宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とめはねっ! 鈴里高校書道部 8

とめはねっ! 鈴里高校書道部 8 (ヤングサンデーコミックス)とめはねっ! 鈴里高校書道部 8 (ヤングサンデーコミックス)
(2011/05/30)
河合 克敏

商品詳細を見る

 なんか7巻のレビューをしてなかったような気がする。まあいいか。スピリッツに移籍した「とめはねっ!」の8巻が発売されました。いきなり見た事無いキャラが表紙になってたことにちょっとびっくり。時期的にいって新入生だろうと思ったらその通りだった。というわけで、書道部の面々も一学年アップしております。
 河合氏の作風についてはこれまでのレビューでも触れてきてるし、改めて書こうと思っても同じことばかり並びそうなんで控えておきます。逆に言えば8巻を読んでも同じにしかならないということは、ブレが出てない証拠。さすがです。

【かな文字対決のこと】
 大槻藍子さん可愛い。普通に可愛い。京都弁でショートカットでなかなかの美少女で、なおかつ男性恐怖症。ゲスト的な立ち位置に留まるには非常に惜しい。わりと突っ走る性格で柔道部に吶喊した時の壊れ顔がまた良い(笑)。自信家だけど、望月と一条のことを気にして後を追っかけたりとか、可愛い上に性格も良い。そこはかとなく上品でもある。次はいつ出て来るんだろうか……作者が遅筆だけになあ。P77のあかんべーは反則的。
 一方、8巻目にしてようやくスポットの当たった鵠沼の見城美弥子さんも大槻藍子とはまったく別の魅力でやはり可愛い。以前から密かな人気キャラではあったが、出番無かったもんなー。その一方でブラック日野ちゃんの株が大暴落(笑)。いや、本当に落としてるのか、これは。なんでこの双子はこんな両極端な性格になってしまったのか。勅使河原も少し触れてるけど、酷い性格なのになんとなく許せてしまうのは一応人徳と言うべきか。
 縁は素直な分吸収力がハンパ無いというタイプの天才か。いずれ大成しそうだ。

【鎌倉でデートのこと】
 つい先月あの辺を歩いてたと思うと少し感慨深い。1カットだけど建長寺も出てたっぽい。縁は子供のころこの辺りに来ていた。一条も同じ。ひょっとすると昔に出会ってたりとかしてたかもしれない。時間の都合で大仏様は見られなかったんだよなあ。残念だなあ。
 着るものがジャージしかないという望月が選んだのはコメントの酷く難しい微妙な服装だった。この子も勿論天才ではあるが、こっちは優れ過ぎてて欠けてるものも多いタイプっぽい。天然という店では共通している。しかし、「望月さん、今日ジャージじゃない!」で縁が驚いてしまうってのもアレだな(笑)。望月的にはそんなんでいいのか? 何について話すにも金に換算せずにいられない私の上司と似たような感じで、望月は勝負論から離れて物を考えることが出来ない。作中一番の自信家である彼女が一番ヘタクソってのはやっぱり面白いな。それで縁と一条を会わせてしまうというのは空気が読めてない。逆に縁は空気読もう、空気読もうとしすぎるタイプ。滑稽にも映るものの、人柄がよく現れる部分だから彼を悪く言う人間がいない。自分で気付いてない類いの強みだな。
 一条は金文に関する部分が微妙に怪しい。あれはやっぱ縁に直球を投げられてごまかしたんじゃなかろうか。

【そして一年が過ぎていたこと】
 この漫画は新入生への部活のオリエンから始まった。でもってふたたびオリエンの機会が訪れた。引退する人間がいないため、当面書道部は安泰ということになる。あ、そういえば望月が掛け持ちだから0.5人分ってことで危機になったって話もあったんだっけ。さりげにたまーに出て来る遺跡発掘部の村田がこれまた地味な存在感を持っている。なんでヤンキーがこんな妙な部に入ることになったんだろう? 謎だ。
 一年前、わりと非常識な流れで縁と望月の2人が書道部に入った。今回もふたり入部となった。一応一年にふたり入れる事が出来れば部も安泰か。新入部員一号が今回の表紙になった羽生翔子。小柄で柔道日本一の望月に憧れて同じ学校の同じ柔道部に入ったという、見た目そのまんまな子。裏が無くて表ばっかり。望月が書道部と掛け持ちしていると知るや、追っかけて書道部に入ってしまうんだから筋金入りである。微妙に今後の立ち位置が不明なキャラではあるが、望月にとって柔道では圧倒出来ても書道では負けてしまうかもしれないという力関係は結構面白そう。間違い無く縁なんか眼中に無い(笑)。新入部員二号、島奏恵。書道部顧問影山の従妹という、意外な方面から攻めて来たキャラ。しかも日野ちゃんと被るメガネ属性。相当に真面目な性格をしていながら得意とするのが前衛書という直球のようで変化球なキャラ。羽生とは真逆な文系少女である。仲悪そう(笑)。
 これまでの書道部は縁+女性部員4人という構成で、個人的にはあまりハーレム的な印象は感じていなかった。が、新入部員がふたりとも女の子だったことで突然ハーレム色が濃くなった気がする。女子部員が6人。それぞれ違った方向でキャラ立て出来ているあたりが河合氏の技量の高さを示している。……ああ、そうか……ハーレム色が濃くなったというよりも、新入部員の来た後半縁の出番が全然無いんだ(笑)。影山の方が目立ってる。絵面が女の子ばかりだからギャルゲーみたいな印象受けたのかもしれない。

 9巻までまた間が開きそうだ……。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。