宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナQ P4クリアメンバー

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』&Amazon.co.jp限定PC壁紙付(2014/6/5注文分まで)ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス 特典サントラCD『PERSONAQ SOUND OF THE LABYRINTH』&Amazon.co.jp限定PC壁紙付(2014/6/5注文分まで)
(2014/06/05)
Nintendo 3DS

商品詳細を見る

 現在P3主人公で三番目のダンジョンを攻略中です。最初から強いからポンポン進んでますが、レベルが中途半端だからぼちぼち苦戦もするようになって来ました。お人形さんのFOEに一度全滅喰らってます。即死はやっぱ強い、怖い。
 さて、このゲームはあからさまな「世界樹の迷宮」をベースとしたペルソナシリーズ亜流なわけですが、一応時系列的に本編に組み込めるようになってるみたいです。自分でマップを書いて行く進める楽しさと、FOEやダンジョンのギミックを利用したパズル要素の融合がかなり高い次元で実現していて、ちょっと目から鱗でした。ダンジョンそのものをこれだけ楽しませるゲームってのもなかなか無いかもしれません。雑魚戦では強烈な技や魔法が飛び交い、ボス戦では燃費の都合上じっくり地味に進めて行くという戦闘バランスもなかなか良いですね。雑魚戦での即死魔法が恐ろしく強い反面、ボスでは役立たずになってしまう。じゃあ、どうするか、という。そこでサブペルソナやアイテム化などを利用してカバーしていく。合成、超重要です。
 P4主人公でクリアした時のメンバーは、主人公、千枝、完二、雪子、直斗の5人。結局最初から最後までほぼ固定でした。途中で依頼クリアのために他のメンバーを入れた以外はこのまんまです。千枝、完二を陽介と入れ替えても戦力的にはほぼ変わらないかな? クマはどうなんだろう?
 P4主人公。能力値が見事にフラットで穴が無い反面売りが無い、というのが売りというキャラ。弱点が無い上に素で闇系無効を持つため事故死し辛く、安定する。使い易いけど、どう運用するかというとなかなか難しい。実際最後の最後にデスカウンターを身につけるまでは主戦アタッカーではなかった。安定した能力を活かしてアタッカーではなくサポートに回るという手もあったかもしれない。デスカウンターは自分を含めた同列の仲間が攻撃を喰らうとオートで反撃するというもので、反撃ダメージが実はかなり高い。相手がボスで複数攻撃だったりするとそれだけ反撃回数も増えるため、強ければ強いほど高い効果を発揮する。ラスボス戦が主人公唯一にして最大の見せ場だった。
 里中千枝。キックで戦う壊属性物理アタッカー。物理アタッカーとはいえど、弱点を突いてブースト状態になり消費をゼロにする重要性は変わらない。というかむしろSPが極端に低い千枝こそ慎重に燃費の管理が必要だ。彼女は自前でクリティカル率を上昇させるスキルを持っていて、これが後半になると味方全体に効果を及ぼす。ブースト状態は弱点を突く以外にクリティカルでも発動するため、わりと重要。そこへパッシブ系のクリティカルスキルを身につけて属性攻撃に頼り切らないスタイルを会得、チャージからクリティカルブレインシェイクへつなぐと4桁に迫る恐ろしい火力を発揮する。実際プレイ中最大火力を叩き出したのは千枝だった。ちなみに同じ系統のP3キャラ真田先輩もやっぱり火力担当。強い。
 巽完二。こちらは属性に頼りつつ、攻撃スキルで相手を叩きのめすスタイル。HPが非常に高いため、HPを消費する技をわりと安易に使うことが出来る。完二も自前でもともと遅い攻撃順序を覆しつつ攻撃力を上昇させるスキルを持っていて、意外と器用に立ち回ることが可能だったりする。下克上スキルでHPが多い敵に対して火力アップ&状態異常の敵に対して火力アップのスキルもつけたら、ナチュラルに高いダメージを安定して叩き出すキャラになった。主人公がアタッカーとしてはやや力が不足気味、千枝が爆発力はダントツでも安定しないことを考えると、使い易さでは一番上かもしれない。
 天城雪子。基本回復担当。ただし強力な回復魔法は燃費も悪いため、自前でも属性攻撃してブースト状態をキープしつつ回復を狙えるようにするのが望ましい。彼女の場合火系魔法のスペシャリストで、武器にも火属性がついてるものがあり、相手の弱点が火ならもう勝ったも同然。そうでないと面倒臭い。SP回復アイテム必須ってことになる。彼女が落ちてしまうとボス戦で戦線が維持出来なくなってしまうため、防御系の効果の高いアクセサリをつけておきたい。千枝や完二は他のキャラと入れ替えても良いけど、雪子はいないと困るな。
 白鐘直斗。このメンバーの中では一番素早く行動出来て、最終的にマハンマオン、マハムドオン、メギドラオンを習得してしまう凶悪キャラ。繰り返すが即死魔法の強烈なこのゲームにおいて集団即死魔法を光闇どっちも使えてしまう直斗は雑魚戦で無類の強さを発揮する。あまりに楽が出来てしまうため、どっちの即死魔法も通用しない敵が出て来た時に困ってしまう。ボス戦では本当にあんまり役に立たない。彼女も雪子同様、風属性の武器を使用出来るので、あえて攻撃力の高い武器を封印してブースト状態を作り出し、サポート系のサブペルソナをつけておくとどうにかなってくる。他に完二につけさせた状態異常の敵に高火力のスキルを活かすため、あえてダメージ1でも状態異常を誘発する武器をつけたりするのも美味しい。
 千枝や雪子はP3メンバーでも代わりを担えるキャラがいるけど、直斗の代わりはいない。そこを考えると弱点の多いP3主人公&P3メンバーオンリーでプレイする方が難易度は高いね。となると、弱点の無い荒垣先輩を起用するのが安定するのかなー。ちなみに今はP3主人公、真田、コロマル、ゆかり、アイギスというメンバー。ある都合から主人公のレベルだけ抜けて高いんだけど、それよりずっと低い真田の方が高火力という謎。というか、真田むっちゃ強い。さすが脳筋先輩。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。