宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャーラーラーラーチャチャチャ・チャラ・チャーラーラーラーチャチャチャ

 先週、今週の「仮面ライダーW」が凄い内容でした。これ、平成ライダー11年の歴史の中でも屈指の神回なんじゃないでしょうか。「W」はディケイドでズレこませることによって開始時期がこれまでと異なっています。いつもなら夏くらいにギャグ回が入るんですが、この時期にぽいっと挿入されました。時期的に言うならズレ込んでてもギャグ回来るのはちょっと早いかもしれません。なんでまた前振りもなくこんなのが作られたんだろうか。なにがスゴイってエコーズact2ネタを紛れ込ませたギャグ回なのに、全体としてみるとストーリーがまったく破綻していない。というかストーリー自体は至極まともだという。ゲストも交えOPにも手を加え、更にギャグが妙に高度。「なんで俺は野郎と海辺で追いかけっこしてるんだ」は爆笑ものでした(笑)。ちなみに私が「これは相当に面白い!」と思ったエピソードのある作品は、クウガ・龍騎・555・ディケイド・Wという感じになるでしょうか。結構少ないな……。
 「W」といえばガイアメモリ。食玩の「サウンドガイアメモリ」が復刻されました。やはり食玩は一度作ったらそれを売り切るのが普通のようで、放送中にも関わらず「復刻」と銘打たれています。よほど爆売れしたのでしょう。もう3月になりますが、リリース間近の「サウンドガイアメモリ2」を前に需要を喚起してみたという感じでしょうか。この復刻版でサイクロン・ジョーカー・ヒート・メタル・555・電王メモリを揃えましたよ。やっぱ電王メモリのやる気の無さと、デンライナー到着シーンで使われるSEの熱さに感激です。これだけでお金を出す価値があります。「2」ではアクセル・エンジン・ルナ・トリガー・響鬼・カブトだそうです。カブトメモリ要注目ですね。響鬼はどんなサウンドを入れてくるのかいまいち予想がつかないな……。
スポンサーサイト

ポン酢と柚胡椒の最強コンボ

 暑い。気温高い。まだ二月。寝るの昼間。寝苦しい。呼び鈴鳴らすな。なんか半端な寝起き。起きたばかりなのになんか辛い。実際暑いですね。だいぶ寝汗をかいてしまいました。これでも寝る時に着る物を一枚減らしているのに……。呼び鈴の方はたぶんガス代の請求かな? おとといくらいに郵便局で払い込んだけど、ガス会社に伝票届くのにラグがあっておそらくまだわかってない。それで前にガスを止められたことがあって、後で謝罪が来ました。今時コンビニで払えないとかどうかと思うよー。

 本来なら唐揚げに使うであろう骨付きの鶏肉を茹でて食べてみました。私は唐揚げは食べられませんから、必然的に茹でることになるわけですね。これが正しいやり方かどうかはわかりませんが、水の状態から鍋に肉を入れて煮たって来てから調理酒を注ぐ。茹で上がったらどんぶりに取ってポン酢をぶっかけ、柚胡椒を添えて完成。本来なら塩くらい入れて味を整えるべきでしょうね。
 見かけは本当に茹で上がっただけの肉なんで、あまり良く無い。どっこい食べてみたらこれが美味しい。なんといってもこの肉は鶏肉の中でもぶっちぎりで安い。鍋用の骨無し肉って意外と高いんですよね。安くてボリュームもあるので野郎の一人暮らしでは心強い。ポン酢と柚胡椒の相性もバッチリでした。ヘルシーだし、またやろう、これ。

 amazonから「無限のフロンティアECXEED」届きました。なんか結構品薄らしいですね。今はまだ前作のリプレイが終わってないし、「レギンレイヴ」もまだまだやるんで実際に手を出すのはもうちょい後になりそう。「ゼルダ」も果たしていつプレイすることやら。「レギンンレイヴ」は布教してたら後輩が買いました。さて、実況してることを教えようかどうか。

書く事がろくに無いですよ

 実況プレイは楽しい。癖になりそうです(笑)。基本的に下手に浮気するとグダグダになりそうで恐いってことで、クリアするまでレギンンレイヴ一本で行きますが、ひとつだけ始める前から「あれ、面白そうだよな」と思っていた作品があって、それを単発で実況すると思います。もうすぐ3月だというのに3月発売としかアナウンスされてなくて、それまでにクリアしているかどうか……たぶん無理? ちなみにWiiウェアの作品ですよ。
 今日は休みということで三本録りしました。それでもエンコードの時間を考慮に入れると一本しか増やせない。日曜日が一本録りだからバランスを取る意味で週一で3本の日も作って行きたい。ストーリーは戦局的にターニングポイントに入ったようです。これまであまり取れなかった風の素材がフィーバーしています。あまりに大量に入ってしまって笑えます。
 動画の方にプレイの詳細が詰まってるから、日記の方ではあまり書くことが無い……。3本録ったけど時間の短い後編からエンコードしたんだよという程度のネタしかありません。展開的には素晴らしく燃える感じでやってて凄く楽しかったんですけどね。
 あとなんでかなあ。なんで最初の挨拶の時に3月とか言っちゃってるかなあ。これで二度目です(苦笑)。毎回「おはようございます」からスタートしてるのはプレイしてるのが朝だから。あと「おはよう」は勤務時間のフレキシブルな職業だと汎用挨拶なのですね。とりあえず「おはようございます」と言っておけばよい。

兄を超える妹などいない!

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 毎日プレイしています。というか、毎日実況動画をアップしているわけですが。なかなか思うように喋ることが出来ていないのは残念ですけど、さすがに回数も10回を超えて慣れては来たようです。ひとつわかったのは戦況が深刻になると無言になってしまうということで……まあ余裕が無くなればそうもなりますよね。ここに来て敗退回数が増えて来てるんですよ。だいぶきつい。
 お兄ちゃんことフレイは強いです。やっぱメイン武器の火力が高く、特に制限が無いというのは大きな強みです。バンバンぶったぎって短時間で敵を殲滅出来ます。いっぱい敵を倒せばそれだけ回復も落ちるわけで、お兄ちゃんはなかなか死なない。反面サブウェポンである弓の取り回しが悪いため斬撃一辺倒になりがち。それでも単調な雰囲気を感じないのは部位破壊を狙うかどうかで戦法もその場その場でガスガス変わるためでしょうか。ただ、弓も取り回しが悪いだけで必要になる局面は結構用意されてます。
 妹ちゃんのフレイヤは火力が……。いや、無い訳じゃ無い。現状最大火力の武器を使うのはフレイヤだし、私が好んで使っている火炎弓だって兄の弓より発射にかける時間は凄く短いし、範囲攻撃で雑魚を大量に巻き込める上に誘導。とても強い。下手すると20匹くらい一度に吹っ飛ばせる。でも強力な攻撃を仕掛けるにはいちいち魔力を必要とする。魔力を回復させるには近寄って剣で斬らないといけない。でもフレイヤはこの剣がどうしようもなく弱い。火力無い。下手するとここで手詰まりになってしまう。敗退回数もフレイヤの方が圧倒的に多いという……。
 で、現状風の素材が圧倒的に不足しています。ステージ25だったかな? フレイヤの撤退戦ですごく苦戦していて、新しい武器が欲しい。なのに素材が無いから作りたくても作れない。豊富に風の素材が落ちる場所も無くてほんと大変。HP増やすことは出来ますが、フレイヤの上昇量はフレイの半分なのです(泣)。現有戦力でなんとかするしかありません。やれるのか? とはいえ、苦難を乗り越えることこそ実況動画の醍醐味でもあり。エンコードに時間はかかるし、手間なのは確か。それでも実況ってのは独特の楽しさがありますね。自分のプレイを人に見せて感想もらうのは、SS書くのに近い感覚があります。これにハマりすぎるのもヤバい予感があったりしなくもなく。

 今日は暑いなあ。

C.M.B.森羅博物館の事件目録 13

C.M.B.森羅博物館の事件目録 13 (月刊マガジンコミックス)C.M.B.森羅博物館の事件目録 13 (月刊マガジンコミックス)
(2010/02/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 福岡で銃撃事件があってですね、それでカラスやハトの駆除が見送りになったらしいです。毎年地元の猟友会の協力でカラス、ハトを撃ち落としていたとは知りませんでした。まあ、あんまり気にせず必要あるなら撃ち落としても良いと思います。香椎あたりも秋になるとなんかスゴイのよ。渡り鳥なのかなあ。

 うっかり昨日忘れてた「CMB」です。

 第32話「夏草」
 誰しもこういうことは考えるかもしれない。でも本当にやっちゃって音信不通になるってのはさすがにどうだろう。いや、やっちゃうから事件になるわけで、踏みとどまる人とそうでない人がいるってことかも。それに妻に先立たれると何して良いかわからなくなる夫ってのは結構いるんじゃないかと思わなくも無い。叔父とかもそうだしな……今はゴルフ三昧だけど、体力的に出来なくなった時大丈夫か心配だわ。
 とはいえ、このおっさんはこんな僻地にこんな形でやってるからアレだけど、花時計ってのは相当に典雅な趣味だと思う。友人家族が揃って即物的な性格をしていて、趣味ですら何か得にならないとやらないというような人たちなんですよ。スポーツとかもすぐにお金につなげて考えてしまう。たぶん花時計とか理解出来ないだろうなあ。

 第33話「霧の山荘」
 おお、定番だ。こうなったら事件起きるしかない。ハルヒが介入すると確実に事件起きる。山の中で霧に遭遇すると確かに恐い。先とか本当に見えなくなってしまう。燈馬君&可奈の場合は可奈が暴走するのを燈馬君が止めきれず遭難ってパターンになりそう。こっちは森羅が暴走役になる(笑)。可奈は燈馬君にとって姉であり、恋人未満であり、被保護者であったりする。たつきちはもう森羅のお母さんですね。あ、でも森羅の生い立ちを考えるとそういう相手に懐くのはある意味必然だったりするのかもしれない。
 「QED」にもこういう傾向があるけど、燈馬君や森羅が介入しなくても普通に解決出来るであろう事件というのも少なからず存在する。ふたりともこういう事件の場合、無理に介入しようとせず警察に任せようとする……が、周囲が解決を希望したりする。森羅が今回ちょこっとだけ考えたのも、事件については大体分かってたけど、ここで解決しちゃって良いのか悪いのかを考えてたんだと思われる。今回の場合、事件に首を突っ込む原因が自分にあるのが確かだから責任を取ったという感じなのかな。何も要求してないし。
 これ、短編のミステリとしてはかなり秀逸な内容だと思います。霧の山荘での殺人事件というだけでミステリ好きならある一定の方向へミスリードさせられてしまう。わりとあからさまなはずのこういう可能性に気づかない。

