宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

艦隊これくしょん劇場版

昨年十一月に「艦隊これくしょん劇場版」が公開されました。まず前提としてパッとしなかったブラウザゲーム業界に突然突風を吹き荒らした第二次世界大戦を潜り抜けた艦船をモチーフにしたゲーム「艦隊これくしょん」が最初にあり、その予想外のヒットによりテレビアニメかされ、その後すぐに後続の展開が発表されました。劇場版もそのひとつで、それ以外にテレビアニメ第二期の噂もあったはずですがそれが今どう動いているのかはわかっていません。重要なのは第一期のテレビアニメは大変な不評を買った、ということです。当時はそりゃもう酷い叩かれっぷりでした。その直接の続編となる劇場版ということで、ファンは相当な不安を持ってこの作品を待ち受けていたわけです。まあ、私自身はそのテレビアニメ版を見ていないので、そういった不安な流れに乗ってはいませんでしたが。
テレビアニメ版の何が失敗だったか、見てない私が分析してもしょうがないのですが、おそらくはファンの求めていたものをシナリオ、映像両面で提示出来なかったことにあったのだろうと思います。ブラウザゲームの方は止め絵の画像とスペックだけで、戦闘時も特にアクション要素はなく見ているのみ。なのでプレイヤーは実際にユニットである艦娘がどうやって敵と戦っているのか想像するしかありませんでした。果たして彼女たちは水上でどんな戦いを繰り広げているのか? これはアニメ化が発表された時からファンの期待の非常に大きなウェイトを占めていたはずです。が、これがかなりのハズレに終わってしまった。シナリオも微妙で、結局12話も使って何を表現したかったかまったくわからない。個人的にはシナリオは微妙というか、ストーリー的なつながりの無いオムニバス風味だったとしても、海戦シーンさえしっかり作り込んでいればここまで不評は出なかったんじゃないかと思いますが、どっちもダメなんじゃどうしようもない。
さて、劇場版は先日4DXでの公開も終わり、全国的にもほぼ上映終了となったようです。実は最近はアニメ映画の当たり年だったりして、大ヒット作に恵まれました。「ガールズアンドパンツァー」とか一昨年の十一月公開だというのに、まだどこかしらで上映してますからね。おかしいでしょ。それ以外にも「君の名は」「この世界の片隅で」「純黒の悪夢」など数多くのビッグヒットが存在します。それに比べたら些細なもんではありますが、テレビアニメ爆死作品の劇場版としてはかなり健闘した方ではないでしょうか。艦これよりも後に公開されて既に終了してる作品もありますしね。

で、私はこの作品を計四回も見てしまいました(笑)。もともとあまり映画館に足を運ぶ方ではないのに、同じ作品をこれほど何度も見てしまった。もちろんこれは面白かったからです。そうですね、点数をつけるとしたら90点あげてもよいくらいの内容でした。
なにが良かったのか? まず、ガルパン劇場版が二時間あったのに対しこちらは九十分しか尺がなく、必然として展開がとてもスピーディで無駄がありませんでした。逆にカットされた部分も相当あるんじゃないか、と想像も出来るわけなんですが、だれるよりはずっとマシです。欠けた部分があるなら後日ディレクターズカットとして見せてほしいですね。
そして海戦シーンが大幅に強化されて非常に迫力のある映像になっていたこと。ぶっちゃけた話シナリオがグダグダだったとしても、こちらがクリアされていたらファンとしてはそれなり満足出来たであろうと思います。冒頭の第八艦隊鳥海古鷹加古青葉衣笠天龍による夜戦から始まる戦闘シーンは、もうそれだけで私大満足!ってなもので、よくほんとこのメンバーでやってくれたなと思ったものです。人気の分散傾向の目立つ作品とはいえ、テレビアニメに出ていなかった鳥海古鷹加古をこれほど前面に押し出してくれるとは。特に加古は冒頭の遭遇戦だけでなく、後半の決戦の方でも主力部隊に配置されて、重巡でもっとも活躍した艦娘といって過言ではありません。重巡は他にも人気艦は多いし、加古が一番とか誰も予想せんわ(笑)。
分かりやすいシナリオと迫力の戦闘シーンの両方を手にいれた以上、劇場版はこの時点でもう成功です。後は描かれたシナリオに対する評価というか、考察にします。

