ライダー龍騎
(2009/07/29)
バンダイ

商品詳細を見る


 ヨドバシで発売されたばかりの「極魂龍騎」を買ってきました。食玩展開の(でも中にお菓子は入ってない)「匠魂」シリーズを公式に動かしてしまおうという企画で、龍騎が第二弾になります。第一弾は響鬼でした。以降、ナイト、斬鬼、轟鬼、555の発売が予定されています。うむ、見事に原型使い回す気だ(笑)。でもナイトは買うよ。555も欲しいな。ゾルダと王蛇もよろしく!

IMG_1389_convert_20090801003228.jpg

「ん~、気のせいかカードの色が違うけど、気にせず行くかんね」

 おそらく微妙に足が短いのですが、アレンジを効かせるとそうなるだけで本来はこんなもんでしょう。中の人も日本人なわけだし。そこを除けば全体的なプロポーションはかなり良好だと思います。以前に出たSIC龍騎には無いモールドがやや気になる所。もしかして「R」と刻印されてるのかな?

IMG_1396_convert_20090801003327.jpg

 「ソードベント」

 折れないドラグセイバー。平成ライダーの主役に剣はつきものですが、曲刀なのは龍騎のコレくらいかな? もちろん脇役なら王蛇のベノサーベルなんかもあります。あ、ガルルセイバーがあったか。どうも響鬼に比べると微妙に可動面で劣るようです。その辺は各自調整次第でどうにでもなるでしょう。腕の見せ所ですね。うちのは股関節が外れ易い……でも逆に言えば割れにくい。割れると大変だもんな。肩アーマーはナイトとコンパチにしたいのか別パーツでプラプラです。そのため改造の素体としてかなり有効かと。あ、でも左腕のことを考えるとナイトの方が良いか。

IMG_1398_convert_20090801003411.jpg

「ストライクベント」

 ドラグクロー。異形のでっかいツメ。というかツメじゃないだろどう見ても(笑)。もともとドラグレッダーは東洋の龍がモチーフで、これもSICで行われた大胆なアレンジそのまんまな感じです。このサイズでよく造形したもんですね。SICと違うのは肘から先を全部付け替える点。肝心なクローがピンぼけですみません。

IMG_1400_convert_20090801003455.jpg

「そろそろとどめだ!」

 クローとセイバーがあるから無理矢理ファイナルフォームライドも可能かもしれない。でもシールドが無い。龍騎は装備品が大きめのせいか、響鬼よりもちょこっと高いようです。ナイトもウイングランサーが付くでしょうから龍騎と同じ値段になるかな? といっても1000円程度。この価格でこのクオリティは充分ではないでしょうか。改造してみたい。でも腕が無い。時間も無い。



 ヨドバシと博多駅で7人ほど「9」のすれ違い通信を釣りました。やはり全体的な傾向としてマルチプレイで10時間突破してる人はほとんどいません。でもひとり発見。すれ違い人数は200人超えが……でもこれは、毎日博多駅を利用してる人なら普通にクリア出来ちゃいそうですね。私はせいぜい週に一度だからなー。
スポンサーサイト

元天使の盗賊シンテシスの大陸紀行 第10回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 ついにシンテシスが転職しました。盗賊です。でも主にスキルポイント稼ぎのためだったりします。シンテシスは火力重視キャラなんで、引き続き剣を装備出来る職業を選んだわけですね。スキルポイント稼ぎについては他のキャラも同様で、パラディンのスキルの取得を目指しています。その後はづきが既に斧をマスターしているんで、パペッツ辺りに槍をマスターさせたい。まじん斬りのような会心系打撃でメタル系を狩るのです。現状まだ一度もメタルキングを狩ったことが無いというか、一度しかエンカウントしてない……。とはいえ、はぐれメタルだけでも充分稼ぎになります。スキルポイント狙いの場合、レベル39ぐらいまで上げれば良いので。
 で、なんで地味モードに入ったかというと、遂に魔王と名のつく敵と戦ったのですよ。3の前座的なあの人です。早々にはづきとメディオンが倒されたところでシンテシスにバトルマスターの必殺技テンションアップが発動! 運良くテンション100になり、バイキルトはやぶさの剣はやぶさ斬りでなんとダメージ4000! 恐ろしい攻撃力だ……。でも全滅しました。もう1、2ターン粘れれば勝てたかもしれませんが。やむなし。モっさんはイオナズンを使うのですが、全体ダメージ60程度なんで実はイオナズンが来たらむしろラッキーという……。某一つ目のランドインパクトは全滅必至だったからなあ。
 結論としてやはり守備力と最大HPの底上げが必要だ、と。そこでパラディン。しかしモっさんは魔王としては本当に前座クラスのはずなのに、その先一体どうなることやら。あと明日はwifiでアリーナ姫が来ます。必ず繋がねば。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第10回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 クリア後最初のボス戦で全滅しました。なんかリアルラックが駄目だったのか、通常攻撃に類する物が全て痛恨の一撃だった上に、そのダメージ量は王子、パペッツの魔法系コンビでは一度も耐えられないほど凄まじいもので、しかも二回行動。全体攻撃もあり。どないせーというのです。これでちょっと思ったんですが、とりあえず火力よりも生存能力を上げた方が良いのではないか、と。パラディンに転職して守備力とかHPとか補正することでなんとかしたい。僧侶じゃなくてパラディンじゃないとスクルトが使えないというのも痛いところ。
 今回のドラクエは職業毎に「こいつでないと出来ないっぽい」ことがかなり多く、オールラウンダーは作れないようになっています。たとえば今の私のパーティはバトルマスター、武闘家、魔法使い、僧侶というわりと基本的な構成です。でもスクルトが使えない。ザオリクも使えない。ただし魔法使いがバイキルトを使える。ドロップ期待するなら盗賊が欲しい。スクルトが欲しいならパラディン、ザオリクが欲しいなら賢者。バトルマスターは戦闘しか能がないから、ここをパラディンにする手はあるだろうけど、そうすると1ターン目からバイキルトで連続攻撃が出来なくなる。というか、パラディンだとそのままでははやぶさ4連撃が出来ない。剣装備出来ないから。武闘家を盗賊にするのはありかもしれない。もちろんパラディンにしろ盗賊にしろ火力減は覚悟しなくては。
 こんな感じで一長一短。今まであまり使ってない魔法も極めると強いという話もありますから馬鹿に出来ません。魔力覚醒テンション山彦魔法攻撃でダメージ1500を超えるとか……。ああ、そうそう、今回山彦があるようです。ただし装備品とはちょっと違う。迷走してた王子は魔法使いを極めさせてみようかな?
 もちろんこれらの仕様はマルチプレイを意識してのことでしょう。さすがドラクエ、周囲にプレイヤーが数人いるんで、そのうちやってみたいです。でもクリアレベルまでやってるのは私だけだから、かなりレベル差があります。まあ、転職でレベル1にしてしまえば良いんですけどね。これもたいしたアイディアですよ。
 そういえばシンテシスの装備品がドラゴンメイルから魔法の鎧になりました。ブレス対策か魔法対策かというだけで、守備力的には大差ありません。もっとちゃんとした強い鎧が欲しい。作れというのか! 奇跡の剣が使えるなら神秘の鎧は無用だもんなあ。


 なんか今年の夏は無駄に暑い、ぐだぐだな暑さだなと思ってたら、単に私がド直球の冬物を着ていただけだったという間抜けなことがありました。さっそく夏用に薄手のものを用意してみると、あら涼しい。服の中で蒸れるくらいだったのがすっかり無くなりました。もしかしてこれが臭いの元だったのかもしれない。毎日風呂に入ってるのにどうして臭うとか言われるのか謎だったんですよね。実にあほらしい解決編です。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第九回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 とりあえずクリアしました。ちょっと寄り道し過ぎてたように感じていたんで「この辺でクリアしておこうかな」というおまけ程度の気分でのクリアだったせいか、あまり盛り上がらなかった(苦笑)。でも今回シナリオはかなり良いと思います。「8」でやや微妙に感じていた部分があったんで、「9」のわかりやすくモチーフ統一され無駄無く削ぎ落とされたシナリオはかなり楽しめました。ドラクエ恒例のしゃべらない主人公も、今回はちゃんと機能していましたね。この辺も「8」は微妙でしたが。私は「8」をかなり面白いと考えていますから、その上位互換的な「9」が面白くないはずありません。これはもしかすると最強のドラクエになっているかもしれないとすら思います。エンディングは見たけどまだまだこれからだ。
 このエントリのタイトルも旅芸人からバトルマスターに変わっただけになってますが、実際ずっとバトルマスターでした。火力高いんだもん。今回奇跡の剣とはやぶさの剣のふたつが鬼強いのです。通常の行程では奇跡の剣で回復しながら進みます。これまでのところでは最大で1ターン80オーバーを回復したことがあるくらいですから、ほぼHP満タンのまま進むことが出来ます。今までのシリーズの奇跡の剣ってこんなに回復しましたっけ? 今回敵がかなり強いんで救済措置なのかもしれません。転職使いこなせない人もいるかもしれませんしね。メダルと交換だから手に入れられない人もいないでしょう。まあ、奇跡はいつも交換アイテムですが。
 はやぶさの剣はボスキラーです。ボスはバイキルトはやぶさの剣はやぶさ斬りの二倍4連撃で撃破します。キラーピアスも二回攻撃出来ますが、剣じゃないからはやぶさ斬り出来ない……爪あたりで似たようなこと出来たっけ? でもはやぶさ斬りはMP消費2です。少な過ぎるわ(笑)。ただバトルマスターはそれに呼応するようにMPの少ない職業でして、レベル50オーバーのシンテシスでもクリア時20程度でした。他の職業の常時MPアップあたりをつけておくとさらに強くなれると思います。たしか僧侶あたりにあったような。
 シンテシスははやぶさメインの打撃屋。はづきは武闘家なのに斧装備の雑魚キラー(おの無双はMPゼロで1グループ攻撃出来る鬼技)。パペッツはとうとうスキルポイント取得以外の目的では転職しなかった根っからの僧侶。メディオン王子ひとりだけ立ち位置が定まりませんでしたね。今後のことを考えると盗賊がかなり重要な職業になる予感。必殺技「必ずドロップゲット」は大きい。発動ランダムだけど(苦笑)。盗賊として生きて行くとしてもバイキルトは欲しい……難しい所です。剣装備を活かしてシンテシスが盗賊になるのも良いかも。シンテシスもバトルマスターじゃスキルポイント頭打ちですしね。
 今後はこれまで軽視気味だったクエストを潰しつつ、錬成で装備強化していきたいところです。宝の地図もガンガン攻略します。今プレイ時間80時間くらいでしょうか(そういえば「8」クリア時もこのくらいだったような……)。この調子だと200時間オーバーは確実ですね。あ、すれ違い通信分があるんで、実際のプレイ時間は10時間以上マイナスされます。また釣りに行こうっと。あと今週はアリーナ姫が来訪するそうだから、必ず招かねば。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第九回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 私の個人的なゲームハマり度指標となるものに「夢の中でもプレイしてた」というものがあるのですが、やってしまいました。夢の中で宝の地図攻略やってました。魔王の地図なんぞに取り組んでいたような気がしますが、現実では魔王の地図なんてまだまだ……というかまだ本編クリアしてないし。シンテシスのレベルがバトルマスターで50を超えてますから、今のまま調整無しでもおそらくラスボスを倒せるだろうと思います。が、ラスダンは入り口周辺をうろついただけで宝の地図ばかり……。ちなみに第五の地図ボス、本編のあの辺に出たアレのリデコ的ボスを倒すことに成功しています。
 この「宝の地図」ですが、実はかなり素晴らしいアイディアです。最初にランダム生成されるマップをアイテム化して複数のプレイヤーで共有するというシステムを搭載したのは確かゲームボーイカラーの「ドラゴンクエストモンスターズ」だったと思います。ルカだったかな、名前。二本出た奴です。それを同じ携帯機ということで本編に落とし込んだのが今作になります。配布にすれ違い通信を利用しているため、携帯機ならではというよりはDSならではというべきでしょうか。「9」は総合的に見るとDSで出すことに特化した仕様になっていますね。それを考えると将来的にこれを据え置きでリメイクするのはとても難しそう。可能にしてしまうとしたら、時代かなあ。
 なにが素晴らしいって、ドラクエの世界でトレハンの対象にボスモンスターを持ち込んだことです。他のハクスラ系ゲームではボスもトレハンの対象ってのは普通にありますが、ドラクエでは何度も闘えるボスってのがあまりいませんでした。エスターク以降、いるにはいるんですが、倒すこと自体がステイタスみたいなボスでしたから。今回は強烈な強さを持つ地図ボスを倒すだけでなく、ドロップを得ることがステイタスになる。そしてそれを装備することで実に分かり易く示すことが出来る。ちなみにさっきのリデコボスから眼鏡をゲットしました。さっそくメディオン様が装備しています。
 宝箱が何度でも再生するのもアイディアですね。この宝箱にもレアリティがあって、やくそうクラスのしょぼいアイテムから、目を見張るような素晴らしいアイテムまで広く収められています。ただし、どの宝箱がレア宝箱なのかは開けてみないとわからないし、例によってミミック系も混じっている。宝の地図で生成されるマップは同じ地図なら地形は固定されるし、宝箱も同じ場所にある……けど、レアリティはどうやら毎回変化するらしい? もしくはレア宝箱からも雑魚いアイテムが出ることがあるということか。どのくらい凄いアイテムが入ってるかというと、私は「不思議なボレロ」をゲットしました。上半身装備で、受けた魔法の使用MPをそのまま吸収してしまうというもの。イオナズンやマヒャドクラスになるとごっそりいただけます。これは凄い。MPの減りがちな魔法使いのメディオン様にとってマジ夢のような装備です。低レベルなキャラでもダンジョンを探し出して潜ることは可能です。必ずしもボスと闘う必要はありません。宝箱満載なマップを手に入れたら潜りまくるのも一つの手です。
 ところで今日初めて説明書を読みました(笑)。うむ、やはり上画面に出るものよりもちゃんとした世界地図が載ってます。今までどこを示しているのかわからなかったマップも探し出すことが出来ました。それでもわからない物も結構あったりしますが。
 おそらくマルチプレイの本番は宝の地図です。自由に別行動が可能なのは地図の地点を探し易くするためだし、宝箱が復活するのもレアリティがあるのもマルチを前提としているためでしょう。でもってアホみたいに強いボスモンスターもマルチでわいわい倒すために設定されているのだと思われます。ついでに言えばキャラのレベルを転職で変更出来るのもマルチを意識してのことです。これによって初めたばかりの相手にも合わせることが出来る。
 今回のドラクエは恐ろしいほど緻密な計算の元に設計されています。遊び込むと少しずつそれが分かって来る。正直「よくこんなもん作ったなあ」と思ってます。シリーズ9作目にしてこれほど大作としての方向性からして異なる物を作るってのは、並の仕事じゃありません。あとあれ、延期の原因は大量のバグだそうですが、これまでそれらしきものに出会ったことが無いというのも凄い。よくここまで潰してのけたもんだなあ。

