宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦隊これくしょん2016春イベ終了

 艦隊これくしょん2016春イベも終了しました。ぶっちゃけ大規模な不具合あり、度重なる再メンテあり、サーバ攻撃あり、新要素には説明がない……などなどつつがなく終わったなどとは間違っても言えない有様ではありましたが、おそらく過去のイベントでも最長期間となったため、やたら長く感じた春イベでした。 春イベといえば規模はともかく、難易度はほどほどのプレイしやすい内容だったのが、今回は逆にいつになくランダムの振り幅の広い極端な戦いを強いられたのでした。歴戦の猛者でも泣いた者は数知れず。
 どっこい私はわりとサクサク攻略出来てしまいました。今回七海域中五海域が連合艦隊という仕様だった上に、ほぼ全編にわたり支援必須、なおかつ新要素の基地航空隊を出撃させるにも資源が要り、敵の空爆によって備蓄にもダイレクトアタックを受けるという大変物資に厳しいイベントだったため、私もそれなりに消耗はしましたが、バケツはせいぜい300個程度の消費と大したことは無かった感じです。

2016春イベスタート 

 これがイベントスタート時の状態。資源はほぼカンストしていてバケツも2200個以上あり、万全の構え。個人的に2016冬イベを難易度甲でクリアしなかったのをちょっと後悔していたので、今回は難関であってもチャレンジしてやろうという意気込みで開始しました。

春イベE2照月 

 が、実のところ最大の目的は昨年のイベントで入手直後に轟沈させてしまった秋月型駆逐艦二番艦照月の再確保にありました。この子を改めて手に入れられるならそれに全力を投入する!と心に誓った……ら、なんとE2の攻略中にぽろっとドロップしてしまうという。なんたる僥倖。道中なので必ずドロップするわけじゃないし、ドロップ率的には結構厳しかったはずですが、なんともあっさり。これによって掘りに使うはずだった資源を大幅に節約出来てしまいました。ともあれこれで秋月シスターズ秋月、照月、初月がようやく勢揃いです。
 E2は今回の難関のひとつで、私も攻略に出撃22回ほどかかってます。その22回目で照月ドロップ&ボス撃破。今回の強運ぶりを示す象徴的な出来事といえるでしょう。

春イベE3しおい 春イベE3ゆーちゃん

 今回のイベントにおける最大の掘りのメッカがE3。スタート直後とその次のマスで二大レア潜水艦の伊401とU-511がどちらもドロップするという大盤振る舞い! 戦力的にも資源的にもほどほど易しく掘れたため、この地点を2000周したという猛者も現れたといいます。私は道中で伊401をゲット。1マス撤退方式で18回でU-511もゲット。いくらやってもどちらも出て来ないという人がいることを考えるとこれまたすごい強運。まあ、その一方でいくらでも欲しいからとにかく掘りまくってたという人もいますからね。私はもともと所持してたこともあり、ひとりずつで掘り終了です。

春イベE3報酬神風 

 E3クリア報酬は新登場となる神風型駆逐艦から一番艦の神風。睦月型よりも更に前型となるにも関わらず、第二次大戦を最後まで生き残ったという有名な艦です。

春イベE5報酬ポーラ 

 こちらはE5報酬イタリアのザラ級重巡からポーラ。イベント開始前はVITA版「艦これ改」で先行実装された戦艦アイオワがクローズアップされていましたが、蓋を開けてみればその奔放なキャラクターでポーラが新規艦人気筆頭となりました。この幼げな見かけで重度のアルコールドランカーというギャップが受けたようで。鹿島もそうですが、なにがヒットするのか蓋を開けてみないとわからんもんですね。
 今回E5E6E7と後半海域は全て地獄的な難易度と言われましたが、私はここでハマったら一番ヤバいと思ってE1〜E4まで甲で、ここは丙で抜けました。でも甲のクリア報酬がかなり高性能な戦闘機だったらしい……。ま、いっか。

春イベE6親潮 

 今回のドロップ枠担当新規艦の片割れ、陽炎型駆逐艦四番艦親潮です。人によっては最終E7以上の難関というE6甲は、特定の4カ所のマスでS勝利を取るとボスが弱体化するギミックを持ちます。それがわからない&不具合も重なってイベント序盤では猛者も匙を投げる超難易度海域となっていました。今回珍しく運営がギミックの全内容をぶっちゃけたので、落ち着いてひとつずつ潰していたら、この子がドロップ。いわゆるイッパツツモです。ドロップ率は結構高いのですが、掘ろうと思うとS勝利が必要&そもそもそのマスの攻略自体は簡単ではない、ということで最後までゲット出来なかった人も多いのになんたる強運。今回こんなのばっかりですわ。
 陽炎型駆逐艦の黒制服組は遠征艦隊に抜擢することになってます。早速軽くレベリング中。

