FC2ブログ

宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

ゼノブレイド part15

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 私のこのテンション落ち、軽い鬱状態は体質と気候に関係があると思ってましたが、今回の場合空調が関わっているような気がします。かといって空調つけないと今年は猛暑で死ぬ事になりますからねー。でもまあ、軽度です。自宅にいると調子が上がって来ないのはさほど変わってません。それでも無理して「ゼノブレイド」始めればそれなりに楽しいものです。コントローラを手に持つまでが課題だ。仕事始めちゃえばどうでも良くなっちゃうことなんですけどね。
 現在大剣の渓谷です。プロローグでダンバンやディクソンにムムカが死闘を繰り広げていたのがこの場所になります。コロニー9からの距離を考えるとかなりの遠征です。よくあそこまで攻めて行ったもんだ。ここでなんとか勝った後、この要塞の様子を特に監視してなかったってのは失態ではないでしょうか。一年後コロニー6&9が攻められた時ほとんど無警戒だったってのはちょっとあり得ない。ただ、コロニー6が襲われたって情報がコロニー9にまるで入ってなかったって事実もある。どうも通信連絡手段の乏しい世界っぽい。アカモートじゃ飛行機が空を飛ぶってのに(苦笑)。
 ここは機神兵の根城なので、当然敵として登場するのは機神兵です。顔つきはともかく、雑魚としての機神兵登場は久しぶりになります。というかこいつらしか出ません。通常の武器では機神兵にダメージを与えられないというのは相変わらずなので、とてもうざったいです。ただ、ディクソンの用意してきたvs機神兵用武器ならダメージが通ります。今のメイン武器に比べると格落ちしてもここは使っておくべき。ラインやダンバンあたりは持っておかないと役に立たない。
 後輩が既にここを突破していて「何度死んだかわからない」とか言ってました。確かにここの敵はなかなか強い。同じ程度のレベル相手だとかなり辛い戦いになります。この辺は私が下手なだけかもしれませんが……。まあでも石橋を補強するのが私のスタイル。今はレベル上げを考えています。クエストの攻略も選択肢のひとつです。ここでは行く手を塞ぐシャッターをひとつずつ開けながら進みます。開けてみたらいきなりすげえでかいヤバげな機神兵がいてビビリました。その初戦で見事敗退。なるほど、これは死ねる。でも無理はしない。ただ、やたらデカくてもこいつは分類的には雑魚敵です。ユニークはユニークでわりとあちこちに普通に点在していてこっちを狙って来ます。正直まだ勝てる気がしない。どうやらここの攻略には時間がかかりそうです。なにしろ敵の拠点だもんね。
 今日は週1の「街森」もプレイ。未だにとたけけの曲はコンプしてないし、しつこく絵画を買っても新作はなかなか出て来ない。一応あれかなあ。3DSの森が出るまではプレイするのかもしれない。そういえば今年はアレだな。夏以降3DS以外でぱっとした話を聞かない。新作の購入予定も「メトロイド」しか無かったりする。どうなってんでしょ。いつもは放置してても情報なんて流れ込んで来るのに。
スポンサーサイト



気力が低下した

 やべ、なんか暑くなった今になってからテンション低い。ダダ下がり。休みだというのに「ゼノブレイド」に触れることすら出来なかった。気持ちの切り替えが必要かもしれない。当面の材料としては来月頭の「生徒会役員共」のDVD一巻到着待ちか。というか、ちょっと無理しても「ゼノブレイド」やった方が良かったかも。なんか妙に眠かったんだ……時間を無駄にしてしまった。無駄にするにもやり方というものがあるよなー。頑張れ俺ー。

最大HP減少気味

 今日は休みなんだけど、やることがいっぱいあって消化しきれずあっぷあっぷしてます。もうひとつブログを持ってて月1の更新を今日にはやらないといけない。毎回長文になるから書くのが大変だし、何について書くかすらまだ決めて無いという……。「生徒会役員共」のED「蒼い春」も買って来てまともに聞く余裕も無く、だというのにレンタルでDVD借りて来てたり通販で届け物があったりとなんだこりゃー状態。本来なら「ゼノブレイド」もプレイしてあれこれ書きたかったってのに、それも無理っぽい。なんでこんな余裕が無いんだろう。
 というか、仕事に関しても「頑張り屋なのはいいが、なんでもかんでも目一杯やろうとするから余裕無くなるんだよ」みたいなことを言われたばかりだったりするのだが……。仕事の重要性の取捨選択が上手く出来ないからそうなる、というか、とりあえず手を抜けないって性分でもある。なのにぐうたらな時はぐうたらで先送りってのは、要は仕事に関しては臆病になっているということが言えると思う。だからどれもこれも力を入れちゃうわけだな。わかっちゃいるんだよ、わかっちゃーなー。

雨の中を

 最近このブログのスパムコメがかなり多くなってます。毎回IP違うからブラックリストを使ってもあまり効果無いし困ったことです。今時こんなスパム踏む人とかいるのかなあ。100書き込んで1取れればオッケーな世界なんだろうか。

 雨です。でも水曜日は近所のスーパーでノンカロリーコーラが特売になるので閉じこもるわけにも行きません。この驚愕の価格で買うのがコーラだけじゃ、ほとんど利益なんて出ないはず。あのトライアルよりもはっきり安いんだからすごい。でもってスーパーのすぐそこのTUTAYAもチェック。「生徒会役員共」EDの「蒼い春」を狙ったものの、どうも入荷自体無かったっぽい。仕方無いので明日天気が良ければ……。漫画の新刊を買い損ねて「TUTAYA」は並べるの遅いから……と悪態尽きつつ二件目のTUTAYAまで行き、やはり見つからず。帰宅してから福岡では明日発売と気付きました。ごめんなさい。昨今のアニメ事情を考えるとこの作品はアニメ化あるかもしれないな。ならないもんかな。「
 「生徒会役員共」のラジオ「全ラ」はちゃんと今日更新。パーソナリティ不定でなおかつふつうのお便りしかコーナーが無いというぶんなげラジオ、一回目は生徒会四人、二回目は生徒会三人娘、で、三回目は津田兄妹+スズでした。シノ役の芸人日笠がいなくてマイルドになるかと思ったら、全然そんなことなかった(苦笑)。コトミが主にスズをぶんまわす展開に(笑)。タカトシ役の浅沼曰く「妹は癒し系だと思ったのに……」の発言が切ない。でもコトミのアニメでの本格的な出番は実はまだ。次回から登場だったりして。顔見せ程度には第一話、第三話にも出てましたけどね。シノとアリアがいなくても成立するんなら、次回の面子がどうなるか全然読めないってことになりますか。このタイミングでコトミがありとなると、誰が来てもおかしくない。次回はムツミかな?

 「ゼノブレイド」で、雪山を越え新エリアへ突入。オープニングの舞台へようやく辿り着きました。たぶんこのゲームはここからが本番だと思います。気合入れて行きましょう。詳しくは明日。

ルーチンワークの罠にハマるな

 今更ながら大人になってしまったんだなあ、と思う一方で、いまいち成長してねーなー、とも思わされたりもしてちょっと疲れ気味かもしれない。基本家ではぐうたらしてるわりに私は根が真面目で仕事が絡むと手を抜けない。なんでもかんでも同じ調子でやってしまうためメリハリというものがなく、どうにも余裕も無いという状態になりがち。それがミスを招くんで、どうにかしなきゃいかん……のは分かってる。でもそうそう簡単に自分の根に関わる部分は変えられるもんじゃない。幸いにして変えて行かなきゃいかんのだとは思ってるんだから、ちょっとずつでも前進していけるよう心掛けるしかあるまい。あえて頑張ろうとは言うまい……。機転が利かない、とは高校の時も同じ調子で言われたっけな……。
 とまあ、仕事でミスをしてしまったわけですよ。全面的に私に非があるわけじゃないにせよ、今はそこからどうにか出来るようになれという次の段階を求められている。今回の場合100点までは取れなくても60点は取っとけよみたいな。この辺の出来なさから「根が真面目なタイプは人を使う方にはなれねーな」と考えたりもしてしまったり。なんか私みたいなのが鬱になりがちらしいから、どっかで抜く事も覚えないといけないかもしれない。今までは結構適当だったからなー。そうも言ってられない時期に来てしまった。

 だからってプライベートの趣味を捨てようとは思わん。今日もちょこっと「ゼノブレイド」をプレイ。これまでどこにいるかわからず放置されてたコロニー9の最後のユニークモンスターの撃破に成功してます。こっちはもうぼちぼちレベル50だってのに、レベル一桁の相手だったから実質惨殺ってことに(苦笑)。あんなとこにいたとはな。

去年末からもう10回以上お世話になってないか?

