宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼノブレイド part8

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 昨日の続きです。コロニー6復興への最初の難関は脱出していたキャンプ住民の帰還でした。移住するだけならどってことないのですが、途中のラグオル大橋に危険な小動物が居座ってしまい、退治しないと渡れないということなのです。まあ、一般人をシュルクたちみたいに気にせず自由落下させるわけにも行きません。ハゲの爺さんにクエストとして頼まれて実際に橋まで行ってみると、やや大きめの小動物が6匹たむろってました……全部レベル30……こっちはレベル28で三人なのだが……。経験上、少しでもレベルが上のモンスターはかなり強い。それでも一匹ならなんとかなるかもしれませんが、6匹。これはきつい。しかしここを超えないと復興は始まらない。よし、覚悟を決めて突っ込むウボワーッ! まあ、予想通りではあります。6匹もいやがるということで、なかなか効果的にダメージを蓄積出来ません。一匹倒す事すら出来ずにやられてしまいました。今のままじゃ無理。
 ここで選択肢は二つあります。ストーリーの方の燐光の地へ行って敵を倒し経験値を稼ぐ。もしくは報酬に経験値の含まれるクエストをガンガンこなしてレベルを上げる。今回は後者を選択。コロニー9まで戻って恋愛相談受けたり、カレーに入れる白子を取って来たりしました(笑)。や、この辺実際わりと重要です。クエストをクリアしていくことで街の住民との親密度があがって上位のクエストも受けられるようになるからです。今回のクエストラッシュでコロニー9の親密度が☆3つまで行きました。気になるのは仲違いした女の子をなだめるために「女同士でも仲良くなれるところを見せて」なんて言われたクエスト。……まだ女性キャラはひとりしかいないのに……。次に女性キャラが仲間になるのがいつになるかわかりません。このように最初の街のコロニー9でも攻略に時間のかかるクエストがあります。後で鮭倒して来てなんてクエストも出てくるのかも……。クエストは段々街の人間の人間関係を浮き彫りにするものが増えて来てなかなか興味深いです。「昔から片思いしていた女性が未亡人になったのでお近づきになりたくて息子の時計を修理した男がシュルクたちの仲介で初デートにこぎつけるものの、兄妹の妹の方は亡き父を忘れて行く母が嫌で父の思い出を取って来てくれと頼んで来る」という一例。このクエストもまだ途中までになっています。亡き父の思い出とやらを守るレベル40オーバーの怪物が居座っていて、まだまだ勝てません。親父さん、変なところに物隠すんじゃねーよ(苦笑)。
 そんな感じでレベルアップ。橋のモンスターと同じレベル30まで行きました。が、これでも混戦は危ない。このゲームはたむろってる敵の一匹だけ石を投げつけて怒らせおびき寄せるなんてことが出来ます。この戦法で吊り出すことにしました。実は前回もやってるんですが、一匹じゃなくて全員来やがって死亡(苦笑)。でも今回は手前の一匹をきっちり狙って成功。まだわりと強い。でも一匹相手なら勝負になる。これを6回繰り返せばこっちの勝ち……減ってない……。減ったところへレベル32の同族が追加されてる(泣)。でもこれ以上レベルアップに時間を取られたく無い。吊り出し戦法で呼び込んで地道に減らす。それでもきっちり戦況を見定めて行動していかないとビジョンを見る事になってしまいます。小動物でも容赦無く強いのがこのゲーム。
 今の所ここまで。次回、本格的に復興開始です。
スポンサーサイト

忘れるなよ!

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 意外と時間のかかってしまったコロニー6への旅が遂に終わりを迎えました。ストーリーを進めて燐光の地を攻略しつつ、人のいなくなってしまったコロニー6にようやく到着。ちなみにコロニー6はスゴイところです。ストーリー的には完全に脇道で行かなくてクリア出来てしまうという。でもこの脇道に全力で取り組みます。壊滅した街なれど、これから復興作業が始まるのです。

 ここまで書いて続き書くのを忘れちゃってたのであとは明日書きます(苦笑)。昨日はプロバイダのメンテかなんかで一日ネットにつなげず、アップが遅れることになっちゃいまして、二日続けて失態です。

THE 十本刀

 某所で書かれていてちょっと面白いと思ったんで自分でもやってみる。あくまで個人的なものだし、適当に並べてて順位付けとかはしてないのでそんな感じでよろしくお願いしたい。

【シャイニングフォース フォースブレイカー(フォースブレード)】
 最近のシリーズではどうなのか知りませんが、シャイニングシリーズの最終武器は大体これだったはずです。シャイニングフォース1で主人公のこの武器でラスボスを倒すと特殊攻撃アニメーション見られるのが印象深いです。私の大好きなシャイニングフォース3ではフォースブレードという名になり、ジュリアンの武器として活躍しました。

【サムライスピリッツ 斬肉大包丁】
 このインパクト絶大な名前が素晴らしい。今でも覚えてるくらいだし。私のマイキャラはガルフォードでしたが、彼の武器の名前はちょっと忘れちゃったなー。河豚毒とかチチウシとかラロッシュとか他は意外と覚えてるな。あ、ちなみに王虎の武器。曲がまた素晴らしい。サムスピで一番好きな曲。

【ドラゴンクエスト 鉄の剣】
 ドラクエの剣というとなぜかこれの印象が強い。序盤頑張ってお金貯めて買う威力のある剣だからかも。特にドラクエ3でお世話になりますね。私の好きなドラクエ5だと主人公の最終装備はドラゴンの杖で剣じゃないから、剣の印象というとパパスの剣になってしまう。

【スーパーロボット大戦 オーラビームソード】
 ゲームバランスは随分変わったものの、当て易く燃費が良い武器が良武器という点でスパロボは変わってません。かなり難易度の高い第四次系で猛威を奮うビルバインの武器。消費5でガリガリ削る。もちろん最終的にはハイパーオーラ斬りで締める。改造費が高くて大変。

【斬撃のレギンレイヴ ブルトガング】
 最近のゲームからも。私は上下斬りがなぜかヘタクソで、逆に下上斬りが得意でした。なので下上の切り上げの威力の強いブルトガングを作ってから長い期間こればっかり使ってましたね。今でのその傾向は変わらないので切り上げの強い武器が好きです。

【ファンタシースターオンライン ラストサバイバー】
 ラストサバイバーはレア武器で、実際にはフロウウェンの大剣の良品あたりで敵を誘導、ばっさりまとめて切り捨ててました。ハンター系の職業だと最終的にはこの剣に落ち着く……スプニとか凶悪なのもありますが。まとめ斬りの快感ってことで言えばこのゲームのこの系統以上にあったのはそれこそレギンレイブくらいしか無いかも。

【サクラ大戦 霊剣荒鷹】
 実際には大神を操作するから荒鷹を振り回すことはありません。残念。でもこのネーミングのインパクトは無視出来ないものがあります。二剣二刀のアイディアを出しただけでもあかほり氏は評価出来ます。小説家としての彼はほとんど評価してませんが。いやむしろ(イカ略)。ちなみに私のSSで出て来た木刀の翼刀零式の元ネタは「魔界都市ハンター」の阿修羅です。サクラ大戦とは関係無かった。

【ラングリッサー メサイヤンソード】
 ラングリッサーの最終装備といえばラングリッサー。でもこれでしょやっぱり。威力無い代わりに経験値倍だっけ。これで延々キャラを育て続けるわけさ。たぶん装備時間は一番長いはず。

【真女神転生if 夢想政宗】
 確かこれだったと思うんですが、威力よりも攻撃回数と睡眠効果で敵をガリガリ無力化していくのが凄かった。これを手に入れたらもう他の武器は要らないくらいという。メイン火力としては仲魔に任せちゃえばいいわけなので。このゲーム、DSでリメイクされると思ったのにな……出たら買ったのにな……。

 全部で9つ。まだ見ぬゲームの中に、10番目に相応しいものがあると思うので欠番にしておきましょう。ちなみに漫画だと「風魔の小次郎」の風林火山を始めとする10大聖剣、「ゴッドサイダー」のファイブアトミックソード、「バオー来訪者」のリスキニハーデンセイバーとか、やっぱジャンプが多くなりますね。「犬夜叉」の鉄砕牙は捨てがたい。特撮も今やってる奴より宇宙刑事系の印象が強いかも。コズミックハーレー……は宇宙刑事じゃねーな。戦隊ロボの必殺技も昔の方が良かった。今は玩具が絡んで必殺技の数も増えちゃった分、インパクトも薄い。

レバ剣拾った!

リボルテックヤマグチ No.059 ARX-8 レーバテイン〔新装版〕リボルテックヤマグチ No.059 ARX-8 レーバテイン〔新装版〕
(2009/12/15)
海洋堂

商品詳細を見る

 前々から欲しいと思ってたコレ、買いました。ついさっき到着です。まったくもう、佐川のサーチは役に立たないなあ。今朝見た時は福岡エリアへ配送中だったのに、寝てる間に届くという。いや、でも今日辺り届くと思ってたわけですが。24日に発送だったからそんなもんでしょうね。
 これ、「フルメタルパニック!」の主人公機です。でもアニメ見てません。原作の小説もいわゆる「ふもっふ」のしか読んでません。なのでレーバテインがどういう活躍をしたのかはさっぱりです。「スパロボW」でもアーバレストまでしか出てないんじゃなかったかな? デザインは「ガンダム00」の人だそうで、線が多いです。こんなのアニメで動かそうと思ったら大変なのでは……ガンダムエクシアも大概線多くて、それが大変だったからダブルオーで減らしたんじゃないかと思ってました。
 リボルテックのロボ物を買ったのは意外にもこれが始めてです。ただ、戦国BASARAの伊達政宗も持ってて、雰囲気的には似たものがあります。ポーズはとてもよく決まるものの、普通に立たせるとなんか変というあたりが共通してますね。このシリーズのプランナーは前からそういう傾向があります。ポーズ取らせてかっこよければそれでいいんだよというのは確かにあります。
 このレーバテインは一度発売された時売り場から瞬殺したアイテムで、これは新装版として再販されたもの。なんか権利関係でいろいろあって普通には再販出来なかったんじゃなかったかな。面倒な話ですね。普通の再販じゃないため、ごく一部にことなる仕様があるらしい……塗装かな? 瞬殺してしまったのはプレイバリューが高く見栄えがしたためで、実際これはかなり良いアイテムです。amazonから持って来た画像は軽装版で、頭部・肩・膝を取り替え、胸の隠し腕までつけるとフル装備になります。隠し腕かっこわるいですけどね(笑)。
 どっこいこのアイテム、普通に飾るために買ったわけではありません。どう使うかは内緒。画像検索とかで出て来るかも?

