宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の週刊少年マガジン

 たいした仕事もさせてないのに逃げた奴のせいで、本当にとても忙しかった。おかげさまでこの日記も見事に滞ってしまったわけですが、この調子じゃいけませんね。実況しないならファイヤーエムブレムは日記で経過を書いて行きたいし。えっとファイヤーエムブレム、プレイ自体は予約済みで確定ですが、実況するかどうか考えるために発売日から少し時間を置いてスタートします。こういうのはやっぱり発売即始めるのは良く無いですよね。ちなみに「戦国無双Chronicle」も三月に入ってからスタートしてました。他にもやりたいゲームはありますが……時間の都合からいってかなり難しい……。ここに来て急に3DSのタイトルも充実してきちゃったな。個人的にはギャルゲーなんかもちょっとプレイしてみたいぞ。

 というところで今週のマガジン。本来なら今週最終回のブラッディマンデイをレビューすべきなんですが、なんかこう、何も語る事が無いというか。あんまり語れるようなラストでも無い。正直終盤は盛り下がってた印象。

【零】
 零vsジュンコ第二ラウンド、先行権を使ったジュンコのターンが終わり零の反撃が始まる。先行なのに零に翻弄されたジュンコに反撃出来る力があるはずもなく、ズバズバと決まってしまう零の攻撃(笑)。4連攻撃を全て成功させた上に残った3組のカードの中身を当てられてしまう。もうどうにもならない。この第二ラウンド、点数計算のシステム自体は前回と同じだったはずなので、これだけ零の一方的勝利となると相当な金額が動きますね。メロメロになっていくジュンコの姿が面白い(笑)。

【エアギア】
 なんかトンデモバトル漫画になっちゃってますが、本来は動力のあるローラースケートを使った架空スポーツの漫画のはずです。故にそのスケートを失ったらさすがにバトル終了でしょう。「今まで電源入れたことなかった」とか「空き缶を車輪代わりにした」なんて恐ろしい話も過去にあったけど、膝から下がまるまる無くなってるんじゃーどうしようもない。ちなみにこのキャラ、足が不自由で義足だったのです。で、この戦いはタッグマッチ。女性陣の方の描写も今回出て来ました。この姉妹、血はつながってなかったんだ。知らなかった。んー、さすがにこの状況だと二転三転は無いでしょうね。案外短かったかな? となると最終回近い。夏前には。

【エデンの檻】
 遺伝子操作で生まれてしまったモンスターに女の子が丸飲みされちゃったよ! どうにか助けたいけどあっちは身体もでかいし、目玉がいっぱいで死角が無いし、勝てそうに無い。学生グループも必死で応戦するものの、もうみんなボロボロ。どっこいあっちは冬眠か冷めた状態で本調子じゃない。そこに一縷の望みを託し、なんとか頑張るしか無い。この作品、円満終了が続いて大幅に弱体化しつつあるマガジンの誌面の中では重要なポジションにあるはずなので、ちょっと頑張らないといけない。実際現連載陣の中では面白い部類に入ると思う。あとやっぱ「ベイビーステップ」ね。

 あー、熱が出ちゃったー。仕事休めないんだけどなー。
スポンサーサイト

今週の週刊少年マガジン

 まず大きなニュースから。「生徒会役員共」の氏家ト全先生、マガスペにて新連載スタートとのこと。タイトルは「プチプチたんたんプチたんたん」。アニメ化された時に発売されたファンブックに掲載された「ハナとプチ」の連載版という感じらしいです。朗報ではありますが、「生徒会役員共」のショート版番外編がほぼ無くなったということでもあるのでちょっと残念でもあるという複雑な気分です。作品としてはタカトシの七色のツッコミに対し、「プチたん」の方はアキを思わせる女の子のキレツッコミ。久々な感じで新鮮かもしれませんね。ま、言うまでもなくシモネタ漫画ですよ(笑)。あ、四コマじゃなくてショートらしいですね。