艦隊これくしょんにおける艦娘と深海棲艦の関係は光と闇、表裏一体であるとブラウザ版でも匂わせています。艦娘が轟沈すると深海棲艦に。深海棲艦を轟沈させると艦娘として甦る。特にここ最近二回の大規模作戦(いわゆるイベント)ではその傾向が顕著で、長門やプリンツ・オイゲン、酒匂らクロスロード作戦組によるアメリカ空母サラトガの救出だったり、深海双子棲姫を倒して双子の潜水艦をゲットしたりと、分かりやすく描かれていました。物凄く大雑把に言えば、作中で赤城が口にした通り「自分達が一切沈まず敵を滅ぼせば戦いは終わる」のでしょう。そういった軸があった上でテレビアニメが叩かれる大きな原因となった第三話の如月撃沈がクローズアップされます。如月は艦娘として沈んでしまったので、甦ると今度は深海棲艦になるターンです。第八艦隊に救出され姉妹艦の睦月の元へ戻った時には艦娘の姿でしたが、徐々に身体は蝕まれ深海化していきます。如月は苦悩するし、睦月はとにかく泣く。作中最初から最後まで泣いてるというくらい泣く。ある意味劇場版の主役はこのふたりです。
でもって本来の主役である吹雪ですが、こちらはこちらで別軸のドラマが与えられます。長門以下多数の艦娘が集まったショートランドの近く、鉄底海峡に異変が起きる。海が赤く染まり、そこへ近づくと艦娘の艤装はダメージを喰らう。しかし吹雪だけがダメージがなく、海から聞こえる声に彼女だけが無意識に返答していた。海の異変と吹雪には何か関係があるらしい。長門は早急に中心部へ吹雪を送り込まなければ、異変海域の拡大のため二度と突入のチャンスは生まれないと、決死の作戦を敢行する。数多くの艦娘がこの作戦に参加し、激戦を繰り広げる中で、吹雪は中心部でかつて自分と別れた半身、深海吹雪と出会うのだった。
この艦これ劇場版を最初に見終えた後、頭に浮かんだ作品がふたつありました。ひとつは永井豪のバイオレンスジャック。もうひとつは劇場版仮面ライダーディケイド完結編です。艦これ劇場版は両方の要素をミックスしたオマージュである、と感じました。
バイオレンスジャックは荒廃した魔王スラムキングの支配する世界で、それにレジスタンスとして抵抗する如月ハニー一派の戦いがクライマックスとして描かれています。このバイオレンスジャックという作品は、この後実は著者傑作のデビルマンの直接の続編であることが明かされました。世界はデビルマンラストで親友不動明を失った飛鳥了ことサタンの葛藤そのものであり、彼の破壊衝動がスラムキング、情愛がハニー一派となって、どちらに天秤が傾くか……という状況を作っていた。それを下手にスラムキングに傾かないように介入していたのがバイオレンスジャックであり、子供女巨人と三人いた彼らはデビルマンが分離したものであった。結局戦いはスラムキングが勝ち、バイオレンスジャックは結合しデビルマンとして戦いに臨む。つまりハニー一派が艦これでいう艦娘、スラムキングが深海棲艦にあたる。作中でも語られたように、吹雪は鉄底海峡に沈んだ艦娘の希望が抽出した存在であり、深海吹雪は希望が分離した残りの絶望。アニメ艦隊これくしょんでは艦娘と装備に寄り添う妖精、あと深海棲艦以外にはほとんど生物らしい生物すら出てこない。人間と思われる提督がいるという言及はあるものの、実際には出てこない。実質両派がせめぎあっている状況そのものの世界と言ってよい。
一方仮面ライダーディケイド完結編は、これまた本編のとんでも最終回によって大変な物議を醸し出した作品で、超投げっぱなしジャーマンからのラストエピソードを劇場版に持ってきてしまった。そういう意味ではちょっと艦これアニメに似ているといえる。かつて私がこのブログで触れたように、ディケイドはメタ的な解釈では仮面ライダーの過去作品でも商売出来るように新作と絡めることで存在価値を復活させたバンダイの思惑が強く働いた作品である。鳴滝は原典主義である偏屈なファン像を具体化していて、ゆえに厄介で不死身である、みたいな話。それと同様に艦隊これくしょんもメタ的な見地では別の解釈が可能になる。そう考えた時、どうして吹雪が主人公なのかがわかるようになる。
これは「ガールズアンドパンツァー劇場版」のミリタリーコメンタリーで軍事評論家のセンセー共が言っていたように「一般人にとっては緑塗装のプロペラ機は全部零戦で、軍艦は全部戦艦」という認識が全て。政治色に踏み込むと面倒なので省くとして、日本では近代から戦時中に関する事柄の教育を意図的に避けられてきた面がある。ゆえに戦国時代に妙に詳しくても二次大戦中の出来事に関してはたかだか数十年前のことだというのに、ほとんど知らないという状況が生まれてしまった。戦火に身を投じた先人の築いた土台があってこその現代日本であることを知る必要があるのではないか? そのためには主役は大和や長門のような超有名人ではいけない。戦艦ではダメ。実は海軍では菊の紋を抱いて軍艦として登録されるのは軽巡洋艦までで、駆逐艦はそれ以外の艦艇とされている。だからこそ主役は駆逐艦が良い。中でも特1型の一番艦として世界にセンセーションを起こしながらも武勲に乏しい吹雪なら最高である。駆逐艦吹雪がゲームを通して世間に認知を受けられるようになるくらいヒット出来たら艦隊これくしょんが世に出た成果があった、ということになる。これは形こそゲームという形態を取っていても、実質的な行為は鎮魂に近いもので、日本人はこういったことをわりと古来から慣習としてやってきた。ブラウザゲーム艦隊これくしょんがなぜヒットしたのか、プロが紐解いてもよくわからないと言われているけど、案外この辺の日本人的な心理も働いてるんじゃないかなーと私は思う。
そこまで考えるとラストシーンも解釈出来る。深海棲艦化して轟沈したのではなく、ふたりの吹雪が融合した結果浄化された如月がどう甦るかはわからなかった。が、結果的に艦娘として復活した。これをご都合主義と笑うことは簡単ですが、劇場版が作られるくらいにヒットしたという事実と認知からすれば、こうなって必然という
風にも考えられる。スタッフはこれにて吹雪の物語は終了と言及しているが、確かに終わったのである。

まあそんなめんどくさいことを考えることなく楽しめる作品なので、素直に楽しめば良いんだよね。はやくBlu-ray発表されないかな。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。