宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学校教育は敗北してしまうのか?

 大阪の市立高男子生徒が自殺 部活顧問、体罰か

 という記事を他所のブログで読みまして「体罰絶対良く無い! 前時代的! 指導と暴力の取り違い!」みたいな趣旨でエントリがアップされていました。まあ、大筋ではその通りだし間違いでは無いだろうと思います。受けた側が結果追い込まれて自殺してしまうような行為を許しておいて良いはずはないでしょう。ですが、じゃあ指導と暴力のラインってのは誰がどうやって判断するの、というのもまた私の中にはあるんですよね。そうした物を排除した結果、生徒はつけあがる。教師は匙加減がわからず、無難なことしか出来ないようになる。で、そうやって育ってきたガキがまた全然使えない、と。
 今の教育の問題点はイデオロギーというものからアホみたいに遠ざけていることと、勉強のやり方だけ教えて社会での生き方に関してまるでノータッチって二点に集約されるでしょう。前者はとりあえず、今の総理がどうにかしたいと考えているようだから置いておくとして、現実問題として個人的にものしかかってきてるのはやっぱ後者なわけですよ。仕事ってものを、ゆるーい文化系の部活動と大差ない感覚でしか見る事のできないガキが多過ぎです。それでも自分とこで預かった奴くらいはどこへ出しても難儀しないように育ててやる義務が、こっちにはあるだろう、というのがうちの職場の方針だったりします。その点から考えて、やっぱり体育会系の部活を経験して来てる奴は、他に比べてまだかなり能動的に動けるんですよね。文化系の奴は「仕事には制限時間がある」とか「使える奴は使えない奴よりも厚遇される」とか、当たり前のことが根本的に理解出来ていない。焦るとか、競うとか、そういう経験の無い奴が、ただ単にペーパーテストで点取る技術があるってだけで社会で通用する訳がない。むしろ「どうすりゃ出来るようになるか」ってことを考え出す分、出来ない奴の方が指導しやすかったりもする。
 記事の件に関しては、責任感の強い部長だったというなら、かなり将来有望であったろうと思います。そういう出来る部類に入る子を体罰で自殺に追い込んだってことを考えると、教師の方も成果至上主義で方向が間違ってたと言わざるをえないでしょうね。少子化なんだから、今は子供は宝です。アホに育て上げてしまうような余裕は無いはずですよ? 厳しくするべき所では厳しくしなければ。それが本当に相手の事を思って鍛えるってことのはず。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。