FC2ブログ

宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく! 16

ハヤテのごとく! 16 (16) (少年サンデーコミックス)ハヤテのごとく! 16 (16) (少年サンデーコミックス)
(2008/07/11)
畑 健二郎

商品詳細を見る

 なにげなく発売日を調べてみたらいきなり出ていてビックリ。明け方にTUTAYAで買おうと思ったのに、いつのまにかに深夜営業やめてやんの。なので3号線沿いの24時間営業の書店に行って買いました。うーん、深夜営業が無いとなるとTUTAYAも使い辛くなるなあ。
 朝顔が咲いてるっぽいので表紙は夏でしょうね。でも物語が夏に辿り着くまでにどれだけ時間がかかることやら。なんせ15巻最後の話から今回の最後までわずか二日間の出来事だったりするし(苦笑)。12話だから連載3ヶ月ほどで二日しか進んでない。連載の方ももうすぐゴールデンウィークでミコノス島もそろそろかと思ったら、神様の住む城のシリーズをやってるんですね。こりゃ年内にゴールデンウィークに入れるかどうか微妙だわ。

【ハヤテ、ヒナギクとデートするのこと】
 15巻の最後から続く話。全編に渡ってのヒナギクのテンションのめまぐるしい変化ぶりがなかなかすごい。ヒナギクはこの作品には珍しくヘコむことも多いキャラなんで、喜怒哀楽の描写に富んでいて読んでいて飽きさせません。サク派の私はヒナギクは普通程度の好感度ですが、このエピソードの彼女はかわいいと思います。一番人気なのもわかりますわ。
 でもアレ、映画の「ブチッ」はちょっと衝撃的(笑)。

【体育教師の憂鬱のこと】
 ハヤテがヒナギクを誘う時妙に力が入っていたのが不思議だったんですが、こういうことだったんですね。なるほど。ハヤテには道を示してくれる頼れる大人が周囲にいないため、こういう時素直に従ってしまうのでしょう。実はハヤテって結構ブラコンの気があったりするんじゃないのかな。兄貴はいつ出て来るんでしょうね。
 京ノ介、自覚はあるんだしまっとうな常識人でもあるからなんとかなるんでは。相手は雪路に限らないと思う。まあこの漫画にはいなさそうだけど。しかし高校生の雪路はまともにかわいいな。

【咲夜の家出のこと】
 作者、サクの胸の書き込みに力入れ過ぎてるんじゃないのか(苦笑)。サクもこの漫画では一応常識人の部類に入るけど、実は女性としての自覚に乏しい。異性を異性として感じてないってのもあるかもしれない。
 神父、もう完全に伊澄に取り憑いちゃってますね。危害を加えられる恐れが無いからか伊澄も普通につきあっちゃってる。

【真夜中の学院再度のこと】
 久し振りにクラウスが登場したかと思えば生き霊かよ、ひどいな(笑)。

【ナギが恋話するのこと】
 今回ナギメインの話がありません。これも西沢さんとコンビだし。しかし心配性といってもナギ、SP連中に意外と慕われてるんだな。権力的にはマリアの方が植田としても。

【瀬川家大プッシュのこと】
 5話も連続したエピソードをもらったヒロインはナギとヒナギク以外にはいないはず。マリアは単発が多い。この瀬川泉プッシュの力の入り具合は尋常じゃない。今回でハヤテの彼女候補のダークホースとして台頭してきたわけですが、ハヤテがナギとくっつかなかった場合、案外ここに収まる可能性は低く無いかもしれない。ナギとくっつかないという可能性だってそれなりにある気もするし、ベタなようで読めない漫画だったりする。泉は次の巻でもナギたちを差し置いて衝撃的なシーンがあるらしいですよ。その伏線はもう張られてますね。
 生徒会三人娘は総じて馬鹿といいますが、美希は頭はそこそこ良いのに勉強嫌いというパターンのような気がします。逆に理沙は何か考えているようで何も考えていない。今回の件で言うと美希は多少なりことをややこしくしたことを反省すると思うのですが、理沙はへっちゃらでしょう。この漫画で何を考えているのか一番わからんキャラですね。
 あ、理沙といえば16巻8話のサブタイは作者が理沙の中の人と実際にかわした会話が元ネタになってるんだと思います。そんなのもうパロディでもなんでもねーよ(苦笑)。やはり理沙絡みのサブタイネタで、理沙の神社にハヤテが行く話の「開運野望神社☆でも桂姉妹は出ません」てなのがありました。なんでここで桂姉妹が出て来るのが意味不明……と思ったら「開運野望神社」というのが桂姉妹の中のひとたちがやってるラジオ番組のタイトルなんですね。これもわかんねーよ。
 ともあれ、このシリーズによって泉の立ち位置のプライオリティが飛躍的にあがりました。執行部コンビとか、あれこれ作中での役割を考えたりするのが大好きな作者らしいから、実姉泉は今後あれこれあったりするのでしょう。たぶんこの漫画で一番立ち位置の不明なキャラは大河内タイガおぼっちゃんだと思う。この子、ひとりだけ小学生キャラだからどうしても出番が来ない。アニメの方が出てたくらい。
 次で遂にあーたんが登場して「設定だけあって未登場」キャラの一角が崩れると思ったら、霞愛歌の許嫁なんているんだ。まったくこの漫画は……。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。