宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴールデンウィークは都市伝説 でも明日は休み

 前々から春になったら忙しくなると予想してたら本当に忙しくて、気がついたら今月のエントリの数が酷いことになってしまいました。五月は多少改善されそうなので真面目にエントリ書く&ストップしちゃった無双の動画も撮ります。いやほんと、この一ヶ月マジで大変だったわー。そのわりにファイアーエムブレムとかやってるわけですけど、むしろきつい中でプレイしてるからこそ、大変でもさほどストレスを感じてないのかもしれません。エントリ書かない分、時間をゲームに割いてたってこともありますね。
 忙しかった上につまんない仕事内容だったしなあ……こういうのはもう勘弁して頂きたい。その代わり、給料上がったりとかボーナス出たりとかするらしいです。空調の無いとこへ引っ越して来てるのに、エアコン代を用意してなかったから助かります。夕方に起きたら28度とか先日にありましたんで、盛夏にどうなるのか予想とかしたくもない(笑)。

 スマホを自宅のwifiとコネクト出来るようにしました。これによって自宅で使い易く……いや、自宅で使うならPC使えば良いだけのことじゃんってことですよね。多少節約出来る程度でたいした効果は無いかも。
スポンサーサイト

ダメじゃん、スマホアプリ

 とりあえずスマホに何かアプリを入れてみようと思い、コンビニの2100本無料アプリみたいな本を眺めてみたのですが、恐ろしい事にこれだけ載っててもパッとした物が無い。特にゲーム系は全滅と言って良い内容でした。毎日3DSを携帯して歩いてる私なんだから、わざわざスマホでゲームする必要は無いんでしょうが、それにしたって面白そうなのがこれほど皆無とは……みんな似たり寄ったりだし、ちょっと遊んだら「もういいや」となりそうなもんばかり。これなら3DSのバーチャルコンソールでゲームボーイソフトを落とした方がマシっぽいくらいですわー。「ヨッシーのクッキー」はまだ来ないのかな? 正直VCはこれ一本あれば個人的に満足なんですが。
 動画系のアプリは電池喰うからあんまり使わないだろうけど、一応必要……でしょうかね。これはメジャーなものを入れてみました。うむ、使える。フォルダで階層を分ければプレイリストっぽいことも出来るっぽい。動画を扱おうとするなら付属の2GのSDカードじゃ全然足りませんね。調べてみたら32Gでもかなり安いし、ここは買っておくべきかも。動画よりもむしろ意外と良好な性能のカメラがポイントかな、と思います。接写性能がマジで馬鹿にならないくらい良いです。さすがに調整は大雑把で難しいですが。複数の画像をリサイズしてまとめたり出来るアプリがあれば、無料じゃなくても欲しい。これは確実に3DSのカメラよりも上……と言いたいところですが、あっちは3Dで単純に比較するもんでもないか。つーか、あっちは撮るよりも見る物系だし。
 あとスマホでやりたいことといえば……電子ブック? 外出先での充電方法も確保すべきですかね。

途中経過1

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 一応毎日プレイしてるんですが、やっぱ私の石橋補強性格が顔を覗かせてなかなか前へ進みません。外伝とか遭遇戦とかついついやってしまいます。おかげさまで10話手前の時点で転職したのが3人もいます。リズ、ジュリアン、クロムですね。リズは序盤から貴重な回復役でちょこちょこ経験値を稼いで行くんで、誰がやっても大抵最初の転職者になるんじゃないでしょうか。クロムとジュリアンは結婚前提で仲を深めてたらいつのまにかにだいぶレベルアップしちゃってました。クロムは強制出撃のステージが多そうだから仕方ありませんが、ジュリアンは今後お休みするケースが増えるかも。あとジュリアンについては……なんか明らかに結婚対象が多いっぽいんですよね。なんかウワサによると仲間同士で結婚して生まれた子供と結婚出来るとか出来ないとか。なんだそりゃー。それはともかく、結婚出来る組み合わせが異様に多いんで、何度もプレイしてしまいそうなゲームです。怖い怖い。
 では、現時点でのキャラの印象について。