スーパー平成ライダー大戦Dを見逃した。

 久々にディケイドの録画をミスってしまいました。チャンネル設定をうっかりひとつズラしてしまったようです。なんかよくわからん通販番組が延々と……。ああ、てつをさん見たかったなあ。来週はちゃんと間違えないようにしなければ。RXの次はあの世界か……さすがにこれはオリジナル無理だよね。
 福岡、それにしてもすごい大雨でした。私も三日目にして靴の中ぐちょぐちょです。今はとりあえず止んでるようですね。どうやら打ち止めと考えてよさそう。でも三日も続いただけに土砂崩れやらなんやらで被害者が出てしまっています。これだけ降れば無理もないか。ホークスの松中家も避難勧告が出てたとかなんとか。靴ちゃんと乾いてるかな?

 「ドラクエ9」で第四の宝の地図ボスを撃破しました。スライムジェネラルです。大人しい打撃しか仕掛けてこないんで甘く見てたら「イオナズーン!」。わほーい。パペッツが即死コース。僧侶はHP伸びないから辛いわ。うーん、確かにスライムナイトもイオラを使うんだから、将軍クラスともなればイオナズンくらい使って当然か。盗賊の「みやぶる」を使うと見られるようになるモンスターのプロフィールが短いコメの中にも深みがあって面白いです。ジェネラルは9人の部下を探しているそうな。こういうかっこいいのもあれば、どうしようもないダジャレもあるから油断出来ない(笑)。で、ジェネラル倒したらレベル40以上の地図をゲット。今攻略中です。何がいるんだろう、わくわく。地図ボスのドロップ率が低くてマゾいけど、何を持っているかは「みやぶる」で後でわかります。昨日の「一度にふたつドロップ」は記録上は片方だけしか残ってませんでした。むう。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第八回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 なんやねんこの雨。ほんとになんやねん。今日は隙を突いて家賃を払って来ることに成功したけど、実際結構危なかったかもしれない。でも博多ヨドバシでは「9」のすれ違い通信でいっぱい釣れました。短時間で10人ほど。他所というか、某秋葉原ではもっと凄いことになってるらしいんでこの程度ではどうということも無いのかもしれませんが、福岡はなんだかんだで地方やねん。なんで天神では釣れなかったんだろうな……。あ、でも今日は天神行く用事もあったのに忘れてましたっけ。今日は忘れてて良かったかも。後日改めて。
 セントシュタインの宿屋には封鎖された妙な階段があって前から気になってましたが、これ、すれ違い通信で釣った人数が増えて来ると解放されるもののようです。うちも計12人になって二階への階段が通れるようになりました。一応そこにあるタンスやらを暴くことは出来ます。でも基本的には釣って来た人に話しかけるだけです。
 さすがに今日くらいになると釣った人のプレイ時間も戦闘勝利数も随分増えて来ています。が、宝の地図攻略数に関してはそこそこやってる人とまったくやってない人の両極端に分かれました。このくらいのレベルなら最初の地図のボスにはもう勝てるだろうという人も手をつけてないような状態です。勿体ない。なので宝の地図も持たせている人の方が圧倒的に少ない。でもやってる人はやっている。私は貰った地図で第三のボスに出会いました。前に全滅喰らったハヌマーンにはもう勝てていたんで、頑張ればなんとかなるだろうと思った……んですが、酷い目に合いました。当たり前のような1ターン2回行動で、打撃、ギガスラッシュ……ギガスラッシュゥ?! メディオン王子がバイキルトを一回かけただけでぶっ倒れました。呆然としつつパペッツもやられ、HP100程度のシンテシス&はづきだけが残る展開になります。このままでは全滅です。はづきは打撃を諦め、バイキルトのかかったシンテシスをかばう行動に出ます。ガード扱いだし武闘家も戦士系なだけあってHP100でも1ターン耐えることが出来ました。その間に全力でバイキルトはやぶさの剣はやぶさ斬り(4連撃)を叩き込み、次のターンではづきもダウン。破れかぶれの最終ターン、なんと3人死亡シンテシスHP38という状態で勝つ! びっくりです。勝てるとは。でもつええ……まだ3番目のボスでしかないのに、これもうラスボスより強いんじゃないのか?
 ちなみに2番目のボスハヌマーンからはダブルドロップを取りました。今回細部で従来ドラクエとは異なる仕様になっていて、数種のモンスターが出現した場合、一度の戦闘で数種のドロップをゲット出来ることがあります。が、ハヌマーン1匹からふたつのドロップが! 宝の地図はドロップ率も記載されていて、片方は10%、もう片方が2%。凄い確率で拾ってしまいました。これまたびっくりです。2%の方は即死系無効のタイツでした。これは使える。しかし宝の地図に取り組むと恐ろしい廃人ゲーになりますね、これ。
 宝の地図はどうやらダンジョン出現地点にある程度のパターンがあるようです。まったく同じ場所に洞窟の出る地図が複数出て来たりします。なのでいずれ出現地点については全解析されることになるでしょう。現状では見易いワールドマップが存在しないため、探すのに苦労しています。まあ、それもゲーム性のひとつですやね。自動生成ダンジョンはつまらないと前に書きましたが、構造自体はやはりつまらない。ただ、「ソーマブリンガー」とは違ってどのくらいの階層まであるのかとか、どんなモンスターがいるのかとかまでランダムなため、こちらの方がやってて面白いなと少し考えを改めました。たとえば行き易い場所に洞窟が出て浅い階層メタル系が出現する地図なんかは価値があるわけですよ。ボスまで行く必要は必ずしも無いわけで。あと出現する青宝箱は微妙に重要です。ここからレアが出る可能性もあったりする。
 なので、すれ違い通信の時も単純にレベルの高い地図を持たせるか、行き易くて特定モンスターの出現する地図を持たせるかで考えることが出来ます。行き易さは結構重要ですよ。船が無いと駄目なんてところもあるんで。

ロボット魂クロスボーンガンダムX2改

IMG_1382_convert_20090725001823.jpg
 念願のクロスボーンガンダムX2が手元に届きました。思えばプラモデルのMGのX1が発売された時、ライバルになるX2もリデコなんだしすぐに出るだろうなと考えていたものです。ところがどっこい待っても待っても出やがらない。もう3年くらい経ったのかな……。なぜ出ないのかは正直良くわかりません。X1がバンダイの予想以上に売れなかったからとも言いますが、それならなんでまた今回ロボット魂で発売になるのかって話なわけで。
 ともあれ、X2です。実際には木星帝国で改修を受けた後のX2改になります。わざわざ改で出して来る辺りが不思議。改は背部スラスターが異なっています。X1とX2は基本的に同形機です。同じ機体の色違い。試作機なんで微妙な違いもあったりしますが、それはたぶんパトレイバーのイングラム一号機と二号機程度の差でしかありません。おそらく長いガンダムの歴史上で同形機がライバルになったという展開は「クロスボーンガンダム」だけでしょう。大きく異なるのは武装で、もともとコスモバビロニアのクロスボーンバンガード出身のザビーネが自分の趣味でショットランサーを使っていました。画像はそのショットランサーを持たせた物です。穂先を撃ち出せる槍なのですが、当然のことながら一発撃ったらおしまい。なので基本的に近接格闘戦用の武器ですね。もともとX1もX2もビームシールドの発達によるビーム兵器の戦果の期待出来ない時代の試作機であるため、格闘戦スペシャル仕様です。ちなみに海賊が使うために正規のコードを使ってませんが、サナリィではF97という名前のはず。
 この商品にはこの他にX1にもついた武装全部とビームシールド、ビームランチャーが付属します。意味不明なのはビームシールドが付属することでして、原作でX2がビームシールドを使うシーンはありません。使ってたのはX1です。なのにどうしてX2に付属するのか……。でも雰囲気的には素晴らしくX2です。私の欲しかったX2がここにあります。ほんと、もうずっと何年も何年も欲しくて待っていたX2が発売されたというだけでとても嬉しいです。あ、でも私の中ではここで終わってます。X3はあんまり好きじゃないので(苦笑)。パイロットのせいかな。あ、でもフリントは欲しい!
 時間が無くてやっつけ気味の画像一枚しか用意出来ないのが残念。なんで時間が無いかというと、ドラクエのせい……外は大雨ですわ……出かけたかったなあ。

闘わなければ生き残れない

 私はそりゃもう平成ライダーで一番「龍騎」が好きなんでございます。全10作のランキングで「龍騎」がぶっちぎりのトップ。DVDもTVシリーズ全巻と劇場ディレクターズカット版を揃えました。玩具の装着変身も持ってますし、高くてデカいSICも買ってます。 当時の玩具R&Mシリーズも希少品のタイガとリデコのリュウガ以外は持ってます。私の原付は主人公の城戸真司と同じ物をわざわざ買いました。そんなこんなで龍騎にかけた金額はトータルで25万以上になります。そういえば今月極魂版龍騎も発売だったっけ。買わねば。
 でもDVD全巻試聴は数えるほどしかやってません。なんでかというと面白過ぎるから。特に終盤が凄まじく、必要以上にのめり込んでしまうので……他のことが手につかなくなってしまうんですよね。でも今回見ました。ついさっき最終話を見終えたところです。やはり何度見ても面白い。龍騎は素晴らしい。でも語り始めると終わらなくなってしまいます。簡単に行きましょう。
 「龍騎」の物語上の特徴は、キャラ全員が自分なりの視点、方向性を持っていて、なおかつそれがほとんどぶれない点にあります。最終話で大久保編集長が語った通り、この戦いに正義は無い、ただあるのは純粋な願いだけ。全ての人物が自分なりの願いに対してとても真摯だった。だからこそ好人物とはかけ離れたタイガ東條やインペラー佐野の最後も胸を打つし、シザース須藤も何故か人気があったりする。
 キャラの軸がぶれないというのは、簡単そうで難しい。特に平成ライダーは一年間も続くため、本当に難しい。というのも、平成ライダーは結構ブレるのである。それに関連して消化不良だったり「どうしてこうなっちゃうの?」みたいな点も多々出て来る。たとえば「キバ」の前半で名護さんはキバを倒すべき相手として執拗に狙い続ける。けど、なぜ現状ファンガイアハンターとして傑出した結果を残しているキバを倒さなければならないのか、という点についてはほんとど描かれることが無かった。後半の過去パートあたり解明されるのかと思ったらそういうことも特に無く。そのため、この段階での名護さんはぱっとしなかった。人気が急上昇するのはネタキャラとしての性格を強めてからになる。
 「ディケイド」の響鬼編で書いた「あきらが路線変更を喰らった煽りでめちゃくちゃ不遇な扱いを受けてしまった」というのも、ヒロインの立ち位置が定まらないという意味でブレていると言えます。これもなあ、平成ライダーのヒロインでまともに活躍したキャラってとても少ないんですよね。印象的なのは「電王」のハナくらい。「クウガ」「555」「剣」「響鬼」「カブト」あたりは「ヒロインって誰だっけ?」みたいな感じにまでなってしまっています。「キバ」は両クイーンが無駄に印象的なのと、麻生ママの方が一年間ちゃんと頑張った。でも麻生娘の方はルークを倒してから出番が激減……。
 「龍騎」の神崎優衣は一年間存在感を守り通した珍しいヒロインです。おそらく平成ライダーのヒロインでも屈指に人気のないヒロインなんですが、それでも印象は強い。これは彼女の存在自体が作品に仕掛けられた大きなギミックの中心地だからですが、そのため全50話の要所で伏線という形でクローズアップされました。ヒロインに大きなギミックが与えられているのは他に「カブト」「電王」がありますが、「カブト」はその当のヒロインが番組に出られなくなってしまうという悲劇的な事態が発生してしまい、それが後半のグダグダな展開につながっています。惜しい。「カブト」は名作になったかもしれなかった作品でした。
 そういうわけで、作品の評価を考えればヒロインをきっちりヒロインとして扱うのが平成ライダーにひとつの軸を与える一つの方法であろうと思います。が、結局平成ライダーは子供向けの作品なので、意外と軽視されがちなんですよね。勿体ない。でも今年はレギュラーキャラが極端に少ないせいか存在感を保ってます。頑張れ夏みかん。超頑張れ夏みかん。でもレギュラー少なくてもユウスケは微妙だ(笑)。ユウスケも超頑張れ。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第七回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 ラストダンジョンに入ったというのに育成の方向性についてかなり悩んでいます。とりあえずはづきをレンジャーに戻してスキルポイント稼ぎを始めました。これがなかなか難しい。というのは、はづきは武闘家で重要なアタッカーとして頑張ってたんで、この戦力が無くなると戦闘でちょっと厳しい。今はブーメラン投げて全体攻撃中。ポイントを稼いだとしても、その後何に使うか……はづきはまだ武器スキルを習得してません。扇か盾なんですけね。メイン職業を武闘家で固定することは決めていますから、装備出来ない盾を付けられるようにすれば生存力も上がってくるはず。ただ現状でもギガンテスの痛恨で一撃死しない程度のHPはある。うーん……。
 バトルマスターのシンテシスも盾装備出来ません。こちらはこちらでスキルを取得したい。シンテシスの場合既に剣スキルを持ってますから、盾装備を取ってくればそれで済む。けど、盾スキルを取ってバトルマスターに戻るためにはスキルポイント100も必要になる……一旦攻撃力ダウン覚悟で戦士になるという手もあるのかな。でもうちは魔法攻撃出来る人間がいないからシンテシスとはづきを両方戦力ダウンさせてしまうと闘えなくなってしまう。
 メディオン王子は盗賊として方向性を見いだしました。が、こちらはこちらで回復出来ない、アタッカーとしても非力過ぎ。盾も装備出来ない。どうするんだこれ……。「ぬすむ」の事は忘れて魔法剣士あたりで生きて行くべきか。「ぬすむ」はきようさ依存らしいですが、成功率は低いです。ただ、ドロップ狙いで行くことを考えると確率的にはかなり良いはずだし、盗賊の必殺技「必ずドロップゲット」は大きい。今回のドラクエは錬成重要なんで、盗賊も結構大事な職業になります。
 アタッカー以上に重要な僧侶ポジションのパペッツ……レベル47くらいまで来てそろそろスキルポイントも頭打ち傾向です。それでもパペッツは外せない。回復が祝福の杖だけっていうのはちょっと辛いかな。これまでのパターンで、パペッツがうっかり死んでしまうと戦線大崩れにつながってしまうのです。パペッツも盾スキルを持たせるべきか……今回重要だなあ盾。
 なんにせよ一度の複数のキャラを転職させて育てるのはかなり無理があります。とりあえずはづきからなんとか。盾にしとくかな。攻撃力の底上げは後からでも伸びしろがあると思っておけばいいし。