 ま た 警 察 か 。

 あのー、昨日の今日なんですけどー。今度はなんか非常に笑えない神経疑うような話でここでもちょっと詳しく書けない。それはやっちゃいかんだろ、人として……。学生っぽかったが、そんなんで今後の人生棒に振っちゃうのか。学校の方は多分除籍だろうなあ。わかんねーなー、そういう自分に対して何か疑問とか無いんだろうか。無いんだろうなあ。多分もう私みたいな朴訥とした人間とは別の生き物なんだろうと思うしか無い。そういやこの間は夜中に全裸マンが出たとも聞いたな……この辺もう本当に末期なんじゃね? 交番作ろうぜ。

 飲酒事故 福岡が最悪 上半期189件 公務員 後絶たず

 その一方でこれだ。近所じゃなくて福岡がダメなのか……。

 コンビニで「賭博覇王伝零」の廉価が出てたんで、読んでみた。面白い。面白いけどアトラクション全部ギャンブルじゃねえ(笑)。どう考えてもクイズだよなこれ。でもクイズだと謎解きがメインで福本お得意の駆け引きが大幅に減るから「アカギ」なんかと比べても非常にテンポが良い。この漫画に関連してネットでいろいろ眺めてたら福本氏の驚愕の執筆方法なんて画像があってたまげた。西原理恵子曰く「全ての漫画家の常識がいま崩されようとしている」。人物を描く時どこから描くかというのも漫画家の大きな命題だけど、眉毛から描くか。輪郭から描くのが基本……だとは思うんだけど、意外とそうでも無いっぽいらしい。

大人になるって意味を考えたくなる

 ま た 警 察 か 。

 外でどう見てもどっちもスジ者ぽいふたりが怒鳴り合ってて迷惑この上無く仕方無いから仲裁に入った。片方が頭が切れるらしくて落し所を見つけて最終的に素早く収めたのは見事だった……が、もう片方が話にならないアホで困る。事が終わって警察も来た後になって矛先がこっちに向いた。お前の仲裁が悪いから警察に名前出さなきゃいけなくなったって、んなもん知るか。こっちに迷惑かけた時点でその程度のペナルティあってもしかるべきというか、なんの特も無いのに間に入ったの感謝しろよ。意味不明で驚いたわ。が、「この暑いのに長袖着てる」って着目点はさすが本職だなあ、とも思ったり。なるほど、隠してる腕になんかあるんだろうなあ。
 にしても「男なら負けんなよ!」(これ私が言われた。意味がわからん)って、そんなのを肩が触れた触れない程度のことで振りかざしてたら人生やってけねーよ。ああいうのが将来空気の読めない爺になるんだろうなあ。些細なことでも頑として譲らない爺ほどやっかいな客はいない。
 でもあれだなあ、職場近辺急激に雰囲気が悪くなってる気がする。自宅近辺なら引っ越せば良いけど、これは職場だからどうしようもない。今回は警察もポカンとするような意味不明な突っ込みは受けたけど、まあ上手くやったんじゃないのかな。たぶん今回引いた人の方が本気にさせると恐いと思う。頭良さそうだ。アホの方は「土下座して誠意みせろや。やっても許さん」一辺倒だったし。36歳とか言ってたっけか。

 帰宅後、「妹は思春期」を一巻から読み直してたりする(苦笑)。思った以上にネタが酷い。これは電波には乗らんわ(笑)。下ネタを中和するようなノーマルネタもこっちはほとんど無いしなあ。
 またSHT録画ミスった……。やることは基本的に変わってないはずなのに、地デジにまだ慣れてないんだろうか。

ゼノブレイド part14

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 最近聞いた話なんですが、志賀島ってあるじゃないですか。あの金印の出た島。島と言っても江ノ島みたいに地続きで、車で行けます。覚悟決めれば歩いていけなくもない。道の左右とも海なのに橋を渡ってるわけじゃないってのはなかなか面白いですよ。少数ですが人も住んでます。漁業……なんでしょうかね。直線距離なら天神地区まですぐこそなんですが、ぐるりと回らないといけないから結構不便な場所です。好んであそこに住む理由とか、特に思いつきません。で、あそこイノシシが出るらしいですよ。どうやって住み着いたのかわかりませんが、作物を荒らすそうです。あんな小さい島なのになあ。あ、でも作物荒らすってことは農業もやってるってことか。上司が志賀島でイノシシ鍋を食べたそうです。たぶん、イノシシにとっては天敵がいないはずなので人間が狩らないとまずいのでしょう。

 遠くの場所まで歩いて行けるといえば「ゼノブレイド」。皇都を抜けて雪山まで辿り着きましたが……これはスゴイところです。スクショ撮影しておけば良かった。確か巨神の右腕に相当する部分だったはず。この腕が剣を持っていて、機神と相打ちになってるわけです。なので剣の上を歩いていけばいずれ機神界へ行けるという、良く出来た設定です。なにがスゴイって、ここ斜面なんですよ。基本平地で起伏のある地形ってんじゃなくて、ほとんど全部斜面。しかも勾配もえらいことになってて、こんな雪山で下手にあるいたら即雪崩発生だろって感じです。コロニー9は温暖だし、コロニー6も似たり寄ったり、サイハテ村も熱帯。寒さに慣れてそうなのはメリアくらいしかいないパーティだから行軍は大変そう。ただ、この辺レベルオーバーなヤバい敵を見かけません。雑魚が満遍なく強めだったりはしますが……。
 このゲーム、「絆」がキーワードのひとつになっています。主人公達とこの世界に生きる街の人たちとの絆もそうだし、シュルクとパーティメンバーとの絆もそう。どちらも深めて行くと良いことがあります。特にパーティメンバーとの絆は重要です。普通、メンバー個人個人で独自のスキルを持っている場合、それをキャラの個性として無二のものにするもの。どっこい「ゼノブレイド」では絆を深めた相手のスキルを自分ものとして借り受けることが出来ます。キャラの成長要素には特にカスタマイズする点が無いのを、こういうところでフォローしてるわけですね。なかなか面白い。絆は基本的にバトルメンバーにしている3人の間でしか変動しません。となると必然的に主人公シュルクと初期からいるライン、カルナあたりとの絆が先行して深まりがち。でもって、役割の被るキャラだと同じメンバーに入らないため、深まらない。シュルクとリキ、ラインとダンバンあたり意図的になんとかしないと深まりません。これ、狙って上昇させるのは結構大変なのです。ちょっとずつしか上がらないですからね。
 どっこい、プレゼントなるシステムがあるのにやっとこ気付きました。フィールドに点在しているコレクティングアイテムをパーティの誰かが別の相手へプレゼント出来るシステムです。これでバトルメンバーに入ってなくても絆を上げられます。普通にアイテム集めてるといずれアイテムボックスは満タンになってしまいます。「ソーマブリンガー」同様ほとんどお金を使わないゲームですし、売るくらいならプレゼントしちゃった方が良い。ただし絆をはっきり上昇させるには凄まじい数のプレゼントが必要っぽい。それに絆って放置してると下がる……のかなあ。下がるのはきついなあ。未確認ですが。とりあえずシュルクとリキの絆を上げてみました。
 ここ最近ダンバンをメインに置いてカルナ、メリア、リキをサブで入れ替えてプレイしてます。シュルクは自分が狙われると何も出来なくなるのが痛い。ダンバンはその点狙われても素早さを高めて回避出来るし、火力もある。一通りのアーツを叩き込んでしまうとゲージ回復待ちの間通常攻撃しか出来なくなっちゃいますが、ダブルアタックのジェムつければ更に火力上げられるし美味しい。メリアは貴重なエーテル系攻撃の名手だし、カルナは回復アーツで長期戦に対応。このフォーメーションが一番強いような気がしますよ。リキは……放置しとくと最後まで使わなそうだから……。でもリキの絆も上げないと貴重なスキルがあったりするんで困る。なぜかHPやたら多いし、入れておけば意外と強いのかも?
 もうすぐレベル50。そろそろ機神界へ乗り込む頃かな?

久々にバルクスラッシュ

 とりあえずサターンを起動してみる。なんと、ここ2年くらい触れてもいなかったはずなのに平気で動いてしまった。歴代でもタフなハードとしてなかなか有名ではあるが、本当にタフだなあ。ただし、パワーメモリーはさすがに認識せず。こちらは数度試みた後、一応認識。ゴミがあるからちょっと恐い。よく言われる「パワーメモリーは極めて消え易い欠陥商品」というのは間違いなのでよろしく。正確には「極めて認識しづらい欠陥商品」である。実際そう簡単には消えない。認識がおかしいと思って下手に初期化とかしちゃうからいけないのである。私は消えたことは一度も無いのです。
 でもって「バルク」なんですが……名作は色褪せない。今プレイしても楽しい。ほんと、後継作出そうで全然出ない作品だわ。オリジナルで厳しければ版権使っても良い内容なのになあ。どっこい自分のプレイの方が超絶グダグダで、実況録画する前に触れてみて良かった良かったという感じ。難易度ノーマルの1面で何度ゲームオーバーになったことか。前はハードでスコアアタックしてたっつーのに(泣)。破壊目標がどの辺りにあるのか全然覚えてないし、4面ボスまでプレイして2&3面のナビ回収失敗してるし酷いったらありゃしない。あと部屋のレイアウトが微妙に変わったせいでサターンの無線パッドが使い辛くなってしまったってのも痛い。無意識のうちにパッドを垂直に持って認識しなくなってしまうことが多々ありました。本来それでも認識するんですが、ドリームキャストとPS2乗せてるテーブルの下に置いてあるから上へ向けた時遮られちゃうんですね。だから通常のパッドを使った方が良い……んですけど、どこにあるかわからない。現役のときからずっと無線パッド使ってたからなー。GEOあたりで入手して来た方が早いかもしれない。
 てなわけで今週は収録無し。ぼちぼちリハビリして8月収録かな。その後Wiiの「メトロイド」を始める流れになりそう。でもそれまでに「ゼノブレイド」終わるのかなあ。皇都抜けて雪山に入った辺りで多分丁度中盤くらいのような気がする……。