☆ジュリアン 122
 剣と魔法を使えるものの、魔法剣士というよりは護身用に剣を持ってる魔導士みたいな感じ。序盤は魔法ばっかり使ってたら剣の武器レベルの上昇がかなり遅くなって、ユニットとしてはちょっと使い辛い部類に入ってた。成長も守備力に恵まれず、なんか中途半端感の否めない感じ……だと思ってたのに、気がついたら転職したこともあってぶっちぎりの戦闘力を誇るようになっていた。今では剣を振るってもかなり強い。ただ、比較的守備力が穴になってるのは変わらない。名前の横の122ってのは表示される戦闘力で、たぶん全パラメータの合計だと思う。

☆クロム 109
 こっちが真の主人公。封剣ファルシオンという耐久度無限の剣を持ってるのが最大の特徴。クロムもジュリアン同様いまいちぱっとしないレベルアップだったわりに、今は結構強い。むしろ安定したパラメータのバランスでいえばこちらの方が上。ってことは、レベル20で転職させれば大抵のキャラは強いってことかもしれん。

☆リズ 106
 先述した通り、貴重な回復役であるためレベルがポンポン上がる。ジュリアンやクロムと違って複数の転職先があるけど、武器を使えるようになってもたいして活躍は出来ないと思って魔法を使える方にしたらどっかんどっかん敵を焼き殺すようになってしまった。パッとしなかったクロム以下の戦闘力を見れば分かる通り、レベルアップの数値はかなりしょっぱい感じ。ただ、さすがに魔力は上がってたから攻撃力は高い。リズはクロムの実妹なので、女性キャラで唯一クロムと結婚出来ない。ちなみにマイキャラを女性にする最大のメリットはクロムと結婚出来ることだそうで。

☆カラム 68
 アーマーナイトだけあってパラメータのバランスがめちゃくちゃ偏っている。レベル14で戦闘力68は決して高いとは言えないが、力、技、守備は充分に上がってるため普通に硬く、そして強い。存在感の薄さに悩む公式ネタキャラ。アーマーナイトをダブルの後衛としてつけると守備力がグンと上昇するため、弱小キャラを育てる時に重宝する。そのせいでカラムはわりといろんなキャラと交遊を深めてる。マムクートの幼女と結婚寸前。超犯罪的。でも彼は今後も弱小キャラのサポートに入ってもらわないといけないので、誰と結婚するかはまだわからない。

☆ソワレ&ソール 86・71
 いわゆるいつものソシアルナイトふたり組。今回のプレイ初の夫妻となったコンビでもある。ソワレの方が妻ね。序盤から良成長でエースの座に君臨してたのはソワレだった。力も高く、素早さが上がった事で大抵の雑魚敵を二回攻撃で葬り去る強キャラだった……が、ジュリアンにその座を明け渡すことに。ただソワレの成長が止まったわけではなく、あっちが無駄にレベルアップしただけなので追いつく可能性は充分にある。旦那のソールは素早さと幸運こそたいしたことないものの、力と守備はソワレ以上。このふたりが横に並ぶと支援効果もあって恐ろしい勢いで敵を消滅させていく。これはデュアルアタックの頻度の多さによる。デュアルアタックアは実質クリティカルみたいなもんだし、仲を深めておくと有効ってことに気付かせてくれたこのコンビにはそのままおとなしく結婚していただいた。同じ職業で結婚しちゃったから、子供のスキル的にはあまり美味しく無いかもだけどね。

☆ヴェイク 72
 斧担当の戦士。力とHPが高い代わりに守備がやや低い。そのため一撃の強さに賭けることが多かったが、徐々に素早さも上がって来ていて大化けする予感のある大器? 現状、リズの旦那になる可能性の一番高いキャラ。実は斧キャラがあんまり多く無かったりして、二軍に行き辛いラッキーな立場だったりもする。

