宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シンテシス、怪獣に勝てない

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii USBメモリー16GB同梱版) (封入特典:ゲーム内アイテムのモーモンのぼうし同梱)ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン (Wii USBメモリー16GB同梱版) (封入特典:ゲーム内アイテムのモーモンのぼうし同梱)
(2012/08/02)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

 実は毎日プレイしている「ドラゴンクエスト10」の続きです。基本ソロプレイメインでサポート仲間を雇って進めているわけですが、やはりどんな仲間を雇うかってのが重要なポイントになります。私は僧侶なので、僧侶は雇いません。私にとって僧侶の需要が無い。逆に戦士系の職業なら僧侶は必須。だから私みたいなMP回復特化僧侶はかなり需要があるということになります。というか、パーティプレイで無いなら棍、槍の出番はまったく無いような気がします。スティックによるMP回復一択。ただ、火力は全然無くなりますが。棍、槍特化だと意外と攻撃力も上がるっぽいです。で、僧侶の私が雇うのはやはり戦士。爪による二回攻撃可能な武闘家は基本ノーサンキューです。「10」は雑魚敵も強く硬い。となると低い攻撃力を手数でフォローしようとしても、硬い敵に対して1しかダメージを与えられないなら二回攻撃でも2。戦士なら同じ硬い敵でも装甲を抜いて10くらい与えられるかもしれない。同じ劣化戦士系の盗賊、旅芸人は装甲抜けないならやっぱ需要無し……と言いたいところですが、使える呪文の関係で旅芸人は出番があったりするらしいです。いずれにせよ、戦士の差ってのは単純スペックでしか無いので、より攻撃力の高い奴を選ぶべき。守備力は……まあ僧侶の回復の腕次第でどうにでもなるでしょう。そういう意味ではレベルアップする度に雇う戦士も入れ替えて行くってのもひとつの手ではありますね。特にレベル7の倍数の時は装備品も向上するから、入れ替える価値はかなりあります。
 安定して戦うなら自分(僧侶)、戦士×2、魔法使い×1が良いですね、やっぱり。物理に対して硬い雑魚敵もいるんで、そういう相手に対して魔法使いがいると心強い。もっとも狩り場によってはMP残量を気にして不安定になる魔法使いを入れるよりも戦士×3の方が良かったりはするでしょう。魔法使いも僧侶同様MP回復仕様を雇いたいところ……というか、そうでないと役に立ちません。使える魔法はレベル依存だから自分と同じレベルのキャラを雇う以上、特に問題無し。ってわけで、戦士に比べるとスペック差をシビアに比較する必要は無いです。
 てな感じでレベル23まで来て、だいぶ安定して戦えるようになった……んですが、ストーリー上の中ボスを相手に行き詰まってしまいました。攻撃力高い、防御力高い、不安定ながらも時々強烈な攻撃が飛んで来る、HP高い……と、非常に困ったスペックの持ち主です。現状、戦士系では装甲を抜くことが出来ません。となると魔法使いの出番ってことになるんですが、彼らがMPを使い切ってもまだ余裕のHP残量というタフネス……これ、パーティプレイで上手く立ち回ればレベル20でも倒せるらしい(敵の攻撃を位置取りで回避出来るため)のですが、サポート仲間はアホだから避けてくれないんですよね。どうしたもんかなー。ま、ここで倒せないから先へ進めず経験値稼ぎにも限界があるってことは無く、とりあえず放置して進むことは出来るんで、単純にレベルを上げてどうにかすることは可能だと思います。レベルさえ上げれば装甲を抜けるようになって戦士の方が安定するかもしれません。あのむかつく怪獣にリベンジするのはいつになることやら。
 ところで今回はオンラインということで、従来通りのドラクエの文法を使っている部分もあれば、改変している部分もあります。ルーラが削除されてどこへでも自由に飛び回れる仕様は無くなりました。その代わりにルーラストーンという、あらかじめ行き先を登録しておくアイテムが用意されています。あと全滅した時に復活する教会の場所なんかも別個に登録出来るようになってたりして、アイテムを買い込んで職人としてアイテム作って死んでデスルーラを使って行商なんて荒技も出来たりするようです。他に改変されてるのはメタル系モンスター。これまでは公式バランスブレイカー的な存在でしたが、オンラインゲーになってそのまんまにしておくわけにはいかない。ってことで、今回のメタル系モンスターは他のモンスターのお供としてのみ低確率で登場という扱いになりました。「9」同様シンボルエンカウントですが、メタル系モンスターはシンボルとして表示されないということです。だから狙って狩ることは出来ないし、たまーに出て来たとしてもメタル狩り仕様のキャラになってないだろうから、簡単には狩れない。宝くじみたいなもんです。本来の意味でのラッキーモンスターになったってことですね。その代わりに、大抵の場所で出て来るらしいです。決まった出現ポイントを持たない。私はまだ一度も狩れたことが無いんで、狩れた時には写真に撮っておきたいですね。ちなみに設定でボスを倒した瞬間を自動撮影なんてことが出来るようになっています。
 あ、そうそう、気晴らしに他の種族のテリトリーにも行ってみました。やっぱ雰囲気が違いますね。プクリポの所は店の店員もプクリポだからなんか和む(笑)。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。