 第34話「アサド」
 なんかもう明友高校がお坊ちゃんお嬢ちゃんの通う上流階級高校なんて設定すっかり忘れられてますね(笑)。既にたつきちがネコを被ることさえ無くなってる。冒頭からして「早くネタ決めないとぶち殺す」だし。というかたつきち文化祭実行委員? にしても時間無いからってアサドに関して何もわからないのに適当に決めちゃって良いんだろうか。美味しそうな肉料理だから良いようなものの、ゲテモノ料理の可能性だったあるわけで。相手は森羅なんだからその辺は警戒してしかるべきだろう。
 で、アサド。牛肉を時間をたっぷりかけてじっくりと焼く。もうそれだけで美味しそうだ。しかもこれ炭火使ってるんだぜ! 学園祭で出しても元とか取れないだろ(笑)。私は手術した関係でコレステロールを低くしなきゃいけないってのがあって、焼き肉を禁じられてるんですよ。だから牛肉を食べる頻度がもの凄く少ない。でもこれは食べてみたいなあ。これだけ時間をかけて焼けば油も抜けてるんじゃないかな。おそらく外はカリカリ、中はジュージーという感じじゃないかと。で、ソースも使う。チミチョリソースがどんなものかはわからないけど、スパイシーなイメージ。美味いぞ、これは美味い。かなり時間がかかるってのが弱点ではあるものの、その分周囲に振りまく香りが強烈だろうから絶対に売れる。ラストシーンがそれを物語っている。このマイペースさが森羅らしい。クラスメイトもガキ扱いしているようで、対等につき合ってますよね。
 にしてもまず拳タコに注目するたつきちって一体……。この話自体森羅を文化祭に参加させることが主眼ってことで、事件の方は実にどうでもよい感じ。アサドが美味しそうだから良いんだよこれでも。

 第35話「オルゴール」
 前にミステリでディスクオルゴールを扱ったものを読んだ事があって、この辺知識だけはありました。ディスクオルゴールの修理屋みたいな感じで、ケーキ屋を兼ねているという人物でしたっけ。そりゃまあ、ディスクオルゴールの修理だけで喰って行けるわけがない。ディスクオルゴールの来歴は語られてる通りなんですが、いかんせんデカいわけですよ、これ。そのせいで元々旧式で面倒だったはずのシリンダーオルゴールの方が現在まで残っている。
 ヒヒ丸が無駄に凄過ぎる(笑)。コーヒー、ココアを入れられる。黒ヒゲ危機一髪で遊んでたりする。森羅とジェスチャーで会話する。知能高過ぎるぞ。というかジェスチャー出来るってことは人語を理解してるってことだな。それでもヒヒなんだから筋肉の質とか違うと思う。森羅とヒヒ丸ふたりがかりで巻けないネジを、たつきち片手でくるくる回す。恐ろしい。たぶんヒヒ丸この時点で「逆らわない方が良い相手」だと認定してるはず。
 記述を材料に過去にあった事件を紐解く。加藤氏もいい加減引き出しが多い。おそらくこういうような事件は当時結構あったんじゃないかというような気がします。切っ掛けさえあればマウでも解答に辿り着けたような気もしますが……。

 今回は「QED」も「CMB」も学校の催し物の話があって、どっちも面白かったと思います。可奈の思惑に振り回される燈馬君、周囲を困惑させる森羅。個性の違いがなかなか楽しい。

しまった。

 今日は「CMB」のレビューを書くつもりでしたが、うっかり出勤直前まで日記書くこと自体を忘れてました(苦笑)。ついついレギンレイヴの動画アップの方に夢中になっちゃってまして。でもレギンレイヴも前後編で合わせて3回やられちゃうし散々だった……。なんだよあの赤いの。強過ぎるだろ……強いのがボスならまあ納得だけど、あれ雑魚じゃんかよー。いろいろ合わせてレビューは明日ということで。

Q.E.D.-証明終了- 35

Q.E.D.-証明終了- 35 (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.-証明終了- 35 (月刊マガジンコミックス)
(2010/02/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 バンダイが一年戦争から始まる宇宙世紀作品のプラモデルを発売していたHGUCシリーズをリニューアルして、HGAUCにするそうです。これによってどうなるかというと、第一弾がガンダムX。ついに来た。これで勝てる。スピードグレードが盛大にすっこけてどうなるかと思ってましたが、ついにこの時が来ました。ゴッドガンダムもラインナップされてるそうで、マジでこれで勝てる。

 で、今回の「QED」。

 第六十八話「二人の容疑者」
 これ、たぶん「立証責任」と対になる話なんだと思います。「立証責任」の事件は既に判決まで出ているため、提示された情報は証拠として扱われたレベルの重要なものばかり……ではあるものの、ほとんどが状況証拠で決定的ではない。こっちは直接事件と関係無い情報が多数紛れ込むのに、容疑者の印象を大きく左右するものばかり。本来裁判員制度でも後者の情報に着目するのは良く無いことなんでしょうが、それでも人間、気にはしてしまうものでしょう。実際自分にしてもそうばっさりと切れるかというと自信ありません。人間ってゴシップ好きなものだし、事件そのものよりもその背景を掘り下げようとする傾向を拭いきれない。最近ワイドショーを騒がせている妹を守ろうとする姉を殺害したアホの事件に関してもそう。特に過去の事件と今回の事件を分けて考える、なんてことが出来るかなあ。無理だろうなあ。
 燈馬君視点から見ると嫌な顔はしてませんが、不本意な事件だったんじゃないかなと思います。最初にズバっと論理的な思考から助言をしているのに、その後どんどん捜査が微妙な方向へ突っ走ってしまった。このままだと本当に警部に迷惑をかけてしまいそう。最終的に出馬したのはそんなところでしょう。たぶん彼自身は放置しておいても警察が解決するレベルの事件だと考えていたのではないでしょうか。今回の燈馬君の推理は被害者に顔を見られている可能性が高い以上、犯人なら現場にはそうそう戻れないという点に基づいている。ここから推理すれば犯人がどっちかってのはおのずと限られる。それは良いけど、ウィッグ使ってるとかよく想像つくな。特に材料無いと思う(笑)。
 改めて読んでみてもやっぱ燈馬君の出馬はあまり必要無い事件だったかなと思う。

 第六十九話「クリスマス・プレゼント」
 今回「QED」にも「CMB」にも学校のイベントに参加する話が入っています。あまり普通じゃない燈馬君や森羅がこういうイベントに混じるとどうなるか、ということに関しては興味深いところです。自分から積極的に人に絡むタイプじゃないだけに。といってもこの手の話も大分数が増えて来ています。作品自体もう長いですからね。
 クイーンの「ミステリ同好会6人が協力する」のシーンには笑いました。そっか、燈馬君も入ってるんだ。一度新生してるからその時にかー。手はずを整えたのは当の燈馬君自身なわけだし、ここはあまり文句言えないところだと思う。それでもこの抵抗(笑)。たぶんこういうの森羅なら喜んで参加するんだろうなー。
 この話、事件としては非常にくだらないレベル。たぶん全69話の中でも屈指のしょーもない事件です。だってさー、今回燈馬君犯人の姿ちらりとはいえ見てるわけで、推理とかそういう問題じゃないし。犯人の動機も非常につまらない。ただ、その辺の下りは添え物程度に据え置かれているというのが今回のポイント。面白いか面白く無いかで言ったらとても面白かった。実際事件の方自体は燈馬君にとっては難題でもなんでもない。本当の意味で難題だったのは可奈が用意した舞台劇のほうだったわけで、脚本を任されてアクの強過ぎる面子を捌いた手腕はなかなか見事だった。特にクイーンを釣ったあたりはもう「人の心の機微に疎い」とか言えないわ(笑)。素晴らしいコントロール。で、なんだかんだいって燈馬君は優しい。白井部長がひとりで頑張ろうとしているところにひとり手を貸そうとするあたり、周辺で困った人がいたら手を出さずにはいられない。MITでも結構こういうことあったっぽいですね。だから燈馬君は意外と人脈がある。にしてもバッファローの暴走にパンイチで立ち向かうって(爆笑)。いや確かに可奈はそれくらい強いけどさ。
 二段落ちには本当に感心しました。五角館って本来ミステリには使えないネタなんですよ。あんな建物存在しえないから。舞台劇でこそ導入出来る見た目に分かり易くシンプルな一発ネタとしてはかなり高度です。この脚本を書くのはかなり難しかったはずですが、燈馬君は100点の仕事をしたと思います。突き詰めればこれ以外のセット作らなくても良いし(笑)。で、落ちがこれ。これはマジやられた。ほら、毎回「QED」の年末といえば大掃除だったし。