☆ロンクー 78
 レベル15で戦闘力78は決して低く無いが、力は平凡、守備はやや紙。技と早さと幸運にパラメータが偏っている。オグマやナバールを思わせる剣士系キャラでは有るのだが、なかなかエースクラスにまでのし上がれない微妙なポジション。剣は使い手も多いしなー。今後の成長に期待。

☆スミア 88
 レベル11で戦闘力88ってのは相当高い……はずなのだが、ペガサスナイトのため弓に弱く、守備力がロンクー並なので危なくてなかなか前へ出せない。ペガサスナイトは周囲に味方がいないとHP回復というスキルを発動出来るから、本来なら単独で戦ってもらうのが一番良いのだが。

☆ティアモ 83
 スミアと同じペガサスナイト。レベルはこちらが高いが、戦闘力では劣る。しかし力、守備で勝ることで実質的な実力はこちらの方が高いと言える。現在ジュリアンの嫁候補ナンバー1。でも保留されてしまいそうで可哀想。キャラとしての彼女の本命はクロムらしい。

☆ミリエル 63
 今回は彼女までで終了かな。切りがないし。魔導士も育てておきたいと思ってカラムにサポートさせてレベルを上げてみたら、1ポイント成長2回、2ポイント成長2回やりやがって、つまり全然育ってない。すれ違いで見られる他のプレイヤーの彼女の数値は結構高いから、私のリアルラックがしょぼいだけかもしれない……でもこのしょっぱさは心が折れる。今はリズやジュリアンが非常に有能な魔法使いとして活躍してるし、もう要らないかも。

先週の週刊少年マガジン

 やべ、今週号買って来たのにうっかり先週のレビュー忘れてた。なのでとりあえず先週号、20号のレビューをしておきます。ちなみに「生徒会役員共」のOVAは今日発売です。単行本の特典じゃないと何故かOADじゃなくてOVAになるんですね。意味がわかりません。

【フェアリーテイル】
 この漫画の女性キャラはだいたいのきなみ巨乳を通り越して爆乳です。そんなキャラふたりが何故かグラビア対決となればエロエロな展開になるに決まってる……と言いたい所ですが、何故かこれがさっぱりちっともエロくない。どういうことでしょうか。むしろカラーページで黒のカットソーにポニテのエルザの方が遥かにエロい。露出度とか無いに等しいのに。あんまり真面目に読んでる作品じゃー無いですが、私はこの作品ならエルザが好きです。主人公とかわりとどうでも良いですね。

【さんかれあ】
 本来は別マガで連載している作品の出張掲載。作者の週刊での代表作は「都立ウミショー」だっけか? あの頃から比べると絵柄がだいぶ変化してて同じ作者とは思えません。ヒロインがゾンビのラブコメということなんですが、ゾンビだから生殖能力とか当然無いし、体も生体じゃないから現在進行形で徐々に腐って行く。そういう相手だけに後々悲劇的な展開しか想像がつかない。それが作品に妙味を与えているのかしらん? 正直今のマガジンは超元気が無い状態だから、こういう作品にはいっそ移籍して来て欲しいね。

【グッドエンディング】
 爆発しちまえ。

 ん~、なんつーか全体的に低調で面白く無い号だった気がするよー。

スマホから

 今回はスマホから更新しています。一年間使ってきたガラケーではネットの閲覧に大分難があったので、思い切ってスマホにチェンジしてみた次第です。これで閲覧自体に大きな支障は無くなりましたが、書き込みが面倒なのは大差ないので、今後スマホからバシバシ更新するかというと微妙です。スマホにつなげられるキーボードでもあるなら別ですが。……あるのかいな? あるなら買っちゃうな。