 じゃ、今週のレビュー。

【A-BOUT】
 朝桐の前に柾木撃沈! しかし柾木はまだこの物語において大きな役割があるはず。一方の朝桐も柾木を倒して撃沈。次々相手が補充されるタイマン勝負は瀬下も倒れて4人の中で残ったのは砂原ただ一人になってしまいました。とはいってもそれぞれ10人近くは倒してたはずで、瀬下も含めみなさんお強い。そんな大ピンチの中、救援なのかどうなのか、光嶺の巨頭の4人の3年が接近しつつあった。というか高校生が車で乗り付けて来るなよ(笑)。一方東郷さんの方もピンチ。こっちは東郷さんの活躍ターンになってからカトケンも降井も出て来なくなっちゃったが、どうなってんだ。いやしかし、3年生はやっぱ風格あるね。

【AKB49】
 女装してAKBに潜り込んでる主人公が水着でテレビに出ることになった。でもなんとかなっちゃうらしい。この主人公、最初は野球かなんかやってて怪我で挫折して燃え尽き症候群になってたって設定だったと思うが、そんな細くてよくつとまってたな(苦笑)。基本スポコン重視で進めてるこの作品は、主人公の性別バレネタを滅多に使わないので、今回もきっと使わない。こうなると主人公最初から女でも良かったんじゃないかという気がしなくもない。ヒロインの吉永のクラスメイトであるという設定もあんまり生きてないしなー。吉永は吉永でクラスメイトである彼を異性としてまったく意識してないらしいし。
 今回は台本で勝者の決まってる番組の流れを覆すかどうかという話。しかし覆したら協力してくれてるスタッフの首が飛ぶ。その彼女はそういう覚悟を決めている。さあ、どうするか。どうまとめるのかは興味あるなー。

【グッドエンディング】
 先週、元カノの写真で賞を取っちゃって、今カノとその展覧会を見てしまったという修羅場展開がありました。今回は主人公がその今カノと向き合い、本音をぶっちゃけられるというマジ修羅場に発展してます。もはや懐かしのレベルになる「メモリーズオフ それから」で私が雅シナリオのバッドエンドが好きとかアホなことを公言してるのも、あの本音をぶっちゃけるシーンがお気に入りだからだったりして、こういうのはやっぱ好きですね。彼女はぶっちゃけたことで気分を落ち着けて、なんか上手く行きそうになってます。ホテルに入ったのは良い……んですが、確かこの主人公元カノとホテルに行った時には失敗してて、それが元で別れてるんですよね。今回もなんか甚だ心配。あれ、この漫画面白いんじゃねーかな(笑)。

 今週はスターチルドレンが最終回。短命に終わりました。来週はブラッディマンデイが最終回。既に知られている通り、絶望先生もあと8回で終了。おそらくエアギアも今年一杯。誌面刷新ですが、新連載が当たってないから不安もいっぱい。

闘えよ!

 うーん、迷ったけどファイヤーエムブレム買っちゃうことにします。ただし周回プレイを決行するような時間的な余裕とか無いし、難易度は低く設定する予定……超久々のファイヤーエムブレムですしね。SFCの紋章の謎以来だもん(笑)。ロシェを鍛えてエースにしてたんだっけなー。問題はカジュアルモードにするかどうかですね。失敗したからステージやりなおしってのもちょっと今の自分ではきつい。難易度低くてカジュアルじゃー、実況する価値も無いけど、仕方無いですね、これは。実況は無しで。パルテナも欲しいのに買えない。誰か私に時間をくれ。お金はまあ、良い。二の次。ああ、でもモンハンも無双もやらなきゃ。