 ゼノブレイドを始めてから「街森」に触れる機会が減りました。そろそろ触っておかないと雑草とか大変そう。絵画コンプしてないしまだやるつもりだから、たまにはやっとかないといけません。ディスクチェンジが面倒なのがいけない……。あとつねきちの店やってる間にプレイ出来ない日が多いのがきつい。
 ゼノブレイドは高所から飛び降りるときゅっと下半身縮む感じがするのがリアル過ぎてゾクゾクしますね。癖になる。

ゼノブレイド part7

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 今日はコロニー6への回り道である廃坑を通り抜けよう、と思ったらこの廃坑、かなり広くてまだ抜けてないという。そういえばカルナがもともと鉱山があってそこに街が出来て行ったという経緯で生まれたコロニーで、実は地下の穴の方がコロニーよりも広いって言ってたっけ。複雑かつ広いから探索が大変。このゲームは敵味方のレベル差によって敵につくマーカーの色に変化が出ます。赤は敵のレベルの方が遥かに高い。青は拮抗。黒はこちらが高い。レベルを上げて黒状態にすると、あちらからエンカウントして戦闘になることは無くなるようです。地味~に青の敵が混じってるのが嫌らしい。一度戦闘中に崖から脚を踏み外して主人公が死んでしまうなんてことも(泣)。
 装備品の奥がなかなか深いです。「ソーマブリンガー」同様、装備品にスロットがついてることがあって(無いものも多い)、そこに便利な機能のついたジェムをはめ込む。もちろんスロットが多いものの方が優秀だけど、時に基本スペックが高くスロットが無くても使えそうな武具もある。また、最初から固定のジェムがはめ込まれて外せないものもある(ユニーク系装備)。どのジェムを選ぶかも重要。死なないようにするためには普通に物理防御を上げるのが良いけど、事故死を避けるために移動速度を上げて逃げ易くするのも手。防御力も物理防御とエーテル防御の二系統があって、エーテル系は魔法みたいなものと考えて良い。ただしこのゲームにいわゆる魔法は無い。MPの要素も無い。技によって物理かエーテルか分かれるという感じ。防御ではなく、筋力・エーテル力を上げるのも有効。カルナのような回復アーツメインのキャラはエーテル力を上げれば回復量が増える。更に言えば装備品それぞれに固有のグラがあるから、見た目も気になる(色違いもかなり多いが……)。レベルを上げてガチで固めればそうそう簡単には死なないはず。それでも赤モンスターに一撃でやられるのがこのゲームだけど(笑)。というかさ、コロニー9でその辺普通に泳いでる鮭がレベル70なんだけど、レベル70ってクリアレベルクラスだよね? それでも鮭に苦戦するこのゲーム(笑)。
 早く廃坑抜けたいなあ。廃坑って言っちゃったけど、今コロニー6が壊滅してるから使われてないだけで一応現役なんだっけ。コロニー6の復興作業に入りたい。

 外が豪雨なんですけど……。仕事的に明日の朝が雨だと非常に困るんですが……。

ゼノブレイド part6

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 日本vsデンマーク、仕事がたまたま休みだったんでチラ見しながらゼノブレイドやってました。ちゃんと見たら負けそうな気がして(笑)。でも終始リードで3-1で勝ってしまうとは……リーグの状況から考えればデンマークは本気モードだったはずですが、日本も堂々の闘いぶりでむしろ驚きです。失点はPKだし、守備硬いですね。野球の方の岡田監督の言う通り、この調子なら次までは期待出来るかもしれません。vsパラグアイですね。にしてもアウェイで2勝1敗ってすごく立派な成績ですよ。得失点もプラスだし。某セルジオは三連敗予想だったっけ(苦笑)。ともかく、あのフリーキックは今後対戦する相手にとっては脅威でしょう。自陣で下手にファール取られると致命傷になる可能性があるわけで。

 ようやくコロニー9を旅立ったシュルク一行は巨神脚を抜けてコロニー6に到達しました。新たな顔つきが出現したと思ったらあれやこれやで新たな仲間が登場です。巨乳お姉ちゃんのカルナの次は誰かと思ったらおじいちゃん。あまりに予想外で思わず笑ってしまいました。が、この人ゲスト扱いで自分で操作出来ないっぽいです。ちょっと残念。カルナの弟のジュジュが迷惑なことしかやってなくて泣ける。果たしてジュジュは生きて帰ることが出来るのかどうか。
 実際ストーリー的には大して進んでいません。コロニー9旅立った。巨神脚のコロニー6から逃げて来たキャンプでカルナを仲間にした。ジュジュが勝手に出て行ったのをおいかけたら顔つきに遭遇、コロニー6まで来いと言われた。正面から行くのはアレなんで坑道に入ったら爺ちゃんに出会った。程度なもの。コロニー6は取り戻した後復興イベントが山ほどあるらしいんで、さっさと奪い返してしまいたいところですね。
 ストーリーが進んでないということは脇道にも逸れていたということ。巨神脚のラグエル湖に生息するというユニークモンスターを撃破するためにキャンプを張りました。このゲームには時間の経過だけでなく天候の変化があります。昼間にしか出ない敵、夜にしか出ない敵、雨で無いと出ない敵なんていうのもいて、更に今回の標的のこの敵は雷雨でなければ出て来ないというレアモンスター。以前に一度見かけてはいたものの、どうせクエストで頼まれるだろうから受注してから倒そうとスルーしていました。どっこい、その時点でもう既に受注していたという……。ジュジュをほったらかし時計を進めまくって天候を変化させ待つ事二週間くらい(笑)。もっとかも。雷雨がこれほどのレア天候だとは……。こっちのレベルが上がってるんで、実際闘ってみたら楽勝でしたけどね。
 ハードが今の世代になってからオープンフィールド・シームレスという単語を見かけるようになりました。いわゆるドラクエ的な戦闘画面に入らず、フィールドでそのまま闘えるみたいな感じで、よりリアリティのある表現……ではあるのでしょうが、ゲームの面白さ的に考えてなにか大きな意味はあるのか?、と疑問に思ってました。今回プレイ分でやっとその効果の一端を見たような気がします。「いやこれ普通にARPGじゃん」と言われればそれまでですが。RPGとARPGの垣根は今後無くなって行くのかもしれません。

ドラゴンクエスト5 2010 その1

ドラゴンクエストIX 星空の守り人ドラゴンクエストIX 星空の守り人
(2009/07/11)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 自宅でWiiに触れられない時にDSでプレイするゲームとして「ドラゴンクエストV」を始めました。ここ最近立て続けにニコでドラクエ5の実況動画を見まして、やっぱこのゲームは良いよな、と再確認した次第です。いくらなんでも1シリーズ60本を超える実況シリーズを3つも見たのはアレだと自分でも思いますが(苦笑)。とりあえず高速で少年期を駆け抜けておいて、その後どうするかで今悩んでいるところです。これまでのドラクエ5制限プレイは

 PS2版
 魔物使いプレイ。主人公はパーティに入っていなくてはならない。主人公は直接攻撃、魔法攻撃禁止。人間の仲間の使用不可(ビアンカだけは会話のためだけに連れて歩いたが、戦闘はさせてない)。モンスターに対して「命令させろ」禁止。スライムナイト&グレイトドラゴン使用禁止。
 かなり楽しかった制限プレイ。スライムナイト使用を禁止にしただけで色々なモンスターを試せて新しい発見の多いプレイでした。一番苦労したブオーン戦でおどる宝石が想定とまるで異なる大活躍を果たしたのがとても印象深い。

 DS版
 スライムマスタープレイ。仲間にして良いモンスターはスライム系+しびれくらげのみ(でもくらげは結局使わなかった)。こちらはスライムナイト使用可能。ただしまともに闘えるスライム系に乏しかったため、最終的にはぐれメタル&メタルスライム狩りに集中してしまった部分があり、微妙に不完全燃焼だったかもしれない。ただメタル系はHPがあまり上がらないため、ボス戦ではかなりひやひやした。状態異常が何も効かなくてやりやすいってのはかなり大きい。

 で、今回はまだ決まってません。制限プレイというよりは会話目当てで人間のみプレイにしようかなと思ってはいるんですが、それだと青年期後半に入るまでが無駄にきつく、逆に入ってから制限にもならないくらい緩くなるってのが問題です。というか会話目当てってことを考えると青年期後半に入ってからが本番なわけで、それまでのプレイで苦労する意味とか全く無い。ただ単に極力早く辿り着くことを心がけるだけでも良いかも。DS版はかなりサクサクなんで、急げば20時間かからずにそこまで行けるかもしれない。なにしろはぐメタ&メタスラ仲間にしても40時間で済んでるくらいだし。
 自宅ではゼノブレイドをやるからどのくらい時間がかかるかはわかりません。進まないだろうなあ、多分ね。

境界のRINNE 4

境界のRINNE 4 (少年サンデーコミックス)境界のRINNE 4 (少年サンデーコミックス)
(2010/06/18)
高橋 留美子

商品詳細を見る

 ついに無くなってしまった近所のレンタルDVDの店ですが、その原因はインターネットでの無料動画試聴による売り上げの急激な低下だそうです。それほど歴史の長い店では無いのに、最盛期に比べて一日で5万売り上げが落ちたそうな。これが本当なら相当深刻な話だと思われます。この店だけに限った話では無いからです。DSのマジコンとなんら変わらないというか、機材を必要としない分さらにタチが悪い。こうして店が潰れるほどの影響が出ているとなると、なんらかの動きが必要になってくるのでは……。この間、ジャンプのフライング放流してた中学生が逮捕されたとかいう話もあったし、ネットでの著作権侵害について法整備が食らいついていかなきゃいけない時期ってことでしょうか。