蘇った光の戦士

ファイアーエムブレム 覚醒ファイアーエムブレム 覚醒
(2012/04/19)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 「ファイアーエムブレム覚醒」が届いたので早速プレイです。その間に「モンハン3G」で協力プレイで助けてもらってようやくハンターランク5まで上がったりもしてますが、それはまた別の話。今回のエムブレムではマイキャラを作成することが出来るという事で、事前にどんなキャラを作るかいろいろ考えていました。が、今回結婚のシステムが入ってると聞いて方向性がガラリと変わります。普段ならマイキャラを作成可能なら「モンハン」同様当たり前のように女性キャラを作ります。が、マイキャラをゲーム内の野郎キャラに嫁がせなきゃならんとなると……これは無い。そんなの嫌だ(笑)。ってことで今回は特別に野郎キャラを作ってます。オレンジっぽいカラーの髪をした剣士キャラという設定です。ま、実際やってみたら剣よりもむしろ魔法キャラだったりしてちょっとビックリしましたが。名前はジュリアン。かつてシンビオスやメディオンと共にブルザムを倒した英雄です。彼がちょろっと記憶を無くして別の世界へ迷いこんでしまい、ふたたび立ち上がる。さて、誰を嫁にするんでしょうね。まだわかりません。
 そんなわけで、やっぱどことなくシャイニングフォースIIIを思わせる雰囲気があります。キャラデザがやや渋めだからでしょうか。何気にムービーが凄いです。3Dでこんな奇麗なムービーを見たのはこれが初めてじゃないかな。プレイしてみると中身は当たり前ですけどファイアーエムブレムです。SFC「紋章」以来でもファイアーエムブレム。難易度ノーマルのカジュアルというヌルプレイです(苦笑)。ただし、いくつか制約は設けることにしました。フリーマップではないナンバリングマップで撤退したキャラは次のステージは療養中ということで出撃出来ない。あとリセットは基本禁止。敵に避けられたからリセットとか、成長が納得いかないからリセットというのは無しです。なので、実際にプレイしてみないとどのキャラが伸びて来るかはわかりません。
 今の所エースと呼べるほど強いキャラはいませんね。というか、ノーマルでもそこそこ難しい気がするんですが……敵がキラー系持ってるの見落としてフレデリックが一度やられちゃったよ。回復係がひとりしかいなくて、敵の強さに関係無く経験値を入手出来てしまうため、今レベルトップはリズだったりします。でも戦闘力皆無だからあんまり意味が無い。成長もいまいち。出撃枠がそれほど多く無いのに仲間はわりとガンガン増えて来ますね。こりゃ一軍枠の奪い合いが熾烈になりそうです。ジュリアンがなあ……さほど強く無いんだよなあ。良成長のスキルを持ってるドニが上手く育てば強くなるのかなあ。わかんない。
 そいじゃまた続きをやりまっしょい。

今週の週刊少年マガジン

 19号です。前回ベビステが休載で物足りなく感じてたら今回は生徒会役員共が休載という悪魔のような展開に心が萎えます。最近のマガジンはとにかく新連載陣がどうしようも無い状態なので、好きな作品が休載だと非常にがっかりな気分になってしまいます。買い始めた頃よりも明らかに面白く無い。こういう状況だけに、古参の「一歩」とかをキープするしか無いのですよね。これはまあ、仕方が有りません。なんのかんの言っても「一歩」はそれなりのレベルはキープしてます。む、あまりネガティブになるのはやめましょう。私は岡田隆之では無い。
 ところで裏表紙がPSPの「シャイニングブレイド」なんですけど、こんなのシャイニングじゃねーよ!と思ってるのは私だけじゃないはず。