 先日の送別会、実は同時にもう一人スタッフが辞めてたりします。中国人の彼は送別会に10人くらい来てくれて惜しまれつつ去って行ったのに対し、日本人のこちらは誰も残念にも思わず、挙げ句に女性スタッフからは「変な人だと思ってた」と言われてしまう始末。私も直接指導に当たってたんですけどね、そんなたいしたこともさせてないのにそこそこ良い年した大の大人が辛くて逃げてしまうのはどうかと思うわー。3年働いて無かったとか言ってたっけ。あんなのもうどこでだって雇ってはくれんよ。そういう意味じゃ、仮にとはいえ一時的に雇用したうちがラストチャンスに近かったはず。努力の仕方を知らないニートじゃ、いざという時だって何も出来ないに決まってる。
 とはいえ、辛くて辞めようと思うのは本人の自由ではある。だからって「辞めるからもう行かなくていいや」ってのはアレだろ。社会人失格。そういう性根の人間じゃ誰も信用してくれないよ。そういうのが滲み出てるからスタッフから変な人扱いされるわけだよね。中国人の彼はマジ癒し系だったんで、日本語下手でもみんなに親しまれてましたよ。

中国朋友

 中国も韓国も困った隣国ではある。が、私の中でこの両国の間にはハッキリとした線引きが存在する。それは、個人的に中国人の友人知人はわりとたくさんいるが、韓国人には一人もいないということ。確かに福岡では中国からの留学生が結構たくさんいてそのへんのコンビニだったりファミレスだったりでバイトしている姿も多々見かけることが出来る。でも韓国人はあんまり見かけない。これがどういった違いによるものなのかは正直よくわからない。福岡からは釜山へ向けてフェリーが出ているし、もっと韓国人を身近に感じても良いものなのだがー。
 で、私の知る中国人はほぼ例外無く明るく性格も良くて、おおよそ頭も良い。今の日本人みたいに甘ったれてない分、一緒に仕事をしてもなかなか頼りになる。まあ、留学して来るくらいだから優秀な人たちが来てるってことかもしれないけどね。あとお金のこともあるみたい。すげー金持ちの娘なんかもいたしね。
 そのうちの一人の送別会があって、参加してきました。彼は私が教育係を務めていて、感慨もひとしおだったりしますよ。最初は日本語下手だったもんなあ。今も下手だけど、短期間でだいぶ上手くはなった。新天地でも頑張って欲しい。彼はかなりの癒し系で、今回こんな贈り物も頂きました。

IMG_0002.jpg

 下手に食べ物系のお土産だったりするよりも、こういう方が嬉しいですね。我が家にも福が来てくれるように、玄関に飾っておきます。

もんは~ん・どこまでいくの?

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 既に100時間を超えてるのにまだ中盤という恐ろしいこのゲームですが、それだけに目的になるものを設定しておけばプレイもしやすいことでしょう。単にダラダラとやるよりは効率も良くなるはずです。そもそも私の石橋補強的な性格だと遠回りばっかりしちゃいそうですしね。
 というわけで、当面の目標として「ラスト武器を制作する」ってのを設定しておきます。ラスト武器、つまりそれ以上強化出来ない最終武器です。今私が勝手に造語しました。ランスは手数が多く属性や状態異常を有効に活用出来る武器なので、これが最強最後の極めつけの武器だ!というのがありません。敵によって使い分けた方が有利な武器種です。なので制作する武器も複数になります。主な属性が5種類。それに毒、睡眠、麻痺といった辺りかな? これに爆破を加えて8本ってことになりますか。でも全部となるとマジ大変だろうし、睡眠と麻痺は当面無視しておきたい。ってことで作るのは

火 ソル・プロミネンスかプロミネンスソウル
水 海王峰ナバルエクスかシャークカイザー
氷 シエラヴァイタリカ
雷 冥槍エンテルトリア
龍 スカイスクレイパー
毒 邪槍ルーンネブラ
爆 破岩槍ブラキディオス

 こんなところかな? どの辺が一番楽なのかなー。とりあえず元になる素材の武器をぼちぼち作り始めますか。ルーンネブラとブラキディオスは途中まで出来てます。問題は上の属性槍ですね。

