FC2ブログ

宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

謎解きはディナーのあとで

謎解きはディナーのあとで謎解きはディナーのあとで
(2010/09/02)
東川 篤哉

商品詳細を見る

 個人的にファンであるミステリ作家、東川篤哉の新刊が先月発売になりました。ここ最近の氏の著作は文庫でもノベルスでもなく、ハードカバーですらないソフトカバーフォーマットでの発売になっていて、その辺の本屋では売っていません。コアな人気のついてる作家なら売り上げ自体に差は出ないから、単価を上げていくという方向性なのでしょうか。確かに最近ノベルスも買って無いもんな。これも結局amazonに注文しました。が、なんか妙に売れてるらしくて、もう第4刷です。なんでかな。
 今回は東川作品初の短編集です。前々からウワサされていた「学ばない探偵達の学園」シリーズのスピンオフ霧ヶ峰シリーズではなく、令嬢刑事と執事探偵による安楽椅子物となっています。アホな上司に振り回されつつユーモアを交えて本格推理を進行させていくあたり、赤川次郎的な雰囲気を強く感じさせます。
 主人公の宝生麗子はものすごい大金持ちの娘。適当に系列会社に放り込まれるのが嫌とかで警察官になり、今は殺人課の刑事。ただし、彼女が令嬢であることはごく一部の人間しか知らない。ブランド物をわざと地味に着こなし凡俗を装っている。アホな上司の風祭警部も宝生家ほどではないものの、かなりの大金持ち。こっちは偏ったセンスを常に全開にして殺人現場の空気に新風を注ぎ込む。風祭の安易な推理を心の中で足蹴にしつつ、麗子は事件を自宅へ持ち帰り執事の影山に相談する。「本当はプロ野球選手か探偵になりたかった」という影山は毎回麗子にきっついダメ出しをしつつも、それを奇麗に解決してしまう。麗子としては「こんな事件も解決出来ないなんてアホですか?」とか言われて内心ムカついてるものの、影山の推理力についつい頼ってしまう。というわけで、麗子と影山はシンプルなようでいて複雑な関係である。
 東川作品の特徴は、本格仕立てのミステリの中に過剰なまでにギャグを投入することにある。木を隠すなら森の中というフレーズを地で行く「伏線を隠すならギャグの中」という手法が読者を無駄に混乱させる。ただし今回は短編ということである程度スッキリまとめる必要があり、ギャグは軽妙な会話シーン程度に抑えられている。これが長編になると酷いことになる(褒め言葉)。今回収められた6つの事件は全て構図としてはかなりシンプルでわかりやすい。素晴らしいのはいくつかの事件で、事件そのものにもユーモアによる装飾を施しているところです。特に最初の「殺人現場では靴をお脱ぎください」の内容は秀逸。部屋の真ん中でブーツを履いたまま殺されていた被害者の愉快な真相を実に論理的に解決して行く過程がおかしい(笑)。殺されてるのに愉快ってのは不謹慎だけど、そういうしか無いから仕方が無い。
 東川氏の作品としては図抜けてドラマ向けだと思うんで、ぜひ実現して欲しいところです。
スポンサーサイト



comment

#No title
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
  • by:藍色
  •  | 2011/11/30/04:12:09
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「謎解きはディナーのあとで」東川篤哉
「失礼ながら、お嬢様の目は節穴でございますか?」 令嬢刑事と毒舌執事が難事件に挑戦。ユーモアたっぷりの本格ミステリ。 執事とお嬢様刑事が、6つの事件を名推理!ミステリ界に新たなヒーロー誕生! 主人...
  • by:粋な提案
  •  | 2011/11/30/02:51:51

Pagetop ]