宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼルダの伝説ブレスオブワイルド

やられました。今までアレルギーといえば弟の専門で私はなにも症状が無かったのですが、つい先週くらいから明らかに花粉が原因と思われるアレルギー症状が出るようになってしまいました。微熱に喉痛、それになんといっても咳。これが辛いです。よくない時は多少の頭痛もありますね。これいつまで続くんでしょうか。

今WiiUで「ゼルダの伝説ブレスオブワイルド」をプレイ中です。仕事の方が忙しいのと勤務時間が変則的なのがあってやむなくちょっとずつ進めてる状況で、最初の閉鎖エリアをようやくクリアして西の村へ向かっているところあたりになります。任天堂が放つオープンワールドゲーということで、ゼルダにはあんまり縁の無い私もWii Uのゲームあんまり買ってプレイしてなかったこともあり、珍しくゲットという次第。
これ本当にオープンワールドですね。ゼノブレイドはエリアを分けてマシンパワーの不足に対応していて、クロスは本格的なオープンワールドでした。ゼノブレイドクロスはその内容には賛否がありましたが、オープンワールド自体の出来はきっちり評価されています。このゼルダは作りとしてはクロス寄りです。壁によじのぼるアクションがあるため、本当にどこまでも行ける仕様になってます。ストーリーとかそっちのけで遺跡を発見してワープ地点を増やすこともやれば可能です。本当に自由度が高い。
RPGとアクション系の違いはありますが、クロスに似た部分としてとにかく「よく死ぬ」。普通のRPGならエリアで区切って敵の強さをアップさせていくものですが、オープンワールドだとそんなところへも行けてしまうので、分不相応な敵を相手にして惨殺されてしまう(苦笑)。リンクは基本的にタイマンで戦うキャラにチューンされているため、敵が複数になるともう危険です。死ぬ。それに落ちて死ぬ。溺れて死ぬ。自分の投げた爆弾に巻き込まれて死ぬ。今回はそうやって死にながら覚えて進んでいくタイプになってるみたいです。そのため、オープンワールドゲーとしてはデスペナが大変軽くなってます。
衣服以外の装備品には耐久度が設定されています。これが極端に脆い! 武器なんか二匹敵を倒したら大抵ぶっ壊れます。でも倒した敵も武器を持ってるからそれを奪うことで武器無し状況は回避出来る仕組みです。一概に強い武器を手にいれれば強くなったというわけでもないんですね。これは面白い。だから戦う時は常に頭を使わなくてはならない。メリットが無ければ戦いを回避した方が良いくらいです。
しかしこれ、まだまだ序盤っぽい。クリアするまでどのくらいかかるか見当もつきません。ま、気長に行くですよ。
スポンサーサイト