【零】
 ふと気付くと勝負開始からあっという間の決着だった。けど、ジュンコとの勝負はトータルでは結構回数使ってたはず。なんかこう、話の組み立ての妙なアンバランスさを感じずにはいられない。でも今回は決着後のまとめもすっきり終わっててナイスな感じです。
 しかし零の「ちょっと悪人ぶりました!」は最近のマガジンでは珍しく非常にインパクトのある印象的な台詞でした。こういう台詞はキャラクターに深みを与えますね。なんだ、「零」面白いじゃない。このレビューでも登場回数多めのはず。なんかとんでもないオチがついたし、ジュンコの異様な頭のデカさも気になるけど、ともあれ次回は新展開ですね。

【ドラゴンコレクション】
 これはこのレビューで紹介するのは初めてだっけ? どうだったかな、覚えてない。少なくとも個人的に毎回楽しみにしてる作品ではない。ただ、抜群に面白い訳じゃないけど、それなりのレベルをキープしてたりはする。弾けないけど、崩れもしない。
 今回わりと衝撃的な酷いシーンがあった(笑)。10分て……10分て(爆笑)。いや、酷い酷い。最悪だ(笑)。

【グッドエンディング】
 「彼女が選んだ結末をオレは今でも許していない」。なかなかに重みのある台詞……でもコイツ主人公じゃないし、本編とはほとんど関係が無い。この作品、メイン格の彼女と別れて他のヒロインとつき合うようになって、なんだかんだで上手く行っちゃってる。それはそれで悪い展開じゃ無いんだけど、じゃあこの作品が今後どういう方向へ進んで行くのかが見えて来ない。なんか上っ面を奇麗に取り繕ってるだけで、いずれ大崩壊を起こしそうな雰囲気があるようなないような。やっぱよくわからない。この作品は今後どう転ぶかで評価が大きく変わって来るはずではある。しかし今回読んで連想したのはクリス・ベノワの死について触れたクリス・ジェリコに関する一文で、盟友だったベノワは親友だし尊敬してるが、心底軽蔑する、みたいなことを言ってたはず。いやほんと、ベノワの最後の三日間に何があったのか、日本のファンなら誰もが知りたいことだよなあ。

 さてと、今日は「ベビステ」21巻の発売日です。福岡でも二日遅れで到着します。「生徒会役員共」と「ベビステ」はこのマガジンレビューでは基本触れない分、単行本の方でレビューしますよ。今回は岡田隆之戦スタートですね。

超人伝説、再び!

キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)キン肉マン 38 (ジャンプコミックス)
(2012/04/04)
ゆでたまご