スピーカーチェンジ

 テレビ&据え置き用として使っていたJBLのスピーカーをPCの方の拾ったスピーカー(笑)と入れ替えました。もう個人的に据え置きでゲームを継続していくのが無理という結論でして、性能の高いスピーカーを死なせておくのは勿体ないということです。ああ、やっぱこっちの方が良い音を出してくれますね。もうダメだなー、今後私が据え置き機を買うことがあるとすれば、よほどやりたいゲームがポンと登場するか、結婚して嫁さんのために買うかのどちらかしかないんじゃないかと思います。どちらも可能性としては高く無い……かなー。んー、でもこれは……音良いなあ。何言ってんだ今更(苦笑)。

 だいぶ暖かくなってきました。このまま順調に気温が上がってくれるなら来週当たり12月に断念した熊本行きを決行したいですね。一応昨年のデータから3月末辺りに可能になるという予想は立ててました。それより遅れると私が磯がしくなってダメになる可能性が出てくるんで、来週、なんとか来週で。

もんは~ん・みなとじょういー

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 友人に「港で上位に入っててくれれば一緒に狩り行けるっすよ」といわれてたので、港上位を目指しました。実際には上位行かなくても狩りには行けるわけですが、選択出来るクエストがかなり限定されてしまうということですね。G級入ってる彼に下級やらせるのも苦痛でしょうし。というわけで、残っているキークエストを消化しました。相手はハプルボッカ、アグナコトルです。どっちも地中に潜るうざったいモンスターですね。だって水中じゃなくて、地中に潜るんですよ、こいつら。ボルボロスなんかも地中に潜りますが、それを攻撃手段にはしてきませんからね。チャナガブルも湖底に潜りますけど、湖底にならなんとか潜れそうじゃん? 普通の歩いてる地面に潜るとかどうかしてる。しかもアグナコトルなんか潜って出て来たら身体にまとってる岩が溶岩レベルに高熱化してるんだよ! どういう生き物だよ。ハプルボッカは砂漠で潜るから……もしかしたら出来るのかもしれない。でも砂漠で泳ぐからなー、あいつ。
 そして緊急クエストのリオレウス&リオレイア狩猟発生です。連続狩猟ではなく同時狩猟です。下位とはいえ強敵のこいつらを同時に相手とかかなりきついんじゃないかと思いましたが、意外とそこまで厳しくはありませんでした。たまたま先にターゲットロックしたリオレウスから撃破です。まあ、リオレウスとやりあってるのに横からファイヤーブレス吐いて来るから面倒ではありましたね。一匹倒すと残ったほうが怒り来るって大変だって話でしたが、そんな様子あったっけ? わからなかった。いずれにせよこいつらは着地時の風圧が邪魔で張り付いてナンボのランスでは面倒です。ポイントはブラキディオス同様でさっさと尻尾を切ってしまうことですかね。
 上位に入ったことで、友人の既に開放されてるクエストで今の自分のレベルでは入手出来ない素材もゲット出来ます。やっぱブラキ装備作ろうよってこと言いますね。毒も強いけど爆破も今回かなり強いらしい。

 もうすぐパルテナが発売です。買います……が、すぐに買うとモンハンも無双もミクも抱えてるのにプレイ無理。無双がもうちょいでなんとかなりそうだから、その後かな。武器を合成やらなんやらでカスタマイズしていくシステムが個人的にかなりツボなんで、結局スルーということは無いです。たぶん。
 でもって、3DSのファイヤーエムブレム覚醒がかなりね……こちらもツボに来てしまいました。やっぱ私、キャラメイキングってのに弱いらしい。あんだけ自由度あるメイキングが出来るとなると買わずにいられない。でもこのゲーム、たぶん時間的にいって今の私にはあまり向いてないと思います。でもやっちゃうわ。

今週の週刊少年マガジン

 あのさー、連載作品を表紙に持って来ることなんか滅多に無いんだから、今週はネギだろ! 9年やって最終回だぞ。なんで「君町」なんだよ。理解出来ない。功労者はちゃんと厚く扱えよなー。というわけで、今回はバレ枠でネギの最終回をレビューしておきます。あ、それと「絶望先生」があと10回で終了だそうです。マガジンは今後「エアギア」「ブラッディマンデイ」「A-BOUT」と円満終了組が多めに控えてるし、誌面もだいぶ変化しそう。というか、この辺全部終わっちゃって大丈夫なのか?