HIGH SCORE 8

IMG_1381_convert_20090721220145.jpg

()


商品詳細を見る

 津山ちなみもデビュー15年。でも形になってるのはこの「HIGH SCORE」しか無く、単行本もやっと8巻です。去年も同じようなことを書いたような気がしますが、出版不況の中ある程度の数の見込める(長期連載のため、りぼん本誌から卒業した読者がメインの単行本購買層だから)ため、微妙な調整を入れて年一回刊行するようになりました。おかげで三年連続で本が出てます。
 カラー口絵はめぐみ、かおり、えみか、さよの仲良し?4人組のショッピング光景……さよが混じってる点に強烈な違和感が(笑)。えみかはそんなヒール履いたら180センチ超えてしまうじゃないですか。しかしめぐみの持ってる服で12800円……高いなあ……。と思ったらレイジは200万の袈裟を物色中かよ。さすが親子。
 この作品はあまりに長い連載期間にわずか8巻の単行本ということで、絵柄の変遷が恐ろしく激しいことで知られています。なにしろ15年前の津山氏は現役の女子中学生だったわけだしな(苦笑)。だいたい四コマ漫画なんだから、だんだん頭身が縮んだり書き込みが減って来て読み易くなるのがパターンなのに、頭身はそのまんまで書き込みも結構多かった。が、最近線は少なくなる方向にありますね。単行本のページを開くだけで画面の黒さが違ってます。
 今年はキャラ別にレビュー。順不同。

【憂木沙夜】
 わずか2ページ目の「私とレイジさん以外の人間は皆死ね!」でいきなり爆笑という不覚……。さよにとってはこれが普通の乙女心だから困る。しかも不倫だし、ファザコンの娘からは大反対喰らってるし。

【松本政宗】
 さよのお隣さんで幼なじみで周囲に自分以上の男が見当たらないから、さよの初恋は俺に決まってる。この坊弱無人なナルシストぶりが素敵(笑)。でも違った。残念。政宗っとレイジとは結構はち合わせてるのに、景織子さんとは会って無いんだ。意外だ。

【喜多川幹彦】
 男子高校生だけど少女漫画家。なのでミッキーのネタは大抵執筆ネタになる。編集吉田とはいつものようにマッチョ絡みの壮絶バトル……実際の漫画家と編集もあんなバトってるもんなのかなー。でもこの漫画は磯野界に取り込まれてるから、学年上がらないのに既に連載2年。変なの。

【白鳥毬夫】
 泉水の守護霊なのにアキラの所から北条家、立花家と渡り歩く。今回の家主は優しい女の子だから居心地良さそうだ。でもあのうさぎ風ゴンちゃんには爆笑せざるをえない。素晴らしい発想。

【増田京介】
 京介の凄いところは超大金持ちで頭も超天才なのにちっとも嫌みじゃないところ。むしろ周囲からは見下されている。なのに仲は良い。不思議な人徳。えみかという美人の彼女持ちなのに浮気し放題……あれ、今回浮気してない?! そんな馬鹿な! つか、一応えみかには本気なんだよねえ。中身かおりのえみかには反応しないってちょっと凄いわ。

【松本笑華】
 笑華って、奇麗な字のはずなのに、なぜか失笑感が漂う……。筋トレが趣味ということ以外はごくごく普通の常識人。どうして友達にあんな変なのばかり選んじゃうんだろうか。幼なじみが沙夜だしなあ。京介が浮気してないせいか、暴力性の発露があまり見られず、常識人ゲージは上昇気味。

【立花香織】
 思い込みによるテンションの触れ幅の大き過ぎる点を除けばごくごく普通の女の子。でもギャグ漫画だからおまじない好きの設定なんかがいつも拡大解釈されてしまう。今回はゴンちゃんと出会う。あのゴンちゃんを普通に受け入れてしまうあたり、彼女も結構大人物なのかもしれない。さりげに明かされた羽柴兄弟が転校生だったエピソードに驚いてみたり。ちゃんと設定あったなら15年も放置するなよ……。

【藤原愛実】
 主人公なのにこの扱いの悪さ。実際8巻は他のキャラの台頭が著しくめぐみは影が薄い、とまでは行かないまでも目立たなくはなってる。天然女王様気質の彼女も大分敵が増えて来て、なかなかわがままに振る舞い辛くなってるのかもしれない。

【羽柴千歳】
 この漫画はいろいろと酷いキャラが揃ってるけど、本当に酷いのはこの人かもしれない……。

【憂木尚弥】
 ずーっと出て来なくて大介に並ぶ2大忘れられキャラだったのが最近出て来るようになった。前は猟期な妹ラヴなシスコンキャラだったのが、だいぶ雰囲気も変わってまともになってるような……。まあえみかの初恋の相手らしいからなー。やっぱまともなのかも。

【常磐津次郎&ひとみ】
 次郎には姉がいたのか。しかもすごいフツー。弟のせいで19年間彼氏無しっていったい何があったんだろうか……。次郎は瞳の奇麗な人が好みってのはなかなか盲点だった。単なるゲテ好きってわけじゃないんだ。

【羽柴泉水】
 おかしいな。作品中人気ナンバー1の男キャラなのに、なんか書こうと思ってもあまりネタが無い。というか8巻はあんまり印象的な出番が無い? 従姉妹のめぐみと隣の席になって喧嘩ばかりしてるという話くらいしか無い。でも人気は相変わらずみたいでゲストページの書き下ろしはほとんど泉水ちゃん絡みという。

【羽柴嵐士】
 嵐士もあまり出番が……今回はゴンちゃん取り憑きネタくらいか。メインネタは無いけど、脇扱いならそこそこ。ミッキーとも絡んでるし。京介とも仲良いんだなあ。


 主立ったキャラはこれでフォローしたかな? ダマ先生とかリカちゃんとかマジで出番無いしなあ。一年に位置度でコレは辛い。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第六回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 キャプテン・メダルにもらった奇跡の剣がかなりのナイス性能だったんで、長くつき合うために奇跡の剣・改へ進化させました。錬成するために必要な素材は命の石です。かれこれ12個ほど必要になるのかな? 今回フィールドのあちこちに採取ポイントがあって、それが錬成しやすくしてくれているのですが、「8」にあった完成までに時間がかかるという余計な要素も無くなりました。そのかわり「8」では常に馬車に載せてあったものが、セントシュタインの宿屋固定になってます。一長一短というところでしょうか。
 命の石の採取ポイントは砂漠の南の方です。一度に3つ採れます。採取ポイントの素材は放置しておけばいずれまた採れるようになります……が、今の所復帰条件がよく分かってません。青宝箱などは一度電源を切れば戻るようですが、こちらは不明。乱獲を防ぐためでしょうか。仕方ないので、不足している分は命の石を落とすモンスターから頂くことにしました。砂漠の南西に浮かぶ雨の島にいるガニラスです。どっこい、20回ほどの戦闘で一度も落としてくれなくてガッカリモードに入ってしまいました。それでは、と立ち位置微妙でスキルポイントも110ポイント以上残しているメディオン王子を盗賊に転職……王子が盗賊か……。「ぬすむ」を覚えさせてガニラスから奪う戦略です。が、結論から言うと必要数の命の石を集めるまでに成功したことは一度も無し! しょんぼり。結局ドロップで拾いました。盗賊がドクロのTシャツなんで無駄に凶悪です。
 でもって奇跡改、完成。攻撃力が少し伸びたという程度ですが、バトルマスターの高い攻撃力と回復力が合わさってかなり機能してくれます。あとはメタル対策をどうするか……はづきに斧を持たせることも視野に入れる必要があるかも。でも女の子武闘家だから扇をマスターさせようと思った所でも……。
 ストーリーの方はほとんど先へ進めてません。でも楽しい(笑)。

 昨日のディケイド&シンケンジャーで多少補足。話のつながってたふたつの番組ですが、シンケンジャーは戦隊の、ディケイドはライダーのスタッフが撮影してました。それがもっとも如実に現れたのがディケイドでのシンケンジャー変身です。いつもと違ってライダー風の変身になってます。変身後のポーズに合わせてCG合成を使っています。かっこよかったなあ。あとライダーのいない世界で一番はっきりと「ディケイドが世界を破壊する」という要素が描かれたという皮肉な面も指摘しておくべきでした。ツカサ自身が世界に嫌われている。この辺、今後重要になって来る……と見ながら思ってたのに(苦笑)。RXの世界編は「電王」の時みたいに映画連動ということのようです。じゃあ大ショッカー潰してからディケイド最終回へなだれ込むということでしょうか。なんか劇場版がディケイド最終回に相当するとも聞いたことがあるんですが。さて、どうなるか。