 予告通り今日はRINNEの4巻。

【りんねの父親・鯖人登場のこと】
 たぶんこの漫画、つまらんと考えている人も多いと思います。私も時々そう思わなくも無かったり。どっこい、一冊に一回か二回くらい読んでて吹き出すようなインパクトのあるシーンがあるのも事実です。私はだいたい無感情で漫画を読むタイプで感情移入とかしないし、笑ったりもしないのに、思わず笑ってしまう。不思議な力を持った作品です。
 設定を下手に出し惜しみしないのか、4巻で早くもりんねが鬱屈した情熱を燃やす堕魔死神のトップが登場。それはりんねの実父でした。なぜこんなに若い? 死神の血が色濃く反映している結果なんでしょうか。にしてもこの赤毛の血筋はどこから入ったんだか。ばあちゃんは白髪だよね。鯖人は「ハヤテのごとく」の綾崎ハヤテの父親並の外道親父で、息子を極貧生活へ叩き落としながら自分は悠々と美女を侍らせて贅沢三昧。でもまあ、息子を臓器売買したハヤテ父よりはまだマシなのか。一応鯖人なりにりんねを気にかけている様子ではある。にしても会社を息子に継がせることにどういう意味があるのかな。自分は楽隠居したいってことだろうか。
 終盤りんねvs鯖人によるバトルがありますが、妙竹林な技、道具、ルールの入った奇天烈な戦いは高橋氏の得意とするところ。というか、ジャンプ的なバトルに慣れているとこういう発想は出来なくなると思います。触れた物を無理矢理換金し相手を破産させる武器とか、どうやったら考えられるのか(笑)。しかしなんとなくだけど、このパパ天上院吹雪を彷彿とさせる。
 この漫画の人間関係はなんなんだろうなあ。ほとんど全ての感情が一方通行なのはある意味凄い。だからちっとも仲良く見えない(苦笑)。

【死神・鳳登場の事】
 バンバン新キャラが出て来るな。「らんま」の時よりもペースが早い。いや、そうでもないか。あっちもこの頃にはシャンプーが出てたっけ。たぶん。
 頭の良くなるシャーペンの怪談は落ち着いて考えたらとても恐ろしい内容です。テストで100点取るのと引き換えに行方不明になってしまう。りんねがあっさり解決しているから良いようなものの、こんな怪現象の多発する学校危なくて通ってられるか(笑)。この事件で登場した鳳は一方的にりんねに惚れてしまう。またもや一方通行。確かにりんねのライバルとして翼が登場している以上、桜のライバルになる女の子キャラも必要と言えば必要です。ただ、彼女のライバルとしてはちょっと弱いかもしれない。なにしろこの漫画で一番面白いのは真宮桜のマジボケなので。やっぱ彼女は一般人ポジションなのにズレまくってる。なにが彼女をこうさせたのか。こういうのをクールボケ、クーボケとでも呼ぼうか。
 5巻に続く。

C.M.B. 森羅博物館の事件目録(14)

C.M.B. 森羅博物館の事件目録(14) (月刊マガジンコミックス)C.M.B. 森羅博物館の事件目録(14) (月刊マガジンコミックス)
(2010/06/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 この間買った例のipod対応デジタルフォトスタンドですが、やっぱ半端な内容であることには違いありません。フルプライスで人にオススメ出来るものでは無い。ただ、私の場合使用目的がかなり限定されてるってこともありまして、わりと慣れて来ました。動画をヘビロテさせて、なおかつ画面をパッと見でちゃんと内容が分かる。当初の目的はしっかり果たされています。今見ている動画のタイトルがipodの方でなきゃ確認出来ないというのはアレですが……。

 で、「CMB」。

 第三十六話「ワールド・エンド」
 一部、この話が「最終回っぽい印象を受ける」という話題が出ました。なるほど、そうかもしれません。内容もさることながら、第一話で扱ったのも正にレアな蝶「ブータンシボリアゲハ」でしたから。そんなわけで第一巻第一話を改めて読み直してみたわけですが……うお、絵が違う(笑)。それに森羅の性格が今と全然違う。子供っぽいところが無くて、普通に燈馬君みたいだ。今の森羅の方が遥かにガキっぽいです。まあ、こいつ実際14歳なんですけどね。ちょっとスコーン食べたくなったくらいでわざわざイギリスまで行くような奴だ(笑)。
 そして3巻登場の大英博物館所属ショー・ベントレー&リンダが再登場。あまりに長い事出て来ないもんだからもう出ないのかと思ってましたが、そもそもの指輪のお膝元に所属してるんだからポジション的には美味しいはずだったんだなあ。内容的には出なくても特に問題無さそうではありましたけど。弱い胃腸は相変わらずのようで。ショー&リンダは雇い主と料理人という関係って話ですが、ちょっと怪しいというか、どういういきさつで彼女を雇うことになったのかについては深い事情がありそうな感じ。
 森羅は三人のパパに育てられて独り立ちするまでは引きこもりに近い生活をしていたはず。そのわりに「人を探すならタクシーに聞くのが早い」とか妙に場慣れしているところが気になる。引きこもりといってもパパ達にはあちこち連れ回されてるようだから、彼らがやったことを真似しているだけかもしれない。というか、それしか考えられない。年齢相応かそれ以下の子供っぽいところがある一方で「日本人は内戦を美化し過ぎ」とも言う。これがどういう意味なのか、正直わからない。むしろ日本人は内戦を全く理解してない、の方が正確じゃなかろうか。そんなもん経験した人いないもんね。ここで語られているフォークランド紛争については子供の頃わりと何度もニュースでやってたような記憶があります。とするとそんな昔のことではない。
 「QED」にしろ「CMB」にしろ、基本的に論理による謎の解決を軸とした作品になっています。燈馬君にしろ森羅にしろ、超絶的に頭が良かったとしても超法規的な何かを有しているわけではなく、最終的には犯人を突き止めれば後は警察に委ねるしかありません。ところが、この話では「世界が終わるまでは」法では裁けないという結果に終わっています。「ワールド・エンド」というタイトルは最果ての地と、体制の崩壊のダブルミーニングです。いつぞやの事象の地平よりはわかりやすいのではないでしょうか。のんびり屋の日本人は世界が終わらない保証なんてどこにもないよ、ということを一度肝に命じておいた方が良いかもしれません。森羅はそもそも日本で生まれ育ったわけじゃないし、どこにでも行っちゃうんでしょうね。

 第三十七話「すごろく」
 ロジックということで考えると14巻の中でもっともそれっぽいのがこの「すごろく」でしょう。殺人事件を絡めなくても普通にこういう話をさらりと書けてしまうのが加藤氏の凄い所です。いやほんと、プロのミステリ作家でもこれだけの数の「人の死なない」話を書いてる人はいないと思いますよ。この話で森羅が語っている「ウル王朝のゲーム」に関しても、完成度の高いゲームなんだからもっと完成度の低い原始的な状態だったゲームが存在していたはずというのも論理的な思考の結果です。この説が森羅オリジナルなのかどうかは知りませんが、別に殺人絡めなくてもどうにでもなるという話。でもまあ、あくまでミステリ作家は殺人事件を書きたがる、というだけであってミステリ作家は殺人事件以外のミステリを評価しないということとイコールではありませんが。
 しかしまあ、なんというか、仕事上の実体験として困った爺ちゃんが非常に多いのは事実でして、一旦こうだと思い込んでしまうと修正が効かない。だからこの話みたいなことは結構世の中あちこちで起きているんじゃないかという気がします。最後謎の爆笑で終わったのはそうでなきゃやってられないって感じが……。だってこれ、悪いのは明らかにコンサートの話をしなかったふたりの方で、でも謝ってはいない。笑ってごまかした。
 ところで最後唐突に出て来た森羅の友人って何者? 全然年齢違うんだけど、どこでどうして知り合った。

 第三十八話「花屋の娘」
 論理という面でいえばなんの問題も無い、ちょこっと倒叙っぽい雰囲気な話。このタイプの話の特徴は謎を紐解く立場の人物が事実上脇役に追いやられ、犯人側の方がクローズアップされること。実際には犯人じゃないってところが微妙なミソだったりします。なんとなくミステリ作家が嫉妬しそうな話な感じです。でもなんでこの話が「CMB」なんだろ。これは「QED」向きじゃないかと思うんですが。相手が燈馬君じゃ事件前に知り合うシチュエーションが作れないってことかな。というか森羅博物館に普通に客が入ってる……(笑)。
 倒叙っぽい話ということで、主人公は弁護士志望の木崎という青年になってます。この司法試験合格を目指しているという設定がまったく活かされなかったのはようするに彼の無能さを示していると言えましょう。事実彼は自分の短慮から犯人に逆に追いつめられ罪を着せられる寸前まで行ってしまいました。「お前は運が良かっただけだ」というのはまさにその通りで、たまたま森羅博物館に顔を見せてなかったらアウトだったかもしれない(森羅は今回見えないところでちょこちょこと動いていたはず。燈馬君ほど腰重く無いので)。それとも立樹がたまたま千里と再会してなかったら……。何が言いたいかというと、千里は木崎のどこが良いのかと。

 次の15巻ではふたりめのパパが登場予定。話の外堀は徐々に埋まっている……けど、「CMB」が最終的にどこへ向かおうとしているのかはわからないなあ。実父のところへでも行くんだろうか。

 明日は「境界のRINNE」4巻のレビューの予定。

Q.E.D.証明終了(36)