 明日は「CMB」。こっちも学園祭の話が楽しかった。

なんたるうっかりの連続

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 今日で実況七日目になります。とりあえず一週間毎日続けることが出来ました。ってことで今後もやっていけるんじゃないかと思います。ただ、今回は一週間の中でもっとも酷いプレイ内容になってしまいました。この動画の方針として攻略情報は見ない、新規ステージをプレイする時に撮影というものがありまして、新規ステージに突入してしまったら敗退しないことにはやりなおせないのです。初見の新鮮さって大事ですからね。で、今回ステージに入る時にうっかりフレイの二つの装備をどっちも弓にしてしまいました(笑)。いや、大変だったなあ……。片方が連射の出来る速射の弓だったからまだなんとかなったけど、火炎の弓lv2はせっかくのデビュー戦だったのにほとんど役に立たなかった。このステージで登場した新キャラも巨神にフルボッコにされて死んじゃうし(泣)。
 グダグダぶりはこれだけでは終わらない。悲惨な目に合わせた新キャラを救うプレイをしてあげようと同じステージにちゃんとした装備で挑むつもりが、新たなステージに突入してしまうという……。本人はしばらく気づいてない。全然違う敵が出て来てびっくりした。再プレイのつもりだったからせっかくのムービーもすっ飛ばしちゃったし、本当に今回は酷いことになってしまった。こんなことがあるとはなあ。
 一本録りで初めての30分オーバーな動画になりました。ビットレートをいつもより落とさないと100MB制限にひっかかってしまいます。で、落としてエンコードしたわけですが、思ったよりは荒れた映像になっていないようでほっとしてます。ディスクの制限を考えるとここくらいまでは落としても大丈夫かな? これは収穫です。

 昨日ローソン着でハードディスクを発注しましたが、朝になってからもっと近場に一軒あるのを思い出しました。確かここ、何度も強盗の被害にあってると噂の店です。あの辺夜になると人気が無いんですよね。こっちにしておけば良かったかもしれません……が、注文に使った所も行動範囲の中なんでまあ良いです。といっても駅三つ先だったりして。もうひとつ発注してあるDVDもローソン受け取りに変更しよう……とも思いましたが、こっちはメール便のはずなんで昼届いても起こされませんね。そのままにしておきましょう。

継続はパワー

 ポータブルハードディスクをamazonに発注しました。今回某所でオススメされているローソン受け取りを試しています。実はうちの近場にはぜんぜんローソンがありません。なんでこんなに無いの?というくらい無いという地帯です。なので、外食する時にちょっと遠出する近辺にある店を選びました。大きなものでなければこれでも大丈夫だと思います。その場で段ボールを剥がしてしまうと持ち運びも楽だし、コンビニなら処分もしてくれるでしょう……が、迷惑ですかね? 動作が安定してくれればこれひとつで当分オッケーのはずです。itunesのバックアップもしておきたいところ。

 「レギンレイヴ」実況はなかなか順調です。音割れ、音ズレを起こす可能性がある環境でまだどちらも発生していません。微妙な音ズレは実況音声を合成するタイミングをしくじってるということで(笑)。朝プレイしてすぐに編集して前編のエンコードを終わらせ、寝る前に後編のエンコードをスタートしておく。これで夕方~夜に安定してアップすることが出来ています。が、始める前は起きてから仕事中にエンコードして朝にアップするパターンになるかなーと思ってました。で、今までこなしてきましたが、日曜日の朝だけはちょっと難しい。スーパーヒーロータイムを九時まで鑑賞してからプレイを始めると、おそらく前編のエンコードを寝る前に終えられない。じゃあ、どうするか。解決するとしたら、ここまで基本前後編でアップしてきたものを一本撮りにするしかない。一本録りとなるとプレイ時間は実質20分強。あまり進行出来ない……けどこれがベストだと思います。毎日更新という方針である以上、アップする時間帯は安定していた方が良い。クリアまで2ヶ月は見なきゃいけないかもしれませんね。たぶんそのころには8Gのディスクは埋まっているでしょうから、新規アカウントが必要かな……。「レギンレイヴ」やってその後更に他作品を実況となるといくつアカウントが必要になることやら。当面「レギンレイヴ」のみにしておくのが良さそうです。ディスク容量アップしてくれないかなあ。

ハードディスクを増やしておこう

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 やはり毎日動画を編集するなんてことをしていると、毎回の素材を保存しておくなんてことは出来なくなってくるわけですよ。HDDの圧迫具合は結構ハンパないものがあるのです。ところがどっこい、初日にアップした動画がなぜか何度やっても「読み込めません」を喰らって見る事が出来ないなんて目に合いました。自分の動画だというのに素材はもう捨ててるし、確認出来ないという……。見る事が出来たのは今日です。コメントついてたから他の人は普通に見れたっぽい。どういうことなんでしょう? ともあれ、こういうのはちょっと困るんで、ある程度は素材の方も残しておきたい。でもハードディスクを圧迫するのはいやん。ってことでポータブルタイプのハードディスクを買うことにしました。
 まずamazonでチェック。今の主流は500MBなのか……今使ってるのは半分以下なのがそれ以上の値段だったなあ。この辺の商品の進化速度はすごい。しかしamazonではスペック回りの情報があんまり記載されてなくて具合が良く無い。実際にヨドバシで確認してきました。まあ、手持ちのやつと同じ会社のスペックアップ版のはずだからそこまで神経質になる必要は無いんですが、他に買い物も予定もありましたので。で、動作的には問題無さそう。Macにもちゃんと対応してる。しかし電源使うタイプだと2Tになってしまうのか……なんか想像のつかない領域だ……。デジタル放送をキャプチャーするとこのくらい使ってしまうらしいですが、私にはあんまり関係ありません。ただ、ヨドバシ店頭だと結構お値段の方が高い。amazonと多少の誤差ならこっちで買うつもりでしたが、かなりの差があります。というかamazon安過ぎるぞ。これで利益出せるのか。てなわけで一旦帰宅して改めて発注です。

 「レギンレイヴ」は勇者と呼ばれるほどの巨神が出現してきましたよ。いや、これが大変大変。これまでの山林の農村近辺から大都市の市街へ場所を移し、フレイヤでタイマンバトルです。フレイヤでタイマンは厳しいものがありますよね。消費した魔力をタイマン相手から吸収しないといけない。ステージ開始前に作ったフレイヤの大剣と必中の矢lv2で挑むものの、これが厳しい。的は大きい。でもタフ。とりあえず離れて矢を撃ちまくる。というか、矢を撃つしかない。巨神のばかでかい体躯で走るわ側転するわでかなり機敏に動き回る。そして矢で倒しきれない。魔力尽きる。接近戦するしかない。やられる(泣)。フレイヤの剣攻撃はもう魔力回復用で撃破は考えない方が良いのかもしれません。結果、2連続で敗退を喰らうことになってしまいました。つええ、つええよフルングニル様。さすが勇者だよ。その辺のモブ巨神とは格が違う。
 ここで武装を変更する。作ったばかりのフレイヤの大剣と必中の弓lv2どっちも外して初期装備の命を吸う魔剣lv1と、前に作ったエイルの弓にチェンジ。必中の弓だと一カ所に多段ロックオンが出来なくて困るときがあったので。剣は振りを小さくして隙無く魔力回復のみを狙う。三度目にして頭を狙うという指示をようやく活かす事が出来ました。背中が見えているときは攻撃せず魔力を温存する。でもって多段ロックオンで頭だけを狙う。これでなんとか撃破に成功。このゲーム、武器の選択と戦略がかなり大事です。身を持って知りました。
 一方兄くんのフレイは撤退戦で騎兵と闘っていました。トリケラトプスみたいな猛獣に巨神が乗ってブイブイ走り回るのです。これが早い。馬より早いらしいです。鈍重そうに見えるのは外見だけ。こんなのが複数バタバタと楽しげに駆け回りやがります。でもま、フルングニル様よりはだいぶマシです。作ったばかりの長剣lv2で移動先で待ち構えて喰らい覚悟で斬る。うまく足を止められたら勝ったも同然。ただし、避難中の村人には結構被害が出てしまいました。考えようによってはあんなのの攻撃を喰らって一撃で死なずに逃げ続けられるんだから村人すごい。
 明日は不吉極まり無い前後編の前編からです。章タイトルに「死す」という文字が……。まだゲーム的には序盤だと思うんですが、誰が死んでしまうんでしょうか。危ないのはヘルギさんかもしれない。でもヘルギさんが死んだらモチベーション下がるよ! 生きてヘルギさん! 明日どうなってるやら。

なんちゃらとかいう槍

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 えーとなんだっけな? なんか妙な名前のついてる槍を作りました。普通の槍とは操作が同じだけでだいぶ性能の異なるシロモノです。槍なのになぜか3ウェイ攻撃になったかわりに普通の槍ですらついてる貫通能力を失っています。射程は同じ。槍は当て辛いのが難点だったわけで、3ウェイになったおかげでとりあえず当てることは出来るようになっています。これがなかなか強い。狙いが適当でも良いというのは地味に助かりますね。ただ、リモコンを水平に保たないと平べったい3ウェイの板が斜めになってしまい、1方向地面にめり込んで無駄になってしまうという特徴もあります。これは意外と重要なことかもしれません。リモコンの角度も影響するとは思わなかった……。わりと意識しないと保てなかったりします。保たないと弱い武器なので必須です。
 射程はあっても貫通しないのは集団戦であまり有効にならない。そのため、混戦で使うなら通常槍とか大槌とかというか、ぶっちゃけこれまでに出た他の武器全部の方が良いでしょう。ただこの武器、3ウェイであるという利点を接近戦で活かすのがポイントだったりします。広範囲に攻撃出来ることの方がおまけ要素です。巨神のふところに飛び込んで放てば3発全てヒットして威力も単純に3倍です。これは大きい。槍の特性である部位破壊をしづらくなってしまうという難点もあったりはしますが(苦笑)。ヒットバックで敵を押し込む効果もあるようで、離れたまま闘うのもそれはそれで有効。威力無いから時間はかかる。
 こうなると次どうなるのかが予想で来ますね。3ウェイで貫通槍でしょう。5ウェイなんてのも出て来るかも。これは強いんじゃないでしょうか。凄い事になりそうです。レギンレイヴは様々な武器系統があって同時に装備することも出来るとはいえ(一見似ているモンハンはひとつしか装備出来ない)、武器系統によるファンがつきそうな感じがしますね。それだけ武器毎の個性が強い。
 ステージ攻略の方はぼちぼち歯ごたえが出始めていて、初めて敗退を喰らってしまいました。無念。巨神にがつがつ殴られて酷い有様に……。数が多いんだよ数が……武器を槍にしなければ良かったと思ってリトライしたら、装備品がそのまんま。でもリトライでは勝てましたよ。なんとかなるなんとかなる。その次はやられはしなかったものの、長丁場になりました。動画もおかげで30分超え。25分くらいで収めないと画質をキープ出来ないんですよね。今回は分割することにしました。今後こういうステージが増えて来るとなると大変です。8Gのディスク容量が今から心配になります。いっぱいになってしまったらどうしよう。別のアカウントを取るしか無いのかな。
 フレイが自分の素性をカミングアウトしました。巨神軍は総勢1000000だそうです。マジかよー。そりゃ大変だ。