春イベE7春風 

 そしてドロップ担当のもうひとり、神風型駆逐艦三番艦春風。この子も大戦で最後まで生き残ったんでしたっけね。この子はなんとE7ボスドロップ。こちらもドロップ率そのものは高いにも関わらず、S勝利の難しさから入手困難でした。とりあえず難易度丙でドロップするまで戦い、入手したら甲へ移行するというのがセオリーだったようです。でも私は甲攻略中最初のS勝利でイッパツツモ。マジで。というかメモ見てみたら攻略中でここでのS勝利は削り中の一回しか無いわ。それで穫れちゃうとはなあ。

春イベE7クラッシュ 

 基地航空隊の空爆と決戦支援がどれだけ刺さるかが勝負。籤引きで当たりを引けたら終了、でなけりゃ敗北……というような両極端な戦いだったE7甲。鍵になるのは爆撃で駆逐古鬼が両方とも堕ち、なおかつ中枢棲姫にどれだけダメージが入るか、です。艦隊よりも航空機が主役って本末転倒だろう!というごもっともな声もあります。私もかなり苦戦しまして、24回の出撃の半分以上が大破撤退という有様でした。というか出撃9回目から24回目まででボス到達出来たのはたったの三回。でもその三回目で勝てちゃったんだなあ。ビスマルクの連撃が奇麗に刺さって終了でした。戦艦棲姫が二隻も残ってるので、どれを狙うかは分の悪い勝負のはずでしたが、上手く行く時はこんなものですか。連合第二の旗艦速吸はなんとまあレベル1で採用し、この時点で11だったかな? 洋上補給の効果で第一艦隊の戦艦達が持ち前の打撃力を遺憾なく発揮したのが勝因だったかと。ちなみにクリアまでの使用した洋上補給は1個。

春イベE7報酬アイオワ 

 そしてE7報酬はアメリカ戦艦アイオワ。このゲームでは金剛が英語混じりの台詞を使うことで有名ですが、アイオワも同じような感じです。でもどちらの英語がより様になってるかというと金剛の方らしくて、アイオワはすっごいヘタクソだそうな(苦笑)。長門型以上の火力を持つ高速戦艦ということで連合艦隊で活躍しそう。でも夜戦火力はビスマルクの方が高いからなー。

春イベ甲勲章 

 丸一年ぶりとなる甲勲章ゲット。今回甲勲章取ってるのに2015秋、2016冬で取って無いのは意味がわからない、みたいなことを言われました。そうかもなー。特に2016冬は取ろうと思えば穫れただろうな、と今でも思う。けど取らなかったのは正規空母天城のドロップに全力を投じたため。タイムリミットギリギリまで314周もしながらドロップ出来なかったんですよねえ。ボスマスでゲット出来る艦娘をほぼコンプリートしておきながら、最後の一隻である天城だけは出なかった(泣)。

春イベE5掘り天城 

 今回の天城ドロップポイントはE5Lマス。ここ、難易度甲だと相当大変なんですが、私は丙でクリアしていたため、自然掘りも丙となりました。49回出撃して大破撤退はうっかり航空マスで輪型陣選ぶのを忘れた一度だけ。あとは全てS勝利。データベースの天城ドロップ率から考えるとほぼ妥当といえる49回目でゲット。2016冬の無念を晴らす事が出来ました。これによって前からいる天城は無事に設計図を使い改装、今後のイベントでの戦力となること間違いありません。

 おおむね全般的に順調にクリア出来てしまったため、これといってMVPと言える艦娘はいないのですが、あえて言えば直前のアップデートで搭載機に上方修正のあった最上かもしれません。攻略に掘りに出ずっぱりでした。
 八月の夏イベは毎年大変な難関として恐れられています。難関が続きそうでプレイヤーは若干冷めた目で見ていそうですが……まあ、私個人が楽しむ分にはたいして問題ありません。次は甲狙わないと思うし。ただ、イベント攻略上、札対策として使い易い艦娘を用意しておくのが大変有効だと再確認したこともあり、一部重複するメンバーを育成しておこうと思います。それこそ最上とかね。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。