Q.E.D.証明終了(36) (月刊マガジンコミックス)Q.E.D.証明終了(36) (月刊マガジンコミックス)
(2010/06/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 ファンブック2冊を除いても「QED」と「CMB」と合わせて50冊になりました。今現在トップの河合克敏氏が遅筆なので、うちにある漫画の最大派閥が加藤氏になるのも時間の問題っぽいです。「ロケットマン」も持ってたら正に追い抜き体制ってなところまで来てます。今回は「QED」の方から。

 第七十話「黒金邸殺人事件」
 この話、あまりにも盛大な突っ込みどころがあってさすがにどうかと思うのですよ。あの殺害方法は……いくらなんでも頭の中で実行可能だと考えたとしてもやらないでしょう。失敗する可能性の方が遥かに高い。ちょっとしたアクシデントで成立すらしない状況になってしまう。というか、成功したってことの方がびっくりだよ! むしろ失敗した方がいろいろと良かったんじゃないかという気さえする。
 シチュエーション自体は面白いですよね。久々の正統派密室殺人。でも隙は存在する。烏丸が刑事に指摘した情報はいつも目ざとい燈馬君自身も気付いていたでしょう。その後で自ら可奈相手に実演したところを見ると、「そういう可能性もあるということです」ではなく、ほぼ確信していたに違いない。ただその時点では侵入者が誰で、今後新たな殺人事件が起きるなんてことまではさすがにわからない。この漫画はページ数が少ないため、あまり連続殺人事件は発生しません。3人以上殺害するような事件は珍しい。ただ、ふたり殺せば三人目はさすがに警戒する。そういう意味では二人目を狙うのが一番楽なのかもしれません。今回にしたって誰も警戒してないし。
 にしてもこの犯人、だいぶ危ない橋を渡ってますよね。最初の事件の時にしたって使用人に見つかる危険はあったはず。そういう中で人一人殺して首吊りに見せかける工作をするってのは難易度高い。でもって第二の殺人でもあれ、足場が相当良く無いでしょう。そういう中で正確に弓を打てるかどうか。練習出来たから可能って問題でも無いんじゃないかな。
 ただ話の組み立ては上手い。無茶なトリック以外に流れに無理のあるような部分は無かったように思います。伊達に70話もやってない。

 第七十一話「Q&A」
 あれれ、なんか優の髪型が……こんなんだったっけ(笑)。今回も燈馬君のMIT時代の人脈が絡んだ話。これでロキとエバくらいしか知人のいない孤独なMIT時代だった、なんて話は無いな。兄妹揃って島へ来ているということは、やっぱふたりとも交流があったってことでしょうか。今優ってどこの学生なんだっけ。忘れてしまった。語学系に強い彼女はMITでは……無いと思うけど。でもなんだろう。髪型変わったせいか良く似た兄妹だな、という印象が強くなったかも。
 ほとんどが回想というか、状況説明だけという非常に変則的な構成になっています。で、質問者が誰であるかということはなんとなく気付きました。たぶん、こういうあれこれを聞き出してそれをすっきりまとめるのが燈馬君のいつものスタイルだからだと思います。今回の場合可奈を代理に立てて聞きに行かせる必要も必然も無いですしね。質問者が誰かわかってしまえば、島で発生しているトラブルの原因にもおおよその見当はつきます。そもそも最初にそんなようなことをにおわせる展開もあったわけで、これは簡単。
 ただ、この話には落ちがない。それがこの「Q&A」を酷く難解にしています。燈馬君はあくまで観測者として実験を行い、その情報をまとめただけ。結論を出すのはそれを受け取ったロスフェラー氏で、話が終わった時点で燈馬君はまだレポートの提出すらしていない。そのせいでいろいろともやもやしたものが残ってしまいますね。ロスフェラー氏は誰を後継者として指名するのか。普通に考えれば4兄妹の3人の行動に大きな差は無く後継者に指名するような材料にはならなそう。だったら「役立たず」と言われてしまった長兄がそれにあたるのでは、と思いますよね。でもこれ、ロスフェラー氏自身が子供達に錬金術の話をもとにしたヒントを与えている。それが示しているのは「役立たずを探している」ということ……これは腑に落ちない。その意図を読み取った所で兄妹達にいったいどうしろというのか。有能な人に「指名受けたければ役立たずになれよ」なんて言っても困っちゃうでしょ。「じゃあ、指名されそうなのはもしかしてアイツかな」なんて考えたらかえって余計な事件の火種にもなりかねない。役立たずを指名しておいて他の兄妹にフォローさせることで上手く行く、というような考え方は出来るけど、それは家族的な物の見方であって、組織として考えたらどうかと思う。やっぱわからんな。
 ところで可奈がシャワー浴びてる時に水になったのは燈馬君なりのイタズラだったんだろうか(笑)。

 ちなみに今の月刊マガジン系で単行本のナンバーがリセットされず「QED」よりも長く続いてるのは「孫六」と「海王記」だけ。その「海王記」もあと2回で終わるらしい。「孫六」は……どうなるんだろうねえ。明日は「CMB」。

ゼノブレイド part5

untitled image3
 今回はワイド画面でパチリ。ゼノブレイド観光ツアー的な感覚で今後もナイススポットがあればスクショを撮影していきます。この場所は前に見える男塾の闘技場みたいなところそれぞれにレベル70オーバーの恐ろしい小動物が鎮座しているデンジャラススポットです。無理矢理押し入って逃げ回った後に下の湖に落ちて這い上がった後でございます。横切ってる橋がイベントスポット……なのですが、このルートでスポットを通らずに橋を迂回してしまいました。不具合が出るのも困るので後でちゃんと通過してイベントを見ておく事にします。
 今日はちょろっとしかプレイ出来なくて、あまり進んでません。たぶん、コロニー9に戻ってももう雑魚からまともな経験値を奪う事は出来ない状態です。こういう時どうやって経験値をフォローするかというとクエストだったりするわけですね。でもコロニー6で闘ってる方が多分効率良い……。もう嫌でも進まないといけないと、そういうことっぽいです。で、レベル18くらいののクエスト対象にもなってるユニークモンスターを撃破。こいつも前に速攻でやられるか、逃げ出すかしたような気がします。改めてレベルアップの重要性を実感しました。装備品のジェムのステータス補正はパーセンテージで設定されてますから、中身が強くなると効果も高くなるという寸法です。
 このゲーム、なぜかキャプチャー使ってMacの画面上でプレイすることが多いんですが、試しにフルスクリーンでプレイしてみたらなかなかの迫力が楽しめました。アプリの方の都合上、フルスクリーンにすると強制的に4:3になってしまうのが残念。モニターにダイレクトに接続すればちゃんと表示されるしインターレスも多分無いと思うので、今度の休みに試してみようかしらん。

 日記に書くタイミングを失ってしまっていましたが、地デジが見られるようになりました。今日が開通後初の日曜日、SHTってことできっちり予約入れて録画(録画はVHSだけどね)してたのに、なぜか失敗。どうやら試聴予約を入れておいてもチューナーの電源を落としておくと無効らしい……そういうもんか……。とほほ。

買って来た

ケンウッド iPhone/iPod対応マルチメディアシステム AS-IP70ケンウッド iPhone/iPod対応マルチメディアシステム AS-IP70
()
ケンウッド

商品詳細を見る

 今回は買って後悔しようということで買って来ました。ポイント全部使って丁度10000円ってところです。帰宅後さっそく使ってみて感じたのは「だいたいあらゆる面で中途半端な内容」ということでした。液晶はこの値段のデジタルフォトスタンドと比べると低品質だし、商品画像で見えないスピーカーは背部両脇にあって置き場所が限られる。スライドショーの操作性はあまり良く無く、本体側からipodのダイレクトな操作は出来ない。リモコン付属しない……まあipod操作出来ない以上リモコンあったところでどうということもありませんが。
 さて、それでも7インチ液晶に映像を簡単に出力出来るというだけで私のためにあるような商品だ、という印象は覆らないわけです。私はそのくらい動画ビューワーとしてのclassicに依存しています。収められている動画を再生させてみたところ、昨日の調査では情報収集が不完全であったことがわかりました。4:3サイズの動画だと横に引き延ばされる、ということでしたが、実際には16:9でも引き延ばされます。どういう処理になっているのか、19:9ぐらいな感じでしょうか。なので普通に再生すれば、あらゆる動画が引き延ばされるということです。最初は気になったものの、わりと慣れますね。特に実写系の動画だとあまり違和感がありません。気にする人は気にするでしょうけど。はっきりと気になるのは出力された動画の色合いがおかしいこと。まるでVHSビデオに録画した映像をブラウン管のテレビで再生したみたいな色合いです。なんか暗い。解像度の問題からくっきりとは見えなくても色合いはipodの画面とあまり変わらないんだろうと思ってましたが……。ネットの情報だけで買おうと思ってる人は注意すべきです。頭の中で考えているような画面が出ないことは保証出来ます。一応動画を再生している実機をデジカメで撮影してみましたが、なぜか画像の中の動画の方が奇麗に見えるという(笑)。
 そもそも私の場合必要とした性能のラインが低かったからあまりガッカリしてませんが、フルプライスの価値があるかどうかというと微妙でしょう。これで25000円は厳しいか。一番困ったのは置き場所なんですけどね。これでも小型なんですけど、予定していたスペースはちょこっとだけ狭い。


 追記
 もうちょいあれこれ試してみたところ、ipod用に作った横解像度320程度の動画でも思ったほど劣化せずに普通に見られます。作り直す必要がなくてこれは重畳。というか、ipod限界の640の動画との差がよくわからないかも。色合いの話をしたけど、これはまったく調整出来ません。する手段が無い。この辺はどうにかしてほしかった。ラジオ機能とか要らないし。