おいおい、今更かよ

 ついついよせばいいのに「EVER17」の実況プレイ動画を見てしまった。旧KIDの色褪せない名作というと「MMM with be」とこれに尽きると今でも思うし、これを超える作品が業界全体でも見回してもほとんど無いという認識にも変わりがない。「Ever17」の方は実況者の決定的なシーンでの反応が楽しみでついつい見るのがやめられなくて就寝時間がズレこんでいくという……でも期待に違わなかった(笑)。自分の記憶をリセット出来ないなら他人の様子を楽しもう、ということの出来るって意味で実況プレイの試聴はやはり楽しい。このゲームのエンディングであれだけ鬱になる人も珍しいだろうなあ(爆笑)。あれは笑うしか無い。
 それにしても改めてギミック以上に情念の吹き込まれた傑作だな、と感じざるを得ない。スタッフロールで流れる年表での優春と桑古木の苦難の過程にはマジ泣ける。BWの意味不明の熱弁を受け入れてあれを完遂したというだけで、ふたりの意思の強さには頭が下がる。このふたりに武、つぐみの超人っぷり、沙羅のチートぶり、ココの電波破壊力なんかも加わるから必然的に優秋ひとりが割を食うという……可哀想だなあ。どうしても母親に勝てない娘というのも悲劇だ。しかもあっち、23歳くらいから老化しないし無敵じゃん。
 今回見た動画の分で頭に電撃が走ったのは2点。これは「SSで書いてみてえ」と思ったというのと同義語と考えてもらって構わない。どちらもココ編終盤のことで、ひとつは桑古木が二度目の圧壊から脱出を遂げた時のこと。この場面での彼の心理を思うとこっちも感無量になってくる。ここで彼は一度少年と会話してから離れて行くけど、たぶんひとりになりたかったんだろうなあ。なんせ17年だ。もうひとつが潜水艇でIBFまで行って武らを回収した帰りの優春の説教。ここで延々ホクトに向かって「あんたは馬鹿だ。馬鹿は父親譲りだ」みたいなことを言い続けるわけだけど、ここは「私が行って助けようと思ってたのにこの野郎~~ッ!」と思ってたに違いない。こっちも17年費やしてそのくらいの役得があっても良いだろうと考えてた思うのよ(笑)。きっとひとりで行こうとしてたんだろうな。天国石ダイブ許すまじ。でもまあ、作品的にはホクトが助けないと視点からしか描写出来ないから仕方無い。この辺がギャルゲーの構造的な限界でもある。
 あと「with be」の方も楽曲の反則さに泣けた。たぶんCDは弟が引っ越す時に東京へ持って行ってるんだよなあ……。ま、いいさ。

続きを読む »

CD 大和撫子エデュケイション

大和撫子エデュケイション大和撫子エデュケイション
(2010/07/21)
トリプルブッキング

商品詳細を見る

 明日ヨドバシに行って、そこで無かったら天神まで行かなきゃ厳しいかと思ってたトリプルブッキング「大和撫子エデュケイション」が近所のTUTAYAに普通に入荷していたという。特に何の問題も無かったし、そこで買いました。本来別目的での入店でこっちはサブだったんですが、本命のレンタルの方には振られてしまいましたよ。仕方無いからレンタルのスペースをふらふら歩いてたら店に来てた幼児に変な顔されました。なんでこんな時間に大人の人が?みたいな。私の勤務は朝までなんだよ! 働いてないような目で見るんじゃない! 最近気がついたら婚約指輪を軽く渡せるくらい貯金が溜まってたりした。相手いないというか、紹介すると言われて断ったけどな……。最初から結婚前提で迫って来る女性とか恐いじゃん。
 で、amazonでパケ絵が大きく使えるからよく見えます。後ろの宣伝に「アイドルのあかほん」のトリプルブッキングのシホ・カルナ・ユーリの三人がいる! 更に後ろの柱についてるポスターの方は映画「三姉妹妖譚」の宣伝で、なんか彼女らの初主演映画だそうな。彼女達は知らないところでビッグになってました。CDのジャケ裏にも彼女のカットが描かれていて、ユーリの手から電撃みたいなのが発せられてたり、シホが日本刀を鞘から抜こうとしてたりするんでアクション物みたい。これらのカットはCD書き下ろしではなく、「生徒会役員共」本編で使われるのかしらん? まだ「6話に登場して映画主題歌の情熱の花を歌う」ということしかわかってなくて、どういうシチュエーションで彼女らが出て来るのか不明のままです。たぶん、海へ行く前の回になりそうなんですよね。うーん、わからん。声優はおそらくシノ=シホ、アリア=カルナ、スズ=ユーリって感じでダブルキャストのはず。
 この二曲、どちらも歌っているのはトリプルブッキング。だからどう考えても桜才学園の生徒の心得を連ねている「大和撫子エデュケイション」もシホたちが歌っているということになる……はず……やっぱ無理あるわ(笑)。シノたちが歌ってる光景しか頭に思い浮かばない。アニメ「生徒会役員共」はOPEDとも微妙な中毒性があってついついリピートしてしまいます。歌詞は「純情可憐であれ(笑)」みたいな感じなんでしょうが。残念ながらキャラソンとかは出ない雰囲気。残念。
 「情熱の花」の方はちゃんとしたアイドルの歌って感じ。あまりにも2曲のタイプが違うから逆に比較とか出来ない。ソロパートのカラーが「大和撫子」では強かったのが、ちゃんと三人組による曲になってます。

コーヒー飲んでないのに

 今日は漫画を読んでたらいい感じに眠気が襲って来て、それに任せてさくっと寝た……のに、その後わりと早めになぜか目が覚めてそのまま寝付けず今に至る。無意識のうちにamazonからの配達が今日あたりありそうだというのを感じていて待ちモードに入っていたのだろうか。おかげさまで今眠い。けどさすがにここで眠るわけにはいかない。なんか、妙に高揚してたような気がするのはコンビニで「吼えろペン」の廉価本を読んだからかもしれない。ちょっと燃えた。買おうと思ったのにうっかり忘れちゃってるからアレなんだけど……。amazonといえばトップページでゆうぱっく維新のCMを流しているのは何かのギャグのつもりとしか思えない。ちなみに今日届けに来たのは佐川だった。今月まだいくつか届くものがあるから注意しなければ。その中にゲームが混じってない辺りが最近の時間の余裕の無さを示してるなあ。今日ようやく「ドラクエV」の続きをちょろっとだけプレイ出来たくらいだし。ただ単に「生徒会役員共」を読み過ぎなのかもしれんけど(苦笑)。
 ついでに触れておくと「生徒会役員共」をアニメ化するってのはやや難しい話なのではないかと思う。これは近年流行してる萌え系4コマのアニメ化とはちょっと事情が異なる。その辺の突っ込んだことはいずれちゃんと書くけど、たぶん氏家作品のアニメ化のしやすさは「濱中>あかほん>>>生徒会>>>>>>>>思春期」といった感じと考える。「妹は思春期」が無理なのは放送コード的にデンジャラスな下ネタが多過ぎるからでもあるが、それ以外にほぼ致命的と言える弱点がこの作品には内包されている。そしてその弱点は「生徒会役員共」にも軽度ではあるものの存在していてそこが難点となっていそうではある。でもってこれこそ氏家作品の基本となっている物で、もちろん下ネタ以外の何物でもない。ただ下ネタをメインに扱っているというだけであって、その前段階として氏家作品の本質はギャグ漫画だったりする。萌え系4コマの主流作品のように萌え自体をメイン格には置いていない。漫画としてはそれでオッケーでもアニメ化する際に案外厄介な問題点としてそこが浮上してきてしまう。
 続きはDVD1巻が届いてから改めてやりましょう。とりあえず明日OP曲CDの発売日です。私が買うのは明後日かな。

時に理屈じゃないこともある

 上司の友人がうつ病にかかってしまい大変だ、という話を聞きました。仕事上でのストレスが原因らしくこれが二度目ってことで、嫁は離婚を考えているとかなんとか。以前に私が春先に鬱傾向になるって話を書いてますが、あれは多分私の体質によるものが大きい。温かくなる気候と低血圧が微妙に絡み合ってああなってしまうのでしょう。まあ、自分でも軽度だと思うしそれ自体はたいして問題ではありません。問題はその上司が「うつ病になるのはエゴと甘えが原因だ」と言い切っていること。なるほど、「自分だけがどうしてこんな嫌な仕事ばかりしなきゃいけないのか」という考え方のループは健全とは言えないし、誰だってラクしてるわけじゃないってのもその通り。しかし果たして全ての原因が環境と心理に根ざしていると考えるのは早計じゃないかなあ、と。私みたいに体質もあって相乗効果で発症するというケースも少なく無いのでは。ないし、「嫌な仕事」と考えてしまうまでの経過にも何か問題があったとか。上司の話では甘やかされて育った今後の世代は更にうつ病の発症が加速して行くだろうと言います。私は心理的なことで言えば真面目な人がかかると思うんで、そういう人に対してエゴがどうとか甘えがどうとか言うのもちょっと気の毒な気がしてますよ。鬱にかかる人とニートは違う人種でしょうし。あと、こういうのはやっぱりなあ、かからないタイプの人にはかかるタイプの人の気持ちはわからんのだろうなあ、とも。私ですら鬱傾向になると気力を絞り出すのは大変です。

 梅雨末期にアホみたいな大雨が続いたと思ったら、今度はまたアホみたいに晴れやがります。極端だなあ。去年がやや冷夏傾向だったんで、今年もちょっと心配してましたがこれで一安心です。おかげさまで担当してる仕事がえらい好調ですよ。好調過ぎて維持しきれないくらい。今年の夏は厳しい暑さになりそうです。

