宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週(先週)の週刊少年マガジン

 風邪のせいもあって睡眠時間増やしたらレビュー書く時間が無くなってました。なんとか楽になってきたことだし、ぼちぼち書いておくことにします。次の号もう出ちゃったけどね。あと喉がやられて声が楽しくなってたりします。今年の風邪は喉風邪だわー。

【エデンの檻】
 まだ私がマガジンを買い始める前の話ですが、いわゆる「クンニ騒ぎ」があったのはこの作品です。単行本では修正されたらしいですけどね。ま、「生徒会役員共」ではコトミが普通に同じ台詞を吐いてたりして、それでもなんにも言われないわけですが(苦笑)。で、仙石vs矢頼のガチ喧嘩の話。この漫画はいろいろな情報が錯綜していて、それがどうやって一本につながるのかわからんところがあって、某キャラの予知能力もそのひとつ。これは島とはあんまり関係無さそうだし、単なるご都合キャラなのかもしれない。今回はふたりのバトルに瀬川が割って入ってひとまず水入り?になりました。が、瀬川、脇腹を殴られて「メキ」とか「ボキ」とか音がしてるんだけど、大丈夫なのか。こんな医者といえば錦織しかいない島でそんな怪我したら死んじゃうんじゃないか?
 ラストのページ……お前らズボンとパンツ普通に脱いでんじゃないよ(笑)。次回以降はモンハン状態になりそう。怖い怖い。

【エアギア】
 確かにこの作品において桁違いの実力を表現するのにもっとも効果的な方法ではあるのかもしれない。とはいえいくらなんでもトンデモ過ぎてなんて言ったらいいのかわからない。いわゆる悟空とかピッコロの「超重い服着てました」に似たもんではあるけど。この漫画、この前序盤から中盤くらいまで単行本で読んだら、ちゃんと面白かったんですよね。クライマックスなのに今の方が話とかバトルの概念が分かり辛くていまいちキレてない。とはいえ、これが最終戦だってことに違いは無い。あと一年もかからず終わるんじゃないかな。

【波打ち際のむろみさん】
 毎回単発のショート枠だから、あえて扱おうとしない限りなかなかレビューされることが無い。なので今回レビューしておこう。なぜか博多弁を喋る人魚がヒロインの変な漫画である。個人的には先日アニメ化された「だぶるじぇい」なんかよりも面白いと思うんだけど、いまいちブレイクしてないなーという印象。かといって全然売れてないわけでもない。ま、「だぶるじぇい」はアニメ化されたと思ったら速攻連載終了したんですけどね。マガジン編集部は何を考えてたんだか。
 人魚で太古の時代から生き続けてるむろみさんは人間とはだいぶ感覚が違うらしくて、時折シュールを飛び越えたネタをかますことがあります。「産卵するから精子くれ」みたいな。見かけは人間に近くても、生物としてはほとんど魚そのものらしい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。