妹ちゃん出陣

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 武器毎の個性が強いっぽいという噂は聞いてましたが想像以上です。フレイでトールの剛弓を作ってみました。デフォルト装備の弓よりもさらに引き絞りに時間がかかるものの、威力アップで貫通力が付きました。これ凄いです。単発で非常に使い辛かったのが、更に使い辛くなったかわりに爽快感アップ。引き絞りに本当に時間がかかるため距離を置かないとまともに使えません。ただし、これ当たるのかよ?という距離でも当たりました。この射程で貫通ってのは強い! 集団に対して2、3発ぶち込んでから接近戦を挑むと良い感じになります。ただし弓にはひとつ大きな欠点がありまして、ステージクリア前に使うのは上策ではない。クリアしてから離れた場所の素材を回収しに行く前に終わってしまう(泣)。倒した場所に素材が落ちるからですね。
 でもってこれまでずっとフレイばかり使って来たところへストーリー分岐発生。どうやらこれ、フレイ&フレイヤ兄妹が別行動をしたということになっているらしく、強制的にフレイヤが出陣します。武器作ってない、HP増やしてないってことで焦ってしまいました。実際、火力が無くて苦労する事に……。重い武器をぶんまわして問答無用気味に敵を粉砕していく兄と違い、妹は非力です。メインは弓と、魔法弾を放つ杖になります。どちらも魔力を消費する攻撃です。兄はそもそも魔力という概念自体が無い。弓は複数の敵を一度にロックオンするいんちきアロー、杖は氷弾を発射。いんちきアローは引き絞りにかかる時間が兄に比べて恐ろしく短く、しかも当たる。誘導弾。でも火力弱い。氷弾は山なりの軌道で当て辛いけど連射可能。
 そこから強化してエイルの弓へ移行するとロックオン出来る的の数がいきなり倍になる(笑)。10体ロックオン、しかも一体に対して重複ロックオン可能になり火力の欠点を補っています。これによって部位破壊が恐ろしく楽になりました。そこだけ狙えば良いんだもんなー。光の杖は直線的な光線を発射します。杖というよりもレーザーガンみたい。これも直線的だけあって部位狙いは楽ですが、火力が微妙。小巨神には通じるものの、中巨神になるとなかなか厳しいものがある。部位狙いを成功させたら本命の武器で……というのも近接武器が貧弱なままだから出来ない。弓、杖で消費した魔力はこの貧弱剣で吸い取る事が出来る。やりたくない接近戦を挑まざるをえないってのが辛いところです。フレイヤはテクニカル。
 今後も別行動する機会はあるはず。フレイヤにも慣れておいた方が良さそうです。お兄ちゃんの方が考えずにプレイ出来る分楽ではありますね。

 実験で作った石田三成の章の4話、最終話の動画をうっかり捨ててしまいました(号泣)。今度の休みにでも改めて作り直す事にします。レギンレイヴは一日の進行速度を緩めで行く事にしてるんで、三成を作り直したら今度は別のキャラの動画も撮ってみたいですね。これは公開しませんけど。ってことでレギンレイヴの方はもう公開しています。どの実況シリーズが私のかはとりあえず秘密で。でもすぐにわかるでしょう。

僕と槍と大槌

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 このゲーム、オプションでの操作回り設定の変更必須ですね。おそらくデフォルトで設定しておけるベストの操作設定が存在しないんだと思われます。プレイヤー各人で好みとか癖とかの差からまったく異なった設定に落ち着くはず。序盤とその後でもいろいろいじくりまわしていくことがありそうです。下手すると今装備している武器によって設定を変えるとかそんなことも。今回は槍と大槌を使ってみたんですが、どっちにも対応する設定がなかなか決まらなくて困ったんですよね。弓や杖も個体差が大きいっぽいんで、今後どう転んで行くかわかりません。
 というわけで今回は槍と大槌です。長剣、大剣と並ぶフレイでの基本的な武器カテゴリになるはずなので、早めに慣れておくことにしました。本来なら近接武器&弓で遠近に対応出来るように武器を装備しておくべきなんでしょうが、今回は慣れ優先で槍と大槌を同時装備してます。
 槍は威力は平凡以下、貫通力があり複数の敵を一気に攻撃出来る。振るのではなく突く攻撃はピンポイントで部位を狙うことに適している。貫通力が有るというのはそのまんまで、他の武器だと横に並んだ敵をなぎ倒せても、手前の敵のすぐ後ろにいる相手にはまったく当たらない。当たりそうでも当たらない。なので別の意味で混戦に向いているということになります。槍は必然的に横の判定が弱い。敵集団の外側からチクチクと刺すのが良さそう。部位を狙い易いのはこのゲームではかなり有効です。というのも部位破壊しないと出て来ない素材が多いため。槍で上手く調整して部位を狙えれば武器から破壊なんてことも簡単に出来ます。一方で巨神の頭狙いが上手く行かない気もします。頭を狙ってるのに胸板にヒットしてるなんてことがあるっぽい(苦笑)。でも貫通してるんだから頭にも当たってるはずだよなあ。
 大槌はとにかく破壊力の鬼。横に振り回す時は平凡なダメージが、縦切りにした途端数倍の威力に跳ね上がります。現段階での縦切りはチート臭いほど凄まじい威力で、一発で目の前を惨劇へと追い込むほどです。槍や弓でちくちくやって時間のかかる部位破壊も大槌なら一撃ってことがよくあります。が、出るのがかーなーりー遅い。なので出る前に逃げられることも多く確実性に欠ける。巨神の振り下ろした武器をステップで回避して縦切りで破壊なんてことが出来るとかっこよいです。ただ単に倒すだけというなら恐ろしい性能を発揮します。序盤に出て来る中型巨神とか雑魚同然という超絶破壊力。モーションは本当に大きくて実は敵の割り込みもガンガン受けてます。割り込みで攻撃モーションキャンセルされる仕様だったら終わってる武器ですね。このゲームの大槌は攻撃中アーマー状態で大抵の攻撃には怯みません。かなり無理矢理感漂う武器になってます。
 序盤の中型巨神から取れる素材は手足破壊、武器破壊、頭破壊でそれぞれ回収出来ます。手足破壊はほとんど問題ありません。手足を切れば良いというだけ。足を狙う時は大抵横切りになるため、大槌本来の破壊力が死にますから、ここは剣を使った方が良いかも。普通に闘ってても結構自然に落ちるんで、部位狙いはあまり気にしなくてもいいかもしれません。武器は先述の通り槍か弓でピンポイントで狙うか、相手の大きな硬直に大槌を叩き込むか。大槌なら一発です。頭が厄介。まず両足を攻撃して転倒させ、頭を低い位置にさせておいてから剣で切るのが良いかなという感じ。大槌でやると破壊力がありすぎて頭もろとも叩き壊してしまう。部位破壊する前に本体が終わる(笑)。なので頭だけ剣で切っていった方が確実という。まあ、さすがに再生能力のある巨神も頭を落としたら終わりでしょうか。あ、手足ならぶったぎっても再生するんですよね、こいつら。
 NPCと行軍するシナリオだと勝手に歩いて思ったように動いてくれなくて困ります。本当に困ります。

斬撃のレギンレイヴ

斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き斬撃のREGINLEIV(レギンレイヴ) 特典 Amazon.co.jpオリジナルCD「LIMITED SOUND TRACK - 神話の旋律 -」付き
(2010/02/11)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 やっとこさ始めることが出来ました。動画の撮影、編集も特に問題無く進めることが出来てちょっとほっとしてます。アップするのは明朝になると思いますので、興味のある方がいらっしゃったらよろしくです。今日から極力毎日プレイして毎日アップというペースで行きたいんですが、ちゃんとやれるでしょうか。毎日の分、分量は少ないし、必然的にプレイ時間も少なくなるってことで、やれるんじゃないかとは思ってますが。現時点で先行して実況してる動画についてるコメント数もたいしたことない状況です。コレは反響とか期待せずに地道にやるのが良さそう。自分でアップしておいて自分で動画を集めて後で見るのが最大の目的ですから、それでもやります。エンディングまで何日かかるかな。
 ではゲーム本体も含めた話を。チュートリアルがあるだろうから説明書読まなくてもいいやと思ってぶっつけでプエリしたのはまずかった。まさかチュートリアルが全部ムービーだったとは……。これを実況で見せられてもつまらないに決まってます。飛ばしました。そうなると操作方法とかちっともわからないわけですよ(笑)。移動関連はなんとかなったものの、武器の交換方法がわからなくて初回はオール剣動画になってしまいました。なんたるグダグダ動画(苦笑)。撮影終了後、二回目もこれではまずいってことで、操作になれるためのプレイをやっておきました。稼ぎはしない方向だったのにいきなりこれか……。
 今回使ったのは長剣と大剣。長物をぶんまわして敵を切り刻むのはかなり快感です。無双と違って見た目よりもずっと射程距離が長く、極端な距離まで接近する必要はありません。ただその間合いがよくわからなくて、結構空振りもしてます。後で緑色のロックのかかった敵が射程内だってことがわかりました。攻撃の出る順番は武器によって最初から決まっていて、弱弱弱弱強とかそんな感じになります。もちろんリモコンを使ってますから攻撃を出す軌道は自由自在です。横切りは範囲が広く、縦切りは威力が高い。この辺の切り方による威力差も武器の解説を見るとちゃんと書いてあります。威力だけなら大剣は長剣よりもかなり高い。そのかわり弱攻撃でも出が遅く、その分隙が大きくなります。長剣の弱攻撃は振るだけでびゅんびゅん攻撃。無双の通常攻撃と同じような感覚で使用可能です。強攻撃はリモコンで画面に描いた軌道を後から力一杯振り回しつつなぞるって感じ。もちろん大剣の強攻撃は弱攻撃や長剣の強攻撃よりもさらに振りが重い。槌になるとさらにさらに重いと思われます。ただ、それだけに威力は格別。序盤のステージでは苦戦しようのないくらい強いです。
 フレイだと弓がちょっと使い辛い。ギリギリを引き絞って撃つんですが、右腕を後方へ引いても絞りきれなかったりして撃てない。射程はもちろん長いけど、撃つまでのタイムラグは大きく威力もたいしたことないし、単体しか狙えない。俺は弓派だから全部弓で倒すぜってのは無理っぽいです。距離のある間は弓で牽制して、あとはガチンコでゴー!ってのがパターンになりそう。キャラ説明だと弓の名手ってことになってるのに……。慣れれば連射可能? 本当に?
 フレイヤは魔力ゲージがあって、杖を使って魔法を出せる。初期装備の杖は放物線を描いて飛ぶ魔法弾を連射出来ます。山なりに飛ぶ弾を狙った通りに当てるのは意外と難しい。敵よりもやや上を狙わないと当たらないし、地形の高低差によっても打ち方を変える必要が有る。威力が低い代わりにめちゃくちゃ連射可能で序盤の雑魚巨神程度ならすぐに倒せます。射撃無双をしたいならこっちかもしれません。弓も一度の数体をロックオンする追尾弾を放つスペシャル仕様。ただしこちらも多少魔力を消費する。なのでどちらも魔力が無くなったら出せません。剣攻撃で接近戦を挑む事で回復させる必要があります。フレイとは逆に剣攻撃は貧弱で、それだけで敵を殲滅するのはしんどそう。
 かなりボリュームがあるという噂からすると、ラストまで二ヶ月くらいかかってしまうかもしれません。こればっかりは仕方無いですね。のんびりと行きます。


