宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう出勤

 ちょっとばかしモンハンを中断して無双の武器探しをしております。レベル上げはなんとか一段落つけたし、これまでで一番本気での探索モードです。あ、もう書く時間がな
スポンサーサイト

もんは~ん・まとめてゴー!

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 なかなか日記を書く時間がとれなくて初挑戦のモンスターが溜まっちゃってました。とりあえず今日まとめて書いてしまいます。まだまだ先の長そうなゲームだわー。

【リオレイア亜種】
 桜火竜というなんとも雅な名を持つ大地の女王の亜種。でも亜種は結構空を飛ぶ。最初あっさり三回死(モンハンプレイヤーの間では3乙と言うらしい。今後はこのブログでも3乙と表記します)しちゃって、再挑戦しても変わらずあっさりと3乙。「これはこの時点では勝てないというか、いわゆる敗退イベントモンスター?」なんてことまで考えてしまいましたよ。でもモンハンでそんな変なイベントがあるわけない。何度も挑戦し行動パターンを覚える昔ながらのトライ&エラーで少しずつ対応出来るようになり、最終的には乙することなく倒す事が出来ました。なんというか、個人的には「ゲームらしいゲーム」とかそういう意味不明なフレーズは好きじゃないんですが、クリア出来ない状況に対して正攻法で取り組んでブレイクするにあたって「これがゲームだよなー」と思わずにいられませんでした。今回のプレイで一番熱い攻略でしたね。

【クルペッコ亜種】
 亜種レイア同様にキークエストとなる相手。これまた大苦戦したんですが、その苦戦の傾向が亜種レイアとは大きく異なります。こいつ、原種の方もモンスターを呼ぶウザい奴なんですが、よりにもよって呼ぶのがイビルジョー。ギルド娘に「今は到底勝てない相手だから逃げてー!」なんて言わせるようなのを呼ぶんですよ。実際ペッコではなく、イビルジョーにやられて3乙するという展開。これはやってて嫌になりますね。亜種レイア戦はあんなに楽しかったのに、ちっとも楽しく無い。最終的には勝ったけど、もうやりたくねー。

【ガノトトス】
 魚竜ガノトトス。足とか生えてますけど、魚です。サンマの化け物みたいな感じ。動きが素早く、ウォータービームが状態異常もあってなかなか厄介。でもなんか倒せちゃったな。武器とか装備的に相性が良かったのかしらん。それともランスが水中戦に適してるってだけかな?

【ボルボロス亜種】
 生息地が雪山になっただけであんまり原種と変わったような気がしません。初挑戦でも「これは普通に戦えてるし、このままならいずれ倒せるなー」って感じで特に緊張感無し。ボロス系はマップ上で動き回る範囲もある程度限定されてるっぽいし、捜すのも苦労しないし楽な方。

【ギギネブラ亜種】
 毒の原種対し、電撃で気絶の亜種。麻痺させてから獲物に食らいつくように獰猛な追撃を放って来る凶暴な奴です。様々な電撃に対処出来ず、あっさりと3乙。再挑戦もやっぱり3乙。やはり気絶後の追撃が非常に痛い。破壊力絶大で、ゲージを一気に持って行かれてしまう。こりゃスキルの気絶無効が絶対に必要だってことで、ジャギィS装備を一式作って対応。なんとか倒す事に成功。ただし、電撃は慣れてくればある程度対応出来ます。

【リオレウス】
 緊急クエストでリオレウスが再降臨。直接やり合う前に下位リオレウスと戦ってある程度予習をしておきました。亜種レイアもそうなんですが、こいつらは空から着地する時の風圧がとてもうざい。スキルの風圧無効が欲しかったものの、ベリオロス亜種と戦わないと作れないっぽい。仕方無く現状のまま戦い、結果時間ギリギリの長期戦になりました。捕獲した時点で残り時間2分ちょいです。閃光弾をもっと上手く使えていればもう少し早く倒せたかもしれない&一回とはいえ成功してたからかろうじて時間切れを免れたとも言える。こいつとは風圧無効なり、耳栓なりのスキルを入手しないことには再戦出来なさそう。今度こそ時間切れになると思う。

