宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付

Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付
(2015/04/02)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 ヴァラク雪山まで到達しました。来週の水曜日にはもう「クロス」が出てしまいますが、それまでのクリアは恐らく無理な状況ですね。はい、最初からわかってました。そもそも「ゼノブレイド」はラスボス倒して終了って感じなゲームではなく、あっちにいるラスボスより強いアイツとか、こっちにもいるラスボスより強いアイツとかも一週目から堂々と出てくるので、そうそう簡単には終わらない。「クロス」が出ちゃったらさすがに「クロス」プレイしちゃうもんなー。こっちがいつ終わるかはよくわからない情勢ですね。
 このゲームはパーティキャラクターの間に絆のパラメータが設定されていて、一緒に戦わせると上昇。だんだんチームワークが良くなって行くというシステムがあります。絆が深まらないと見られないイベントなんてのも世界中のあっちこっちにあります。ここまでラインでのプレイをメインにやってきましたが、当然ライン関係の絆しか上がってません。これでは今後やり辛いし、後から来るキャラほど絆が上がってなくて辛いということになるので、メリアでのプレイに切り替えてみました。この子はパーティメンバーで数少ないエーテル系アタッカー、いわゆる魔法使いです。物理に強くエーテルに弱いという敵も少なく無いわりに、エーテル系アタッカーに乏しい・・・ので、或る程度使えておいた方が良いのです。しかもこの子、「ゼノブレイド」屈指の「CPUに使わせるとヘッポコ」なキャラでもあります。ただし、上手く使えると非常に強い。破格の打たれ弱さでバランスを取ってるほど攻撃補助の両面に優れています。
 「ゼノブレイド」はサウンドにも定評がありますが、ハードの都合でどうプレイするのが一番良いかというとかなり微妙ですね。大雑把に

★本体から出る音でプレイ
★イヤホン使ってプレイ
★外部スピーカー使ってプレイ

 ってことになりますが、外部スピーカーだと本体で発揮される疑似サラウンド効果が無くなりのっぺりした印象になってしまいますね。もちろんスピーカーそのものはあんなちっこい本体に付いてるものよりは上なわけなんですが、サラウンド効果ってのは意外と馬鹿にならない。イヤホンだとサラウンド効果は気にならなくなるし、クリアな感じで非常によろしい。でもゲームに没入することになり、ながらプレイは厳しくなる。結局本体でのプレイが良いのかという……。まあ、案外そういうもんかもしれません。
スポンサーサイト

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)

XenobladeX (ゼノブレイドクロス)XenobladeX (ゼノブレイドクロス)
(2015/04/29)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

 私がWiiUを購入した理由はふたつ。ひとつは「ドラゴンクエストX」をプレイすること。今では3DSでもプレイ出来てしまうので、あえて積極的にWiiUを買う要因にはならない。もうひとつがいずれ出るであろう「ゼノブレイド」の続編をプレイするためである。なのでいろいろソフトを買って本体の元を取るというこれまでの考え方は最初からなかった。いずれ忙しくなるだろうと思ってたもんなー。実際忙しくなったよなー。正直この「ゼノブレイドクロス」が据え置き機でプレイする最後のビッグタイトルになるんじゃないかな、と思うですよ。
 これまでの公開されたPVはくり返し見ました。これはマジで恐ろしいゲームですよ。「ゼノブレイド」でも大規模なゲームだなーと思ったのに、それをあっさり様々な意味で塗り替えてしまっています。よく前作から4年程度でこれほどのものを作ったなーという印象です。これだけ凄いと「定価安くね?」と思ってしまいますね。今回は主人公がアバターだし、世界は更に広大だし、おまけに変形するロボットを複数所有出来る。個人的にはあまりこだわりないとはいえ、HD機でグラフィックも向上した。パーティメンバーも前作の3人から4人になり、オンライン要素も結構ある。確か「ゼノブレイド」も「これ、大雑把に見るとドラクエXに似てるよな」と思ったもんですが(実際にはドラクエXがゼノブレイドに似てる、だったっけ)、今回は更に似てます。他人のアバターを一時的にパーティに組み込めたりする辺りは、やっぱ言及せずには通れませんね。あくまでガッツリとしたオンラインによるマルチプレイではなく、二次的な要素に留めておくのはJRPGとしてはアリな選択なのかもしれません。
 そう、今回主人公がアバターなんですよねー。近年の私は「戦国無双クロニクル」の女主人公をベースにしたり、「シャイニングフォースIII」のシンテシスを再現してみたりしてたんですが、今回は設定出来るボイスに個性が有り過ぎてちょっと難しそうです。「モンハン」みたいにボイスがかけ声とかやられ声程度だけだったならどうにでも補完出来るんですが、あそこまでコテコテだとボイスから逆算してキャラを作るということになりそう。で、アバターだけじゃなくロボの方にも名前がつけられて、カラーリングも変更出来るんですよねえ。それだけでどんくらい時間つかうんだろうか・・・。使ってて楽しいキャラが信条ですから、当然アバターは女性キャラです。それだけは譲れません。ゲーム中一番見る事になるのが野郎の尻とかありえないでしょ。
 それにしても本当に楽しみだな! プレイ前にこれだけワクワクするのっていつ以来でしょうか。今の愛車を買う時以来かな? 大人になるっていうのは、こうしたワクワクを少しずつ失って行くことなのかなーとも思ってましたが、まだここにワクワク出来るものがあるとなると、やっぱ嬉しくなりますね。国産ゲームもまだ捨てたものじゃない。
 発売はいよいよ今月末。「艦隊これくしょん」の春イベントとモロかぶりです。「艦これ」の方は低難度選択で情報もゲットしてから短期決戦を挑むことにします。プレイするだけマシといったような感じ。両方ガッツリはぜったい無理だもんね。

Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付

Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付Newニンテンドー3DS専用 ゼノブレイド 【購入特典】Xenoblade Special Sound Track 付
(2015/04/02)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 どれだけ忙しくてもまったくゲームをプレイしないということは、私にはあり得ない。とはいえ、国内のゲーム環境が大きく変動してメインのプラットホームがスマホということになると、その限りではないかもしれない。私は基本スマホではゲームをしない。いざという時に電池が切れたらどうするのか。学生ならまだよかろうが、私も立派かどうかはともかく、社会人である。とりあえず携帯ゲーム機が息をしているうちはこちらで遊ぼうと思うというか、今のうちに主立ったタイトルを確保しといた方が良いかもしれないなー。
 で、今私がプレイしてるのがNew3DS版「ゼノブレイド」である。オリジナルのWii版が国産RPGとしては傑出した評価を受けた、その移植版となる。いくら3DSの強化版であるNew専用とはいえ、元が据え置きでオープンワールドが売りのこのタイトルまともに移植出来るのかいな、と思ったら、なんとまあ恐ろしいことに「ほとんどそのまんま」移植されている。違う所を見つけるのがちょっと難しいというくらいだ。もちろん演出などで多少異なる部分はあるし、そもそも立体視対応なのだから違うと言えば全然違うが、おおよそそのまんまだ。あまりにもそのまんま過ぎて、これといった変更&追加要素がよくわからないというほどだったりする。余計な手を入れるよりはベタ移植も選択肢のうちかもしれないが、今時こういう潔いのも珍しい。
 Wii版をプレイしてた頃は今ほど忙しく無かったので、このブログにもプレイ記が残ってる。読み返してみると私はダンバンの使用率が非常に高かった。回避系火力要員は使っていて攻撃的で楽しい。今回は前回と同じようなプレイを繰り返してもしょうがないし、あえて盾系ヘイト収束要員のラインを主力に据えた。ラインは序盤から主人公の相棒として登場するので、プレイアブルにすると大きな変化が少なく安定する。で、これが思ってたよりもとても面白い。ラインのメインアーツはリキャストが短く、実は結構手数が多い。タレントアーツのマッドタウントで敵のヘイトを集め的にしてもらうわけだが、アーツのゲージを増やす主な手段としてオートアタックとボーンアッパーのふたつがあり、オーラアーツのレイジと組み合わせつつ、どういうタイミングでどの選択肢を使って行くかの判断を常に要求される。で、きちんとヘイトを取れているか、仲間はどう行動しているかも把握しておかなきゃいけない。彼は基本それほど火力の高いキャラではないが、最終兵器的なアーツとしてソードパイルがある。オーラアーツのバーサーカーで防御を捨て攻撃にシフトし、バレットチャージという次に使うアーツの火力を上昇させるアーツと組み合わせることで、瞬間的に驚異的な火力を繰り出すことも可能。脳味噌筋肉キャラの癖して冷静な状況判断の迫られる性能となっている。こりゃ楽しいわけだわ。
 クリアにはまだまだ時間がかかりそう。でもあまり長引かせるとアレが出ちゃうんだよなー、アレが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。