 あ、そうそう、義理をもらいました。

俺の軍略、馬鹿にはわからぬ

戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 石田三成の章の残り二章を実験実況終了。今4章までエンコードしました。いろいろ気を使って作成した4章はそこそこの出来映えになっています。良かった良かった。後は本人の実況スキルだけです(苦笑)。ただ、最終章の録画時間が40分近くに達してしまいました。これはあくまで実験なので、いろいろ試すという意味でそのまんまで100MBに収まるようエンコードしてみます。たぶん画質悪化でかなり酷いことになるでしょう。このくらいになったら二回に分けるべきですね。分けた時の音声の同期がめんどくさいことにはなりそう。その時はその時で。
 で、今回はその三成について。最初辛かった。リーチ短いし火力微妙なのに、一章冒頭でいきなり慶次でビビる。武器探ししてないし、レベルも上げてないから本当に大変だった。このリーチ火力ともに無いのが後々まで響く。成長してチャージ攻撃も伸びて行くものの、はっきり火力を認識出来るチャージ4-2を得るまでにかなりの時間がかかりました。まあ、これも天撃2がついてたからっぽい。
 特殊技タイプの武将は確かに最低ひとつは使える特殊技がついていて、三成の場合ふたつともなかなかです。メインは自身の周囲に竜巻を展開する風バリア。これが強い。ものすごく強い。1段階でも敵の防御を割って攻撃を決められるし、こっちの攻撃と攻撃の隙間を補完してくれるからコンボもガンガンつながる。ただしこれも火力になかなかつながらないという悲しさがあったりする。連撃&乱撃でのフォローは必須かもしれない。これが二段階目になるとチャージ1よろしくガードを崩せるようになってしまう。つまりガード不能攻撃と化す。しかも気絶効果までついているらしい。ここが微妙に余計で気絶したキャラに攻撃を当てると浮いてしまう。浮くと空中判定で火力も低下する。強いけどダメージが入らないという厳しさ。
 もうひとつの特殊技は地雷設置。地雷っておいおい(笑)。敵武将にヒットさせると最低でもガードを崩す事が出来るので、そこへ攻め込む。これもあって三成はガード割りの方法が非常に多彩で、影技を使う必要性があまり無い。使ってもあんまり拾えないしね。チャージ5は攻撃しつつ地雷を三つも設置するという荒技で、ガードされてても一旦下がれば敵武将は勝手に地雷に突っ込んで体勢を崩す。そこへつけこむ。このチャージ5ループは独特の戦法でかなり面白いです。皆伝が多段なことと火力不足を考えると修羅属性が安定かなーと思いますが、今回は武器探しもしてないしこんなもんですね。
 シナリオはほぼ左近と似たようなステージを辿ります。天才を気取って周囲の反応も微妙なものの、実はその影で必死になってるという姿が愛らしい。その頑張りを認めて欲しい相手に限って死んだり離反したりで、左近が支えてくれなかったらとっくにダメになってた弱々しさが女性ファンを獲得しそうな感じがします。実際ラスト2ステージは必死でした。4章のラストの忠勝戦が本当にきつかった。火力の無い三成で体力赤に追い込まれてどうしようもなくなり、赤逃げ無双戦法に頼らざるを得ず、みっともないプレイに。その後チャージ4-2の火力とチャージ5を得て関ヶ原でリベンジです。なかなか報われない努力とかすかに見えた希望ってことで、「3」の中でも良シナリオではないでしょうか。ぜひ清正、左近も合わせてプレイしたいところ。正則シナリオもやっぱりやってみたいよなあ。
 これで家康、忠勝、稲姫と東軍ばかり残す事となりました。それ以外だと光秀、官兵衛といったところ。終わりも近いです。

レギンレイヴやっと届く。

 これが本当に最終最後の実験になります。というか昼過ぎに「レギンレイヴ」届きました。休みを終えて寝てる間に届いてもなあ……プレイ出来ねーよ(苦笑)。で、寝る前に実検してたわけです。「戦国無双3」でまだプレイしていないキャラの無双演武を使って、動画アップはしないものの手元には残してまとめておくレベルのものを作成します。これまでの実験で作った素材は全部捨ててしまいました。選んだのは石田三成。これで残ったのは東軍の家康、忠勝、稲姫。それに光秀あたりということになります。本当に無双は西軍キャラが多いな。
 でもって第一話から第三話まで一気に収録。難易度は普通で。そしたら第一話で羽柴秀長が敗退してゲームオーバーになってしまった(泣)。こういうアクシデントがあるから面白いといえば面白い。第一話はいきなり相手が慶次でびびったなあ。レベル1のキャラが相手をするにはちょっと荷が重い……倒せたけど。難しい以上でやったら死ねるなこれは。「戦国無双3」での三成は女性キャラそこのけのかわいこちゃんになってて、女性ファンが黄色い悲鳴をあげそうだ。後ろから見たら男か女かわかんないし。というかこれはさすがに美化し過ぎじゃないのか。
 最後の実験だというのに問題点が浮き彫りになってヘコみました。調整したというのにマイクを通した実況音声のボリュームがまだ低い。正直これほど低いとは思ってなくて、おそらく完成した動画は音量調整しないと聞き取れないレベルになってると思われます。更なる調整が必要。ただしネックストラップは不要ってことで回答が出ています。手持ちのタバコケースで充分使えることがわかりました。これならタダです。もともとおまけでついてくるケースなので。これがタダで店頭売りのネックストラップが4桁ってのはどんなもんだろうか。ちなみに私は一切タバコを吸いません。なんでそんなものを持ってるかというと、DSやデジカメの収納目的だったりします。超使えますよ。デジカメ入れに使ってる方は充電器まで別ポケットに入れられる優れものです。とにかく音量はどうにかしなければ。
 次に音割れ(泣)。収録後のムービーを見て絶望したですよ。録画する前に音声入力の調子をきちんと確認しておくべきでした。Wii本体につないでるスピーカーとキャプチャーに使ってるPCのスピーカーを同時に鳴らすと、入力時のタイムラグが発生して微妙にズレて気持ち悪いんです。それが嫌でオフにしていたのがまずかった。1~3話それぞれ別のファイルにしてありますが、全部割れてます。今更動画を再収録するわけにもいきません。とりあえず第一話はそのまま貧弱音量の実況と割れ音声の動画で作成(泣)。第二話は実況の方をアフレコで再収録。今その第二話の動画をエンコード中です。ここで時間がかかりますね。この収録とエンコードのかねあいも考えないといけません。一度の収録で撮るのはせいぜい2時間までですね。エンコードにはその数倍時間がかかりますから、次の日はおそらくプレイ出来ないという状態になるでしょう。二日間エンコード&アップに使って、その後プレイ。そんな感じになりそう。でも出来れば毎日プレイしたい。となると一回の収録分で25分前後が無難だから、二回分が限界でしょうか。リアルタイムでアップする実況動画の場合、コメントからの情報をフィードバックしていきたい。となると極力分けて撮影した方が良いということになります。
 一回ゲームオーバーを喰らった第一話が28分くらいになり、微妙に長くなりました。これを100MBにおさめるためにビットレートを調整して動画を作成しています。容量のためにビットレートを落とせば当然のことながら画質は低下します。が、今回やってみた限りではなんとか許容範囲内の画質になっているような印象です。これは収穫でした。30分弱までなら行ける。おそらくこれを超えたらアウトです。動画を分割するのもちょっと面倒ですから、出来れば一発でやってしまいたいところですね。
 てなわけで、実際に「レギンレイヴ」の実況動画をアップ出来るのは来週頭くらいになる……のかな。実はあまり喋れてないという最大の問題点が解消されてなかったりはするわけですが……(苦笑)。あ、三成編は最終話までちゃんと作らないといけませんでした。その後になります。