今週のスーパー平成ライダー大戦D シンケンジャー世界編2

 一言で言うと、女性脚本家らしさの出た「ディケイドvsシンケンジャー」のSSという印象です。もし私が書いていたとしても同じようなのを書くかもしれません(女じゃないですけどね)。なんと言いますか、過去書いていたサクラのSSに似た雰囲気があった気がしたのです。そんな中に今後のディケイドの為に細かな要素を組み込んであるのがさすがプロと言ったところでしょうか。
 今回はシンケンジャーの方もストーリー的にディケイドとつながっています。ツカサたちディケイド組が滞在している間に他の外道衆が出現して闘うという内容でした。話としては緑パパが登場したりとかでディケイド組とは全く関係ありませんでしたが。赤パパが先代レッドなんだから、アレも先代緑なんだよね、多分。それにしても赤と黄はお似合いだなあ。世間的には赤×青とか赤×光でカップリング説が強まってるけど、私は赤×黄で。ディケイド組はそもそも出番自体があまり無い。夏みかんがテンクウシンケンオーを見て「なんじゃありゃー」言ってるくらいしか印象が無い。ゲンちゃんは相変わらず海東を追ってるからかなり出番が少なかった。最後に無理矢理巨大戦に割り込んだくらい。
 さて、ディケイド本編。今回海東がヒドいよ(笑)。烏賊折神をゲンちゃんから盗んで逃走、追っ手がウザいからと生身相手にディエンドに変身。でも外道衆の乱入でデェンドライバーを盗られて重傷を追ってしまう。夏みかんに救出され光写真館で手当を受ける。ゲンちゃんも夏みかんに連れられて鉢合わせ「返せ!」「やだよーん」「じゃあディエンドライバー取り戻してやるから交換だ!」「やだよーん」。ディエンド世界編でツカサに痛いところを突かれて拗ねているのかもしれない。結局烏賊は返すことになるけど、今回ヒドいところばっかり海東はなーんにもしてないよ! ディエンドライバー回収に何の行動も見せないとは……。
 鳴滝さん、今回は事前にとかではなく、話の中で暗躍していました。例によって妙なことを吹き込むだけで自分で具体的な行動はしてませんでしたが、いつか自分で闘うこともあるんでしょうか。全部知ってるくせに、曖昧なことしか言わないのはずるい。神崎士郎は話す必要がないから話して無かったけど、あんたは一部の人間にはむしろもっと積極的にバラすべきだろうに。あと一部で鳴滝さんはプリキュアの大ファンみたいなネタが広まってますが、あれはなんでだろう? 今回パッション大活躍だったから嬉しくて出番多めだったのかな。
 話として印象的なのは爺と爺ちゃんの二人です。闘う若者の為に帰るべき場所で待つ人間が必要だ、というのはいかにもSS的な発想だと思いました。別に悪いとは言ってませんが、今回みたいな特殊な話でも無い限り本編ではやらなかったんじゃないかなと。ツカサにも帰る場所が必要だ。夏みかんが今回ナーバスになってた原因はどうやらコレっぽい。夏みかん自身はネガではない本来の自分の世界がどこかにあることを知ってるけど、ツカサは記憶があやふやだからその辺もわからない。海東がディエンド編でチラっと話そうとしたのも中途半端になってしまった。いったいツカサ本来の世界ってどんなんでしょうか? 気になりますね。
 ディエンドで烈火大斬刀、シンケンレッドでブレイドブレード。なんとブレイドブレードはこれが三回目の登場です。やっぱデカいな! あまりにデカくて振り回してる姿が不自然だった。もしかすると合成だったのかも。ちなみに複数回登場したFFRは他にはクウガゴウラムしか無いはず。クウガはユウスケがいるから出るのも分かる……ブレイドブレードは超優遇ですよ。使い易いんでしょうね。ドラグレッダーは逆に使いづらいだろうなあ。あ、キバアローも二回出たっけ。
 ああ、そうそう、ユウスケもツカサと同じで記憶に障害でもあるんじゃないか説があります。どう見ても時々自分がクウガであることを忘れてるとしか思えないから(笑)。でも今回は変身した! 変身するだけで驚きを取れる男小野寺ユウスケ。シンケンジャーと合体攻撃でマイティキックを放ってましたが……飛び道具ぶち込む先にキックで突っ込むから「うわあ! あぶなーい!」と思ったのは私だけでしょうか。
 最後の最後でキバーラぶち切れ。いたのかお前。そういやこいつも立ち位置のよくわからん奴だなー。次回はなんと仮面ライダーBlackRXの世界! しかも演ずるはあの倉田てつを本人! 元祖平成ライダーですよ! この世界が終わるといよいよ大詰めです。ディケイドは8月で終了ですからね。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第五回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 だいぶ進みました。が、今回はパーティメンバーの傾向のみの話にします。

【シンテシス/バトルマスター】
 剣スキルをごっそり獲得してから(ギガスラッシュ以降は未取得)アタッカーとして充分な働きをしています。そのため、剣以外の武器を装備したことはほとんどありません。ポイズンダガーのために、一時的に短剣を使った程度です。今はメダルで貰った奇跡の剣を装備していて、パワフルな打撃+わりと無視出来ない回復量でさらに安定です。これは「改」に強化する価値有りかもしれません。強い。基本的に守備力もかなりの物ですが、やはり盾を装備出来ない点は痛い。

【はづき/武闘家】
 スキルポイント目当てで一時期レンジャーに転職してたものの、出戻ってます。単純な打撃力は武器スキルを取得してない関係からシンテシスに遅れを取ってますが、その分こちらは素早さが高い。アタッカーとしての能力はほぼ互角といったところです。いや、シンテシスが時々はやぶさ斬り、メタル斬り、ドラゴン斬りで器用さを見せる点を考えたらちょっと落ちる……いやいや、扇には属性のついたものがあって、ハマると強い。このままこの子は武闘家で行く予定ですが、武器スキルは本当、どれをとろうかなあ。

【メディオン/魔法戦士】
 魔法使いから魔法戦士へ転職。戦士というだけあって、打撃力もかなりあります。装備は攻撃魔法付きの杖ですが。おそらく攻撃魔法はもっと使い出のある物なんだとは思いますが、必須とまでは行きません。魔法使いとしてのメディオン王子の持つもっとも重要な魔法はルカニです。これでボスの守備力を奪ってから4連撃というのが必勝パターン。奇麗につながれば最後の打撃は二倍! で、最後は大抵バトルマスターのシンテシスになるんで、かなり強いのです。杖使いなんで、祝福の杖くらい使えるようにするべきかなーと思ってるところ。王子はスキルポイントをほとんど使ってないんですよね。

【パペッツ/僧侶】
 今回攻撃魔法は必須ではない。けど、回復魔法は絶対に必須です。あまりにも重要すぎて、転職出来なくなっています。僧侶一筋です。それでも杖スキルをコンプしました。転職すると回復魔法を失ってしまうのが痛過ぎる……あと僧侶の固有スキルはあまり必要ない感じがします。どうせ回復魔力の上乗せとか関係無くベホマで回復しちゃうでしょうから。まだ覚えてませんけど。五番目の上位職クエストを受注したんで、パペッツはそれになる可能性があります。

 ストーリーはかなり大詰め。今回結構シナリオ良いなあと思ってるんですが私だけでしょうか。

喰いしん坊駄文

IMG_1375_convert_20090717221039.jpg

 見ての通りのうどんです。「喰いしん坊」を読んでから一度この手の大喰いにチャレンジしてみたいと思っていて、自分でやるならやはりつけ麺系がいいだろうなということで、今回実現させてみました。フライパンに山盛りになっています。二食分でワンパックになっている生麺タイプのものを3袋用意しました。この手の物は二食分といいつつも一袋くらいペロリと食べてしまう程度の分量しかありません。一食分とかおやつにしかならないレベルです。そこで3袋6食分なわけですが……こうして盛るとその分量にちょっと驚きました。原作でハンター錠二と鳥飼は2キロのうどんを完食とかしてやがって、それに比べればたいしたことありません。
 で、食べました。全部。意外とたいしたことない……とはいっても、もう二食分多かったらアウトだったろうと思われます。食を無駄にするのはいけないことですから、適量だったと言えそうです。ちなみに、二食分ずつ茹でては茹で汁を処分してお湯を湧かすところから始めたため、6食分作り上げるのにかなりの時間がかかってます。福岡は替え玉のあるラーメン屋がとても多いんで、やるならそういったところで挑戦した方が良いかもですね。鳥飼がやったみたいにつけ麺戦法が有効かな?
 ちなみに大喰いのコツは食べるのをやめないこと、マイペースを貫くこと、水を必要以上に接種しないことだそうです。


IMG_1376_convert_20090717221235.jpg

 こちらは「ドラクエ9」。うちのシンテシスです。イベントシーンでは自分のキャラが登場して盛り上げてくれます。この画像にどういう意味があるかというと、うちの娘は可愛いなあ、と(苦笑)。ただそれだけ。メディオン王子はここしばらくメダルでもらったドクロのTシャツを着込んでいるせいで、無駄に凶悪です。
 最初の地図のボスを倒しました。雷撃対策を施して挑戦してみたら、闇系全体攻撃も持っていたという……酷い。それでも全体攻撃率はさほど高く無いし、二回行動率もそこまで高く無いため、なんとか勝てます。勝つと新しい宝の地図が貰えますね。でも地図を見てもどの辺を示しているのかさっぱりわからない(笑)。それに最初の地図はレベル1で、新しく手に入れたものは二桁とか……探し出しても絶対に勝てないと思う……、同じ地図に何度も挑戦出来るんで、しばらく倒してみます。簡単なのも出て来るかも。
 amazonに発注していたDSi用のグリップが届きました。なんか肌触りが妙な感じです。DSL用のグリップスピーカーと比べると張り出し部分が小さく、ちょっと持ちづらいような感じがします。が、この辺は慣れでしょうか。多少LRが押しにくいような点もあります。スタントとしても使えることと、ソフトを1本刺しておけるのは素晴らしい。それに無駄なスピーカーが無いのも素敵(笑)。まあ、今やってるドラクエはタッチペンプレイなんであんまり意味無いんですけどね。


 書店に行ってみたら「頭文字D」最新刊発売中止のPOPが立っていました。なんでも乱丁があまりにも酷くて発売出来るレベルじゃなかったため、発売そのものを延期、修正版の発売日も現状で未定という凄いことになってるそうです。人気作品だし、これは大損害でしょうね。どうも店頭に並ばずに回収されてるらしく、もし乱丁版を入手出来たら貴重なアイテムになるかも?

 NOAHは田上が新社長になりました。前にスポーツ新聞で「次期社長は田上?」という報道が流れたことがあって「これは盲点だったなー」と思ったのを覚えています。三沢夫人の指名で「NOAHの分裂を防ぐことを最優先に」という話なんだそうです。で、百田光雄のみ離脱ということになりました。百田の主張が「小橋が社長にならなかったから辞める」という、今の流れからしたらちょっと納得行かないもので、週プロも否定的な記事を書いています。現状最優先されるべきは「第二の三沢光晴を出さないこと」のはずなので、カリスマは強大でも怪我どころか大病を患って長期欠場した小橋を社長にするのはちょっとねえ。今までは三沢が社長だったから小橋も欠場出来てたわけで、社長になったら何があってもリングに立ってしまうに決まってる。ガンの再発はファンも一番心配してるところです。田上社長はベストな人事なのではないでしょうか。

ニンテンドーチャンネル更新に絡み

 Wiiのニンテンドーチャンネルが更新されて、慣れのせいか微妙に使いづらくなりました。が、まあ基本的には問題ありません。やることに大差はないので。近日発売予定の作品ではドラゴンボールがとても面白そうです。そういえば私、ドラゴンボールのゲームってひとつも買ったことが無いような……。ちょっと手を出してみるのもいいかもしれません。基本対戦ではなく、横スク型のアクションってところが良いですね。据え置きでこういうタイプの奴を買ったのはなんになるかな? DCの時代には無かったような……サターンでもあまり覚えが……メガドライブまで遡る? ゲームギアではこの手のが主流だったのは覚えてます。
 そのニンチャンでプレイしたゲームというか、チャンネルの履歴が見られるようになりました。案の定、プレイ時間、起動回数ともに「街森」がぶっちぎりです。どちらも400オーバーでした。……私、「森」を一日一度以上起動してるんだなあ。「街森」でこれじゃ、「おい森」の総プレイ時間はおそらく1000時間を超えてますね。毎日ちょっとずつってのは強い。ただ、株価の変わる昼になるまで放置しておくこととかも良くあったりします。次点は「FFCC小さな王様」これも160時間もやってたとは。むしろプレイ時間が表示されるタイプだったらこんなにやってたかどうか……わかりませんが。
 この二つから下はだいぶ落ちます。「ファミリースキー」が40時間くらい。「リゾート」がそれに続き、「ゴーストスカッド」「ニンテンドーチャンネル」が20時間ちょい。「ハルヒの激動」が12時間。「並列」はファミスキくらいはやってるはずなんですが、どうやらタイトル自体が登録されてない様子。この下になるとあまり参考にならない数字になります。「タツカプ」「メトロイドプライム」「フォーエバーブルー」辺りは値段分遊んでないっぽいです。「メトプラ」は酔ってしまったんで仕方ありませんが、他のふたつは「後で」と思って結局プレイしていないという。
 「森」と「小王様」で元を取ってる気もしますが、ハード的な満足度で言うとまだまだではあります。ただ、私の場合PS2もプレイ履歴が偏っていて満足度の高いハードとは言えないんで、据え置き自体のモチベーションが下がっているという分析も出来ます。やっぱりドリームキャストがピークだったのかなあ。それならそれで別に構いませんが。

 今日出かけて来て、「ドラクエ9」のすれ違い通信でふたり釣れました。ふたりか……もっといけるかと思ったのになー。宝の地図はボスが鬼強いからどちらもまだ持ってなかったっぽいです。あとプロフィールで設定出来る台詞は2ページ目も作った方が良いですね。1ページでは味気ない。どちらも男主人公でしたね。私は性別を選べる場合、まず最初は女の子をチョイスするんですが、そういうのは意外と少数派なんでしょうか。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第四回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 昨日「武闘家の上位職はリカントマムルをおたけびでひるませて五匹倒す」で解放されると書きましたが、間違いでした。クリアしてみたら装備品をもらいました。ちなみにこのクエストもわりと面倒です。おたけびでひるませてからリカントマムルに順番が回ってしまったらアウトなのです。おたけび>トドメ、という流れじゃないといけません。ただ、この図式が成立していればそれでオッケーなので、リカントマムル>おたけび>トドメでも問題無し。そこそこ素早さのある職業を一旦武闘家にしておたけびだけ覚えさせて戻して、残りをトロい戦士にしておくと簡単にクリア出来るかと思います。
 噂の宝の地図をゲットしました。セントシュタインのすぐに西のポイントに洞窟の入り口がある、ということで寄り道して直行です。中は自動生成タイプのダンジョンらしいですが、構造はあんまり面白くありません。というか、自動生成って難しいんでしょうね。「ソーマブリンガー」の自動生成ダンジョンもかなりつまらない物でしたし。「PSZ」あたりで上手く行ってる方かと。BGMが「5」のフィールド音楽でちょっと感激しつつ、適正レベル程度の雑魚的をなぎ倒していくと、地下三階あたりでボスとこんにちわ。