艦隊これくしょん劇場版

昨年十一月に「艦隊これくしょん劇場版」が公開されました。まず前提としてパッとしなかったブラウザゲーム業界に突然突風を吹き荒らした第二次世界大戦を潜り抜けた艦船をモチーフにしたゲーム「艦隊これくしょん」が最初にあり、その予想外のヒットによりテレビアニメかされ、その後すぐに後続の展開が発表されました。劇場版もそのひとつで、それ以外にテレビアニメ第二期の噂もあったはずですがそれが今どう動いているのかはわかっていません。重要なのは第一期のテレビアニメは大変な不評を買った、ということです。当時はそりゃもう酷い叩かれっぷりでした。その直接の続編となる劇場版ということで、ファンは相当な不安を持ってこの作品を待ち受けていたわけです。まあ、私自身はそのテレビアニメ版を見ていないので、そういった不安な流れに乗ってはいませんでしたが。
テレビアニメ版の何が失敗だったか、見てない私が分析してもしょうがないのですが、おそらくはファンの求めていたものをシナリオ、映像両面で提示出来なかったことにあったのだろうと思います。ブラウザゲームの方は止め絵の画像とスペックだけで、戦闘時も特にアクション要素はなく見ているのみ。なのでプレイヤーは実際にユニットである艦娘がどうやって敵と戦っているのか想像するしかありませんでした。果たして彼女たちは水上でどんな戦いを繰り広げているのか? これはアニメ化が発表された時からファンの期待の非常に大きなウェイトを占めていたはずです。が、これがかなりのハズレに終わってしまった。シナリオも微妙で、結局12話も使って何を表現したかったかまったくわからない。個人的にはシナリオは微妙というか、ストーリー的なつながりの無いオムニバス風味だったとしても、海戦シーンさえしっかり作り込んでいればここまで不評は出なかったんじゃないかと思いますが、どっちもダメなんじゃどうしようもない。
さて、劇場版は先日4DXでの公開も終わり、全国的にもほぼ上映終了となったようです。実は最近はアニメ映画の当たり年だったりして、大ヒット作に恵まれました。「ガールズアンドパンツァー」とか一昨年の十一月公開だというのに、まだどこかしらで上映してますからね。おかしいでしょ。それ以外にも「君の名は」「この世界の片隅で」「純黒の悪夢」など数多くのビッグヒットが存在します。それに比べたら些細なもんではありますが、テレビアニメ爆死作品の劇場版としてはかなり健闘した方ではないでしょうか。艦これよりも後に公開されて既に終了してる作品もありますしね。

で、私はこの作品を計四回も見てしまいました(笑)。もともとあまり映画館に足を運ぶ方ではないのに、同じ作品をこれほど何度も見てしまった。もちろんこれは面白かったからです。そうですね、点数をつけるとしたら90点あげてもよいくらいの内容でした。
なにが良かったのか? まず、ガルパン劇場版が二時間あったのに対しこちらは九十分しか尺がなく、必然として展開がとてもスピーディで無駄がありませんでした。逆にカットされた部分も相当あるんじゃないか、と想像も出来るわけなんですが、だれるよりはずっとマシです。欠けた部分があるなら後日ディレクターズカットとして見せてほしいですね。
そして海戦シーンが大幅に強化されて非常に迫力のある映像になっていたこと。ぶっちゃけた話シナリオがグダグダだったとしても、こちらがクリアされていたらファンとしてはそれなり満足出来たであろうと思います。冒頭の第八艦隊鳥海古鷹加古青葉衣笠天龍による夜戦から始まる戦闘シーンは、もうそれだけで私大満足!ってなもので、よくほんとこのメンバーでやってくれたなと思ったものです。人気の分散傾向の目立つ作品とはいえ、テレビアニメに出ていなかった鳥海古鷹加古をこれほど前面に押し出してくれるとは。特に加古は冒頭の遭遇戦だけでなく、後半の決戦の方でも主力部隊に配置されて、重巡でもっとも活躍した艦娘といって過言ではありません。重巡は他にも人気艦は多いし、加古が一番とか誰も予想せんわ(笑)。
分かりやすいシナリオと迫力の戦闘シーンの両方を手にいれた以上、劇場版はこの時点でもう成功です。後は描かれたシナリオに対する評価というか、考察にします。

続きを読む »

スマホにて

メインのPCが事実上の艦これ専用機となり、タブレットも安物だったのが災いしたか動作が非常に重くやってられない状態だったのと、私が今年始めから職場を異動になり特に一月大変忙しかったことで、ブログがまたもや放置気味になってしまいました。が、更新を諦めたことはありませんし、まだまだ書いて行きたいことはあるので、やめません。
で、今後はどうやらスマホから更新することになりそうです。タブレットで使うために買ったブルートゥースのキーボードがどうやらスマホでも使えるようで、これを使えば長い文章の登録もクリアできそうです。使い心地は悪くありませんし、条件が許せば職場からも更新出来るかもしれません。

とりあえず四度も見てしまった「艦隊これくしょん劇場版」についてはきっちり感想を書かなければならないと思います。今日久しぶりにオフですから、今夜くらい書けたらいいな、と思ってます。ただ、どういう風にまとめるかに関してはまだ全然考えてなかったりしますが。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。