ゼノブレイド part4

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 プレイ14時間になりました。故郷のコロニー9を旅立ち、次の街であるコロニー6を目指しています。大雑把に言えば前回からたいして進んでいないわけです。ただ仲間がひとり増えました。褐色の巨乳お姉さんというある意味チートなキャラです。Wiiのゲームでここまであからさまに胸の揺れる人は他では「涼宮ハルヒの激動」くらいしか見た事ありません。しかも胴体の防具によって寄せたり寄せなかったりと芸が細かい。問題は現段階でのベスト防具を選んで行くと、どんどん服装が可愛くなくなっていくことです。最初は完全に趣味で防具を選んでたんですが……。
 進んでないと言っても、もうコロニー6は間近のはずです。橋の手前まで来てルーラのブックマークリストに入れたところでコロニー9へ帰り、またクエスト潰しをやっています。このゲーム、街の住人の好感度を上げて行くと街全体の好感度が上がります。まだコロニー9でも★二つ。最大5段階っぽい……ってことはまだまだコロニー9のクエストも残ってるということでしょうか。ちょっと多過ぎませんか(笑)。こうしてクエスト潰しをやっていると、住人同士の人間関係も少しずつオープンになっていきます。母子で冷えきった関係という子供が切ない。
 常闇の名を持つ怪鳥のユニークモンスターを撃破してます。ただ寝そべってただけなのに襲撃してごめんなさい(笑)。最初同じレベル18で挑戦して返り討ちに合い、一旦コロニー6側で経験値稼いでからレベル21で再挑戦してわりとあっさりと。どうやらレベルアップの効果はかなり大きいようです。まあ、このゲームは平気でとんでもないレベルのモンスターが闊歩してますからそれで安心ということも無いんですが。

untitled image2

 こんなの(笑)。闘えば速攻で死ぬ事間違い無しです。というか試しにレベル35くらいの巻貝を相手に闘ってみたらほとんどダメージを与えられずに全滅しました。まったく話になりません。強過ぎる。
 今回何故かMacに取り込んだ画面でプレイしているため、こうやってスクショを撮影することが出来ます。動いてる画面だとインターレスが酷くて見られたもんじゃないんで、落ち着いてゆっくりしてる時だけの撮影になってしまいますが、これでも雰囲気は伝わるでしょう。S端子取り込みだから画質はそこそこ止まりでちょっと残念。でもってもう一枚。
untitled image

 CMでもやってた機神を眺めています。いずれあそこまで足を伸ばすはずです。というかこれ、パケ絵ですね。このゲームはナイスロケーションな場所が多いので、こうして時々スクショを撮影していきます。あ、でも今回撮影分では新キャラのお姉さんがいませんね。



 昨日のipod対応フォトスタンドは大雨の予報でちょっとスルー。明日行けたら行きたいな、と。スタンドの液晶自体が16:9なんですが、4:3の動画を流すと無理矢理引き延ばされるとかなんとか。まあ、それでも見られないわけじゃないから妥協の範囲内? 溜めたポイント使おうかなあ。

ipod+デジタルフォトスタンド

ケンウッド iPhone/iPod対応マルチメディアシステム AS-IP70ケンウッド iPhone/iPod対応マルチメディアシステム AS-IP70
()
ケンウッド

商品詳細を見る

 今日、父の日のプレゼントの手配をしにヨドバシへ行って来ました。その時に見かけたのがコレです。前々からデジタルフォトスタンドには注目していて、ipodと連動して動画を再生出来るものが出て来ないかと考えていたところでバッチリストライク気味な商品が出て来ました。いつもipodで動画をヘビロテする時、試聴のメインにしているのはやっぱ音声なんです。画面が小さい以上、どうしてもそうならざるをえない。パッと見て動画の内容がハッキリとわかるかどうかというと微妙です。この商品は7インチの液晶を採用しています。おそらく解像度は本来ipodがサポートするものよりも高精細なのではないでしょうか。動画だけじゃなく、画像のスライドショーにも対応してますからね。このサイズならそういう問題も無くなります。
 価格は店頭で24000円ほど。衝動買いしてしまっても良いかなーと思ったものの、ネットでもっと情報を調べてからにしようということで踏みとどまりました。最大のネックになっていたのが操作性です。店頭ではipodが刺さっておらず、SDカードに入った音楽ファイルの再生くらいしか出来ませんでした。その辺はまあ、良いんです。問題はipodの方で、どうもこの本体からしか操作出来ないっぽい。本体前面に配置されているボタンで操作し、液晶に表示されたリストから再生したい音楽ファイルや動画を指定して再生する感じのようです。これは困ります。プレイリストを指定出来ないといちいち指定しなおすのは面倒です。まだ発売間もなくて情報が足りない感じではありますが……。本体をipodでの動画再生に指定して、ipodの側から操作なんてことをかいてあるサイトもあります。
 えー、もうちょい突っ込んで調べてみた所、本体側でipodの動画再生を選択した後、ipod側から操作して扱うようです。……なら問題無いじゃん! なぜか電源ボタンが無く常時電力消費する仕様になっているという変な部分はありますが、それ以外は私のストライクゾーンばっちりな製品のようです。視野角の狭さや、フォトスタンドとしては液晶の質がやや低いみたいな部分はあんまり問題になりません。7インチ液晶に動画を出力出来ること自体が大きいわけですから。これはいいぞ……買うか……。


 ヨドバシからの帰りにスーパーに寄ってみたら、50代くらいの上半身素っ裸のおっさんを見かけました。えらい妙な肌の色でだらしない体型はさすがに歩くセクハラのような感じです。あれは無いんじゃないでしょうか。近所なのか、普通に買い物してましたが……私には真似出来ません。

結局名前は「3DS」で決まりなのか?

 一応「ゼノブレイド」もちょろっとプレイしたんですが、やっぱE3のカンファレンスの話題を追っかけるのに時間を使ってしまいました。今回は去年の反省からか任天堂の勢いが凄かったらしく、噂のニンテンドー3DSの実機が早くも試プレイという形で入場者の手元でも遊べたそうで。もうそこまで形になっているというのがちょっと驚きです。デザインは意外なことに、現行機のDSiとあまり変わらない感じでした。ハード毎リニューアルする以上、もっと「別」であることを印象づけるデザインにするという予想だったんですよね。ってことは任天堂的にはDSLあたりのデザインがもう既に携帯機としてほぼベストと考えてたということでしょう。
 上画面が3Dに、下画面も多少解像度が向上。通信機能強化、アナログ操作搭載。他にもまだまだいろいろありそうですが、それをあの大きさに収めたというのはすごい。カメラもちゃんとあるようだし、DS互換もキープ、カードスロットはDSと同じ形状……これも予想外。未確認情報で動画撮影機能も追加されるという話です。しかも3D動画が撮れるという……いやいや、ほんとか? これはさすがに怪しいぞ。個人的にはDSiで未だに追加されない動画の機能が付くというのが嬉しい。撮れるなら見られるというのが必然というもの。解像度の問題だったのかな……3DSは3Gあたりのipod nanoと同じ解像度になったみたい。
 ゲームの3D化が近年ゲーム業界の話題になっていましたが、個人的には据え置きで3D化ってのはたいした恩恵を得られないと思ってました。3Dテレビ自体普及を怪しんでますし、あくまで映画だけのインパクトだけのもんだろうと。ただプレイヤーが直接画面を覗き込む形になる携帯機なら威力を発揮するのではないか。どうも触れた人の間では3Dの画面の印象はかなり強かったようで、興奮した様子です。これは楽しみ。具体的な発売日がいつかまだよくわかりませんが、発売2ヶ月くらい前から店頭で実機を見られるようにして欲しいですね。やっぱ見てみないことにはわからないことが多いと思います。
 DS互換がある、ということで値下げするDSiLLの購入をどうしようかなーと思ってましたが、3DSはその特性上ちょっと画面が小さくなるっぽい。いや、もともとの画面がDSiと同じだとしても、互換させてDSのソフトを動かすと解像度の問題で小さくなるわけ。だから買ってもいいかなあ、と今は思ってます。どうしようかな。
 ロンチはDSの時にやらなかったマリオ64の3D版なんか入れてくれたら買うかも。せっかくアナログ操作もついたわけだし。

ゼノブレイド part3

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 主人公のシュルクが故郷を旅立つコロニー9編終了しました。わりとだらだらやっても5時間程度ですから、普通にやったらかなり怒濤の展開になりそうです。噂のチート武器モナドも手に入れて戦闘のコツもちょっとずつ掴めて来ました。自分が敵の攻撃のターゲットになってる時は位置取りしてアーツを繰り出してもあまり意味がないっぽいです。仲間が狙われている状況で背後をとったりするのが基本っぽい。仲間のラインはその分タフなキャラになってますしね。なのでやっぱ仲間は三人いた方が良いということになります。もちろん自分の狙われる確率を下げるためです。
 で、やはり「ソーマブリンガー」の後継作っぽい雰囲気がバリバリしてきました。「ソーマブリンガー」では敵のブレイクゲージを減らしていってブレイクさせた時に当てた技によって敵の無防備状態をコントロール出来ました。叩き付けたり浮かせたりして、そこへ追い打ちを叩き込みます。自前でブレイクから追い打ちまで全部やってたのを、「ゼノブレイド」では仲間と連携して行う、と。ただし仲間は直接操作出来ないので、「あーしてくれないかな、こうしてくれないかな」と期待込みで闘う事になる(笑)。チェインアタックは一時的に全員操作出来るようにすることで、確実に崩しを入れて状態異常を叩き込める強力なコンビネーションになります。というか、いつでも操作出来てしまうと強過ぎますね。
 次の目的地はコロニー6。でも旅立った途端コロニー9へ戻ってまったりクエストやったり地図埋めたりしてます。あちこち歩いてみたらまだレベル12程度でしかないのに平気でレベル70オーバーの怪物が闊歩してるエリアがあったりするから恐い(笑)。もちろんダッシュで逃げました。でもレベル18の怪鳥くらいなら勝てそうな気がする……ちょっとあれを目標にやってみようかな。あとアレ、噂の鮭(笑)。魚だから陸上に居れば追って来れないと思ったら鉄砲魚みたいな射撃喰らって一撃死喰らってしまった。しかも二度。なんて凶悪。見かけはただの魚だから困る。

