宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機)

1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機) 1/144 HGUC ヤクト・ドーガ (ギュネイ・ガス専用機)
(2007/10/21)
バンダイ
この商品の詳細を見る

 バンダイのガンダム系プラモデル展開の大きな軸にHGUCというものがあります。1/144スケールでアムロやシーブックの活躍した宇宙世紀のモビルスーツ群を商品化しているもので、確か第一弾はガンキャノンでした。ガンダムの登場は大分遅くなります。初期はむしろ0083に登場したドムトローペンなど、ドムだけど傍系、ゲルググだけど傍系みたいな商品が発売されていました。その後傾向がかわり、先日発売されたゾックでついに1stガンダムに登場したモビルスーツのコンプリートを達成しています。
 最近は0080系だったりZガンダム系に力を入れて立て続けにラインナップするというような、番組そのものをプッシュする方向になっています。Zは映画化されましたからね。バンダイとしてはそれを後押しして当然。ですが宇宙世紀を舞台にした作品の中でいまだ商品展開してないタイトルが複数存在します。それは逆襲のシャア系、F-91系(クロスボーン含む)、Vガンダム系の3つです。かつてこの辺のMSがHGUCで出る事は無いんじゃないかとも言われていました。理由は逆シャアと後のふたつで異なっていて、逆シャア時代はMS大型化が極まった時期であり、後のふたつは逆に小型ハイパワー化した時期で、1st~ZZまでのMSとは大きさがまるで異なるのです。先日F-91やクロスボーンガンダムX-1が1/100のMGブランドで発売されましたが、そのコンセプトは1/144クラスのボディにMGのギミック、というものでした。F-91&VはHGUCで出すには小さ過ぎるのですね。
 逆シャア系の大き過ぎると言うのも問題でした。実際MGで発売されたνガンダムやサザビーはでかい。体積は面積の二乗で増えますから値段も跳ね上がってしまいます。そんなこんなで長年見送られ続けて来た逆シャア系のMSがついに発売される日が来ました。第一弾はギュネイ用とクェス用の二種のヤクト・ドーガです。私は逆シャアMSのデザインラインがとても好きなので、飛びつきました。まあ発売日から二週間くらい遅れてますが。
 で、やっぱでかいです。少し前に作ってみたHGガンダムエクしアと並ぶと、まさに大人と子供です。これ、ボリュームならMGクロボンに匹敵します。その分値段もそれなりにしますが、MGクロボンよりもかなり安い。出来映えからも判断して、安価なキットと言えるんじゃないかと思いますが……どうなんでしょうか。
 それにしても出来が良い! これはかなりの素敵アイテムですよ。最近のバンダイは二重関節、ダブルボールジョイントなどの採用による広範な可動を押し進める方向でしたが、ヤクトでは逆に動きすぎてかっこ悪くなくくらいなら可動を制限するというコンセプトを採用したそうです。それが上手く行っていると思います。実際肘も膝も二重関節ではないし、大きなアクションはとれません。その分本来のデザインを殺す事無く、大きさも相まって優れた説得力を持たせることに成功しています。私は上のアマゾンの画像同様に黄色いランナーをマーカーでゴールドに塗りました。近くで見ると塗りムラが酷いものの、はっきりと印象が変わってもうたまんない(苦笑)。近年作ってみたガンプラの中でもお気に入りになりました。
 ヤクトといえばやっぱ個人的にギュネイ用だと思います。でも店頭ではクェス用が売り切れてました。なぜでしょうか。バンダイの考えていることはいまいちよくわからなくて、0080シリーズを展開してるくせに肝心なケンプファーを出さなかったり、今年の陸戦ガンダム系でも陸戦GMがまだ出ていなかったり、クロボンもX-2がまだだったり、パラスアテネが出てるのにバイアランが出てなかったり、ZZが初期にバウ&ザクIIIが出ただけでその後まったく音沙汰が無かったりします。なので今回も油断出来ません。次はリ・ガズィが決まってますが、その後ギラ・ドーガ、νガンダムと出てジェガンやサザビーを出さないなんてことも充分に考えられるんですよね。サザビーは欲しいかなあ。これまたでかくなりそう。ガズィは要らないや。

 一日一ゴスカのスタイルで今までプレイしていたものの、これではなかなかスコアが上がらない。なので休日を利用して4周程してみました。最終的にすべてレベル1設定で49万点と、それまでよりも5万点ほど延ばす事に成功しました。それまでは44万前後数千点の間に記録がひしめいていまして、やっとこさの更新です。惜しくも50万達成ならず。でもこれで発売日以来久々にランキング100位以内に入りました! たった5万点で1300人ほどごぼう抜きです(笑)。これはもうちょっと頑張ってみる価値がありますね。ステージのレベルをあげれば50万なら狙えるはず。銃はやはりショットガンで。ああ、そうそう、コンティニュー回数もだいぶ減ってます。
スポンサーサイト

comment

#はじめて作ったプラモはアッガイだったような。
ちょっとこの写真のド迫力ったらスゴイですね。枠はみ出てるし(笑)。
私も逆シャアMSは好きです。特に主役2機は主役2人搭乗MSの中で両方とも一番好き。
片手の指で足りるくらいのプラモ制作歴に2機とも入ってますし。
プラモデルはやってみようかなと思うことしばしばなんですけどね。

ゴスカ、私より9万点くらい点数高いです。
ミッションレベルを埋めることを優先にやってたんですがそれもキツくなってきたので
スコアアタックをやってみましょうか。
でも今はマリオから離れられないんですよねぇ。没入感がスゴイです。
  • by:U.M.E.
  •  | 2007/11/10/01:51:27
  •  | URL
  •  | Edit
#ヤクト・ドーガレス
このヤクト、うちのモニターではほぼ原寸大のような感じがします。
出来の良さがわかりますね。
バンダイも技術が向上しているんで、最近の模型誌作例も基本そのまんまってのが多くなってます。
腕の見せ所が減りました(笑)。
逆シャアはパトレイバーの出渕裕のデザインで、
曲面を利用してラインを大幅に減らすことに成功しています。
このシンプル&重厚な感じが良いです。
「00」のガンダムはそれに比べるとちょっと線をひきすぎかなーと。

ゴスカ、100位以内というのは間違いで、
実際には1000位以内です。
900番台でした。
これだけでも結構嬉しいもので、モチベーションが上がってます。
ランキングだけのwifiってどうなんかなーと思ってましたが、こういうスコアアタック系のゲームならむしろ悪く無い感じです。
このゲームの場合コンティニューはスコアアタックへのリスクにならないんで、
とにかく敵を速攻で倒せってのが基本になるみたいですね。
まあ速攻で倒せればコンティニュー回数も減るんですが。
当面目標60万くらいで行きます。
  • by:宮上日陽
  •  | 2007/11/10/19:15:46
  •  | URL
  •  | Edit

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。