宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今週の週刊少年マガジン

 19号です。前回ベビステが休載で物足りなく感じてたら今回は生徒会役員共が休載という悪魔のような展開に心が萎えます。最近のマガジンはとにかく新連載陣がどうしようも無い状態なので、好きな作品が休載だと非常にがっかりな気分になってしまいます。買い始めた頃よりも明らかに面白く無い。こういう状況だけに、古参の「一歩」とかをキープするしか無いのですよね。これはまあ、仕方が有りません。なんのかんの言っても「一歩」はそれなりのレベルはキープしてます。む、あまりネガティブになるのはやめましょう。私は岡田隆之では無い。
 ところで裏表紙がPSPの「シャイニングブレイド」なんですけど、こんなのシャイニングじゃねーよ!と思ってるのは私だけじゃないはず。

【零】
 ふと気付くと勝負開始からあっという間の決着だった。けど、ジュンコとの勝負はトータルでは結構回数使ってたはず。なんかこう、話の組み立ての妙なアンバランスさを感じずにはいられない。でも今回は決着後のまとめもすっきり終わっててナイスな感じです。
 しかし零の「ちょっと悪人ぶりました!」は最近のマガジンでは珍しく非常にインパクトのある印象的な台詞でした。こういう台詞はキャラクターに深みを与えますね。なんだ、「零」面白いじゃない。このレビューでも登場回数多めのはず。なんかとんでもないオチがついたし、ジュンコの異様な頭のデカさも気になるけど、ともあれ次回は新展開ですね。

【ドラゴンコレクション】
 これはこのレビューで紹介するのは初めてだっけ? どうだったかな、覚えてない。少なくとも個人的に毎回楽しみにしてる作品ではない。ただ、抜群に面白い訳じゃないけど、それなりのレベルをキープしてたりはする。弾けないけど、崩れもしない。
 今回わりと衝撃的な酷いシーンがあった(笑)。10分て……10分て(爆笑)。いや、酷い酷い。最悪だ(笑)。

【グッドエンディング】
 「彼女が選んだ結末をオレは今でも許していない」。なかなかに重みのある台詞……でもコイツ主人公じゃないし、本編とはほとんど関係が無い。この作品、メイン格の彼女と別れて他のヒロインとつき合うようになって、なんだかんだで上手く行っちゃってる。それはそれで悪い展開じゃ無いんだけど、じゃあこの作品が今後どういう方向へ進んで行くのかが見えて来ない。なんか上っ面を奇麗に取り繕ってるだけで、いずれ大崩壊を起こしそうな雰囲気があるようなないような。やっぱよくわからない。この作品は今後どう転ぶかで評価が大きく変わって来るはずではある。しかし今回読んで連想したのはクリス・ベノワの死について触れたクリス・ジェリコに関する一文で、盟友だったベノワは親友だし尊敬してるが、心底軽蔑する、みたいなことを言ってたはず。いやほんと、ベノワの最後の三日間に何があったのか、日本のファンなら誰もが知りたいことだよなあ。

 さてと、今日は「ベビステ」21巻の発売日です。福岡でも二日遅れで到着します。「生徒会役員共」と「ベビステ」はこのマガジンレビューでは基本触れない分、単行本の方でレビューしますよ。今回は岡田隆之戦スタートですね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。