ゼノブレイド part2

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 これ、ちょっと変なゲームかもしれない。まだ最初の街のコロニー9周辺をうろついてるだけなんですが、敵を倒したりいろいろ採取したりクエストこなしているだけでなんだか楽しい。パーティはまだシュルクとフィオルンのふたりだけなんで、本来ならもうちょいストーリーの方を進めた方が良いんでしょうけどね。せめてパーティを三人にしておくべき。ゲーム内でちゃんと時間が流れて夜になったり住人の顔ぶれが入れ替わったり、活動するモンスターの種類が変わったりする。当たり前の話なんだけど、その当たり前がゲームの雰囲気作りに大きく貢献している。二体の神の躯を大地とする世界という発想から生まれたというこのゲーム、その流れからしてまず世界観を作り上げることに注力した、ということっぽいです。
 生活感のある街を作ろうという事で、マジ広い。本当に広いです。まだコロニー9のマップが埋まり切ってないくらいですから相当なものです。プレイしていて真逆の「特に意味の無い物は不自然でもばっさりカット」である「ドラクエ5」のラインハットを思い出しました。あそこ凄いですよね。ラインハット城の城下町のスケールの小ささには度肝を抜かれます(笑)。ドラクエならあれで良いんでしょうけど、今の世代の表現力でちゃんとした街を作ろうとしたら今作のようになる、と。私はプレイしてませんからあんまり無責任なことは言えませんが、FF13のスタッフが「街は作れないよ」みたいなこと言ったってのもまあ、納得は出来ます。ごまかさずに作ろうとしたらどれだけ金がかかるかわからない。今の所コロニー9は店が一軒だけ。あとはほとんどモブキャラ。クエストに絡むかどうかという違いがある程度。これはこれでスゴイ。
 ただ、このゲーム、一般受けはしないだろうなあと思います。そういう意味では「レギンレイヴ」よりも受け皿は狭い。あっちは剣で切る点だけがポイントですから。こっちは取り扱う要素があまりに多過ぎる。収集要素が大量にある上に「絆」なる抽象的な要素も入って来るし。
 フィールドを歩いていると普通にその辺にモンスターがいて、闘っても闘わなくても良いというのが良いですね。こっちから仕掛けない限り手を出して来ないモンスターもかなりいます。手を出して来る連中も近くまで行かなければわざわざ寄ってくてまで攻撃して来たりはしない。そのため、散策はしやすいです。もっとも浜辺にでっかい芋虫がいてあれが気になるところ……クエストにあったユニークモンスターです。今はまだ3人だし、手を出さない方が良いでしょう。とりあえず人数増やすか。
 ああ、プレイ時間が欲しいな……。

ゼノブレイド part1

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 やっとこさ受け取り、帰宅後プレイ……したんですが、いかんせん時間が無くて満足に遊べてません。まだ一時間くらいかな? 最初の街コロニー9周辺にたむろってる小型の動物を相手に闘ってました。このゲームの戦闘はひとつ大きな特徴があって、通常攻撃はオートで出ます。ちょこちょこと位置取りしてると自動的に殴ってくれるわけですね。このオート通常攻撃、やはり最初はなかなか馴染めませんね。で、状況を把握しつつ手動で「アーツ」を叩き込む。通常攻撃がオートですから、アーツは位置取りと効果が重要になります。側面からとか背後から当てると大ダメージとかそういうのですね。まだ小動物相手だから良いようなものの、この辺まだ全然使いこなせてません。大きなモンスターが出て来た時が恐い……。
 Wiiのゲームってことでわりとグラフィック面で叩かれてるのを見かけましたが、むしろ奇麗ですね。据え置きのまともなRPGはあんまりプレイ経験が無いってこともあって、なかなか新鮮です。「グレイセス」は放置中、すまぬ。キャラクターの方はわざとああいうちょっとぼやけた表現にしてるのかもなーと思いましたが、実際どうなんでしょうか。キャラについてはもっとプレイしてから改めて印象書くことにします。主人公は機械工っぽくてなかなか器用そうです。
 オート攻撃がある分戦闘の感覚は大分違ってますが、それ以外はやはり「ソーマブリンガー」に似たものがありますね。特に武器のスロットにジェムをはめ込む辺りはほぼ継承といった感じです。このジェム合成が出来るようになる程度までは話を進めた方が良いということ……らしいんですが、街が広くて歩くだけでも結構大変。新鮮なのは締まってる扉は開けられない(笑)。そりゃそうだ。人の家の玄関にずかずか上がり込む方が本来おかしい。街の住人には名前有りの人と無しの人がいて、名前有りの人はいろいろあるらしいです。そういえば「ソーマブリンガー」は全員名前があったはずですね。なにかこだわりでもあるんでしょうか。世界観の表現という意味では人の名前も確かに重要ではあります。戦闘後宝箱を開けるのも「ソーマブリンガー」と同じですね。レアカラーな宝箱が出て来るかどうか、期待しておきましょう。
 とりあえずこんな感じです。あとは明日。

 今日は工事が無くてすっきり起きる事が出来ました。昼夜逆転してる私は夜の7時半くらいの起床になります。外を見たらすげー明るくて時計が間違ってるのかと不安になりました(笑)。今が一番日の長い時期ですね。

不健康なのは嫌いです

 今日も工事の騒音がうるさい。日曜日だけ休みで今月いっぱい続くとか厳し過ぎる。そんな中、私はここ半年ほど下げたくても満足に下がらなかった体重が下がってしまっていたりした。仕事が忙しくなったってのに、ちゃんとした食事を満足にとってないんだからそりゃ下がるわ。問題はダイエットの成果じゃないってことで、今後は喰わないと……いずれやばくなるんじゃなかろうか。喰わない理由が「もう疲れたし面倒くさい」だったりするのが我ながらアレだなあ。喰ってない上に寝られないって、これが半月以上続いたらどうなるんだろう。やっぱせめて喰わないと。

 ゼノブレイドの到着メール、夕方6時くらいに届いてました。後で取りに行って、明日仕事開けたらプレイします。たいして時間取れないからせいぜい2時間程度かな。触り程度しか出来ないでしょう。届くのが昨日だったら時間取れたのに……。今後はすぐプレイしたいタイトルはヨドバシで買うようにしようかな。

到着メールはまだ届かない

 ゼノブレイド楽しそうですね。最初から覚悟しているとはいえ、発売日から二日以上遅れて届くamazonにはちょっと泣けて来ます。なので本来ならヨドバシへ行く予定だったのが取りやめにしました。だって、行ったら売り場に置いてあるわけで。なおさら泣けて来る。父の日のプレゼントはもう決めてあるし、来週の休みに行ってもまだ間に合います。というか置いておく時間を考えると来週の方がすっきり配送頼めて良いかもしれません。
 で、ちょいちょいと耳にするゼノブレイドの内容なんですが……やっぱこれを実況というのは無理臭いですよ? 凄まじいゲームボリュームとプレイ自由度があるらしくて、相当な時間がかかりそう。楽しいことがいっぱいあるってことでそこまで覚悟してなおかつ喋りのスキルが高いならやっても良いでしょうが、でなければ避けた方が無難っぽい。なんか「ソーマブリンガー」のバランスをさらにカオスにした感じっぽいらしいですね。序盤からエピッククラスのモンスターが出て来るとかなんとか。ガンナスでのエピック戦はマジ死ねたっけな……。ボルジャガとか超無理ゲー状態。
 そんなこんなで難しい、という話も。デスペナがほとんど無いから死んでも平気なのが救いとか。なんかプレイにブランクを置くと辛い事になりそうな予感。

 わりと暑いです。扇風機と空調が今期初同時稼働しました。基本的にうちで空調使う時はドライをかけるんですが、それだけでかなり快適になります。熊本ほどじゃないにしろ、福岡もやっぱそれなり湿気がきつい……熊本は本当に凄いからなあ……なんであんな酷いんだろあそこ。私は昼間寝るからさすがに空調必須です。無いと暑くて死ねます。ついこの間まで掛け布団被ってたのになあ。
 でもすぐ近くで工事が始まってうるさくて眠れやしない。これはまずい……。私はやっぱ寝なきゃダメなのに。

青また青

 JR九州 青照明で自殺防げ。

 最近微妙に気になってはいたんですよね、鹿児島本線の青照明。全然知らない人に「あの青いのはなんなの?」と聞かれたりもしました。その時は「虫取りじゃないですかね」と答えておきましたが、こういうことだったとは。この手の心理的な効果は地味に大きいなんて話も聞いた事があります。確かに青は落ち着きますね。なんとなーく海の中を思わせる=胎内回帰みたいな無意識が働くのかもしれません。
 ただ、それは全然関係無くここしばらくでの鹿児島本線のダイヤトラブルが多発しているのはもっと気になる。ドアの開閉に使う空気式の機械が不調になっただけで止まったらしい。なんか一ヶ月くらいで三回くらいこの手のニュースを聞いたような……。きっちりしておかないと止まるだけじゃなくて事故るぞ。

 絶対無理だと思ってた昇進試験、なんか無事に乗り切れてしまいました。短期とはいえわりと勉強したからなあ。その間、ほとんどゲームしなかったってのが自分的に驚きです。もっと仕事にのめり込んでゲームしないで生きていけるんじゃね?という発想がよりによってこの私にも出て来るとは。いや、ゲームやめないけど。今までみたいにあれもこれもプレイってのが無理になるってことだけは間違い無い……今後は厳選する必要がありますね。当分は「ゼノブレイド」で。届くのは明日か明後日か。なんかかなり面白いらしい……難しかったりもするらしい。

WORSTとトリコ

 「WORST」の最新刊が出ていたので読みました。むう、なんだこりゃ。全編武装戦線出ずっぱりでエリア外のEMODとの抗争の序盤が描かれています。この漫画の主人公の月島花は気のせいか一コマも出てなかったような……人物紹介だけか? それに武装戦線vsEMODにしても出て来る人物が二線級クラスばっかりで、武装のヘッドの村田将五とか会議のシーンでチラっと出ただけ。EMODヘッドの前川の方がまだちょろっと出番多いか。この漫画、出て来るチームの数も多いからキャラもやたらと多いんだよなあ。7代目武装の村田・藤代以外の主力キャラとかほとんどこれまで出て来てなかったはず。3年編に入って最初の抗争が武装か……初っ端に持って来るんだからストーリー上の重要性は高いんだろうけど、そもそも武装自体、花の鈴蘭とも月光の鳳仙とも天地ともたいして絡んでないわけで、存在として浮いてた。わりにこれまでも6代目武装のキャラとか出番は多かった。前振りとしては長過ぎると思う。でなきゃ作者に優遇されてるってことか。こうして書くとグダグダっぽいのに面白い。