 これで村上位☆8に入ったのかな? クエストに強豪モンスターとか連続捕獲ばかりあってどうしたら良いか困ってます(苦笑)。

今週の週刊少年マガジン

 12号です。今回は「生徒会役員共」に非常に大きな動きがありまして、ファンとしてとても衝撃を受けております。まさかあの津田タカトシがシノをさしおいて別の女性と関係を持ってしまうとは! まったく予想しておりませんでした。こんな日が来てしまうとは、まったく驚きです。動揺しております。毎回「生徒会役員共」は安定して面白いんですが、これほどインパクトの強い回だと全部持って行ってしまいますね。正直他の作品とかどうでも良い感じです。でもレビューはしていきます。あ、新連載始まってますが、まだ読んでませんでした。これに関してはまたいずれ。

【我間乱】
 「あなた、実は我間乱好きでしょう?」と聞かれたら「結構好きです」と言わざるをえません。毎週3本しかレビューしないのに我間乱の登場率結構高いですよね。今回久々に千石伊織にバトルのターンが回って来ました。一年半前にマガジンを買い始めた頃、大暴れしてた人です。なんか懐かしい感じがしますね。でも今回は弓使いの中泉流の門弟たちが揃って生首になってしまったことの方がインパクトでかいです。あんな感じに「生首盛り合わせ持って来ましたー」みたいなのを今時の少年誌で読めるとはなあ。エグいわー。門弟、全然活躍シーン無かったな。ボスの中泉さんくらいは頑張って奮闘して頂きたい。

【探偵犬シャードック】
 ふと気付いたんですが、この作品の推理漫画としてのスタンスって「倒叙」なんですね。古畑みたいなアレ。最初に犯人が事件を起こしておいて、探偵に推理されるというアレですよ。これ、どうやらわざとそういうようにしてるみたいです。近々マガジン本誌に金田一も戻って来るらしいし、独自のカラーをつけておかないとアイデンティティに関わりますからね。金田一にも倒叙型の話はありましたが、あれは短編だったし、そもそも倒叙って長編にはあまり向かない。さて、今週出て来たちょっと印象的な先輩可愛いなーと思ったら速攻殺されました。そりゃあんまりだ。でも倒叙だからこういうもんだよな。

【グッドエンディング】
 晶先輩はいつも可愛いなあ。でも彼女はこの漫画のメインヒロインではない。となるとこの先いずれ破局が訪れるであろうことは目に見えている。「君町」の方は明日香のターンだったころ今の彼女の柚希はほとんど姿を見せなかったから、普通にヒロイン交代だと思ってたんですけどねー。こっちはメインの方も出番あるからなー。というか、マガジンって結構ラブコメ系の作品も多く載ってますけど、この先何をどうしたいのかわからない作品が妙に多くて気になる。「君町」が一番わからんけど、「ハッピープロジェクト」も負けず劣らず意味不明。

今週の週刊少年マガジン

 グラビアにJKT48なるユニットが。JKTとはジャカルタ。すなわちインドネシアから来た……これどこまで展開すんの? でもなんか顔がどう見ても日本人なんだけど。モンゴル人は日本人そっくりって言うけど、インドネシアも似てるのん?

【君のいる町】
 この作品ほど何がしたいのかよくわからん話も無いのですが、今回ラストで主人公が今の彼女とつきあうために一方的にフッた前の彼女、明日香が再登場。彼女のほうはもう吹っ切れてるって話でしたっけ。彼女が今どういう役割で出て来たのかは気になる所です。恥知らずな男は果たして何を思うのか。

【はじめの一歩】
 ペースを見出し片目を失った板垣が頭を空っぽにした時に異変起きる。依然鷹村が「板垣のスピードの方が上だと思ってたんだがな」と言っていたその光景がリングに再現される。冴木ですらまったく食らいつくことが出来ず、とうとう板垣の姿はリングから消えてしまう。でもこれ、あえてコーナーに引っ込めばなんとかなるんじゃないですかね。

【我間乱】
 ああ、花村~~(泣)。いやほんと、今時の少年漫画とは思えないほどキャラが死ぬ。まさかガマと戦うことなく死ぬ参謀が出て来るとは思わなかった。今超面白いってことで一部で猛烈に盛り上がってる「新キン肉マン」みたいに二軍対抗戦かと思いきや謎の第三勢力登場ってのは王道なわりに読めない。さてさて、いったいどういう手合いの連中なのかちょっと楽しみですなー。