【グッドエンディング】
 やった(笑)。元カノの写真でまさかのコンクール入賞。今カノぶちぎれ(笑)。そりゃーそうだよなー。でも晶先輩まともに可愛いから可哀想だ。でもメインヒロイン以外とつき合ってるんだからこういう展開にはなるだろうし、むしろちゃんと描かなきゃいけない部分だと思う。「君町」はダメだ。なのに表紙ジャックだ。憂鬱だ。

【探偵犬シャードック】
 この作品もぼちぼちレビューする機会が多くなってるような気がする。不作揃いの新連載の中ではまだマシな方ということなのかもしれない。この作品は倒叙形式で、犯人が犯行を行う描写から入ってそれを暴かれてしまうという描き方をしている。それがパターンになってるから今回は逆手に取られてドキドキしてしまった。「え? このすごく良い子がこれから殺されちゃうのか?!」という感じで。倒叙にこういう効果があったとはなー。ミステリいっぱい読んでるのに、まだまだだね。

【AKB】
 漫画は面白いっすよ。先週も描いた通り、下衆なライバル子が可愛くて良い良い。で、作品とほとんど関係無いんですけど、今回高橋みなみが作中に登場してるんですよね。AKBで人気上位という……リアルで可愛いと思った事が一度も無いんですけどどうなんでしょうか。他のメンバーは悪くても「ふーん」程度なんですが、この子だけはちょっとどうかな、と。

 で、最後にネギ。

続きを読む »

もんは~ん・ぶらきでぃおーす2

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 水属性片手剣アメジストクロウをなんとか作り上げてブラキディオスに挑戦しました。が、今回も無念の時間切れ。どうやらシャドウ改の時と同様に攻撃機会が全然足りてないらしいです。立ち回りを根本的に考えなおさないといけません。ってことで逃げ回るよりは極力足下に張り付きダウンを狙って行く戦法に切り替えました。もちろんリスクも多少大きくなりますが、倒せないなら意味がありません。ブラキディオスといえば強烈な爆弾パンチ。とはいえ、パンチの驚異はもう仕方が無い。立ち回りで対処するのみです。排除出来る危険な要素といえば尻尾。ブラキは尻尾の攻撃も実はかなり痛い。ダウンを取ってとにかく尻尾を集中攻撃! 尻尾さえ斬る事が出来れば危険度はぐぐっと落ちます。むしろ攻撃チャンス。おかげさまで勝利をつかみ取ることが出来ました。その後、再度挑戦して二勝目をゲット。なんとか勝てるようになったようです。
 ただ片手剣で勝てるようになったなお、ランスではかなりきついなーという印象でして、腕が無いと無理な感じ。でもブラキ武器は強力と評判だし、片手剣でもいいからなんとかしないとね。

 たまーにニュース系のまとめサイトとか見ない事もないんですが、どうしてあの手のサイトって構成がクソなんですかね。まともにブラウジングすら出来ないってどういうことやー。情報だけが重要なんだからアフィとかそういうのは最低限にしておいて欲しいよ。

もんは~ん・ぶらきでぃおーす

 「戦国無双Chronicle」地獄手取川の動画をアップしました。カメラと3DS本体の固定が今回のひとつのテーマだったのに、あんまり上手く行かなかったのがとても残念です。その辺は次回に持ち越しで改善していきたいと思います。プレイ内容の方はちょっとしょっぱい感じになってしまい、本人としても不本意です。やられても一度だけ復活出来る「再臨」は事実上体力ゲージが2倍になるのと同義なんで必須アイテムなんですが、今回上杉謙信にだけつけてなかったんですよね。凍牙5の武器を装備しつつ、更に装備品で7まで上げたら強いかなーと思って試してみたんですけどね。確かにスピード武器の恩恵もあって凄い勢いで凍らせまくったし、有効ではあるのかもしれません。でも上げるのは6までにしておいて再臨つけた方がよりベターですやね。