 でもって「トリコ」を最初から読んでみたりして。最新刊あたりではもう獣の捕獲レベルのインフレが激しくていつ3桁突入するかって感じだから、1巻最初のガララワニの捕獲レベル5程度で大騒ぎしているシーンに苦笑せざるを得ない。今だと捕獲レベル5なんてゴミみたいなもんだ(笑)。強化ガララワニでもレベル8。これで限定区域とはいえ生態系のバランスを壊しかけていたとかありえないな。ウォールペンギンだってレベル30だぜ。鉄平が叩いて潰したガラムモスキートとかレベル39(笑)。ただ、四天王と一部キャラ以外のモブ美食屋のレベルの低さは相変わらずっぽい。アイスヘル編道中でのグランドホエールのレベル7程度でボロボロにされてる連中がいくらでもいる。メインクラスは喰えば喰うほど強くなる設定だから、こいつらばっかりインフレするわけだ。連載は打ち切られなければトリコのフルコースが決まるまではやるはず。まだオードブルとデザートが決まってるだけで、今スープが決まるかどうか。先は長い。リーガルマンモスをサニーに取られたのは痛かった。でもこの漫画面白い。

定食屋の秘密

 最近行ってる新しく出来た定食屋でちゃんぽんを食べてみました。かなりリーズナブルな値段だったし、ちゃんぽんがメインの店ってわけでもなかったし、試しにって感じでさほど期待はしていませんでした。が、ボリュームはありました。これは某リンガーと大差無い量です。しかも麺を一玉足しても100円アップのみ。野菜二倍量にしても100円アップ。これは値段だけで考えればかなりお安い。たいしたもんです。ただ、味の方が問題です。こっちは某リンガーとはまったく比べ物になりません。なんというか、麺とスープのマッチングが悪いと言いますか、食べているのはちゃんぽんではなく「ちゃんぽんの麺」であるという感じ。スープの味がまったく絡まず味気ない。これで一気に値段相応に(苦笑)。これは一度だけでいいや。なんか人気らしいけどそりゃ無いだろう。すぐ近くのその某リンガーもあるしね。

 定食屋というと、油物を避けなきゃいけなくなったんでめっきり行かなくなりましたが、歩いていける距離に老舗のいかにも昔から夫婦でやってきました的な定食屋がまだ健在です。安くてボリュームもあって、未だになかなか人気のあるお店です。基本はやはり日替わり定食やらなんやらで、揚げ物がメインになります。これは仕方無い。若い人向けだろうし。ただこの店、小さいのにメニューがやたらと多い。通常の定食メニューだけでもいろいろとあるのに、カレーもある。カレーを注文してる人なんか見た事ないけど、どこに鍋があるんだろう。香りもしてこない。担々麺なんかも出来る。ラーメンが無いのに担々麺がある謎。数十種に及ぶはずのあのメニューをあんな小さい厨房でどうやってやりくりしてるんだろう……なんかとんでもない超技術とか導入しているに違いない。そうでなくともオーダーされるメニューをロスを出さずにキープしておけるスペースすら無い感じなのだが……。定食屋ってスゴイ。
 ちなみに同じ並びにあった中華の店はもう畳んでしまいました。売り上げよりもおじちゃんの年齢の問題だったんだろうなあ。味付けが個性的でちょっと癖になる店でした。

きままにプレイしよう

 「ゼノブレイド」の実況は断念することに決めました。仕事が忙しくなって来て、収録時間やらを気にしたりエンコードする時間を満足に確保出来るかどうかわからなくなってきたのが大きな理由です。それでも短期で終わらせられるなら無理出来るんでしょうが「実況、年内完結を目指します」的なボリュームとなるとそれも難しい。一度の収録で終えられないダンジョンとかあると困ってしまいますしね。「レギンレイヴ」は1ステージできっちり区切れたのが大きい。そんなわけで、仕事の合間に無理しない範囲でまったりゆっくり寄り道し放題な感じでフリーダムにプレイします。それでもクリアまでどのくらいかかるかな。
 仕事がきついからってゲームという趣味を捨てたくは無いんですよね。頭の中が仕事だけになると、どこかで歪みが出来てしまいそうで恐い。自分が仕事一本で生きて行けるタイプだとは思えないので。

 「生徒会役員共」、あちこちで「これアニメ化していいの?」「ダメだろ(笑)」みたいなやりとりを見ます。この作品でそんな話が出るとなると「妹は思春期」ははっきりとNGでしょうね。どっちも絵的にはダイレクトなエロシーンは有りませんが、使うワードの際どさにさすがに差がある。というかショーコが危ない。あと最近他のアニメで生徒会のシチュエーションが多用されたということもあるらしくて、パクリとか後追いとか言われてもいるようですが、より重要なのは下ネタだし、下ネタ漫画家としてのキャリアなら氏家氏が後追い扱いされるなんてことは無いはず。まあ、気にしない。しかし、試写会なんかやったりして妙に力入ってるんだよなあ。マガジンはなんで今更氏家氏プッシュなのかしらん。

 うっかり冷蔵庫のコカコーラゼロの在庫を切らしてしまい、超久々に普通のコーラを飲んでます。うん、懐かしい味。やっぱゼロでいいや。

暑い時こそ熱く過ごせ

 昨日の布団をやめて毛布にしたという話を周囲にしたところ、「俺、今でも布団っすよ。というか一年間ずっと布団で寝たいっす」という話があちらこちらから聞こえて来ました。「あの重くのしかかる感じが良いっすよ。寝なきゃいけないって思うっす」という話らしいです。「出来るなら夏でも冷房ガンガン効かせて布団で寝たいっす」。なるほど、気持ちはわかります。私も子供の頃は普通に夏に布団で寝てました。冷房なんか無い締め切りに近い部屋だったのになあ。よくあんなことしてたな、と今では思います。中には福岡で初めて雪を見たという南国育ちの男が「暑いの嫌い」とか言いつつ布団で寝て寝汗かきまくりなんてことを……まあなあ、確かに沖縄生まれ沖縄育ちだからって暑いの嫌いという人間がいないとは限らないわな。不思議とこの話をしている間、夏が好きだという意見がまるで出て来なかったという……。私は水泳部だったし、夏は好きですよ。でももう随分長い事お日様の下で泳ぐということをしてないな……昼間寝てるからなあ。

 昇進試験、昨日まではまるで自信無かったのが、今日は少し前進。もしかするとこれはいけるんじゃね?という程度になりました。全然知らないことばかりかと思ってたら、意外と身に付いていたということらしい。ただ問題は時間。試験までに範囲を終えられるかどうか微妙な線です。頑張りましょ。そういや今日は最初の4時間くらいでえらい疲れたなあ……後から調べたら普通に忙しかった。いつもの倍くらい。そら疲れるわ。

 J-COMのカードがまだ届かないため、地デジ見られません。もう10日くらいになるかな。おかげで二週連続でSHT見逃しています。そろそろゴセイジャー面白くなってるのかな。玩具的にはなかなか楽しいシリーズになっているようですが。今からでも食玩のミニプラ買えるかな? ヨドバシに行ったらチェックしておこう。

堅実に

 というわけで勉強中です。ぶっちゃけ合格出来る自身がありません。泣き言を言っても仕方無いし時間も無いので、範囲を絞って重点的にやることにしました。乗るかそるかだなこりゃ。もっとも落ちても給料アップというか、もうアップしているようです。私も少しは老後を考えたり蓄え作ったりなんてことをする年齢になってしまったかー。貯金のペースが上がりそう。そういえば先月の給料まだ下ろしてなかった気がする。おかげで5月分の家計簿は大赤字でした(笑)。今月は大黒字になるだけですが。

 さすがに寝苦しさを感じて寝るとき毛布一枚にしました。これで寝汗もだいぶ減って快適な感じです。が、これで気分良く過ごすにはあとちょっとだけ気温が足りない気もします。またインフルエンザが流行しているという話も聞くし、気をつけないといけません。


 ついさっき「街森」でとたけけの歌を回収した帰り、不意に出くわしたタランチュラをゲット! 虫のコレクションが増えたのはいつ以来だろう……穫ろうともしなくなってたからなあ。びっくり。でもまだコンプリートじゃない。何が残ってるのかな?