寒いんですよ

 うむ、昨日発送で今日届いているわけがないか。日曜日到着となると実況的にモチベーションも多少低下してしまうかもしれない。もうやっちゃってる人がいるし。でもこのゲーム、ちょっと長めらしいので最初から長期戦を覚悟してたしまったり行く気分でやるのが良いのかもしれません。
 で、classic120Gで使うマイクの方をちょっといじってみたですよ。イヤホン用の延長コードが使えれば口元にマイクをつけられるぞ、ということで安いのをゲットしてきました。結果、ダメでした。とほほ。イヤホンとマイクをどうやって判定しているのかがよくわかりません。兼用のものとかもあるし。ダメってことになるとやっぱネックストラップを使うしか無いですね。でもアレって無駄に高いんだよなあ。100均で売ってそうなもんなのに。なにか良い方法は無いものか。第三世代nanoで使えないマイクなのが残念です。かといってこのために第四世代以降買うのはアホっぽい。自宅ではほとんどclassicを使ってて、nanoは外出用で今以上の機能は必要無い現状ですしね。

 今日は昼過ぎくらいから急激に気温が下がってビビリました。午前中はまだ暖かかったんで「風呂溜めなくてもシャワーで良いよなー」って気楽にしてて、出かける時も服の枚数を減らしたら帰る頃には寒い寒い。帰りうどんを食べたんですが、ざるうどん注文したのを後悔しました。温かいのにしておけば良かった。落差があったせいか本当に寒かった。

遅刻だ遅刻だ

 こっちは準備を重ねて待ち構えているというのに、amazonからの「レギンレイブ」到着予定がなんと14日だとは。日曜日でもこっちは仕事。困ったことだー。仕方無いから準備を続けつつあれこれ試して動画作成に慣れておくことにします。ついさっき「とめはねっ」最終回をキャプチャーしたし、これをipod用にエンコードしたり出来ることはいろいろありますね。あとネタっぽい動画をひとつ作って4本目の動画としてアップしてみようかな、と。……にしても今日届いている人もいるのに3日遅れは無いよなあ。土曜日届いたところで仕事だから大差無いかもしれませんけどね。

 今日も天気が悪くて買い物の途中でバイクのブレーキをかけたら軽くスリップしました。危ない。どうやらもうタイヤがダメです。交換の時期です。変えるとなったら早い方が良いかもですね……。

あとはamazon待ちだ……。

 まだamazonからレギンレイブの発送メールが来ていません。到着予定が12~14日になってます。12日は想定内ですが、14日とかマジ困りますよ。私にとっては平日。そこから実況開始というのはさすがに辛い。発売日に奇麗に到着ってのはさすがに期待してなかったけどさー、まだ発送してないってのは困るわ。というか、amazonは特典付きのマケプレ価格が酷いことに……マケプレ業者は本当にクソだな。同梱系のタイトルは大抵こういう手で値を釣り上げて来る。
 このゲーム、私の場合モーションプラスでのプレイになります。やりこむと腕がかなりきついことになってしまうそうです。それを考えると実況との兼ね合いでプレイ速度を落とすのは正解かもしれませんね。あれこれ選択肢がある場合、やっぱ私はリモコンを選ぶですよ。それで正解じゃなかったケースはほとんどありません。さすがに「タツノコvsカプコン」はクラコンでプレイしましたけどね。格闘ゲームに限ってはリモコンでは無理。

 今日もまた地道に実験。ワイド画面でのインターレス出ない解像度でのエンコードチェックをメインに、やはり「戦国無双3」を使って調べてました。やはり実況に耐えうる動画の長さでの満足の行く画質を実現するのは無理という結論です。妥協したものにならざるをえません。ほんと、30分以上あるのに画質をキープしてる動画とかどうやって作ってるんだろう……。アプリケーション次第でそんなに変わって来るものなんでしょうかね。でも面倒だし、純正ならサポートもあるからこのまま行きます。MADレベルの長さならもちろん奇麗に仕上げられますんで、そういうのも……いや、私にそういうセンスは無いかな……。

 今日も暑い。なんだよ、6月並って(苦笑)。

本番もうすぐですよ

 今日も実験中。インターレスを出すのは縦の解像度の問題なので、同じ横解像度でもワイドなら出さなくても4:3だと出てしまうという悲しい事実が判明。「とめはねっ」のキャプチャーの時にインターレスを出さないようにするにはもう最初からipod解像度にするしかないという……。まあいいか。他の動画を見てみると画質そこそこで30分長のものも結構あってうらやましい限りですよ。うちの環境でやると画質キープしたら15分程度になってしまいます。フレームレートをいじるのも画質に効果が無いくせにガクガクになっちゃって微妙。ってことでエンコードの方法も改めて見直してるところです。なんとかなるのかな……ならないような気も……。
 とはいえ、ワイドならインターレスを出さない解像度ってのは一応わかったので、「レギンレイブ」の動画はワイドで撮ることにします。必然的にワイドでプレイということになりますね。4:3のモニターを調整して使う事になりますから、ちょっと迫力は低下しちゃいますが我慢します。慣れればどってことないでしょう。ゲーム用のモニターも液晶の中古を買って来るかーと思ったりもするものの、遅延を考えたら今のまんまで良いかなという話も。どうなんでしょうか。よくわかりません。それに今のを処分するのもめんどくさい。今は処分も有料ですしね。
 あ、あと私自身の実況音声の音量の微妙さが解消されていません。もっとマイクを近づける必要があるということになりますか。あー、それに思い出した。今日の4:3での実験動画は音ズレしてました(泣)。本番で音ズレ起こすとかなり悲しいものがありますよね。本番をキャプチャーする時は再起動して負担を軽くしておいた方が良さそうです。あと収録時間の長さによってもズレを起こすらしいと聞きました。適当な所で切って再収録って感じにすると良いということですね。
 なんだかんだで実況開始のメドは立ってきました。後はあれ、クリアまで40時間で、一回20分越え程度の動画にすると凄い回数になってしまうということです。さすがに100回を超えてしまうとかアレ過ぎますんで、「レギンレイブ」の実況動画に関してはいつもの「石橋を補強」プレイをやめて進む事を心がけようと思ってます。あとクリア後の追加要素とかも考えない方向です。エンディングまで行くのが目的になります。20時間ちょいで済むと良いな。稼ぎは極力やらず、必要ならカットする方向で。本来ならもっと回数を押さえられるゲームで初実況するべきなのかもしれません。まあ、いいや。挫折しないようにしよう……。

 ところで今日暑いですよ。五月並ってなんじゃそらー。

実験継続中

 今日も実験継続中。当面の課題としてはインターレスを出さず極力大きな解像度でキャプチャー出来るサイズを研究すること、それを極力画質を落とさずエンコードすること。なおかつそこそこ長い動画に仕立て上げること。ニコニコ動画の場合、基本となる動画のサイズは512×384です。まんまこのサイズでキャプチャーするとインターレスが出てしまうという悲劇。なのでどうしてもこれより小さくキャプチャーしてちょっと大きく仕上げるという作業になってしまいます。これはもう仕方がありません。とりあえず80%ほどのサイズでキャプチャーしたものを拡大してもそれなり奇麗な動画ではあるので、なんとかなるでしょう。で、エンコードすると画質が思った以上に落ちてしまう。もうプレミア会員にはなったんで100MBに収めればいいんですが、20分程度の長さでこの容量に収まるようにしても微妙な画質に……これはエンコードしてるアプリが悪いのかもしれません。が、人のせいにするのもあんまり良く無いですね。現状で頑張ります。当面一番厳しいのはこのエンコードです。
 マイクで録音した私の実況音声のボリュームが小さいのもちょっと困ってます。そのため、プレイ動画の方の音声のボリュームをかなり落し、なおかつ実況音声を上げています。こういう処理をすると実況音声の方のサーッというノイズが耳につくようになってしまい、具合良く有りません。ネックストラップを早くゲットして来なければ。近所のヤマダで良いなら明日にでも行ける。
 動画に乗せる実況音声の頭や尻尾を切る方法がわかりました。おかげで両者のサイズが微妙な関係になってもきっちり同期させることが出来ます。同期させるのに良いタイミングを動画中に数回入れておくというのはやはり良い方法です。実験に使ってる「戦国無双3」の場合、ステージ開始時のボタン操作と音声を重ねておくのが有効。通常攻撃の段数をわざわざ「1、2、3……」と喋ってるのも同期を取るには有効ではありました。でもこれは多用するとうざい。基本始終喋ってなきゃいけないってことでこうなってしまうんですけどね。まだ無言になる場面があります。数秒でも意外と気になってしまうものです。まだ「戦国無双」はキャラの方が喋ってくれますから助かりますが。

 たぶん明日も続きます。

実況動画実験

 「斬撃のレギンレイブ」実況動画をやってみようということで、実験をやってみました。さすがにぶっつけ本番は恐いですからね。アクション要素が強くて実況向けにゲームってことで、おおよそ何の問題も無く「戦国無双3」を選択してプレイしました。使用キャラは浅井長政、地獄長谷堂でラストの三人組を倒す所までです。ここを選ぶのは難易度がほどよく、あまり時間がかからないという点が大きい。今回はワイド画面で録画してます。少しでも画質を上げるためにはワイドの方が良いんじゃないかという素人考えです。で、いくつか問題点を確認。

 その1
 今回は既にプレイ済みの内容をなぞっているということで、無言になる時間が結構長かった。やはり実況プレイは常に喋り続けているくらいでないとダメだな、と。もっともこれは未体験のキャラ、ステージなら随分違ったはずです。あとマイクとの距離がやや遠かったようです。これは動画を作成する段階での調整でなんとかなりますが、クラシック用のネックストラップを探しておいた方が良いかもしれません。

 その2
 動画と実況音声を別録りしてます。なので後で合成するわけですが、その同期がちょっと難しかった。動画の終了時間より音声の終了時間の方が遅くなってしまうと事実上同期が取れないようなので、今度から撮影する時は動画の方を早く録り始めて、なおかつ遅く録り終えた方が無難なようです。あとどこかで同期のタイミングを簡単に取れるように工夫すると楽かも。