 モンハンは「ブラキディオスが倒せない」状態が続いてます。といっても二度しか戦ってないんですが。ランスで倒すことは早々に諦めて、友人に助言を貰いました。

「大剣がいいかな?」
「いや、大剣もブラキ相手だと結構きついすよ。溜める暇が無いんで。同じ理由でハンマーもダメっす」
「じゃあどうしよう」
「片手剣とか良いっすよ」

 というわけで片手剣です。ランス同様手数系の武器だし、毒武器でなんとかしようと思い作るまでに一苦労ありました。トキシックファングを作ろうと思ったものの、前段階のシャドウサーベル改の時点で素材が足りない。足りないのがディアブロス素材。こいつ、今まであまり相手してこなかった上に、上位上がってんのに下位クエスト潰しの時に一度やられてるから嫌いなんですよね。でもしょうがない。倒してシャドウ改を制作。トキシックを作ろうと思ったら上位ギギネブラ3体連続狩猟をやる必要があるんで、とりあえずこいつを試し切りしてみました。
 相手に選んだのはランスでもまだ相手をしていない上位ドボルベルクです。一度壁際で回転に巻き込まれてどうしようもなくやられてしまったものの、倒す事には成功。続いてブラキディオスに挑戦……これがねー、立ち回り的には上手くやれて倒されることもなく斬り続けてたと思ったんですけどねー、時間切れ。ランスでぼっこぼこにされたのとはまったく別の意味で考え直す必要が出て来ました。戦えてたのに火力が足りない。
 で、考えてみればアレなんですよ。この片手剣はランスメインの私のブラキディオススペシャルウェポンなわけ。他の奴にはまず使わない(はず)。ブラキディオスは水属性が弱点ということで、改めて水属性のアメジストクロウを作ることに決定。そのために今度はロアルドロス、ロアルドロス亜種を撃破。この辺かなりのナメプレイに走って逆に苦戦しました(苦笑)。でもって更にベリオロスを撃破中。こいつから採れる爪が無いとアメジストクロウは出来ません。ブラキ一体を倒すためにえらい回り道ですね。でもそういうのが楽しいのがモンハンかな?

今週の週刊少年マガジン

 いよいよ仕事の方が本格化してきました。でも仕事の時間帯の変更とかでもしかしたら日記も今より書けるようになるかも……わかりませんが。出先でも日記が書けるようになれば良いんですけどね。一方モンハンやってる横で「プロジェクトmirai」を購入、プレイスタートしてます。体験版の評判がとても悪くて心配してましたが、実際の製品はかーなーりー楽しいです。ねんどろキャラもとても可愛い。ハンパ無いです。凶悪なレベル。

 で、今週のマガジン。金田一少年二十周年で新連載スタートしてます。表紙の「生涯高校生探偵」に笑わざるを得ない(笑)。サンデーのあっちも生涯小学生探偵なんだろうか……。今回の金田一は事件終わったらまとめて読んでみましょうかね。連載だと忘れちゃう。入れ替わるようにネギが終わる……。

【ネギ】
 来週で最終回。次回はマガジン本誌としても盛り上げるのかと思ったらなぜか「君町」一挙3話掲載とか意味不明過ぎる。編集部は何を考えているんだか。さてさて、もうページが無いというのに今回はなんとまさかまさかの丸々一回全部ゆえっち回。これにはさすがにファンも驚いたんではないでしょうか。先週のネギの本命のアンサーがゆえっちということなのかもしれません。わかりませんが。未来では宇宙飛行士になってるという彼女ですが、卒業式の数年後という今の時点では学園で探偵業なぞをやってる様子。魔法使いとしても恐ろしいほど強力な使い手になってます。ディレイスペルとか使えるとか、本職顔負けです。あと注目は佐々木まき絵弟の登場でしょうか。こんな土壇場で出すようなキャラかどうかはともかく(苦笑)。でもこりゃ、来週は出ない生徒とか大量に出そうだ。
 「ネギの教え子」という魔法少女軍団はひとりはゆえっち、後は明日菜、このか、刹那、後ろのふたりが誰だかわからない。でもまー、魔法だけならゆえっちが最強でFAだろうな。ゆえっちは例の変な飲料趣味が行き着くとこまで行き着いて自分で調合するところまで到達してしまった(笑)。なんか今回批判も大きいらしいけど、見所は結構あるね。