商品詳細を見る

 もう既にネットではだいぶ話題になって来てるんで知ってる人も多いと思いますが、今月発売になったあの「キン肉マン」の38巻です。大長編になってしまった「キン肉マン二世」のタッグ編が終わった後、プレイボーイでの連載は終わると思われていました。なんかツイッターでも打ち切りとかいう話が出てたと記憶してます。が、確かに「二世」は終わってしまったものの、まさかのスグル大王復活でスタートとは斜め上の展開でした。タッグ編準決勝辺りからのグダグダ展開を反省したのか、異様に良いテンポで鋭く話が進み、ファンからは「あのキン肉マンが帰って来た!」「すげえおもしれえ!」と喝采を浴びてるとかいないとか。実際面白いです。
 よく言われる「ゆでだから」「ゆで理論」などのフレーズはありえない超展開を指して言いますが、本来は褒め言葉です。ゆでたまごによる予想しない展開の気持ち良さを表しています。が、ここ最近はあまり良い意味では使われていませんでした。近年「ゆで理論」の継承者は悪い意味では「バキ」の板垣、良い意味では「テニスの王子様」の許斐だと言われてますね。ともあれ、新シリーズではキレの良いゆで理論が展開しています。実際の連載当時は本当に何も考えて無かったらしくて、有名なバッファローマンの「6が9」ってアレも「見切ったぜ筋肉バスター」とか言ってた時点でノープランだったとか(笑)。今はちゃんと先を考えて書いてるっぽいんで、多少ゆで理論の切れ味も昔とは変わってます。ま、面白ければ良いです。
 さて、今回はスグルがキン肉星の王位を継いだ跡、これまでは「間隙の救世主」の戦いがあっただけで何も無かったと言われてた時代の話です。この時点で既に突っ込みどころ満載(笑)。正義、悪魔、完璧の三属性超人たちが和平を結びました。代表はそれぞれテリー、アシュラ、ネプチューンです。その後、この条約は気に入らんと完璧超人の本体が襲来します。ネプチューンマンが過去人狼煙で退去させたという完璧超人本体の連中です。この連中の中には死んだネプを儀式で復活させた面々も混じってたはずですから、どうやら一枚岩では無い様子。とにかく強硬派のメンバーがスグル不在の地球へやってきて喧嘩を売って来た、と。その名は「完璧超人無量大数軍」。
 主なメンバーは7人。ボス格的存在のストロング・ザ・武道。ターボメン、マックス・ラジアル、マーリンマン、ダルメシマン、クラッシュマン、ピークア・ブー。それぞれ「完武」など漢字二文字の異名を持っています。今回の大きなポイントは、襲来時にまともに戦える正義超人がテリーマンしかいなかったということ。スグルはキン肉星だし、他のメンバーはメディカル装置で回復中。テリーは王位戦の決勝で戦って無いからかな。とにかく、ジェロニモ、スペシャルマンやカナディアンマン、タイルマン、カレクック、ベンキマンあたりがあっさりやられてしまい、テリーとしては立ち上がらざるをえない。「友をいたぶった奴を許すことは出来ない性分なんだよ!」「オレひとりでやってやるってんだ!」などなど、「ああ、これがテキサスブロンコ・テリーマンなのか!」という説得力に満ちた異様な格好良さで読者を魅了します。テリーって、陣営に関わらず特に何もギミックを持ってない身体ひとつで戦う貴重な超人なんですよね。その最大の武器はやはりスピリット。「多勢に無勢でもオレは行く。あの日のあいつのように!」。王位編のマリポーサチームとの戦いでスグル、ミートのふたりだけで戦いに挑んだことをテリーは忘れていなかった(作者も忘れていなかった)。
 今回は戦いの導入ということもあって収録されてる主なバトルはテリーvsマックス・ラジアル戦のみ。たった連載3話分だけのバトルなんですが、これが面白い。「完裂」ラジアル圧倒的有利な状況からエルボー連打で状況を打開し、カーフ・ブランディング、テキサスコンドルキックからまさかのブレーンバスターで決着。そう、テリーのブレーンバスターといえば、かつてグランドキャニオンで摩雲天相手に繰り出し勝負を決めた技です。説得力充分。で、残りの6人は世界中へ散らばり特設リングを構えて正義超人を待つ。これは「七人の悪魔超人」編+「黄金のマスク編」のオマージュ的展開ですね。悪魔騎士の仕掛けた地獄へ飛び込んで行ったのは、かつてはスグルだけでしたが、今回は彼に続いて謎の5人の黒装束が姿を見せ、傷ついたテリーを跳ね飛ばして突入する。てっきり正義超人が来たと思い込んだ完璧超人を襲ったのはなんとステカセキングにブラックホール! 七人の悪魔超人だった! なにこの神展開。今回はこのふたりしか描かれてませんが、残りはミスターカーメン、アトランティス、摩雲天の3人です。連載の方ではステカセvsターボメン、カーメンvsクラッシュマン戦に続いてブラックホールvsダルメシマン戦まで終了してます。かっこ良かったねブラックホール! なんかウワサによるとブラックホールの従兄弟であるペンタゴンも登場するとかしないとか。アトランティスはともかく、武道と戦う摩雲天はまったく勝てる気がしねえ。となると1勝4敗じゃ極端過ぎるし、アトランティスは勝つのかな?
 この連載はプレイボーイ本誌ではなく、ネットで読めるんで読みたい人は要チェック。マキバオーもやってますよ。