 その3
 ここが一番の問題で、たかだか12分30秒の動画だというのに画質をキープ出来なかったこと。今回はあえてインターレスの出てしまう解像度の動画を使ってみたとはいえ、ニコニコ動画の通常会員制限の容量では奇麗な動画にはならない。インターレスに関しては現状このままで解決する方法が無いので、インターレスの出ない解像度で撮影して改めて実験動画を撮るとして、アップする動画の画質に関しては本当にどうしようもない。一回の動画の長さは20分前後が適当……だというのに12分でこれか……。解決するには私がプレミア会員になるしか無いと思われます。そうすれば40MBの制限が一気に100MBになるしビットレートの制限も無くなります。なるならなるでさっさとなった方が良いですね。レギンレイブはamazonに頼んであるから届くのは金曜日かな? それまでには会員になってその制限で実験しておく必要がある。
 これまでにアップした3つの動画で一番長いのは11分30秒くらい。でもこれ、キャプチャーじゃなくてデジカメ撮影だし、あまり画面の動きも激しく無いからさほど問題無かったっぽい。それでもよく見ると画質に問題はありそうな感じがしますね。

 てことで私自身の実況スキル、動画作成レベル、出来上がった動画とすべてになんらかの課題があるという……。レギンレイブ実況、やるならエンディングまでちゃんとやりたいもんなあ。動画作成自体はたいした作業量では無いんで慣れればどってことないと思いますが、やはりエンコードには時間がかかりますね。それを考えると撮影する日と編集する日を別にした方が良いかもしれません。私はMacだからこの辺の作業に必要なアプリケーションはだいたい全て最初から入っています。その点では便利。imovieでチャプターつけられないのは不満ですが……いや、作業としてはつけられるのに、作った動画にチャプターがついてないから意味が無い。ポッドキャストを作るアプリならつけられるとか意味がわからない。
 この辺の苦心の結果がどうなるかは今週末にはわかるでしょう。さて、鬼が出るか蛇が出るか。

今まで「あさい」だと思ってました

戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 というわけで浅井長政様を持ちキャラにお迎えしました。この人、前作2猛将伝で凄まじい猛威を奮ったらしくて、今回はマイルド調整になってるそうです……これでも。いや、強いですよ。育ててない状態で地獄へ行ってこれほど闘えたキャラは今までいません。特殊技の「属性発動可能状態であれば必ず発動」が相当な鬼スキルです。使いこなすにあたって修羅以外では覇流必須になりますが、必ず発動ってのがこれほど強いとは。これまでの持ちキャラには通常の無双奥義に属性の乗るのがくのいちしかいませんでした。彼女も皆伝ぶっぱなす時は無双は発動せず特殊技を出すのがセオリーなので、実際に奥義に属性乗せることが戦術に組み込まれていたのは準持ちキャラの甲斐姫くらい。長政はこの無双の属性乗せが非常に重要なポイントになってるキャラです。なのでこれまでの元就、政宗、くのいち、元親のいずれとも異なった戦術を持ったキャラということになります。
 一番の好相性は修羅でしょう。地流天流が無くても修羅が常に発動するってのは恐ろしいことです。低レベルで地獄の武将と渡り合ったのはこれによります。修羅無双で慶次をほぼ瞬殺に追い込みました。これは凄過ぎる。単純に無双を繰り出している時間の長さが破壊力につながりますから、篭手の高揚とも相性良いです。雑魚も巻き込めばかなりのヒット数になり、連撃+乱撃も有効になってきます。でも高揚、連撃、乱撃があって、さらに霊験、目利、真眼あたりまで全部揃った神篭手はなかなか無いんですよね。
 通常技タイプの武将ですが、リーチのわりに振りは早いような気がします。有効なチャージ攻撃は5、6、8、9。使い分ける必要はあるものの、わりと楽に9まで辿り着けます。5はダウン攻撃可能でコンボを落としてる時に繰り出して影技へ。6は気絶。8は突き数発から衝撃波。9は衝撃波3WAY。この3WAYを密着気味に当てると大ダメージ? パワー武器だとどのチャージ攻撃もつながりません。でもそれほど問題無くて、使い勝手の良い通常8くらいで影技へつなげば良いだけのこと。どうせ属性は常に発動してるんで、ダメージも取れます。スピード武器ならチャージ9から影技でさらにラッシュ。パワー武器の恩恵はおそらく武将戦で出てきますね。基礎攻撃力が違いますから。故意に浮かせることは無いものの、結果的に空中コンボで大ダメージを奪うながれになりがちです。ハイパー武将相手でもタイマンならこれだけで勝てそうな気がするくらいですね。雑魚武将相手なら無双よりもこっちが良いかも。
 元就、政宗、くのいちに続いてユニーク武器も取得しました。倭王八千戟です。閃光属性で、地流、地撃、地風と地系統を完備。通常技武将にとってはかなり有効です。更に覇流、神撃もついて無双奥義も強力。特殊技も使ってバリバリコンボを稼いで無双奥義一発で雑魚武将を倒し、さらにコンボを稼いで無双武将も倒すといった感じ。閃光は割り込み防止にはかなり適してますし、安定して闘えます。果敢じゃなくて勇猛がついてたら凄い事になってたかも。武器はこれと修羅があれば充分でしょうか。修羅の方は修羅でさえあれば地流要らないんで、かなり探すのも楽です。というか修羅武器は地流さえあればなんとかなるというか。個人的には凍牙がいまいちだったような。凍らせても主力のチャージに入る前に溶けてしまいます。割り込み防止にはかなり優れてますけどね。コンボ稼げるとなると烈空も強いはずです。猛将伝で修羅の割合ダメージが落ちれば烈空はもっとクローズアップされるんじゃないでしょうか。属性発動するには無双ゲージが必要ってことで、ゲージが無くなると途端に弱体化してしまいます。その辺を注意したいところです。怒髪が欲しいですね。雲鏡の最強の使い手かもしれません。
 ストーリーは幸村同様、自身では史実通りでお市の方でハッピーエンドといった感じ。長政自身は信長との一騎討ちに勝利するものの、浅井軍は織田軍に敗れ城も炎上、信長を残し城へ戻り命運を共にします。争いの無い理想の国を作るという悲願に手が届く事はありませんでした。史実でも長政、お市の夫婦はとても仲が良かったそうです。その後のお市は柴田勝家に嫁ぎ、そこで秀吉に滅ぼされてしまいます。が、彼女の血脈は受け継がれ三人の娘もそれぞれ激動の生を送るという。いやはや戦国の女性も大変だ。それを考えたら設定的に無理があっても女性キャラをゲームに投入するのもおかしくはないのかも。それこそ元親の「時代に抗い意思しろ、凄絶にな」ってことでしょうか。
 先日届いたマイクの感度はなかなか良好です。ipodの方のボイスメモが多少使い辛いですが、まあ良いでしょう。今度の休みでも使って実験的に実況動画を作ってみたいと思ってます。問題はキャプチャーソフトの方で、高い解像度で奇麗に録ろうとするとインターレスになってしまってこれを解消する方法がどうも無いらしい。撮ってしまったもののインターレスをどうにかするのは無理ってことだから、録画する時点でどうにかしないといけないんですが……。インターレスが出ないようにするには録画する時の解像度を落とすしかありません。これも微妙。とはいえ、インターレスを出しまくるよりはマシでしょう。とりあえずこれでやるしかない。後は何を実況するかですね。あ、レギンレイブが届けばそれでいいのかな?

元親で停滞中

戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 うーん、元親がよくわからない。スピード閃光に勇猛、破撃のついた武器が一番安定しているのが謎。勇猛がついてなきゃダメってことなのかもしれませんが、天撃とか破撃+破天、神撃、神流とか思ったほど効果をあげてくれない。というのは勇猛、破撃は通常の立ち回りでも無双奥義でも効果が乗るから……なのかな。天撃は奥義とは無関係だし。あと私の場合スピード武器じゃないとダメっぽい。パワー武器だと一度転ばすのに手が無くてとても困ってしまう。いざとなったら音塊使わずにチャージ攻撃主体でも立ち回れるぜ!くらいの物でないと難しい。
 あと属性の方もわからない。普通に考えたら修羅属性は悪く無いはず。でも修羅属性は千代さんみたいな非力だけど手数で頑張るキャラだとはっきり効果が出るものの、そこそこ威力あって手数自体はさほどでもない元親だといまいちなような……。皆伝に修羅が乗っても思ったほどの火力が出てないような気も。これは本当に気のせいかも。多段の皆伝ということでは千代さんと大差無いからこんなもんかもしれない。連撃+乱撃での強化の方が強い可能性もある。雑魚敵へ向けて無双ぶっぱなしてコンボ稼いでおいてから本命に対して皆伝。でもこの戦法では元就の足下程度までしか行けない。というか元就強いわ。このコンボ稼ぎの次点で無双を使わなくて良くてつないでると4桁とか普通に到達してしまう。烈空武器でも皆伝で修羅並の威力を叩き出す上に、相手体力が減ると効果が無くなるなんてこともないから安定して強い。その分武将一人に対する殲滅力はちょっと落ちちゃうけど。
 路線の定まらない元親で武器探しをしても不毛っぽい気がするので、ここは新キャラを投入してみたい。まだ使って無いキャラの中から……いよいよ浅井長政あたりに登場してもらおうかな。無双演武は21キャラクリアだから、残り9人。

シリアルキラー

列車とイノシシ衝突

 あらら、福岡でもこういうことあるんだ……って市内かよ?! いるのかイノシシ。野生のが。これはなかなかショッキングな記事ですよ。


 最近シリアルというものに手をつけてみました。最近ちょっと栄養的にヤバいかな、という食生活になりがちだったので、多少でも解消しようという試みです。一人暮らしの男が気を抜くと炭水化物に偏りすぎてしまうのが恐い。私の場合油物を禁止されてますから、選択肢がかなり狭まってしまうんですね。これまで食べたこと無かったんですけど、シリアルってあれですね、ボソボソして飲み物無しでは食べられない。私は飲み物と言えばノンカロリーコーラと野菜ジュースしか飲みません。が、最近は豆乳なんぞを飲んでます。最近の豆乳はまんまミルク的ですね。昔はまずかったような。
 で、現状結論としては一本満足バーに行き着きました。これは美味しい。私はチョコバー系の菓子が好きでガッツリ食べたい……のにこの手のはカロリー高くてアウトで泣いてたり。実際チョコバー系とかアイスとかちゃんとカロリー確認した方が良いですよ。高い奴はすげえ高い。100円ちょいのアイスが300キロカロリーオーバーとか見るとぞっとします。菓子パンは更に高い。あれはヤバい。よく朝食用に女子学生が買って行く光景を見ますが、あれはひとつでも定食一食分くらいあったりする……。メロンパンが凶悪。とにかく一本満足バーは物としてはちゃんとしたチョコバーで値段も据え置き、気持ち程度に栄養分も入ってて名前の通り多少満足出来る程度のボリュームもある。他と比べると飲み物無しでも食べられなくは無い。チョコとホワイトチョコのがあって、どっちも良いです。おすすめ。ついさっき超メジャーなカロリーメイトも食べてみましたが、微妙でしたわー。