「よっしゃー! お宝寄越せー!」
「なんじゃお前ら、ワシの雷を喰らいたいんか? ほれほれほれ」
「ウギャー!」
「ア、後は頼んだ……」
「……アレ?」

 開始1ターンで二人死亡という惨劇……。その後はもちろん全滅コースです。強過ぎるだろコレ……。ちょっとレベルを上げたら倒せますというような感じではありませんでした。あんなの無理です。でもすれ違い通信の時に持たせられる宝の地図はクリアしたもの限定なので、なんとかしないといけません。明日辺りすれ違いに挑戦してみるつもりだったのに……まあ明日に間に合わせるのは無理無理です。
 船を手に入れました。砂漠の国はなぜ女王さまで超美人なのでしょうか? 残り3種の上位職の情報も無くさまよいつつ以下次回。

元天使のバトルマスターシンテシスの大陸紀行 第三回

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 上位職転職フラグになっているクエストをひとつずつ解放していって、今の所バトルマスター、魔法剣士、レンジャーになれるようになりました。現在シンテシスがバトルマスター、メディオン王子が魔法剣士です。でも魔法剣士の良さが今の所全く分からない! 属性攻撃のスペシャリストらしいけど、そのためにはスキルの取得が必須です。なのにスキル取らないから(苦笑)。6種のフォース技は味方一人に対して属性を付与するもので、最後のライトフォースとかいつになったら取れるんだ的な……でも中盤以降は役に立つのかもしれない。けど、単発火力じゃないから凍てつく波動の前に無力なような気もする。どうしたもんだろう……。
 それに比べたら武器スキル取得の方がまだハードル低いです。メタル斬りのある剣、まじん斬りのある斧はいずれ必須になるかと思います。魔法使い系は杖装備でMP回復が地味に利いてくるでしょう。あと盾。全職業盾装備は必ず効果が出て来るはず。属性防御系の盾ひとつ装備するだけでダメージもかなり違いますからね。なぜかバトルマスターは上位戦士なのに盾が装備出来ないしー。職業固有系はどれもこれも使えるのかどうかよくわかりません。でも攻略サイトは見ないで行く方針。
 さて……その上位職解放クエストですが……これがクソつまらない。ちょっとこれは酷過ぎるんじゃないかというくらいの駄目仕様でがっかりというか、これやらないと上位職になれないから困ります。

1、バトルマスターになるために、スーパーハイテンション状態ドラゴン斬りでスライムを5匹倒す。
 まあ、スーパーハイテンションの効果のチュートリアルとしてこういう系統のクエストがあるのは良しとしましょう。ドラゴン斬りを使うのは戦士の上位職だからわからないでもありません。でも何故ドラゴン斬りでスライムを斬らないといけないのか? ここで「スーパーハイテンションドラゴン斬りでドラゴン五種を倒せ」ならまだ納得出来ます。しかもこのくらいの時期になるとパーティも強化されているため、戦闘中にスライムが逃げます。こっちはスーパーハイテンションになるまで手を出せないのにです。なのでラリホーあたりで足止めしないといけません。面倒ですが、まだこのクエストはマシな方です。

2、魔法剣士になるために、魔結界を使ったキャラがメタルスライム3匹にとどめを刺す。
 まず魔結界を使っている間にメタスラの野郎は逃げます。この段階で一度に出現するメタスラは1体のみです。この段階でメタスラ倒す有効な方法はほぼメタル斬りのみ。頑張ればまじん斬りも使えるかも。あと毒針も作れます。魔結界は魔法使いのスキルですから、毒針を錬成して装備するのが有効でしょう。さて、魔法剣士が魔法使いの上位ということで魔結界を使うのはまだ納得……出来ねえよ! メタスラ倒すのと何の関連性も無い上に、逃げられる危険性の増す全く無意味、無駄な行為です。魔結界は魔法の効果を弱くするから、メタスラのメラを弱体化出来る……いやいや、メラとか弱体化しなくていいから。倒すキャラは魔結界を使ったキャラ限定なので、他が倒してしまうとアウトです。でも他も手を出さないと魔法使いの毒針だけでメタスラ倒すのはちょっと無理。「ああ! メタスラのHPが4で倒せなかった1」とか「メタル斬りで2削って倒しちまった!」とかよくある話。これが楽しい苦労だったら良いんですけどね。つまんない……。

3、レンジャーになるためにメイジキメラにポイズンダガーを使い猛毒効果で5匹倒す。
 盗賊の上位職のようです。盗賊のポイズンダガーは一度毒効果を与えてしまえば解除されません。が、まずポイズンダガーは成功率が低い。2回に一度程度……もっと低いかもしれません。メイジキメラのHPも問題で、ポイズンダガーを二回当てたら倒してしまいます。打撃で倒してしまったら駄目なんです。一度当てて失敗だったら倒して別のメイジキメラを探すことに。首尾良くポイズンダガーを決めた後もちょっと問題です。なぜならメイジキメラはベホイミの使い手(泣)。嫌がらせかこれは。なので魔封じの杖なりマホトーンなりでベホイミを封じる必要があります。これも成功率は微妙に低いです。感覚的にはポイズンダガーと同じくらい。あとどうも猛毒効果によるダメージは相手の最大HPの5%くらいみたいで、毒を与えた後死ぬまでじっと待たなければいけません。4ずつ減って行くのを……。ちなみにメイジキメラのHPは70くらい。きっちり把握して弱い職業で殴るのも良い手でしょうが、うっかり会心が出てしまうとジ・エンド。いろいろとランダム性が高すぎる。

 これでまだ基本6職業の上位職が3つあるはずです。嫌だなあ。面倒だなあ。上位武闘家のクエストは判明していて、リカントマムルをおたけびで怯ませた直後に倒す。5匹。ダーマに到着した時点ではまだリカントマムル出て来てないちゅーねん。仕方無いなあ、もう。正直言ってクリア後別のキャラで最初から……ってやる気を激しく削ぐ内容だと思います。こんなの誰も喜ばないわ。あーあ。

スーパー平成ライダー大戦D シンケンジャー世界編1

 勝手に「そうか、次は劇場版響鬼モチーフだからシンケンジャーなのか!」と納得してた自分にさよならを言いたい。全然モチーフとかじゃ無かった! 普通にシンケンジャーだった! 今回はゴルフ中継でシンケンジャーの方が潰れていたため「もう一緒にやっちゃおうぜ」的な感じになってましたね。侍は勤勉を旨とするので休みたく無いということでしょうか。
 冒頭は以前にあった海東が烏賊折神をゲンちゃんから盗んでしまうという展開からスタート。ここから追っかけっこが始まります。折神も虎の時を見る限り知性や本能といった動物的なものを持っているはずなので、本来烏賊だけ持って行っても役に立たないはず。クーラーボックスから出した途端ゲンちゃんのところへ帰ってしまうでしょう。だから秘伝ディスクの方も合わせて持って行ってるものと思われます。しかし前回で精神的な成長を見せたと思った海東はここで暴挙に出ます。追っ手がウザというだけの理由でディエンド変身! それは無いわ。相手一般人だったらどうするのよ。で、ゴールドに変身したゲンちゃんに対して久々カメンライドでシザース&ライアを召還。寿司職人に対して海鮮ライダーという安易な選択……でも無く、今回脚本が小林氏なので自分の担当した龍騎から海鮮ものということでしょう、おそらく。まあ龍騎以外に海鮮ライダーっていなかったような気もしますが(コンプリートが電王だったのも同じ関係かな?)。でもってシザースはサカナマルで普通に斬られる(笑)。弱い。蟹さん弱過ぎる! でもライアはゴールドではなく乱入した外道衆の攻撃で爆散でした。この攻撃で海東も多大なダメージを負い、ディエンドライバーまで取られてしまいます。これほどの攻撃では所詮カメンライドの人形ライダーですからやられても無理はない。むしろ頑張った!

ツカサ「なんだ海東その姿わ(笑)。おいユウスケ助けとけ。恩を売って後で目一杯返してもらうぜ。ギャハハハハハー!」

 黒子に扮しつつ手探りでシンケンジャー世界を探っていたツカサは番組始まって以来の大喜びです。あんたも前回で海東と心がつながったんじゃなかったのか……(笑)。あんたが一番酷いわ。さすが世界破壊者。
 シンケンジャーの連中は脚本が本家担当なため、極めていつも通りでした。強くて乗りの悪い殿様もいつも通りです。ライダーといえば黒子の中にスネークオルフェノクがいるんじゃなかったっけ? で、鳴滝曰く、この世界にもライダーが誕生してしまった。まさかそれがディエンドライバーで変身した外道衆だとは……。これは予想を裏切る展開。ディエンドライバーが無ければ海東もただの盗人だもんな。あ、私海東結構好きです。
 次回は巨大戦もやるんでしょうか? なんか映画版ではディケイドも巨大戦をやってしまうらしいですが、今回は無理ではないかと……どうするつもりなんだろ?


 「プリキュア」はついに4人目キュアパッションが誕生。丸々二ヶ月このネタを引っ張った上に、まだあと何回かやるらしいです。確かに刹那がプリキュアとして生まれ変わったとはいっても、彼女はこれまで自分の意志で人を不幸にしようとしていてそれに疑問を感じたりとかしてなかったし、プリキュアになれたからすぐ仲間って展開になる方がおかしい。刹那もラブ以外とはたいして仲良いわけじゃない。しかし敵側で残ったふたりも彼女も今後やりづらいだろうなあ。こちらも仲が悪かったってわけでも無かったからなあ。歴代プリキュアで死ななかった敵はSSの地味服ふたりとGoのブンビーさんだけ。でも今回のふたりも生き残る条件は満たしてるような気が……。
 刹那の性格からして変身はともかく、名乗りを上げるのは死ぬほど嫌がりそうなだけに、そこが注目点です。

元天使の旅芸人シンテシスの大陸紀行 二回目

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 ダーマ神殿のある新たな地域に突入しました。でも転職させてくれる大神官が不在。シンテシスの攻撃力フォローのために戦士に転職させたかったのに。他の3人はとりあえず今のままかな? この地域では鋼装備系の素材が取れるらしい、ということで、あちこち歩き回ってると漁村に着いた。夜になったらまた幽霊が出現……今回主人公には幽霊が見えるということで、毎回のイベント全部に幽霊が出ているような気がする。
 ということで、転職より先に漁村で発生したトラブルの解決に着手しました。今回のストーリー、巻き込まれ型の「8」よりも良いなあと感じるのは私だけでしょうか。ひとつひとつの話は短いし、シンプルだけどいろいろ考えさせる内容になってます。こういうのは実にドラクエらしい。その中に泣きも笑いを含めてくるあたりが特に。ダーマ神殿で「メイドさんになるまでここは動かぬ」と言って聞かない爺とか面白すぎ(笑)。
 ボサボサ頭だったこともあってドラクエ3の勇者チックな外見になっていたシンテシスは、いつのまにかに白いTシャツにニーソックスという萌え萌えな姿に変貌していました。まあシンテシスは元々ニーソ履いてたわけだし、特に問題は……でもこれ体操服にブルマ+ニーソにしか見えん……。この姿でバッタバッタと敵を倒して行く姿はシュールです。イベントに入ってもこの姿だから困ります。
 で、この漁村のボスがかーなーりー強かった! メディオン王子はヒャダルコ連発でMPを使い果たし、パペッツも残りMP5まで追い込まれてます。もうちょっとでも長期戦になっていたら死者が出ていたでしょう。全滅もあったかもしれない。なんたる激闘。と思ったら、本来順番的にはダーマの塔>漁村だったらしい。ひとつすっ飛ばしてました。しかも漁村をクリアすると船が出るようになるため、ここで戻らないとダーマを素でスルー出来てしまう。この辺の自由度もドラクエっぽい……ドラクエですけど。ダーマの方のボスはマホキテがウザいこと意外はたいしたこと無かったかもです。
 というわけでこれから転職して新天地ですよ。

