宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルマエ・ロマエ

映画 テルマエ・ロマエ ムジカ・コレクティオン映画 テルマエ・ロマエ ムジカ・コレクティオン
(2012/04/25)
サントラ

商品詳細を見る

 今日、不意に仕事が休みになりました。火曜日に休みが入った記憶がとんと無く、何をして良いかもわかりません。そこで前々から「見てえ」と思ってた劇場版「テルマエ・ロマエ」を見に、ウワサのJR博多シティへ行くことにしました。映画館へ行くのは「ディケイド」以来ですから、結構久しぶりですね。今日は五月一日。ファーストデーで入館料は1000円です。ラッキー。雨だったけどねー。
 「テルマエ・ロマエ」は出版不況の現代日本に突如として現れた「風呂がローマを救う」タイムスリップキテレツ漫画です。こんなふざけた漫画があれだけ面白いんだから世の中捨てたもんじゃありません。そんな作品を阿部寛を主役に起用して映画化、となったわけですが、内容は……めちゃくちゃ面白かったですね。場内も爆笑の嵐です。なんというか、悔しいことにこんなアホな作品の映画だというのに意外にも巧みな伏線、演出、構成とそういった面にうるさい私でも非常に楽しく見る事が出来ました。オリジナルである上戸彩扮するヒロインも大きな違和感無くとけ込んでたのが凄い。そりゃ絵面的には浮いてましたが、ローマの中に平たい顔族がひとり紛れ込んでるんだから、あれは浮くべくして浮いてるのであって、欠点として指摘出来るようなものではない。
 何がおかしいって全編おかしいんですけど、これ、風呂でしょ。そのせいで阿部寛は登場シーンの6割から7割くらいが全裸(笑)。冒頭から20分くらいずっと全裸だったんじゃないのかな。で、普通こういう作品だと場面転換も多々あったりして、主人公不在のシーンも構成上多くなって来るはずなのに、この作品はほぼ阿部寛出ずっぱり。つまり全編通しても作品の半分くらいは全裸なんです、彼。構図的にあの手この手で大事な所を隠してるのが面白くて仕方が無い(笑)。温泉たまごを食べた時の「うまっ?!」も卑怯なくらい面白かった。
 原作が原作だけにわりと幅広い客層でした。若い女性が多かったかな? それでもじっちゃんばっちゃんカップルとか、高齢層も少なくありません。先着100万人にプレゼントされるという原作者直々の特別編漫画も頂きました。撮影中の阿部寛がルシウス本人に遭遇するという内容で、これはこれで面白い。

 さてと……こいつはDVD買うしかないな。100点中100点あげたいほどの素晴らしい内容でしたからね。唯一イラっとしたのは製作の中にエンブレの浜村の名前があったことかな。ああ、スタッフといえばキャストに内田春菊の名前もあったっけ。蛭子さんも出てたのには笑った(笑)。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。