宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)

C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)
(2012/02/17)
加藤 元浩

商品詳細を見る

 ようやく「CMB」の補完完了。でもほどなく20巻が出てしまう。

 第五十四話「銀座夢幻亭の主人」
 昭和三十年代にこんな店があったってのが凄いな。いや、むしろ当時だからかな。サクラ大戦3、3DSに移植してくんないかな。しかしまあ、十代で自分の美貌で周囲を魅了した男の真意を、よりにもよって森羅に解明させようとするのは、適切な判断であると思えない。森羅はそれよりさらに年下じゃん。この話、ちょっと勿体ないと思おう。魔性の麗人の謎ってのを、加藤元浩ではいまいち表現しきれてない。内容自体は悪く無かったんだけど、相性が良く無かったというか。他の人に描かせた方が妖しさを再現出来たかもしれない。

 第五十五話「夜にダンス」
 いや、もうこの学校が良いとこの子女の通う設定とかどうでも良くなってるな(笑)。とはいえ、ルカのような悩みを抱えた若者ってのは多いんだとは思う。というか、多く無きゃ日本って国がどこまで夢の無いつまらないのかってことになってしまう。
 この話、描写が足りなくて一見森羅は事件に全然関わってなくて断片的なウワサでしか知らないはず……というように見える。けど、実は鯨崎警部が全部詳しく話していて、森羅は何もかもわかっている。その描写がまるまる欠けてるのはさすがにどうかと思う。一応警部が「寄るところがある」ってのが森羅のところだったんだよね。だからそのあと車で騒ぎの現場に来たとき、一緒に森羅とたつきちも車から降りている。そういやこの巻、たつきちの存在感が薄い。表紙にもいないし。

 第五十六話「大統領逮捕事件」
 vs燈馬想。どんな修羅場より、燈馬君と戦うことが一番大変だ! それが全てを表している森羅大苦戦の巻。「QED」の41巻とリンクしている、久々に大掛かりな話になってます。
 現代で一代にして国を大混乱に陥れて自国民虐殺とか凄い話だなー。一代で、ということで無ければありそうだけど。最近終身刑になった元大統領がいましたね。逮捕された独裁者の身柄を巡って、森羅と燈馬君が法廷で対決する。こんな場で日本人の高校生同士がやりあうとか、これもまたすごいロマン。片方は14歳だから飛び級だけどね。たぶん、14歳であんな背広にネクタイとか、かなり可愛いと思う(笑)。
 でもってブルスト刑事再登場。最近マウは出て来てないのに……。護衛対象が子供ではとか言ってるけど、ふたりのうち片方は中身怪獣、もう片方も逃げ足は速そう。燈馬君に比べたら感情豊かな森羅が、スワミ大統領相手に「あいつだけは許せない」発言。これはおそらく実母と三人の父を敬愛している彼にとって、親と子供を争わせたというエピソードがどうしても許せなかったんでしょうね。
 法廷のシーンを経て、燈馬君が勝利宣言&森羅に対するメッセージ。これ、「QED」側で可奈が「おまえらの頭が良いのは対話を省略するためじゃないだろーが!」とぶち切れたことで生まれたシーンなんですけど、それにしては燈馬君の話に具体性が無くて受け取る方も困るよね。これ、森羅が燈馬君に負けない頭脳の持ち主だから良いようなものの、そうでなきゃちんぷんかんぷんな可能性もある。
 その後森羅とブルスト刑事が襲撃されるシーンに、実はたつきちがいない。当たり前だけどこの襲撃が芝居だってことはスワミ側以外はみんな知ってるから、重要な戦力は必要な場所へ適切に配置されたということ。この頃たつきちは燈馬君&可奈と一緒に行動してて、乱闘劇を演じてたりする。可奈もたつきちもあまりに強過ぎて、もはや武装騎士ひとりにちょっと苦戦しちゃったのが黒歴史というレベル(笑)。
 森羅vs燈馬君は緊張感あって良いけど、そろそろマウが見たいな。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

trackback

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【C.M.B.森羅博物館の事件目録(19)】
C.M.B.森羅博物館の事件目録(19) (講談社コミックス月刊マガジン)(2012/02/17)加藤 元浩商品詳細を見る ようやく「CMB」の補完完了。でもほどなく20巻が出てしまう。 第五十四話「銀座夢幻亭の主人」 昭和三十年代にこんな店があったってのが凄いな。いや、むし...
  • by:まとめwoネタ速neo
  •  | 2012/06/09/18:20:38

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。