 携帯、落としちゃったみたいです。おそらく手元には戻って来なさそう。機種変することになりそうです。

もんは~ん・なるがくるが~ん

モンスターハンター3Gモンスターハンター3G
(2011/12/10)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 ヤバいくらい更新出来てませんが、港G級を目指して奮闘中です。正直現状でやれる事というのは随分減って来ていて、特に武器はもうG級に上がらないと強化もままならない状態。となると防具を作ってみるしかない。残る防具も主立ったところではナルガ装備とアグナU装備くらい。これらを作ったら上級は本当に終了で、後は頑張って倒せる敵を倒して行くしか無くなります。というわけで今回はvsナルガクルガです。
 私の使用武器ランスは全装備でも屈指の防御力、ガード力が売りで、相手の攻撃を耐えてカウンターで反撃というのが基本スタイルになります。なので更に防御力を高くしてガード性能を上げられるボロス装備とか定番になるわけです。ボロス装備は非常に使い易いけど、多分ランス・ガンランス以外ではあまり使われないんじゃないかな? ラングロの方が使われるかも。他の武器はガードよりも大きく駆け回って相手の攻撃自体を避けて行くのが基本になるので。そんな中で異彩を放つのがナルガ装備です。防御力よりも回避力を上げる装備で、ステップの無敵時間を長くする効果を持っています。つまり、相手の攻撃をガードする寸前にステップしてスルっと避けるのが基本。これが上手く行くととてもかっこよくて、「回避ランサー」として1ジャンルを形成しています。そんなナルガ装備、私も欲しい。でもナルガクルガは下級には登場しない、ブラキディオス同様で上級デビューのモンスター。苦戦を覚悟して戦いに臨んでみたら……なんか弱かった(笑)。
 ランスは動きが鈍重なため、前後に動き回る相手が苦手です。ナルガクルガは別名迅竜と呼ばれるほど動きが素早い。でもなんだろうなあ、ガードしてみると隙だらけなんですよね。落ち着いてチクチクしてたらそのうち倒せます。なんせ回復薬もほとんど使わずに倒せてしまうくらいです。むしろガードのためのスタミナ管理の方が重要案くらいですね。猫の体術をつけてガード時のスタミナ減少を減らしておけば本当に危険が無い。あんまりあっさり倒せたんで初挑戦でも拍子抜けしました。捕獲のタイミングすら逸したくらいです。
 ただ、こいつの両腕についてるブレードが難儀なシロモノで、これを破壊しないと装備品は完成しません。でもめちゃめちゃ硬い。ガンガン弾かれる上に判定が結構小さくて当たらない。ボルボロスの頭同様、ランスでの破壊は無理かなーと思ってましたが、ナルガのラッシュ力の無さにつけ込んで弾かれながら無理矢理たたき割るという荒技でこれをクリアー。おかげでナルガ装備完成しました。
 確かに避けられます。その後で戦った港ジンオウガのラッシュをひょいひょい躱せるんだから凄い。それでもジンオウガはめっちゃ強くて大変でしたが……。回避装備だから守備力は無いかというとそんなことはなく、堅さも兼備してます。問題は避けるのはガードする以上に相手の攻撃を熟知してる必要があるということ。初見でナルガ装備はちょっと無謀かもですね。さて、残るアグナU装備はボロス装備の上位互換的な存在で、ガード性能もガード強化も上がります。さ、ほんとぼちぼちG級に入らなきゃな……。ファイアーエムブレムも出ちゃうし。