そこまでやれるもんじゃない

 最近平成ライダー系の可動フィギュア商品・フィギュアーツの争奪戦が激し過ぎて欲しくても手を出せない。ヨドバシで行列整理の為に開店前に誘導するって普通におかしいレベルだわな。どうしてこうなった。正直意味がわからない。バンダイが生産している量が少ないからという説もあるが、これほど酷い争奪戦になっているものを未だに少量生産とかちょっと無いだろう。かといって今になって平成ライダー人気に火がついたってのも考えられない。なにか歪なものを感じる。転売のターゲットにされると大変だ。こんな状況のまま龍騎13ライダーのラインナップに突入したら私はどうしたらいいだろう。平日の発売日に開店特攻かけなきゃ無理とか無いわー。本当無いわー。

 先週分のSHTの録画にまたもや失敗してしまい、もはや放送がどうなっているのかわからないレベルまでブランクが開いてしまった。今日は撮れてるから後でゆっくり見よう。「W」もぼちぼちクライマックスです。もう既に次のライダーのバレ情報が出回っています。龍騎・電王の小林靖子氏による脚本ってことで期待出来そうな感じ。ただ、例によってかなりへんてこなデザインっぽい。小林ライダーはキワモノ系デザインばかりだなあ。

 最近の「鉄腕ダッシュ」は城島と山口しか仕事してないって話……どうも本当みたいだな(笑)。見事にふたりしか出てない。

ゼノブレイド part13

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 ゼノブレイドでクエストボスへのリベンジに成功しました。まあ、だいぶ他のクエストクリアしてレベルもあがってたからあれで負けたら情けない話ではあります。経験値の入るクエストは美味しいです。お金しか入らないクエストは逆に美味しく無い。このゲーム、お金の使い道があんまり無いからなあ。回復アイテムとかも無いからショップはアーツ書を買うくらいの用しかない。
 サイハテ村の真上がエルト海って話で、ためしにサイハテ村へ戻って真上を見上げてみたら本当に海だったという。つまりエルト海には海底が無く、海の水が空に浮いている。もしくは海底が透明。この海に小魚くらいしか住んでないのはあまり生物の生息に適した場所じゃないからなのかもしれない。海底が無いんじゃ蟹とかエビとかもいないだろうしなあ。それにしても見上げると海ってのはなかなかスゴイ光景ですよ。そのうちスクショ撮ります。今日はWii用のモニターでプレイしてて画像を取り込んで無かったんで。
 ストーリー的には中盤の山場というところでしょうか。たぶんアレな白い機神兵も出て来てるし盛り上がりそうです。メリアが大分良いキャラだしなあ。女の戦いがどうなっちゃうか心配。

 なにやらWiiのノーモアヒーローズ2の発売日が決まったとか。1はプレイしてませんが、2はやってやろうと思ってました。正式なアナウンスまで妙に時間かかったなあ。メトロイドかこれか、もしくは両方とも実況やるとかそういうことになると思われます。「ゼノブレイド」で見送ったらもう3ヶ月近く実況してないので、ぼちぼちやりたい衝動が……やっぱ前々からやりたいやりたい言ってる「バルクスラッシュ」の実況をどこかで録画しとこうかしらん。

ゼノブレイド part12

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 アカモートでのイベントを進めているとパーティメンバーのメリアが一時離脱してしまうのですが、その状態でうっかりクエストやって経験値稼いだりして「これはよくよく考えたらまずい」と、更にイベントを進行させ復帰してもらう。この本編の方は世界が文字通りひっくり返ってしまうような、まさに危機的状況が迫って来ていて大変です。そんなことになったら確実に世界は破滅してしまう。RPGではこの手の危機の予兆の話は展開上事欠きませんが、「確かにそりゃやばい」という認識をここまでプレイヤーに刷り込ませられるってのも珍しい。
 ここでクエスト絡みで経験値稼ぎをしたのはPC陣より多少落ちる程度のレベルのユニークモンスターに負けてしまったから。本体自体もわりと強かったんでしょうが、今考えてみるとレベル落ちする雑魚は放置して最初からボスのみ狙ってれば勝てたんじゃないかなーと思ってます。雑魚を片付けてる間に攻撃を受けて戦力低下したギリギリのところでのガチ勝負になって力負けという流れ……多分、雑魚の攻撃はこっちに当たらないんじゃないかと。失敗したなあ。今なら同じやり方でも勝てそうではあります。そうやってあれもこれもやってたらプレイ50時間超えました。
 このゲーム、主人公はシュルクで戦闘ではふたりがAIで行動するNPC的なキャラとして闘ってくれます。が、実はPCメンバーなら誰でも自分で操作して使うことが出来ます。キャラの性能付けがまるで違いますから、操作キャラを変えればおのずと戦法も大きく変わって来るという仕組みですね。シュルクはラインかダンバンが盾になってる間に敵の側面や背後を狙うという、よく考えたら主人公っぽくない戦法の使い手です。それだけにハーレム的に仲間をカルナ&メリアにすると実力を発揮出来なくなってしまいます。自分が狙われると困ってしまう。とはいえ、いろんな組み合わせも試しておかないとキャラの絆が深まっていかない。そういう時はいっそシュルクを外した3人でクエストをクリアしていくべきですね。
 ということで、メリアを操作してみました。カルナが回復魔法系アーツの使い手ならメリアは攻撃魔法系アーツの使い手で、まず炎や雷などの精霊を呼び出し、それによって味方に支援効果つけることが出来ます。攻撃力アップ、素早さアップ、エーテル力アップなどどれもわりと重要です。でもって、呼び出した精霊を敵に投げつけることで攻撃。試しにメリアに雷攻撃威力アップのジェムをふたつ付けてみたら強い強い。これまで苦戦してたネブラ系の敵でもガリガリHP削ってくれます。もちろんメリアは前衛とか無理だから、前で壁になってくれる仲間が欲しい。カルナとメリアの絆を深めたいならやっぱシュルクは外した方が効率が良い。
 ラインは装甲型の壁。ダンバンは攻撃的アタッカー兼回避型壁。カルナは回復支援、メリアはサポート支援&攻撃。シュルクは自分で使わないなら使い辛いなあ。リキは……どうなんだろ。ラインとダンバンが相互互換。ボス相手に長期戦を挑むならカルナは欲しい。雑魚を散らすならメリア。やっぱ基本はシュルクを使ってプレイってバランスっぽい。
 コロニー6の復興も進み、移住も始まって良い感じです。もうちょいクエストやったらストーリーをまた進めましょうか。

トリコ 10

トリコ 10 (ジャンプコミックス)トリコ 10 (ジャンプコミックス)
(2010/07/02)
島袋 光年

商品詳細を見る

 ころっとレビューを書くのを忘れていた「トリコ」の10巻を今更ですがレビューします。表紙のトミーロッドが酷くキモいです。スタージュン、グリンパーチと比べてもトミーは飛び抜けてキモい。グリンとか一度食べたものを牛みたいに反芻するってのに、それよりもキモいとかどういうこと?

【滝丸vsボギーウッズ】
 トリコによると滝丸&マッチと美食會幹部ボギー&バリーの間には結構なレベル差があるそうです。具体的にどのくらい違うのかわかりませんが、根性でどうにかなるレベルとなるとせいぜい捕獲レベルで1割くらいじゃないかと思います。それを超えたらちょっと無理。2割でギリギリ限界か。で、格上のボギー達でもグルメ界へ踏み込むのはまだまだ無理なんだそうな。ジャンプのバトル漫画のインフレは今に始まった事じゃありませんが、今回は具体的なラインが引かれていてちょっと興味深い。
 骨を外す栓抜きショットの滝丸と、骨の数が桁外れで自在に操れるボギーとでは本来勝負にならない。というかアレだ、ボギーって「バキ」の克己のマッハの話を具体化したような奴ですね。でも武器にしているのはスピードではなく軟体。そりゃそうか。この身体を利用して自身を鎖がまにするという発想はなかなか面白い。両者の相性はほんと最悪に近く、この時点でもう滝丸ボロボロ。やっとのことで抜き出した仙骨をマッチにぶった切られるのは同時バトルの面白さを活かした展開と言える。ほら、「キン肉マン」の五重のリングで下から決着とか本当ならおかしいじゃん(笑)。相互干渉しておかしくない。

【マッチvsバリーガモン】
 正直マッチとバリーにそれほど実力差があるとは思えない。マッチは氷点下クラスの気温の中で身体が硬くなっているわりにはまともに渡り合ってるし、これが通常のロケーションだったらもっと闘えているはず。脱力に必要とする時間だって半分以下で済んでるだろう。バリーの方は気温が上昇する事で特にメリットも何も無いわけで、やっぱこれほぼ互角無いし、下手すりゃマッチの方が武器の分強いんじゃなかろうか。
 バリーは第四支部「調理器具調達部門」の長だという。確かにこのシリーズが始まる時、チートくさい能力を持ってる鍋とか包丁とか出て来たし、その値段も考えると素材に匹敵するほど調理器具も重要な世界なのかもしれない。でも節婆は普通の道具で普通に作ってるわけだ。その辺は技量によるということか。バリーの防具はその副産物として作られたものなんでしょうね。
 かくしてボギーとバリーは共に敗れる。ただ、仙骨をなんとか再生して復帰したボギーに比べると貴重な防具をぶった切られたバリーの戦闘力は落ちたと言わざるを得ない。今後こいつに出番はあるんだろうか。どっちもココが相手になったら何も出来ないだろうし……。