元天使の旅芸人シンテシスの大陸紀行

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 ややトラブルにも遭いながらドラクエ9を無事にゲット。ポイント使って1600円ほどでした。最近集中力の落ちている自分的に、買ってから8時間一気にプレイというのは快挙だと思います。なんだよこれ、普通に面白いじゃん。ドラクエならではの安定感は健在。でも導入のイベントがちょっと長かったかもしれない。そこを抜けてからが楽しい。
 当初「PSZ」同様、赤毛の将軍を主人公に据えるつもりでしたが、5文字制限に引っかかってアウトだったので、5文字のキャラからチョイスしました。「PSZ」ではフォースだったシンテシスが勇者系になって登場です。小柄で適当にボサボサな緑の髪にすればだいたいシンテシス。雰囲気は違ってもこれはなかなか可愛い。で、序盤しばらくの間はルイーダの酒場が無いため、仲間を作れません。というか、ルイーダ結構変な人です。人を見る目だけで世の中渡ってるかなりアバウトな人でした。まあ、ルイーダに限らず登場人物みんな結構変です。DQMJのドロップキック娘に近いノリがあります。
 そのDQMJは8の視点をDSに持ち込んだ点でなかなか冒険的な作品でしたが、今回は従来の俯瞰視点に戻っています。今回は4人パーティでちゃんと連れ立って歩くんでこちらの方が良いのかもしれません。あとタッチペンほぼ完全対応です。ほぼ、というのはLRによる回転が出来ないから。でも回転もそれほど必須の操作では無いので、困ることはありません。というわけで私、タッチペンオンリーでプレイしております。ちょこっと操作に癖はあるものの、グリップ付きDSLに比べて手のしっくり度の違うDSiでの長時間プレイにはやや難があるため、この方が私にはあっています。久々起動したらDSLのスピーカーのヘボさにびっくり……あ、でも今回DSiでもずっとアクティブスピーカーにつなげてプレイしてました。
 スキル周りのシステムは8継承です。ただし、8ではスキルポイントをゲットした時に使わないといけない仕様だったのが、後振り出来るようになりました。なのでとりあえず貯めておいてから一気に使うという戦法が可能です。実際、結構貯めがちですね。主人公はメタル斬りのために使いました。メタスラ狩り用です。あ、そういえば今回同一パーティにいても取得経験値に差が出ます。レベル高いキャラの方が多く入るという不思議仕様です。まあ、やってればすぐに横並び程度にはなりますが。たぶん今回はパーティメンバーを減らせばその分経験値の身入りも大きい「3」タイプだと思います。
 さて、イベントをこなしてルイーダの酒場もオープン、仲間を作りました。シンテシスと同じシナリオ2からはづき、メディオン王子、パペッツという女3人、男一人という面子です。パペッツ、都合上女の子になってしまいました(笑)。どっこいここでいきなり問題発生! 今回装備品による着せ替えが売りなのですが、ここで加えた3人が皆布の服メインの同じ格好ではないですか。特に王子のみすぼらしい姿は見るに耐えない! なので普通武器から買い与えるところを防具最優先で整えることに。でも王子、途中まで男なのにミニスカっぽい姿で超微妙でした。今も生足のままなのはどうかと思います。というか、序盤から装備品のセンスがおかしいです。白いTシャツとかミニスカとか青いパンツとか……。
 「8」で猛威を振るったテンションのシステムは縮小して健在です。主人公しか使えなくなりました。「おうえん」という特技ゆえ、自分自身には使えません。まあこんなとこですよね。シンテシスはデフォルトで旅芸人扱いになってます。わりと万能型の劣化勇者様といった感じ。劣化なので、武闘家のはづきにだいぶ攻撃力の差をつけられてしまいました。ふと気づくと4人の中で応援係に……泣ける。でもメタル斬りを身につけてからは立場向上です。はづきはまだスキルポイント消費してないけどね。
 主人公が今回天使ということで、天使vs悪魔の有り触れたストーリーになるというネタバレみたいな暴露話がありましたが、今の所悪魔とか影も形もありません。というか、ストーリー結構良いです。良く考えられた上手い展開を見せています。なぜ主人公は旅をして人を救って行くのかという行動にきちっとしたアンサーがあります。「8」のなんとなく成り行きで、というのとはちょっと違う路線ですね。
 あと重要なのは錬金釜かな? 「8」では正直微妙な要素でしたが、今回はフィールドのあっちこっちに素材の採取ポイントがありまして、簡単にゲット出来るようになってます。武器を作る時も、まず下位の武器を作っておいて上位の素材にするといった発展的な要素が強く出ています。前回は一回錬成しておしまいというケースも多かった。レシピもわりとポンポン入手出来ますね。毒針、今回は作らないと駄目なんでしょうか? でも今回の釜は楽しそうです。シンボルエンカウントも欲しい素材を落とすモンスターを集中して狙えるんで、かなり良い感じ。むしろ違和感の無さに驚きです。
 武装そのもののカテゴリが分化したため、それぞれの個性付けも新規に加えられたものがあります。魔法使い系の使う杖は打撃で使うとMPを吸い取れます。これが結構地味に大きい。序盤はホイミ使うのにMP2ですからね。2発当てれば使えるわけで。一方で武闘家のツメと扇の違いがわからない。もちろんスキルで習得する技に違いがあるんでしょうが……。まあその辺は今後の楽しみということで。

間に合った!

スーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付きスーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付き
(2009/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 終わった! ドラクエに間に合った! うん、自分頑張った(笑)。終盤はスパロボらしからぬ闘いづらいステージの連続でわりと面倒でした。雑魚的が無限に湧いたりマップ兵器使って来たり、そこで足止めを喰らうとボスに対する人員を用意出来なくなったりでほんと大変。でもなぜかこのクライマックス登場のボス連中はHP回復を持ってない。なんでだろう? 面倒なボスという点で言えば邪魔大王国のスサノオの方がきつかった。回復しないから超強いこっちのユニット単騎でもわりと勝負になってしまいます。ダンオブサーズデイは最後まで超エースユニットでした。オルゴンクラウドのおかげだったりはしますけどね。
 撃墜数でわかる仕様ユニットの偏り。最終面スタート前の数字です。

ヴァン 364
ミスト 156
シン  149
剣児  135
キラ  117
スウェン116
宙   112
光司  112
甲児  104
ダイヤ 101

 撃墜数100を超えたのはこの辺り。「K」では撃墜数100毎に能力値+10ボーナスがつくので、そこが目標ラインになります。ヴァンだけ異様な撃墜数です。実は最終面では400機を超えました。スウェンをかなり重用した辺り、私の好みが入ってます。ただ、設定上最初から軍人系のパイロットと、ファフナー系のような作中で初めて闘いに出たキャラでは初期撃墜数が大きく違っています。ランクには入ってませんが、ファフナーの主人公の一騎はかなり重用しました。バリア破れてコンボの強いユニットは重要ですからね。ヴァン、シン、スウェンあたりはそのための要員です。
 終盤になるとペアユニットのサブの方が足かせになってなかなか攻め込めません。主力として使っていたジーグもその辺で足止めを喰うことになってしまいました。でもジーグはビッグシューターとのコンビネーションが無いと能力半減なので仕方ありません。その点でもコンボ目的でシングルユニットで闘う連中の方が身軽に闘えたという点は無視出来ないところです。
 このゲームの敵のレベルはこちらの主力連中のレベルに呼応します。どうやらあまりレベルを上げずにプレイしていたようで、6つある精神コマンドの最後がオープンにならなかったキャラも結構いました。シンなんかガンガン使ってたのに魂を覚えられなかったのはちょっとショックです。そこまで込みじゃないとリアル系はボスアタッカーとしては貧弱です。雑魚にはやたらと強かったんでいいんですけどね。対ボスではジーグが強かった……。
 終盤は雑魚の命中率も上がって来ていたんで、それまではあまり使わなかった回避メインの機体も引っ張りだしました。具体的に言うとキングゲイナー。ユニットサイズが小さく破壊力に欠けるため二軍扱いだったのを、無理矢理昇格させてます。宇宙適応をSにしてしまえば多少レベル落ちしていても問題無く闘ってくれます。最後はラスボスとも闘ってました。でもペアユニットを組んでいたサラは途中で撃墜されてしまった……まあそうでないと身軽に闘えないから祝福使わせてから離脱させるつもりでしたが。
 心残りなのはゾイドジェネシス系で使ってたのがコトナのレインボージャークしか無かったことです。主人公のルージ君の潜在能力を引っ張りだしてあげられなくてかわいそうなことをしました。二周目をやるなら重用してあげたいところです。コトナは回復役としてかなり優秀だったので、ビルドエンジェルと共に起用してました。ビルドエンジェル、なぜかシングルユニット……。
 ファフナー系の隠し要素をクリアしていたんで、ファフナーはあれでもハッピーエンドだったはず……なんかあまりそんな感じしなかったけど。


 さあ、明日はいよいよドラクエですよ。

とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)

とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 5 (ヤングサンデーコミックス)
(2009/06/30)
河合 克敏

商品詳細を見る

 やっとamazonが画像を用意してくれたので、三輪ちゃんが表紙の「とめはねっ!」5巻レビューです。これで部員5人全員が表紙に揃ったことになります。この手塗りが良いですよね。ジャンプ作家は結構今でも手塗りの人が多いようですが、最近はすっかりCGの表紙が増えてしまいました。手塗りには手塗りの良さがある! でも河合氏の手塗りはむしろ下手な部類に入るけど(笑)。
 二年連続で「この漫画がすごい!(だっけ?)」のTOP10に入り、来年にはドラマ化も決定し注目度も1巻をレビューした頃からは考えられないくらい上がってきました。純粋に原作の持つパワーの成せる業だと思います。実際面白いですしね。中身の充実はそのまま河合氏の取材を元にしたきっちりした内容作り+固定的なキャラクターによるところが大きい。書道がテーマということで、読者にとっては知らないようなことも頻出する点も見逃せないかも。ただし、内容が内容だけにダイナミックなストーリー展開などは無い訳で、やっぱり最終的には作者の実力によるものということになりますね。
 今回はキャラクターを中心にしたレビューにしてみます。

【ゆかりちゃんこと大江縁】
 今回1巻から読み返してみたんです。そしたら縁のガチャピン度が最初の頃に比べてかなり上昇してることに気づきました。長く書いてるうちにディフォルメがこなれて来るということは漫画では良くあることですが、美少女揃いの漫画の主人公がこうなってしまうのはとても珍しいと思う(笑)。
 入部した時のエピソードのせいか周りに流されているように見えるけど、中身は実のところ融通の利きづらい頑固者だと思う。その純朴さとマイペースなところ辺りを宮田麻衣あたりは気に入ってるんでしょうね。あれほどマイペース過ぎるところにイラついたり、つまんないとか言ってるわりに気持ちが動かないのは、そういった楽しさを期待出来る男じゃないと理解してもいる、と。難儀なことだ(笑)。あと眠そうとかガチャピンとか言われてても、そこそこ見れる容姿なのかもしれない。
 縁がこれほど素直な性格になったのはなんだかんだで父親の育て方によるものだと思います。全く似てない親子だけど、縁はハチャメチャな父親をアレでも敬愛しているし、親父は親父でちゃんと息子を信頼している。それと育ったプリンスエドワード島の風土がこんな感じに仕立てあげた。ひとつ心配なのは部活のエピソードばっかりなせいで、男の友人がいるという描写が全くないことですね。まあ、いじめとかあったら加茂ちゃんが黙ってないだろうから何も無いんでしょうが。

【偏りスペック望月結希】
 実質的な主人公はこっちかな。河合氏の過去作主人公の女性版という印象は今でも変わりありません。直情型で裏表が無く、怖い物知らずなあたりは完全に継承しています。相当なレベルの美少女であり、柔道の天才少女でもある。でも中身は相当にアレというか、この漫画でも一番変なキャラではないかと思います。
 純朴な面では縁とどっこいどっこいで、釣り合ってないような、逆にお似合いなような?というところはその辺から醸し出されているのでしょう。自分の中に理想的な女性像を思い描いていて、常にそうありたいとは思っている。どっこい、自分自身は理想のほど遠く、今までは諦めていた。快活過ぎたり、ファッションに気を使わなかったりするところを見るに、理想の女性像には外見的な要素はあまり含まれていないことがわかる。
 しかし、高校に入り書道と出会うことで、自分でもちょっとは理想に近づけるのは無いかと思い始めた。彼女の中で柔道と書道のプライオリティに格差がないどころか、下手すると書道の方が重かったりするのは、功名心の無さの顕れでしょうね。柔道をやっているのもオリンピックに出て金メダルを取りたいからとかでは無い。でなきゃインターハイに優勝してニコリともしないとかありえない。
 縁に体する当たりがきついのは、よりにもよって男のくせして望月の中の理想とする女性像に近いからなんだと思ってます。同時に彼女の中には理想の男性像なんてのもあるはずで、当然縁はそこからかけ離れている。そのギャップがイラつかせる原因になっているのでしょう。もちろん彼女自身そんなことに気づいているはずは無い。このギャップはおそらく解消される見込みが無い。望月にとって縁が気になる異性であり続けてしまうのも間違い無いところ。変な関係だなー。

【女らしさの体現・日野ひろみ】
 というわけで、望月にとっての女らしさをもっともはっきりとした形で身に付けているのが日野部長。ただ単に書道の実力者というだけでなく性格美人だし、なんやかやで立派に部長として自己主張をしている。大人しいだけの子ではない。揮毫をする時も堂々としたものだし、中学時代ヤンキーだった加茂に呼び出されても怯える様子は無かった。やはり、縁とかなり似たところがある。ダサい眼鏡をかけていても、結構な美少女ではある様子。
 面白いのはこの子も相当にマイペースな性格で、加茂&三輪も実質日野ちゃんに振り回されているところ。でなきゃこのふたりが書道部員とかありえない。縁も同じような親友が必要だと思うけど、勅使河原は他所の学校だしなあ。一方でよしみがまるで正反対の性格なのも面白い。なんでまたこれほど真逆な双子に育ってしまったのか、これもまた不思議な話だ。よしみもひろみにコンプレックスは持ってるのかもしれないけど、別に嫌ってはいないというか、なんでわざわざ間違われて当然な眼鏡、髪型にしているのやら。むしろ大好きなんじゃないのか?

