FC2ブログ

宮上日陽のオールレンジアウト

あれこれ徒然と語る日記ブログ

プロフィール

宮上日陽

Author:宮上日陽
毎日ペプシスペシャルを飲んでる摂取カロリーの気になるお年頃なヘタレ雑食ゲーマー。

【2015年のプレイングゲーム】
3DS ゼノブレイド
WiiU ゼノブレイドクロス
艦隊これくしょん

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

amazon

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

伊藤博文ショック

 あまり大きな声では言えませんが、店の売上げの管理を任されています。一日の売上げだけでも数百万というレベルですから、まあそれなりに信頼が無ければ触れさせてもらえないわけで、ありがたいと思っています。
 今別の部署へ行っている同僚がやってた時に「これが全部自分の金だったらなあ」ということを繰り返しぼやいてて、ふーん、そういうもんかなーと適当に流していました。が、いざ自分でやってみると……全然思わない。売上げの計算に使う道具程度にしか感じられず、そこから特にオーラを見る事もありません。自分で持ってる貯金からなんかは感じるんだから不思議なことです。仕事はあくまで仕事ということでしょうか。ちなみにちょろまかしたりとかは出来ません。全額もってばっくれるくらいしか方法が無い。もちろんやる気も無し。
 その売上げの中にですね、極めて珍しいことに伊藤博文の千円札が混じっていたですよ。私もかなり久し振りに見ました。今の青い千円札とはまるで違う雰囲気でこれはこれで美しい。で、年下の同僚に「おい、これ見ろよ、旧札だぜ」と言って見せてみたら……「なんですかこれ?」……ちょっとね、予想と反応が違っていたんです。彼らは伊藤博文千円札を見た時にそれが何であるかすらわからなかったのです。私も聞かれて返事に窮しました。「……昭和の千円札だよ」。
 彼らはその後異様な食いつきを見せて携帯のカメラで撮影したりしてました。そう、彼らはそもそも伊藤博文の千円札など産まれてこのかた見た事が無いのです。ああ、こいつらは五百円札という概念もまったく理解が出来ないのだろうな、と思った次第です。世代のギャップですね。こんなことで年を取ったと感じることになるとはなー(苦笑)。
 まー、わかんねーのは今の時代にこの千円札を使った人間ですけどね。もったいない。
スポンサーサイト



comment

管理者にだけメッセージを送る

Pagetop ]