 しかしキン肉マン、ここに来て公式でステカセキングのマッスルインフェルノが見られるとか凄過ぎるだろ(笑)。マガジン一冊、これだけで全部吹っ飛ぶわ。

雪が降ったよ。

 昨日出勤しようと外へ出てみたら雪が積もってました。こりゃーやべーなと思ってたら仕事中はやんで、帰ろうと思ったらまた降って来てわずか一時間ほどですっぽり積もりやがってどういうつもりかと。嫌がらせか。福岡人は雪に慣れてないからこういうとき結構大変です。バイクのタイヤが滑らないようにノロノロ走って、超気を使いながら帰宅しました。早朝のほんのちょっとの時間で積もったから橋の上とか前に走った車すらいなくて、マジ危なかった。もの凄く寒いし、雪が礫みたいに顔に当たって痛いし、たまりませんわー。

 モンハンはクルペッコ亜種、ガノトトスを倒してランクアップ。ラングロトラ二匹同時出現クエストをクリア。クルペッコ亜種戦については後日改めて説明したい。

TEKKEN 3D PRIME EDITION

TEKKEN 3D PRIME EDITIONTEKKEN 3D PRIME EDITION
(2012/02/16)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 amazonからのお届け物が発売日に届いたのは始めてなのでとても驚きました。受け取ったのは翌朝だったりしますが、今後も安定して早く届くなら助かりますね。なんか鳥栖に拠点が出来たとかなんとかいう話がありましたっけ。
 セガハードで遊んでた私にはあまり馴染みの無い鉄拳です。「DOAD」では実現出来なかった3Dで60フレーム実現ってのをこの目で確かめてみたくて手を出してみました。マリカなんてのもありますが、同じ格闘ゲームで分かり易いですからね。なるほど、確かに動きがとても滑らかです。それに「DOAD」もかなり頑張ってはいましたが、グラフィック自体もこっちの方が良いかもしれません。もっともステージに費やすマシンパワーが鉄拳とデンジャーギミックのあるDOADでは違いますけどね。今このレベルで「DOAD」を出されたらもう一回買っちゃうんじゃないかな(笑)。
 ただこれ、映画(まだ見てない)がまるごと一本入ってるのはともかくとして、作りがかなりザックリな感じです。最初からキャラクターはフルオープン。ゲームモードは普通のCPU戦とサバイバルだけ。今回から鉄拳に触れるような人向けのチュートリアルは一切無し。しかもCPU戦は敵がかなり強い。逆にサバイバルだと弱い。ネット対戦も可能ではありますが、対戦相手がいないとちょっと楽しみ辛い作品になっちゃってます。投げの出し方とかそういう説明すらもまったく無いってのはどうかと思いますよー。
 「モンハン」も「無双」もやってるし、基本ちょっとした暇つぶし用でしょうか。ネット対戦で戦えるほど技量あるとは到底思えませんしね。そんな自分でも4割ちょい勝てた「DOAD」はなかなかに素晴らしい。

もんは~ん・りれいあーん亜種

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 今回は桜火竜リオレイア亜種です。もう、大変でした。これまでも苦労した苦労したなんて話を何度もしてますが、今回が一番きつかった。何度も3回死、無理だと思って自らリタイア。正直言ってゲームで良く有る設定的に「今の時点ではまず勝てない相手」なんではないかと思ったくらいです。でも調べてみるとキークエストのひとつらしい。これはいったいどういう嫌がらせなのでしょうか。更に言えば他の残ってる☆5クエストはひっどい凶暴モンスターが乱入して来てしっちゃかめっちゃかになります。どれだけ強くてもリオレイア亜種だけしか出ないこのクエストはまだマシ、らしい。
 リオレイア亜種は空を飛びまくった上に、着地時の風圧でこちらの反撃を許さない。普通さあ、着地って隙があるもんでしょ。ずるいよ。でもやってみたら風圧にランスのカウンター出来たような気がしないでもない。どうだったかな。身体の各部位破壊はたまに何か弾け飛んでるからわりとあっさりクリア出来てるっぽいけど、本体のHPが大きいらしくなかなか死にません。一番嫌な右フック気味に噛み付きブレス攻撃してくるアレ。ランスでも対応を誤ると「ガード不可かよこれ!」みたいなことになる。逆に言えば落ち着いて対応すればガード出来るし、踏み込めれば当たりすらしない。尻尾攻撃は格好のカウンターチャンス。
 結局のところこのゲームの王道っぽくまったく勝てないレベルの相手に繰り返し戦うことで攻撃を見切り、まとまったダメージを叩き込み、最終的には1死もせずグレートも半分くらい温存なおかつ調合無しで倒す事が出来ました。やりゃあ出来るじゃん。こういう勝利をもぎ取れると自信つくわー。