【グッドエンディング】
 今回この作品と「君町」、奇しくも両作品が元カノ関係のバッティングという展開でした。「君町」はそんな吹っ切れるもんかいなというがっかりな内容で当時明日香に入れ込んでた読者はどう反応すりゃいいんだって感じでしたが、こちらは……。えっと、主人公って写真が趣味なんですね。で、写真展に応募してたんですわ。今の彼女と写真展見に行ったら見事入賞してて大喜び。でも当選してたのが元カノの写真(爆笑)。こりゃー、来週が楽しみだなあ。こうでなきゃいけないでしょ。

【AKB49】
 とにかく下衆なライバルキャラが一周回って可愛く見えて来た(笑)。懐かしの「明日のナージャ」のあの子みたいにどこまでも下衆に徹して改心とかして欲しく無いなー。

夜明けまで戦う

 無双がなんか今更楽しくなって来てユニーク捜してみたり武器発掘してみたり、イベント回収したりとあれこれやってます。今日は長宗我部元親のファイナルアクトを見る事が出来ました。彼の場合ユニーク未取得、レベルが足りないってことで限界突破にはまだ遠い。今回限界突破出来たのは豊臣秀吉です。でも通常のプレイで彼を使う事はほとんど無いだろうから、追加でパラメータを取得する機会はほとんど無いでしょう。もうちょいで条件を満たす謙信の方は戦技と馬上攻撃の強さから使う事があるかもしれません。
 一方モンハンの方は3Gの看板モンスターブラキディオスが満を持して登場。歴代最強の看板モンスターらしくて、ほんと、全然かないません。ボクサーモチーフでフットワークが軽く、脚の遅いランスで食らいついて行くのはほとんど無理な感じ。なので対ブラキ用として片手剣を一本製作中です。亜種レイアみたいになんとかなるような気配すら感じられないし、仕方無いですね。武器が出来たら適当な相手で試運転しなければ。片手剣久々だなー。

 ぼちぼち仕事の方で動きがありそうな感じです。果たしてどのくらい忙しくなるのか、まだちょっとわからないですね。ま、なるようになれー。

そして今日からヒットマン

 前にも語ったことがあるような気がするけど、ジャンプの名作「ブラックエンジェルズ」がやっぱり面白い。いや、改めて読むと凄いなこれ。初っ端からレイプ有り外道刑事の射殺有り、毎回のように何人も人が死ぬ。でもってまたレイプ、またレイプ。本当にこれジャンプに掲載されたのか。いや、リアルタイムで読んでるんだからちゃんと知ってるんだけどさ。後半のホワイトエンジェルズとの抗争もアレはアレで面白いんだけど、序盤の冷徹な殺人マシーン雪藤と、それを否定しつつも外道を許せず黒い翼を背負って行くようになる松田の関係が実に深くて読み応えがある。ジュディが出て来たのが結構遅くて麗羅の方が先だったとか、忘れてることもあるな。で、今の著者の描くスピンオフは変に時勢絡めたりしてつまんない。今も「ザ・松田」というタイトルでスピンオフやってるんだよねー。ブラックエンジェルズの中でも雪藤と松田が別格に好きらしい。いや、分かるけどね、その気持ち。松田だけは前半で死なない方が良かったんじゃないかなーと、今頃になって思ったりしたわー。牙イラね。