【トリコvsトミーロッド】
 他のジャンプ漫画はほとんど読んでないから、今のジャンプのバトルがどんな感じなのかはさっぱりわからない。ほぼ唯一読んでると言えるトリコに関していえばバトルのテンポは良い方に入るんじゃないでしょうか。この10巻の60%程度で決着まで進んでいます。無駄な長期化は私の危惧するところなので、なんとかすっきりと進んで欲しいものです。でないと単行本の購入につき合えなくなってしまう。
 序盤トミーが放っている虫たちも捕獲レベル30ぐらいはあるはず。もはやこのレベルでも2連釘パンチ程度で潰せる雑魚に過ぎない。リーガルマンモス編でレベル30クラスだとかなり苦戦してたのに、強くなったもんだ。まあ、このセンチュリースープが無事にトリコのフルコースになるとして、ペースを上げないと全て埋めるのにどれだけかかるかわからんからね。グルメ界に入ればレベル30とかアリンコクラスだろうし。でもそんな秘境、小松はどうやってついていくんだろうか。
 戦いの最中、小松は鉄平やゾンゲと合流しスープが枯渇していることを知る。ゾンゲは運だけはやたら強いってことらしいけど、あれだけいた美食屋がことごとく全滅してトリコたちですら重傷を負ったことを考えるとヒキ強ってもんじゃ済まないぞ。何が凄いってゾンゲの場合ふたり連れてる仲間も無事に帰還させるわけで。後で小松も酷い目に合うし、無傷に近い状態でいたのはゾンゲ組のみ。すごいわ。それにしてもこの顔芸(笑)。小松25歳に見えん。モッコイ氏はまたいずれ出て来るのかな……。
 グルメ細胞は万能。リーガルマンモス編でのオートファジーにしろ今回のフィトンチッドにしろ、宿主の生命を長らえさせる、つまり生存本能の強さがその本領といえる。トリコではこうしたチート的な効果にしても「なぜそうした効果が発揮されたのか」に対するアンサーがあるのが良い。虫を警戒することで彼らの嫌がる香りを発生させる。それは元々トリコのもっている超絶臭覚からもたらされた。充分に納得の行く説明になっている。
 トミーは虫だけでなくいろいろ妙なチート能力の塊で、シバリングによる水蒸気爆発ボムエッグ……いやこれはちょっと凄過ぎないか。トリコは本来殴るしか能のない闘い方だからどんな相手でも苦戦してしまう。でも主人公はこのくらいの方が良いかもしれない。ココやサニーはチート能力の持ち主だしね。で、まあ、ここから両者とも生きてるのが不思議なくらいのダメージを負うことになってしまう。トリコは左腕消滅、全身ボロボロ。トミーも右腕切断、身体は穴だらけで向こうが見える。こんなでも一応最後はトミーの勝利で終わった……と思って良いでしょう。トリコは意識無くしちゃったし。とはいえさすがにこのダメージじゃアイスヘルから帰還出来まい。

 今回は全編バトルだったし、次回はきちんと喰いたいところですね。

天の栓が抜けてしまった

 雨が酷い。福岡はそれほどでも無かったものの、北九州ではかなり悲惨なことになってしまったらしい。でもってまだ降っている。仕事中「滝のような雨だなこりゃー」と話してから24時間後「滝のような雨だなこりゃー」と再度同じ会話が出来るというのは異常。うちの職場、基本的に外の音はほとんど聞こえないんですよ。なのに雨が地面に落ちる音が聞こえるというのはマジ異常です。どんだけ強い雨だよー。正直これほどの豪雨の中をちょっとした買い物しに出るなんてのは理解に苦しむ。車だって危ないぞこれ。
 いつも水不足が心配してる福岡は去年も雨が多かった。普段少ない所で降るとやっぱ地盤が心配だ。

 今日から「生徒会役員共」のインターネットラジオ「アニメ『生徒会役員共』が全部わかるラジオ。略して全ラ!」がスタート。酷い略称。無理矢理だ。話の流れをぶったぎって07分21秒とか19分19秒に時報が入ったりする。スタッフ原作を理解し過ぎ(苦笑)。なんやかやでDVDの発売も半月後くらいまで迫って来て頭の中がすっかり「生徒会役員共」モードになってしまって具合悪い。アニメのDVDって1年以上やるものでもない限り、1枚に2話収録なんですよね。だからDVDの発売ペースは週一のアニメの放送ペースよりも遅くなってしまう。DVD6枚で半年もかけられると下手すりゃ終盤飽きてしまいかねない。なぜか「生徒会役員共」では月に2枚。放送に近いペースで出してくれて非常に興奮する。その前にとりあえずCD買うかな。
 しかしほんと、普通アニメの制作環境ってカツカツなもんなんですよね。時間も金も無けりゃ人もいないという。でもこの作品、声優陣がアフレコする時全部出来てたらしいですよ。実のところ放送枠が決まらないまま作るだけ作っちゃって枠決定待ち状態だったのが一気に噴出してる感じ?

火曜日

 火曜日。前の日の終業とこの日の始業の時間に微妙なズレがあるため、なにかしようと思ってもあまり時間が無く、仕事上でなにかったとかいうことでもなければ日記に書く事が無い日だったりする。ただ、ここ二日ほど雨が凄い。だいたい一日中降ってる上に、時折滝みたいな猛烈な勢い降っている。もちろん仕事は室内だから大変ってことは……まったく無いわけでもないが、さすがに客足が落ちる。梅雨明けは来週になるそうな。本当かな。こういう時期にも関わらずある種の客に対して他の客からクレームが来たらしい……このクレーム自体は至極真っ当な話で、むしろ今まで何も言われなかった方が意外ではある。異常な光景だからなあ、アレ。こちらとしては対策するための大義名分が欲しかったってのも本音ではある。対策後の光景も見てみたいけど、その頃には帰宅してるのよねー。ちょっと残念。これじゃ何の話だかわかんないだろうな(苦笑)。
 そんなこんなでゲームをプレイする時間が減って、必然的に「街森」に入る回数も減ったわけです。こういう時据え置きだと辛いものがありますね。というわけで3DSの新森にかなり期待しています。奇麗になった上に3Dの森となったらそりゃもうワクワクせずにいられないでしょう。でもロンチでは来ないだろうなあ。というか何がロンチで来るのかまだわからない。やっぱ最初は3Dの良さを堪能出来るものを選びたい所ですね。

ゼノブレイド part11

Xenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付きXenoblade ゼノブレイド 特典 サントラCD付き
(2010/06/10)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 ちょっとしたシンクロニシティ。「生徒会役員共」の主人公津田タカトシと「ゼノブレイド」の主人公シュルクは同じ声優さんです。このふたりでは大分性格が違いますが、体格は似た感じだし(シュルクは小柄っぽいけど)役者としてはこの程度の演じ分けは全然問題無い範囲でしょうか。なんか「遊戯王5Ds」にも出てるらしいですね。たぶんそのキャラが出ている所を見た事がありません。
 エルト海で泳ぐのはやめて話を進めました。こんな広い湖とかあるゲームだし、釣りとか出来たらまったり楽しかったかも。よくある王家の後継争いが始まって「ああ、こんなのドラクエVでもあったなー」と思ってたらとあるキャラが予想しないところで出て来てちょっとびっくり。いや、予想出来ていても良かったのかな。私が何も考えてなかっただけか。シュルクのビジョンではあの人がああなるはずだし、あの人もなんか不穏な気配を感じたようだし、きな臭い展開になりそう。そんな流れでも街の人たちは困っている。クエストの種はゴロゴロしている。今受注中のクエストっていくつくらいあるんだろうか。二桁行ってそうな気がします。片端から受けただけで、解決もしてるから貯め込んでるわけじゃないんですけどね。
 この大量にあるクエストがこの膨大な物量を持つゲームの巨大感を上手い具合に中和しているような印象があります。遠目に見ると大き過ぎて萎えかねない物量を、クエストを大量導入することで短期的な目標を常に設定させることで「ここまでやろう、これだけやろう」みたいな指針を立てさせることが出来る。たぶんこれ、クエスト無い方がダレてズルズルした印象になると思いますね。クエスト報酬に経験値も含まれているため、クエストを順次こなしていくとあまり経験値稼ぎに敵と戦う必要が無くなります。テンポに対する配慮はちゃんと為されているわけですね。まあ、お金だけが報酬のクエストもありますが。お金というと「ソーマブリンガー」同様あまり使い道が無いなあ。そもそも回復アイテムというものの存在しないこのゲームではショップをほとんど利用しない。余った素材を売り払うだけの存在に近い。必要なのはアーツ本くらいですかね。武装はドロップで事足りますし。
 このゲーム、キャラ間の関係をフォローする要素としてキズナトークという会話イベントがあります。イベント発生地点で条件を満たしているとイベントが発動し、ボイスの無い会話&選択肢まじりのトークがスタートするというものです。うまく選択すると関係が良くなる、という仕組みですね。広大なフィールドのあちこちにキズナトーク発動地点がばらまかれているんですが、どうにも条件が厳しい。基本ふたりで展開するイベントで、パーティーに両者がいるのがまず最初の条件。でもって、ある程度両者の仲が進展していることが次の条件。さらにストーリーの進行度も条件に入ります。いや、ほんとに発動しねえ。いつでも瞬時に大抵の場所へルーラ出来るゲームシステムってことで、進展してから最初の街で発動するものとかいっぱいあるみたいで、発見時に素直に発動したことなんか全然無い。おまけに私、パーティーをシュルク・ライン・カルナでほぼ固定してるからそれ以外のキャラの絆がなかなか深まらない。対処法としてクエスト攻略中はパーティーを入れ替えるみたいなことを考えてますが、これだけで足りるかなあ。リキとかまだ全然使って無い……。