もんは~ん・りおれいあーん

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 とりあえず上位序盤用の装備品も揃ったしクエストを潰して行こうかなってことでリオレイア、ボルボロスと対戦しました。空を飛ぶリオレイアは飛びまくるリオレウスに比べればまだマシなものの、ランスでは正直やり辛い相手です。大剣のように隙を見てドッカーンな武器ではなく、極力張り付いてチクチクやる武器なので。張り付き辛い相手が辛い、ということですね。場所が砂原ってことで暑さ対策をして行ったのもミスチョイスだったかもしれません。主に山岳地で戦ってたし、どうせ狩猟の時は採取行動とかしないからアイテムスロットをひとつ消費してもドリンク系で対応した方が良かった。レイアにしろレウスにしろ風圧がとても面倒です。そんな凄い勢いで羽ばたいてるように見えないのに風圧で行動を封じられるとイラっとします。今度は風圧無効のスキルをつけていきたい……けどつけられるかな? スロット6つでなんとかなるのかしらん。
 続いてボルボロス。下位では高い防御力を持つ防具を作らせてくれるんで美味しい相手でした。上位では他の防具も守備力が上がってて、そこまでのアドバンテージは無さそう。でも攻防アップやらついてるし、まだまだイケる方では有ります。ガード性能が欲しいなあ。相変わらず頭がとても硬く、普通に戦ってたら部位破壊とか無理っぽいです。そういう相手には硬度無効の爆弾で処理するらしいですね。まだやったことありませんが、いずれ狙ってみましょうか。
 レイアもボロスも捕獲に成功してます。寝てるところに罠仕掛けるだけの楽なお仕事です(笑)。なかなかキークエストを引けなくて次の段階へ行けません。今度はリオレイア亜種を狙ってみましょうか。

もんは~ん・どすふろぎーS

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 上位フロギィ装備を揃えるのに必要な王族カナブンとドスヘラクレスを採取するのに結構手間取ってしまいました。どちらも水没林で採れるんですが、出現率が低い。そこでこのゲームの初期装備であるレザーセットが突然復活しました。私は最初弓でプレイを開始して、だったら防具とか要らないよねーとかいって使って無かったセットで、おかげでこれが採取の都合の良いスキルの揃った良品であることに気付いてませんでした。アホですね(笑)。ただし初期装備だけあって防御力は紙同然。このゲームの防具は全身五カ所に同じシリーズなら同じ防御力を持つものをセット出来ます。上位フロギィはひとつ38だったかな? 全部揃えて少し強化すれば200を越えます。そこへ持って来て下位レザーはひとつ1(笑)。全部で5。大型モンスターの攻撃とか喰らったら一撃で致命傷になりかねません。でもまー、出たら逃げればいいやー的な安易な発想で上位水没林を駆け回りました。おかげさまでカナブン&ドスヘラゲット。あとはドスフロギィを倒してわずかに残ってた必要な素材をゲットすればオッケー。即倒して即ゲット。
 上位装備を揃えてみたら、なんか一部カラーリングが変更出来るみたいですね。本当に一部だけなんで、パっと見にはあんまり差が感じられませんが。毒無効のフロギィ装備を揃えたってことで、武器強化的にも狙いたいのは上位ギギネブラ。でもまだ出現してない。とりあえず上位キークエストでも片付けて行きますか。