 次の無双の録画のためのレベルアップ&武器探しだけど、ちょっとやり過ぎたかも。今川義元とか今レベル98とかになってしまった(笑)。上杉謙信も94。謙信はイベントコンプリ、義元もあとファイナルを残すのみ。で、ふたりともユニークゲット済み。なんと主人公、おねねさま、毛利元就に続く限界突破キャラはこのふたりってことになりそう。あともう一枠のお市様もレベル90。でもイベントの方がだいぶ足りない……まだまだやれることあるなー、このゲーム。凄いね。もう一年やってるんだけどね。こりゃー手取川は楽勝かな?

今週の週刊少年マガジン

 モンハン中断してまで無双やってるおかげで、次回登場3武将の武器を揃えることが出来そうです。レベル上げもちょっとやりすぎちゃったかな? あとは武器作成の仕上げのみです。今日手取川撮影ですね。

 で、マガジンです。読んでみて「なんか今週は非常に物足りない気がするんだがどういうことか」と思ったら我間乱とA-BOUT両方休載だったという。なんてこった。私にとって両作品のマガジンにおいて占める割合がこんなに高かったとは。その代わりにつまんない新連載勢プッシュとか勘弁して頂きたい。あとグラビアばっかじゃなくて作品も表紙にしろよ! 今回「ベイビーステップ」200回記念だろー。そういう時くらいちゃんとやってくれ。時々マガジン編集部はアホなんじゃないかと思う時がある……。

【AKB49】
 私は個人的にはAKB好きじゃないですよ。一部メインメンバーの中にも「こいつ可愛いか?」と思うようなのもいる。普通に「この子は良いな」という子もいるけどね。でも漫画は結構面白いから困る。今出て来てるライバルキャラがもの凄く分かり易い嫌な奴で逆に好感が持てる(笑)。案外いそうでいなかったキャラかもしれない。「実は良い人でした」ってのには飽きて来てるのかもしれないなー。

【アゲイン】
 展開に巻きが入って終わるのかと思ったら終わらないからアレって感じで読んでたら、なんか面白くなってきた気がする。改めて説明するとこの漫画は高校の卒業式の日に主人公のネクラと彼氏とラブラブのチビのヒロインが池田屋の階段落ち状態から何故かタイムスリップ。主人公は不本意だった高校生活をやり直す。
 普通タイムスリップというと過去の自分がいて今の自分が割り込むパターンになるけど、この漫画の場合今の自分が過去の自分自身に入り込んでしまう。本来いるはずの過去の自分はどうなっちゃってるのかとか、過去を随分書き換えてるのに現在に影響は出てないのかとか、そういう疑問はあるけど、最近の展開からすると微妙に影響を与えてはいるらしい。本来なら今の宇佐美は主人公のことを知らないはずなのに、その名を口にしてたし。
 で、この漫画の奇妙なところはメインヒロインが一緒にタイムスリップしたチビではなく、過去の世界で応援団長をしている宇佐美という見かけだけかっこよくて中身がアレなキャラだったりする。団長といっても団員はゼロ。しっかりしてそうで全然ダメな彼女は将来無理矢理野球部の応援に出て大失敗して退学して姿を消すことになる。主人公はそれをなんとか回避しようと奮起する、というのが今のストーリー。宇佐美に魅力を感じるかどうかがこの漫画を面白く読めるかどうかの分かれ目かな。主人公が全然かっこよく無いしね。根暗なニートが何もかも放り出したいのを押さえつつ奮起する姿も最近可愛く見えてきたかもしれない。
 一方、チビはたいして何もしてない。なんのためにいるんだろうねえ。

【ネギ】
 終了直前。今回衝撃の事実が明らかになる。ネタバレ入るので気をつけて欲しい。

続きを読む »

まさかまさかのインフル攻撃

 立ち仕事だってのに昼の二時から次の朝七時まで働いちゃったぞー、うわーい(笑)。案外やれるもんだね。でもマガジンのレビューは明日以降で。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。