宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジムリーダー無双編

201601151215293bc.jpg
 残るジムリーダーはあとひとり。ポケモンBWはブラックとホワイトで最後のジムリーダーが変化するので、前回ブラックで今回ホワイトの私は初挑戦ということになります。ここに来るまでの間にホワイト2で大苦戦したフウロはトキツカゼ(ゼブライカ)で、ヤーコンはアケボノ(ナゲキ)でほぼ完封しましたが、電気タイプのカミツレには今回もまたひっでー目に合わされました。先頭に出してきたエモンガに体力満タン状態で6タテです。電気タイプの定番弱点の地面が通用せず、氷ポケモンもいなくて技マシンもない。なんとかダメージを与えりゃ回復される。二度目の挑戦ではなんとか勝ちましたが、どうもカミツレには苦手な印象しかありません。
 現在の手持ち6体はサミダレ(フタチマル)、アヤナミ(ドレディア)、アケボノ(ナゲキ)、ハマカゼ(ランプラー)、サザナミ(ココロモリ)、トキツカゼ(ゼブライカ)。このまま最後まで連れていきそうなのはサミダレ、アヤナミ、アケボノ、ハマカゼかな? トッキーはともかくさざなーじは正直弱いです。技よりもパラメータの方が他と比べてかなり貧弱。そらをとぶ要員だから外せないだけで、有効な飛行ポケモンが出現したら入れ替わっちゃうかも。能力的にぐんぐん強くなってるのはあやなーじとボノさんのふたりです。ボノさんの「やまあらし」はかなりのチート技で基本の威力値は低いものの、必ず急所に命中するという恐ろしい仕様です。きっと逆さに持ち上げて脳天から落としてるのでしょう。なにが強いって相手が防御のバフをいくら積んでも急所に直撃して貫通する。実質固定ダメージ技なのですね。タイプ一致する相手なら大抵確定ダメです。じゅうどうポケモンのナゲキの専用技らしいですね。
 このソフトを買う時に、攻略本も買いました。攻略のためじゃなくて、データや設定資料のためでしたが……正直ちょっと失敗でした。内容が悪いのではなく、どうしても読んでしまうこと。特にポケモンの場合、技の相性表を見ながらプレイすると面白みを大変大きく削いでしまいます。ホワイト2があれだけ楽しかったのは攻略情報とか一切無く、どのポケモンをどう使っていくかも自分で全部決めたからというのが大きい。今回ホワイト2で使ったアケボノ(ヒヒダルマ)を確保しつつあえて二軍落ちさせてるのは、別のポケモンを使う方が楽しいかなーと思ったからですが、そのために選んだハマカゼ(ヒトモシ)がなかなか進化しなくて進化レベルを調べちゃいましたよ。必要レベルは結構高かったものの、そこまでレベリングして強くしちゃえば、そりゃ氷ポケモンを使うハチクのジムとか楽勝で当たり前です。おまけにやめとこうと思ってた複数捕まえて選別とかもやっちゃったしなー……。マジ失敗でした。
 というわけで、私のポケモンプレイは基本以下のポイントを押さえてプレイしたいと思ってます。

☆攻略情報は見ない
☆その種族のポケモンは最初にとらえた一匹目を使用して選別しない
☆攻略本を買うならクリア後
☆育てる上で対戦のことは考えない

 こんな感じでしょうか。対戦をやらない以上、廃人のやるような選別は要らないはずなんですよね。ポケモンを対戦ツールとして見てる人も多いでしょうが、私はあくまでRPGとして見ます。ポケモンは他のRPGと比べてもわりとびっくり箱的な要素も強いですし、そういう楽しみを削ぐのはもったいない。
 次やるのは「X」でほぼ確定です。2Dポケモンとしてはやはり最後のBW2がプレイアビリティ的にも優れていて、直前のBWからでも改善された要素が結構多く、今正直ちょっとやりづらい面があります。この流れで遡ってソウルシルバーをやるのはかなり辛そうです。残念。派生作品で楽しそうなのがあったらやりたいんですけどね。不思議のダンジョン系以外で。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。