 あー、そういや明日は……どうすっかなー。

もんは~ん・もがのむら~ん・夜

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 ナバルデウスの打倒に成功したことでいよいよ村上位クエストです。新たな敵と、かつての敵が強化される、ということ以外にもクエストの支給品がだいぶ時間経ってから到着とか、クエストのスタート地点がどこからになるかわからないとか、仕様変更程度の違いがあります。
 最初の相手は緊急クエストでロアルドロス亜種。紫色をして水に潜らず、毒を備えたロアルの亜種モンスター。亜種、初登場。耐性的には原種と大差無いらしいし舐めてかかってたら、攻撃力面でかなり上昇してて焦りました。ランサーの硬い防御でもガードしづらいフック気味の攻撃があって、これが痛い。充分に体力残してるのに、一撃喰らったら瀕死なんてことが多発して、戦い慣れたロアルドロスとは思えない……攻撃パターンはたいして変わんないけど。むしろ水中に入らない分、やりやすいはず。これが上位一発目とはなかなか手厳しい。
 苦戦の明白な原因である防具を強化するために、いきなりドカーンと追加された上位クエストリストのなかからドスフロギィを選択して乱獲を決定。毒対策とそれなりの防御力、それにチャチャ&カヤンバも強くなる。下位でもそうですが、フロギィ装備は序盤に取れるものとしてはかなり高性能ですね。もちろんドスフロギィも下位のそれよりも強い。油断せずに狩猟中です。まだ素材が揃わなくて5つの防具全部は作れていません。完成したら長いことお世話になりそうな予感です。

 以前から常々考えていた「3DSとデジカメを固定して録画する時に手ぶれを起こさないようにしたい」という懸案にとりあえずの解答が出ました。某所でいろいろ金具を組み合わせてスライドパッドにネジで固定するなんて方法も見かけましたが、100均で何が使えるか眺めていたら良い物を発見しました。念のためにあれこれ買い込んだものの、結果として固定するために使ったアイテムの金額は210円(笑)。こんな簡単に出来てしまうとは……。次の撮影で成果をお見せ出来るはず。でも音声の左右が逆になっちゃうんですけどね(苦笑)。

もんは~ん・なばるでうーす

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 日記ではスルーしてしまったうらがんきーんとの死闘を経て出現しました、緊急クエストvsナバルデウス。モガの村を脅かしていた地震の元凶であり、これまでで最大サイズの体躯を持つ化け物です。こいつは他の大型モンスターに比べてイベントモンスターとしての性格が強く、「髭をもぎ取って決戦ステージへ追い込む」第一段階と「決戦ステージでなんとか撃退する」第二段階に分かれています。まず第一段階でコケました(苦笑)。ランスはナバルデウスに対して比較的相性の良い武器だという話なんですが、いまいち泳ぐナバルに攻撃を合わせられなくて時間制限の間に髭をもぎ取ることに失敗。最初からやりなおしです。二度目で成功。一度成功してしまえば、その後は撤退しても第二ステージからになります。逆に言えばここで進まないといつまでたっても進まない。
 第二ステージは超大型モンスター向けの設置砲台なんかもあって異彩を放ってます。ですが、第一ステージに比べれば簡単です。ナバルの行動は増えて強くなってるものの、与えたダメージは蓄積するから。なのでチャチャとカヤンバのお供ふたりを連れて行って攻撃させてやれば、自分は何もしなくても何度も何度も戦うことでいずれクリア出来るという寸法です。それでも普通は一発でなんとかするんでしょうかね。私は二回かかりました。設置砲台のバリスタとか上手く使えたとは言い難いし……。
 ともあれ、ナバルデウスを倒したことで、シレン的に言う「チュートリアル終了」ってことになるんでしょうか。これで私も村上位へ進むことが出来ます。楽しみです。

 風邪は治りました……が、頭痛と喉痛が残ってます。ウザいです。

今週の週刊少年マガジン

 10号です。もう10号ですか。二月ですもんね。ちなみに今日は超寒いです。

【我間乱】
 可士太郎vs清盛決着。先天的に身体能力が凡人以下の剣士と、素手の殺人術を極めた清盛。普通に考えたら可士太郎が勝てるわけないんですが、そこにそれなりの説得力を持たせて来たあたりはなかなかなもんだな、というかこの漫画、やっぱバトル物として普通に面白い。可士太郎は勝ったとはいえ、相当に無理をしてしまって瀕死になってしまいました。死ぬには惜しいキャラだし、もうちょっと頑張って欲しい。でも死ぬ時はあっさり死んじゃうのがこの漫画の良い所でもある。どっちも死なずに決着したのって、この前の利虎くらいじゃないかな。結構残酷な死に方するシーンも珍しく無い。

