宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立花山行って来た

 福岡市東区を突っ切る国道三号線は、北九州方面へ北上するルートの東側に国指定の天然記念物である橘原生林を抱えるわりかし広大な森林エリアがあります。私自身学生の頃から16年ほど、その国道の東側に住んでおりまして、あの緑の生い茂った山の中に踏み込んでみたいなあ、と思っていました。が、そこから森の中に入って行くルートが無いのですね。天然記念物で保護されてる原生林だし、入れないんだろうなあ、と思っていたのですが、実は森の更に東側、福岡インターを更に先に行った辺りから北上する35号線から登山道に入れることを、わりと最近知りました。で、暑さも和らぎ、長雨もようやく終った今の時期なら絶好だろうってことで、今日行っちゃったのです。仕事の後に(苦笑)。
 標高400m足らずのこの立花山は、そもそも地元民ではなかった私は知らなかったのですが、地元の小学生の定番登山スポットらしいです。東京都民なら高尾山に登る、みたいなもんでしょうか。ちなみに戦国時代には立花宗茂が攻め寄せて来た島津氏を迎え撃ったのがここだそうです。わずかですが城の石垣跡もあります。でもぶっちゃけ、いかに島津が精強を誇っていたとしても、ここを攻めるのはかなり無理があったんじゃないでしょうか。標高こそたいしたことありませんが、道らしき道はなく、しかも斜面は恐ろしく急です。
 というわけで、疲れた身体で散歩がてらに登る山では無かったのでした。晴れてて日が良かったのか、ほかの登山者もいっぱいいましたが、登山装備じゃなかったのは私ぐらいなもんだ(笑)。スポーツシューズだったのだけが幸いで、すぐにヘロヘロになっちゃいました。それでも一応山頂まで行きましたよ。東区と和白から志賀島への光景がばっちり見える壮観な景色は、さすがに苦労して登っただけのことはありました。ちょうど真昼だったから、ほかの大勢の登山客が頂上でビニールシート広げてお弁当中でした。私は水分補給のペットボトルのひとつすら無く……。
 しかし、二十年来の宿願をクリアしただけに、感慨深いものはあります。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。