 福岡でこんな事件があったそうで。アホな奴がいるなあ、と思ったら宮城県ではこんなことが。どっちの事件にしろ私の思考回路では到達出来ない領域というか、そこまで考え無しになれないんですが、こういうのが今は普通なんでしょうかね(後者の事件はなんらかの事情で捕まりたかったと見る事も出来ますが)。やっぱ私にはファッション感覚でタトゥーを入れる今の若者が理解出来んのですよ。大学生とおぼしき彼らが「じゃあ就職活動はどうすんの?」と聞いたらなんと答えるのか想像もできない。いくら福岡でも「ヤクザになるよ」で済む話でもあるまいに。というか親が見たらどう思うか……いや、親も結構同類だったりするのか。

そうだ、選挙へ行こう

 行って来ました、投票。寝て起きてからだと8時の締め切りに間に合わないことがほぼ確実(起きても低血圧だから)なので、朝仕事を終えてから一呼吸置いて近場の小学校へ。投票に来てる人間で自分より若い人間がまったくいなかったような……。TNCが出口調査してるのを見かけました。なぜかこれまで出口調査してるの見た事無かったんですよね。
 今回はアレですよね。これまでの選挙が横綱に挑む関脇みたいな構図だとしたら、よくて小結、あとは前頭中堅程度が並んでいるだけという……どうすんだよこれ。選択肢があるだけでどう選んだものやら。たぶん、いつもと違って当確が決まってくるのも遅くなるんじゃないでしょうか。当事者たちも票が読み辛くて相当苦労しているという話です。しかし消費税を争点に持って来るのはかなりいただけない。どうせいずれ上がるもんだし、みんなそうならざるをえないと思ってるだろうに、なんか矛先を逸らされたようで気分が悪い。

 アニメ「生徒会役員共」はどうやらやや変則で普通AパートBパートと分かれているのが、ABCパートと3つに分かれているらしいです。で、次回第三話ではABの2パートを使ってシノ&アリア+畑の修学旅行in京都を描くそうな。オリジナルということになります。本来こういうアニメでオリジナルをやられるとファンとしては心配になるもんですが、今回は期待しておきたいところです。取材が面倒だからか著者の氏家氏はせっかくの修学旅行描写をバッサリカットしてしまうので……勿体ない。実はマガジン本誌の方でもつい最近タカトシ&スズが沖縄へ修学旅行へ行っているのですが、こっちも旅行先の描写はまったく無く、描かれたのは副会長代理として生徒会へ乗り込んで来たコトミの方だけ。そりゃないよー。
 私が見るのは8月に入ってDVDが届いてからになります。これだけ期待してアニメ見るのは超久しぶりだし、無駄に気合を入れて全話レビュー&作品批評をやる予定です。「誰もそこまで考えねーよ」というくらい突っ込んだものにしてみたい。全13話だから気は楽ですよ。

ゼノブレイド part10

untitled image
 マクナ大森林を抜けサイハテ村を登りようやく辿り着いた噂のエルト海で一枚パチリ。ここは浮き島に設置されたワープゾーンを渡り歩いて進む場所なんですが、とりあえず泳いでみました。広い。広いわ。画面上部の数字はイベントシーンの挿入される地点までの距離を示しています。となりにあるのは矢印で方向を表している。で、多分数字はメートル表記だと思うんですよ。つまり目的地まで直線距離で4.3キロありますよと、そういうことです。エルト海といっても実際には湖ですが、長径で5キロはあるからやっぱ相当広い。ここを一周泳ぎ切ったパーティのスタミナに驚愕せざるをえない(笑)。ちなみにキャラ毎に泳ぎ方が違ったりします。シュルクはなぜか古式泳法。カルナはクロール。今回左下にくっついてきてるメリアはどうもバタ足だけっぽい。ラインは重装備の鎧で泳いで本当にご苦労様なことですというか、沈むだろ普通。
 遠くに見えてる浮き島や普通の島に建物なんかは書き割りに見えなくもないですが、あそこまで実際に行けます。すげえ広いフィールドです。しかしこの海、魚がいるから死の海では無いものの、モンスターは一匹もいません。泳ぐ範囲に徘徊する敵がいないという意味ですね。ほとんどの敵は浮き島か海岸にたむろってます。魚のモンスターもいるにはいるのに、やっぱ海岸。狭い海岸に無茶苦茶強い敵がいたりして相変わらずです。見つからないようにアイテムを回収しようと近寄っては発見されて逃げて海へ飛び込むパターンの繰り返し(苦笑)。ただ、浮き島はちょっと処理が怪しいかも。地形的に下へ落ちることが出来ないようになってるっぽい。検証が必要かも。
 ストーリー的にはマクナ大森林で登場したメリア絡みのよくありそうなキナ臭い展開が始まっています。これまでの話でちょろっとシュルクを気に入ってるみたいな描写が出て来てるからちょっと楽しみです。カルナ辺りはシュルクについてきたらなんかスゴイところまで来ちゃったなーとか思ってそう。世界観的によほどのアホか商売人でないと遠出しなさそうだからなあ。
 ちなみにメインで使ってるのはシュルク、ライン、カルナの初期三人のままです。ダンバン、メリア、リキと増えて来てもこのまんま。使い易さでこの三人が安定してます。特に強敵と戦う時はこのフォーメーションだと回復も出来て心強い。雑魚戦ならダンバン、メリアの方が優れている面もありますが。リキはまだ使った事なくてわからない……使う事あるのかなあ……。

 とまあ、ゼノブレイドをプレイしてた土曜日でした。

みなみけ(7)

みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版 (プレミアムKC)
(2010/07/01)
桜場 コハル

商品詳細を見る

 金曜日。オフに漫画などを買うから金曜日にレビューを書くことが多い……わけでもない。買っておいて数日放置するケースもしばしばあります。今回の「みなみけ」7巻は私が書きそうなレビューが先に某所であがってましたが、特に気にせず私もやります(笑)。

 第123話
 いくらなんでも排除されるこたつを追いかけることすら面倒くさいというのはどうだろうか。無視出来るほどぬるい温度差では無いと思う。で、翌日カナに制裁加えてるところをみると内心ではむかついてた様子。カナも大概だけど、ハルカも相当いい加減な女だ(苦笑)。

 第124話
 ナツキの部活への情熱というのはどんなもんなんだろう。なんか全然やる気無いっぽいんだが。でもまあ、味はともかくとして保坂に頼るというのはちょっとなあ……。

 第125話
 なんでまたトウマは普通に南家で風呂に入ってるんだろう? 別に兄貴だらけだからって抵抗無いようだし(将来的にはわからんけど)、帰宅してからで問題無いだろうに。アキラは意外と勘が良い。ナツキの方が天然っぽい。しかしなんかこう、7巻のトウマは妙に可愛い気がする。

 第126話
 これ落ちがおかしいだろ絶対。女々しい軟弱を否定して自分のなれる望んだ自分自身になるってのに、なんで一コマで女装してるんだ(笑)。カナですら微妙な顔をしている。

 第127話
 移行期間。移行期間なんて無かったな。カナは自分から事をかき回す時以外ではわりと直球な反応というか、距離を置いて傍観者になる。わりと不思議な傾向。

 第128話
 チアキは泳げないという弱点に対していろいろ無駄なアプローチを試みている。克己心を褒めるべきなんだろうが、いかんせん毎回方向性がズレているのがなんとも。真面目に泳ぎ込みとかスクールとかで克服するという発想……はあっても、体育会系な努力が嫌なのかも。なんだ、三姉妹全員ものぐさ傾向があるんじゃないか。あと腹筋とか懸垂って筋力よりも体重の方が大きな要素だったりする。チアキの貧弱な身体で出来ないとなると、相当体力無いんだな、と。

 第129話
 「年イチであるだろ?」 無えよ! ところでハルオってのは「みなみけ」声優陣がアニメでわりと出番のあった長男を勝手に呼んでた名前だったように記憶している。正式に名前として昇格したのかな? トウマは今回みたいなアクティブな面がなりを潜めるようになればすごい美少女になる、のかもしれない。ちなみに「ラブプラス」の寧々は子供の頃トウマみたいな子だったらしい。トウマも案外ああいう風に?

 第130話
 カナは自分の快楽のためなら努力を惜しまない。これ、誰でも考えはしても実行しないようなことだろう。シャワーとか風呂に入ったりとか、普通そっちに行くと思う。またカナのそんな姿からあれやこれやで正解に行き着くチアキもある意味凄い。でもこの思考回路は意味がわからない(笑)。

 第131話
 そうそう、内田の話。「みなみけ」の単行本は巻頭に人物紹介が載ってるわけですが、今回内田のカットがなんか変だなと思ったんですよ。明らかに書き下ろしじゃない。前はどんなのだったかなと6巻までチェックしてみたら、なんと内田はこれまで紹介されたことが無い。彼女はトウマを含む南家勢に次ぐ人気キャラだし存在感もあるからてっきり既出だと思ってました。これは意外。ところで放課後に急いで海ってのは無理無いか。海近い設定だっけ?