【A-BOUT】
 前回の吉岡に続いて、光嶺三年童門も到着! さすがに異彩を放ちまくってる。でもバカだこいつ(笑)。紫は確実に童門の系譜。でもって更に意識不明の重体だったはずの樋口も復帰か。これは予想外。吉岡、童門、樋口まで活動を始めたというのに天地はどこで何をしてるんだ(笑)。おかしいなあ、立場上一番早く到着してもおかしくないんだが。というか、LSD編でタイマン張った童門と吉岡、ここでニアミス起こすんじゃないのか。
 朝桐達は北条のところへ到着。うはー、チームイーター数多過ぎ。

【ネギ】
 あと3回。さすがにここから最終回までネギに触れずにいるってのも無理な話。えっと、どこだったっけ。フェイトとの戦いを経てこれから展開される漫画版最終回と、映画で展開したアレとストーリーが分岐するって話だったはず。でもどの辺のフラグ管理の都合で話が分岐したんだかさっぱりわからないな。映画の方も一度見ておく必要があるかもしれない。
 明日菜は目覚めた世界で電話帳のページを捲る。おそらく最初に捜したのは「近衛」だろうね。でもって「雪広」。なんか随分苦労しちゃってるけど、予め未来の時代で目覚めた後にどうするかってプラグラムを作っておくべきだったんじゃないだろうか。いずれにせよ委員長あたりを頼ることにはなるんだろうけど。たぶん作者的には明日菜がタイムカプセルで掘り出した情報も漫画でちゃんと展開するつもりだったのかも。でも幕引きのことを考えたらこんな感じでバッサリと行っちゃうのが良いと考えたんだと思う。たぶんその判断は間違って無い。気になるのは「さよちゃんに足がある」かな。何がどうなったら足がある状態になるんだろうか? 
 でもっていずれまた出番が来るはずと思ってたのに全然出て来なくてどうなってんだ状態だったあのキャラがここで再登場。遅いわ、あと三回だよ(笑)しかもあと三回だってのに二回休みってどういうことだ。もしかしたらラストはカラーでやるのかもしれん。最終回がカラーだった漫画ってーと、「リングにかけろ」くらいしか思い出せないが。
 明日菜は30年ほど寝坊してしまったらしい。つまり、先週号から130年ほど経過してることになる。ネギはどういうわけか死んじゃったことになってるし、115歳まで生きた委員長が「かつての友人もあらかたいなくなってしまった」って言ってるから、残ってるのは今回ラスト登場したエヴァンジェリン以外ではザジとかロボぐらい? というか、エヴァの不死設定も今回ラスト登場したもう一人のアレの設定も、最初から今回のこのために用意されたものだったのかもね。

今週(先週)の週刊少年マガジン

 風邪のせいもあって睡眠時間増やしたらレビュー書く時間が無くなってました。なんとか楽になってきたことだし、ぼちぼち書いておくことにします。次の号もう出ちゃったけどね。あと喉がやられて声が楽しくなってたりします。今年の風邪は喉風邪だわー。

【エデンの檻】
 まだ私がマガジンを買い始める前の話ですが、いわゆる「クンニ騒ぎ」があったのはこの作品です。単行本では修正されたらしいですけどね。ま、「生徒会役員共」ではコトミが普通に同じ台詞を吐いてたりして、それでもなんにも言われないわけですが(苦笑)。で、仙石vs矢頼のガチ喧嘩の話。この漫画はいろいろな情報が錯綜していて、それがどうやって一本につながるのかわからんところがあって、某キャラの予知能力もそのひとつ。これは島とはあんまり関係無さそうだし、単なるご都合キャラなのかもしれない。今回はふたりのバトルに瀬川が割って入ってひとまず水入り?になりました。が、瀬川、脇腹を殴られて「メキ」とか「ボキ」とか音がしてるんだけど、大丈夫なのか。こんな医者といえば錦織しかいない島でそんな怪我したら死んじゃうんじゃないか?
 ラストのページ……お前らズボンとパンツ普通に脱いでんじゃないよ(笑)。次回以降はモンハン状態になりそう。怖い怖い。