 予定通り元親でプレイ中。例によって初回は久々で手につかずボロボロなプレイになりました(笑)。それになんというか、ろくな武器を持ってない(泣)。とりあえず火力を見るために無双特化なのを探すとしましょうか。元親の場合、属性もどれが良いのかまだよくわかりませんね。浮かせる技が多いから破天とか良さそうだし、これをとるとなると閃光属性も悪くなさそうだし。でも政宗や千代さんで問題無く無双ぶっぱなせるのに、元親だとハイパー武将がのけぞらない、浮かない。音塊とセットで出さないとダメみたい。上等。

忘却はリプレイのための特殊技能

 「無限のフロンティア」を超スローペースで進めています。このゲーム、戦闘に色濃くアクション要素を含んでいるんですが、なんと1ボタンでバシバシコンボを決められるという素敵仕様です。あらかじめつないでいくコンボを5つまで設定出来るようになっていることで、こんなことが可能になっています。簡単操作でありながら、キャンセルしていくタイミングでゲージ溜め重視コンボ、破壊力重視コンボ、安定度重視コンボ(基本空中コンボになり、落としたら終わってしまうことも多いため)など使い分ける柔軟さもある。爽快感抜群の見事なシステムです。が、技をどうつないでどこでキャンセルしていくと効率が良いのかという点をすっぱり忘れてしまいました(笑)。しょうがありません。手探りで行きます。序盤ではアシェンが使い易いかな?

 今週のニンテンドーチャンネルで見たドラゴンボールDS2がちょっと気になっています。なかなか面白そう。でもこれ、前作ではタッチペンオンリーだったとか。体験版をダウンロードしてプレイしてみた限りではタッチ操作では無理っぽい。両方行けるならタッチで行く派の私でもこれはきつい。普通にボタン操作だと楽しいです。でも他のゲームの兼ね合いもあるから見送るしかないか……。

 「戦国無双3」でやっちゃった首痛、だいぶ落ち着いて来ました。今日は元親でプレイしたかったのに、いろいろあってダメで残念。

銃使いの弾は尽きないお約束

戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 昨日の続きで伊達政宗地獄長谷堂城ラスト3人を雲鏡を使って無双一発でまとめて撃破に挑戦。いくつか武器も試しつつ、いかに効率よく凍らせるかを模索してます。が、結論から言うとMAX練技からの影技で100%凍らせるコンビネーションは存在しないっぽい。もしかしてMAXでも100%属性発動しているわけじゃないのかな? なんとなく通常4から影技で確率高いっぽい気がするものの、これも万全ではない。凍らないとダウンしてしまうのが時間的に痛い。だから出来れば地流ついた通常1~4で凍ってくれると良いのに、ガードが固くて上手くいかない。それでも凍牙秘技付きで火力は地流付きを上回る武器でほぼ目標達成。続いて修羅天流ついた武器でも達成。こっちは火力が鬼過ぎて流れ弾で兼続が死ぬ事が多かった。安定しないかわりにハマるととにかく早い。まさにタイマン状態での政宗は鬼。とにかく、無双奥義でチャージ5を狙って行く戦術は有効であると証明出来たとは思います。
 一旦これに区切りをつけて政宗で武器探し。今度は凍牙覇流地流の安定武器を使い、本当に安定した戦いでひょいひょい進んで行きます。凍牙天撃秘技、修羅天流は道中が結構怪しいです。ラストも倒し切ることにこだわらずにやればまとめて大ダメージを与えていることには違いないんで充分な成果を出せます。で、ここで烈空神流神撃勇猛破撃怒髪という極端な仕様の武器を発見。スゴイ勢いで無双撃て、撃ちまくれ! というような技能構成です。覇流が無いのは残念ですが、政宗で無双仕様の武器はもっていなかったんで試しに強化して使ってみました。なるほど、確かに無双奥義がかなり強力になってます。チャージ5と似ていて、敵武将に密着気味に当てるとダメージが大きい。ただし離れてしまうと効果も薄くなるし、ダウンしてこぼしてしまうんで勿体ないことになる。これで覇流がついてたらもっと強かったはずだけに残念……。とはいえ、長谷堂ラスト3人に雲鏡付きで撃ちっ放してみたら全員倒せてしまった(笑)。これで倒せてしまうことがわかってしまった以上、オリコンでまとめて撃破のネタパワーも低下してしまうんで動画撮影は無しで行きます。残念。あ、いや待てよ。よく考えたら政宗の通常無双には属性乗らないんだから、烈空の無双特化武器としてはこれでほぼ行き着いてるんじゃ……。他の属性に切り替えても皆伝のダメージが向上するだけ。いや、それが大きいんだけど。どうも覇流無いせいで、烈空の神流ダメージがしょぼい感じはする……。
 そろそろしばらく放置してた元親も動かしてみようかな。

わしだけのタイムアタックじゃ!! 馬鹿め!

戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック戦国無双3 クラシックコントローラPRO同梱パック
(2009/12/03)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 昨日触れた「見事に出来ました」ってのはちょっと語弊がありまして、実際には「出来たはずなのだが、最後の最後で兼続が鍔迫り合いで割り込んで来て台無しになった。無かったらいけたはず」って感じでした。具体的には伊達政宗を使い難易度地獄ステージ5長谷堂城の戦いのラスト、ハイパー兼続&ハイパー綾御前&慶次を無双奥義一発で葬り去るというもの。こいつら三人を奥義で倒しきれるなら、政宗の苦手な集団戦をある程度克服出来たということになるでしょう。もちろん単なる無双奥義一発だけで三人倒せるはずはありません。携帯道具にある雲鏡を使う事で一定時間無双ゲージが減らなくなる=減らない間無双奥義を出し続けられる。篭手の技能の高揚や霊験も使い、この時間を極限まで長くします。
 で、改めて政宗を使って長谷堂ラストまで進めてから中断を使ってセーブ。兼続と慶次は騎乗しているので、あらかじめ適当に攻撃して落馬させておきます。無双を発動してから落とすのはさすがに時間的に厳しいし、落ちないときはなかなか落ちないので。今回は戦場に三人組待機地点のすぐそこの平原を使いましたが、もうちょい立ち回りを工夫して左下の陣地近くの平原の方が良いかもしれません。ここなら慶次撃破時の演出が無くなりますし、プレイ12分を過ぎれば綾御前撃破時の演出も無くなります。たぶん演出でスローかかってる間も雲鏡の使用時間は普通に過ぎていると思うので。
 やってみると結構難しいです。時間的に言ってかなりギリギリ。兼続は勝利条件になっているため、最初に倒してしまってはチャレンジの意味がありません。他のふたりから狙います。もうひとつ、無双ゲージは満タン状態でも練技ゲージは4にしておくこと。皆伝が発動すると高揚による無双ゲージの減りが早くなってしまう……と思ってそうやってプレイしてましたが、もしかすると5の方が良いかも。皆伝で無双を発動すれば割り込まれないかもしれない。今回の挑戦ではとにかく割り込まれて苦労したので。鍔迫り合い中の時間がもったいないし、そもそも鍔迫り合い自体に勝てないし。一応雲鏡の効果時間中なら負けてもゲージは減りませんが、無双自体は中断してしまうので再度発動させる必要があります。それに5なら練技MAXで最初から凍結を狙えますし。
 通常でのプレイと同様で、素早く凍結させることが重要です。練技4で開始してもすぐに溜まるからMAX影技を使えます。適当に暴れてても無駄。慶次なら一発ぶちこめば勇猛+天撃がついてればほぼ瀕死に持ち込めます。政宗のチャージ5は前進しながら繰り出すため見逃しがちですが、前方だけでなく後方にも同じような感じで判定がついていて、武将三人の混戦なら綾御前たちを相手にしている間に勝手に後ろに回ってやられてくれます。綾御前はハイパーだけあってタフです。一発だけでは落ちてくれません。綾御前にぶち込んだら起き上がるのを待たず兼続を狙い、今度は綾御前を狙うという流れで絶えず攻撃を続けます。
 ふたりまで撃破っていうのはなんとかなるんですが、三人となると厳しい。うっかり兼続を先に倒して綾御前が残ってしまうなんてケースも結構あります。三人とも瀕死に追い込んでおきながら誰も倒せてないなんてことも(笑)。とはいえ、難易度的には程良いバランスだと言えるでしょう。無理ではないが、難しい。やっぱ録画してみたいと思います。で、結論から言うと倒せました。というか、この時のプレイを録画しておければ良かったよなあ、と後悔しているくらい鮮やかなプレイです。この後方にも判定が出るという特徴を(無意識に)利用した三人同時撃破(爆笑)。これは美しかった。
 この押しっぱなしを使うのではなく、修羅皆伝に頼るでもないオリコン奥義中の三人組撃破ってのはおそらく政宗以外では相当難しいか、もしくは無理だと思います。このプレイは奥義中の無敵時間を利用して無理矢理タイマンに持ち込んでおり、タイマン性能の恐ろしく高い政宗ならではです。まさにタイマン火力なら文句無しの最強キャラ。ちなみに連撃乱撃勇猛神撃神流修羅で充分にコンボを稼いでぶっぱなせば多分三人まとめて倒せる……かな? 皆伝が多段でコンボの稼ぎ易い市や元就なら可能……いや、さすがにハイパー倒すのは厳しいかも。むしろ通常の無双奥義に属性の乗るキャラで押しっぱなしの方が目があるか。政宗も元就も乗らないからなあ。
 よし、今度は皆伝でやるか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。