【やはり元ヤンだった加茂杏子】
 女らしさというものを真剣に考えてみたら、それは日野ちゃんだった。この点で加茂は望月と同じような感性をしていると言える。そんなような会話をしたことは無いだろうけど、なんとなく通じる所はあるのかもしれない。加茂・望月はそこそこ仲良さそうな感じがする。まあ、同じ体育会系ってところもあるにしても。
 今回まさかまさかの唯一の彼氏持ちであることが判明。これはびっくり。女らしさを外見に求めないのと同様に、男らしさも外見に求めていなかったという良いエピソードでした。でも相手の男の名前が妙に現実にありそうな普通のものだったのが気になる。このエピソード絡みで染めてた髪を黒くしてから、今もそのまんまってことは、口ではどうこう言いつつも気持ちは変わってないってことかな。野郎は筆無精なもんだよなー。縁はおかしいよ。祖母と週二通とか。
 よしみと初めて出会った時のエピソードは、逆にひろみに対する信頼とか親愛の情の強さを示している。これ、よしみは知っててわざとやってるのが面白い(笑)。そりゃー、ブラックとかありがたく無いあだ名貰ったりするわけだ。
 あと4巻から出て来た村田とは中学からの友人だったのね。こいつもこいつで高校入ってから予想外の方向へ走っちゃったなあ。

【策士三輪詩織】
 他の三人も美少女なんだけど、仲でも一番の美少女だと思われる三輪ちゃん。そのわりに彼女には男の影が無い。作中で見当たらないだけで実際にはいるのかもしれない。よしみ曰く、悪知恵の働く女。こういう取って付けたような属性は忘れられがちになるもんだけど、三輪ちゃんの悪知恵は割と良く出て来る。成績の方もよろしかったりするのかしら? 中学時代のTシャツのエピソードはまさに策士といったところ。あんなことされたら加茂的にはブチきれそうだ。時期が悪かったらもっと険悪なことになってたかも。
 男の影が無い、というか、書道部に男を入れたく無いと思ってるのは実は彼女だけだったりする。もともと女性中心の部だってのと、ひろみ&加茂と仲良しグループで作ってるコミュニティに余計な因子を加えたく無いんだと思われる。だからああ言いつつ女なら誰でも良いってことでも無いんじゃないかな? なんかこう、望月・三輪ラインにちょっとした距離があるように見えなくも無い。むしろ三輪ちゃんは縁の方を可愛がってる感じがする。もちろん異性としては眼中に無いに違いないけど(笑)。あと宮田麻衣と相性が良く無い……でもこれは自分と似てるタイプだからだと思う。

【影山、あとその他大勢】
 顧問の先生。一巻では加茂&三輪がいじめるから部活を見てくれなくなったという酷い有様だったのに、最近ではちゃんと顧問している。たぶん、合宿とか書道ではちゃんと実力者というところから二人の見方も多少変化したのだと思われる。作品的にも存在は結構ある方だよなー。勅使河原とか5巻にはちょっとしか出てない。
 個人的に気になるのは鵠沼の女子部員だったり。名前があるのはよしみ、勅使河原に副部長の見城さんだけだけど、集合写真で一番左にいるロングの子が可愛い。合宿の時も容姿だけで妙に存在感があったのに、名前すらわからない。残念無念。
 加茂の中学時代の取り巻きに「モンキーターン」のビッグヘッドの姿が……あんた三軒茶屋の人でしょうが(笑)。

【そして大分の新キャラ一条】
 なんかこう「書の甲子園」のエピソードが軽く流されたなと思ったら、新キャラ登場のためのイベントだとは読めなかった。三浦清風曰く「書に集中するには楽しむ以外に無い」。それをストレートに体現したキャラとして出て来た。しかし大分県とは……絡みづらいなあ(笑)。こいつがどういう役割を持たされたキャラなのかはもう明らか。大分人なのにひとり普通に神奈川語を使ってるんだから、望月にラブレターを送った相手に間違い無い。縁にとって強敵出現ということになる。でもやっぱ大分は遠過ぎるだろ(笑)。

 さて、「帯をギュっとね!」「モンキーターン」ともに30巻で終えている。けどいくらなんでも「とめはねっ!」がそこまで行くとは思えない。季節の推移はむしろかなりスムーズで、6巻か7巻くらいには進級しているはず。今回新入部員勧誘のエピソードが入ってるのも新入部員を登場させるための伏線なんだと思う。どういうキャラになるのかはさすがにわからんなー。でも学園青春物としてイベントを外さない傾向があるから、バレンタインはやるんだろうな。でも確か望月が手料理を作ったという話は一度も無い。なんか下手そうだ(笑)。三輪ちゃんあたりは縁にチロルチョコをあげてホワイトデーのお返しを要求しそう。んー、でも縁はバレンタインの風習のことをよく知らないかも。
 あと「希望の轍」がなにげにすごい。一人で書き分けてるんだもんな。こういうのかっこいいわ。

目立つからこそ盲点になる

 上司に心当たりの無いことでネチネチ嫌みを言われました。どうやら私の管理不行き届きみたいな感じらしい……んですが、文句を言って来るわりにはどうも言うことが要領を得ない。奥歯に物の挟まった言い方というか、核心をわざとボカしているような感じだし、叱責を受けている割りには責任問題にもしてこない様子。「おかげでこれから大問題が起きる!」とまで言ってるのに、何かおかしい。どうも私自身は当事者では無いと完全に判明しているといった感じで、ほとんど八つ当たりに近い。ここは腹を立てても良いところなんでしょうが、断片的な情報から推測してみると、どうやら新人が大馬鹿をやらかした、ということらしい。
 職務上のことなんで、推測とはいえ何が起きたか具体的に書くことは出来ません。この当事者が新人だったという点がまたポイントで、研修を終えて配属されてまだ日が浅いというか、ほぼ初回に等しい段階でした。つまり私の管理不行き届きというか、管理する時間すら与えられずに問題を起こしてしまった、と。いきなりこんな大問題を起こす奴なら、今回たとえ私がたまたま反応出来てスルーしていたとしても、いずれ何かクリティカルなことをやらかしたはず。そんなのを現場に送り込んで来た方にも責任がある。だから私に対して特に処分が無い……という推測。というわけでこの新人、いきなり首になりました。むう、こういったケースで首を切る場合、損害を当事者に負担させるという話があったような気がする……。なんのために来たんだコイツは。
 この件、嫌みを言いたくて私にはボカした形で伝えてきましたが、他に対しては箝口令が出ています。なので当然私の推測も話せません。いろいろと疑問はあるに違いないですが、黙ってるしか無いですね。私も何も知らないフリをしといた方が良さそう。ちょっとは知ってるような顔をしてたら突っ込まれるだろうし。
 まあ、なんていうかなあ、そりゃあれ、犯罪だよ? わかってんのかね、あのアホ。もう2度と会うことないだろうけど……。


 「スパロボK」、ラスト3ステージ最初はバーチャロンの世界でした。そうか、まだこんなネタが残ってたか。バーチャロン系の敵はライデンが非常に面倒な雑魚敵として出現します。雑魚の癖にバンバンマップ兵器を使ってくるのはこいつだけです。ペアユニットを組んでる場合、サブにライデンが入ってたらとりあえず放置。前に出ている奴から叩いて行く戦法になります。かといってシングルの敵を作るとアタックコンボも飛んで来るんで面倒なところです。この辺のゲーム性は意外と面白いな、普通に力押しをするだけでは駄目なところが良いです。超力押しなら問題無いけど(笑)。む、ギリギリドラクエには間に合いそうだ!

スサノオ

スーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付きスーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付き
(2009/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 vs邪魔台王国戦クライマックスです。ここをクリアすると残るのはオリジナルの敵だけになります。このステージ、雑魚はどってこと無いんですが、ボス戦がとても厳しい。うっかりやらかして二度やり直すハメになってしまいました。「K」の攻略wikiでは改造段階が低くてもたいした敵とかいないからどうにかなる、難易度低いよ的なことが書いてありますが、本当にそうかなあ。「K」の一部ボスクラスの敵はかなり難儀だと思うんですが。
 なにがきついって、ボスがマップ兵器を繰り出して来ることです。マップ兵器は防御行動を取れないため、武器としてのダメージ数値はそれほど高く無くてもまともに喰らう分結構な大ダメージになってしまいます。HP低めなペアユニットあたりだと普通に一撃で落とされてしまうレベルです。加えてマップ兵器は使ってみないとどういう効果範囲を持つタイプなのかわからない。こっちでは回避する位置取りをしたつもりだったのにうっかり入っててドカーンという……。さらにここのスサノオはHP回復能力を持っている上に、初期位置もHPの回復するポイントなのです。防御効果も高かったりします。スサノオのHPが16万ですから、1ターンに32000も回復されてしまう。「K」はこれを毎ターン削りきれるほどの安易なダメージソースが無いと思うんですよね。「W」には結構あったかもですが……。
 とりあえずスサノオを回復効果のある地形から引っ張りだしてから袋だたきにします。ところがどっこい、半分までダメージを与えるとイベントが発生してまた元の位置へ戻ってしまう。しかも袋にしていた場所から離れていて連続的にダメージを与えられなくなってしまう。次のターンには32000回復してしまう(泣)。これは酷い。やり直しです。ダメージを与える前にこちらの部隊を回り込ませ(直進するとマップ兵器でドカンだから)、防御地形を埋めてしまう作戦を採用しました。ここから先はわりとスムーズでした。ボス敵クラスはダメージを与えると高いレベルの底力を発動します。これが発動すると硬くなってしまう。ここで回復されると面倒ですから1ターンキルを目指すことが望ましい。鋼鉄神ジーグの攻撃力が鬼のようになっていて、おかげで倒すことが出来ました。スムーズといってもここは無理しています。普通なら雑魚を片付けてからボスという順序ですが、逆にして先にボスを倒しました。これをやるとボス戦後雑魚を倒せなくなる可能性があるのです。でもまあ、ここは全滅が勝利条件ということで、後は雑魚を掃除するだけ。大変だったなここは……。
 これで残りは3ステージ。土曜日に間に合うかな? ギリギリかな。

もうちょいだから頑張ろうね

スーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付きスーパーロボット大戦K 特典 Official Commentary Book付き
(2009/03/20)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 「スパロボK」、なんとか進んでます。このゲームはシステム上守りが堅く、ガンガン攻め込みづらいという特性を持っていて、スピード重視でプレイしようとすると逆に一部効率が悪くなってしまいます。終盤普通に攻撃するとペアユニットのサブの方が必ず援護防御に入って来てしまう。援護防御ってのはその名の通り防御なので、与えられるダメージが激減してしまうのです。半減かな? 本命を倒すために捨て攻撃を数発かまして援護防御をネタ切れさせてからドン!というのもひとつのパターンですが、こうなると本当に効率が悪い。
 対抗手段として存在するのがアタックコンボと合体攻撃です。アタックコンボはメインもサプもまとめて攻撃してしまうもの。ただし、二機目以降はダメージに補正がかかる(でもダンオブサーズデイは補正無いっぽい。なんでだろう)。アタックコンボはペアユニットを組んでいると使用出来ません。なので単体で強力なユニットじゃないと厳しい。ジーグやガイキングのようにサポートとのコンビネーションを前提にしているユニットも向いてません。問題は主人公クラスでないとシングルユニットを任せるのは難しいのに、バランス調整のため主人公クラスはパイロットの方がアタックコンボを得意としない。素でアタックコンボをガンガンかませるような主人公だと本当にバランスぶっ壊してしまうのでわからんでもないんですが、印象としてやっぱ不思議です。二線級の連中の方がコンボは得意。あと機体の方もやはりコンボ向きなもの、そうでないものがあって難しい所です。
 あとアタックコンボは敵も使ってきます。ボス級の敵はペアを組んでいないため、普通に使ってくるためペアを組んでるこっちのユニットが危険に晒されます。コンボ攻撃は二段目以降ダメージ補正がかかる代わりに、防御行動を一切取れないからです。ボスはさすがに攻撃力も高いし、ペア向けユニットだと一撃で落ちることも珍しくありません。あと、雑魚も下手にシングル化させて残しておくとアタックコンボをしかけて来ます。これもわりと危険だったり。
 合体攻撃はなぜか伝統的にほとんどあらゆる守備的要素を無効化します。印象的なのはスパロボOG2で、ラスボスの「あらゆる攻撃ダメージを半減」してしまうむちゃくちゃなバリアを無効化するため、力の限り合体攻撃を叩き込むという戦法になります。この属性は今回も健在です。バリア無効、援護防御も無効。ぶっちゃけどうしてそうなるのか理屈はわかりません。謎です。ただしここで大きな問題があります。「K」の合体攻撃はのきなみ消費エネルギーが異常に大きい。そうそう連発出来ない……というよりも、連発したくても2発撃つことが出来ないほどの低燃費です。援護防御対策として実用性のある合体攻撃はジーグのものに限られます。ジーグバズーカ、マッハドリルはビッグシューターとの合体攻撃扱いで、エネルギーではなく弾数消費です。ジーグはユニットサイズが小さいわりにハイパワーなユニットなのでガンガン攻め込めます(キングゲイナーが不憫だ)。
 結局スキルパーツでコンボ強化したわずかな主人公機+ジーグ2体が必須ということになります。「K」は最終的にやたらと二線級ユニットが増えて行くのに、一軍固定級のユニットも多いため、汎用性があるようで無いのが辛い所です。まあでもほんと、コンボ強化したダンオブサーズデイとジーグ2体、それにデスティニーガンダム、ストライクノワールあたりがいれば雑魚は簡単に壊滅出来てしまいます。逆に言えばこいつら意外だと雑魚戦も苦労するという……。クリアまでもうちょいです。頑張ろう。


