宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケットモンスターX!

20160201001735261.jpg
 久しぶりの3DSのタイトルはワタシのポケモン3番目の作品になりました。DSのタイトルだった「ブラック&ホワイト」シリーズは基本ドットバイドットでプレイしていたので、画面的には綺麗でしたが比率的な問題でちっちゃかった。今回はワイドなスクリーンで迫力ある映像でゴー!という感じです。というかもうすでにエンディングまで終わっています。今はクリア後要素をプレイしているところ。
 ワタシはこのシリーズをRPGとしてプレイしているので、基本的にそっちよりの評価になります。まあ、なんていうかその、ぬるい。あまりにもぬるすぎる。「ホワイト2」がポケモンの基礎知識をさぐりさぐりでプレイしてたってのもあって、結構歯ごたえのある難易度だったんですが、「X」はわけわからんほどぬるいです。レベルが上がりすぎる。その最大の要因は学習装置と呼ばれるアイテムで、「BW」と「X」ではその効果が大きく異なります。前者は装備したポケモンのみ戦闘不参加でも経験値を得られる。後者は戦闘に参加してなくても手持ち6ポケモン全部が経験値を得られる。おまけに「X」は相手のレベルが低くても得られる経験値が妙に多い……。その結果、ポケモンってのは基本全編挑戦の物語なのに、「X」ではジムリーダーたちよりプレイヤーの方が大抵レベルが高いということになってしまった。じゃあ学習装置を使わなきゃいいんじゃない?ということになるでしょうが、「アルファサファイア」でも同じ仕様だったらそうします。思えば「BW」ではその緊張感がプレイに良い興奮を与えてくれていたと思うので、このぬるさはおおよそ全てをダメにしてしまった、という印象です。
 が、これはあくまでRPGはとして見た時の印象であって、今のポケモンは通信要素が充実し、対戦ツールとしての性格が非常に強くなりました。それメインで考える人にとってはストーリーなんぞ添え物に過ぎず、育成を非常に楽にする学習装置の存在は歓迎こそすれ忌避するようなものではないでしょう。まったく対戦しない私にとっては対戦バランスを評価するモノサシもありません。実際「BW2」の方こそさっさと育成に取りかかれないクソゲーと見る人もいたりするので。ポケモンを大作RPGであると同時に対戦ツールあるということを両立させていると考えると、なかなか恐ろしいシリーズです。
 ポケモンシリーズは主人公の連絡手段として「HGSS」では携帯電話、「BW」ではライブキャスター(マルチ型テレビ電話)、「X」ではホロキャスター(立体テレビ)を持たされています。「HGSS」では対戦の約束が出来、「BW2」ではポケモンのなつき具合、相性、進化条件、ゲームの進行案内なんかを教えてくれます。「XY」は立体映像になって進化したかと思いきや、なぜか録画です。双方向通信として使えてません。退化しとるじゃないかー。だから「XY」はレベリング的には非常にヌルい反面、重要などうやって進化させたらいいのかという情報がほとんどありません。おかげでピカチュウを延々進化前の状態で育てちゃって、戦力的に微妙な感じなってしまった……。ポケモンは進化条件が個体によって大きく異なり、種類もいろいろあるため、手探りでやるのは大変効率悪いんですけどね。情報シャットアウトでプレイしてたのに、ピカチュウの進化条件だけは見ちゃいました。アイテム消費タイプだったとは……。
 個人的には微妙なゲームという感じが否めませんが、評価出来る部分もたくさんあります。このゲーム、3DSだから当然3D対応なわけですが、表示的には2Dで済ませている部分もあります。また、一部3Dでもフレームレートがガタ落ちする部分もあります。どちらもマシンパワーの都合的なものだと思うので、本来なら大きな減点要素でしょう。ですが、素直に減点出来ないのは実際マシンパワーを消費するほどの表現ができているから、です。あまりになにげなく当たり前のように存在しているので見落としがちですが、「XY」は初めてドット表現から抜け出した本編シリーズです。ポリゴンで表現されたポケモンたちがこの作品の主役です。これがなんというか、まったく理解し難い恐ろしい完成度を誇っています。ポリゴンである以上、角ばった機械的な表現ならいくらでもかっこよく出来るのでしょうが、そもそもポリゴンで造形することを考えていなかったポケモンたちはどれもこれも基本的にまるっこいです。どんな最新ゲーム機でも円や球の表現には苦労しているもんですが、このゲームのポケモンの丸みは異常です。角ばった部分を見つけることが出来ないくらい自然な丸さです。ピカチュウのぷにっとした感じも見事に表現されています。鳥ポケモンの翼の羽ばたきもどういう骨格でやっとるねんといった具合で滑かに動きます。ここに大半のマシンパワーを費やしたのは正解でしょう。ポケモンだもの。
 あとねー、ポリゴンになったことで主人公がアバター的存在になった、つまり外見をかなりカスタマイズ出来るようになりました。今回も女の子でプレイして、「ポケモンの女主人公はこんなお嬢様じゃなくて、活動的でちょっとフェチッシュな子だろうが!」と髪型やら服装やら変えた結果、エンディングで「なにこれめっちゃかわいい」という……。「XY」では女主人公のが優遇されてるという話ですが、こういう部分のことでしょうかね。これだけかわいいとプレイのモチベもあがります。ぬるいゲームバランスをある程度相殺してくれました。
 でもドットの時は気にならなかった、マップ上のポリゴンモデルの世界住人と、対戦前に二次絵で表現されるポケモントレーナーに大きな表現格差があるなーというのもあります。別人じゃん。「BW」であった対戦中のセリフもカットされて、キャラの魅力表現という意味ではちょっと悪くなってます。この辺を次の「アルファサファイア」で直してあると良いのですが。あと時期的に新作ちょーだい。
 今月は「艦隊これくしょん」のイベントがある都合で、ポケモンに本腰入れてられません。ただすでに告知されてるように比較的小規模ながら最終海域は高難度だそうで、ワタシはさくっと難易度甲を回避する予定です。甲にこだわらなければわりとあっさりなんじゃないかな? 早めに終わらせてまたポケモンやろうと思います。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。