【エアギア】
 確かにこの作品において桁違いの実力を表現するのにもっとも効果的な方法ではあるのかもしれない。とはいえいくらなんでもトンデモ過ぎてなんて言ったらいいのかわからない。いわゆる悟空とかピッコロの「超重い服着てました」に似たもんではあるけど。この漫画、この前序盤から中盤くらいまで単行本で読んだら、ちゃんと面白かったんですよね。クライマックスなのに今の方が話とかバトルの概念が分かり辛くていまいちキレてない。とはいえ、これが最終戦だってことに違いは無い。あと一年もかからず終わるんじゃないかな。

【波打ち際のむろみさん】
 毎回単発のショート枠だから、あえて扱おうとしない限りなかなかレビューされることが無い。なので今回レビューしておこう。なぜか博多弁を喋る人魚がヒロインの変な漫画である。個人的には先日アニメ化された「だぶるじぇい」なんかよりも面白いと思うんだけど、いまいちブレイクしてないなーという印象。かといって全然売れてないわけでもない。ま、「だぶるじぇい」はアニメ化されたと思ったら速攻連載終了したんですけどね。マガジン編集部は何を考えてたんだか。
 人魚で太古の時代から生き続けてるむろみさんは人間とはだいぶ感覚が違うらしくて、時折シュールを飛び越えたネタをかますことがあります。「産卵するから精子くれ」みたいな。見かけは人間に近くても、生物としてはほとんど魚そのものらしい。

今週は気温が上がるらしい

 なんとか熱は下がったかな? もうそんなに若く無いし、無理して仕事に出るのは実際きついです。なんといっても喉が痛い。とても痛い。これはすぐには治らないだろうし、仕事のことを考えるとさすがに憂鬱です。でもま、頑張って来ます。

 モンハンはラギアクルス乱獲中。装備一式作りたいのに、角を落としてくれないんだよなー。

流行性感冒

 せっかくの休みなのに風邪でダウン。でもちょっとだけ休日出勤して、今さっき無双の動画を撮影しました。いやきつかったわ、今回は……。難しいステージだってことは承知してたけど、本当に地獄だった。生き地獄。そらー、史実で家康もちびっちゃったりもするわ。武田、鬼過ぎる。人鬼。御無礼。途中で何度も武田軍の増援が来て、その度にフィールドが真っ赤になっていくのよ。赤ゾーンだとレベル99でまともな装備の武将でもあっさりやられます。最初の一回目のプレイとか、孫市、稲、半兵衛の三人ともやられちゃって大変でした。地獄とはいえ、ここまでの2戦で死者を出したことが無かったし、ショッキングな展開でしたよ。これじゃ続けて録画しても失敗すると思って撮影無しで数回プレイ。クリアは可能と判断して再度録画、家康敗死。なんたることだ。ま、カメラが邪魔で下画面があまり見えないってのが難易度を無駄に上げてる一面はあります。モンハンのあの奇麗な直撮り動画はどうやって撮影してるのかな……ありえんわ、あの精度は。

下手な鉄砲、撃たない方が強い。

 モンハン、かなり面白くてすっかりハマっちゃってますが、動画撮影のために無双の方もやらないといけません。というか、そろそろ気合入れて孫市の武器を捜さないと次の休みに撮影出来ないってことになりかねない。ほどほどにしないといけませんね。春あたりにまた忙しくなる予定だし、そこまでに今やってるシリーズを片付けなければ……。いや、今でも充分に忙しいんですけどね。帰宅してネットを巡回して風呂入ったらゲームをやる気力もなくストーンと寝ちゃう感じです。ゲームは起きてから一時間程度やってるくらいで、到底がっつりとなんてやれません。こんな状態だからJ-COMから借りてるHDDも録画が溜まっちゃってるはず。見る時間が勿体なくてゲームやってるからなー。いつでも見られると思うと見なくなっちゃうもんだわ。
 さ、今日も寝るかー。昨日はまどろんだところで新聞の勧誘が来やがったからなー。ああいうのは勘弁。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。