 それにしても新調したキーボードカバーが硬い。肩が凝るわー。

今週のスーパー平成ライダー大戦D ディエンド世界編2

 555世界編では人の心が得られる本当の宝というものをまったく理解出来ていなかった海東が、響鬼世界で人が変わったように三位一体の宝を生み出す仕掛け人となる。そして自身のディエンド世界において、遂に心の宝を手に入れる。ツカサの言う宝というものは今回わりと抽象的で、はっきりとしたものではないが、本当に海東は何かを手に入れたのだろうか? このディエンド世界編はツカサが旅に出て初めてツカサ自身は何も得ていない世界となった。それともツカサ自身は海東との間に何か共感するようなものが生まれた、と思っているのだろうか。海東が口にしようとしたツカサの過去はかなり気になるところです。
 かなり重要なエピソードだとは思うんですが、「仮面ライダーディケイド」というツカサの物語における海東の立ち位置は未だよくわからないままになっています。現状ツカサの物語と海東の物語は全く交錯してないんですね。彼が兄を助けるためにディエンドとなり通りすがりの仮面ライダーになったのと、世界の破壊者と罵られるツカサの物語はまったく別々のもので、互いに関連、影響していない。なのになぜ海東はツカサの過去を知っているのか? おそらく海東が巡ったいくつもの世界のひとつにツカサがいて、そこでなんらかのクリティカルな出来事があったんだろうとは思いますが、海東自身はそれに対してさほど重い関心を抱いていない様子です。鳴滝や夏みかんを含めた4者の間に何があったのか、それを紐解くにもそろそろ話数も減って来てます。実際どうするんでしょうか。次回作「仮面ライダー○(一応伏せ字)」のスタートが9月第一週であることが「てれびくん8月号」で判明しています。もうカウントダウンは始まっている。
 それにしても新世代ブレイドライダーは優遇されましたね。映画では死んでしまったランス&ラルクは生き残ってツカサも「この世界にも仮面ライダーはいる」と発言しています。彼らが世界を守って行くから俺たちがここを離れてももう大丈夫だ、ということなのでしょうが、ライダーとしての扱いなら下手したら龍騎よりも上かも(泣)。シンジはあの後裁判とは無関係になってデッキ手放すはずだし。そしてまさかのブレイブvsディエンド兄弟対決。何がまさかってこいつらが兄弟だと予想で出来た人間なんているわけない。劇場版ではグレイブは人間じゃ無かったし、いろいろと劇場版剣救済話みたいな感じでした。そういう意味では良く出来ていたと思います。ランス、ラルク、ディケイド、ディエンドはカラーリングも被ってなくて共闘も映えてた感じを受けました。
 ただ、不満もいくつかあります。フォーティーンのCGはやたら気合入ってたのに、コンプリートアームドの一撃だけで倒されてしまった。あれはあっけない。あんなんで済むなら最初からやれよと言いたい。フォーティーンの役者さんは気持ち悪いほど存在感があったのに勿体ないですよ。あとグレイブ絡みの話が多少わかりづらい点。実はグレイブは最初からフォーティーン側の人間で、弟と同じ立場だった。ただこれはどうも自主的な行動でフォーティーンとコネがあったわけじゃないらしい。だからフォーティーンに脳改造を受けてしまう。劇中に出ていた彼は脳改造を受けているバージョンだったはず。ただ元が元だからフォーティーンが倒されて洗脳が解けても立ち位置は変わらなかった……と思ってましたが、脳改造は受けて無かったのかな? 夏みかんやユウスケ(こいつ今回もまったく役に立ってない……)は戻ったらその間の記憶が無かった。でもグレイブは記憶を残してた雰囲気ですよね。あとツカサの指摘した海東がお宝を求める動機も当たってたのかどうか微妙です。フォーティーンに対抗するために力を欲したということはあるでしょうし。でもそのために集めてたとなると、胡椒に興味を示したことに違和感が出て来る。お宝探しを続けている間に、それ自体にハマってしまったということかもしれませんが。
 で、次回まさかまさかのシンケンジャーの世界! 「ライダーのいない世界。でも戦隊はいるよ」という身も蓋もない話です。あー、でも確かに海東は折神欲しがりそうだ(笑)。そのシンケンジャー、ゴールドがわけわからんことになってます。寿司職人にして折神&モヂカラ解析第一人者。どういう職人なんだ(笑)。プリキュアは本当に丸々二ヶ月4人目ネタを引っ張ってしまった……。ぶっちゃけ時間かけてるわりに、刹那がプリキュア側に付く動機が足りてない。来週だけでそれをひっくり返すつもりなんだろうか。パッション加入でEDも変わったりするんだろうか。そういえばディケイドはOP変わってましたっけ。
 シンケンジャー編、誰が脚本書くのかな? シンケンジャーのメインは小林氏で、ディケイドでは超電王編書いてますが……。小林氏が担当するのが無難だよな、やっぱ。

どうぶつの森が七月になりました

街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)街へいこうよ どうぶつの森(ソフト単品)
(2008/11/20)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 七月になっていろいろと大量です。オオクワガタは森のダイヤなどと言われますが、実際ダイヤに匹敵すると言っても良いでしょう。バンバン採取して部屋に置いて、更に採取して……というだけでどんどんお金がたまっていきます。一日10万ベルとか楽勝です。問題は採取する時間帯にプレイ出来るかどうかですが。
 ただ、DS版と比べると出現率が落ちているような感じがしなくもありません。村全体で一度に出現する虫の数は決まっているそうで、たとえばある種の虫を出現させないようにすると他の虫の出現率が向上する。花を全部無くしてしまえば蝶は出ない? 木の数を減らせば、その分特定の木に虫の来る可能性も上昇する……。昨日プレイして感じたのは、うちの村にはヤシの木が足りない。二本しか無いもんなあ。おかげでここに来る系統の虫の集まりが酷く悪いです。あと比較的ハズレの部類に入るカブトムシの出現率が妙に高い気もします。
 魚の方もハンマーヘッドを釣り上げました、手応えからしてマンボウかと思ったらコイツでとてもびっくりです。DS版で唯一釣ることの出来なかったサメを今回はなんとかしたいところですね。5回目まで行ってくれれば安定で釣れますから、なんとか頑張りたい! おかげさまでミュージアムもだいぶ賑やかになりました。問題は未だにシーラカンスを釣ってないことかな……。
 最近あまりしてない村の解放ですが、やるなら木金の夜になるかな? 同じく木金の午前中あたりはカブのやりとり関係で他所の村へ行ったりしてます。

 いよいよ「ドラクエ9」の発売も秒読み段階です。果たして「スパロボK」は間にあうのでしょうか。今日もプレイしてかなり大詰めにはなってますが……相変わらずダンオブサーズデイが強い強い。ちらっと顔を見せたラスボスに二回行動のスキルがついてるのにはたまげました。それでヒット&アウェイでマップ兵器持ちとかやばすぎる。


 キーボードカバーを買い替えました。気がついたら前の奴は「A」の部分に穴が開いてまして、全体的にもすっかりグダグダに。でもこういう時Macユーザーは辛い。カバーを買い替えるにも選択肢があまりありません。結局あんまり良い印象の無かった同じものを買うということになりました。改めて使ってみてもやっぱり微妙だなあ、これ。なんていうか、硬い?

ロボット魂クロスボーンガンダムX1

IMG_1280_convert_20090703233847.jpg

 一度買うのを躊躇して、結局通販で買った「ロボット魂 クロスボーンガンダムX1」です。サナリィ社が極秘に開発していた実験機で、確か正式な開発ナンバーはF-97だったっけ? F-91の後継機になる、と思います。そのF-91も作中には量産型という形で登場していますね。でもジェガンは出ていない。CCAで登場し、その後相当に長い期間使われた名機もF-91のコスモバビロニア戦役で時代遅れになり、以後使われなくなったということでしょうか。
 特徴的なのはドクロをイメージした背部の4器の可変スラスター。コアファイターのギミックも盛り込まれていて生存性の高い機体でもあります。ビームシールドの発達したこの時代ではビーム兵器はMS戦の主流から外れているそうで、全身に隠し武器が仕込まれている格闘戦用MSです。

IMG_1282_convert_20090703233918.jpg

 そのためこの商品も付属品多めの仕様になっています。が、それでも足りなかったり(苦笑)。いまいち劇中での印象の薄いビームサーベルはなんか妙に長い。X1本体よりも長い。

IMG_1283_convert_20090703233949.jpg

 ヒートダガー。ふくらはぎにひとつずつ隠されています。でも一本しか無い! ちょっと塗膜が剥がれ易いかもしれません。私の扱いが悪いんですけどね。

IMG_1288_convert_20090703234022.jpg

 バスターガンとビームザンバーを合体させたザンバスター。ビームザンバーを構えた画像はいまいちかっこ良く撮れなかったんで今回は無しで。可動範囲はなかなかです。

IMG_1291_convert_20090703234053.jpg

 ABCマントも装備出来ます。アンチビームコートの略です。原作では守備力そこそこのかわりに動きが制限されない海賊仕様でしたが、この商品では逆に制限されます。当たり前か。

IMG_1304_convert_20090703234126.jpg

 台座は付属しません。これは「ハルヒの激動」付属のフロリボハルヒの台座を流用しています。ヒートダガーはふくらはぎを貫通して脚の裏から飛び出るとんでもギミックがあり、この商品ではつけかえで再現。とてもわかりづらい画像ですみませんが、左足から出ています。

IMG_1305_convert_20090703234157.jpg
 
 平手が2つ付属。宇宙海賊の使用機なんで、立たせるよりも台座使った方が映えますね。ちなみにF-91は劇中で一度も地上戦をしてない主役機として有名です。「クロスボーン」本編でもF-91自身は宇宙戦しかしてないんじゃなかったかな。

IMG_1308_convert_20090703234227.jpg

 バスターガンにトリガーが無いのがちょっと気になるところ。そもそもMSでマニピュレータを使って引き金引くのはナンセンスだと思いますが。

IMG_1311_convert_20090703234258.jpg

 実は腹部に間接が仕込まれています。お腹がパックリと開くのです。正面から見るとすごくみっともないんで、ここは上から。おかげで真上に顔を向けられます。別に無くてもいいギミックですけど……。これがあるからコアファイターのギミックを削除してるっぽいし。

IMG_1313_convert_20090703234334.jpg

 ほどなく発売されるライバルを待つキンケドゥの勇姿。やっぱX1はキンケドゥでしょ。

IMG_1360_convert_20090703234401.jpg

 せっかく撮影用にセッティングしたんで、ついでに食玩のFFRシリーズもドン。1~5&9&10代目です。響鬼、カブト、電王は次弾にラインナップ。あ、そういえばまだディエンド買って無いや。クウガだけシール貼ってません。

IMG_1361_convert_20090703234451.jpg

 まとめてファイナルフォームライド! 食玩であることを考えれば変形前後どちらもなかなか頑張った造形だと思います。

IMG_1363_convert_20090703234546.jpg

 FFRは裏から見てはいけない! どれも厳しいものがありますが、クウガ、アギト、キバが一際辛い。キバアローはすごいところから発射してますね。内臓だよ内臓。しかしいまいち画像の色合いが奇麗に仕上がってないかな……まだまだ試してみる余地がありますね。

ハイパーダイジェストでがっかり&リアタイヤでびっくり

 「てれびくん8月号」を買ってきました。そしてがっかりしました。過去9作の平成ライダーのハイパーバトルビデオ"台詞無しのダイジェスト版"を収録したDVDが付録についてきます。ナイト、ゾルダ、王蛇なんか一瞬しか映ってなかった! 面白かったのは「555」の超微妙な擬音とダンスなのか戦闘なのかわからない内容くらいかな。あ、でもハイパーガタックが見られたのは素直に感激。「てれびくん」本誌の方はなかなか面白くて意外です。まあ、ディエンドの世界の後のネタバレとか、映画「大ショッカー」のネタバレとかが載ってるわけなんですが、ほんとにやるんだな、アレ。でも過去作のちゃんとした奴のDVDは欲しいよ。初期はVHSだったから、持ってる人のも随分劣化してるはず。有料の全員サービスとかでもいいから欲しい。

 なかなか行こうと思っても行けなかったバイクのオイル交換をしてきました。行きつけのスーパーの途中にある店なんですが、家から見て右車線側にあるんで、荷物を抱えながら寄るのを避けていたらどんどん遅くなってしまったという。ついでに曲がる時にアンダーステアが出てるのも修正してくれるように頼みました。そしたら

「リアタイアパンクしてますね」
「ええっ?!」


 ブッスリと釘が刺さってました。長さ3センチくらいでしょうか。もう、モロに。どうやら愛車のタイヤが原付としては異常に太くて、走ってるときは熱で膨らんで釘を圧迫するとかで、全エアが抜けてしまうようなことが無く、普通に走れてしまってたようです。たぶん、ここ最近に刺さったものではありません。下手すると2、3ヶ月……もっとかも(汗)。タイヤ自体もそろそろ限界ってことで、今回は修理しましたが交換した方が良いようです。予算組んでおかなくては。
 今回お世話になったのは「あそこ、元レーサーがやってて凄い評判良いらしいぜ」と弟に聞かされていたところです。何がどうナイスな店なのか、今回わかりました。メーカーやエンジンの知識が深く、「この会社のこのエンジンはこういう特性があるから、こうこうこうで、こんな感じに扱うと良い」なんてことまでアドバイスをくれましたよ。前にコケた時の影響からか、どうやらオイルの寿命がちょっと短めになってるらしく、次にオイル交換する走行距離を書いて貼ってくれたりもしてます。タイヤもあそこで交換してもらいましょう。でもズマの使用タイヤは独特だから通販でこっちで用意しないと。HONDA直営でもなけりゃたぶん置いてない。
 限界に近いとはいえ、エア、ブレーキを調整して随分乗り味が良くなりました。なんか妙に速度の伸びが悪いなとも感じてたんで、本当にかなり前から釘が刺さってたんだろうなあ。ほんとにビックリです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。