 第132話
 自分たちの知らないところで藤岡と保坂が馬鹿にされている(笑)。確かに藤岡は手段と目的をごっちゃにするところがあるからなあ。

 第133話
 「らきすた」でも同じシチュで「それを言っちゃおしまい」って台詞があった気が。うちの近所の定食屋も前に「ちゃんぽんのスープと麺のマッチングがダメダメだった」みたいなことを書きましたが、ああいう感じですよね、きっと。ラーメンの方がマシでした。マシというレベル程度ですけど。前から思ってたけど、チアキwith小学生組とハルカwith高校生組って仲良いけど、カナひとりならともかく中学生組って輪からハブられてますよね。今回トウマやマコちゃんがいないところに作為を感じる。

 第134話
 私は結ってるのも好きだけど、結ってる子が下ろすのも好きですよ。

 第135話
 「みなみけ」ってヤングマガジン本誌で読むと全然面白く無かったりするんですよね。確かこの付近の話は珍しく本誌で読んでました。なんでこの連載がヒットしたのかちょっと不思議です。

 第136話
 ほらみろ、遊ぶときは高校生組と小学生組なんだよ。

 第137話
 この漫画も相関図を書く時に伸ばす矢印にいろいろな表記が付くんでしょうが、互いに矢印を伸ばしあってる貴重なキャラがハルカとナツキ。あとは全部残酷な一方通行(笑)。残酷さにもレベル差がありますが……。でもハルカとナツキはどっちも天然で上手く噛み合なさそうな気も。どちらかはコントロールする側に回らないとな。カナの無茶苦茶な論理にいちいち振り回されるチアキも変な所で素直な子だ。いや、カナも案外チアキを思って野菜を食わせるための策だったのかも。

 第138話
 本当にハンバーグとオムライスが居酒屋で出て来るもんなんだろうか。というか、この話こそ本誌で読んで???となるでしょうね。

 第139話
 マコちゃんは役得とか思わないらしい。さすが愛すべき馬鹿。7巻は吉野にほとんど台詞が無いなあ。

 第140話
 つくづくカナとケイコが普段つるんでるのがわからない。ケイコの方ではちゃんと友達だと思ってるんだろうか。なんかいじめにつながりそうで危ういバランスだと思う。

 第141話
 帰宅後のハルカがことごとくダメな格好しかしてないんだが……。こたつを出すほどの気候なのにどうしてわざわざ胸元を開けるのか。こたつがハルカをダメにしているのは確かなのかもしれない。

 今回カナが単独で表紙ということは、次はチアキか。でも次はいつだ。

木曜日

 毎週木曜日がオフです。今日は家賃の払い込みのために不動産まで行って来ました。博多区にあるんで、毎回ヨドバシへも行きます。銀行引き落としにしないのはついでで済むのと、うちの近場にまともな銀行が無いからです。撤退するんじゃねーよ○○銀行……。ATMの手数料ってなんかイヤン。好きじゃない。好きな人とかいないだろうけど。今回はヨドバシで「みなみけ7巻」「こいこい生徒会2巻」をゲット。「みなみけ」は通常版です。限定版にしては安いと思いますが、特に欲しく無かったので。あと玩具コーナーで極魂の響鬼とfigmaのレトロバイクを。極魂はブレイドをゲットしそこねて主役を揃えるという野望が潰えてしまいましたが、やっぱりなんとなく欲しくなってゲットしちゃいました。555で火が付き、まさかブレイドで難民になるとは……電王はそこまで酷く無かったようですが、店頭では見かけませんね。でも通販では普通に買えてます。ソードフォーム、なんか妙にマッチョ。あとヨドバシですれ違い通信に挑戦。ひとり釣れました。
 ヨドバシから北西へ向かい高架をくぐるとブックオフです。新幹線の止まる駅からこれほど近くにブックオフがあるというのはちょっと珍しいのでは。そうでもないのかな。店賃とか高そうですが。ここでは先週1、3、4巻を買った「アドリブ店長」の続きをゲット。2、5、6とほぼ理想的な形で揃えることに成功しました。6冊とも105円だったのが嬉しいところです。ここでふっと古い少女漫画系のとあるマニアックな良作を唐突に探してみたりして、結局ありませんでしたが。なんで探そうと思ったのかが謎。
 帰宅後寝て、今は店長読んでます。でも後で仕事絡みで電話入れないといけません。それにDVD返さなきゃ。今日は食料を買い込まなかったからどこかへ食べにも行かないと。やっぱ自宅にいるときは自炊したい……というか外へ出るのがめんどくさい。何食べようかな。多分その後で「ゼノブレイド」やります。先へ進みたい。

水曜日

 なんか特に書く事が無いので、前々からやってみようと思ってた「宮上の一週間スケジュール」みたいなものをやってみる。今日は水曜日。夜勤明けで帰宅する頃にはまだ主立った店はどこも開いてないからいつも苦労する。スーパーやTUTAYAの開店が9時半で、なにをやるにも中途半端な時間が残されてしまう。それでも水曜日はそのスーパーで常備品のノンカロリーコーラが68円になるから、行かないわけにはいかない。これ、ほとんど原価、仕入れ値そのまんまだと思う……安過ぎる。ひとり10本限定。二度いけば一週間分以上を確保出来るけど、面倒だから毎回一度で済ませてます。
 で、コーラを買った後、Wiiを起動する。毎週水曜の午前10時くらいにニンテンドーチャンネルが更新されるからだったりする。自宅でやることは大抵漫画よんだりゲームやったりネットやったりで代わり映えがしない。そんな中で毎週のイベントというか、曜日認識用として使われてたりする。どんだけテレビ見てないんだよって気もする。水曜日といえば前は「遊戯王GX」試聴の日だったけど、「5ds」は見てないからなあ。
 そこから寝て起きて今に至る。今は出勤前ということに。いかん、やっぱ代わり映えがしない……というか、これ7日分もネタが持たないな。企画倒れになる予感。

侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー

侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(特別限定版) [DVD]侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!!(特別限定版) [DVD]
(2010/03/21)
松坂桃李相葉弘樹

商品詳細を見る

 なかなか借りることの出来なかった毎年恒例の戦隊vs戦隊シリーズをようやくゲットに成功。去年、東映制作の中村雅俊主演映画が撮影までしたのにポシャって上映スケジュールに穴が開いてしまうというトラブルがあり、急遽Vシネとして製作していた「ゴーオンジャーvsゲキレンジャー」を公開したという経緯があり、今年からその流れを受けて最初から劇場公開を念頭に製作されることになった。これによってシンケンジャーは正式に複数の映画の作られた戦隊初の作品となる。ちなみに私はここ最近SHTを見逃しまくって知らなかったのだが、「帰って来たシンケンジャー」なるアフター作品がVシネで作られたようである。今度見ます。侍戦隊は人気が高かったのかな? 私も近年の戦隊では一番好きです。二番目はゲキレンジャー。
 正式に映画になるということからか、これまで40分強だった尺が1時間強に伸びています。なのに一部キャラの出番がえらい少なくて驚きました。具体的に言うとゴーオン側のグリーンとイエロー。後で自分でも出番が少なかったことをネタにしてたっぽいですが。ほとんど全編ふたりのレッドが出ずっぱりで、シンケンゴールドみたいに美味しい出番の作られたキャラ以外はそれほど目立ってない感じです。それでもゴーオンブルー・ブラックの時代劇組に比べたらジャンクワールド組のグリーン・イエローの扱いは酷い。同じジャンクワールド組でもシンケンブルーは美味しかったのに(笑)。クリスマスワールド組のゴーオンウイングスもわりと美味しかったっけ。お兄ちゃん、サンタコス似合わねえ(苦笑)。というかさ、ゴーオンシルバーはサンタコスで、同じ女性のゴーオンイエローが浮浪者コスって酷過ぎないか。
 ストーリーは害統領バッチーノと戦い仲間を異次元に飛ばされてしまったゴーオンレッドがシンケンジャーと出会い、紆余曲折あってふたりのレッドが共闘する。人質を取られ呼び出されレッド同士で闘うことになってしまうが、それは彼らの仕掛けた罠だった。お互いを認め合ったふたつの戦隊は月まで出向いてバッチーノへ最後の戦いを挑む。まあ、子供向けですからわかりやすいです。でもこういうわかりやすさって結構重要だと思います。
 事前情報でゴーオンのガイアークの仲良し三幹部に出番があることがわかっていて、既に死んでしまっている彼らがどういう形で登場して来るのか興味がありました。例年だとこのシリーズ向けにあえて幹部キャラを少し死なせず残しておくケースが多いのに、ゴーオンでは全滅させましたからね。ただこの三幹部、元々あまり憎めないキャラだった上に、終盤改心します。改心したキャラが改めて敵になるのはちょっとイヤン。そしたらシンケン側の設定である三途の川の底で暮らしている、ということになってました。三途の川はあまり奇麗なところではないのか、なんかまったりと仲良くやってたそうです。そこをバッチーノが川から引き上げた。でも彼ら、今更闘う気はさらさら無いらしく、シンケンゴールドの寿司屋台で散々ただ食いだけして逃げやがりました(笑)。ほぼ彼らの出番はここだけ。しかし月へと戦隊を誘う重要な伏線を残してたりしたのだった。美味しいな。
 最大の見せ場がふたつあって、ひとつが月でのロボ戦。戦隊歴代最多12体合体であるエンジンーG12と次点の11体合体サムライハオーの共闘はやはりスゴイ。両者ともなんとも言えぬ豪快な合体。特にサムライハオーの強引な合体に笑いがこみ上げて来る。炎神&折神23体攻撃はさすがに見応えがありました。イカテンクウバスターをG12、シンケンオー、ダイカイオー、モウギュウハオーの4体でブチ任すシーンはどうせならゴーオン側も分離してたらもっと凄かったのに。でも画面に入り切らないか。
 でもってエンディングでビックリ。まさかの炎神ラップシンケンジャーバージョン! これこそ正に戦隊vs戦隊の醍醐味、究極のコラボレーション。これはエンディングでダンスを踊る事の多い近年の戦隊の中でシンケンが例外になってたってのが良いアクセントになってます。でもこのためだけにダンスの練習したんだろうなあ。これかなり大変だったろうと思いますよ。ぶっちゃけこれだけでも見る価値があります。まあ、ちゃんと作品として面白かったからそれだけってことは無いですけどね。
 さあ、次は特別編見なきゃ。でもGEO、シンケンの1、2巻が欠番になってたな。何故だ。