マリオをちょろっとプレイしたりした。

 去年末からの悲願だった、熊本の系列店への視察へ遂に行く事が出来ました。あちらには何も伝えず、単に客として出向いたわけですが、ここで大いなる誤算が……残念ながらあまり詳しく話せません。とりあえず原付で行っても大丈夫という程度に暖かくなった頃合いを見計らっての行軍です。ただ、ここでも誤算が。私は福岡だけでなく熊本の天気情報もチェックしておくべきでした。天気自体はむしろかなり良好で、満月の放つ光で真夜中のわりにはやたらと明るかったのが印象的。しかし、寒い。福岡を南下して熊本に近づいて来た辺りから、妙に寒くなって来ました。靴下と手袋をコンビニで一枚ずつ買い足して万全を期した防寒耐性を更に強化し、なんとか突破に成功。福岡エリアでは起きなかった、吐く息が普通に白い現象の中を原付で突っ走るのはさすがにちょっときつかったかもです。それなのに収穫がさほど得られなかったのは残念ですが、そもそも長距離を気ままにバイクで走ること自体が目的なので、まあオッケーということで。
 現地でもちょっとしたトラブルに合いました。到着ギリギリでバイクの給油ランプが点灯してしまったことです。しまった、八女のセルフで給油しておくべきだった、と後悔しました。仕方無く、現地の人間に24時間営業のセルフスタンドの場所を聞き、出向くことに。聞いたのは「そこを左折して、次の信号を右折。坂を降りた先に信号を左折」でした。なんだすぐそこだー、と思ったのはド田舎であることを忘れた私の浅はかさ。信号から信号への距離が凄く長い(笑)。信号三つなのに平気でキロ単位の距離は有りましたね。でも給油出来て良かった。24時間じゃないスタンドが開く朝まで待たなきゃいけなくなるところでした。

 ここしばらく本当に忙しくてまともにゲームも出来ません。携帯機にすらあまり触れないんだからマジ大変です。ほんと、三十代四十代ダメ人間大会でもやってんのかというくらい、その世代の新規が使えない。全員2週間も持たない。どうなってんだこりゃ。でも一方で今時の高校生もヤバいらしい。日本大丈夫か。

今週の週刊少年マガジン

 福岡もものすごい風が吹きました。なんか本当に台風並の規模の風が吹き荒れたらしいですね。おかげで福岡では本日発売の雑誌が一日延着になってしまいました。つまりマガジンが届かない……。そこでいつも使ってる店とは別の一日早く入荷するスーパーでゲット。わざわざそこまでしたのに今回「ベイビーステップ」休載。来週は「生徒会役員共」も休載です。こちらは新連載のための準備でしょうかね。マガスペ、どうしようかな。買っても良いけど。

【A-BOUT】
 朝桐達とチームイーターがやりあっていた場所に、光嶺三年軍団樋口、童門、吉岡、天地のビッグフォー+童門派が到着。今回朝桐は気絶したまんまだから誰が主人公やらわからん展開です。さっそく始まる樋口vs九葉。あまりにも早速過ぎて九葉が健闘するビジョンがまったく見えない(笑)。配下は六田一人で派閥を持たない天地が、同じく過去一匹狼だった北条に一目置いていて、というのも興味深い話でした。でも今は変わってしまった、と。正直北条がどう変わったのかという描写がいまいちなんですけどね。さてさて、童門と吉岡はどうするのかな? 3年の見せ場が来て目が離せないぜ。

【我間乱】
 この漫画の欠点はキャラの魅力がいまいちってところで、その分数多くいるキャラを覚え辛い。今回もラストに出て来たコイツ、何者なのかわかりません。誰だ? 敵の大親玉である陣介はここまで私が読んだ中では「とにかく強い野心家の親父」というだけで、実際どのくらい強いんだか分からなかったんですが、今回で「とにかく強い」ということは明らかになりました。まだ手抜きしてそうね。

【フェアリーテイル】
 「大切なものほど壊したくなる」といういかにも悪役らしい台詞。でもそれで破壊したのが相手の無くしたと思ってた靴下ではキャラの格も何もあったもんではない(笑)。

 零、決着しました。今回も始まったら早かったなー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。