宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死闘ジムリーダー編

201512301225123b5.jpg
 新年あけましておめでとうごさいます。もうちょい早くエントリを書くつもりでしたが、いかんせん12月の中旬あたりから猛烈に忙しい上に休みが一日も無いという有様でして、ちょっとでも睡眠時間が欲しいという状態でした。今は多少は解消されたものの、やっぱり休みは無いという感じです。でも上手く行けばなんとかなるかなーというような……過剰な期待はしないようにしておこうかな(苦笑)。
 でもってポケモンの続きです。すごいです。なんせそんな状況であるにも関わらず、年末に始めたこの「ポケモンホワイト2」のプレイ時間が30時間を超えています。「ジョーカー2」が風呂に入ってる時にのんびりとプレイするという目的で買ったとはいえ、あっという間にそのプレイ時間を超えてしまったという……。「ペルソナQ」以来本当に久々に「艦隊これくしょん」をサブに追いやるゲームが現れたということですね。いやほんと、ポケモン面白いわー。なんでこんな面白いのに、距離を置いてたのかなー。もったいない。
 しかし手強い。今でもまだまだポケモンの相性をよくわかってないままプレイしているため、時々思わぬひどい目にあったりします。ポケモンの戦闘は基本1vs1で、4つの技だけを使うコマンド選択方式です。ところがどっこいこれが意外なほどに奥が深い。普通のRPGと何が違うかというと、いわゆるホイミやベホマラーといった便利な回復呪文が存在しない。ポケモンは自分以外の他者のHPを回復することが出来ない。出来るのはプレイヤーであるところのトレーナーが薬などを使って回復してやるだけ。それゆえに「ドラクエモンスター」では当たり前のアタッカーとサポーターという概念の分け方がなく、すべてのポケモンがアタッカーでありサポーターでなければならない。そして「レベルを上げて物理で殴る」という基本戦法が数多く複雑な相性のため、そう簡単には行かない。格闘ポケモンはノーマルポケモンには無類の強さを誇るが、飛行や電気に大変弱い。全てのポケモンには弱点があり、「安定度の高い」アタッカーは存在しても、「ド安定」なアタッカーは存在しない。だから手持ちの6つのポケモンにどんな相手が来てもどうにか出来る選択肢を内包させる必要がある。そう考えると覚えられるのが4つの技というのはとても少ない。プレイヤーは常に変化する状況に対する自分なりの最適解をチョイスしていくことになる。あと好きなポケモンに愛情を注いで長く使っていけるのはやっぱり良いよね。「ドラクエモンスターズ」はそこが致命的にアウトだった。
 ポケモンはどのシリーズも例外なく少年少女がポケモンと出会い旅に出るというロードストーリーで、数多の街をめぐり8人のジムリーダーを倒しポケモンリーグへ向かって四天王とチャンピオンを倒すという点で共通しています。30時間のプレイでこれまで8人のうち6人のジムリーダーを倒すことが出来ました。ストーリーを進めつつチュートリアルとしてジムリーダーと戦わせる。これを定形にしてしまったところがポケモンのひとつの巧妙さですね。3人目のヒウンシティのアーティまでは普通に勝ててたんですが、4人目のカミツレからだいぶ様相が変わってきました。カミツレは電気ポケモン使いです。さっきポケモンには相性があるからド安定なアタッカーは存在しえないと書きました。が、電気ポケモンは次善の安定アタッカーになる可能性があります。電気の弱点は地面ただひとつしかないからです。ポケモンには複合した属性のものもたくさんいますが、たとえば草虫ポケモンとか大変です。いつつもむっつも弱点を持ってて到底安定した戦いなんて出来ません。で、エモンガというポケモンがいます。空飛ぶピカチュウみたいなやつです。電気の弱点は地面。でもエモンガは飛行電気で、飛行は地面の影響を受けません。なんと弱点が消えてしまいました……とはいかず、実際には飛行の方の弱点の氷や岩が弱点になります。飛行は他に電気という弱点もありますが、エモンガ自身が電気ポケモンなので、そこは回避しています。耐性面で優秀なカミツレのポケモンに大苦戦し、一度敗退させられました。
 続く地面ポケモン使いのヤーコン相手にも最後の一匹まで追い込まれています。しかもこちらの3体は攻撃すら出来ず一撃で葬られました。ポケモンはポケモン自身と技に属性があって、例えば電気系の技は飛行ポケモンに2倍ダメージです。使い手が電気ポケモンだったらタイプ一致で4倍ダメージ。更にクリティカルヒットもあります。このゲームだと一撃死はよくあることです。それでも3体というのはひどすぎる。
 更にその次の飛行ポケモン使いのフウロにはもっと悲惨な目に合わされました。カミツレ、ヤーコン、フウロの3人は全員使用ポケモンの数は3です。こちらは6。ハンデ戦です。なのにこうも毎回ぼっこぼこにされるってどういうことやねん! フウロにはなんと先鋒に6人抜きされました(泣)。こちらの6体のポケモンがろくに戦えず次々と倒されていく悪夢のような状況……マジ泣けますわ。なんでこんなことが起きたかというと、ゲーマー的にわかりやすくいえば「テンプテーション」です。ロマンシングサガ2の七英雄ロックブーケが使うアレです。異性を魅了して無力化してしまう凶悪な技で、ポケモンでは「メロメロ」という微妙な名前の技だったりします。まさかなー、こっちのポケモンの6体のうち5体がオスだったとはなあ。そこまで気を使って選んでなかったよー。結局メスで有効なポケモンの手持ちがあまりいなかったので、性別の無いコイルを起用することになりました。対策を練ったうえでの再戦はさすがに勝ちましたが…。
 今向かっているシャガは市長であり、ポケモンを鍛えるために自らの肉体をもってスパーリングをしているという大変な変態です。しかもよりによってドラゴンポケモン使いです。私がここまでに出会ったドラゴンポケモンはわずか一種類。仲間にもしていません。ドラゴンポケモンの相性がどんななのかもまったくわかりません。初戦はひどい目に合わされるに決まってます(苦笑)。事前に一体くらいドラゴンポケモンを入手できたら良いんですが、いないんですよねー。さてどうなることやら。

 あまりにポケモンた楽しいので、次にプレイするのもポケモンに決定しました。現時点での最新作「オメガルビー&アルファサファイア」は価格がろくすっぽ下がってないらしくて、とりあえずアウト。なので「ポケモンX」か「ソウルシルバー」のどちらかにすると思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。