遅延四日目

 手元にブツは届きました。指定していたコンビニへ行ってロッピーで処理してみたらちゃんと伝票も出て受け取ることが出来たという落ちです。いつからローソンに届いていたのかは不明。なにしろ物を受け取った今でさえ到着メールが来てませんから。もう今回はこのまま来ないんじゃないでしょうか。なので正確に言うと遅延がどの程度だったのかについては「わからない」ということになります。ただ、今回の私の件では伝票も出て受け取ることが出来ましたが、同じようなケースでローソンに届いてはいても伝票出せないから店の方でも渡す事が出来ないなんてことも起きているようです。これ、たぶん店員は文句言われてると思いますが、どうしようもないでしょ。
 まあとりあえず今回はこれにてめでたしめでたし……とは行きませんでした! うむ、これはもう明らかに踵だな。

 ケース踏みやがったなこの野郎!

 DVDケースの右隅が完全に破損していて、ヒビが入っているというレベルではなく中が見えます。大穴が開いている、という状態。ケースの中でブックレットを受け止めるピンも完全破損で振ると中でカラカラと音がしますね。梱包している段ボールも一部痛んでいますから「ああ、ここを踏んだんだな」というのがわかります。これでは中古買い取りも拒否必至です。仕方無いのでamazonに交換処理を頼みました。あまりamazonに罪は無いと思うんですが……いや、彼らも今回の混乱を予測してしかるべきだったのかな。そしたら今度はこちら側で送り先変更をしていたため、元の配送先がわからなくなっているとのこと。うむ、確かに変更しましたね。よりうちから近いローソンに変えました。どうもこういうのは処理上あまり好ましくないことだったようです。で、交換は出来ない。今回は返金ということにしましょう、とのこと。でもこっちから送るのは自腹ということみたいよ。クレジットの方にお金を戻すから、改めて商品が欲しい場合、もう一度買ってねってことらしい。
 で、どうするかというと……もう一度は買わない。今すぐ頼んでもJPの混乱は沈静化してないし(なんか「週明けには回復」とか言ってたらしいけど、現場的にはそんなの不可能らしい。そりゃ荷物はまだまだこれからも持ち込まれるわけだし)、再度コンビニ受け取りで頼むのは無謀過ぎる。ほんと、「生徒会役員共」のDVDが心配だ……一ヶ月後だからとりあえずキャンセルしないではおきますが……。あと、ディスク自体は無事だったから、とりあえず見てしまったということも(苦笑)。これはちょっと申し訳ない気分。でもレンタル気分というには送り返す配送料は高……あ、着払いで良いのか。うっかりうっかり。amazonは涙目だな。


 さてさて、アニメ「生徒会役員共」の放送が始まりました。私はOPとED、それに次回予告だけ見させてもらいましたが……突っ込みどころ満載だ(笑)。OPに突っ込んだアニメってあまり覚えが無い……というか、キャストになかった轟さん、出てるじゃないか。いいのかあの絵。EDはEDで意味が分からない。生徒会の誰も出て来ないってのは……ていうかあれ誰? どうも桜才の一般女生徒みたいね。

遅延三日目

 今日も届いてません。29日発送でどうしてこうなった。どうも先に搬入したものが必然的に奥に追いやられ、そこへ次々と荷物を突っ込むため、後から持って来た手元の方の奴から先に処理しているということが実際に起きているらしく、今後私の頼んだ荷物がどうなるのかまったくわからない状態です。まあ、私はDVD一枚だけだしもっと悲惨な例がいくらでもあるんで、のんびり待ってても良いですけどね。チルド系荷物の伝票が湿気と雨で濡れて破損してしまい、もうどうしたら良いのかすらわからないということもあったりするみたいで。ほんと、どうするんだそれ。ちなみに私の荷物をネットで追っかけてみると大阪から支店間移動を始めてそれっきり更新無しです。初日にそうなってからそのまんま。
 この惨状、郵便上層部の認識の甘さが原因だったのはまず間違いないらしく、旧ペリカンの人員が混乱しているからってのは二次的なものに過ぎないというか、そもそも混乱させてること自体上層部の責任ですやね。なんか朝日新聞の取材に対して「一日くらい遅れても問題無いと思った」とかとんでもないことぬかしたそうで、必着の荷物が遅れて問題無いわけないだろと。
 この有様ですから、今amazonを利用しようとするのは無謀です。でも予約商品とかの配送は始まっちゃうし、この件自体にはamazonに責任があるかどうかというと微妙だし、困った事ですね。今月中にどうにかしてもらわないと私も予約商品の発送が始まってしまう……。


 上司の嫁さんから自家栽培の青菜をもらって、軽く洗って食べてたら一枚ナメクジが張り付いてました。うむ、さすが自家栽培。特にオエッとなることもなく、その一枚以外全部食べました。

無理なものは無理と言わなきゃ

 荷物届かねー届かねー、と愚痴を言ってましたが、実はこういうことだったらしい。

 なんでも現場は阿鼻叫喚の地獄絵図だそうで、なにをどうしたら良いかわからない状態。もしくは荷物が途中で止まってしまっているために配送担当のところまで荷物が届かず何も出来ない状態。悲鳴を上げてるのは業者だけではなく、生鮮物を送った農家が物をダメにされて自分で相手側へ補償しなければならなくなったとか、チルド(温度を保つ必要のあるもの)系も多過ぎてケースへ入れられず外へ放置のままとか、なんかひよこが混じってるとか、でもって今雨だ(苦笑)。一説によると今月いっぱい混乱が続くとか、下手すると一ヶ月で収まればマシな方とか言う話まで出ている。捌かないといけないものは次から次へと増えて来るんだから当然といえば当然か。この調子だと1日受け取り予定だったアレがいつになるのかまったくわからないという状況です。先に届いてる別の物とまとめて受け取ろうと思ってましたが、さすがに先にゲットしといた方が良さそう。こっちは8日まで受け取れますが、それに間に合うかどうかすら怪しい。しばらくamazonは利用しない方が良いのかも……でも「生徒会役員共」のDVD頼んでるんだよなあ。この混乱にamazon自体はあまり関係無いというのも困ったもの。

>明らかに絵か掛け軸の入った1日必着の荷物が他の荷物に潰された状態でパレットごと野ざらし。しかも雨ん中…俺知らない何も見てない
 うわあ、こりゃひでえ。これに限らず後で大事になりそうな感じ。

ゼノブレイド part9

untitled image

 とりあえず現時点でコロニー6で出来る復興作業を終えたということで、先へ進む事にしました。この時点で30時間オーバー。このゲームは表記上99時間59分でプレイ時間カンストしてしまうそうなので、おそらくカンスト決定です。でも特にプレイにストレスを感じた事は無いですね。大雑把にランドマークへルーラ出来るし、同じ区域内ならロードすることも無いしむしろ快適。あ、いやでもクエスト絡みで報告に戻る時、肝心な相手がどこにいるかわからないってことが多発する傾向があります。同じ場所にいるとは限らないからなあ。活動時間になるとその辺の家から出て歩き始めるあたり、微妙にシェンムーっぽい雰囲気もあります。
 で、先へ進んで燐光の地を突破、断崖を登り切った先がこのスクショ。大変な吊り橋です。素朴な疑問なんですが、これどうやって作るんでしょうか。元々はもっと長く作ってあるものを川面へ一度落として下から上へ引っ張り上げるのかな? というかそれしか無いか。別に高所恐怖症じゃないですが、これを渡るのはさすがに嫌だなあ。普通に落ちそう。100人渡ったら1人くらい落ちてるんじゃないのか。実際のプレイ上では一度わざと落ちてます。泳いで川を探索しました。川だけでもかなり広い(長い)です。ランドマークがひとつあっただけで、他の収穫は特に無かったなー。何も落ちてなかったし。

untitled image2

 このエリアはジャングルなのです。巨神の背中あたりとのこと。踵くらいから登り始めて、股間、腰と渡って来ました。いずれ機神のエリアへも踏み込むストーリーのはずだから、まだ30%くらいの進行度なんだと思われます。やはりカンスト必至。先に見える「レベル96」というのはなんなんでしょうか。こちらから仕掛けるか、敵の探知にひっかかるかしなければ戦闘にならないゲームってことで、普通のRPGみたいにそのエリアに生息する敵のレベルが一定ではありません。どのエリアにも恐ろしいこの手のモンスターがいるから恐い。まず間違い無く一撃も耐えられない。しかもユニークモンスターは名前の前に二つ名が付くので、これ、雑魚敵です(笑)。実態の無いネブラ系モンスターは物理ダメージが通り辛く、低レベルの相手でも倒すのに苦労します。こいつなんかどれほどの戦闘力があるか見当もつかない。なにかネブラ系に有効な攻撃もあるとは思うんですが……。


 昨日のDVDまだ届かないんですけどどうなってるんでしょうか。