知恵と力と勇気で勝負

ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)ゼルダの伝説 大地の汽笛(特典無し)
(2009/12/23)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 今回の休みの間にクリア出来なかったのは痛かった。明日からゼノブレイドの発売前くらいまで昇進試験の勉強しなくちゃいけないから、もうそれまでのクリアはかなり厳しい。ゼノブレイドの実況をやるかどうかはまだ悩んでるし、同時並行プレイは無理だろうなあ。「EXCEED」の覇龍の塔攻略も横でやってるのがまずいのか。というか今回海の神殿ラストから塔、火のエリア序盤まで行ったけど、やっぱこのゲームはまとまった時間が無いと厳しい。余裕を持って考える時間が必要。今回でゼルダ初挑戦だからわからないこともたくさんあるし。
 どうも貧乏性でいけないなあ、と思う事しきりです。このシリーズ、ハートのアイコンがHP表示に使われているのはさすがによく知られたことだと思いますが、ハートが無くなったら自動で回復する薬と自前で回復する薬と、リンクはひとつずつしか持てません。ドラクエの袋なんて便利なものはありません。そうなると使いたく無くなってしまうんです、私。極力ダメージを受けないよう立ち回ることになります。でもさすがに神殿ボスは手強いというか、最初は攻略法がわからないからどうしても苦戦してしまう。結局どっちの薬も使うハメになってしまいました。使うくらいなら死んだ方がマシとどこかで考えてる自分がちょっと嫌です(苦笑)。このゲーム、薬を使うと買いに行くのがかなり面倒だからなあ。汽車を走らせないといけなくて。
 でもまあ、海の神殿のボスは一応初見で倒せました。弱点を自分で装備しているなかなかカワイイ奴です。この辺を闘っていると、サブウェポンのオンオフをLボタンで行うのが重要になってきますね。でもうちのDSiはLボタンの効きが悪いから結局タッチペンのみで倒す事になってしまいました。それでも倒せましたが、Lボタンを使えていたら随分楽に行っただろうなあというのも事実。そろそろDSLでのプレイに切り替えましょうか。それとも値下げしたDSiLLを買っちゃったりするべきか……。うーん、どう考えても3DSは年内発売ですよね。
 その後の塔でまたかなり苦労する。ワープを織り交ぜたギミックと、高低差が重要そうでいて実はそうでもなかったあれこれに悩まされました。地形が微妙に不自然で自分の思い込みもあって無駄に時間をかけてしまった気がします。通報機ウザい。通報機ウザいです。なんど用心棒さんに殴られたかわからない。体力回復も有限だから困ります。とはいえ、この辺でゼルダってのがどんなゲームなのか分かって来ました。これこそゲームでなきゃ成立しない、知恵をフル活用したゲームらしいゲームって感じがしますね。ネタバレされると途端に面白みが無くなるところとか、逆に新鮮さすら感じます。今でもゼルダの攻略本ってあるんでしょうか。あったら興醒めも良い所だと思うんですが。
 さて、試験終わって「ゼノブレイド」までの短い期間でクリア出来るかな? ダメっぽい気がぷんぷんします。

この季節はテンション下がりがちではある

 いかん、最近気付かないうちに精神的に引きこもりになってた。この一ヶ月、自宅と職場とスーパー、レンタルビデオくらいにしか行ってない。半月に一度給油してたバイクが丸々一ヶ月持つわけだわ。なんというか、そういう生活をしているとストレスの流れて行く出口が無くて、いつのまにかにモヤモヤが蓄積しているという感じになる。危ないなあ。というか、バイクでちょっと遠出するだけでも結構なストレス解消になりますね。天神行って本だけ買って来ました。こういうのは自宅でゲームやったり本読んでも解消されないもんですね。今後はもうちょい気をつけておかないと……。来週の休みは父の日のプレゼントを買いに行くことにします。ああ、外食も近所の定食屋にしか行ってなかった……あそこのうどん久々に食べた。美味しかった。

 他にもいろいろと書きたいことがあるんだけど、私生活での鬱鬱とした話はあまりしたくないんで、やめておきます。やっぱ溜まってるな。レンタル潰れちゃうのもショックだったし、店員と仲良かったから。はやく「生徒会役員共」のDVDを堪能したい。試写会見た人の話ではなかなか期待出来そうということらしいですよ。

出よ、覇龍 壱

無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ(限定版)無限のフロンティアEXCEED スーパーロボット大戦OGサーガ(限定版)
(2010/02/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る

 鳩山辞めたか。ろくなことをしなかったという印象しか無いけど、実は表に出て来てない功績とかなんかあったりするんだろうか。まあ、任期を全う出来なかった時点でもうダメ……いや、さすがにこいつに全うされたら日本終わってるか。で、前に任期全うした総理って誰だっけか。

 二周目のクリア特典である覇龍の塔の本格攻略に着手しました。難易度ガチでとても大変なダンジョンです。既に一周目のクリアレベルに到達してますが、それでも普通に死ねそうなくらい敵が強い。雑魚はともかくボスが強い。このダンジョンは塔自体にある覇気を使って幻影を生み出すとかで、本来ならありえないような組み合わせでボスが出現します。ヒルド+ヘンネ+ヘンネとかいきなりいろいろおかしい。こんなに同族っぽくて赤いのにヘンネがオルケストルアーミーと無関係とか信じられない。このダンジョンに入る前にストーリーの方のゲルダ+ヘイムレンの修羅コンビと闘ってるんですが、ヒルド&ヘンネの方がずっと強い。
 この連中の何が恐いって、早いこと。もともとスピードに優れている上に精神コマンド加速を使ってさらに高速化してくる。前にも書いた通り、このゲームはスピードが非常に重要です。ここまでスピード重視で先手取るのが重要になるRPGも珍しいのではないでしょうか。前作でナハト&アーヴェントを相手にして開幕熱血レイヤードクレイモア喰らって何も出来ず全滅終了という動画があります。これは極端な例ですが、こういうことが普通に起きるのが無限のフロンティア。ヒルドもヘンネ×2もみんな早い。となるとどうなるかというと、こっちのターンになる頃には一人くらい死んでる。下手すると二人死ぬかもしれない。スピードが重要であるのと同様に、精神コマンドによるサポートももの凄く重要。開幕時は全員素っ裸状態なわけで、攻撃されたら凄く痛い。こっち独りが敵二人に集中攻撃されたら相手が雑魚でも死ぬ可能性が高い。なんてダメージインフレなゲームなんでしょ。
 で、なんとかやりくりしつつ鉄壁やら不屈やら閃きやらをかけて生き残ることを重視する。この手の精神コマンドが強烈な効果を発揮するのと同様に、このゲームは状態異常も恐い。ボス敵に毒とか喰らわそうものなら、ターン終了時にパーティメンバーひとりが全力で攻撃したのと同じくらいのダメージが入る。これはつまりパーティメンバーがひとり多くなるのと同じこと。となると、耐性無視で状態異常を植え付けてしまう小牟の存在が大きくクローズアップされる。スピード面で傑出している錫華姫も固定なので、前衛4人のうちふたりが決定。あとは全体回復係としてKOS-MOSかレイジ、アクセル、神夜のうち最低ひとりは欲しい。最後のひとりはアレディかアシェンで火力担当。ハーケンはキャンフィールド担当。ってことで、全員なんらかの役目がある。
 かなり消耗しつつヒルド+ヘンネを倒しました。レベルが上がれば回復するのは助かります。けどこれ、覇龍の塔では最下層のボスなわけで……これからいったいどんな苦しい戦いが待ち受けているかと思うと胸が熱くなりますね。

みなみけの妹も思春期

 「妹は思春期」最終10巻まで読了。一応いろいろと最終回へ向けて締めに入ってるのがわかるものの、それに合わせてネタの切れ味が急降下しているという点も指摘せざるを得ない。9巻までは特に問題無かったことを考えると、この時期作者に何かあったのかもしれない。こういう勘ぐりはあまり好きじゃないから、調べたりはしないけど。しかし最終回は酷い(笑)。あまりに酷くてなんと言ったらいいかわからないくらいだ。10巻も続けて来た4コマ作品のラストをこれで締められるってのはある意味凄いのかもしれない。全体的な感想としては昨日書いた通りで、キャラのインパクトの方向がキワモノ過ぎてあまりオタクに馴染めそうに無い感じ。たぶん、これほど長期に渡って続けられたのはカナミとアキの貢献度の高さによるものが大きいかと。でもって「生徒会役員共」ではラブコメ指数もそこそこ上げてみたという感じなのでしょう。
 連載時期については

 妹は思春期スタート
 女子大生家庭教師濱中アイスタート
 濱中アイ終了
 アイドルのあかほんスタート
 アイドルのあかほん終了
 生徒会役員共スタート
 妹は思春期終了
 生徒会役員共アニメ化

 ってことで、「妹は思春期」が全作品を跨いでる形です。いかに長く書かれていた作品かってことがわかります。なんとなく「思春期」が終わってから「生徒会役員共」が始まった気がしてたんですが、気のせいだったみたいですね。
 で、注目は9巻収録の「みなみけも妹も思春期」。言わずと知れた桜場コハル氏のショートストーリー「みなみけ」とのコラボで、4コマの上2コマと落ち2コマをそれぞれふたりが描くというなかなか面白い試みです。今回はその「みなみけも妹も思春期」のレビューをしてみちゃったりする。

【夏 間近】
 まず氏家氏がネタを振って桜場氏が落とす方から。当たり前のことながら急激に絵柄が変わるため、3コマ目に登場しているのがシンジとカナミであると認知出来ない(笑)。妹の先手を打って自分から脱ぐってのは確かにシンジのやりそうなことではある。

【物干し場】
 雨期で部屋干しするために兄の部屋を使おうとするカナミ。微妙にネタ振りの難易度が高い気がする。こういうストレートなボケ、カナミのやりそ(イカ略)。

【学校指定水着】
 特にスク水に感慨とか無いですけどね。というか普通にダサい。

【先生の昔】
 ネタ自体は氏家氏もやりそう。でも落ちは桜場氏の雰囲気が強い。当たり前だけど。

【カーテンの向こう側】
 これで前半終了。桜場氏はかなり氏家氏の作風に合わせて苦労したような印象。それだけあってよく出来てる。

【雨】
 後半戦は桜場氏ネタ振り、氏家氏落ち。やはり急激に絵柄が変わる(笑)。でもこっちは誰だかちゃんとわかるな。チアキもこういうこと言いそうだけど、カナはめちゃくちゃ言いそうだ。

【マッハ】
 これはネタ振りが厳し過ぎないだろうか。カタツムリ時速3キロって……。まあ、こう落とすほかあるまい。

【次の時間】
 「みなみけ」本編でも出て来たと思うけど、別に雨が降ったからってプールの授業止める必要無いじゃん? 私が水泳部だったからなんか考え違いしてるんだろうか。

【そうめん】
 氷砂糖でそうめんは喰えないだろ……急いでつゆ買って来た方が良い。

【水着えらび】
 似通ったネタ振りが多いのはわざとだろうか。氏家氏も上手くキャラを掴んで本家のやりそうなことをやってる。しかしカナが他のふたりとあまり似てないのはいろいろと気になる。今更か。

 なかなか面白かった。もうやらないだろうなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。